最終更新日:2019年10月30日

女性におすすめのカードローンは?安心・秘密でお金を借りるコツ

女性専用カードローンとは?

女性専用のカードローンにはどのようなサービスがあるのでしょうか?

女性向けの専用カードローンは、レディースローンとも言われています。

こうした女性向けのカードローンサービスは、女性のみ利用可能であったり、女性スタッフが対応していたり、専用の問合せ窓口が設けられていると言った点などの特徴がありますが、基本的に通常のカードローンサービスと変わらないようになっており、審査基準なども同じで男性の利用者と変わりません。

女性がお金を借りる理由

大手消費者金融の決算報告書には、カードローン利用者の4人に1人は女性ということが書かれており、女性には潜在的なお金の需要があると考えられています。

社会進出する女性が増え、女子会などへの参加などでお金が必要と言う人も増えています。

しかし、カードローンには申し込みたいのだけれどもオペレーターが男性だとなかなか話し難い…と言ったとから、結局何も悩みについて話せないままで借り入れ申し込みをやめてしまう女性もいるようです。

レディスローン 3つの特徴

レディースローンには3つの特徴があります。

これらの特徴はさほど目立った特徴はないと言われていますが、女性が利用しやすい環境が整えられているという点や、利用条件が比較的緩やかであったり、利用限度額が低いケースが多いと言った特徴があります。

基本的には、レディースローンだからといって普通のカードローンと比較して目立った特徴はないと言えます。

ではつぎに、これらのレディースローンの特徴を3つ具体的にご紹介してみましょう。

女性が利用しやすい環境

レディースローンの特徴としてまず挙げられる点が、女性が利用しやすい環境が整っているということです。

具体的には対応スタッフは全て女性であったり、初めてレディースローンを利用する女性も安心して申し込めるようになっているのです。

例えば、サイト上に表示されている案内の内容が分かりやすいという点や、利用しやすい環境で、旦那さんに借り入れをすることを知られたくないと言ったニーズなどに配慮されていたりするのです。

比較的緩い利用条件

レディースローンの特徴として、利用条件が比較的緩やかということも挙げられます。

女性の多くはアルバイトやパートで働いていることも多く、メインで働いている男性が多いのと比較すると収入はそれほど多いというわけではありません。

そうした方も、継続した安定収入がある時に利用することが可能になっています。

そうした点で、アルバイトやパートで働いている方に対する審査は緩めで、その点がレディースローンの特徴でもあります。

利用限度額が低いことが多い

レディースローンの特徴として3番目に挙げられるのが、利用限度額が低いケースが多いという点です。

これはすべてのレディースローンに該当するというわけでは無いのですが、アルバイトやパートで働いている女性が多いことなどから、基本的に利用限度額は低めに設定される傾向があるのです。

利用限度額が低めという理由には、収入が低かったり、審査がそこまで厳しくないと言ったことなどが荒れられます。

このように、レディースローンの利用限度額は低めです。

年収が低いケースが目立つために、限度額が抑えられる

年収が低いケースが目立つということが、女性向けのカードローンの利用限度額が低いケースが多い理由です。

これは、パート勤務や派遣社員などの雇用形態で勤務する人が多く、年収がそれほど高くはないということが挙げられます。

そして、消費者金融系や信販系のカードローンだと、法律により総量規制が適用されるため、年収の3分の1を超える借り入れはできなくなりますので、こうしたことも利用限度額は低めとなる理由になっているのです。

利用限度額を高くすると、審査を厳しくしなければならない

女性向けのカードローンの利用限度額が低い理由として、利用限度額が低いと審査はそこまで厳しくならないということも挙げられます。

利用限度額が高くなると、返済能力については厳しく審査されることになります。

そして、審査が厳しくなると、年収がそれほど多くない女性の方にとっては属性面で不利になりやすく、借り入れを行うことが困難になってしまいます。

したがって、融資可能な限度額設定を行い、貸し倒れのリスクは軽くして柔軟な審査が行われているということです。

限度額が低いと、申込みの手間があまり掛らない

限度額が低いと、申込みの手間があまりかからないといった点なども、女性向けのカードローンの利用限度額が低めに設定される理由です。

消費者金融系や信販系のカードローンは50万円まで、銀行系だと200~300万円くらいまでは、本人の確認書類だけで審査が行われています。

身分証明書と申し込み書だけがあれば、審査を受けることが可能になっているということなのです。

そのため、限度額が低いと申し込み手続きが手軽になります。

女性専用カードローンのメリット

レディースローンには3のメリットがあると言われ、対応スタッフが女性限定となっていることや、家族に知られずに借り入れしやすいように配慮してもらえるという点などが挙げられています。

