最終更新日:2019年08月26日

急な出費で困った!どうしてもお金が必要な時は安全なカードローンを使おう

急な出費で困った!チェックしておきたい8つの対処法とは?

急にお金が必要な時は、本来は貯金から捻出する事になります。ですがイレギュラーな事態が発生した時などは、貯金だけでは工面するのも難しい事もありますが、その際の主な対処法は8つあります。

その8つの方法だけでなく、生活福祉資金という制度もあります。市区町村の生活福祉課や社会福祉協議会などに相談すると、お金を借りる事も可能です。その他にも年金担保貸付や求職者支援制度などの手段もありますが、今回はその他の8つの方法を紹介します。

家族や友人から借りる方法

お金を借りたい時には、家族や知人に相談してみる方法もあります。今後の人間関係にも響いてきますし、できれば避けたい方法ではありますが、数万円ぐらいなら貸してくれる可能性もあります。

1つ目は金利です。具体的に何%の金利にするかを話し合っておく必要があります。金利を決めていない時は、自動的に5%に設定されます。もう1つは借用書です。いくつか盛り込むべき内容もありますから、お金を借りた事実を証拠として残しておく必要があります。

知人から借りる時の金利について

知人や親戚からお金を借りる時は、金利に関して話し合っておきましょう。事前に金利を決めていなかった時には、自動的に5%の利息が適用されます。その金利を決めたくない時でも、事前に話し合っておきましょう。

なお利息制限法で定められている金利は、下記の通りです。

・元本が10万円未満の場合、年20%以下
・元本100万円未満なら、年18%以下
・100万円以上の場合、年15%以下

上記の%の範囲内で、お互いに話し合って金利を決めておく必要があります。

借用書を用意しておく

知人からお金を借りる時は、必ず借用書を用意しておきましょう。たとえお金の貸し手が借用書は不要と断っていたとしても、人間関係が微妙になるトラブルもあり得るので、書類は必要です。難しい内容を盛り込む必要はありませんが、最低限の項目は明記しておく必要があります。

ちなみに借用書でなく金銭消費賃貸借契約書を用意する方法もありますし、公正証書を作って強制執行力を与えることもできます。どこまでやるかは、お互いに相談して決める事になります。

借用書に最低限記載する項目

借用証に盛り込む内容は、下記の通りになります。

・借用書の作成日
・お金を借りた日付
・何円借りたのか
・返済期限日
・どうやって返済するか
・いつ頃までに全額返済するか
・貸主の署名と捺印
・借主の署名と捺印

上記の他にも、「お互いに、この他に債権債務が無い点も確認した」と言った文言も付け加えておく方が、トラブルを防止しやすくなります。なお借用証のテンプレートもWEBで公開されていますから、必要に応じて活用してみると良いでしょう。

日払いバイトを利用する方法

お金を調達したい時は、日払いバイトという手段もあります。求人サイトなどを活用してみると、比較的簡単に仕事を見つけることができます。ちなみに効率良く仕事を見つけたい時は、複数の派遣会社に登録する方法もあります。派遣会社から仕事を紹介してもらう事になるので、自分で仕事を探す手間を省く事はできます。ただし日雇い派遣には条件もありますから、注意が必要です。そして派遣でなく業務請負という形にすれば、後述の条件を満たしていなくても仕事を紹介してもらう事ができます。

日雇い派遣で働くことための条件とは

日雇い派遣には、下記のような条件があります。いずれかに該当していれば、派遣で働く事ができます。
・60歳を超えている
・学生
・本業の収入が500万円を超えていて、副業目的で派遣で働く
・主たる生計者でなく、世帯年収は500万円を超えている

ただし上記は「派遣」という働き方に限定されます。派遣ではなくアルバイトや業務請負という形なら、上記の条件を満たしていなくても働く事ができます。たとえ派遣先から仕事の指示が出ていても、雇用形態がアルバイトになっている時は、日雇い派遣に該当しません。

カードローンは担保・保証人不要で自由に使うことができる

カードローンとは、消費者金融などの金融機関が発行する専用のカードを使用して、お金が借りられる金融商品の事をいいます。

住宅ローンやマイカーローンなどは使い道が限定されていて、購入する住宅やマイカーが担保となりますよね。対してカードローンは、保証人や担保は不要で、使い道も原則的に限定されていません。そして、カードに設定された融資限度額の範囲内であれば、 何度でも借入・返済を自由に行うことができるのが特徴です。

