最終更新日:2020年05月13日

三井住友銀行でキャッシングする方法を分かりやすく解説

三井住友VISAでのキャッシングの基本情報

三井住友VISAカードはクレジットカードですが、キャッシングの機能もあります。

カードでお金を借りられるのですが、サービス内容は下記の通りです。

・金利は3.5~18.0% 
・返済方式は毎月元利定額返済もしくはボーナス月元金増額返済併用
・返済期間は最長で18年11ヶ月  
・限度額は5~700万円
・遅延損害金は20%

ただしあくまでもクレジットカードの付帯機能になりますから、注意が必要です。

今回は、その使い方や返済方法や機能などを、一緒に見ていきましょう。

希望しないと利用できない

三井住友VISAカードには、キャッシングの機能自体はあります。

ただし自動的に機能が付くわけではありません。

キャッシングを利用したいならそのサービスを活用したい旨を伝える必要があります。

そのタイミングですが、新規申し込みの時だけではありません。

一旦はクレジットカードを発行した後でも、新たにキャッシングの機能を付けることはできます。

三井住友VISAカードにはVpassという会員ページもありますが、そこで申し込むことも可能なのです。

海外旅行時に便利なATM・CDからのキャッシング

三井住友VISAカードのキャッシング機能が役立つシーンは、主に海外旅行です。

旅行先では買い物する機会もあるでしょう。

お土産を買うときや飲食店などでお金を使いますが、必ずしも全てのお店がショッピング払いに対応しているとは限りません。

現金払いに限定されるお店も多いです。

まずは両替して、現地通貨を確保しなければなりません。

ですが両替できる場所は、空港や銀行などに限られてしまう傾向があります。

その点キャッシングは便利です。

銀行だけでなく町のコンビニにある ATM やキャッシュディスペンサーなどで両替できるからです。

キャッシング枠をつけるには審査が必要

三井住友VISAカードの申し込みをしますと、審査を受けることになります。

クレジットカード発行に係る審査を受ける訳ですが、その審査はキャッシング枠と同一ではありません。

キャッシング用の枠を付けたいなら、カードと「別途」の審査も受ける必要があります。

ただし同時に審査を受けることも可能です。

カード発行の申し込みをする際に、キャッシング枠をつけたい旨を申請していれば、クレジットカードキャッシング枠の審査は同時並行で進むのです。

キャッシング枠の審査で確認される項目をチェック!

キャッシングの審査で確認される項目は2つあります。

1つ目は収入の安定性です。

お金を返済する為には収入が必要ですが、その安定性は問題ないか否かを審査されます。

もう1つは信用情報です。

例えば過去に三井住友銀行以外から借りた経験があるなら、そこでの返済状況を確認されます。

延滞していた時などは、審査で落とされてしまう可能性があります。

すなわち「お金を借りても、きちんと返済できる能力があるかどうか」を確認しているわけです。

キャッシング枠の審査にかかる時間

三井住友VISAカードの場合、早ければ当日中には審査結果が通知されます。

Webで申し込みしていた時は、最短30分程度で審査結果が通知されるからです。

ちなみに三井住友銀行にはVpassというサービスがあります。会員ページにアクセスすれば、審査状況照会というページで状況を確認できるのです。

ただし必ずしも即日で通知される訳ではありません。申し込みの時間帯によっては、若干時間がかかることもあります。混雑していれば翌日以降に通知される可能性もあります。

ショッピング枠とキャッシング枠の関係は?

三井住友VISAカードのキャッシングに関して確認してみますと、キャッシング枠やショッピング枠といった、あまり聞き慣れない表現を見かける事があります。

そもそもクレジットカードには、枠が2種類あります。

三井住友VISAカードも例外ではありません。

キャッシングというサービスを活用したいなら、その2つの枠はきちんと理解しておきましょう。

そうでないと、いざという時に枠が足りなくなってしまい、トラブルに遭遇しかねません。

ショッピング枠はキャッシング枠と同額かそれ以上

ショッピングとキャッシング枠の関係を一言で説明すれば、「ショッピングの枠内にキャッシングがある」ということです。

必ずショッピングの金額の方が大きくなります。

例えばカードのショッピング枠が60万円であり、キャッシングの方は20万円だとします。

60万円という枠の内部に、15万円の枠が存在するのです。

ですからキャッシングをしなければ、カードで50万円分は買い物できるのです。

その場合ショッピング枠の残額は10万円になりますが、その枠内にあるキャッシング枠も10万円分減ります。

したがって50万円買い物をした時は、キャッシング残額は10万円になります。

三井住友VISAのキャッシングの金利は?

