最終更新日:2019年11月09日

借金したい!すぐにお金を借りるおすすめの方法

借金の選択肢

借金をしたい時にお金を借りる相手は、親・兄弟・友人などの人か、金融機関となります。

人から借りると、利息を取られることなく、また返済期限を設けることなく気軽に借りることができることがメリットといえます。
一方で、返済を先延ばしするなどルーズな行動をとってしまうと、以後の人間関係に影響してしまいます。

金融機関はその逆で、利息を取られてしまうのでそれは大きなデメリットとなりますが、家族や友人との人間関係が崩れてしまうことはありません。

身内・両親から借りる

両親、その他の身内がお金を貸してくれるというのであれば、双方に信頼関係もあり、利息も取られることはないので最もいい解決策と言えます。

ただ、身内ということでいくらでもお金を借りることができると高を括って、お金を借り過ぎないように注意しましょう。
お金を借りることを繰り返していると、いざ本当にお金が必要となった時にお金を貸してもらえなくなってしまう可能性もあります。

また、お金を借りることを繰り返すと人間関係が崩れてしまうかもしれないので、必要最小限にしましょう。

友人・知人から借りる

友人の場合は、遊びに行った時に財布を持っていくのを忘れたなどといって気軽にお金を借りることができます。

ただ、両親、その他の身内にお金を借りる場合よりも、慎重にお金を借りなければなりません。

両親、その他の身内の場合は長年暮らしてきた情もあって、ちょっとしたことでは信頼関係は崩れませんが、特に友人の場合はお金が絡むと一瞬で信頼関係が崩れてしまうこともあります。

また、金額も身内にお金を借りる時のように大金を借りないように気を付けましょう。

金融機関から借りる

両親、その他の身内、友人からお金を借りることが難しい状況にある場合には、金融機関からお金を借りるしかないでしょう。

金融機関からお金を借りる場合は、保証人をたてたりしない場合は基本的に人間関係に影響することはないので、安心して利用することが出来ます。

ただし、金融機関からお金を借りる場合には利息が発生するので注意が必要です。

もちろん身内や友人からお金を借りる時でも、計画的に借金と、その返済を行う必要がありますが、金融機関を利用する場合には利息であっという間に借金が膨らんでしまうので、返済のシミュレーションをして、余裕をもって返済できるように返済計画をたてましょう。

Q.金融機関から借りる際の注意点

金融機関から借金をした場合には、お金を借りたという自覚をより持っていく必要があります。
きちんと自覚を持たなければ、返済にルーズになってしまいます。

もし返済が滞ってしまうことがあると、遅延損害金が発生してしまい、借金は物凄い勢いで膨らんでいってしまい、返済不能の状況に陥りかねません。

また、返済の遅延があまりにも続いたり、それを放置したりすると、信用情報機関にその情報が伝わり、それ以降他の金融機関でもお金を借りにくくなってしまいます。

消費者金融の貸し付けはスピーディー

どうしても急ぎでお金が必要な時があると思いますが、両親やその他の身内、友人は必ずお金を貸してくれるとは限りません。
友人に急ぎで金を貸してくれなんて言ってしまったら、人間関係が崩れてしまいかねません。

急いでいる場合は、消費者金融のカードローンの利用をおすすめします。

消費者金融のカードローンは、申し込みから融資までのスピードが早いことが特徴的です。
申し込みから審査が終わるまでが最短30分で、申し込みから融資までは最短1時間で完了します。

自動契約機を使って効率的に借り入れができる

カードローンの申し込みから融資までをよりスムーズに行いたいのであれば、自動契約機の利用をおすすめします。

自動契約機から申し込むと、最短1時間で融資を受けることができます。
しかも、自動契約機で契約するとその場でローンカードを受けとることができるので、すぐにATMから融資を受けることができます。

さらに、ATMもその自動契約機と一緒に備え付けられていることが多いので、融資の受け取りまでその場所で行うことができます。

最短1時間で借り入れが完了

消費者金融系のカードローンの魅力は、何といっても申し込みから融資までのスピードです。
申し込みから最短1時間で融資を受けることができます。

一方、銀行系のカードローンは申し込みから融資までを即日行うことは不可能です。
最短でも翌営業日に融資を受けることができるぐらいのレベルで、場合によっては審査に1週間程度かかってしまうこともあります。

