最終更新日:2019年09月14日

少額借りたいとき即日で借りられるカードローン

少額の借入れでも金利が低いカードローンの一覧

消費者金融のカードローンなどの金利は、少しの借入になってしまうと金利上限に近い18%も取られてしまうことが多いです。そのため、数万円借りただけでも金利だけで数千円は取られてしまうことになります。そこでこちらでは、少しの借入でも金利が低いオススメのカードローンを紹介していきます。

プロミス

プロミスは特に少額融資カードローンとして人気で、50万円以下の借入は収入証明書なしで手軽に利用できるなどのサービスが充実しています。
また初めての方は30日間利息0円になるので、この機会に一度試してみてはいかがでしょうか。
現時点で使わなくても、1枚持っておくと急な出費の際に便利です。

即日で少額借りたい方にプロミスがおすすめな理由

50万円以下なら収入証明書不要
即日融資も可能
初めての方は30日間利息0円
3項目で簡単診断!3秒で借入可能か分かる
大手で安心の金利設定

生活費があと少し足りない人

生活費があと少しだけ足りない、もう数日すれば給与日なのに。そんな経験は誰でも一度ぐらいはあるのではないでしょうか。そんな時、多くの方は、買いたいものを我慢するとか、お友達や家族に借りる、などの方法をとられるかもしれません。ですが、そんな方は、買いたいものを我慢することもありませんし、お友達やご家族に恥を忍んでお金を借りることもないのです。実はそんなことをしなくても簡単にお金を工面できる方法があることをご存知でしたでしょうか。

カードローンのメリット

そのような時に利用できるのがカードローンです。カードローンというと、面倒な手続きが必要、審査が厳しい、金利が高いなどのように、悪いイメージがあるかもしれませんが、最近のカードローンは全くそういったことはありません。手続き簡単、審査は短時間でスピーディー、金利も安い。ですので、カードローンは、生活費があと数万円足りない、そんな時に使うようなものではないと考えていた方に、とてもメリットが大きいということをお伝えしておきます。

みずほ銀行カードローン

銀行系カードローンの中でもメガバンク系のカードローンのみずほ銀行では、上記のオリックス銀行と楽天銀行よりもさらに低い金利となっています。みずほ銀行カードローンの実質金利では2.0%~14.0%となっているため、楽天銀行よりも0.5%低くなっています。少額の借入の場合では14.0%がほぼ適用されてしまうので、消費者金融系のカードローンと比べてもだいぶ金利は低めとなっています。また、銀行系カードローンの中でもみずほ銀行カードローンは、金利がとても低くオススメの銀行系カードローンです。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンの実質金利では1.7%~17.8%となっています。また、100万円未満の少額借入の場合では12%~17.8%となり、平均すると15%程になります。消費者金融などの少額借り入れでは18%ほどの金利になることが多いため、オリックス銀行カードローンの方がわずかですが金利を抑えることができます。また、借入額が大きくなると銀行系のカードローンはさらに金利が下がって行くので、オリックス銀行のような銀行系カードローンならば金利を抑えることができます。

住信SBIネット銀行 MR.カードローン

住信SBIネット銀行の「MR.カードローン」の借入限度額は1,200万円まで借入することができます。そのため、上記の銀行系カードローンでは借入限度額は800万円までとなっているので、まとまった借り入れをしたい人にオススメのカードローンです。その「MR.カードローン」の金利は1.59~14.79%となっていて、最低金利は低いですが少額借入になるとみずほ銀行よりも金利は高めとなってしまいます。そのため、まとまった借入をしないのであれば、上記のみずほ銀行か楽天銀行などがいいでしょう。

楽天銀行カードローン

楽天銀行は審査スピードが早く、最短では即日の借入をすることができます。金利もオリックス銀行よりもわずかに低く1.9%~14.5%となっています。オリックス銀行の15%とわずか0.5%しか変わりませんが、借入金額が大きくなると実質返済金額も大きく差が開いてくるので、少しでも返済額を抑えるならば0.5%でも金利は低い方がいいでしょう。また、楽天銀行のカードローンはスマホからでも申し込むことができるので、即日の借入にも対応できます。

申込時の限度額を高くすると、少額の借入れでも金利が低くなる

少額の借入をする場合には金利が高くなってしまうのが通常で、各金融機関が設定している上限になりやすいです。また、その逆で借入額が大きいほど金利は低くなります。そのため、少額の借入では金利が高くなってしまいますが、カードローンを申し込むときに借入上限を高めにして申し込めば金利を抑えることができます。具体的には、借入上限を100万円以上で申し込むと金利を抑えることができます。100万円という金額になる訳は、ほとんどのカードローン会社では100万円を基準にしているからです。そのため、銀行系カードローンも同様で100万円の融資から金利が低く設定されていることになります。

100万円以上借りるのは初回の申込みで可能?

銀行系カードローンの初めての申し込みで100万円以上の借入はできるのか?ということですが実際には可能です。ただ、その際の審査などはかなり厳しい審査になります。他のカードローンなどよりも銀行系カードローンの審査はもともと厳しいため、さらに100万円以上上限を申し込むとなると信用情報の具体的な提出を求められることになります。そのため、自分の年収などがある程度高くなければ初めての利用で100万円以上上限を申し込むのはややハードルは高くなります。

借入金額は少ないほうが有利?

では、いくらくらいならカードローンのお申し込みができるのかというのも気になるところですよね。例えば、生活費でたりなくなるのが1万円だったとしますと、逆に1万円ならいいだろうと思われるかもしれませんが、少額で不利になることもあるくらいなのです。カードローンの場合、金額によって金利が決まってくるので、金額が少ないほど金利が高くなる傾向があります。一方で、もちろん上限があり年収の3分の1までとなっています。

カードローンで少額借りるための条件と適切な借り入れ先

カードローンで少額のお金を借りるにはどのような条件が必要になるのでしょうか。一つ目は、借り入れできる額は年間で年収の3分の1と決まっています。つまり、300万円年収がある方は、100万円となります。つまり300万円借り入れるには900万円の年収が必要となります。そして各社借入れできる上限金額が決まっていますので、300万円借りれるところを探すことが大切です。闇金や街金のようなところですと、青天井のところもありますが、これは危険ですので控えましょう。