高金利で返済が長期化するリスクも

保証人や担保がないということは、融資する側からすると、返済されないリスクがかなり高くなるということです。そのため、担保や保証人のあるマイカーローンや住宅ローンなどと比べると金利もかなり高くなり、有担保ローンでは、大体数パーセント程度の金利が、カードローンなら15%以上となってしまいますので、どうしても返済は長期化しやすくなります。また、その利便性から頻繁に借り入れを行ってしまい、利用額の合計が分かりにくくなり返済が長期化してしまうというケースも多く見られます。

カードローンを利用すべき場合とは?満たすべき3条件

カードローンを利用した方が良い場合というのは、3つの条件が全て当てはまるかどうかが大きな基準となります。まず一つ目は、お金の必要な理由が「予定していなかった急な出費」であること。2つ目は手持ちの貯金など「手元にあるお金では足りない」こと。そして三つめの条件は「とにかく借り入れを急いでいる。」すぐにお金が必要な場合です。これらの条件は、他の金融商品では賄えないこともあり、この条件が揃った場合はカードローンを利用するタイミングと言えるでしょう。

予期しない出費に対応できないとき

どうしても、予定してなかった出費でお金が急に必要になることってありますよね。

身近な人のお祝い事や不幸が重なったり、急に転勤することになり引っ越しを余儀なくされたり、子供の大学の受験料が予定より大幅に嵩んでしまうことだってあります。また、学費自体は国の教育ローンや奨学金で賄おうと考えていても、教育ローンを利用するためには合格通知が必要でし、奨学金の支給は入学後に行われますので、 入学までに必要なお金をとりあえずカードローンで用意するという方もいらっしゃいます。

カードローンの借り入れと返済方法は複数用意されている

カードローンで借入を行う場合は3つの方法が利用できます。「ATM」「口座振り込み」「窓口」です。ATMは、提携銀行やコンビニなどのATMも利用できます。また、最近ではインターネットを利用して、パソコンやスマホなどで簡単に振り込みを申し込める会社も多くあります。また、 返済を行う場合も同様で、「ATM」「口座引き落とし」「窓口」が利用できます。自分にぴったりの借入・返済方法が選べるのは嬉しいですね。

カードローンは「銀行系」「クレカ・信販系」「消費者金融系」の3種類

一口にカードローンといっても、カードローンには銀行系、消費者金融系、クレカ・信販系の3種類があり、それぞれに特徴があります。例えば銀行系は、事業資金のために利用することは出来ません。また、銀行系やクレカ・信販系はカードが発行されるまでに一週間程度かかりますが、消費者金融系であれば即日発行を謳う会社も多くあります。消費者金融系には、7~30日間の無利息キャンペーンなども実施している会社もたくさんありますよね。

カードローンを安全に利用するためにチェックしておきたい4つのポイント

もしかすると、この記事をご覧の皆さんの中にはカードローンは怖いと思っている方もいらっしゃるかもしれませんね。でも、これからご紹介する4つのポイントをしっかり守って利用すれば、きちんと安全に利用することができるんですよ。そのポイントとは

・適用金利を比較して利用する。
・上限金利に注目する。
・給料日と返済日を確認する。
・臨時返済を活用して返済期間を短縮する。

の4つです。それでは、1つずつ詳しく見ていきましょう。

①:借り入れ200万円以下での適用金利で比較しよう

当然ながら、金利が低いにこしたことはありません。金利は一般的に、借入額が少ないほど高くなり、借入額が多いほど低くなります。先ほどお伝えした通り、カードローンを使う時は急に予定外のお金が必要となった時です。おそらく、利用するのは200万円以下ということになりますよね。200万円以下で金利を比較してみると、意外と各社違いがみられます。自分の利用しようとしている借入額がハッキリしているという場合は、その額で比較してみると良いかも知れませんね。ただし、金利が低いところは審査も厳しめになる傾向もありますので注意して下さいね。

②:金利の上限に注目しよう

カードローンの金利を見ていると◯%~△%と、自分には何%が適用されるのかが分からない場合ってありますよね。この金利の違いは、基本的にはその人の属性などによって変わっているわけではありません。借入額により決まっていて、借入額が少ない方は基本的に最も高い金利が適用されることとなります。最も低い金利が適用されるのは、各社の最大融資可能額まで借りた場合だと考えてください。そして、初めて利用される方が、最初から最大融資可能額の数百万円を借りられる可能性は0%と言っても良いかも知れません。

