最終更新日:2019年07月16日

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査の流れと申込条件|コースによって難易度が違う?

低金利なネットバンクのカードローンを検討している方も多いと思いますが、そんな方におすすめなのが住信SBIネット銀行のカードローン「Mr.カードローン」です。

銀行カードローンは消費者金融よりも低金利といわれていますが、中でもMr.カードローンのプレミアムコースの金利の低さはトップクラスだといって良いでしょう。

ただし、金利の低いカードローンというのは審査も厳しくなるので注意してください。

いくら条件の良いカードローンであっても、審査に通過できなければ意味がありません。

この記事では住信SBIネット銀行のカードローン「Mr.カードローン」の審査について詳しく説明していきます。

Mr.カードローンの審査通過のための最低条件、コースによって審査の難易度は異なるのかについてもふれているので、申し込みを検討している方はぜひ参考にしてください

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の申込条件

最初に住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の申込条件を確認してください。

カードローンの審査基準というのは社外に対して公開していません。

そのため、申し込みの前に審査に通るかは分かりませんし、審査に落ちてしまってもその理由を教えてもらうこともできないのです。

ただ、申込条件というものは公開されています。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」も申込条件は公開されているので、まずは最低限の条件を満たしているか確認していきましょう。

これらは最低限の条件なので1つでもクリアしていないものがあれば、申し込みをしても審査に通過することはありません。

【住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の申込条件】

・申し込み時の年齢が満20歳以上、65歳以下であること

・安定継続した収入があること

・保証会社の保証が受けられること

・住信SBIネット銀行口座を持っている

・外国籍の方の場合は永住者であることが必須

申し込み時の年齢が満20歳以上、65歳以下であること

カードローンで融資を受けるためには年齢の条件を満たさないといけません。住信SBIネット銀行の「Mr.カードローン」の場合、満20歳以上、65歳以下とされています。この年齢の範囲内でないと申し込みをしても審査には通過できないのです。ときおり、年齢が範囲内であっても年齢が最低年齢に近い、または最高年齢に近いと審査で不利になるといわれることがありますが、年齢が直接的に審査結果に影響するということはないでしょう。ですが、20歳になったばかりだと仕事について間もない、65歳に近いと定年退職している、定年退職が近いということがあって審査に通りにくいということはあります。

年齢についてはあまり神経質になる必要はないので、満20歳以上、65歳以下の範囲かだけを確認してください。

安定継続した収入があること

銀行カードローンの中には配偶者に安定収入があれば、自身に収入がなくても契約できるものもあります。

しかし、住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」では申込者本人に安定収入がないと審査通過できません。

そのため、無職の方、専業主婦の方は申し込みをしても審査に通過できないのです。

住信SBIネット銀行では、在籍確認や収入証明書で収入の有無や金額を確認しているので、申し込みの際には正確な金額を申告するようにしてください。

ただ、収入があれば正社員である必要はなく、アルバイト・パート勤務の方、自営業の方、契約社員、派遣社員の方も融資の対象になります。

2ヶ月以上、連続して収入があり今後も同じように収入を得る予定であれば問題はないでしょう。

保証会社の保証が受けられること

銀行カードローンには保証会社がついており、申込情報をもとに保証審査が行われます。

これは消費者金融のカードローンでは事前審査にあたる部分で、保証を受けられないことには本審査に進むことができず、融資は受けられません。ただ保証会社の有無に関係なく審査で見られるポイントは一緒です。

申込情報と信用情報をもとに審査結果が出されます。

詳しい審査基準は非公開ですが、年収や勤続年数、雇用形態などは審査で重要になるでしょう。

一方、信用情報に関しては延滞や債務整理などの記録がなければ問題ありません。

一般的にブラックリストに載っているといわれるような状態でなければ、信用情報が原因で審査に落とされるケースは少ないです。

住信SBIネット銀行口座を持っている

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」は自社の銀行口座がないと申し込みができません。

そのため、住信SBIネット銀行口座を持っていない方は、カードローンの申し込みと一緒に口座開設の手続きも必要です。

手続きさえ行えば口座は開設できますが、口座の開設とカードローンを同時申し込みする場合には借り入れまでに時間がかかります。

口座を持っている場合と比較して、1週間程度は時間がかかると思っておきましょう。

外国籍の方の場合は永住者であることが必須

日本国籍の方には無関係ですが、外国人の場合には永住者でないと申し込みができません。

契約時には永住許可を受けていることが分かるような書類も必要になるので、住信SBIネット銀行の指示にしたがってください。

提出書類はケースバイケースですが、特別永住者証明書や在留カードが必要になります。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査の特徴