借り入れ額が低額になるため、多重債務になりにくいと言ったメリットも挙げられます。

そこで、女性の方が借り入れに申込みやすい環境が整えられている女性専用カードローンのメリットについて、これから3つのポイントについてご紹介してみましょう。

対応スタッフは女性のみ

レディースローンのメリットとして、対応スタッフが女性限定となっているということが最初に挙げられます。

男性スタッフにはなかなか相談しにくい家庭的な事情なども話しやすい、といった利点があります。

さらに、レディースローンの口コミ情報には、分かりにくい点や聞きにくい点などを同じ女性なら質問しやすいと言った声などもあり、この点はメリットといえます。

このように、まずは対応スタッフは女性限定となっている点が挙げられます。

家族に借り入れがバレないように配慮してもらえる

家族に知られないように借り入れを行いたいという女性も多いのです。

この点について、レディースローンは配慮してもらえるという点がメリットとして挙げられています。

一般的なカードローン同様の配慮がなされていると言えますが、レディースローンを利用する方は旦那さんなどの家族に絶対に知られたくないという人も多いのです。

このような点で、レディースローンは家族に知られにくいよう細かな配慮が行われているので、そうした配慮が提供されているのはメリットです。

しかし、カードローンの審査の際には、申請した職場に属していることを確認する在籍確認の電話が必ず行われます。

電話連絡がいけばバレてしまうのではないかと考える方も多いかと思いますが、そのようなことはありません。

在籍確認の際には、カードローンの会社の名前を名乗ることはなく、個人名を名乗った上で、申込者がいるのかどうかだけを聞いてきます。

よって、ばれるかどうかを心配する必要はないでしょう。

多重債務のリスクが小さい

レディースローンの3つ目のメリットは、多重債務になりにくいという点です。

借り入れ額が低額なために、多重債務者になりにくいのです。

プロミスなどの一部のレディースローンには高額な借入限度額が設定されていますが、一般的なレディースローンだと借り入れ額の最大額が50万円くらいと言われています。

さらに、だれでも100万円近く借り入れできるかというとそのようなことはなく、審査などもありますので、大きな金額が借り入れしにくくなっており、こうした点がメリットとして挙げられます。

女性専用カードローンのデメリット

レディースローンには、メリットとともに3つのデメリットもあります。

そこで、レディースローンのデメリットをこれからご紹介しましょう。

この点として挙げられるのが、レディースローンを扱っているカードローン業者が少ないということや、高額借り入れは容易にできないということ、一般的なカードローンとサービスはあまり変わりがないということなどが挙げられます。

そのため、レディースローンを利用する時にはこうした点も知ってから利用しましょう。

扱っている業者がまだ少ない

レディースローンを扱っているカードローン業者はまだまだ少ないという点がデメリットとしてまず挙げられます。

毎年増えているものの、レディースローンは数としてそれほど多くはないということなのです。

大手のカードローン会社は多くがレディースローンを取り扱っているのですが、SMBCモビットノーローンなどはまだ取り扱われていませんので、レディースカードローンを利用したい人にとってこの点はデメリットでしょう。

高額な借入は難しい

レディースローンのデメリットとして2つ目に挙げられることが、高額な借り入れは難しいということです。

レディースローンには、高額な借入限度額は設定されていないのです。

その理由は、女性の年収自体がそれほど高くはないと言われることです。

したがって、50万円以上の高額融資は消費者金融系カードローンだと難しいということなのです。

銀行系カードローンはその点で注目ですが、たからと言って必ず借り入れ可能とは言えません。

サービスは、一般的なカードローンとあまり変わらない

レディースローンのデメリットとして3つ目に挙げられるのが、一般的なカードローンサービスとあまり変わりがないということです。

レディースローンは女性のための専用サービスと言えますが、そのサービス内容や利用条件や審査や返済方法などについては、一般的なカードローンとあまり異なっていません。

したがって、返済が甘くなると言ったことはなく、一般的なカードローンサービスとの違いはあまりないということです。

女性専用カードローンの審査

レディースローンの審査は厳しいのでしょうか。

女性向けカードローンで借り入れする時も、一般的なローンの審査と同じように、審査について確認すべきことは確認されますし、信用がなければ借り入れはできないようになっています。