ほとんどの人には上限金利が適用されることとなるのです。

③:返済期間を短縮するために「臨時返済」を活用しよう

どのタイプのローンにも言えることですが、返済期間を短縮するためには臨時返済が有効です。もちろん追加の借入れを行うことなく、事前のシミュレーション通りに毎月決められた支払いを行っていれば、シミュレーション通りの期間で返済は完了します。でも、臨時返済を利用すれば返済期間は短くなります。その分だけ金利も節約することができますよね。

余裕がある時には、積極的に臨時返済を利用して少しでもお得に活用して下さいね。

④:着実な返済には給料日後の口座振替がおすすめ

返済するのに最も適しているのはお給料日の直後です。給料がまだ口座に残っているうちに口座から引き落とされれば、精神的にも負担なく毎月返済することが出来ますよね。反対に最も返済日に適していないのはお給料日直前です。もし、口座にお金が残っていなければ、ついつい追加の借入れを行ってしまうのではないでしょうか。着実に返済するのに、追加の借入れや複数の借入れは厳禁です。各社のホームページでは、返済のシミュレーションなども出来ますのでしっかり計画を立ててから利用して下さいね。

実際にカードローンを利用する方法とは

カードローンには、全部で3種類あります。

・銀行系
・消費者金融系
・信販系

上記の3つの中では、金利は銀行系が一番低いです。最大年利は14%台になっている銀行が多いです。しかし少額でお金を借りて短期返済する場合は、手数料の差額はそれほど変わりません。利便性が一番優れているのは、消費者金融です。審査の結果が出るのも、非常にスピーディーです。そして信販系の場合は施設割引などのサービスは比較的充実しています。

銀行系の特徴

銀行系のカードローンは、平均金利に特徴があります。上限15%前後になっている事が多く、消費者金融よりは金利が低めです。また銀行系は、必ずと言って良いほど保証会社を利用する事になります。ただし消費者金融と違って、即日でお金を借りられる訳ではありません。最短でも翌営業日になります。

ちなみに銀行カードローンの利用件数は、最近は増加傾向にあります。消費者金融は減少傾向にある半面、2,013年以降は銀行系を利用する方が増えてきています。

銀行カードローンの金利相場

主な銀行カードローンの金利は、下記の通りになります。

・住信SBIネット銀行 1.59~7.99%
・みずほ銀行 2.0~14%
・楽天銀行 1.9~14.5%
・三菱UFJ銀行 1.8~14.6%
・ジャパンネット銀行 2.5~18.0%

銀行によって異なりますが、最大年利はおおむね14.5%前後が目安になります。ちなみにみずほ銀行は住宅ローンを契約していれば、年利が0.5%低くなりますから、1.5~13.5%になります。

消費者金融系カードローンの特徴

消費者金融は銀行よりは金利は低めですが、少額ですぐに返済できるならおすすめです。確かに金利は銀行より高めですが、すぐにお金を返す事ができるなら、実際はそれほど手数料は変わりません。審査も、銀行よりは若干通りやすい傾向があります。ちなみに消費者金融の最大金利の目安は18.0%です。

ただしアコムやプロミスのような消費者金融の場合は、利息サービスもあります。指定の期間内に全額返済すれば金利は発生しませんから、短期で完済できる時はお得です。

無利息サービスを提供しているカードローン

無利息サービスの内容は、金融会社によって異なります。

・アコムは、契約翌日から30日間無料
・ノーローンは、借り入れ翌日から7日間無料
・レイクALSAは、契約翌日から30日と180日の2つのコースがある

上記のように、各社はそれぞれサービスの内容も異なりますが、全体的に初回の借り入れのみ無利息で、その期間も借り入れ翌日から30日というルールになっている事が多いです。ただしノーローンに限り、何回でも無利息で借りる事ができます。なお無利息期間が経過すると、どの金融会社も通常金利が適用されます。

大手消費者金融の審査・融資時間

大手消費者金融の審査と融資実行までの所要時間は、下記の通りです。

・SMBCモビットは10秒で審査結果が出て、最短当日に融資
・ノーローンは最短20分で結果が通知され、約40分程度で融資実行
・アコムとプロミスとアイフルは、いずれも最短30分で審査結果が通知。アイフルの融資は最短当日で、アコムとプロミスは最短1時間で融資実行。

上記のように、消費者金融は非常にスピーディーです。総量規制はあるものの、利便性は優れています。

信販系

信販系のカードローンは、金利は消費者金融系とあまり変わりません。その代わり、提携施設などの割引制度は充実しています。例えばオリエントコーポレーションですと、カードローンを利用している時はエステや宿泊施設が割引されます。