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の申込条件をすべて満たしていると確認したら、実際に申し込みに進んでいきますが、その前に知っておいてほしいことが5つあります。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査は他の銀行カードローンにはあまりない特徴があるので、しっかりと審査について理解してから申し込みをしてください。

【住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査の特徴】
・審査によってスタンダードとプレミアムのコースが決定
・Mr.カードローンの仮審査は最短60分で完了
・住信SBIネット銀行では「かんたん診断」が可能
・住信SBIネット銀行では土日の審査を受け付けていない
・Mr.カードローンの保証会社は2社

審査によってスタンダードとプレミアムのコースが決定

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」にはコースが2つありますが、申込者自身でコースを選択することはできません。住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」のコースは以下の2つです。

【住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」のコース】
・スタンダードコース
・プレミアムコース

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」に魅力を感じている人の中には、プレミアムコースの金利が理由という方も多いと思います。

しかし、プレミアムコースを希望していても審査の結果、スタンダードコースでの契約になるという可能性は十分にあるのです。

コースごとの審査基準については、後ほど詳しく説明するのでそちらを参照してください。

Mr.カードローンの仮審査は最短60分で完了

「銀行カードローン=審査が遅い」というイメージかもしれませんが、住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の仮審査は最短60分で完了します。

銀行カードローンの中ではかなりスピーディに審査結果が出る方だといって良いでしょう。

ただし、住信SBIネット銀行に限らず、どの銀行カードローンであっても即日融資は受けられません。

銀行カードローンは警察庁データベースで反社会的な組織と関連がないかを調査するのですが、照会結果が出るまでには1営業日以上がかかります。

そのため、仮審査の結果までは最短当日中に分かるものの、その後の本審査結果の通知までは最短翌日中になるのです。

審査の流れについては後述していますが、本審査では在籍確認や提出書類の確認を行なっていきます。

申込内容や信用情報の審査は仮審査で完了しているため、本審査で否決されるということは稀です。

仮審査の通知までに数日かかってしまうようだと、もしも審査に落ちてしまった場合に、そこから新しい申込先を探さなければならず、融資を受けるまでにかなりの時間がかかってしまいます。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」は即日融資に対応していませんが、仮審査まではスピーディなので、そんな心配は無用です。

住信SBIネット銀行では「かんたん診断」が可能

銀行カードローンの審査は消費者金融よりも厳しいといわれています。

そのため、プレミアムコースはおろか、スタンダードコースでの契約もできないという人も一定数いるのです。

ただ、住信SBIネット銀行は銀行カードローンには珍しくお試し審査ができます。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」ではかんたん診断という名称で、以下の5項目を入力するだけで借り入れできるかをすぐに診断可能です。

【住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」のかんたん診断の入力項目】
・生年月
・借入希望金額
・クレジットカードキャッシングの利用有無
・他社カードローンの利用有無
・前年度年収

※ キャッシング、カードローンの利用がある場合には借入残高の入力も必要です。

銀行よりは審査に通りやすいといわれる大手消費者金融でも審査通過率は50%を少し下回るくらいです。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査はより厳しいことが予想されるので、かんたん診断をしてから申し込みをするようにしてください。

住信SBIネット銀行では土日の審査を受け付けていない

住信SBIネット銀行の仮審査はスピーディだとお話ししましたが、注意したいのが土日の申し込みです。

消費者金融では土日・祝日も平日と同じように審査の受け付けをしている一方で、銀行では平日しか受け付けをしていません。

そのため、金曜日の夜〜日曜日に行なった申し込みは、審査の開始が翌月曜日になります。

申し込み自体は24時間インターネットから行えますが、審査の受付時間外では仮審査の結果が出るまで数日かかると考えましょう。

土日の即日融資を希望する人は、銀行カードローンではなく、消費者金融に申し込みをしてください。

消費者金融の金利が気になるという方は、後から住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」で借り換えても良いと思います。

Mr.カードローンの保証会社は2社

前述の通り銀行カードローンには保証会社がついており、申込内容や信用情報をもとにした審査は保証会社が行なっていきます。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の場合、以下の2社が保証会社です。
・SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
・住信SBIネット銀カード株式会社
1社目の保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の名前を聞いたことがない方も多いと思いますが、「プロミス」といえば分かるでしょう。大手消費者金融の1社であるプロミスを展開する企業が保証会社を務めています。