ただ、中には他のローンよりもそれほど厳しくないところもあると言われています。

そうは言っても、一般的なカードローン審査と審査内容はほぼ変わりはないと考えられているということになっているのです。

審査方法は、通常のカードローンと変わらない

女性向けのカードローンであっても、審査基準は通常のカードローンと変わりありません。

カードローンの申し込み時に審査される主な項目は以下のようなものが挙げられます。

・年齢
・勤務先、雇用形態
・勤続年数
・居住形態

これらの項目について、カードローンの利用に適しているのかどうかを点数化します。
これをスコアリングといいます。

その合計点数からカードローンの審査が行われるのです。

ちなみに、アルバイトや派遣社員であっても、収入が安定していればカードローンを利用することができます。

信用情報を照会される

カードローンの審査では、申込者の信用情報についても審査対象になります。

信用情報とは、信用情報機関に蓄えられている申込者の情報で、現在の借り入れ状況、借り入れ件数の他、過去の延滞履歴など事故情報も含まれます。

年収の3分の1を上回る借り入れはできない決まりとなっているので、他の金融機関での借り入れ残高と希望する融資額の合計が年収の3分の1を超える場合には、審査に通らない可能性もあります。

また、過去に延滞をしている場合、信用情報機関からその情報が伝わり審査に通らないことがあります。

安定収入は必須条件

カードローンの審査では、安定した収入があるかどうかについてどこの消費者金融、銀行でも調べられます。

週2日など勤務日があまりにも少ない場合には、安定した収入がないものとみなされ、カードローンの審査に落ちてしまう可能性があります。

また、消費者金融系のカードローンでは総量規制といって、年収の3分の1の金額までしか借り入れができないという決まりもあるので、あまりにも収入が少ないと消費者金融では審査が通らない場合があります。

ちなみに、一部の銀行系カードローンでは、無収入の専業主婦の方でも利用することができるカードローンも存在します。

レディスローンと普通のカードローンの違い

レディースローンと一般的なカードローンには、3つの違いがあります。

大きくみると、レディースローンと一般的なカードローンには違いがほぼないと言われているのですが、小さな点では安心感の違いなど、若干違いがあります。

そこで、レディースローンと一般的なカードローンの違いについて、これから3点ほどご説明したいと思います。

加えて、それぞれの違いをさらに具体的にご紹介しますので、検討を行っている場合には参考情報としてみましょう。

安心感

レディースローンと一般的なカードローンの違いとして挙げられている点として、まず安心感の違いが挙げられます。

レディースローンのサイトでは、安心感がしっかりと伝えられています。

その理由は、こうした商品を利用することに抵抗感を持つ女性たちが多いと言われているからなのです。

最近では女性の利用者も多くなっていますが、まだまだ男性の利用者の方が多いという実情もあり、安心感を強調することで女性の利用者を増やしたいということなのです。

金利

レディースローンと一般的なカードローンの違いとして2つ目に挙げられる点に、金利の違いがあるのです。

ただし、金利の違いといっても契約時金利についてはレディースローンも一般的なカードローンもほぼ同じです。

ではどういった意味なのかと言うと、レディースローンでは借り入れ限度額が最大50万円くらいになっているものが一般的であるため、実質的に金利は固定されるということなのです。

増額可否

レディースローンと一般的なカードローンの違いの3つ目の点は、増額可否の違いです。

レディースローンも一般的なローンも借り入れ審査は同じ方法で同じ基準に基づいて行われます。

けれども、増額についてはカードローン会社によって融資可能な上限金額は異なっており、さらに上限金額は人によって違っています。

属性や利用状況などによって増額幅の決定は影響されますので、一般のカードローンよりもレディースローンは増額しにくいということです。

会社員(正社員・派遣社員)の方におすすめのレディースローン

近年は働く女性も多くなってきていますが、いまだに専業主婦として育児、家事に奮闘する女性も多くいらっしゃいます。

女性とはいっても、人それぞれライフスタイルは大きく異なってくるのです。

収入の有無によってどのカードローンがおすすめになるのかも変わってくるので、まずは 会社員(正社員・派遣社員)の女性におすすめの女性向けカードローンを紹介していきます。

