最終更新日:2020年05月13日

三井住友銀行カードローンで増額する方法と審査基準

カードローンの利用可能枠って何?

利用限度額は、利用者の年収や職業、他の会社からの借り入れ状況などの情報を元に設定され、特に年収は、利用限度額の設定に大きく影響しています。

2010年に「総量規制」という法律が施行され、これによって、貸金業者が融資できるのは年収の3分の1までと決められました。

複数のカードローンを利用していた場合、借入金額の合計が年収の3分の1とならないように、収入を考慮してカードローン会社は限度額を設定しています。

なお、銀行系カードローンは総量規制の対象外ではありますが、自主的に同じような規制を行っています。

借入れを増やしたい場合、「複数契約」よりも「増額」が良いと言われる理由とは

初めに収入を元に限度額を決められていますが、申請をすれば、再度審査を受けて増額ができる可能性もあります。
利用中のカードローンの限度額では足りない時に焦ってやってしまいがちなのが、新たに他の会社から借りるという事です。

基本的に複数のカードローンを利用することにメリットはありません。

借りている数だけ、それぞれの利息が発生しますし、自分がいくら借り入れているのかの管理も難しくなります。
借入を増やしたい時には、利用中のカードローンの限度額の増額申請をする事。

複数契約よりも限度額増額をお勧めする、3つの理由について解説していきます。

金利が低くなる可能性

カードローンは利用限度額が大きければ、金利が低く設定されるという特徴があります。
もし、利用中のカードローンの限度額を増額できれば、金利が低くなる可能性があります。

それに対して、複数のカードローンから借り入れを行うと、1社あたりからの借入金額が少なくなり、それぞれの金利が高くなってしまいます。

例えば、「三井住友カード ゴールドローン」を利用した場合、利用限度額が50万円以下だと15.0%の金利、60万~100万円だと12.4%の金利となり、利用限度額が大きければ金利は低くなるという事が良く分かります。

<年会費無料・三井住友カードのゴールドローン>

利率3.5~15.0%の「ゴールドローン」、利率3.5%~14.4%の「ゴールドローンカードレス」の詳細は下記URLをご覧ください。

https://www.smbc-card.com/nyukai/loan/index.jsp

新規申込みより審査期間が短くなる

借入を行う時、なるべく早く融資を受けたいものです。
融資のスピードという点でも、複数契約を結ぶより増額申請を行った方が良いでしょう。

新規で他のカードローン会社と契約をするよりも、利用中のカードローンの利用限度額の増額申請をした方が、素早く追加の融資を受けることができます。

新規の契約には審査が必要です。
また、利用限度額の増額申請でも再審査が行われるのですが、個人情報などが既にカードローン会社にあるのと、新しいカードの発行の必要がないので、結果的には増額申請の方が早く融資を受けることができます

借入金の管理が楽

借入金を上手に管理するには、借入先の1本化が鉄則です。
複数のカードローンを利用すると、その分の利息が発生するのは勿論ですが、それぞれ別々に返済しなければならないという手間もあります。

どこの会社に今月いくら返済しなければいけないのかは、利用する会社が多くなると複雑になります。

もし、返済分のお金が用意できていても、返済日を忘れてしまっていれば、返済延滞となってしまうかもしれません。
利用するカードローンは1つに絞って、借入金を上手く管理していきましょう。

1分でわかる!「三井住友銀行 カードローン」の増額の解説

三井住友銀行カードローンの増額とは借入の上限額を増やすことです。
より多く借入できますからカードローンの使い勝手が向上します。

身内の不幸と親友の結婚式が重なったりするとカードローンだけでは不安だった方も、増額が認められれば経済的に余裕をもって生活できるでしょう。
良いことずくめのように思えるカードローンの増額ですが欠点もあります。

増額を申請すると審査が行われますが、この審査の結果、借入上限が減らされることもあるんです。
リスクを避けて増額を試したいなら別の金融機関で新規にカードローンを契約しましょう。

「三井住友銀行 カードローン」の「増額」とは

三井住友銀行のカードローンにおける増額は一般的なものと大きな違いはありません。
増額の申請を三井住友カードに出して、それが認められれば借入できる金額が増えます。

増額申請する理由はカード契約時に設定した借入枠では不足するためです。
カードローンの使い方に慣れて、利息の負担を抑えながら効果的に利用できるようになると借入上限を増やして、さらに活用の場を増やしたくなります。

