最終更新日:2019年09月29日

プロミスは土日祝日の即日融資も可能!電話・審査もOK

プロミスで土日に審査して即日融資してもらう方法

プロミスの申し込み方法は、下記の6通りあります。

プロミスの申し込み方法

WEBで申し込みする
プロミスの自動契約機で申し込む
三井住友銀行のローン契約機で申し込みする
プロミスに電話をして申し込みする
プロミスの店頭窓口に行って申し込む
郵送申し込み

上記の中では、1つ目から4つ目は土日の審査も可能です。

5つ目の店舗の場合は、営業曜日は平日に限られますから、土日は申し込みできません。

また、6つ目の郵送は、数日ぐらいかかってしまいます。

プロミスの基本情報

プロミスは、実質年利率4.5%から17.8%で、利用限度額は1万円から500万円、そして融資スピードが最短1時間というスペックの消費者金融です。

契約が完了すると、24時間、最短10秒振り込みが可能と言ったサービスが提供されます。

プロミスは電話でも受付可能で、土日などもウェブ契約なら最短1時間でカード発行前でも即日の融資も可能なのです。

また、プロミスは女性に対応してもらえるサービスも設けられています。
これはレディースキャッシングと言われるサービスで、対応する人が男性だと何となく伝えにくいという女性の方も安心のサービスが提供されています。

さらに、30日間無利息サービスが行われており、初めての方は利息0円で借り入れできるのです。

利用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

土日審査は受付時間に注意!

プロミスは土日審査も可能ですが、受け付け時間の制約もあります。

プロミス土日審査の受付時間

WEB申し込み...24時間受付可能
自動契約機...9時から22時に受付(※契約機により営業時間が異なります。)
三井住友銀行のローン契約機...9時から21時
プロミスコール...9時から22時

上記以外は、受け付けの時間外になってしまいます。

ちなみに自動契約機によっては、例外的な受け付け時間になっている事もあります。

中には、最終受け付け21時の自動契約機もあります。(※契約機により営業時間が異なります。)

土日審査の流れ

プロミスの土日審査の流れは、下記の通りです。

  1. PCやスマートフォンなどで、インターネット申し込み。
  2. カンタン入力もしくはフル入力を選択する。カンタン入力の場合、プロミスから電話が来る。電話にて、必要事項を伝える。
  3. メールで本人確認書類を提出する。
  4. プロミスによる審査を受ける。
  5. 職場に在籍確認の電話が行く。
  6. メールもしくは電話で審査結果が伝えられる。
  7. 自動契約機でプロミスのカードを受け取る。
  8. 自動契約機もしくはATMでお金を借りる。

必要書類

自動契約機での契約も、Web申し込みで瞬フリを利用する場合も、必要書類は共通しています。

運転免許証か、パスポート、または健康保険と住民票の組み合わせになります。

重要書類を送る必要があるため、現住所と必要書類の住所情報にずれがあると契約ができない可能性が出てきます。

住所の変更が終わっていない場合は、税金の支払いや公共料金の支払いなど、現住所の確認ができる書類が必要になります。

また、借入額が50万円を超える場合や、同業他社からの借入額と申し込み金額の合計が100万円を超える場合は、源泉徴収票や確定申告書などの収入を証明する追加書類が必要になります。

直近2ヶ月と1年分の賞与明細書をあわせ、収入の証明書類にあてることもできます。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座がない場合、自動契約機でカードを受け取る

三井住友銀行ジャパンネット銀行の口座が無い場合、プロミスからの土日融資を希望するなら、カード自動契約機にて受け取る必要があります。

銀行振り込みでなく、あくまでもカード受け取りにします。

というのも土日にプロミスに申し込みをしますと、銀行口座に入金されるのは翌営業日になってしまうからです。

しかしカードであれば、たとえ土日でも当日中にお金を借りる事ができます。
審査に通過し、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちであれば 、当日振り込みは可能です。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、土日も「瞬フリ」が可能

