最終更新日:2019年09月06日

レイクALSAの学生限度額は?親バレせずに審査に通る方法

レイクALSAは、学生も利用できる!

日常的にCMや広告を見かけることの多い、新生銀行のレイク
レイクは、現在も多くの利用者に愛用されている、大手のカードローンサービスとなっています。

似たようなサービスの多いカードローンの中でも、レイクには特徴的かつ魅力的な独自サービスが用意されています。

そんなレイクのカードローンサービスは、学生でも使うことができるのでしょうか。

それでは早速、レイクのカードローンサービスについて、見てみましょう。

学生でも安心できる返済のしやすさ

レイクの大きな特徴のひとつに「返済のしやすさ」があります。

いずれも便利なので、忙しい学生でも、安心して返済をすることができるでしょう。

レイクの返済プランは以下の5つ、特徴もあわせて紹介します。

レイクの返済プラン

ネット返済(24時間可能で、一括返済もでき、手数料は無料)
レイクのATM(7:30~24:00まで可能。一括返済もできて、手数料は無料)
コンビニATM(24時間返済が可能。返済は1,000円単位となる。手数料は無料)
自動振替(毎月定額を口座から振替できる。手数料は無料)
銀行振込(銀行営業時間内に振込で返済をする。一括返済可能だが、振込手数料が発生する)

一括返済もできて手数料が無料な返済方法が多いため、便利です。

学生ローンよりも学生向け

ローンの中には、学生を対象とした「学生ローン」というものもあります。

しかし、レイクは、そんな学生ローンよりも学生に向いているともいわれています。

その理由は、

返済方法が多いことから、返済しやすい
・就職などによって収入が増えれば、借入限度額を増やせる
卒業してからも、問題なく取引を続けられる

など、多数あります。

返済方法が豊富なレイクは、返済シミュレーションを活用すれば、返済プランも立てやすいのが特徴です。

学生ローンとレイクALSAの違い

学生ローンとレイクALSAの違いは何でしょうか?

学生ローンを取り扱っているのは、営業規模の比較的小さい中小消費者金融です

学生ローンは、学生証と健康保険証で借り入れできます。

しかし、レイクALSAでの借り入れには、学生ローンにはない魅力があります。

その魅力が、学生がレイクALSAから借りることがおすすめのポイントでもあるということなのです。

学生ローンで借りているとレイクALSAは借りれない?

学生ローンを利用しているという理由で審査に通過しないということはないのですが、総量規制という法律の規定があるため、学生ローンで年収の3分の1近くまで借りていたという場合、レイクALSAの審査には通過しないと言われています。

他社借り入れがあった場合でも、総量規制枠に10万円から20万円くらい余裕があった方が返済能力があると判断されやすくなるため、できるだけ他社借り入れはない方がよいと言われています。

レイクを利用する条件

そんなレイクを利用するためには条件が2つあり、この条件を満たしていれば学生でも利用が可能です。

その条件とは、

20歳以上70歳以下の人
安定収入がある人(バイト・パートOK)

です。

レイクでは、20歳をすぎていて、アルバイトやパートなどで安定した収入があれば申し込みをすることが可能となります。

そのため、浪人や留年をしていない場合なら、大学2年生の誕生日以降なら申し込みできる、ということになります。

20歳以上であることが条件

民法では、法律行為を行う当事者の年齢は20歳からと決められています。

そして、レイクALSAでも借り入れは20歳以上の成人でなければ行うことはできません。

未成年者が行った借り入れを申し込みなどの法律行為については、無効とすることができます。

したがって、レイクALSAでも20歳以上の学生しか借り入れを行うことができません。
これはレイクALSAだけでなく、ほとんど全てのローンで決められていることなのです。