そんなカードローン脱初心者の方のために次項からは増額の手順を紹介していきます。

三井住友銀行のカードローンで増額する方法を解説

カードローンの借入額を増やすには増額申請するのが基本です。利用期間や利用額で増えていくことはありません。

しかし、それまでの利用状況によっては三井住友銀行カードローンから「増額をしないか?」と勧誘されることがあります。
いわゆる「増額案内」と呼ばれるものですが、増額案内が利用者に出される条件は分かっていません。

この項目では2つの増額方法について解説していきます。
どちらが自分に合った方法か確認しておきましょう。

三井住友銀行からカードローン増額案内が届いた場合

借入額の上限を増やしたい時に喉から手が出るほど欲しいのが増額案内です。
三井住友銀行が出すものですから、その申し出に応えれば自分で申請するよりもスムーズに増額処理が進みます。

増額案内が出される条件としてネットで噂されているものは次の2つです。

・返済実績が評価された
・返済能力が以前より高くなった

増額案内の通知のされ方はインターネットの公式会員ページに「増額可能」と表示されるか、三井住友銀行の担当者から電話で知らされるかのいずれかです。

三井住友銀行から増額案内が届きやすい場合とは?

面倒で合格するか分からない審査を受ける必要がある申請よりも増額案内で確実に借入上限をアップさせたい人は多いでしょう。

しかし何をどうすれば三井住友銀行から増額案内が届くのでしょうか?ポイントはカードローンの利用履歴です。
まずカードローンを頻繁に利用していることが大前提です。

返済を延滞することがなくても滅多に利用しない方に大きなお金を貸すことはできません。
利用限度まで何度も利用して、そのたびに返済を確実に済ませている必要があります。

繰り上げ返済で大きな額を一度に返済するのも返済力があると判断されるポイントです。

利用者自ら三井住友銀行にカードローン増額の申込みをする方法

増額案内が送られてくるの待たずに自分から借入上限額を増やして欲しいと申請することも可能です。

この場合、厳しい審査が待っていますが、これは避けられません。
増額審査の厳しさは増やしたい額に大きく左右されます。
一度に大幅アップを狙うと審査は必ず厳しくなります。

総量規制の上限額の兼ね合いで審査が遅れることもあります。
増額した結果、総量規制の上限に近くなるようなら審査はまず間違いなく厳しくなるでしょう。

申し込みは「電話」か「ローン契約機」で行えます。

次項からは、それぞれの方法を確認します。

電話での申し込み

自ら借入額の増額を申し込む場合に一般的なのが電話を使う方法です。
老若男女問わず誰でも簡単に利用できます。

ただし、契約者以外の第三者が申し込むことは認められていません。
必ずカードローンを契約した本人が三井住友銀行のサポートセンター(0120-923-923)に連絡してスタッフに申し出てください。

契約に関することをいくつか質問されますから、本人の方がスムーズに手続きが進みます。
電話窓口の受付時間は9:00~21:00で平日および土日祝日も対応してくれます。

ローン契約機での申し込み

電話が無い場合に三井住友銀行の借入上限の増額を申請するなら無人契約機がおすすめです。

三井住友銀行の店舗などに設置されている無人契約機では各種申請を画面の指示に従って簡単にできます。
自分一人で申請できるので電話が苦手な方でも落ち着いて手続きできるのがメリットです。
ほとんど年中無休で利用できますから、昼間の時間帯は自由になれない社会人の方でも問題ありません。

タッチパネルですからボタン操作もありませんし、モニターに指示が出ますから中高年の方でも安心して手続きを済ませることが可能です

三井住友銀行のカードローンの増額審査はどんな流れ?

