最終更新日:2019年12月14日

学生ローンの審査に通る基準とは?落ちた理由や申込条件

一度でも審査に落ちてしまったら、もうどこでも借りられない

学生ローンは、学生さんにとって借り入れする時に便利なローンです。

しかし、学生ローンは、審査に一度でも通過しなかったときにはどこでも借りられないといわれているのです。

この理由についてご紹介すると、申込履歴が半年間個人信用情報に記録され、その記録があるうちは借り入れできないということなのです。

これは、審査に通過しなかった方が別の学生ローンや消費者金融に申し込んだとしても、審査に落ちたという経歴を悪く捉えられてしまうからなのです。

学生ローンの審査に通過するための3つの条件

学生さんが学生ローンを活用して借り入れを行う場合には、学生ローンの審査に通過するための3つの条件があります。

そこで、これらの条件について具体的にご紹介してみたいと思います。
まず、学生ローン審査に通過するために確認すべきこととして、安定した収入があるかどうか、高卒以上の学生であるか、そして利用目的が適切であるかが挙げられています。

学生ローン審査に通過するためにはこれらの3つの条件を満たしましょう。

「安定した収入」とは何か?

安定した収入とは何なのでしょうか?安定した収入というのは学生さんにとってはバイトと考えられます。

しかし、収入に親からの仕送りは含まれません。学生ローンでは安定した収入が最も重視されるポイントといわれており、貸す側にとっても、安定収入があって返済の見通しが立つ人にしか貸したくないということは当然の思いということです。

例えば、バイトで月5~8万円ほどの収入が理想的で、月に10万円あるとずいぶん審査に通過しやすくなるのです。 最低でも月2万5,000円以上(年30万円)の収入はある必要があります。

「高卒以上の学生」とは誰か?

高卒以上の学生とはどのような学生のことなのでしょうか?

学生ローンで借り入れ可能なのは18歳以上の大学生専門学校生、そして予備校生などで、高校卒業をしている学生の必要があります。

学校については大学・専門学校など高卒以上のもなら問題ないといわれ、高等専門学校生も大丈夫です。

年齢は18歳以上なら利用可能で、20歳以上でない未成年の場合は制限は多くなり、保護者の承諾が必要になります。これは民法第5条第2項に規定されています。

「利用目的」とは何か?

利用目的とは何なのでしょうか?学生ローンの申込み時は必ず利用目的については訊かれます。

そのため、利用目的は正直に回答しましょう。きちんと正直に伝えることが大切で、正直に答えてないと思われると審査に通過しないのです。

審査に通過する目的には学費旅行費用資格代、引越し代やパソコンなどの遺留などがあり、それらをきちんと伝えることです。
一般的に学生生活に欠かせないという事柄に関連した目的なら、審査に通過する可能性は高いです。

すぐにわかる!学生ローンの特徴

学生ローンの特徴にはどのような点があるのでしょうか?

学生ローン審査に申し込む前に、学生ローンというのは何なのかを簡単に理解しておきましょう。

ただ、すべての学生ローンが、次のような条件を満たすわけではなく、例外の会社もあります。
例外の会社はその都度挙げられていますので、学生ローンを選ぶ際の参考情報としてみるようにしましょう。

まず、20〜34歳の学生を対象としているという点や、卒業後も利用可能で返済については卒業後までかかっても良いということや、50万円が融資限度額といった点があります。

