最終更新日:2019年10月17日

ソフト闇金で借りる方法!口コミや体験談、デメリットを解説

最近「ソフト闇金」という言葉をよく耳にするようになりました。ですが、具体的なソフト闇金の特徴や仕組み理解している人は少ないのではないかと思います。

この記事では口コミや体験談を元に、ソフト闇金から融資を受けるデメリットなどについて詳しく解説していきます。

結論:ソフト闇金に手を出す前にまずは大手カードローン会社に通るか確認するべき

ソフト闇金を利用する方は、既にブラック属性になっておりやむを得ずソフト闇金を使っている場合が多いです。
ソフト闇金は大手カードローン会社よりも金利が高いほか、中には危険な業者もあるからです。

しかし「自分はブラックだと思っていたがそうではなかった」、「以前ブラックだったが現在は解除されていた」といったケースも数多く見受けられます。
まずは簡易審査サービスを提供している大手カードローン会社で自分が審査に通るかどうか確認し、もし通るのであればそちらを利用するのがよいでしょう。

例えばSMBCモビットは手続きのスピードを売りにしており、10秒簡易審査サービスを使えば借入可否がすぐに分かるので、まずはこちらで確かめてみましょう。

SMBCモビットの特徴

簡易審査は10秒で完了
即日融資にも対応
WEB完結申込なら勤務先への電話連絡なし

ソフト闇金とは

始めに断っておくと、ソフト闇金は行政に貸金業として登録していない違法な業者です。

しかし利用者に対して、一般的な闇金のような悪いイメージを持たれないことに注力しています。そのため利用者は、融資のハードルの低さに魅了されてついつい借入を行ってしまうのです。

ソフト闇金の特徴

ソフト闇金は、闇金業者が行政から厳しい取り締まりや摘発を逃れるために、新しく登場しました。

従来の闇金は、
・恐喝まがいな取り立て
・トイチ(10日で1割の利息)での貸付
・返済が遅れると自宅や職場に取り立てに来る
・返済ができないと、違法な手段でお金を用意させる

といった悪いイメージが多いです。

その一方でソフト闇金は、
・金融ブラックでも貸付可能
・利用者に優しく対応する
・返済が遅れそうになっても柔軟に対応してくれる

といった特徴があります。

実際にソフト闇金を利用したという口コミも多く見かけられます。

ホームページなども用意されており、一般の消費者金融と見分けにくいのも特徴の一つです。

ソフト闇金のターゲット

ソフト闇金のターゲットになるのは、主に金融ブラックや多重債務者など、大手のカードローン会社から融資を断られた方です。

具体的には、
・総量規制を超えている
・自己破産を行った
・専業主婦
・ブラックリスト登録者

などの、一般的な消費者金融から借入ができないような方をターゲットに貸付を行います。

ソフト闇金でも在籍確認は行うため、無職での借入は難しいでしょう。

ソフト闇金からの融資は危険

ソフト闇金は闇金に比べて、「利用者に優しくて、返済にも融通が効く」と思う方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

形態や呼び名が変われど、貸金業に登録していない時点で彼らは犯罪者なのです。

つまりソフト闇金から融資を受けるというのは、犯罪者と関わることを意味し、様々なリスクに晒されるのです。

法外な金利で貸付を行う

まず貸付の金利をみれば一目瞭然なのですが、ソフト闇金の貸付も完全に違法な金利です。

年間18%が法律で定められた金利の上限ですが、ソフト闇金の金利は当然のように法定金利を超えてきます。

口コミなどを見ていると、ひどいところだとトサン(10日で3割)で貸付を行っている業者もあるようです。

トサンの場合、年利換算すると1095%になります。予想以上に、金利が高くて驚いた方もいるのではないでしょうか。

ですが、これがソフト闇金の罠です。金利自体は闇金と変わらず、返済は非常に苦しいものになります

現に金融ブラックの方がソフト闇金から借入をして、利息を払うのに手一杯で元金が全く減らないという状況も起こっています。

返済が遅れると強引な手段で取り立てる

「ソフト闇金は取り立てが厳しくない」と考えて借入を検討している方は要注意です。

ソフト闇金でも利息を払えなければ、手のひらを返したように強引な取り立てを行います。何度も言いますが、彼らは犯罪者ですので一般的な常識は通用しません。取り立てには手段を選ばないと考えておきましょう。