増額申請をした場合、その申請が三井住友銀行に受理されると増額するかどうか判断する審査が行われます。
この審査は基本的に契約時に行われた審査と同じもので、申込者の支払い能力を様々な角度から調査するものです。

この審査の中には在籍確認も含まれます。

在籍確認とは申込者が申請書に記載した勤務地に間違いなく所属しているか確認するためのもので、ここで在籍が確認されないと審査は間違いなく落ちます。
気を付けたいのは在籍確認が行われた際に会社が電話を受けられる状態かどうかです。

会社が電話に出られないと審査に落ちることになるので、申請は会社が休みじゃない日に行いましょう。

増額審査に必要な書類について

増額申請を出す場合、申請内容によっては書類が必要になることがあります。
カードローンの申請で必要書類というと本人確認書類が真っ先に思い浮かびますが、増額申請では基本的に不要です。

必要になるのは名前や住所など書類に記載がある内容に変更がある場合のみです。
契約時から結婚や引っ越しをしなかったなら提出しなくて大丈夫です。
他に必要になる可能性があるのは「収入証明書」です。

借入の上限額に50万円を超える額を設定した場合に必要になります。

また、他社金融機関からの借入枠を合計した額が100万円を超える場合も必要です。
最も利用される収入証明書は源泉徴収票で、会社勤めの方なら一番手軽に入手できます。

「三井住友銀行 カードローン」の増額審査は厳しい?確認されることはある?

三井住友銀行カードローンが行う増額審査は一般的に契約時より厳しくなります。
その理由は借入上限額が増えるためです。

より多くの金額を融資することになるので、より厳密に支払い能力を審査する必要があります。
もし多額の借入額を認めて返済できなくなると利用者に大きな負債がのしかかります。

三井住友銀行にとっても大きな損失になり、双方ともに不利益を被る結果で終わるでしょう。
厳しい審査を乗り越えるには日頃から頻繁にカードローンを利用して、確実に返済しましょう。

増額審査でも在籍確認の電話はある

在籍確認の電話は心配事のひとつです。
ローンサービスを利用していることが会社にバレる可能性があります。

もしバレたら会社内での評判に傷がつく可能性もあるでしょう。
なんとか回避したいところですが、残念ながら三井住友銀行の増額審査における在籍確認は絶対に行われます。

在籍確認を外せない理由は簡単で、勤め先によって支払い能力に大きな違いが生じるからです。
バレるのが不安な方は自分しか会社にいない時間帯に電話をするよう三井住友銀行に相談してみてください。

増額審査ではどれくらい時間がかかる?

増額の申し込みをする際には増額審査がどれくらいかかるのか気になることでしょう。
審査に時間がかかるようでは会社のお昼休みに申請を済ませることも難しくなります。

在籍確認の電話を受けるタイミングも分からないでしょう。

増額申請には電話、無人機、インターネットの方法があります。

それぞれの審査時間の目安は次のとおりです。

・無人機 1時間ほど
・インターネット 30分~5時間
・電話 2時間ほど

あくまで目安ですから、申請は時間に余裕がある時がおすすめです。

審査に通過して増額されやすいケースとは?

どうせ申請するなら増額審査に合格しやすい条件を少しでも満たしておきたいところです。
三井住友銀行のカードローンの増額審査が通過しやすくなる条件として口コミでよく言われているのは次の3つです。

・年収が増えた
・三井住友銀行以外の借入上限額が減った
・自動引き落としなどで定期的に返済している

この中でも一番効果的なのが年収アップです。
年収が増えれば支払い能力がアップしたと強くアピールできます。

次に効果的なのが他社の借入上限額が減ったことです。
総量規制の上限額まで余裕が生まれますから増額を認められやすくなるでしょう。

「三井住友銀行 カードローン」にはどんな理由で増額審査に落ちるの?

三井住友銀行のカードローンで増額申請した際に審査で落ちやすい方には次の共通点があります。

・最初の返済から時間が経ってない(十分な返済履歴がない)
・過去に返済が遅れるなどの金融事故を起こしたことがある
・他社のカードローンを複数利用している
・年収が下がった
・職場を変えて間もない

増額申請が認められるには十分にカードローンの実績が必要です。
頻繁に借りて、定期的に遅れず返済していないと信用されません

また、職場を変えたばありの方も要注意です。
職場に馴染めず辞めるリスクが高い時期なので返済能力に疑問を持たれます。

増額審査に落ちそうな場合の対処法は?