対象は20〜34歳の学生

20〜34歳の学生が対象になっているという点も、学生ローンの特徴といえます。

学生ローンという名前が付けられているローンの多くは学生専門で、一部社会人も借入対象とされているローンもあります。

ただ、社会人のケースではより利便性が高い大手消費者金融やより低金利銀行カードローンのほうがいいといえます。

社会人もOKなローンとして、キャンパスやイー・キャンパスなどが挙げられていますが、多くの場合は20〜34歳の学生が対象です。

卒業後まで返済がかかっても良い

返済が卒業後までかかってもOKという点が特徴として挙げられます。

学生ローンは、それぞれの会社の定める返済期間以内に返済すればよく、多くは3年という期間が設けられているのですが、フレンド田とカレッヂは5年間とされています。

キャンパスやイー・キャンパスについても、最低返済額だけ返済し続けていれば5年くらいが必要とされており、返済が完了したさいに学生である必要はないのです。

限度額は50万円程度

限度額は50万円程度までというのも多くの学生ローンの特徴です。

学生ローン限度額は50万円くらいで、一般的によく知られている消費者金融の場合、アコムの限度額が800万円となっています。
比較するとずいぶん違います。

ただし、総量規制により、借り入れ可能なのは最大でも年収の3分の1までです。

例外の学生ローンとして、友林堂が挙げられます。
この会社は、30万円までが限度額で、目的が決まっていれば50万円まで可とされています。

フリーローンに近い

学生ローンは、カードローンよりもフリーローンに近いです。

カードローンとは、ローンカードを用いてATMなどで借り入れするローンのことで、大手消費者金融が提供しているのは、このタイプのローンなのです。

そして、限度額の範囲内なら何度でも借り入れしたり返済したりが可能なのが特徴です。

それに対して、学生ローンはカードローンではなく、ほとんどカード発行がなされないです。

アイシーローンやカレッヂは自社ATMが利用可能ですが、コンビニで気軽に借り入れできません。

17%前後が上限金利

学生ローンの上限金利は17%前後です。

大手消費者金融が18%くらいで、銀行系のカードローンが14%くらいなので、学生ローンは銀行カードローン以上で、消費者金融以下の金利と言えます。
しかし、各社キャンペーンや金利優遇が適用になると、より低金利で借り入れすることも可能です。

金利の例外的な学生ローンを挙げると、金利が16.5%のイー・キャンパスは運転免許証を提示することで16%に、トーエイは金利18%以上となっているのです。

最低返済額は、元金自由方式か2000円以上

最低返済額は、2000円台から元金自由方式になっています。

学生ローンの最低返済額は、大手金融機関と比較してもとても低額で、例えば30万円を借り入れしている時、プロミスであれば最低返済額が11,000円であるのに対して、アミーゴなどは元金自由方式が採用されており、最低返済額が4200円前後となっています。

キャンパスとイー・キャンパスは、借り入れ残高に応じ毎月の返済額が変わる残高スライド元利定額リボルビング方式となっています。

メインは来店申し込み(高田馬場近辺に店舗が集中)

学生ローンは来店申し込みとなっており、お店は高田馬場が多いとされています。

高田馬場は新宿と池袋の間にあり、早稲田大学のキャンパスがあることでも有名な学生の街です。

トーエイ以外の各社は、ネットで来店せず申し込み可能になっていますが、来店申し込みの方が融資してもらうまでの時間は短い傾向があります。
そのため、急いでいる場合、高田馬場のそれぞれの店舗まで足を運んでから申し込みを行うことをおすすめします。

借り入れは「銀行振込」or「来店」が多い

基本的には、銀行振込か来店がおもな学生ローンの借り入れ方法です。
これら2種類の借り入れですが、アイシーローンとカレッヂに限っては自社ATMを利用することが可能ですが、それ以外の方法ではどの会社も共通しています。

銀行振込が反映されるのは、銀行営業時間である平日9:00~15:00だけという点に注意しましょう。

土曜日や15時以降にお金を得たいという場合であれば、来店してから申し込むしかないといわれているのです。

返済日を選べる(契約時に決定)

返済日を契約時に自身で選べるのも学生ローンの特徴の一つで、借り入れ日が毎月返済日になる友林堂を除き、返済日は申し込む人が好きな日にちに設定することが可能で、後から変更することも可能です。
その場合はやはり手間が掛かるため、よく考えて決めましょう。

