最終更新日:2020年05月16日

お金が必要な時に現金を用意する方法を徹底解説

お金がない原因について解説!給料日前に常に金欠になるのはなぜ?

「給料日前は常に金欠で、どうしてもお金が足りなくなってしまう」

そんなふうに毎月生活に余裕がないという場合、原因を考え、解決する必要があります。 
なぜなら今月を乗り切ればいい、という生活を続けているといつまで経っても同じ生活を続けなくてはならないからです。 
ずっと毎月お金がない生活を続けるのは嫌ですよね。 
出来れば問題を解消したいはずです。

そこで最初に「毎月お金がない」という状況になる原因について考えてみましょう。

きちんとお金の管理をしていないから

まず最初に考えられるのが「お金の管理をしていない」ことです。

つまり、収入と支出を管理していないということですね。 
毎月お金がないという人は、自分が何にお金を使っているか分かっていないという人も多いのです。

しかし本来は自分の収入にあわせて支出を管理しなくてはなりません。 
面倒でも家計簿をつけるのがおすすめです。 

銀行口座と連動したり、レシートを撮影するだけで支出を項目ごとに分けてくれるアプリもあるので使ってみましょう。

固定費が収入に対して多いから

「これといって何か買っている記憶もないのに足りない」 
こんなときは固定費が多すぎる可能性があります。 
・家賃
・水道光熱費 
・通信費 
・保険料

こういったものに無駄がないかを確認する必要があります。 
固定費が多すぎると、どんなに節約してもお金は貯まりにくいものです。 
家賃が低い物件を探す、スマートフォンのプランを見直す、保険料を見直す、など出来ることはいろいろあります。 
ぜひ固定費が削減できないか試してみましょう。

お給料(手取り)が単純に低いから

単純にお給料が低いためにお金が足りなくなっているという可能性も否定できません。 
日本人の平均年収は20年前と比較すると大きく減少しているというデータがあります。 
さらに年収だけでなく税制改正により手取りも下がっているのです。 
そのため「毎月きちんと働いているのに収入が少ない」という人も少なくないのです。

無駄遣いはしていないのにお金が足りないという場合は、手取りの少なさが原因となっている可能性もあるでしょう。

分割払い・リボ払いをしたり、支払いを滞納してしまっているから

支払いを滞納していたり、分割払い・リボ払いをしているといったことはありませんか。
支払いを滞納すれば遅延損害金が生じます。 
返済が遅れれば遅れるほど遅延損害金は大きくなっていくのはいうまでもありません。

また、分割払いやリボ払いは金利が高いのが特徴です。 
月々の負担が軽くなったとしてもトータルで支払う金額は大きくなってしまうのです。 
クレジットカードを使う場合は、分割払いやリボ払いを多用しないように注意しなくてはなりません。

小さな出費をたくさんしているから

「毎月無駄がない固定費を支払っているのに、お金が足りなくなる」 
こんな場合は、小さな出費が多すぎるのかもしれません。 
・コンビニで買う食料品 
・ネットショッピング 
・銀行のATM手数料、振込手数料

こういった出費は1回あたりが小さくても積み重なれば大きな金額になっていきます。 
この小さな出費についても減らせるものは減らしましょう。

買うものを決めてから外出する、ATMは手数料が無料の時間帯に利用するなど、生活の見直しを行ってみましょう。

【借金以外】今すぐお金を作る方法を解説

家賃や光熱費の支払い、食費など、生活していくにはさまざまなお金が必要ですよね。
そのうえ税金の支払いや友人の結婚式の祝い金など、突然お金が必要になることもあります。

しかしお金が必要になったとしても、借金だけはしたくないと思う人が多いでしょう。
借金をしてしまうと、返すだけでなく利息も発生してしまいます。
利息で余分なお金を支払うのって、なんだか損だと感じてしまいますよね。

借金以外でお金を作る方法について見てみましょう。

最短即日も可能!お金が作れる方法を解説!!

お金が必要になった時、できることならすぐにでもお金を用意できる方法が知りたいでしょう。 
突然明日までにお金を用意しなければいけなくなる時ってありますよね。

お金を最短即日で作れる方法が4つあります。

ただし人によっては利用できない場合もあるので、自分に合ったお金を作る方法を探しておくのが重要です。 
今すぐ最短即日でお金を作りたい場合は、これから紹介する4つの方法の中から自分に合った方法を選んで利用しましょう。

【約5千円~2万円】日払いのバイトをしてお金を稼ぐ方法!!

