最終更新日:2020年05月13日

三井住友銀行ローン無人契約機のお得な利用方法

三井住友銀行カードローンはローン契約機で手続き可能!

三井住友銀行カードローンは、生活費が足りなくて困っている時や、急にお金が必要になった時など、使う目的には基本的に制限はなく借り入れができるので、お金が足りないピンチでは大変助かります。

借り入れをしたら、お金は翌月から返済することになります。

借り入れ金額にもよって異なりますが、1ヶ月の返済額は2000円からなので、普段が少なく、無理なく支払うことが可能です。

金利は年4.0%~14.5%、限度額は10万~800万円です。

三井住友銀行の無人店舗(ローン契約機)

三井住友銀行では、ローン契約機(無人契約機)という無人店舗を利用して融資を受けることが可能です。

その名の通り、無人でも受付が可能なカードローンの契約機であり、これを利用することで、手軽にカードを発行できるというメリットがあります。

ローン契約機がある場所は、三井住友銀行のATMコーナーの付近であることが多いです。

他の人がよく通る場所なので、人目は少し気になってしまいますが、銀行の店舗数が多いため利用しやすいでしょう。

ローン契約機で出来ること(3つを紹介)

無人のローン契約機というのは、誰にも会うことなく、カードローンの契約ができるという特徴があります。

けれども、この無人のローン契約機の使い道は、実はカードローンの契約手続きをすることだけではないのです。

このカードローン契約機、無人店舗というのは具体的にどのような目的で利用することができるのでしょうか。

ここではカードローン契約で可能となっている、基本的な4つの手続きについて、それぞれ詳しく解説していきます。

カードローンの申し込みができる

ローン契約機を利用する中でもっともメインともいえる手続きは、三井住友銀行カードローンの申し込みといえます。

本人情報を申告することから、カードの発行まで、借り入れをするために必要である手続きを一通り行うことができるのです。

また、三井住友銀行カードローンは、同行に口座を持っていない人でも申し込みをして、利用することができます。

つまり、ローン契約機を利用して申し込みをすることは、誰でも可能だということになります。

契約書類とローンカードの発行ができる

三井住友銀行のローン契約機を利用すれば、その場でローンカードと契約書類を発行して受取ることが可能です。

そして、三井住友銀行のローン契約機で発行できるカードは、三井住友銀行カードローンのカードだけではありません。

SMBCグループのSMBCモビットも、三井住友銀行のローン契約機を利用すれば、カードを発行発行することができるのです。

このように、実は三井住友銀行のローン契約機には、他の目的で使える機能があるのです。

必要書類の提出ができる

三井住友銀行カードローンを利用する際に必要となるのは、本人確認のための身分証明書を提出することです。

スマートフォンからでも提出することができますが、ローン契約機を利用して提出が可能です。

以下、現住所が記載されている本人確認書類のコピー2点が、必要となります。

・運転免許証(変更事項がある場合は、両面共)
・パスポート(写真および現住所記載のページ)
・個人番号カード(表面のみ)
・住民基本台帳カード(顔写真付)
・健康保険被保険者証(両面共)

効率的なローン契約機の使い方(カード発行だけに使う)

三井住友銀行カードローンで借り入れをする際に、なるべく手間をかけないようにするためには、効率的な手順に沿って申し込みをしなければなりません。

大切なポイントは、ローン契約機を利用するなら、カード発行をする時だけに利用するということです。

以下のような流れに沿って申し込みから利用までの手続きをすると良いでしょう。

【1】公式サイトで申込み
【2】スマホから身分証明書を提出する
【3】ローン契約機でカード発行する
【4】三井住友銀行ATMで現金引き出し

【1】公式サイトで申込み

カードローンを利用したい時には、申し込み方法について「今すぐできるかどうか」という条件に当てはまる方法を選ぶようにしましょう。

もっともおすすめしたい方法は、三井住友銀行の公式サイトから申し込み手続きを行うというネット申し込みです。

公式サイトから申し込む方法なので、スマホがあればすぐに手続きを始めることができます。

スマホひとつでできるので、忙しくて時間がない時でも、自宅でもどこにいても利用することができます。

【2】スマホから身分証明書を提出する

書類の提出についても、スマートフォンから行うことができます。

三井住友銀行カードローンを利用するためには、運転免許証、個人番号カード、パスポート、住民基本台帳カ-ド(顔写真付き)、健康保険証などの、現住所が記載されている本人確認書類を、2点用意しておく必要があります。