「安定収入」はバイトでOK

レイクASLAは、本人名義の収入がある人でなければ借り入れができないようになっています。

したがって、学生がレイクALSAから借り入れするためには、アルバイト先等の勤務先があって、本人名義の収入を持っていることが借り入れの条件です。

「安定収入」とは、カードローンの申し込み条件などでよくみかけますが、どのような収入なのでしょうか。

この答えは簡単です。

毎月、定期的に得られる収入

のこととなります。

「アルバイトで月に1回収入が入る」という場合、安定した収入があるとみなされます。

ただし、日払いバイトの給料や、雇用契約のない手伝いなどの報酬は、安定した収入とはなりません。

なお、安定しているとしても、親からの仕送りについては収入とはなりませんので注意しましょう。

Q. 仕送りは収入にならないの?

では、なぜ、親からの仕送りは収入にカウントできないのでしょうか。

これは、貸金業者が、貸金業法に則って利用者に対して融資をおこなっているからです。

貸金業法では、年収を証明する書類として、「源泉徴収票・所得証明・納税証明」など所得を証明する書類を必要とします。


しかし、親からの仕送りは、支援であって所得にはなりません。

そのため、親からの仕送りは、安定しているとしても「収入」にカウントすることができないのです。

レイクALSAの限度額は収入に左右される

カードローンでは「限度額」が設定され、その範囲であれば繰返し利用することができます。

この限度額がいくらかは、本人の収入によって決められます。
しかし学生がアルバイトをして得られるお金は、あまり多くありませんよね。

安定した収入があれば、カードローンの契約自体には、大きな影響がありません。

ただし、限度額は収入に左右されます。
とはいえ、高額な融資を希望しているわけではないなら、それほど気にする必要はないでしょう。

レイクALSAの限度額

レイクALSAは、その前身の新生銀行レイクの時代からそれほど多くの金額を借り入れすることができないカードローンだったと言われます。

その後、レイクALSAとなって、運営会社が新生フィナンシャルという貸金業者に変わったことから、総量規制対象のカードローンとなりました。

こうしたことから、レイクALSAはこれまで以上に高額の借り入れが難しくなったといえ、特に学生の場合には、多額の金額を借りることは難しいと言われています。

学生の高額借入は難しい

学生の高額借入は難しいです。

その理由は、学生はアルバイト収入しか収入として認められないということが挙げられています。

そのため、高額の借り入れは難しいと考えるほうが良いということなのです。

それに、学生が何十万円といった多額のお金が必要になるということなど通常は考えられないことですし、親の経済的援助を受けながら学校で学んでいる学生は、学問をするのが本業で、高額借り入れはそもそも難しいといえます。

総量規制

レイクはレイクALSAとなってから、銀行カードローンから消費者金融カードローンに変わったという歴史があります。

消費者金融のカードローンは、総量規制という規定の影響を受け、他社借り入れとの合計が年収の3分の1を超える借り入れはできないということになっています。

そのため、アルバイトしか収入のない学生については、高額の借り入れが難しくなります。

アルバイト収入が毎月5万円の学生の年収が60万円、借り入れが何もなくても20万円までしか借りることはできないということです。

学生が借りれるのは10万円程度

収入がアルバイトである学生が、総量規制の対象となるカードローンを借り入れる場合、高額借り入れは難しい属性になります。

また、レイクALSAも初めから総量規制限度額の融資は行わないと言われており、10万円程度の借り入れなら可能と言う状況でしょう。

したがって、学生が融資を受ける場合には、借りることができる金額は10万円くらいが限度額と考えておいたほうがいいと言われ、高額の借り入れ額を期待するのは難しいということです。

増額の審査は社会人になってから

学生アルバイトの場合、大抵は、年収が100万円以下となることでしょう。

そして、レイクでカードローンを申し込むと、多くの場合、限度額は10万円程度と小額に設定されます。

学生のうちは、この10万円という限度額でも、十分足りる可能性があります。
しかし、社会人になってからは10万円では足りない可能性もありますよね。

そこで、社会人になったら、レイクに、借入限度額の増額を依頼してみましょう。

利用状況に問題がなければ、再度審査をした上で、限度額を引き上げてもらえることがあります。

レイクは、親バレ対策が充実している

カードローンを申し込みたいという学生の中には、

「親バレは避けたい」

と考えている人も少なくありません。

しかし、レイクなら親バレの可能性は低いと考えられます。

基本的にレイクALSAでは家族の方に知られないよう配慮が行われていると言われています。

けれども、延滞が生じ、それが長期化してしまうと、親御さんに知られてしまって迷惑をかけてしまうことになる可能性があるので、知られずに借り入れを行いたいという学生の方は、返済をきちんとするという点については注意をしておきましょう。