三井住友銀行とジャパンネット銀行の口座があるなら、土日でも振り込みできます。

というのもプロミスには瞬フリというサービスがあり、24時間振込可能な金融機関の口座を登録している方は土日振込が可能だからです。

なお、瞬フリを利用するなら、一旦はプロミスの審査に通って、IDとパスワードを受け取る必要があります。

そして会員ページから振込依頼すれば、土日でも当日中に融資を受ける事ができます。

最短10秒で振り込んでもらう事ができ、コンビニATMから出金する事もできます。

「瞬フリ」利用の流れ

瞬フリは、Web申し込み時に利用できるネット完結型のローンになります。

Web経由で必要事項の入力と、運転免許証の画像などの必要書類の画像をアップロードし、審査に通ると銀行振り込みで融資も可能になります。

審査に通ってから、振込先の銀行や金融機関を指定して振り込んでもらうのがポイントになります。

金融機関に振り込んでもらう関係上、土日祝日も振込みが受けられる銀行口座を指定しないと即日融資は受けられないことになるのです。

「瞬フリ」以外で土日融資を受ける方法

瞬フリ以外の方法で土日融資を受けたいなら、下記の2つの方法があります。

WEBで申し込みして、自動契約機でカードを受け取った後にお金を借りる
・最初から自動契約機で申し込みして、カードを受け取ってお金を借りる

ですから、必ず自動契約機を利用する必要があります。

ちなみに三井住友銀行の中にあるローン契約機でも、プロミスの自動契約機と同じ手続きが可能です。

プロミスのカードを受け取ることもできますし、三井住友銀行のATMも手数料無料で利用できる上に、当日融資も可能なのです。

プロミスか三井住友銀行の自動契約機で、ローンカードを手に入れよう

通常の流れですと、プロミスのカードは郵送されてきます。

郵送は数日ぐらいかかりますから、申し込みをした当日中にカードを受け取るのは困難です。

土日でなく平日であれば、15時までに入金してもらう事はできます。

しかし土日は銀行の窓口が閉まっていますから、ジャパンネット銀行もしくは三井住友銀行以外の金融機関ですと、即日振込は利用できません。

ですから、瞬フリ以外で土日に融資を受けたいなら、自動契約機を利用する必要があります。

ローンカード利用の流れ

ローンカードを利用するためには自動契約機がある場所まで行き、必要書類を提出して契約をする必要があります。

事前にWebで身分証明証の画像送信などの手続きをして、カードのみを受け取ることもできます。

利用のために必要になるのが、運転免許証、またはパスポートか健康保険証と住民票のセットになります。

現住所が確認できる書類がなければ、契約ができないことに注意が必要です。

自動契約機は必要事項の入力、専用の読み取り機を利用した必要書類の読み込み審査の三段階にわかれます。

審査は30分から1時間程度かかり、条件によっては更に長くかかる場合もあります。

カードが発行された場合は、専用ATMや提携ATMを経由してキャッシングが可能になります。

また、申し込み金額が50万円を超える場合や、同業他社から多額の借入をしている場合に限り、収入を証明する源泉徴収票などの書類も必要になります。

即日融資は、ATMの営業時間に注意

自動契約機を利用して契約する場合は、ATMの営業時間に注意が必要になります。

自動契約機の営業時間は9時から22時までで、21時には審査の受付が終了します。(※契約機により営業時間が異なります。)
それ以降の手続きは、翌営業日にもちこされることになるのです。

また、自動契約機とATMの営業時間は異なり、ATMは午前7時から午前0時までの営業が一般的になっています。(※ATMにより営業時間、休日が異なります。)