そして、もう1社が住信SBIネット銀カード株式会社で、名前からも分かるように住信SBIネット銀行株式会社の子会社です。

これらの2社のうちどちらか1社の保証が受けられれば、仮審査には通過できます。

そのため、保証会社が1社だけの銀行カードローンよりも審査に通過できる確率は上がります。

ただし、申し込み後の保証審査については、2社に対して依頼することもあれば、どちらか1社にしか依頼しないこともあるので覚えておきましょう。

また、いずれかの会社のカードローンやクレジットカードで延滞などの返済トラブルがあると、住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査結果に影響が出ることも考えられます。

加えて、一般的には消費者金融よりも銀行の審査の方が厳しいといわれているため、プロミスの審査で否決されている人は住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査も厳しいかもしれません。

申し込みをしてみないと結果は分かりませんが、以上のことも頭に入れておいてください。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」のプレミアムコースの審査難易度は高い?

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の特徴の1つは、通常よりも良い条件で借り入れができるプレミアムコースです。

どちらのコースが適用されるかは審査の結果次第ですが、プレミアムコースで契約ができればかなり低い金利で借り入れできます。

一度契約をしてしまうとスタンダードからプレミアムへという変更はできず解約した後、再申し込みする必要があります。

それでも、またスタンダードコースが適用される可能性も、審査に落ちる可能性もあるので注意が必要です。

もちろん、低金利なプレミアムコースの方が審査基準は高いですが、そのことはそれぞれの利用限度額ごとの適用金利を見ても分かります。

プレミアムコースとスタンダードコースの金利比較

利用限度額 プレミアムコース スタンダードコース
10万円〜100万円 年7.99% 年14.79%
100万円超〜200万円 年6.39%〜年6.99% 年11.99%
200万円超〜300万円 年5.29%〜年5.99% 年8.99%
300万円超〜500万円 年4.99% -
500万円超〜700万円 年3.99% -
700万円超〜900万円 年2.99% -
900万円超〜1,000万円 年2.49% -
1,000万円超〜1,100万円 年2.39% -
1,100万円超 年1.59% -

※ 1,000万円を超える利用限度額で契約するためには、SBI証券口座保有登録、または住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある必要があります。

スタンダードコースの利用限度額は最大300万円までですが、プレミアムコースと比較すると金利は高めです。

カードローンは利用限度額が大きくなると、反対に金利は下がる傾向にあります。

しかし、住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」のプレミアムコースの場合、100万円以下での契約であっても適用金利は年7.99%です。

スタンダードコースの年14.79%も消費者金融よりは低金利ですが、やはりプレミアムコースと比べると高めの金利だといえます。

低金利なカードローンほど審査基準は厳しくなるため、同じカードローンであっても、スタンダードコースよりもプレミアムコースの方が審査通過のハードルは高いといって良いでしょう。

高収入じゃないと利用限度額300万円超での契約は難しい?

カードローンの契約には収入の「安定性」が重要だといわれますが、まとまった金額での借り入れにはある程度の年収も必要です。

住信SBIネット銀行は、銀行であり貸金業者ではないため、貸金業法における総量規制の対象にはなりません。

そのため、法律上は年収の3分の1を超えた金額の融資も可能ではあります。

しかし、最近では銀行も総量規制に準じる形で、年収の3分の1を超えないように利用限度額を決めているといわれています。

つまり、住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」で利用限度額300万円超の契約をするためには、年収900万円程度が求められると思ってください。住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」で300万円超の契約をするためにはプレミアムコースである必要があります。

収入が安定していることに加えて、それなりの年収が求められるので、銀行だから高額な融資を受けやすいとは考えない方が良いでしょう。

1,000万円を超える限度額での契約には追加の条件あり

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の利用限度額は最大1,200万円ですが、1,000万円を超えるためには追加の条件があります。

【1,000万円超で契約するための条件】
・SBI証券口座保有登録
・住信SBIネット銀行の住宅ローン残高がある

以上の条件のうち、どちらか1つを満たしていないと1,000万円を超える額の契約はできません。

ただし、住宅ローンの中でも、『フラット35(買取型)』、『ミスターパッケージローン』の2つは対象外となります。

そもそも1,000万円を超える利用限度額で契約すること自体かなり難易度が高いですが、高額融資を希望している方は以上の条件を頭に入れておきましょう。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査の流れ

次に住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査の流れについて見ていきましょう。前述の通り即日融資には対応していませんが、③仮審査の結果連絡までは最短60分ほどです。

【住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の審査の流れ】
①申し込み
②仮審査の開始
③仮審査結果の連絡
④必要書類の提出
⑤本審査の開始
⑥契約手続き
⑦借り入れ