しかも銀行系カードローンは、消費者金融系のカードローンよりも審査が厳しいので、散々待ったものの審査に落ちる可能性もあるわけです。

その点消費者金融系のカードローンは、少なくともその日中には融資を受けることができるか、できないかが決まります。

金融機関から借金をするための条件

ここまで紹介してきたように、金融機関は必要なお金を欲しいタイミングで貸してくれて非常に便利なもののようですが、誰でもお金を借りることができるというわけではありません。

ローンの申し込みをすると、申し込み先の金融機関は信用情報機関に申込者の情報を問い合わせ、過去の借り入れ、返済などのデータを収集し、その人が信頼することができる人間なのかどうかを探ります。

信頼できるかどうかを判定するために審査が行われますが、では審査はどのような基準でどのような事柄を審査するのでしょうか。

①安定収入があること

まず、金融機関からお金の融資を受ける上で、特に重要視される条件は以下の二点です。

安定しているかどうか
収入安定しているかどうか

つまり、毎月安定した収入があって、その収入から返済ができるかどうかを審査していくのです。
これらを調べる審査で落ちてしまうと、融資を受けることができません。

ちなみに正社員じゃなくアルバイトやパート、派遣社員でも、安定した収入があるのであれば金融機関からお金を借りることができます。

②他社借り入れが多くないこと

金融機関からお金を借りるための条件として、他の金融機関からの借入が多くないことが挙げられます。

信用情報機関からの情報開示で、他にどこの金融機関から借金をしているのかということは分かってしまうのですが、複数件の借入があると月々の返済すら難しいような自転車操業の状態が疑われます。

具体的には、 借入件数が1、2社でしたら特に問題ないと言われますが、3社を超えたくらいから借入の審査スタッフから厳しく見られることが多くなると言われています。

申し込んでいる金融機関以外に4件以上の借り入れがある場合には、なかなか審査を通ることが難しい状況となってくるようです。

一定の数以上の他社で借り入れを行っている場合は、自動的に否決とされることになるところもあるようです。

③金融事故情報がないこと

信用情報機関からの情報開示で、過去にクレジットカードやカードローンで金融事故を起こしたことがあるかどうか調べられます。

具体的には、クレジットカードの支払いを一定の期間以内に行われていないとか、過去にローンを組んでいた時に返済が遅延したりしていないかとかいう情報が、申込先の金融機関に伝わります。

やはり一度金融事故を起こしたことがある方は、再度金融事故を起こすことも多いので、そのような経歴があると審査上はマイナス材料となってしまいます。

金融機関から借りるならカードローン

金融機関から借金をしようと思うのであれば、カードローンの利用をおすすめします。

申し込みに保証人・担保が必要ないので、非常に利用しやすいシステムと言えるでしょう。

また、決められた金額の範囲内で借りたり、返済したり自由に利用することができるのも、一つメリットと言えます。

また、利用目的についても特定の目的にしか融資金を利用できないというわけではないので、あらゆる場面で利用しやすいと言えます。

審査がスピーディーなカードローンがおススメ

カードローンの中でも、審査の早いカードローンの利用をおすすめします。

カードローンは銀行系のカードローンと消費者金融系のカードローンとに分類することができますが、審査の早さでいえば消費者金融系のカードローンの方が早いです。

具体的には、大手消費者金融では最短30分で審査を終える段階まで終了します。

金利はやや高いように見えますが、無利息期間を有効活用することによって、金利の安い銀行よりもむしろ利息の面で得をする可能性もあるのです。

電話連絡がない業者がおススメ

電話連絡のない業者を選ぶと、周りに知られにくいままで借り入れが可能です。

この点については、銀行のカードローンは在籍確認は欠かせませんが、消費者金融のカードローンは電話による在籍確認ができずとも、それに代わる追加書類提出をすることで在籍確認が可能な場合があります。