自分のスケジュールの都合に合わせて単発的に働くことができる日払いバイトは、副業や副収入を稼ぐ方法としてもおすすめです。

主に派遣会社や日払いバイトの登録事務所から派遣されて働きます。
日払いバイトの給料の相場は、1日で5千から2万円と幅広く、依頼される仕事の内容もさまざまです。 
自分の空いた時間に働くことができる点が日払いバイトのメリットですが、丸一日1つの仕事で拘束される場合もあるのでご注意ください。

【約千円~10万円】不用品の売却してお金を作る方法

不用品の売却は、買取業者に依頼したりフリマアプリを利用したりして簡単にお金が作れる方法です。

特に店頭に直接持ち込んだ場合は、不用品を査定してもらった後すぐにお金を受け取ることができます。 
フリマアプリを使った場合は、購入者の元に商品が届くまでお金を受け取ることはできないのです。
不用品の売却で稼げるお金の相場は約千円から10万円です。

今すぐお金を用意しなければいけなくなった時には、まずは家の中で売却できる不用品がないか探してみましょう。 
ブランド品のバッグやアクセサリー、車など購入金額が高い物があれば高額の売却金額が期待できます。

【約5千円~3万円】車や部屋のレンタルでお金を稼ぐ方法

自分が持っている車や部屋で普段使用していないものがあれば、人に貸し出すだけでお金を稼ぐことができます。

お金に余裕がある人であれば、貸出用の車や部屋を購入して副収入にするのもおすすめです。

自分は貸出手続きを行うだけでいいので、少ない労力でお金を稼ぐことができます。
ただし車や部屋のレンタルは借りてくれる人が現れなければお金を稼ぐことはできません。最短即日でお金を稼げるとは言っても、確実性はない方法です。

【約千円~10万円】家族や友人知人にお金を借りる方法

家族や友人、知人にお金を借りることができるのであれば、この方法が最もおすすめです。

相場としては約千円から10万円借りることができる場合が多いですが、お金に余裕がある人であれば10万円以上貸してもらえる可能性もあります。 
知り合いということでほとんどの場合無利子で借りることができます。

ただしお金の貸し借りを行うことで、借りた相手との信頼関係が今後崩れてしまう可能性もあります。 
可能な限り返済する必要がありますし、お金を借りる時には借用書をきちんと作成しておくのがおすすめです。

最短一週間以内でお金を作る方法を解説

最短即日でお金を作るのが難しい場合は、一週間以内にお金が作れる方法を試してみましょう。
時間は多少かかってしまいますが、大きな金額のお金を用意することもできます。

お金が必要ということがわかった時にすぐに対応すれば、一週間程度であれば時間を作れるのではないでしょうか。
今後お金が必要になる可能性もあるので、一週間以内にお金を作る方法を覚えておくのがおすすめです。

一週間以内にお金を作る3つの方法について解説します。

【約千円~10万円】不用品をフリマサイトで売ってお金を作る方法

不用品を買取業者に売却してお金を作る方法のように、フリマアプリやフリマサイトを利用すると一週間程度でお金を作ることができます。

売却する商品にもよりますが、約1000円から10万円程度稼げるのが相場です。
買取業者に売却する場合は商品を見て買取金額を査定してもらますが、フリマサイトの場合は自分で販売価格を設定できるのがメリットです。
高値で販売しても、人気が高い商品の場合はすぐに購入者が現れます。

ただし販売した商品によっては購入者が見つからない場合もあるので注意しましょう。

【約1万円~100万円】車やバイクを売ることでお金を作る方法

売却しても問題ない車やバイクがあれば、すぐに高額のお金を用意することができます。
ただし車やバイクを売却する場合、買取金額を査定する為の時間や売却の為の手続きが必要です。

即日で現金化はできないので注意しましょう。

車種や状態によって買取金額は大きく異なりますが、1台の売却で約1万円から100万円のお金を作ることができるのが相場です。
車やバイクは持っているけどあまり使用していないという場合は、売却してみるのがおすすめです。