おすすめは、給料日の2、3日後が挙げられます。
返済日が土日祝日であった際には、次の平日が返済期限となります。

そのため、こうした点に留意しましょう。

即日融資もやっている

即日融資も一応行われていますが、学生ローンで即日融資を受ける方法は主に来店・振り込みの2種類です。

どの学生ローンでも最長で1時間くらいで審査や融資手続きが完了するため、即日融資も可能になっています。

来店申し込みする時は閉店時間1時間前までに、振り込みで申し込むときは平日の13時までに申し込むと即日融資が可能になります。
具体的な手続きの詳細については会社によって異なっていますので、所定のページで確認してください。

日曜祝日は休み、土曜は短縮営業

日曜祝日はお休み、土曜の営業時間は短めという点は学生ローンの特徴といえます。

土曜日の営業時間については、各社で異なっています。

平日と比較して短縮営業になっている会社が多いといわれていますが、休業日となっている会社もあります。
土曜日に申し込みしたい時には、営業時間チェックは必ず行っておきましょう。

各社土曜日の営業時間については、キャンパスは10:00~17:30で受付業務のみです。
イー・キャンパスの場合は10:00~17:30です。

学生ローンを利用するメリット

学生ローンのメリットについてご解説しましょう。

もちろん例外的なケースも多々ありますので、申し込みを行う前には必ず個別の会社について公式ホームページを確認してからにしましょう。

例えば、学生でも借り入れができるという点や、親や家族に知られないように配慮されているという点や、上限金利が大手消費者金融より1%くらい低く設定されているといった点が挙げられます。

これらが学生ローンを利用する時のメリットで、具体的にご紹介しましょう。

学生も借りられる

学生でも借り入れが可能という点が、まず学生ローンのメリットとして挙げられます。

学生ローン対象者は、現役学生の方とされています。
したがって、社会人対象のローンより、審査に通過しやすいという点が特徴です。

具体的な例を挙げると、プロミスといった大手消費者金融は年収の記入が必須ですが、学生ローンは月収の記入だけで良いことが多くなっており、アルバイトをスタートしたばかりの学生の方も審査に通過しやすくなっています。

親や家族にバレづらい

親や家族に知られないように配慮されている、という点も学生ローンのメリットです。

学生ローンはどこも、借り入れをしていることを知られたくないという学生さんたちのニーズに応えて、借り入れを知られないように配慮されているのです。

けれども、来店せず契約する際には契約書類が郵送されるということがありますので、注意しましょう。
この点だけは避けることができないといわれています。

ローン会社によっては、相談すると会社名を隠した封筒を用いてもらえることも可能です。

上限金利がやや低い

上限金利が大手消費者金融より1%くらい低いということも、学生ローンのメリットです。

学生ローン金利は17%くらいで、これはアコムなどの大手消費者金融の上限金利が18%くらいなのと比較すると1%ほど低金利と言えます。

しかし、大手消費者金融は無利息サービスが行われていることが多いので、学生ローンの方が絶対的にお得であるというわけではないのですが、金利という点では全体的にメリットがあるということなのです。

学費以外の目的もOK

使い道は学費でなくてもよい、という点も学生ローンのメリットです。

学生ローンの使途としてはとくに決められておらず、学費の足しとしてもサークル活動の費用に使っても、家賃支払いに使用してもいいのです。

けれども、使い道を尋ねられた時にギャンブルなどを答えてしまうと借り入れができないこともあるため、気をつけるようにしましょう。

大学の学費が足りない時は、学生ローンより奨学金教育ローンを活用する方がずっと低金利です。

友達紹介キャンペーンがある

友達紹介キャンペーンがあるという点も、学生ローンのメリットといえます。

学生ローン業界の独特の特徴として、友達紹介キャンペーンがあるということが挙げられます。
その内容は会社ごとに違っているのですが、多くは1%くらいの金利引き下げか最大5,000円くらいの現金プレゼントといわれています。