良くある親バレのパターンは、

・申し込み後に郵便物が自宅に届き、家族に見られる
・財布の中にあるローンカードが見つかる
・返済遅れで督促が届く

などがあります。

しかし、レイクのカードレス契約なら郵便物の受け取りがありません。

借り入れ方法は銀行振り込みのみとなりますが、郵便物が自宅に届かないため、申し込んだことを家族に知られたくない方におすすめです。

『カードレス契約』で申し込み

レイクの契約は、とても簡単です。

「カードローンの契約を親バレしたくない」
「財布の中身を見られる可能性を考えると、カードレスで使いたい」
「レイクからの郵便物が自宅に届くのは避けたい」

という場合は、webから『カードレス契約』で申し込みをしましょう。

これは、web申し込み後の画面で、

カードレスでご希望の方

を選択するだけとなっているため、とても簡単です。

借り入れ方法が銀行振り込みだけでも大丈夫な方には、ぜひおすすめします。

カードは後日発行できる

「レイクの『カードレス契約』を申し込んだけれど、やはり、ローンカードがほしい

ということもあるかもしれません。
そんな場合でも、後日、ローンカードを発行することができるので安心です。

カードが必要になったら、レイクの無人店舗から、『カードの再発行』を選択しましょう。

このとき、審査などはありませんが、登録情報を入力する必要があります。
そのため、スマートフォンは持参したほうが安心です。

ローンカードがあればコンビニATMを利用することも可能となるため、さらに便利に使うことができます。

申込時に「内緒」を選択

レイクALSAでは、インターネットから申し込みを行うと、「家族の承知の有無」という項目があります。

ここで「内緒」という選択肢が設けられており、家族に知られずに借り入れを行いたいという場合にはこれを選択しておくことによって、基本的には親に連絡されるということはないのです。

したがって、親に知られずに借り入れを行いたいという場合は、インターネットから申し込みを行い、「家族の承知の有無」という項目で「内緒」を選択しておくようにしましょう。

バイト先には在籍確認の連絡が行く

レイクALSAでは、家族に知られないで借り入れをしたいという学生のための配慮が行われています。

しかし、在籍確認のために、バイト先には連絡が行くようになっています。

これは、借り入れ審査の際に必ず行なわなければならないプロセスで、在籍確認のためにバイト先にレイクALSAから電話があるのです。

ただし、審査を担当するスタッフの個人名で電話をかけてもらえるため、バイト先の人にローンの審査であるということは知られないで済むということなのです。

延滞しなければ、親バレはしない

レイクALSAで申し込みをする時は、住所は住民票の住所を伝える必要があります。

住民票の住所は実家となっていることが多いのではないでしょうか?

返済に遅れが生じると、レイクALSAは申し込み時の住所に連絡を行うことになるのです。

したがって、多くの学生の場合には実家に督促状が発送されることになるのです。

基本的にレイクALSAでは本人以外にローンの内容を伝えることはないのですが、督促状送付時には郵送され、家族に知られやすくなるということなのです。

レイクの申し込みに必要なもの(学生)

さて、次に、学生がレイクの申し込みをするために必要なものを紹介します。

実際に申し込みをする場合は、あらかじめ必要な書類を用意しておきましょう。

とはいえ、レイクの申し込みに必要となるのは、

運転免許証など本人が確認できるもの

のみです。

運転免許証でなくても、パスポートマイナンバーカードなどもOKです。

保険証でもいいですが、保険証には名前と生年月日、現住所という3つの項目が記載されている必要がありますので、レイクALSAで書類の提出を行う時はその点を確認してから提出するようにしておきましょう。