【約千円~10万円】せどりでお金を作ることができるかもしれない

せどりとは転売と呼ばれることもあるビジネスで、仕入れた商品をインターネットやオークション、フリマサイトなどで転売して稼ぐ方法です。 
商品によって一度に稼げる金額は異なりますが、約千円から10万円程度稼げます。 
商品を安く仕入れて、仕入れた金額よりも高値で販売するのがポイントです。

ただ購入者に発送する費用を自分が負担する場合は、送料込みで仕入れ値よりも高値になるように計算する必要があります。 
損をしてしまう場合もあるので注意が必要です。

一ヶ月かければお金を作ることができる方法を解説

最短即日、一週間以内でお金を作る方法が利用できない場合は、一ヶ月でお金が作れる方法を利用しましょう。

また一ヶ月でお金を作る方法は、副収入としての利用にもおすすめです。 
本業だけの収入では少ないと感じている場合は、思い切って副収入を作ってみてはいかがでしょうか。

一ヶ月に一万円でも収入が増えると助かりますよね。特別な技術を必要としない方法もあります。
一ヶ月でお金を作る3つの方法について見ていきましょう。

【約1万円~10万円】クラウドソーシングサイトを使って副業をする方法

クラウドソーシングサイトでは、データ入力やライティング、動画編集などさまざまな仕事が募集されています。

1つの仕事で貰える報酬の金額は異なりますが、仕事の内容によっては時給千円以上の収入を稼ぐことができます。 
データ入力や自分の体験談、商品を使った感想を書く仕事の場合は特別な技術が必要ありません。

日常生活の隙間時間に副収入として稼ぐことができます。 
技術が身に付いてくるとより収入を増やすことができるのも魅力です。

【約5千円~1万円】治験モニターをすることでお金を作る方法

治験モニターとして採用されると、一ヶ月で約5千円から1万円程度の報酬が貰えます。
治験にはさまざまな種類があり、何泊か入院するものもあれば、決まった回数通院するもの、決められた薬を自宅で服用する治験などがあります。

基本的には健康で条件に当てはまっている体でないと採用されません。 
自分の健康状態と条件の合う治験モニターが募集されていた場合は、応募してみましょう。 
継続して稼ぐことはできませんが、単発的に収入が手に入ります。

【約千円~10万円】ハンドメイドで収入を得る方法

裁縫や編み物、アクセサリー作りなどが好きな人には、ハンドメイドで副収入を得る方法がおすすめです。 
完成した作品をフリマサイトやハンドメイドサイトで販売することで、約千円から10万円稼ぐことができます。

趣味でハンドメイド作品を作ったことがある人におすすめな方法です。 
自分が作品作りを楽しみながらお金を稼ぐことができます。 
ただしお金を払って購入してもらうものなので、壊れにくく気に入ってもらえる商品を作る必要があります。

長期的に時間をかけてお金を作る方法を解説

今すぐお金を作る必要はないけど、長期的にお金を増やしていきたい…そんな風に考えている人もいるでしょう。 
お金に余裕ができたら、いつもより美味しいものを食べたり旅行に行ったりできますよね。
本業の収入そのものを増やす方法もありますが、なかなか簡単には収入を増やすことはできません。 

長期的にお金を作りたい時には、クラウドソーシングやアンケートモニターを継続したり、株やFXでコツコツ収入を増やしたりするのがおすすめです。

制度の活用してお金を作る方法もある?制度ごとに解説!!

お金を作る方法は、仕事をして稼ぐだけではありません。

公共の制度を利用してお金を作る方法もあります。 
一度に高額を用意することはできませんが、一ヶ月に足りなくなったお金を用意することができます。 
借りるだけでなく、給付という形でお金が貰える制度もあるのです。 
今すぐ必要でないという場合でも、公共のさまざまな制度について理解しておくといざお金に困った時に活用できます。

公共の制度の利用方法を理解して、必要な時に活用できるよう準備しておきましょう。

特定優良賃貸住宅供給促進制度

特定優良賃貸住宅供給促進制度とは、中堅所得者向けの良質な賃貸住宅の拡大を目的に作られた制度で1993年に始まりました。 
賃貸住宅を建設しようとしている人や、賃貸住宅の家賃の支払いに困っている人におすすめです。
特定優良賃貸住宅供給促進制度が利用できる特定優良賃貸住宅は、2つ以上の居住室があり耐火構造もしくは準耐火構造で作られています。 
バリアフリーやオートロックなどの物件も多いので、家族で利用する住宅に最適です。