三井住友VISAカードのキャッシングの金利は、ショッピング枠の数字に左右されます。

ショッピングの金額が大きければ、キャッシングの金利も低めになるのです。

カードの種類にも左右されます。

例えば一般カードの場合、ショッピング枠が90万円以下の時は、キャッシング金利は18%です。

ですがショッピング枠が100万円以上の場合、金利は15%になります。

ちなみにキャッシング金利の具体的な数字は、公式サイトで確認することもできます。

とりわけ安くはない

キャッシングを活用するなら金利も軽視できませんが、三井住友VISAカードのキャッシング金利は特に安いわけではありません。

キャッシングの金利は無制限に高くできるわけではなく法律の範囲内になります。

利息制限法と呼ばれる法律があって、融資商品に関する具体的な数字を定めています。

三井住友VISAカードも例外ではありません。

その法律や他社の数字を確認する限り、三井住友VISAカードは大手消費者金融とはそれほど変わりません。

三井住友カードゴールドローンで低金利を追求する

三井住友visaカードのキャッシングは金利が高いので日常的に利用するローンサービスとしては不適切です。

幸い三井住友カードにはクレジットカードよりも低い金利で利用できる「三井住友カードゴールドローン」があります。

利率は3.5%~9.8%とクレジットカードのおよそ半分です。

カードが不要な場合はカードレス版もあり、さらに低い金利(3.5%~9.2%)で利用できます。

利用枠も最大700万円と十分です。

クレジットカード機能が必要ない場合は断然カードローンゴールドがおすすめです。

スマホからキャッシングする手順を解説!

続いてスマートフォンからキャッシングを行う方法の体験談を紹介します。

スマートフォンからのキャッシングもパソコンの場合と同様に三井住友カードの会員サービスVpassにログインして行うのでログインIDとパスワードをすぐに入力できるようにしておくとスムーズです。

その後、「キャッシングを利用する」、「お申し込みはこちら」を順にタップすると金額を入力して申し込むページが出てきます。印象としてはパソコンよりもシンプルな画面で使いやすかったです。

申込受付や振込完了メール

ただ、インターネットやスマートフォンからの申し込みの場合、人とのやり取りがないのでスムーズに手続きが進んでいるのかどうか不安になられる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、三井住友カードはそのあたりの利用者の心情にもしっかり配慮しています。

申し込みを受け付けた時には申し込み受付メールが登録されたメールアドレスに届きます。

また、口座振り込みが完了した時にも振込完了のメールが登録メールアドレスに送信されるようになっていて、進捗状況を把握しやすいです。

ATMで口座から引き出す

ATMからのキャッシングはキャッシングの経験があまりない方にも簡単に利用して頂けるサービスとなっています。

コンビニなどのATMに自分の持っている三井住友カードを持っていて、それを銀行口座のキャッシュカードのようにATMに挿入し、銀行のキャッシュカードと同じような方法でキャッシングを受けることができます。

例えば、パソコンやスマートフォンの操作が苦手な方やそもそもインターネットの接続環境が無い方には利用しやすいサービスです。

キャッシングの3つのやり方

三井住友VISAカードのキャッシングを利用する方法は3つあって、具体的には下記の通りになります。

・コンビニもしくは銀行のATM(全国どこのATMでも良い)。24時間いつでも利用でき、通知は無い。
・PCかスマートフォンで申し込み。メールもしくは郵便はがきで通知。忙しい時間の合間に利用できる。 
・電話申し込み。通知は郵便はがき。

なおWebと電話の場合、銀行の営業時間内のみ申し込み可能で、24時間ではありません。

便利なコンビニATMでの利用

上記の3つの方法の中で一番便利なのは、コンビニにあるATMです。

全国の幅広い場所にお店がありますし、24時間いつでも利用できるのは便利です。

しかも近年ではコンビニで公共料金などを支払う事もできます。

コンビニでは携帯電話やクレジットカードの支払いも可能ですが、支払期日が近いと、急ぎでお金を支払いたい事もあるでしょう。

期日に遅れると、遅延になってしまいます。

ですがコンビニなら、キャッシングでお金を借りた上で、すぐに料金を支払うこともできます。

振込でのキャッシングも利用可能

ATMを使ったキャッシングは全国各地で使え、即座に現金を手にできますが実店舗に足を運ぶ必要があります。

買い物の支払いにクレジットカードを利用する方や、インターネットオークションの支払いにキャッシングを利用したい場合は銀行口座に残高があればよく、手元に現金は必要ありません。