プロミス「レディースキャッシング」

プロミスレディースキャッシングでは、女性の方でも申し込みや相談をしやすいように女性専用ダイヤルのレディースコールというサービスが提供されています。

このレディースコールでは、女性のオペレーターが必ず対応してくれます。

対応してくれる時間が9:00~22:00なので、仕事で忙しい方でも電話しやすくなっています。

また、インターネットからも申し込みができるのですが、こちらは24時間対応なので忙しい女性にも利用しやすいです。

また、インターネットからの申し込みでも女性専用の申し込みページが用意されています。

プロミスのレディースキャッシングの利用限度額は500万円となっています。

そして、金利は年4.5%~17.8%、審査時間は最短30分となっています。

プロミスレディースの金利については、他の消費者金融のカードローンの金利よりも若干低めに設定されてるため、借り入れする場合はお得感があると言えます。

サービス内容

プロミスのレディースキャッシングには、30日間無利息サービスがあるという特徴がありますので、よりお得に借り入れを行うことが可能です。

また、パソコンやスマホなどから24時間申込みすることもでき、利用限度額を増額することも可能です。

ポイントを貯められるようになっており、貯まったポイントを使うと提携ATM手数料が無料になるというメリットもあります。

キャッシング方法が豊富で、パソコン、携帯、スマホ、さらに電話から振り込みキャッシングできます。

通常サービスとの違いはレディースコールのみ

レディースキャッシングと通常のプロミスのカードローンの違いは1つ、オペレーターが女性のみという点が挙げられます。

レディースキャッシングのサービスを利用すると、男性オペレーターだと話しづらいという方や、男性の声が苦手という方も安心して話をすることが可能です。

レディースキャッシングのレディースコールフリーダイヤルになっていますので、気軽に相談できます。

なお、オペレーターが女性である点以外は、レディースキャッシングと通常のプロミスの違いはありません。

アイフル「SuLaLi」(スラリ)

アイフルの女性向けカードローンのSuLaLiもまた、女性専用ダイヤルが用意されていて、女性オペレーターが丁寧な対応をしてくれます。

また、万が一返済が遅れてしまった場合には、原則SMSでお知らせが届くようになっています。

男性が取り立てにくるとかそういうことはないので、安心してその後も利用することができます。

また、手続きはWEBで完結するようになっているので、誰にもカードローンの利用について知られたくない方でも安心して利用することができます。

最低返済額は4,000円から、借り入れ限度額は10万円まで、 金利は18.00%、そして審査については最短即日です。

30日間利息0円などのサービスが提供されています。

デザインがオシャレなローンカード

ローンカードのデザインがおしゃれということが、まずSuLaLiの特徴として挙げられます。

おしゃれに気を遣う女性なら、カードのデザインにもこだわりを持つ方も多いのではないでしょうか。

はっきりとカードローンと書かれたものならお財布に入れておくのも恥ずかしいかもしれないと言えますが、SuLaLiはエメラルドグリーンがベースになった洗練されたデザインが2通りあり、その中から好きなローンカードのデザインを選ぶことができます。

融資上限は10万円

SuLaLiは融資上限が10万円という金額が設定されており、散財気味の方に最適の設定となっています。

カードローンは便利ですが、いつも使いすぎが不安に感じる女性も多いでしょう。

この点で、SuLaLiは融資の上限金額が10万円と設定されていますので、使いすぎてしまい気が付いたら借金が100万円、ということも避けることができます。

そのため、散財気味の女子にはおすすめのカードローンと言えます。

来店不要で契約可

アイフルのローンカードのSuLaLiは、来店不要で借り入れを行うことができる便利なカードローンになります。

そのため、アイフルに来店してドアを押す勇気がないという人も安心して借り入れを行うことが可能なのです。

SuLaLiはウェブ限定のローン商品で、自宅にいながら申し込みから契約、そして借り入れを行うことができるのです。

家から出ないで申し込みでき、振り込みをしてもらうことができるのでプライバシーを守って借り入れができるのです。

アルバイト・パートの方におすすめのレディースローン

会社員の方に比べて、アルバイトやパートの勤務をされている女性の方は収入が少ないので、カードローンを利用することができるのか心配に思われる方も多いですが、安定した収入があればアルバイトやパートの方でもカードローンを利用することができます。

基本的に雇用形態というのは、カードローンの利用には関係ありません。

ここでは、アルバイトやパートの勤務をされている女性の方におすすめのカードローンについて紹介していきます。

アコム

アコムの場合は、明確に女性向けのカードローンの商品が区別されているわけではありません。

しかし、アコムの通常のカードローンには女性専用ダイヤルが設けられており、申し込みについてやお金の悩みについて相談することができます。

アルバイトやパートの方でも、安定した収入があればアコムのカードローンに申し込むことができます。

ちなみに、アコムのローンカードにはMasterCardが付与されているものもあるので、ショッピング等で利用したい方にはおすすめです。

働く女性などが注目するアコムの金融商品は、すでに250万人を超える女性たちが利用しており、初めてアコムを利用すると言った女性たちも安心して申し込むことができるようになっています。