教育一般貸付(教育ローン)

お子様がいる家庭の場合は、教育一般貸付が利用できます。
教育ローンと呼ばれることもある制度で、お子様一人につき最大350万円のお金を借り入れることができます。 

最長15年間返済期間があるので、ゆとりを持って返済プランを組むことができます。 
教育一般貸付や教育ローンのメリットは、金利が1.76%とかなり低い点です。 

15年間でゆっくり返していくと利息は15年分発生してしまいますが、一般的なローンや借入金よりは発生する利息が少ないです。

年金担保貸付融資制度

年金担保貸付融資制度は、生活必需品の購入や医療費、冠婚葬祭費代などの為に利用できる制度です。 
国民年金または厚生年金保険などを担保にして融資を受けることができます。 
10から200万円以内の金額を1万円単位で融資してもらえます。

ただし生活必需品に利用する場合は、上限80万円と決められています。 
突然冠婚葬祭でお金が必要になった人に特におすすめな制度です。 

高額のお金でも対応してもらえるので、冠婚葬祭費代で困った場合は利用してみましょう。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度を利用すると、無利子や低金利でお金を借りることができます。
厚生労働省が管轄している制度で、居住地域の社会福祉協議会の窓口で手続きを行います。 

生活福祉資金貸付制度を申し込む場合、豊富な種類の書類が必要になりますが、15から20万円の借り入れが可能です。 
収入が低く銀行のカードローンやフリーローンを利用できない人を対象にお金を貸し付けています。

審査に通らなければいけませんが、収入が少ない人は一度審査を受けてみましょう。

失業給付金・求職者支援制度

仕事を辞めて給食中の人の場合、ハローワークに申請すると失業給付金を貰えることがあります。 
条件に当てはまっていない場合は受給できなかったり、受給日が少し遅かったりします。

しかし失業中で新しい仕事を探している場合、職業訓練を受けて月10万円の給付金を貰うという方法もあります。 
ただし職業訓練で給付金を受け取る為にはハローワークで就職支援を受けなければいけません。 
新しい技術を習得しながらお金を貰える方法です。

再度、お金が手元に残っていないかチェックしてみよう!

お金を作る方法を利用するだけでなく、手元にお金が残っていないか再確認してみるのもおすすめです。 
探してみると思わぬところからお金が出てくる場合があります。 
交通系ICカードに半端なお金がチャージされていたり、ポイントカードにいつの間にかポイントが貯まっていたりすることがあります。 

また掃除をするとお金が入った昔の財布や商品券が出てくることもあります。 
自分が入っている保険を解約するとお金が貰える場合もあるので、再度確認してみましょう。

お金の捻出がどうしても厳しい場合はキャッシングを検討しよう

消費者金融、クレジットカード、銀行のカードローンなどを1つにまとめてキャッシングと呼んでいます。 
お金を作る方法を試したり手元に残っているお金を探してみたりしてもお金が足りない場合はキャッシングを利用してみるのもおすすめです。 

キャッシングを利用する為には審査に通過しなければいけませんが、審査に通過すると一度に10から50万円程度のお金を用意することができます。 
他の方法が利用できなくなった時にはキャッシングを利用してみましょう。

消費者金融を利用してのキャッシングをする方法

消費者金融でお金を借りるメリットは、365日24時間営業しているという点です。 
銀行のカードローンを利用する場合、銀行が閉まっている土日祝日にはカードローンの利用を申し込めません。 
消費者金融の場合はいつでも営業しているので、お金に困った時にすぐに申し込み手続きを行えます。

ただし消費者金融は金利が高いのがデメリットです。 
消費者金融を利用する時には、30日以内に返済すれば無利子になるサービスを展開している消費者金融を選ぶのがおすすめです。

銀行のカードローンでキャッシングをする方法

銀行のカードローンでのキャッシングは、車や住宅ローンなどのような大きな金額だけでなく生活費として数十万円程度の借り入れでも利用できます。
消費者金融と比較すると低い金利で借りれるメリットもあります。 
銀行カードローンは審査に通過するとカードが貰えるので、一度審査に通過するとカードを使ってコンビニなどのATMで気軽にお金を借りることができます。