顔写真付きの社員証や、健康保険証給料明細書をまとめて提出すると、在籍確認なしですぐにお金を借りることも可能なところもありますので、電話連絡のない業者を選ぶという方法もあります。

借入希望金額は少なくして申し込む

借入希望金額は少なくしておきましょう。

即日対応が可能な業者も、借入希望金額を最初から多くしておくと審査時間がかかるばかりか、ケースによってはすぐに借り入れができないこともあるため、注意しておきましょう。

消費者金融カードローンは法律で、借入希望金額が50万円を超える時や、他社借入額との合計が100万円を超える時には、源泉徴収票や給与明細書、所得証明書などの収入証明書類の提出が必要となりますので、希望額は少なめの方が早いでしょう。

現在、既にお金を借りている人の選択肢

すでにカードローン契約を行っていたり、住宅ローンなどで借入れがある場合は悩んでしまうものといえます。

現在お金を借りている人は、カードローンの申し込み先を銀行にするのか消費者金融にするのかによって、すぐお金を借りることができるかどうかが決まると言われています。

そこで、なぜこうしたことが決まるのかということについて、消費者金融に申し込む場合と銀行カードローンに申し込む場合、それぞれ具体的にご説明を行ってみたいと思います。

新たに消費者金融に申し込む場合

今消費者金融カードローンを利用しており、新たに2社目を申し込みするという場合は、総量規制に注意が必要です。

消費者金融で借り入れを行う時は総量規制の対象になっていますので、貸金業者が契約できる上限額は年収の3分の1までしか借り入れできません。

例えば、年収が300万年で既に100万円借り入れている時は、これ以上消費者金融業者からは借りられないようになっています。

総量規制を超えそうなら、銀行カードローン

総量規制を超えそうという場合におすすめなのが銀行カードローンです。

消費者金融カードローンを今利用しており、どうしても30万円を借り入れしたいけれども、総量規制を超えてしまいそう。
という時は銀行カードローンに申し込むことはおすすめです。

というのは、銀行カードローンは総量規制対象外となりますので、借入額が年収の3分の1を超えても何も問題はないのです。

したがって、総量規制を超えそうなら銀行カードローンに申し込みましょう。

無職でも借金はできるのか?

無職でも借金は可能なのでしょうか?

この点については、残念ながらカードローンは無職の人に貸付けを行っていないのです。

無職の場合には安定収入が見込めないので、お金を貸す側には貸し倒れリスクが大きくなってしまうのです。

貸す側も業務としてお金を貸しているため、そうしたリスクの高い方にお金を貸すほど甘くはないということなのです。

したがって、無職の場合は借り入れは難しく、他の方法を考えてみるということは必要と言えるでしょう。

総量規制が壁となる

総量規制のルールが無職の壁となります。

総量規制は、年収の3分の1を超える貸し付けを禁じています。
無職の場合には年収がないため、借入限度額の計算を行うことができないのです。

そのため、無職の人は消費者金融から借り入れができないのは、このことが最大の要因となっているのです。

しかし、配偶者が安定した収入をもつ専業主婦・主夫の方であれば、銀行カードローンなら30万円が相場の少額借り入れが可能なことがあるのです。

自治体の公的な融資制度

公的な融資制度を活用して借り入れする方法もあります。

厚生労働省が推進している自治体の総合支援貸付制度を活用することで、単身者は上限月額15万円以内の範囲で、生活再建に必要な生活費を貸し付けしてもらえる制度があります。
この融資は生活費です。

例えば、総合支援貸付は6カ月の据置期間後に最長10年までとなっています。
資金の給付ではありませんので、最終的には返済を行う必要があります。

このように、公的な融資制度も活用可能です。

総合支援貸付制度はハローワークとセット

総合支援貸付制度を利用する場合には、ハローワークの就労支援とセットで考えていくことが必要です。

総合支援貸付制度を利用している間は、ハローワークで就労活動をしなければなりません。

この総合支援貸付制度は金利がかなり低く設定され、保証人なしで1.5%です。

もしも現在の収入では少し不安という場合には、この制度を利用したほうがよいでしょう。
借入金を返済するために仕事を行うことが必要で、希望すれば誰でも利用できるという制度ではありません。