50万円を超す借り入れでは収入証明書が必要

50万円を超す借り入れを行う場合には、アコムでは収入証明書が必要とされます。

また、借り入れ希望金額と他社からの借り入れ残高の合計が100万円を超える場合も、収入証明書の提出が必要とされています。

収入証明書として提出可能な書類は源泉徴収票や所得証明書などがありますが、消費者金融によっては利用することが可能な書類の種類は微妙に異なっているため、それぞれのホームページなどで正確なところを確認して用意するようにしましょう。

レディースローンフタバ

ここまでは大手の消費者金融のカードローンを紹介してきましたが、中小の消費者金融であっても女性向けのカードローンを提供している会社はあります。

レディースローンフタバでは、古くから女性向けのカードローンのサービスが提供されています。

もちろんレディースローンフタバでは女性専用ダイヤルが設けられており、安心して申し込みやお金の悩みについて相談することができます。

また、パートやアルバイトの方も申し込むことができます。

レディースローンフタバの利用限度額は50万円までとなっており、金利は年14.959%~17.950%、審査時間は最短即日となっているので、早く借り入れを行いたいという場合に利用しやすいカードローンです。

サービス内容

レディースフタバのサービス内容は、振り込み即日融資が可能であったり、30日間の無利息サービスがあるため、よりお得に借りやすいと言った特徴もあります。

申し込み方法も多彩で、他の消費者金融から借り入れがあるという場合、4社以内までなら申し込みを行うことが可能です。

ただし、銀行振り込み以外の借り入れ方法はありません。

レディースローンフタバの女性専用ダイヤル

レディースフタバ女性専用ダイヤルのオペレーターは、他のレディースローンと同じように全員女性になっています。

レディースフタバは通常のフタバと同じで、問い合わせ用の電話番号は03から始まる一般電話になります。
女性の対応を希望する時は女性専用の電話番号を選びましょう。

ただ、通話料金は発生してしまいますので、質問したいことなどがある場合には選択しておいてから手短に話をするようにしましょう。

カードローンではない

レディースフタバも通常のフタバも、ローン用のカードが発行され、好きなタイミングで借り入れや返済を行えるようになっていますが、このサービスはカードローンではありません。

最初に必要な融資額だけを借り入れた後は、定期的に返済を行っていくタイプのローンで、銀行や信用金庫ではフリーローンと言われるタイプのローンになります。

したがって、近い将来また借り入れが必要になりそうな場合は、少し多めに申し込んでおくことが良いということです。

新生銀行「レディースレイク」

新生銀行のカードローンレイクでは、レディースレイクという女性向けのカードローンサービスが提供されています。

サポートフリーダイヤルでは、女性の担当者が丁寧に対応してくれます。

また、借り入れ診断や返済シミュレーションといった、カードローンを利用する上での不安を解消してくれるようなサービスも提供しています。

また、銀行系カードローンには珍しく、無利息期間が設けられていることも魅力的です。

ちなみに、パートやアルバイトの方も安定した収入があれば申し込むことができます。

収入の無い専業主婦におすすめのレディースローン

女性の中には仕事は一切せず、家事、育児に専念する専業主婦の方もいらっしゃいます。

しかし、専業主婦の方には安定した継続的な収入というのはありません。

消費者金融系のカードローンでは、収入の3分の1までの借り入れしか行うことができないという総量規制があり、無収入の専業主婦の方は利用することはできません。

しかし、銀行系のカードローンにはこの総量規制は適用されないので、カードローンを利用することができる場合があります。

消費者金融は、専業主婦への融資に消極的

専業主婦が消費者金融系カードローンを利用するには、通常必要となる本人確認書類だけでなく、夫の同意書夫の収入証明書も提出しなければなりません。

このことは法律によって義務付けられています。

消費者金融は総量規制によって年収の3分の1までしか貸し出せないので、世帯の年収と借入額を確認するため、申込んだ専業主婦本人の信用情報に加えて夫の信用情報も審査しなければなりません。