ただし消費者金融よりも審査などでお金を借りるまでに時間がかかってしまうデメリットがあります。

クレジットカードのキャッシングをする方法

キャッシング枠の付いているクレジットカードを所有している場合は、キャッシング枠を使ってお金を借り入れるのがおすすめです。 

新しくキャッシング枠付きのクレジットカードを作成する場合は審査を受ける必要がありますが、既に審査に通過しているキャッシング枠付きのクレジットカードがあれば即日でお金を借り入れることができます。

ただしクレジットカードのキャッシング枠は金利がかなり高いのがデメリットです。 
安易な気持ちでお金を借り過ぎてしまわないように注意が必要です。

これはダメ!お金がないときに絶対にやってはいけないこと!

家族や友人に断られ、キャッシングの審査にも落ち、市町村の審査にも通らない…そうなると打つ手がないと感じるかもしれません。 
どうにもならない状況となると、「もう何でもいいからお金を用意したい」と考える人もいることでしょう。 
前述の方法以外にも、お金を用意する方法はあります。

ただし、絶対にやってはいけない方法も存在します。 
そこで、どうしてもお金が足りないとしても絶対にやってはいけないことについても紹介します。

お金をヤミ金から借りること

絶対にやってはいけないこと2つめは「ヤミ金からお金を借りる」ことです。 
審査なし、ブラックOK…そんな誘い言葉に乗ってはいけません。 
このような業者は、ほぼヤミ金と考えて良いです。

ヤミ金には反社会的勢力が関わっていることも少なくありません。 
貸金業法などのルールは無視されます。 
当初の話より高い金利を請求されたり、異常な取り立てをされたりして、穏やかな生活が送れなくなる危険性があります。 
絶対にヤミ金を利用しないよう気を付けましょう。

お金をギャンブルで増やそうとすること

絶対にやってはいけないこと1つめは「ギャンブルでお金を増やそうとする」ことです。 
・パチンコ  
・パチスロ  
・競馬 
・競艇
・競輪

こういったギャンブルでお金を増やそうとするのはやめましょう。

もしかしたら運よく増えることもあるかもしれませんが、失敗すればなけなしのお金まで失ってしまいます。 
1日でお金を用意したいなら日払いの仕事をしたほうが確実です。 

ギャンブルでお金が増える保証はありません。 
手を出さないようにしましょう。

多額の借り入れをカードローンからすること

絶対にやってはいけないこと2つめは「カードローンから多額の借り入れをする」ことです。 
無利息サービス期間中に完済すれば、カードローンは便利なものです。 
とりあえず契約して無利息期間を活用して便利だと感じ、そのまま使い続ける人もいるでしょう。   

便利なサービスではありますが使い続けていると感覚が麻痺することがあります。 
ATMでお金を引き出しているうちに、自分の口座から引き出しているような感覚になってしまうかもしれません。

しかし毎月返済があることを忘れてはいけません。 
どうしても困ったときの手段として考えましょう。

生活費を圧迫している原因が自身の借金の場合の対処法を解説!

過去に作ってしまった借金の返済で悩んでいる人もいるのではないでしょうか。 
借金の返済に追われて生活費が少なくなってしまっている場合におすすめなのが債務整理です。
債務整理を行うと、自分自身の経済状況を見直すことができます。

しかし債務整理を自分で行うのは難しいので、債務整理を行う場合歯弁護士などの法律のプロに依頼しましょう。 
特に債務整理の実績が豊富な弁護士に依頼するのがおすすめです。 
債務整理を弁護士に依頼するメリットもたくさんあります。

弁護士費用を支払っても得になることがある?