実際に利息の支払いが遅れた場合、
・自宅に直接取り立て
・深夜に繰り返し催促の電話
・家族や職場への連絡

など、法律で禁止されている取り立て行為を彼らは普通に行います。

その結果精神的に追い詰められて冷静な判断ができなくなり、返済のためにさらに闇金から借金をしてしまうというケースもあるようです。

またソフト闇金同士が裏で繋がっていることも多く、この仕組みが借金地獄から抜け出せない状況を作り上げています。

個人情報が流出し、犯罪に巻き込まれる

ソフト闇金は実際のところ、闇金となんら変わりはありません。先ほどから述べている通り、彼らは犯罪者ですので暴力団などと繋がっている可能性が非常に高いです。

暴力団と繋がっていると、犯罪に巻き込まれるリスクがあります。

まずソフト闇金が顧客リストを暴力団と共有し、返済に困っていそうな利用者に目をつけます。そしてクレジットカード現金化や口座売買、女性の場合ですと風俗の斡旋などを行い、マージンを得るのが暴力団です。

これらはすべて違法です。しかし闇金や暴力団は法律など関係なしに、利用者から金銭を搾り取ろうとするので本当に危険です。

ソフト闇金の見分け方

「申し込みをした会社がソフト闇金だった」と後から気づいても手遅れです。そうならないためにも、正規の消費者金融とソフト闇金の見分け方を知っておくべきです。以下ではソフト闇金の共通点を列挙していますので、参考にしてください。

必ず融資可能・無審査融資という宣伝文句

まず前提として必ず融資可能な消費者金融は存在しません。そして融資には必ず審査があります。なぜこれらの宣伝文句を強調するかというと、専業主婦や金融ブラックでも借入できることを暗に伝えるためです。

このどちらかがホームページや広告に記載されていたらソフト闇金であると考えていいでしょう。

短い返済期間と法定外金利

ソフト闇金は返済期間が短いのが特徴です。一般の消費者金融は支払い期間が長期で、ある程度月々の支払額も決まっているため返済計画を立てやすいです。しかしソフト闇金は期間が短いため返済計画を立てにくく、利息だけ支払って元金は一向に減らない傾向があります。これも借金地獄を生み出す一つの要因です。

また利息をみればソフト闇金かどうか、一瞬で判断することができます。先ほども述べた通り、法律では年利18%が上限になっています。ところがソフト闇金の場合「10日で20%」などの高利息の業者はザラにあるので、利息はソフト闇金を見分けるいい判断材料です。

携帯電話でのやり取り


ソフト闇金は表面は一般の消費者金融を装っているものの、取引の内容自体は完全に違法です。そのため行政から摘発されないための対策を行っています。そのうちの一つに「携帯電話でのやり取り」が挙げられます。

そもそもソフト闇金は、事務所を持っていないケースが多いです。事務所を持つと警察のガサ入れなどの可能性があるからです。ですので事務所がないということは固定電話もありません。

そこで「飛ばし携帯」と呼ばれる、架空の名義で登録された携帯を使って、利用者との連絡をとります。

固定電話の番号がなく、携帯電話のみでのやり取りが必要な場合はソフト闇金だと考えていいでしょう。

会社情報が記載されていない

ホームページに具体的な会社情報が記載されていないのも、ソフト闇金の特徴の一つです。貸金業として登録した業者はホームページに会社情報を記載する義務があります。

また会社情報が記載されていても、油断してはいけません。架空のデタラメな情報である可能性もあります。怪しいと思った場合は、会社情報をコピーしてインターネット上で検索してみるといいでしょう。正規の業者は公的機関に登録しているため、詳しい情報が出てきます。嘘の情報であった場合、検索結果にヒットせず全く関係ない情報が出てくるでしょう。もしソフト闇金か自身で判断できない場合は、公的機関に直接問い合わせてみることをおすすめします。