生活保護受給者の借金はNG

生活保護を受けているという場合は、借金はできません。

これは生活保護法という法律で定められているためです。

法律条文には借金はダメだということは書かれていません。
けれども、借り入れたお金も収入とみなされることがあって、その分だけ生活保護費が減額されるということもあり得ますので、生活保護を受けている場合はこの点は注意が必要です。

また、生活保護を申請し、受給者になった時に借金があると即座に債務整理になります。

なぜ借金できないのか?

借り入れを行いたいのにどうしてできないのでしょうか?

この点については様々な理由があります。
そして、信用情報に問題がある時に貸してくれる金融機関はありませんし、総量規制を超えているのに契約を行ってもらえる消費者金融業者も存在しません。

総量規制を超えてしまった契約は、法律に違反しており、正規登録業者であれば、そうした人と契約を行うことがありません。

お金を借りたいのにできないという場合、こうした理由が考えられます。

総量規制は利用者を守るためにある

総量規制は、利用者を守ることが目的で設けられています。

個人が契約可能な上限額を年収の3分の1とすることで、契約する側の業者に対して規制をかけているのです。
そのことによって、過剰貸付を防ぐことができ、個人の消費者を守ることができるということです。

このルールは個人の返済能力を見極めるための制度で、借金したいのにどうしてできないのかではなく、貸すことのできるお金に上限を定めることによって個人を守っているのです。

なぜ借金は規制されなければならないのか

なぜ借金が規制されているのでしょうか?

この点については答えはシンプルで、1カ月の収入から生活費などの必要な費用を引いてどれくらい手元に残るか考えてみましょう。

また、将来などに備えて貯蓄も必要です。

そう考えると、差引少なくとも3万円以上は安定的に残されなければ、借金地獄となるだけなのです。

残った3万円の中で2万円を貯金して、残った1万円で返済が可能な借り入れならば大丈夫かもしれないといえるでしょう。

無職がお金を借りることは道理に合わない

無職でも借金したい場合はどうなるのでしょうか?

この点については、収入がない状態でどうやって返済ができるのかを確認してみることが必要と言えます。

そう考えると、お金を借りるというのは道理が通っていないと言えます。

無職でも借り入れしたい、返済日に遅れないようにするからということであっても、収入がない以上であれば返済は明確なものとは言いきることができないでしょう。

無職であれば貸付は行わないというのが消費者金融です。

借金は、返済できることが大前提

ちょっとダークな申し込み方が裏技として存在しているという言い方がありますが、それはいかがなものなのでしょうか。

例えば、人材派遣会社で登録し、就職しているような状況を作って申し込むことも不可能とはいえませんが、その場合は在籍確認などが行われますので難しくなっているようです。

こうした方法で借り入れした時も、そのうち返済が滞ってしまうのは目に見えているでしょう。

きちんと返済できる状況にあって申し込むのが前提ということです。

金融ブラックの人が借金生活から抜け出すためには

借金をしている信用情報がブラックな方が借金生活から抜け出すためには、3つのステップを踏む必要があります。

①まず、自分が本当にブラックであるかを確認する
②本当にブラックであった場合は、公的機関の相談窓口を利用して相談する
弁護士などの借金問題の専門家に、借金生活から抜け出すためのアドバイスや解決策をもらう

弁護士などの専門家に相談すれば、債務整理などをサポートしてもらって借金生活から抜け出すことができるかもしれません。 

自分の信用情報を確認する

借金をしているブラックとは、つまり、信用情報に傷が付いている状態のことを言います。

自分ではブラックと思っていても、信用情報にはまだ傷が付いていない可能性があります。

そこで、まずは自分がブラックなのかを確認してみましょう。

シー・アイ・シー(CIC)、日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という、日本にある個人信用情報機関すべてに信用情報の開示請求を行えば、自分の信用情報を確認することができます。 