この手続きが煩雑なため、消費者金融は専業主婦への融資に消極的なのです。

配偶者貸付

夫に借り入れに同意してもらえる時には、配偶者貸付という方法もあります。

収入のない専業主婦の方でも、夫の同意が得られるのであれば、消費者金融のカードローン申し込みができるようになります。

この制度は配偶者貸付と言われ、配偶者と合算した年収3分の1以下なら貸し付けが可能となる制度です。

ただ、夫の同意書が必要であるほかにも、収入証明書などや、婚姻関係を示すための住民票などの書類を提出することが必要とされています。

総量規制のない銀行系カードローンは、専業主婦への融資に積極的

それに対し、銀行系カードローンには総量規制がないため、夫の信用情報まで審査する必要がなく、審査の手続きに余計な時間を取られることがありません。

そのため、専業主婦への融資にも積極的で、多くの銀行系カードローンを利用できます。

代表的な銀行系カードローンは、三菱東京UFJ銀行、ソニー銀行、楽天銀行、イオン銀行、セブン銀行です。

どの銀行のカードローンも利用限度額が10~50万円ほどなので、少額の利用なら問題ありません。

専業主婦の審査では、信用情報が最重要

専業主婦がカードローンに申し込んだ際に、審査で最重要視されるのは信用情報です。

会社員など安定した収入がある方の場合は、信用情報以外にも年収、勤務先、勤続年数などの審査基準がありますが、専業主婦にはこれらの判断基準がないため、信用情報で判断するしかないからです。


過去に返済の遅延や遅延をしているとブラックリストに載っているので、審査に通過するのが難しくなってしまいます。

また、他社からの借入がある場合も同様です。

それでは以下で、収入のない専業主婦の方でも利用することができるカードローンを紹介していきます。

三菱UFJ銀行「バンクイック」

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、配偶者の方に収入があれば、それを世帯年収として専業主婦の方のカードローンの審査にも適用してくれます。

そのため、無収入の専業主婦の方でも利用することができるのです。

希望融資額100万円までは収入証明書も不要なので、配偶者の方に手間を取らせることはありません。

また、WEBで全ての手続きが完結するようになっているので、配偶者の方にばれることなくカードローンを利用することができます。

楽天銀行「楽天銀行スーパーローン」

ネット銀行最大手の楽天銀行のカードローンでは、むしろ収入のない専業主婦の方は大歓迎のカードローンとなっています。

収入証明書の提出は不要なので、収入がない方も利用できますし、配偶者の方の収入証明書の提出も不要です。

楽天IDを持っている場合には、楽天銀行のカードローンを利用することで、楽天スーパーポイントのプレゼントを受けることもできるので、普段から楽天市場などの楽天のサービスを利用している方にとってはよりうれしいカードローンとなっています。

みずほ銀行「みずほMy Wing」

みずほ銀行のカードローン「みずほMy Wing」もまた、専業主婦の方でも申し込みができるカードローンです。

特に女性専用のカードローンというわけではないのですが、女性にとってうれしいサービスや特典を受けることができるので、特に女性の方にはおすすめしたいカードローンです。