申し込みは、スマートフォンやパソコンから、WEBで申し込みをすることができます。

このWEB申し込みは、24時間受付です。

そのため、スマホと運転免許証があれば、いつでも、どこからでも、申し込みが可能です。

学生証は身分証明書に使えない

手軽に申し込めるレイクですが、学生が申し込みをするにあたり、1つ、注意したいことがあります。

それは、学生の場合、

学生証は、本人を確認する公的証明書としては使えない」

というものです。

なぜなら、学生証は学校が発行しているもので、公的な機関から発行された書類ではないからです。

運転免許証がない場合は、パスポートなどで代用することとなります。

学生証のみでカードローンなどを申し込むことはできないので注意しましょう。

レイク 利用の流れ

それでは実際にレイクを利用する流れも見てみましょう。

自動契約機や、郵送で申し込むより、WEBから申し込みをするのが簡単で便利です。

申し込みから借り入れ可能までの流れは、以下のとおりです。

レイクの申し込みから借り入れまでの流れ

スマホかPCからweb申し込み
契約内容確認の電話連絡が入る
審査開始→結果通知
郵送、または、自動契約機でカード受け取り
借り入れ可能

カードレスの場合は、カードを受け取る手間もないため、さらに流れはシンプルです。

レイクの魅力

最近のカードローンでは、「無利息期間」というサービスが設定されているものが増えています。

例えば「初めての利用で30日間利息0」というようなものです。
CMなどで耳にしたことがある、という人も多いでしょう。

これと同じようなサービスがレイクにもあります。

しかし、その内容は他社よりも条件は魅力的で、

「借入額が5万円以内なら、180日間利息ゼロ」

となっています。

約半年利息無しで使えるというのは、とても魅力的ですよね。

レイク以外でも、18歳や19歳は金融機関の利用はできないのか?

レイク以外でも、18歳や19歳の金貸しはNGなのでしょうか?

この点については、他社でも申し込みできる年齢は20歳以上になっているはずなのです。

例えば、プロミスは20歳から69歳の安定した収入のある人で、アコムは20歳以上の安定収入と返済能力がある人です。
また、アイフルは満20歳以上69歳までの定期的な収入と返済能力がある人とされています。

これは、法律により、未成年は親の承諾なしに金融商品の契約はできないからです。

未成年者保護規定

未成年者保護規定は、民法上、未成年者の結んだ契約は取り消すことができるという規定です。

未成年者はまだ社会的に成熟しておらず、社会経験も充分なく、適切な判断ができない恐れがあるので守られる必要があるということが法の趣旨なのです。

したがって、未成年者と契約してお金の貸付を行っても、契約を一方的に取り消される可能性があるため、どこの消費者金融もはじめから未成年者に貸し付けは行われていないということなのです。

18・19歳がお金を借りる方法

では、18歳や19歳の未成年者がお金を借りる方法はないのでしょうか?

この点については、中小消費者金融の提供する学生ローンや、クレジットカードのキャッシング枠を用いた借り入れによって借りるという方法はあると言われています。

ただし、レイクALSAなどのカードローンサービスでは未成年がお金を借りるということは難しいです。

そのため、未成年者OKの学生ローンかキャッシング枠を利用した借り入れという方法があると言えます。

学生ローン

学生ローンでも20歳以上で借り入れができるとしているところは多くありますが、色々と探してみることで18歳以上で借りられる学生ローンもあるのです。

例えば、学生ローンを専門的に取り扱っている学生ローンのフレンド田や学生ローンカレッヂなどが、未成年でも借り入れできる学生ローンとして挙げられます。

ただし、未成年者保護規定で、必ず親の承諾が必要であったり、親を保証人とすることが条件とされていますので、親に内緒の借り入れはできません。

クレジットカードのキャッシング枠

未成年の場合、クレジットカードのキャッシング枠を利用するという方法もあります。

クレジットカードは、18歳以上なら申し込みが可能なものも多くあります。

例えば、楽天カードは高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な人となっていますし、三井住友VISAデビュープラスカードは高校生を除いた満18歳から25歳までの人とされています。