信用情報がブラックでなければ、借金もできる

自分の信用情報の開示請求を行った結果、信用情報に傷がなかった、ブラックでなかったと確認することができればお金を借りることができます。

開示報告書に「異動」という文字がなければ、ブラックではありません。

ブラックでなければ、消費者金融などのキャッシング審査に通過できる可能性があります。

公的機関の相談窓口

多くの公的機関では、ブラックな方が借金生活から抜け出すための相談窓口が用意されています。

財務局、消費生活センター、日本司法支援センター(法テラス)、弁護士会、司法書士会、日本貸金業協会、財団法人日本クレジットカウンセリング協会、全国銀行協会などの相談窓口があります。

弁護士司法書士に相談するのが早いですが、人によっては相談料がかかってしまいます。

そのほかの相談窓口は無料で相談することができ、直接弁護士などの専門家に相談しなくて済みます。 

財務局

財務局の相談窓口は各都道府県・市区町村にあるので、どなたでもすぐに相談することができます。

相談窓口には借金問題の専門家がいて、多重債務などに対する解決策や、借金生活から抜け出すためのアドバイスをくれます。

財務局の相談窓口なら最初に対応するのは相談員で、必要があれば弁護士や司法書士などに相談を引き継ぎます。

公的機関であるため無料で相談することができ、いきなり弁護士や司法書士と話す必要はないので心の準備ができます。 

消費生活センター

地方公共団体が運営している消費生活センターの相談窓口は、各都道府県・市区町村にあります。

借金問題を抱える方の悩みに、専門家がアドバイスや解決策を示してくれます。
相談は無料で、必要があると判断すれば弁護士や司法書士を紹介してくれます。

消費生活センターの相談窓口で相談できるのは平日の9時から17時までで、土日は対応していないので注意が必要です。

消費生活センターがどこにあるか分からない場合は、消費者ホットライン(188)で聞くことができます。 

日本司法支援センター(法テラス)

日本司法支援センター(法テラス)の相談窓口では、一般の方でも手軽に法律相談をすることができます。

借金問題にも対応していて、法律の観点からアドバイスをしてくれます。
無料のコールセンターがあるので、近くに法テラスがないという方でも電話で相談可能です。

ただし無料で相談できるのは3回までで、弁護士に依頼する場合でも自分で弁護士を選ぶことができないので注意が必要です。

財務局や消費者生活センターの相談窓口で、法テラスを紹介されることも多いです。 

弁護士会

弁護士会の相談窓口は各都道府県・市区町村にあります。

弁護士会の相談窓口なら最初から弁護士に直接相談することができるので、他の相談窓口に相談して結局弁護士を紹介されるよりは、途中の工程を省いて手間をかけずに済みます。

相談する弁護士会によっては2回目以降の相談には相談料がかかるなど、費用面での負担があります。
そのため、なるべく費用をかけたくないという方は、まずは法テラスの相談窓口を利用した方が良いでしょう。 

司法書士会

司法書士会の相談窓口は各都道府県・市区町村にあります。

法律の専門家である司法書士に直接相談することができ、借金問題解決のためのアドバイスをもらえます。

ただし、過払い金請求などの債務整理を希望されている方は、個別の債権額が140万円以下の場合しか司法書士は扱うことができません。

個別の債権額が140万円を超える場合は、弁護士しか扱うことができません。

また、申し立てから裁判まですべてができるのも弁護士だけです。 

日本貸金業協会

日本貸金業協会は、多重債務者や借金返済に苦しむ方のために相談窓口を用意しています。

相談者の債務状況や返済能力に応じて、適切なアドバイスをしてくれます。
さらに、借金返済後の生活再建をサポートするカウンセリングも受けることができます。

日本貸金業協会の相談窓口は、無料で利用することができます。
窓口の利用を希望される方はナビダイヤル(0570-051-051・03-5739-3861)に電話をして問い合わせることができます。 

財団法人日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)