また普段からクレジットカードを利用している場合、審査に通りやすくなる傾向があります。カードの利用実績がありますから、そのカード会社を通して申し込みしますと、審査に通りやすくなるケースが多いです。

クレジットカードのキャッシングを使って融資を受ける方法

クレジットカードには、キャッシングという枠も付いています。カードで融資を受けられる訳ですが、金利は若干高めです。ショッピング枠とは別に請求されますし、計画的に利用する必要があります。返済方法は一括とリボ払いの2種類ありますが、お金に余裕がある時に臨時返済すれば、早く元金を減らす事もできます。

ただしキャッシング枠は、ショッピング枠ほど高くなる事はありません。ショッピング枠の金額以下で借りる事になりますし、少額融資を希望する方向けです。

キャッシングはカードローンより金利が高い傾向

クレジットカードにも、キャッシング機能がありますので、設定されている枠内であればお金を借りることが出来ます。

しかしながら、クレジットカードは元々ショッピングに向いている商品ですので、キャッシング金利は一般的なカードローンの金利より高くなっている傾向にあります。また、買い物以外でもカードが利用出来ることもあります。もし支払う予定のものが、カード払いでも支払えるという場合には、ショッピングリボを検討してみても良いかも知れません。

事前にカードを作っておくと低い金利のカードローンを利用できることも

カードローンはとても便利なものですが、便利なだけにしっかりとした自己管理が必要となります。

銀行系のカードローンは契約までに時間がかかりますが、消費者金融系と比べて金利は低い傾向があります。もし、本当に必要となった時以外には使わないと心に決め、しっかり管理ができるのであれば、事前にカードを契約しておくことで、即日融資に囚われることなく、より低い金利のカードローンを利用することができる可能性があるのです。

複数の金融機関から借りてしまいそうな人は

カードローンはあくまで急な出費に対応するために利用するものです。追加の借り入れも簡単にできますし、複数の金融機関でカードを作ることもできますので、ついつい安易に使ってしまいやすく、計画的な利用が出来ない人には残念ながら向いていません。今は、政府でもキャッシュレス化が推進されていますよね。

自信はないけどカードは利用したいという人は、利用と同時に口座から引き落とされるデビットカードの利用を検討してみて下さいね。

クラウドソーシングでお金を稼ぐ方法

クラウドソーシングというサイトに登録しますと、WEBでお金を稼ぐ事もできます。まずクラウドソーシングのサイトに無料登録して、記事作成やアンケートや画像作成などの案件を探します。そして仕事の発注者にデータをWEBで納品して、問題なければ報酬が支払われるシステムになります。

クラウドソーシングは、報酬を受け取るまでは若干時間がかかります。翌月払いになる事が多いですが、ある程度作業に慣れれば10万円以上稼ぐ事も可能です。

ヤフオクやフリマアプリを活用してお金を作る方法

WEBのオークションに出品してみると、意外と高い価格で落札される可能性があります。特に有名なのはヤフオクで、利用者の人数は非常に多いです。予想外の価格で落札される事もあるので、不要な物は一通りピックアップしてみましょう。プレミア価値があるフィギュアや漫画あたりは、高く落札される傾向があります。

ヤフオクが苦手な時は、メルカリなどのフリマアプリで売る方法もあります。ただしメルカリは、売れた時には10%の販売手数料がかかります。出品は無料です。

ブランド物を売って現金化する方法

不要なブランド品がある時は、それを買取店に売って現金化する方法もあります。有名ブランドの品物は高く売れる傾向がありますが、あまり人気が無いシリーズですと査定額が低めになってしまう可能性があります。

なおブランド品を高く売りたい時は、お店の専門性も確認する方が良いでしょう。各お店はそれぞれ得意分野は異なりますが、ブランド品の専門店で査定を受けるのがおすすめです。また買取店によっては手数料が発生しますから、売る前によく確認しておく必要があります。

ポイントサイトでポイントを現金に換える方法

ポイントサイトでは、WEBでお金を稼ぐことができます。ゲームやショッピングやサイト登録などの条件を満たせば、ポイントが発生します。カード発行やFXなどの案件は、比較的多くのポイントを稼ぐことができます。有料サービスの申し込みでも比較的多くのポイントが貯まりますが、「有料」なので費用はかかります。

ポイントが発生したら、指定の方法で換金すればお金を受け取れる訳です。隙間時間などを有効活用してお金を貯めたい時は、おすすめです。

お金が必要となった原因によって対処法は異なる?