ただし、本人確認書類に当てはまるものであっても、そこに現住所の記載がないという場合には、提出しても手続きでは無効となるため注意しましょう。

WEB申込後に申込確認の電話はある?

WEB申込後には、携帯電話に三井住友銀行のカードローンの審査担当者からの申込確認の電話がきます。

三井住友銀行では、土日祝日を含む9時~21時にカードローンの連絡をしていますが、電話をかけてほしい時間を指定することができません。

そのため、WEB申込をしたら、いつ電話がかかってきても大丈夫なように、9時~21時の間は携帯電話がつながるようにしておきましょう。

すぐに申込確認の電話に出ることができれば、その後のカードローン審査もスムーズに進めることができます。

【3】ローン契約機でカード発行する

申し込みをして審査を通過した後には、利用することのできるローン契約機がある三井住友銀行支店に足を運ぶ必要があります。

これは、カードの発行をするためです。

三井住友銀行カードローンを利用する際に、借入までの流れを効率良くスムーズに進めるために重要なポイントとなることは、ローン契約機を使うときは、カードを発行するときだけに限定する、ということです。

これがもっともスムーズにカードローンの使用を開始する方法といえます。

【4】三井住友銀行ATMで現金引き出し

ローンカードを手にすることができたら、まずは三井住友銀行ATMに行って、現金の引き出しをましょう。

手数料もかからないので、負担がかかることもなくお得に借り入れをすることができます。

そのほかにも、ローンカードはコンビニATMでも利用できるで、三井住友銀行のATMコーナーが混み合っているときなどには、近くの場所にあるセブンイレブンやファミリーマートなどのコンビニATMを利用すると待たずに利用できるでしょう。

審査結果は最短翌営業日に通知される

三井住友銀行のカードローンは、ローン契約機のあるところに行けば、即座に利用が可能となるわけではありません。

申し込みをした後に、まずは審査が行われ、それに通らなければカードローンの利用はできないのです。

審査では、収入の状況や、以前や現在のローン利用履歴についてチェックされることになります。

このため、審査が終了してから結果通知が来るまでには、早くても翌営業日となるわけです。

正式な審査結果の連絡が来るのは、本人確認書類の提出後から、最短で翌営業日となっています。

Q.申し込んだらスグにお金を借りることができますか?

2018年からは、金融庁の政策によって、銀行カードローンでは即日融資訴求が禁止となっています。

つまり、即日融資を受けることが不可能となりました。

警視庁のデータベースをもとに反社会的勢力ではないか、確認する必要がり、このため審査に時間がかかるようになりました。

以前からも、反社会的勢力についての確認はされていましたが、細かいところまでは情報が不足していました。

これからはそのような心配はなくなるでしょう。

ローン契約機に2回行くこともある

カードローンの申し込みをしてから審査が行われることとなり、審査には最低でも1日はかかります。

つまり、審査結果がわかるのは、早くても翌営業日ということになります。

カードローンを利用するための専用のローンカードは、郵送で届けてもらうこともできます。

しかし、なんらかの事情により、郵送を希望しない場合には、再度ローン契約機に足を運ぶ必要があります。

申し込みをする時に1回、カードを受け取る時に1回と、2回ローン契約機に行かなければならなくなります。

三井住友銀行カードローンのカードが受け取れる場所はどこ?