財団法人日本クレジットカウンセリング協会(JCCO)の相談窓口では、借金問題の専門家が対応しています。

窓口は無料で利用することができ、借金問題解決のためのアドバイスに加えて、債務者が借金を完済することができた事例を具体的に説明してくれるので参考にできます。

任意整理をする場合でも無料で行ってくれて、その後の家計に関するカウンセリングも受けられます。

日本クレジットカウンセリング協会の窓口を利用したい方には、多重債務ほっとライン(0570-031640)が用意されています。 

全国銀行協会(JBA)

全国銀行協会(JBA)の相談窓口では、住宅ローンやカードローンによる借金を抱えた方の相談に専門家が対応してくれます。

相談は無料で、電話や面談によるカウンセリングサービスも無料で受けることができます。
希望すれば銀行窓口や法テラスも紹介してくれます。

ただし、銀行が扱っている住宅ローンやカードローンなどの分野以外の借金に悩んでいる方は、他の相談窓口を紹介されることが多いので、消費者金融などから借金をしている方は最初からほかの相談窓口を利用した方が良いです。 

借金の時効を待つのは危険

借金問題を何とかして解決しなくても、借金の時効を待てば良いのでは、と安易に考える方もいますが、借金の時効が成立するには5年から10年という長い年月が必要になります。

そのため、時効を待つよりも早めに自己破産や個人再生などの債務整理を行って借金問題を解決した方が、生活再建も早くできます。

また、債権者も黙って時効になるのを見過ごすことはなく、請求や債務の承認、差し押さえなどを行って時効になるのを阻止します。

借金に苦しむブラックの方は借金の時効を期待するのではなく、公的機関の相談窓口を利用して借金問題を解決するのがおすすめです。

借金以外で、今すぐお金を作る方法

借りる以外の方法でも、今すぐお金が作れる方法があります。

お金がないからすぐに借り入れという考え方も一理あると言えますが、借りた以上は返済する必要があります。
しかも利息分も増えます。

次の月以降必ず安定収入が入るという確証がない限りは、借り入れよりお金を生み出す方法を考えるほうが先です。

例えば、日払いバイトや不用品売却、車や部屋のレンタルや車やバイクの売却、せどりで収入を得るという方法なら、借り入れせずともお金を得られます。

日払いバイト

日払いバイトはおすすめです。

日雇いバイトでは、いろいろある職種の中でも給料がいつ入るかという点は優先度が高いと言われます。
急を要する状況で現金が必要なら、翌月払いまで待てないでしょう。

したがって、日払い可能なバイト先を探すことが優先です。

日払いバイトとしては、イベント設営や警備、製造スタッフなどの仕事などが該当すると言えます。
まずは、自身もできそうな職種や時間帯が合う仕事を探すことをおすすめします。

不用品を売る

不用品の売却という方法も、お金を得る方法としておすすめです。

自宅にある不用品は思い切って売却します。
リサイクルセンターよりもフリマアプリを用いて売却したほうが、高額取引ができると言われています。

しかし、時間はかかるでしょう。
というのは出品後すぐに落札されるとも言えませんし、郵送で送るため時間が掛かりますし、その手続きなども必要です。

即日現金というのであれば、リサイクルショップで売却した方が早く現金を得られるでしょう。

車・部屋をレンタルする

車や部屋のレンタルという方法も、現金を得る方法として挙げられます。

自家用車や使っていない部屋があったり、1日くらいなら自分は友人宅に行ってもいいなどの場合には、車や部屋をレンタルするという方法もあるのです。

部屋のレンタルなら、どこに部屋があるのかという立地などにもよると言えますが、1カ月で10万円近くの現金を得る方もあると言われていますので、一日限定などの形で車や部屋のレンタルの募集をしてみるのも方法と言えます。

車・バイクを売却する

車やバイクを売るという方法もあります。

所有しているものの、もうほとんど使わないということであれば、これらも売却リスト入りさせておくという方法があります。
これらを毎日使用していて、なければ何もできないという場合なら別ですが、公共交通機関が充実しているエリアなら問題ないでしょう。