こうしたキャンペーンを利用することで、よりお得に学生ローンを活用することができるということなのです。

二人以上のお友達紹介可能という場合は一人紹介ごとに1.2%金利が下がるマルイはおすすめです。

学生ローンを利用するデメリット

学生ローンのデメリットも挙げられます。

大手消費者金融にある無利息サービスがないということと、残高照会は電話かメールで問い合わせする必要があるので、面倒という点が挙げられるのです。

ネットやコンビニATMですぐ確認可能な大手企業とは違って、学生ローンの多くは残高照会という残り借り入れ額のチェックは少し面倒になっているのです。

したがって、こうしたデメリットが学生ローンにはあるということも知っておくことが必要でしょう。

無利息期間のサービスがない

大手消費者金融にある無利息サービスがないという点が学生ローンのデメリットとして挙げられます。

アイシーローンを除いて、学生ローンには無利息サービスは設けられていません

そのため2年以下で借り入れ金を完済できる場合には無利息サービスを用いた消費者金融の方がお得度は高いです。

こうしたお得さについて第一に考えたいという場合には、プロミスなどの無利息サービスのある消費者金融を利用したり、アイシーローンを候補としてみましょう。

残高照会が面倒

電話かメールで問い合わせをするため、残高照会が面倒という点も学生ローンのデメリットとして挙げられます。

電話かメールで問い合わせをするため、手間がかかります。
ネットやコンビニATMですぐ確認可能な大手企業とは異なり、学生ローンの多くが、残高照会という残り借り入れ額のチェックについては面倒という声があります。

借り入れ額を調べたい場合は、電話かメールで問い合わせをしますが、その例外としてインターネットで確認が可能な論会社として友林堂が挙げられます。

借入・返済に際してコンビニATMは利用できない

コンビニATMで借りたり返したりできないという点も、学生ローンのデメリットです。

大手消費者金融や銀行カードローンの場合には、コンビニATMを活用することで、借り入れたり返済したりできます。
しかし、学生ローンはこうした点での利用を行うことができません。

借り入れも返済も、来店振り込みによって行うことになっています。

もちろん、返済するために銀行振込みにコンビニATMを利用できますが、手数料が少ないネットバンキングは利用できません。

下限金利は14%台

下限金利も14%台とあまり下がらないという点も、学生ローンのデメリットです。

学生ローンの下限金利の多くが14%とされており、アコムの場合は下限金利は3%ですので、高金利なように思えてしまうものです。

ただ、金利は利用限度額が大きくなるほど低くなるため、学生ローンの限度額が50万円くらいなので、下限金利と上限金利に差は少ないといわれています。

会社にもよるといえますが、完済や借り入れを繰り返すと金利が少し下がるところも多いようです。

学生ローンの申し込み手順

学生ローンを借りるまでの手順はどのようになっているのでしょうか?

この点については、用意するものを整えてから申し込みを行い、審査を経てから借り入れという流れになっています。

そこで、学生ローンを借り入れるための流れについて、具体的にご紹介してみたいと思います。

この中で、借り入れ審査に通過するということは大きなポイントだといえます。
この審査に通過しなければ学生ローンを借り入れすることはできないため、この点は大きいでしょう。

申し込みの流れ

申し込みの流れについてはどのようになっているのでしょうか?

この流れについては、必要なものと学生ローンを借りるまでの手順に分けてご紹介してみたいと思います。

必要とされるものには、どのような書類が必要となっているのかという点について、手順については申し込みや審査なども含めて流れについて、ご紹介してみたいと思います。

申し込みする前に具体的な点について知っておくことで、より申し込みしやすくなるでしょう。

必要書類

学生ローンに申し込むときに用意するものについては、必要書類は会社によって大きく違ってくるといわれています。

例えば、マルイやフレンド田の場合には学生証1枚で申し込み可能とされていますが、カレッヂの場合は4種類の書類が必要とされることもあります。

ちなみに多くの学生ローンは学生証と保険証か免許証という2種類の書類を提出することによって、学生ローンへの申し込みができるようになっているといわれているのです。

学生ローンで 振り込み融資を受ける流れ

学生ローンで振り込み融資を受ける流れはどのようになっているのでしょうか?