過去に金融事故を起こしていて、増額審査が少々不安な時は、まず下記の点をクリアしてから申し込みしましょう。

・事故情報が消えるのを待つ
・返済に関する実績を積む

信用情報機関には、事故情報は保管されています。

ただ、ずっと保管される訳ではありません。
一定の日数が経過すると消去されますから、審査落ちが心配な時は、消去されるのを待ってみる方法もあります。

ちなみに信用情報機関に問い合わせすれば、自分の情報は確認できます。
それと返済に関する実績です。
いわゆるクレジットヒストリーと呼ばれますが、返済実績が良好であると判断されれば、融資を受けやすくなるのです。

少額でも構いませんから、実績を積んでいきましょう。

三井住友銀行のカードローンで増額する際に注意すべき点を解説

三井住友銀行のカードローンで増額する場合には注意すべきポイントがいくつかあります。

ここで紹介する注意点は次の3つ。

・増額審査に落ちると借入上限額を減らされる場合がある
・三井住友銀行から増額案内が届いても審査で落ちることがある
・増額審査は予想以上に時間がかかる

驚くべきことですが三井住友銀行から増額のお誘いがあった場合でも審査に落ちるケースがあります。
案内を出した後の定期的な個人信用情報の調査で問題が発覚したなどが理由として考えられますが、詳細が説明される機会はありません。

案内が来たからといって増額を前提に行動しないようにしてください。

増額審査に落ちて利用限度額を減額される可能性も

三井住友銀行では増額の申請をしたのに、逆に減額されることがあります。
頻繁に利用して返済も滞りなく行ったのに増額どころか減額されるとガッカリしますが、その理由は意外とシンプルです。

三井住友銀行は増額申請を受けると増額して問題ない人物か年収など様々な項目を調査して支払い能力を見定めます。
その際に年収や勤め先などを最新のものに更新するのですが、この更新作業の中で年収の減額や転職がバレて支払い能力不足と判断されてしまうのです。

不用意な増額申請は首を絞める結果になりかねないので注意しましょう。

減額されやすいのはこんな人。年収減にご注意!

先の項目で増額審査の際に減額されてしまうケースを紹介しました。
減額のリスクを冒してまで増額申請を出したい方は少数派でしょう。

そこで減額されやすい人の特徴を紹介します。

・失業して次の勤め先が決まっていない
・転職等で年収が減ってしまった
・労働形態が正社員から非正規や請負などに変わった
・他社で借入を行ったばかり

この中で注意すべきなのは失業です。
失業は減額どころか利用停止になる可能性もありますから早急な対処が必要になります。

「三井住友銀行 カードローン」の増額審査に通過するために必要な年収はどれくらい?

増額申請をするかどうか判断する目安として年収を基準にしている人も多いでしょう。
ネットでも年収と借入上限の関係は盛んに話されています。

しかし、三井住友銀行のカードローンにおいて年収と借入額の詳細が公開されたことはありません。
参考になるのは総量規制の上限額です。

年収の3分の1の額から低い額を指定するほど増額審査を合格しやすくなります。
注意したいのは複数の金融機関から借入している場合です。

合計の借入額を計算しながら総量規制の上限額を超えないように増額申請する必要があります。

増額案内の電話があっても、増額審査に通るとは限らない?

三井住友銀行から増額の案内が来るということは「あなたには増額のチャンスがあります」という意味です。
「増額が決定しました」ということではないので誤解しないでください。

あくまで増額のチャンスですから、その誘いを受けた場合でも審査に落ちることがあります。
残念ながら案内が来たから審査が甘くなるということはありません。

申請と同じように審査されるので年収減が発覚すると減額の恐れもあるでしょうから、案内が来たからといって安易に誘いを受けないよう注意してください。

増額審査は時間がかかる傾向に

増額審査は三井住友銀行のカードローンの契約時に行われた審査よりも詳細に支払い能力を調査されます。
これは増額後の借入上限額が大きくなる傾向があるためです。

増額申請を出す方の多くは現金需要がひっ迫しており、資金繰りに困っています。
中には多重債務に片足を突っ込んでいる方もいるでしょう。

そんな方に多額の借入を認めると返済できずに大きな損失となる可能性があります。

特に銀行のカードローンの審査は慎重で時間がかかりますから、少しでも審査時間を短くしたい、もしくは当日に利用したいなら他社で新規にカードローンを作成することをおすすめします。