状態によって価格も違ってくると言えますが、車やバイクなら10万円単位で売却可能とも言われていますので、検討してみるのも一つです。

せどりで稼ぐ

せどりとは、中古の本やCD、DVDを格安購入しておいて、高く転売する方法になります。

転売する時は購入価格よりも高い価格をつけていますので、その差額が利益になります。

自宅近くに古本屋さんがあれば、簡単に行える人気副業の1つと言われていますので、こうした方法を行ってみると現金を得るチャンスを持てます。

ただ、仕入れたものを全部高額で売れる保証はないです。
せどりを行う時にはしっかり市場調査を行っておきましょう。

お金を作る長期的な方法

長期的なスタンスでお金を作る方法もあります。

長期的に副業してお金を得たいというならば、もっと長期的なスタンスでお金を得られる方法を探しましょう。

例えば、クラウドソーシングで副業したり、治験モニターを行ったり、ハンドメイドのものを作って販売するという方法があります。

そこで、これらの代表的な方法が具体的にどのような内容なのかや、始めるにはどのようにすればよいのかと言った点について、ご紹介してみましょう。

クラウドソーシングで副業

クラウドソーシングで副業を行う方法については、パソコンやスマホの操作は苦痛でないといった方などにおすすめで、クラウドソーシングでお小遣い稼ぎを行うという方法です。

クラウドシーシングは専門的な知識やスキルなどが必要になるのでは…と心配になる方もいるかもしれませんが、そうした知識やスキルなくても行うことができる作業は存在します。

例えば、スマホを用いて回答できるアンケート調査などが代表的な例でもあります。

治験モニター

治験モニターは、製薬会社が新薬を開発するために行う臨床検査などでモニターとして参加するものです。

治験モニターは健康なことが条件とされますが、1日平均して2~3万円ほど謝礼としてもらえると言われています。
数日にわたる治験であれば、10万円をこえることも珍しくないと言われます。

治験モニターは毎日行われているバイトではないのですが、地域によっては毎週開催されることもあります。

そのため、こうした活動に参加すると副収入に繋がります。

ハンドメイドのグッズを売る

ハンドメイドのものを販売するという方法もあります。

アクセサリーや洋服を趣味としてよく作るという人なら、ハンドメイドの商品を販売してお金を得るという方法もあります。
フリマアプリなどから始め、固定客が見つかればだんだんと収入が安定してくるでしょう。

時間があれば、週末開催のフリマで販売したり、商品を販売してもらうなどの方法でお金を得るという方法もあります。

このような方法であれば、長期的な活動として続けやすいでしょう。

公的な支援制度を利用してお金を作る

国や地方公共団体の提供している制度を利用してみるという方法もあります。

これまでご紹介した副業方法をすでに行ったけれどもまだ現金が足りないという場合であれば、根本的に見直しを行い、国や地方公共団体の制度を利用することも検討してみましょう。

そこで、国や地方公共団体の制度を利用してお金を作るという用法について、シーン別にどのような制度が利用できるのかということや、条件はあるのかどうかと言った点について見てみましょう。

求職者支援制度

国や地方公共団体の提供している制度に、求職者支援制度があります。
この制度は、現金が必要な原因が、無職の状態だからという時にぜひ活用したい制度です。

求職者支援制度は求職中の方を対象とした制度ですが、具体的な対象者として挙げられるのが、雇用保険資格がない方や失業保険の受給期間が終了した求職者の方です。

いずれかに該当していることがこの制度を利用する際に必要で、求職者支援訓練の受講、つまり職業訓練校の通学資格を得られます。

国の教育ローン

国の教育ローンを利用する方法もあります。
お子さんが大学生でお金が足りないという場合は、国の教育ローンの利用を検討してみましょう。

もちろん民間金融機関も教育ローンを提供していますが、国の制度は申込条件に該当しなかったり審査に通過しにくいシングルのご家庭などに重宝され、借入金額は350万円まで、金利は固定金利が1.71%、返済期間は最長15年、奨学金との併用も可能と言った特徴などがありますので、おすすめです。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、経済的に困っている低所得世帯や高齢者や障がい者、失業保険世帯などに貸し付けを行う制度になります。