この点について、まずはインターネットで申し込みを行います。
そして、携帯電話で申し込みを確認してから30分くらいの審査という流れになります。

その審査に通過すると、その人の口座に希望額を振り込みしてもらえ、その数日後、自宅に契約書類が郵送されるという流れになっています。

ただ、トーエイとマルイは来店せず借りることはできないようになっています。

審査通過に必要な項目

学生ローンの審査に通過するための必要項目についてまとめました。
自身の状況と比較してどのようになっているのかを審査前に必ずチェックしておきましょう。

必要項目一覧として、アルバイトの月収や持っている電話の種類年齢や勤続年数、そして勤務先や家族構成についての項目が挙げられています。

加えて、他社借り入れの有無に関しても挙げられますので、確認しましょう。

学生ローン審査に落ちる人の共通点

未成年は審査通過しないといわれています。
このことは例外はありますが、20歳に満たない未成年の方は基本的には借りることができません。

けれども、例外として18歳19歳の未成年や、高校卒業以上の方で大学短大大学院専門学校に在学中であったり、安定した収入がある方は審査に通過することができるのです。

この場合、20歳以上よりも審査については厳しくなる傾向がありますが、例外が存在しているということなのです。

学生ではない

学生でないということも、審査に通過しないといわれています。

基本的に、学生ローンは学生を対象としている融資サービスになりますので、学生という身分を持たない人は、一般的に審査に通らないと考えられるでしょう。

けれども貸金業者の中には、社会人に対しても学生ローンという名目でお金を貸すところもあるのです。

社会人であれば、アコムやプロミスなどの大手の消費者金融のキャッシングサービスを利用する方が、金利も安く借り入れられると言われています。

安定しない収入

安定した収入がない方も借り入れられません。

貸し付けにおいて最も重要視されるポイントとして、安定収入が挙げられます。
こうした安定収入がないと、年齢などの条件を満たしていたとしても融資をしてもらうことができないのです。

そして、一般的に安定した収入というのは、学生のアルバイトなら1月に5万円から8万円あると理想的だといわれています。
更に、1月に10万円もあれば、融資してもらえるのはほぼ確実だといわれているのです。

書類の不足

書類不足の場合も融資を受けられないといわれています。

学生さんが学生ローンを組む場合に必要とされている書類については、例えば次のような書類が挙げられます。
最低限提出必要な書類を確認しておきましょう。

まず、学生証が挙げられます。
これは学生であることを示してくれる書類で、学生なら持っていると考えられる書類ですので提出を求められます。

また、身分証明書が挙げられ、運転免許証は定期的に更新され、盗まれていたら気づきやすので信頼されているといわれます。

総借り入れ額の総量規制超え

借り入れが総量規制をこえている時にも借り入れはできません。

総量規制は、年収の3分の1を超える借り入れはできないというルールで、その金額までしか融資は受けられないのです。

これは法律で規定されており、例えば50万円の借り入れを行いたいという時には、年収が150万円なければ借り入れができないということなのです。

一般的な学生さんは、この金額を越えているという方はほとんどいないので、学生ローン業者は限度額を50万円に設定されていることが多いです。

金融事故情報がある

事故情報が記録されていると買い入れはできません。

事故情報というのはいわゆるブラックリストというもので、一回でも返済滞納があったり、信用情報機関に事故情報が記録されてしまっていると、その記録は返済完了後も5年間残されるといわれています。

このような金融事故の情報が審査の時に残されてしまっているなら、審査に通過しないです。
したがって、学生ローンに申し込んだとしても融資を受けることができず、借り入れできないのです。