お金が必要な時の対処法は色々ありますが、どの方法が一番最適かは状況次第です。わざわざカードローンで借りなくても、制度を活用すれば対処できる事もあります。

そもそも冠婚葬祭などは、予想していたよりもお金がかからないケースも多いので、貯金で十分対応できる事も多々あります。しかし医療費は高額になる事もあるので、貸付制度を活用で対処する方が良いでしょう。この項では、お金が必要な3つのケースを取り上げつつ、それぞれの対処法を解説しています。

冠婚葬祭

冠婚葬祭で必要なお金は、10万円以下で済む事も多いです。洋服代や会費などは必要ですが、レンタルなどのサービスを活用すれば、10万円以下になる事も多いです。

香典は、相手との関係に左右されます。知人や友人の葬式は4,000円目安ですが、兄弟は3万円目安になりますし、職場の同僚や取引先なら1万円目安です。基本的には数万円ぐらいになる事が多く、わざわざカードローンの契約をしなくても、貯金で対応できるケースも多々あります。

事故や病気

病気や事故の場合、一番ネックになるのは治療費や手術などの医療費です。状況によっては医療費が高くなる事もありますが、支払いが困難な方を対象にした高額医療費貸付制度もあります。申請してから、およそ2週間から3週間程度で振り込まれます。

また健康保険組合や共済に加入している場合、傷病手当金制度という方法もあります。1日あたり、標準報酬日額の3分の2程度は支給されますから、それなりにまとまった金額になる事も多いです。

家賃や光熱費など

光熱費の支払い額に足りない時は、国の総合支援資金の一時生活再建費を検討してみましょう。最大60万円まで借りる事ができ、家賃や公共料金の一時立替が可能です。

ちなみに滞納しても、水道はそれほど早く止まりません。滞納期間が2ヶ月ぐらいですと、ガスや水道は止められる事が多いですが、水道は最長6ヶ月は止まりません。また家賃は、住宅手当で対処する方法もあります。上述の総合支援資金の一時生活再建という手段もありますが、返済が必要です。しかし住宅手当なら返済は不要です。

やってはいけない対処法とは?

お金を確保する方法の中には、やってはいけない対処法もあります。お金が必要な時は、つい頭がいっぱいになってしまう事もありますが、気をつけたいものです。

例えばヤミ金です。その金融業者から借りた時は、完済するのは原則難しいと考えて良いでしょう。色々な問題点が生じて、さらにお金に困ってしまう事態になりかねません。

それと、あまり1つの方法に頼らない方が良いでしょう。トラブルが発生した時には、予定が狂ってしまう可能性もありますから、複数の方法でお金を確保する方が良いでしょう。

闇金を利用する

ヤミ金は、一度借りたら完済できないケースが殆どです。理由は手数料です。ほぼ法律を無視した手数料なので、一度借りると借金だけが拡大してしまうからです。たとえ「数万円程度なら返済できる」と思っていても、返済日にヤミ金と連絡を取る事ができないので、完済させてくれない事もあります。

そもそもお金を借りる方法は、ヤミ金の他にもあります。カードローンなどの手段もありますし、ヤミ金だけは絶対に利用しないようにして下さい。

複数の方法でお金を作る

1つの方法だけでお金を稼ごうとすると、失敗してしまう事もあります。アクシデントもあり得ますから、複数の方法でお金を作るのが望ましいです。例えば日払いバイトという方法がありますが、たまに仕事が無くなってしまう事があります。作業予定日に突発的なトラブルが発生し、お金が入ってこなくなる事もあるのです。

ですからバイトだけでなく、ポイントサイトや買取やカードローンなど複数の方法でお金を確保しにいく方が良いでしょう。リスクを分散させる訳です。

急な出費に対処できるのはカードローンと消費者金融どっちがおすすめ?

急ぎでお金が必要なら、基本的には消費者金融がおすすめです。銀行ですと、急いでいる時には間に合わない可能性がありますが、消費者金融から即日融資が可能だからです。ATMで借り入れや返済できるのも便利です。

しかし利息を抑えたい時は銀行系がおすすめですし、お得な特典を利用したい時は信販系が推奨されます。また家族にバレてしまうのが心配な時は、WEB完結で申し込み可能なカードローンおすすめです。なお銀行は、できるだけ金利を低くしたい時はおすすめです。銀行ですと、即日で借りるのは難しいので、長期に渡って低金利で返済していきたい時に活用する方が良いでしょう。