三井住友銀行カードローンを利用する際に、カードを受取る方法は3つあります。

来店せずに受け取りたいという場合は、カードが郵送で届くまで待つ形になります。

できるだけ早くカードを受け取りたいという人は、ローン契約機や自動契約機を利用するという方法があります。

三井住友銀行のローン契約機を利用しても、プロミスの自動契約機を利用しても、カードを受け取る手順は同じです。

カードの発行に必要な時間も同じなので、利用しやすい方の契約機で発行しましょう。

プロミスの自動契約機でも三井住友銀行のカードが発行可能

プロミスと三井住友銀行の看板の両方があるプロミスの自動契約機を利用すれば、三井住友銀行カードローンのカードを発行することが可能です。

プロミスの契約機は全国いたるところにあるので、消費者金融の無人店舗に入ることに特別抵抗がない人はプロミスを使ってもよいでしょう。

無人店舗の中に設置してある自動契約機は、三井住友銀行のローン契約機と同じものです。

三井住友銀行とプロミスのどちらでも申し込みができるようになっています。

ローン契約機でのプロミスのカードの発行

三井住友銀行のローン契約機を利用すれば、プロミスのローンカードも発行することが可能となっています。

プロミスのWeb審査を通過したあとに、プロミスの自動契約機へ行きたくないという場合は、三井住友銀行のローン契約機へ行くという方法を選ぶこともできます。

プロミスはカードがなくても契約することが可能です。

カードなしで契約を行なった場合には、振込キャッシングで借りるか、あるいはスマホATM取引を利用して借り入れをすることになります。

ローン契約機でSMBCモビットのカードの発行

2017年10月から、ローン契約機を利用して、SMBCグループのSMBCモビットの申込みが可能になりました。

三井住友銀行に設置してあるローン契約機をには、SMBCモビットの文字も記載されています。

三井住友銀行のローン契約機の画面を見ると、三井住友銀行、プロミス、SMBCモビットのという3つのボタンがあります。

SMBCモビットの審査を通過した後にカードを発行したいというときは、SMBCモビットのローン申込機、あるいは三井住友銀行のローン契約機を利用しましょう。

ローン契約機がある銀行カードローンは?

三菱UFJ銀行と三井住友銀行には、支店のATMスペースにローン契約機が設置されてますが、全ての支店に設置されているというわけではありません。

三菱UFJ銀行のテレビ窓口は、規模の大きい支店にのみ設置それています。

三井住友銀行のローン契約機は設置数が多いです。

公式サイトを利用すれば、ローン契約機が設置されている店舗がわかります。

ローン契約機が設置されている銀行であっても、本審査結果の連絡がくるまでには時間がかかるので、即日融資を受けることは不可能です。

消費者金融の自動契約機の営業時間について

プロミスやアコムは夜間や土日でも即日融資が可能となっているので、急ぎでお金が必要な人はプロミスやアコムなどの消費者金融を利用した方が良いでしょう。

2018年10月からは、振込キャッシングが24時間365日利用可能となりました。

自動契約機へ行かなくても土日でも即日融資が受けることができます。

消費者金融にも自動契約機がありますが、消費者金融は無人店舗内に契約機がおかれています。

郊外だと、複数の消費者金融の契約機が駐車場スペースに並んでいることも少なくありません。

駅前に店舗がある場合は、ビルの一部に入っていることが一般的です。

キャッシュカードよりも利用できるATMが多いローン専用カード

三井住友銀行カードローンの利用している人がATMでの借入を行う方法には、「ローン専用カード」と「三井住友銀行のキャッシュカード」の2種類のカードを使う方法があります。

ただし、ローン専用カードとキャッシュカードでは借入が可能となっているATMの種類が違います。

三井住友銀行カードローンで借入が可能なカードの種類とATM

ローン専用カードの場合

・E-netのATM
・ローソン銀行ATM 
・セブン銀行ATM 
・ゆうちょ銀行ATM 
・提携金融機関のATM

キャッシュカードの場合

・E-netのATM 
・ローソン銀行ATM 
・セブン銀行ATM

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)