ただし、無償でお金がもらえるということではなく、貸付を受けることができるということが注意点です。

収入がなかったり、返済できるくらいの収入がない場合は、どの金融機関に申込みをしても審査に通過するのは困難ですが、この制度はそうした世帯を対象として、居住地域の社会福祉協議会が貸付を行っているのです。

年金担保貸付融資制度

65歳以上の方の場合、金融機関に申込みをしても年齢が理由とされて審査に通過しないことがあります。
年齢ということにプラスして、年金のみの収入であれば、どうしても借り入れが難しいという現状があります。

そんな場合に年金担保貸付融資制度を利用すると、国民年金や厚生年金を受給している人なら年金を担保として借り入れを行うことができるのです。

この制度は特別な制度で、年金を担保として貸付を受けられる唯一の制度です。

借金の返済が厳しくなったらどう対処すればいいのか?

借り入れをしたけれども、借金返済が難しくなったらどうしたらよいのでしょうか?

どうしてもすぐにお金を借りたいと言っても、審査に通過しなければ借り入れはできません。
それほどお金に困っているなら、返済も厳しくなるでしょう。

返済に遅れると遅延損害金といわれる別の支払いも発生しますし、そうなるなら債務整理をしてしまうという方法も選択肢として残されています。

そこで、債務整理にはどんな種類があるのか確認しましょう。

過払い金がないか確認する

もしも、現在の借入れ先に過払い金があれば、その金額と残債を相殺することによって借りたお金を減額させるか完済できるかもしれません。

過払い金の請求は自身で請求しなければ、自動的に戻りません。

計算してみなければ本当に発生するのかは分かりませんので、まずは借入先に取引履歴の開示請求を行いましょう。

金利18.0%で引き直し計算を行い、過払い金があるかどうかを確認することができます。
完済後も10年以内なら請求可能です。

任意整理

任意整理という方法は債務整理の一つで、法律の専門家が債権者と借金の減額や将来的な利息のカットなどの交渉を行ってもらえる方法です。

合意するまで、3~6カ月ほど時間がかかりますが、その間借金返済を行う必要はありませんので、それだけ負担が軽減されて気持ちも楽になることができるでしょう。

この方法を行うと、これまで返済に追われて精神的に擦り切れてしまっていた状態で受けていた苦痛が軽くなります。

個人再生

個人再生は、持ち家や車など、自己所有の財産がある場合に利用することが可能で、借金の総額が5分の1まで圧縮されて、返済金額負担が軽くなっていきます。

しかし、この方法は毎月継続した安定収入があることが条件となりますので、こうした方法を検討している場合は、個人再生が可能であるかどうかについて専門家に相談することがおすすめです。

借り入れの負担を軽減させて、返済を促すという点で個人再生を選ぶ人もいます。

自己破産

自己破産は、これといった財産がないときに良く用いられる方法で、この方法を用いると借金を全額なくすことができ、返済を行う義務を負わなくてもいいようになります。

この方法には借金返済をなしにできるというメリットがあるのですが、同時に、財産がある場合は没収されて財産を失うことになります。

したがって、家も車も所有していないと言った場合には、手放すものもないということから自己破産を推奨されるでしょう。

債務整理は専門家に相談するべき?

債務整理は専門家に相談するほうが良いのでしょうか?

この点については、法律の専門家に依頼した時点で、借金の督促もやみますし、借り入れを行ったことによる返済などについてはまずは一区切りさせることができると言われています。

借金の返済もストップさせることができることから、専門家に相談する人もいます。

気になる専門家へ支払う費用については、昨今では分割払いで支払えるようになっており、債務整理を個人で行うことは非常に大変で、できる限り専門家に相談することが推奨されます。

裁判所で個人が債務整理する

裁判所で個人が債務整理するという方法があります。
これは、個人が裁判所に申し立てて債務整理を行う方法です。

特定調停や自己破産は、深い法律知識がない場合も個人で努力すれば可能です。
また、費用も法律の専門家に依頼するより格安で行えます。

特定調停であれば、債権者1件で1,000円くらい、自己破産は総額で1万数千円で可能です。

借金返済をストップさせる効果もあり、やってみようという人はぜひチャレンジをしてみてください。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)