そんな時に便利なのが振込を使ったキャッシングです。

電話やインターネットを介して三井住友visaカードにキャッシング申請することで自分の口座に借入額を直接振り込んでもらえます。

セキュリティー面でも優れていますし、安心して利用できます。

基本的に返済方式はリボ払い

三井住友VISAカードでお金を借りた後は、もちろん返済する必要があります。

このキャッシングサービスの場合、返済方法は原則リボになります。

もちろん一括返済もできます。

手持ち資金に余裕がある時などは、普段よりも多めに返済したくなることもあるでしょう。

早めに返済すれば、負担額を減らすこともできます。

このカードなら追加返済もできますから、残り分を一気に返済する事もできます。

少しでも利息の負担額を減らしたい時は、活用してみましょう。

選べる3つの返済方法について

三井住友VISAカードのキャッシングには、返済方法は3つあります。

・銀行口座からの自動振替。返済を忘れてしまうリスクはない。ただし最低額しか返済できない 
・銀行振込で返済する。WEBで24時間返済できるが、振込手数料はかかる 
・コンビニATMでの返済。空き時間に返済できるが、利用手数料がかかる。

上記の中から選ぶ事ができます。

忘れるリスクを考慮しますと、基本的には自動振替で返済して、コンビニや振込返済を併用するのがおすすめです。

手持ち資金を考慮して、できるだけ借り入れ日数を短縮すれば、利息を減らす事ができます。

追加返済はATM返済の手数料に注意!

ATMで追加返済する場合、手数料は注意が必要です。

というのもATMで返済する時は、利用手数料がかかります。その具体的な金額は下記の通りです。

・返済金額が1万円以下の場合、手数料は108円 
・1万円以上返済する時は、216円

回数が多くなれば手数料の負担額も軽視できません。

1回につき108円なら、100回分で10,800円になるでしょう。

できるだけ手数料を節約したいなら、多めに繰り上げ返済することも検討してみましょう。

どんなときに三井住友カードでキャッシングできない?

三井住友visaカードでキャッシングが利用できなくなる代表的なケースは次の3つです。

・キャッシング枠を使い切ってしまった
・貸金業法の総量規制の上限に引っかかって借入できない 
・65歳以上の方がネットキャッシングしようとした

特に注意したいのはキャッシング枠を知らないうちに使い切ってしまうことです。

クレジットカードにはキャッシング枠の他にショッピング枠がありますが、この2つは枠を共有しています。

ですからショッピング枠を使いきってしまうと、一部キャッシング枠まで消費してしまい、本来より少ない額しかキャッシングできなくなります。

2つの枠がどれだけ重なっているのかは事前に確認しておきましょう。

充実した別のサービスの選択肢

三井住友 VISA カードのキャッシングは確かにとても便利です。

とても魅力的なサービスではありますが、キャッシングはあくまでもクレジットカードの付帯機能になります。

消費者金融の数字を考慮しますと、決して金利が低い訳ではありません。

ですが他社には、もう少しサービス内容が充実したキャッシングがあります。

キャッシングによって無利息サービスもありますし、利息が気になる時などは、これから紹介するサービスも検討してみましょう。

【プロミス】充実の借入れ・返済方法

プロミスはアコムの次に利用者数が多く、18%を下回る金利でお金を借りることができます。

返済方法も多彩で、下記の5つの中から選べるのです。

・銀行振込
・窓口返済 
・自動振替 
・コンビニ ATM で返済 
・提携銀行にある ATM で返済

プロミスにも無利息サービスがあって、初回の無利息日数は30日ですが、無利息期間を残すこともできます。

例えば初回借り入れで10日間で完済した時は、20日分の無利息期間が残るのです。

返済に関する不安がある方は、プロミスがおすすめです。

【アコム】利用者実績トップクラス

アコムの融資は非常にスピーディーで、最短1時間でお金を借りる事ができます。

Webで申し込みして無人契約機でカードを受け取れば、即日融資も可能です。

またアコムには利息ゼロ円のサービスもあります。

初回申し込みに限り30日間は利息がゼロになるのです。

ただし2回目以降の借り入れは、通常金利が適用されます。

しかも利用者数が非常に多く、キャッシング会社の中ではトップクラスを誇っています。

一時的にお金を借りてすぐに完済したいならアコムはおすすめです。

【みずほ銀行カードローン】業界トップクラスの低金利

みずほ銀行のカードローンの魅力は、金利です。

みずほ銀行は業界トップクラスの低金利を誇っていて、上限金利は14.0%になります。

この金利は三井住友VISAカードよりも低いです。

三井住友銀行ですと、枠が100万円の時でさえ15%になってしまいます。しかも14.0%は「上限」なので、もっと低い利息で借りることもできます。

できるだけ利息の負担額を低く抑えたい方や、返済期間が少々長引きそうな方は、みずほ銀行のキャッシングを検討してみましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.