申込内容に偽りがあった

申込内容に事実でない記載がなされていたということも、借り入れ審査に通過しない理由として挙げられます。

特に利用目的の部分に事実でない内容が記載されているということは多いといわれていますが、そうなると社会的信用問題にかかわることになってきます。

将来的に、学生から社会にでて、働きながら生きていくためにはどのような道を選ぶのであっても、自身に関する信用を失わないということが最も大事なことだということなのです。

絶対にお金が必要なのに、もし学生ローン審査に落ちたら…

学生がお金がどうしても必要なケースとして以下のようなケースが考えられます。

・免許を取りたいけどお金がない
・彼女へのプレゼント代どうしよう
・サークルのイベントがあるのに金欠

しかし、学生ローンでこれらの費用を手に入れようとしても、審査に落ちてしまえば融資を受けることができません。

し審査に落ちてしまった時には、別の方法によってお金を準備する必要があります。

ここでは、学生が学生ローン以外でお金を準備する方法について紹介していきます。

一般の金融機関から借り入れる

まず学生ローンではなく、一般の方も借り入れをするような一般的な金融機関から融資を受けることが選択肢として挙げられます。

学生は学生ローンでしか融資を受けることができないのではないかと勘違いする人も多いのですが、決してそういうわけではありません。

もちろん中には学生では利用することができないローンもあるのですが、学生でもアルバイトなどで安定した収入を得ている方の場合は、一般的な金融機関からも融資を受けることができます。

大手消費者金融をチェックしよう

消費者金融でお金を借りるのであれば大手の消費者金融を利用するようにしましょう。

大手の消費者金融には、以下のような消費者金融が挙げられます。

・アコム
・アイフル
・プロミス
・SMBCモビット
・レイクALSA

大手の消費者金融は、その母体に大手の銀行がある場合が多く、安心感があります。
また、無利息期間のサービスをしているところが多いので、お得に融資を受けることができます。

審査に関しては、学生ローンとはまた審査基準が異なるので、学生ローンの審査に落ちた人でも通る可能性もあります。

Q.消費者金融は、学生でも安心して利用できるの?

学生でも、大手の消費者金融なら安心して利用することができます。
20歳以上で安定した収入がある方であれば、学生でもカードローンの利用が可能です。

ここまででも紹介してきた通り、大手の消費者金融の場合はその経営母体が大手の銀行グループにつながる場合が多く、社会的な信頼感も強いです。

また、金融庁のホームページにある「登録貸金業者検索サービス」で検索することができる業者であれば、法令を遵守して健全な経営をしている金融機関と言えます。

大手消費者金融の成約率は公開されている

大手消費者金融では成約率を公開しているところもあって、審査の難しさを推測することもできます。

例えば、大手消費者金融のアコムの成約率は44.8%となっています。

確かに決して高い数字とは言えないですが、そもそも消費者金融を利用する人自体がなかなかお金に切羽詰まっている人が多く、収入が条件を満たさない人が多かったり、多重債務の状態になっている人が多かったりします。

そのような中で44.8%の成約率があるので、そこまで悲観するほどではありません。

最短1時間でお金を用意できる

消費者金融の申し込みから融資実行までの時間についてですが最短で1時間ほどで融資実行までこぎつけることができます。

銀行系のカードローンの場合は、申し込み者の情報を警察庁のデータベースと照合して反社会勢力に属していないかどうかを確認する必要があるので、融資実行は申し込みの翌日以降となってしまうのですが、消費者金融のカードローンの審査にはそのような手間がかからないので、銀行系カードローンよりもだいぶ早く融資を受けることができます。

【注意】借り入れ希望額は必要最低限に抑える

ここまでの話であれば、消費者金融のカードローンは学生でも審査に通る可能性が十分にあるように思えますが、申し込む際の借り入れ希望額には注意する必要があります。

そもそも消費者金融では、年収の3分の1以上の融資を行うことができないことになっています。

これ以上の金額を申請してしまうと、審査に落ちる原因となってしまいます。
ですから、借り入れ希望額は必要最低限の金額で申し込んでおいた方が、審査を無事に通過する確率が高くなります。 