ソフト闇金を利用する前に

どうしてもすぐにお金が必要にもかかわらず、正規のカードローン会社の審査が通らない。そういった状況の場合、リスクやデメリットを承知の上で、ソフト闇金から借入をしてしまう人が後を絶ちません。

しかしどんなケースであっても、やはりソフト闇金からの借入はおすすめできません。

ソフト闇金を利用してしまう前に、他の案を検討しましょう。

返済計画を立てる

もしあなたがカードローンに通らない理由が、他者からの複数借入や総量規制であり、第一にやることは返済計画を立てることです。

どうしてもすぐにお金が必要な場合、ソフト闇金を利用したい気持ちはよくわかります。しかし借入を続けていては、いつまでたっても完済はできません。さらにソフト闇金は金銭の回収に手段を選ばないため、いずれ精神的にも追い詰められ、お金より大切なものを失ってしまうかもしれません。

取り返しがつかなくなる前に、今ある借入をしっかり把握し、実現可能な返済計画を立てましょう。

債務整理を行う

「借金が多くて利息の返済で手一杯」という方は債務整理を視野に入れましょう。

債務整理とは、過払金請求や民事再生、任意整理などがあります。支払い過ぎていた利息の返還や、裁判で借入金額の減額を交渉することが可能です。長いこと借金をしている方は債務整理の対象になる可能性が高いので、実際に問い合わせてみることをおすすめします。

最終的にどうしても返済が不可能な場合、自己破産という選択肢もあります。

私個人の意見ですが、ソフト闇金から借入を行うくらいなら自己破産してしまった方がいいです。

たしかに信用情報に大きな傷が付くのは確かですが、またまっさらな状態からスタートできます。ソフト闇金でずっと返済に苦しむより、自己破産の方が賢い選択です。

中小消費者金融の利用を検討

大手カードローン会社を既に利用していたり、審査落ちした場合はソフト闇金の前に中小消費者金融の利用を検討してみましょう。意外と知られていない中小消費者金融ですが、大手カードローンに比べて、審査がゆるい傾向にあります。その理由として、「大手カードローンで審査落ちした人」をターゲットに運営しているからです。それに加えて、中小消費者金融は利用者も少ないため、一人一人の経済状況に合わせて柔軟に対応してくれます。

中小消費者金融のデメリットをあげるとすれば、
・銀行カードローンに比べ金利が高い
・コンビニなどで取引できないため利便性が低い

などでしょうか。

金利が高いというと不安に思う方もいるかもしれませんが、しっかり法律の範囲内の金利で融資を行っており、行政に貸金業として登録しているので安心してください。一般的な消費者金融とそこまで大きく金利が変わるわけではありません。

また利便性が低いといっても、最近では無人店舗の展開、Web完結の導入などのサービスが充実してきています。特に都内在住の場合は、あまり不便に感じることはないでしょう。

ちなみに中小消費者金で有名なのは以下の3社です。

有名な中小消費者金

フクホー
セントラル
アロー

クレジットカードのキャッシング枠を確認

もしあなたがクレジットカードをお持ちなら、キャッシングが利用できるか確認しましょう。多くのクレジットカードは契約の際に、キャッシング枠が自動的につけられています。キャッシング枠を使えば、金利も一般的な消費者金融と変わらず融資を受けることができるので魅力的です。

注意点としてはカード料金の滞納で信用情報に傷が付いていたり、総量規定を超えている場合は利用できないため理解しておきましょう。

まとめ

ソフト闇金のデメリットについて理解していただけたでしょうか。

ソフト闇金の利用は絶対にやめましょう。ソフト闇金の利用を考えている時点で、かなり困窮した経済状態だと思います。厳しいことを言うようですが、ソフト闇金を利用すると、常に返済に苦しめられ、あなたの人生はどんどん悪い方向に進んでいきます。

ですので他社からの借入がすでにある方は、返済計画や債務整理を行いましょう。どうしてもお金が必要な場合は、中小消費者金融やキャッシング枠の利用などの合法的な手段で、お金を準備することを強くおすすめします。