債務整理を弁護士に依頼する場合、弁護井への依頼費用が発生してしまいます。 
多額の依頼費用の支払いに悩んで債務整理を依頼できずにいる人もいるのではないでしょうか。

しかし弁護士の中には、着手金や相談料を無料に設定している弁護士が多くいます。 
依頼費用の分割払いに対応してもらえる場合もあるのです。 
分割払いであれば、債務整理を行ってからゆっくり返していけますよね。 
自分の用意できる予算内で依頼できる弁護士を探してみましょう。

自分に適した返済の方法を考えてくれることも

債務整理について豊富な知識と実績を持っている弁護士に依頼すると、自分に合った返済方法を考えてもらえるというメリットがあります。 
今までの債務整理の実績や経験から、自分では思いつかないような解決策を提案してもらえるのです。

自分の生活や収入に合った返済方法にするだけで、毎月の返済がとても楽になります。 
弁護士に依頼すると債務整理を行ってもらえるだけでなく、自分に合った返済方法を見つけられるというメリットもあるのです。

弁護士の選び方と債務整理の進め方を解説!

債務整理や弁護士への依頼など、なかなか経験することのないことですよね。 
債務整理や弁護士への依頼を行う時、ほとんどの人が未経験で挑戦するでしょう。 
初めて挑戦することだからこそ、債務整理の進め方や弁護士の選び方には注意が必要です。 
債務整理にはさまざまな方法があり、それぞれの方法に特徴があります。

また依頼する弁護士選びも慎重に行いましょう。 
債務整理の進め方や弁護士の選び方について、ポイントを解説していきます。

種類は4つ!債務整理について

債務整理には過払い請求、任意整理、個人再生、自己破産などの4種類があります。

それぞれ特徴や手続きの進め方が異なるので、債務整理を行う時は弁護士とどの方法で債務整理を行うのかを話し合って決める必要があります。 
弁護士に相談するのはもちろんですが、自分でもある程度知識を持っておくと債務整理を進めやすくなります。 

それぞれの債務整理の特徴や進め方について理解しておくのがおすすめです。 
4種類の債務整理について見ていきましょう。

過払い金請求とは

過払い金請求は、貸金業者に借入金の利子を多く支払い過ぎている場合に行う債務整理です。 
過払い金請求を行うと、余分に支払っていた利子の分だけお金が返ってきます。  

過払い金請求の時効は完済してから10年です。10年以内に完済している借入金があれば、過払い金請求をしてみましょう。 
過払い金請求を行う際には、貸金業者にこれまでの取引履歴を請求します。 
また過払い金の計算や交渉、裁判手続きなどを請求しなければいけません。

任意整理とは

任意整理は、現在も借入金の返済を続けている人におすすめの方法です。 
残りの返済額の分割支払い回数や毎月の支払い金額について交渉してもらえます。 

毎月の支払い金額が少なくなるだけでも随分楽になりますよね。 
過払い金請求と同じように貸金業者にこれまでの取引履歴を請求し、利息制限法の規定を超えた利息の支払いが行われていないか確認します。

ただし任意整理を行って無理のない返済計画を立てたら、毎月の返済に遅れが出ないように注意しましょう。

個人再生とは

個人再生は借入金の金額を減額してもらう手続きなので、任意整理と同様に既に借りたお金を返済している人におすすめの方法です。 
今借り入れている金額のおよそ5分の1の金額まで減額することができます。 

個人再生は裁判所を通じて手続きを行います。5分の1に減額した借入金は、個人再生を行ってから3から5年以内に返済します。 
住宅や車などの資産を手放す必要がないので、借金の合計金額が大きすぎる人は個人再生を行うのがおすすめです。

自己破産とは

自己破産は債務整理の中でも最終手段と言える方法です。 
他の3つの方法を行っても借金が返済できない場合には自己破産を選びましょう。 
自己破産を行う場合には、裁判所にさまざまな書類や申立書を提出しなければいけません。

しかし自己破産を行うことで、借金を返済する必要がなくなります。 

ただし自己破産を行う場合、裁判所で定める基準を超えないもの以外の財産はお金に換えて返済されます。 
保証人になっていない限りは家族に迷惑がかかることもありません。

よりよい弁護士に依頼するには

債務整理を行う時によい弁護士に依頼したい場合歯、2つのポイントを押さえて弁護士を探してみましょう。 
弁護士を選ぶ時には、債務整理の実績の有無と相談を真剣に聞いてくれたうえで的確なアドバイスをしてくれる弁護士かどうかを確認してください

法律は基本的には難しいことばかりですが、難しい法律を依頼人にわかりやすく説明してくれる弁護士がよい弁護士です。 
疑問に思うことがあれば迷わず質問し、自分の話を真剣に聞いてくれる弁護士なのか見極めてみましょう。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)