学生ローンにおける返済方法、返済パターン

学生ローンは学費や生活費などで困っているという学生さんにとっては、とても便利な借り入れ方法になります。

しかし、便利であっても借り入れしたものは必ず返す必要があります。
そのため、その返済パターンと返済方法についてはきちんと事前に把握しておくようにしましょう。

例えば、自由返済の学生ローンの場合や契約期間5年の定額返済の学生ローンの場合など、ローンに応じて返済パターンやその方法は特徴があるので、ご紹介しましょう。

自由返済型学生ローン

学生ローンの多くは自由返済の学生ローンというタイプで、自由返済方式が採用されています。

この返済方式は大手では見られないですが、最低限、利息だけ支払えばOKで、その代わり返済期間中に完済は必要というものです。

そして、多くの場合、最長返済期間は3年とされています。

自由返済型の学生ローンの例外的なものに、最長返済期間3年のアイシーローンやマルイがありますが、最長返済期間5年のフレンド田やカレッヂがあります。

定額返済型学生ローン(契約期間5年)

契約期間5年定額返済の学生ローンの場合で、自由返済方式が採用していない会社の返済方式は、残高スライド元利定額リボルビング方式が用いられているといえます。

この方式は、借り入れ額ごとに決められたお金を支払えばいいという簡単な返済方法です

残高スライド元利定額リボルビング方式が採用されているのがキャンパスやイー・キャンパスです。

返済額は10万円借り入れている場合は、2500円前後とかなり低額に設定されているのです。

銀行振込、または持参で返済

銀行振込か持参で返済するという方法もあります。

学生ローンを借りた時の返済方法には、主に銀行振込来店の2種類があります。
現金書留が使用可能なところもありますが、多くの場合には銀行振込の方がより手軽で手数料も安いといわれています。
そのため、銀行振り込みのほうが、より便利でお得度が高いといえます。

こうした返済方法については、借り入れを申し込みを行う前に、返済のことまで考えてからより利便性が高いものを選びましょう。

学生ローンの審査に関するQ&A

学生ローンの審査については不安という方も多いのです。
そのため、具体的な点についてもよく知ったうえで、もうしこみをおこなうようにするのがおすすめです。

そこで、よくある学生ローンの審査の疑問とその回答について、Q&A形式でまとめました。

例えば、学生ローンの審査は甘いのか?厳しいのか?ということや、どれくらい審査時間がかかるのかなどの点などについては、知っておいてから申し込む方が安心です。
そこでこれからご紹介します。

学生ローンの審査は厳しい?

学生ローンの審査は甘いのでしょうか?それとも厳しいのでしょうか?

この点については、一般的なカードローンなどに比較して、学生ローンの審査は甘いと言えるでしょう。

学生ローンは最低限の条件を満たしてさえいれば、審査は難しくないと言われているのです。
最低限の条件としては、年齢と安定した収入、そして正しい利用目的ということが挙げられますが、これらの点が満たされているのであれば学生にも受けやすい融資であるといえます。

学生ローンの審査時間は?

どのくらいで審査が終わるの?学生ローンの審査時間はどれくらいなの?どのくらいで審査が終わるのでしょうか?

この点については、学生ローンは審査が比較的早いといわれており、ごく一部といわれますが、20分くらいとしている業者もあるくらいです。

1日かからず審査結果が出るということですが、学生の場合には年収等の属性に差が出にくく、スコアリングではそこまで差が出ないので、他に比べると素早い審査が可能ということなのです。

そのため、審査はスピーディといわれます。

奨学金と併用することはできるのか?

奨学金との併用は可能なのでしょうか?