もちろん、こうしたカードも親権者の同意がなければ契約することができないとされています。

学生の審査

借り入れ額はそれほど大きくないといわれる学生が借り入れを行う場合でも、必ず借り入れ審査が行われ、それに通過した人しかお金を借りることはできません。

バイト収入しか収入がない学生については、その審査は主に信用情報を主として行われると考えられます。

信用情報は、これまでに借り入れをして返済が遅れたりしたかどうかや過去に債務整理などを行っているかどうかなどの、返済能力について記載された記録になります。

こうした記録をメインに審査が行われるということです。

ブラックでない

審査の入り口では、その学生がブラックでないかということがチェックされます。

ブラックというのは、信用情報に自己破産や個人再生、長期延滞や強制解約等の事故情報が記録されている人のことをいいます。

また、携帯電話の利用料金を3ヶ月以上延滞して強制的解約となった時は、事故情報として記録され、ブラックとなってしまうのです。

こうした情報が信用情報機関に残されていないかどうかを調べてから、審査の結果が判断されるようになっています。

クレヒスに傷がない

信用情報にはクレジットヒストリーといわれる情報が記録されています。
クレジットヒストリーはクレヒスと略して呼ばれることがあります。

このクレヒスにはクレカや借り入れ金、割賦販売の支払状況が過去24ヶ月分残されているのです。

支払いに遅れが多い人も審査では不利となり、クレヒスを原因として審査に通過しないことも珍しくないと言われます。

逆にクレヒスが良好な人は問題ないとなり、審査に通過できるということなのです。

他債務がない

他債務がないということも、審査に通過しやすくなる理由と言えます。

学生は高額の借り入れが難しいため、すでに他社からお金を借り入れていると、審査に通過するのが難しくなると言われます。

レイクALSAの審査通過では、他債務がないということも重要なポイントだと考えられているのです。

この時、クレジットカードのキャッシング枠の利用についても他債務としてみなされることになりますので、その点は注意をしておきましょう。

勤務実態がある

バイト先に勤務実態があるということも、レイクALSAの借り入れ審査では重視されます。

借り入れ審査では必ず、バイト先に在籍確認が行われるのです。

在籍確認は、審査担当者がバイト先に電話をかけて、申し込んだ人がいるかどうかを尋ねるという審査になります。

この確認では審査担当スタッフが個人名で電話をかけて確認します。

しかし、他のバイト先の人が申し込み者のことを知らないケースなどもあり、その場合は在籍確認ができないことがあるため注意しましょう。

そもそもなぜ借り入れが必要なのか?

未成年者ながら、金融業者からの借り入れが必要というのはどうしてなのでしょうか?

そもそも、借り入れが必要な理由は何なのでしょうか?

学生が借り入れを必要としている理由によっては、別の方法を考えることもできます。

そのため、まずは、どうして借り入れをしなければならないのかということや、どうしても借り入れしなければならないお金なのかということをじっくりとよく考えてみることが、借りる前に必要なことなのです。

生活費や遊び代

学生が借り入れを行う理由に、日々の生活費や遊び代が足りないからということもあります。

未成年の学生の場合、そういった時はまずは家計管理を行ってみて、1か月の自身の収支を把握することはおすすめです。

収支を見直すことにより、借り入れをする必要がなくなるかもしれません。

仕送りやアルバイト代に対して、どのような支出が多くなっているのかを把握してみましょう。

そして、もう少しアルバイトを増やせないかや、支出を減らすことはできないかなどを検討し実行してみましょう。

学費

学費がまかないきれないという場合もあるでしょう。

学生のケースでは、生活費どころか学費も大変という人も少なくないのです。

入学前に奨学金申請を行えなかったという人も、在学中に申請できる奨学金もあるのです。

奨学金にはいろいろな種類のものがあって、その大学で独自に用意されているものなどもあります。

そうした奨学金などを活用して学費の用意をすることで、借り入れなく済ませることができるかもしれません。

まずは奨学金を当たってみましょう。

低所得者世帯で家が貧しい

そもそも低所得者世帯で家が貧しいという場合、国の制度に生活福祉資金貸付制度と言われるものがあります。

この制度は、住まいのある市町村の社会福祉協議会で相談することで、そこが窓口になって総合支援資金や福祉資金、教育支援資金や不動産担保型生活資金などの資金を無利子か低金利で貸してくれる場合があるのです。

このような制度を利用することで、より低金利に借り入れができるので、まずはこうした方法も検討してみましょう。

「学生だから」とレイクを諦める必要はない

「どうしてもお金が必要だけど、学生だから申し込めないかもしれない」

そんな心配もレイクなら無用です。

19歳以下は申し込めませんが、20歳以上で安定した収入があれば、審査に通る可能性は高いです。

申し込みをして審査に通れば、カードローンの利用が可能となります。

このとき、ついつい無計画に使ったりすることがないように気をつけましょう。
借り入れをしたら、返済計画をたてて、無理なく、しっかり返済していきましょう。