住信SBIネット銀行口座がない場合には「口座開設と同時申込」

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」では、口座をすでに持っている人は会員情報でログインしてから申込手続きを進めていきます。一方、口座がない人は「口座開設と同時申込」、「口座開設してお申込み」というボタンがあるので、そこから申し込みをしましょう。

どちらの場合でも審査内容や審査基準は変わりませんが、口座の開設もする場合には融資までに時間がかかるので注意が必要です。

仮審査では保証会社から連絡が入ることもある

申し込みを完了させると、保証会社による仮審査が開始されます。

基本的には、申込内容と信用情報の内容をコンピューターが評価する自動スコアリング審査なので、スピーディに仮審査の結果を連絡することが可能です。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の場合、この連絡までは最短60分となっています。

消費者金融では最短30分審査のカードローンが多いですが、住信SBIネット銀行も十分にスピーディだといえるでしょう。

この仮審査の段階ではコンピューターによる審査ですが、場合によっては審査をする保証会社の担当者から電話連絡が入ることがあります。

仮審査の結果はメールで通知

仮審査の結果は、合否に関係なくメール、およびメッセージボックスで連絡が入ります。

ここまで最短60分ほどですが、申込内容や時間帯によってはそれ以上の時間がかかることもあるので注意してください。

仮審査に通過した場合、利用限度額と適用金利も通知されるので確認しましょう。

その後、本審査が開始されますが、その前に必要書類を提出する必要があります。

本人確認書類と収入証明書を14日以内に提出する

仮審査の結果通知があってから14日以内に求められた書類を提出する必要があります。

本人確認書類は必ず提出しないといけませんが、収入証明書に関しては希望する借入希望金額が50万円を超える場合に必要です。

その場合には以下の書類の準備もしましょう。

【収入証明書】
・源泉徴収票
・確定申告書
・市区町村が発行する所得証明書(住民税課税決定通知書)
などなど

給与明細書も収入証明書として利用することができますが、勤続年数が1年未満で上記のいずれの書類も取得できない場合に限られます。その他、住信SBIネット銀行が指定した書類であれば収入証明書として利用可能なので、準備が難しい方や疑問点がある方は事前に相談をしておくと良いでしょう。

14日以内に収入証明書が提出されないと、本来とは異なる方法で本審査が開始されるため、利用限度額の引き下げなども考えられます。50万円超の融資を希望するなら、前もって収入証明書の準備もしておくことをおすすめします。

住信SBIネット銀行に書類を提出する方法については後述しているので、そちらも参照してください。

本審査では在籍確認が行われる

仮審査に通過して本審査が行われる場合には、審査担当者から勤務先や個人の携帯電話に連絡が入ります。住信SBIネット銀行の在籍確認は電話番号を通知した上で、審査担当者の個人名での連絡です。

申込者本人以外には用件を伝えませんが、電話番号は通知されるため、あとで調べればどこからの電話だったかは分かります。

消費者金融とは異なり、銀行では様々な商品を扱っているので、住信SBIネット銀行から電話があってもローンとは限りません。

また、個人名よりも銀行名が良いという場合には、事前に伝えておけば「住信SBIネット銀行」で在籍確認をしてくれます。

本人が職場に不在でも在籍確認はできますが、直接自分が電話を受けた場合、取り次ぎが行われた場合には本人確認のために氏名、生年月日が尋ねられることがあります。

在籍確認自体はすぐに完了しますが、同僚の近くで電話を受けたくないという方は、自身が休みの日や、席を外している時間帯に在籍確認ができないかを相談しても良いでしょう。

在籍確認ができないと申し込みがキャンセル扱いになり、審査通過できません。

必ず申し込みをする前に連絡先に間違いがないかをチェックしてください。

本審査の結果を受け取れば契約手続きも完了

本審査にも無事に通過できれば、契約手続き完了です。

本審査もメールとメッセージボックスに結果の連絡が入るので、その連絡がきた時点で借り入れができるようになります。

ただし、住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」では借入専用カードの発行はされません。

そのため、提携ATMで借り入れをするためには、キャッシュカードが必要です。

すでに住信SBIネット銀行口座を持っている方なら、お手持ちのキャッシュカードですぐに融資を受けることができます。

また、住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」は振込融資にも対応しているため、口座に指定の金額を入金してもらうことも可能です。