また、銀行系カードローンということもあって金利が低水準で、実質金利年9.0%~14.0%でカードローンを利用することができます。

消費者金融のカードローンの場合は金利が18.0%で提供されることもあるので、だいぶ金利面でもお得になっています。

利用限度額は200万円です。

配偶者に安定収入があれば、例え本人に収入がない場合でも30万円まで融資を行ってもらうことが可能という特徴があります。

そして、ネットであれば最短即日という対応が受けられます。

店舗を利用すると原則翌営業日になりますので、急いでいる時はネットのほうが良いでしょう。

サービス内容

みずほMyWingは、1円以上から借り入れでき、審査結果や契約手続き完了はメールで連絡してもらえます。

また、返済プランをその都度変えることができます(みずほ銀行の普通口座必須)。

ネット申し込みと店頭申込みができ、返済はみずほ銀行ATMやコンビニATM、みずほ銀行普通預金口座引き落としで行えます。

この金融商品はカードローンサービスを含め、8つのサービスがセットになっていますのでご紹介しましょう。

わたし応援ローン

わたし応援ローンは、自身の夢などがある時に利用することができる、みずほ銀行の普通預金キャッシュカードを利用したローンサービスになります。

留学や資格所得など、将来のために資金が必要と言った時に利用することができる便利なサービスになります。

わたし応援住宅ローン

マイホームを購入したいという方や、住宅ローンの借り換えなどを考えている人などに注目のサービスで、自身の家を持ちたいという人のニーズに合ったローンでもあります。

さらに、ライフイベントや、毎日の生活を豊かに送りたいという場合に利用することができるいろいろな商品やサービスがある、お得が多いサービスになります。

おさいふアプリ

おさいふアプリサービスは、毎月の収入や支出をスマホアプリで管理することができるサービスです。

毎月の収支管理を行うことで、お金の流れが把握しやすくなります。

同時に使いすぎを防いで、よりヘルシーな収支生活を送る事にも繋がります。

使ったお金と入ってきたお金のバランスを取りながら生活するという点でも、このアプリはいろいろなメリットがあります。

マネーコンサルフォン

家計やライフプランに応じた貯蓄資産運用などの、お金に関連するいろいろな気になることや不安なことを電話で相談することができるサービスです。

このサービスも、みずほMyWing契約専用サービスで、お金やライフプラン、銀行に関することなど様々な質問などにも答えてもらうことができます。

返済シミュレーション

返済は毎月のことになりますし、現実的でない返済プランは実現することも困難になってしまいます。

そのような時により実態に沿った返済を行うという点で、返済シミュレーションサービスは無理なく継続的に返済を行うためにも、とても便利なサービスになります。

返済に余裕ができた時などに、これからの返済を考えていく上でとてもおすすめのサービスです。

おトクインフォ

おトクインフォでは、パソコンからもスマホからも24時間いつでもアクセス可能なウェブサイトと、定期的に送られるメールマガジンが用意されています。

プレゼントのお知らせやお得なキャンペーン案内や、セミナーや勉強会などの情報などが届けてもらえますし、タイムリーな金融などのコラムなども閲覧することができるので、お金について学ぶこともできます。

ココロきらめくプレゼント

プレゼントには条件がありますが、自分を磨いたり、ビジネスライフでも未来への一歩となるようなアイテムをプレゼントしてもらえるというサービスです。

ワンランク上のビジネスライフをスタートするためや、好奇心を刺激するような興味深いギフト、自身をもっと輝かせるためのビィーティアイテムなどをプレゼントしてもらえると言ったサービスです。

自分みがきセミナー

さらに羽ばたく力を手に入れるのにとてもおすすめの自分磨きセミナーは、日経WOMAN主催のためになるお役立ちセミナーなどの情報を随時案内してもらえるサービスです。

また、ライフスタイルをもっと豊かにするためのイベントなどの情報も案内してもらえます。

じぶん銀行「じぶんローン」

じぶん銀行ネット銀行最大手の銀行です。

じぶん銀行のカードローンは専業主婦の方も利用することができるカードローンとして、専業主婦の方々から多くの人気を集めています。

じぶん銀行はそもそもau(KDDI)三菱UFJ銀行が提携して作った銀行であるため、auユーザーにはお得なサービスが提供されています。

例えば、auユーザーの方が利用することで、金利が引き下げられます。

銀行系カードローンということで、ただでさえ金利が低いのにさらに金利が下がるということで、auユーザーの方には是非使っていただきたいカードローンです。

消費者金融 vs 銀行カードローン 選ぶ基準は?

カードローンには、消費者金融が提供するカードローンと、銀行が提供するカードローンとがあります。

どちらのカードローンを選ぶべきかは、その時の状況にもよります。

消費者金融系のカードローンは、申し込みから融資までのスピードが早いことが特徴で、即日融資を受けることが可能です。

銀行系のカードローンは、金利が低いことが特徴です。

金利を低くして、総返済額をなるべく抑えたい方には、銀行系カードローンをおすすめします。

ただし、銀行系カードローンの場合は融資までに時間がかかってしまいますので、お急ぎの方は消費者金融系のカードローンを選択するようにしましょう。

カードローン審査に性別は影響しない

女性専用カードローンがあるということは、通常のカードローンだと女性は審査に通りにくいのではと思いがちですが、通常のカードローンであっても男性と女性で審査に違いが出ることはなく、性別は審査に一切影響しません。

女性でも審査基準は変わりません。

あくまでも従来カードローンの利用が多かった男性だけでなく、女性にもカードローンを気軽に利用してほしいという思いから、女性向けの女性専用カードローンを作っているだけです。