三井住友カードのゴールドローンについて

ご利用スタイルや目的に合わせて選ぶことができる、2種類のカードローンです。
三井住友カードローンの最大の魅力は、返済実績に応じて適用利率が最大1.2%も下がるという点です。
延滞などがなければ、翌年度のご利用残高分より適用利率が0.3%ずつ、最大1.2%引き下がります。

三井住友カードゴールドローンは全国のATMで利用できるカードを発行。
三井住友カードゴールドローンカードレスはカードがなく、振り込みサービス専用でなので利率が低いという利点があります。

返済に余裕がある方や普段から計画的に利用している方にお勧めの、使うほどお得なカードローンです。

「三井住友銀行 カードローン」で増額するときの2つの大きなメリット

三井住友銀行カードローンには消費者金融に比べて金利が低いなどのメリットがあります。
金利は返済額を大きく左右しますから、少しでもお得にローンサービスを利用したいなら低金利のものを選ぶのが鉄則です。

三井住友銀行カードローンで増額すると金利が低くなる可能性があります。

また、増額が認められれば他社で借入する必要が無くなります。
複数の金融機関のカードローンを管理するのは負担が大きくなりますから、それが避けられるなら好都合でしょう。

このように三井住友銀行カードローンで増額すると大きなメリットが受けられます。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

金利が下がる可能性も

金融機関で提供するカードローンでは借入額が大きくなるほど金利が下がる傾向があります。
これは利息制限法という法律があるためです。

利息制限法によって借入額と金利には次の縛りがあります。

・借入額が10万円未満なら上限金利は20%
・借入額が10万円以上100万円未満なら上限金利は18% 
・借入額が100万円以上なら上限金利は15%

増額によって借入上限は100万円以上なれば上限金利は18%から15%に減ります。

増額後は、より多額の借入をすることになりますから上限金利の低下はありがたいでしょう。

新たに借入先を増やす必要がない

借入額を増やす方法は増額申請をして認められるか、他社のカードローンを新規契約することです。
新規にカードローンを契約するとなると優良ローンサービスを探し申し込みをする必要があります。

さらに複数のローンの返済を管理する負担がのしかかります。
誤って延滞をしようものなら最悪の場合、全てのカードローンが利用停止になるでしょう。

一方、増額なら利用するカードローンは1社のままですからローン管理の負担は軽いでしょう。

多重債務者に陥らないので精神的負担もありません。

三井住友銀行カードローン以外でのおすすめのカードローンはある?

三井住友銀行のカードローンには、確かにメリットもあります。
金利が下がる可能性もありますが、デメリットも軽視できません。
状況によっては限度額が減る可能性もあるでしょう。

人によっては、三井住友銀行以外を活用する方が良いこともあります。
他社から借り入れする方が負担額を減らせるケースもあるのです。

例えば短期借入の場合、他社の無利息サービスにする方が、かえって負担を減らせる可能性もあります。
三井住友銀行で増額申し込みをする前に、これから紹介するカードローンも検討してみましょう。

短期間で少額の追加での融資を期待するならアコム

アコムの融資はとてもスピーディーで即日融資も可能です。
無人契約機を上手く活用すれば、申し込み当日にカードで借りることもできます。

またアコムには30日無利息というサービスがあります。

初回借り入れに限り、30日以内に完済できれば手数料無料になるのです。
ただ2回目以降は通常金利になります。

ですから短期融資を希望している方はアコムはおすすめです。
借入期間は1年未満になり、数万円から数十万円程度の追加融資を希望するなら、アコムにする方が利息の負担額が少なくなります。

おまとめローンなど目的別のローンであればアイフル

アイフルの利用限度額は最高500万円です。金利は4.5~18.0%であり、カードローンとしては一般的なサービス内容になります。

ですがアイフルの取り扱い商品は多彩です。下記のように複数の商品があるのです。

・不動産を担保に入れるローン
・おまとめローン 
・事業用のローン 
・目的別ローン

ですから三井住友銀行カードローンで増額する目的が、上記のような内容に当てはまる場合は、アイフルも検討してみると良いでしょう。

柔軟に審査が行われる可能性もありますし、おすすめです。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)