住信SBIネット銀行のアプリからも振り込みの手続きができるので、カードローンを利用するならアプリもダウンロードしておくと良いでしょう。

ATMでの借り入れはキャッシュカード到着後に可能

住信SBIネット銀行の口座開設をカードローンと同時申込した場合、ATMでの借り入れはキャッシュカードが届いてからになります。

キャッシュカードは「本人限定受取郵便」で送付されるため、カードの受け取り時に顔写真付きの身分証が必要です。

本人以外が受け取ることはできないため、郵送物で家族にバレるリスクもありませんが、代理で受け取ってもらうということもできません。

キャッシュカードを受け取るための通知書が先に届くので、希望の配達日時を連絡しましょう。

もしくは、一部の店舗(郵便局)では窓口で本人限定受取郵便の受け取りも可能です。

だいたい仮審査に通過してからキャッシュカードが届くまでは10日程度要するため、ATMでの借り入れはその後になります。

申し込み〜仮審査までの期間も含めて、2週間程度は借り入れまでにかかるケースがあるので注意してください。

最短即日融資も可能な消費者金融と比べると、借り入れができるまでに時間がかかります。

次のケースに該当する場合、本人限定受取郵便の受け取りができないため、口座開設の申し込みはキャンセルになります。
・本人確認書類の提示ができない場合
・本人確認書類に記載されている住所と届け先が一致しない場合

などなど

住信SBIネット銀行の審査に必要な書類を送る方法

最後に住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の必要書類を送付する方法について説明します。必要書類の提出ができないと契約ができませんので、あらかじめ提出方法も確認しておきましょう。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」では、インターネットを利用して本人確認書類や収入証明書を提出します。

スマホであれば、必要書類の撮影から提出まですべてできるのでおすすめです。スマホからは以下の手順で必要書類の提出ができます。

【必要書類の提出方法】
①スマホで必要書類を撮影する
②専用URLから提出用サイトにアクセスする
③ローンタイプを入力する
④指定の書類をアップロードする

①スマホで必要書類を撮影する

提出が必要な書類をスマホで撮影してデータ化します。

アップロードできるデータはJPEG、PDFなので、スマホで撮影した画像であれば問題ありません。

書類の文字が読めないと再提出が必要なので、撮影した後に不鮮明な箇所やピントがあっているかを確認してください。

②専用URLから提出用サイトにアクセスする

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」に申し込みをした後、銀行側から「審査用書類ご提出のご案内」というメールが届きます。

そのメールの中に書類アップロード用サイトのURLが記載されているので、そのリンクからアクセスしてください。

パソコンからアクセスする場合には、スマホなどで撮影したデータを事前にパソコンにコピーしておく必要があります。

③ローンタイプを入力する

書類アップロード用サイトにアクセスしたら、審査情報を入力する画面が表示されます。

そこで、ローンタイプを選択できるので、「カードローン」にチェックを入れて次の画面へ進んでください。

④指定の書類をアップロードする

最後に①で撮影した書類のデータを選択します。

提出が必要な画像データをすべて添付したら「アップロード」ボタンを押し、送信内容に間違いがないかを確かめて「確定」ボタンを押せば提出完了です。

提出忘れなどで追加の書類がある場合には、同じURLから翌営業日の午後12:00までに再度、提出をしてください。

【まとめ】住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の仮審査は最短60分!コースは審査で決まるので注意

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の仮審査までは最短60分で完了します。

ただし、銀行カードローンなので即日融資には対応しておらず、本審査の結果が分かるのは最短でも翌営業日です。

住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」は自社の口座が必要なので口座開設に時間がかかるという可能性はあるものの、比較的、審査スピードが速い銀行カードローンだといえるでしょう。

住信SBIネット銀行の口座を持っていない方は2週間程度、申し込み時点で口座がある方も1週間程度は時間の余裕があった方が安心だと思います。

また、コースについては申込者自身が選択することはできず、審査の結果が出てみないとどちらのコースが適用されるかは分かりません。

再度、2つのコースの金利と限度額をまとめると以下のようになります。

プレミアムコースとスタンダードコースの違い

コース 金利 限度額
スタンダード 年8.99%〜年14.79% 10万円〜300万円
プレミアム 年1.59%〜年7.99% 10万円〜1,200万円

プレミアムコースであれば、利用限度額が低くても適用金利は年7.99%からです。

一般的な銀行カードローンと比較してもかなり低金利になるので、プレミアムコースで契約できる人は一部だと思った方が良いでしょう。

スタンダードコースでも銀行ならではの金利といえますが、プレミアムコースを希望する方はそれなりに年収が高く収入が安定しており、信用情報の評価も高い必要があります。

まずは住信SBIネット銀行「Mr.カードローン」の申込条件を満たしているかを確認して、「かんたん診断」も活用しながら申し込みを進めていってください。