学生ローンを検討している方には、奨学金を受けているという方もいるといえます。
その場合、学生ローンと奨学金との併用は可能なのでしょうか。

この点については奨学金との併用は可能です。
奨学金は総量規制の対象外になります。

総量規制は、年収の3分の1しか借り入れができないという仕組みになっています。

もし奨学金が問題になるなら、奨学金返済が始まっている人が返済を滞納した時だけです。

審査にクレカ滞納履歴は影響するのか?

クレカ滞納履歴があると審査に通過しないのでしょうか?

この点については、学生ローンも、貸し出し時に個人信用情報は確認されるようになっています。

金融ブラックリストの人に対しては、新規貸出しは行われていないのです。

つまり、審査に通過しないということになります。

カード延滞携帯端末代金延滞などでこうした金融ブラックリスト入りしますので、代金支払いについてはきちんと行うということとが必要になっています。

基本的にアルバイトは必須

アルバイトはほぼ必須という点は知っておきましょう。

どの学生ローンでも、申し込み条件に安定収入と書かれているのです。

基本的に学生ローン対象者はアルバイトをしている学生の方です。

ただ、例外的にアイシーローンはアルバイトをしていない場合でも審査通過の可能性があるのですが、収入についてはここ1ヶ月内に給料をもらっていれば大丈夫です。

勤続年数は審査対象とはされませんので、新しいアルバイトをはじめたばかりでも、前のバイトで給料があればOKです。

信用情報を確認される

学生ローンであっても、大手金融機関と同様に信用情報の確認は行われています。

信用情報は、その人が過去にどのようにローンやクレジットカード支払いを行ってきたかという履歴のことをいいます。

この履歴はクレヒスと、クレジットヒストリーを短縮して呼ばれることもあります。

これまで借入金やカードの支払いを踏み倒したり、2ヶ月以上の延滞をしたという記録が残されている時には、信用情報という点で学生ローンを利用することは難しいでしょう。

利用目的は丹念に聞かれる

利用目的をしつこく聞かれることが多いという点も挙げられます。
学生ローン審査前には、その利用目的を詳細に尋ねられることがあるのです。

初めてローンを組むという学生さんには、つい借り入れをしすぎてしまって返済ができなくなることが多いといわれているからで、学生さんに自己破産されてしまうと、金融機関は貸し損になってしまうからなのです。

そうしたリスクを未然に防ぐためにも、利用用途についてはきちんと詳細なレベルまで尋ねるのです。

学生ローン審査の体験談

学生ローンの審査の体験談についてはいろいろな体験エピソードがありますので、それらについてご紹介してみたいと思います。

学生ローン審査についての実際の体験談を知ることで、自身の場合の参考にすることができます

例えば、就職活動で必要だと正直に伝えると、2回借りられたといったエピソードなどもあります。
また、不必要な情報を伝えないようにするということで、借り入れが可能となったというエピソードなどもあります。

就職活動でお金が足りなくなったと正直に伝えたところ、2回借りれた。

就職活動を行うためのお金が足りなくなって、学生ローンのマルイで5万円を2回借りたそうです。

スーツや交通費、昼食代などで必要で、2回とも就職活動に必要なお金だと正直に伝えたところ、特に問題なく学生ローン審査に通過して、借り入れすることができたということでした。
2回目はまだ返済中であったため、借り入れるのは無理かとも思っていたそうですが、追加で借りられたそうです。

金欠の原因はギャンブルだったが、「生活費が足りない」と言って借りた

借り入れの目的は生活費で、生活資金が足りず何か方法はないかとネットで探していると、学生ローンというものがあることを知り、申し込みされたということです。

そもそもお金がなくなった原因がギャンブルだったということですが、ギャンブルの話をすると借りられないと考え、そのことについては一切話さなかったということでした。

詳細なことまでは深く聞かれなかったことや、他には借り入れはなかったため、融資を受けられたとの記憶があるそうです。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)