カードローンの契約は、安定収入があればできる

カードローンの審査で重要なのは、申込者に安定した収入があることです。

専業主婦では借りるのが難しいカードローンでも、パートアルバイトで安定した収入がある主婦であれば、審査に通過する可能性は十分にあります。

専業主婦が借りられないからと言って、女性や主婦への融資に消極的ということはなく、男性と同じように通常の審査基準に合格すればお金を借りることができます。

逆に男性であっても、安定した収入がなければ審査に合格できません。

選択肢は女性の方が多い

通常のカードローンに加えて女性専用のカードローンがあることで、男性よりも女性の方がカードローンの選択肢は多いと言えます。

専業主婦であっても、専業主婦を対象としているカードローンと女性専用カードローンがあるので、選択肢は少なくありません。

女性でも、多くの選択肢の中からさまざまな条件を比較、検討して自分に合ったカードローンを選ぶことができます。

むしろ男性よりも女性の方がカードローンでは優遇されているのです。

即日融資を受けやすくするには

即日融資を受けやすくする方法にはどのような方法があるのでしょうか?

基本的に、カードローンを借りるためには先に審査に通過する必要があります。

消費者金融によって違いますが、審査時間は30分~1時間くらいで、申し込みや契約時間を含めて、実際に借り入れまでに1~2時間くらいはどうしても必要です。

したがって、申し込みを可能な限り早く済ませることがポイントです。

営業時間ぎりぎりで申し込むと難しくなっていきますので、注意しましょう。

申込書に正確な内容を記入する

即日で融資してもらうためには、正確な内容を申込書に記入することが大切で、間違ってしまうと余計に時間が掛かったり、借り入れできなくなってしまうかもしれません。

特に、年収他社の借り入れ状況のところを間違ってしまうことは注意しましょう。

消費者金融は多くの審査実績をもっており、業種や勤続年数などからある程度の年収を把握することができているのです。

そのため、あまりに年収が多いと言った場合は間違っていると言えます。

必要書類を揃えてから申し込む

即日融資サービスを利用したい場合、必要な書類を準備してから申し込むことは大切なポイントです。

消費者金融へ申し込みを行う時に、基本的には50万円以内の借り入れ申し込みなら、運転免許証などの本人確認書類があれば手続き可能となっています。

しかし、運転免許証などに記載されている住所と実際の住所が違うと、住民票や電気やガス、NHKといった公共料金の領収書などの書類の提出が合わせて必要となると言われています。

在籍確認は書類で行う

在籍確認が書類で行われることもあります。

審査の一環として実施される在籍確認は、基本的には電話で行われますが、特に女性の場合には勤務先へ電話されるということが嫌なことも多くあり、申し込みしにくい原因となっているのです。

そうした時に消費者金融では、こうした事情に配慮して書類という形で在籍確認を行ってもらえるところもあります。

書類による在籍確認を希望する時には、その理由を担当スタッフへ伝えると対応が受けられます。

レディスローンの注意点・ポイント

レディースローンを利用するという場合には、気を付けておきたい注意点とポイントがあります。

注意点については、利用するに当たり留意するべき点のことで、ポイントは重要な点ということになります。

注意点もポイントもどちらも重要ですので、具体的な点についてはきちんと確認してから利用するようにしましょう。

そこで、これから注意点とポイントを、それぞれの項目に分けて説明していきたいと思いますので、参考にしてください。

レディースローンの注意点

レディースローンの注意点については、女性専用のカードローンだからと言って一般的なカードローンと大きくは違っていないという点が挙げられます。

借り入れには、安定収入が必要となっています。

専業主婦も利用可能な場合には、どんな審査が行われるようになっているのかということについては必ず事前確認するようにしましょう。

レディースローンのポイント

レディースローンのポイントについては、次の点をチェックしましょう。

これからレディースローンを利用する場合は、事前に金利や最低返済額、借入や返済方法などを確認します。

さらに、書面や電話による連絡メールも必ずチェックするようにするのがおすすめです。

金利面では、金利が低いほど利息負担が軽くなりますし、アイフルの場合、最低支払額は35日サイクルで5,000円、約定日制で4,000円となっており、もう少し支払い金額を増やすと利息の負担も軽減可能です。

借入は無理のない計画を立てることが重要

借り入れは、無理のない計画を立てることがたいへん重要です。

消費者金融は、女性も知られずに即日融資が可能です。

手軽に借り入れできるのですが、借りたら利息をつけて返済することになります。

あまりにも借りやすいため、借り入れた後にお金を引き出す時も自身の口座から引き出しいている感覚になることもあると言えますが、借り入れをするときには返済のことを考えて、計画的にプランを立てて無理なく返済できるようにしておきましょう。