都心部の場合はさらに遅くまで営業している場合がありますが、設備のメンテナンスなどで休みになることもあるため、公式サイトからチェックするのがおすすめになります。

また、プロミスは三井住友銀行、ゆうちょ銀行、ローソンやセブンイレブンといったコンビニとも提携しています。

三井住友銀行以外の利用は手数料がかかるものの、コンビニATMから借入ができるのは大きなメリットになっています。

在籍確認 プロミスの土日審査と即日融資で最大の難関

プロミスでは、土日審査は可能です。
ただ難関が1つあって、プロミスでは在籍確認を行っています。

プロミスに申し込みする時には、勤務先の情報も入力することになります。
本当にその勤務先で働いているか否かを、電話で確認する訳です。

ちなみにプロミスの場合、在籍確認の電話の名乗りは個人名になります。

ただ問題点が1つあって、職場によっては在籍確認できないケースがあります。

多くの一般企業では、土日は休業日になっているからです。

在籍確認の電話連絡は必ず行われる

ほとんどの金融会社では、在籍確認の電話連絡を行っています。
電話で簡単な確認を行い、本当に勤務先に在籍しているか確かめる訳です。

そしてプロミスでは、土日でも在籍確認は行っています。

ただ多くの一般企業は、土日は休業日になっていますから、在籍確認できないケースがあります。

また、仮に誰かが休日出勤していても、留守番電話になっている事があります。

店舗であれば土日でも電話に出てくれるケースはありますが、一般企業ですと土日の電話受付は困難な事も多いです。

どうしても土日に在籍確認ができない場合の方法

土日の在籍確認が難しい時は、合鍵を使ってみる方法もあります。

自分が職場の合鍵を持っているなら、職場に行ってプロミスからの電話を受ける訳です。

ただし、プロミスからの在籍確認は時間指定できませんから、注意が必要です。

ただセキュリティが厳しい企業ですと、たとえ合鍵を持っていても入れない事があります。

その場合、プロミスの担当者に相談してみる方法もあります。

土日は休業日であるものの、どうしても当日中にお金を借りたい旨を話してみる訳です。

電話連絡以外の別の方法で在籍確認をしてもらう

土日の在籍確認が難しい時は、電話以外の方法で対応してくれる可能性もあります。

プロミスの担当者に相談してみると、電話以外の手段を提案してくれる可能性もあるので、申し込みしたらすぐに相談してみて下さい。

もしくは、少額融資という方法もあります。

やや緊急的な措置ではありますが、一旦は5万円や10万円など少なめな金額で入金してほしい旨を伝えると、対応してくれる事があります。

ただし「必ず」少額融資が可能ではあるとは限りません。

少額融資で対応してくれるケース

下記のような条件に当てはまっている方なら、プロミスは少額融資で対応してくれる可能性があります。

少額融資で対応してくれるケース

年収が多い
他社から借りていない
過去のクレジットカードの返済に遅れた経験がない
携帯を滞納した経験が無い
自己破産などの債務整理の経験が無い

プロミスは、上記の信用面に関する情報を調べる事ができます。
信用情報機関を活用すれば、申込者の信用情報も確認できるからです。

信用面に問題なければ、当日中に少額融資できるケースもあります。

プロミスは土日でも電話対応可能

プロミスのプロミスコールは、土日や祝日も24時間体制で対応が行われています。

プロミスコールはフリーダイヤルになっており、女性オペレーターに電話対応してもらえる女性専用ダイヤルのレディースコールも設置され、こちらも24時間対応となっています。

さらに、プロミスでは障害のある方に対し、専門のオペレーターが対応を行う問い合わせ窓口もあります。
窓口の対応時間は平日9時から18時までとなっているため、その時間帯に電話をかけるようにしましょう。

プロミスコールの自動音声は24時間365日対応可能

プロミスコールには、自動音声で24時間365日対応可能という体制がとられています。

プロミスコールでは、時間帯によってオペレーター対応と自動音声対応とに分かれており、オペレーターの対応時間は平日9時から18時とされており、それ以外は自動音声に切り替わるようになっています。

音声の場合は土曜日や日曜日、祝日も24時間対応がなされており、いつでも利用することができるようになっているのでとても便利です。

24時間対応可能な問い合わせ内容一覧

プロミスでは次の内容の問い合わせについて、24時間対応可能となっています。

具体的には、返済期日の延長やIDやパスワードの確認、 返済日や返済額、借り入れ残高の確認、そしてカード紛失の連絡です。
これらの内容については、24時間対応が可能になっています。

これらの内容に関する問い合わせは24時間体制で対応が行われていますので、電話をかけることで、知りたい内容の問い合わせに対応してもらえるようになっているのです。

返済期日の延長

24時間対応可能な問い合わせ内容として、返済期日の延長に関することが挙げられます。

基本的に返済期日前なら、自動音声で30日まで返済期日を延長することができるようになっています。

しかし、電話で返済期日の延長を申し込んでも、利息遅延損害金は発生するため注意が必要です。

ただし、30日を超える返済期日延長については、自動音声では受け付けはされていません。

その場合は、平日9時から18時までにプロミスコールに電話し、オペレーターに伝えることが必要です。

IDやパスワードの確認

IDやパスワードの確認も、24時間対応可能な問い合わせです。

プロミスでは、インターネット上で自宅に居ながら利用できる会員サービスが提供されていますが、この会員サービスを利用するためには所定のページにログインする必要があります。
その際、IDやパスワードが必要になります。

このIDやパスワードの確認を行うことができるのがプロミスコールで、電話をかけると自動音声によってIDやパスワードを確認することができます。

返済日・返済額・借入残高の確認

返済日や返済額、借り入れ残高を確認したいという場合には、プロミスコールに電話すると24時間確認することができるようになっています。

返済日を忘れ、期日に返済できなかった時には、遅れたことで発生する利子遅延損害金を支払うことが必要になります。

返済日や返済額、借り入れ残高は24時間いつでも自動音声によって確認することができますので、こうした余分な支払いをしないためにも、気がついた時は電話して返済期日を確認しておくことがおすすめです。

カード紛失の連絡

プロミスではカード紛失の連絡については、24時間体制でオペレーターが対応する体制がとられています。

カードをなくしてしまったり、盗難被害に遭ってカードを盗られてしまったと言った場合には、不正利用を防ぐことがまず必要になります。

そうした緊急時は一刻でも早くカードを停止しなければなりません。

通常はカード会社に連絡する必要がありますが、プロミスは24時間体制でオペレーターが対応してくれますので、万が一の時も安心です。

オペレーターへの問い合わせは平日のみ

プロミスコールでは、オペレーターのみが対応できる問い合わせ内容もあります。

例えば、限度額増額の申し込みや電話での借り入れ申し込み、解約などの手続きは、オペレーターに対応してもらうことが必要な手続きといえ、オペレーター対応時間を過ぎると手続きできなくなってしまうため注意が必要です。

オペレーターの対応時間は、平日の9時から18時になっており、この時間を過ぎると自動音声に切り替わってしまうため注意をしましょう。

限度額増額の申込み

限度額増額の申し込みは、自動音声では対応されていません。

そのため、利用限度額増額を希望する時には、対応時間内にプロミスコールまで電話してオペレーターに対応してもらう必要があります。

また、限度額増額については、申し込みを受け付けてから再度の審査が行われると言われていますので、必ずしも増額が認められるということではなく、審査の内容によっては限度額の増額はできない場合や逆に減額となってしまうこともあると言われます。

電話での借り入れ

プロミスでは、電話で借り入れ申し込みをすることができるようになっています。

しかし、電話で借り入れを行うためには、オペレーターに対応してもらうことが必要になります。

したがって、オペレーターが対応していない平日の対応時間外や土日祝日などは、電話での借り入れをすることはできません。

電話での借り入れに対応してもらえるのは平日の9時から18時になるので、その時間内にプロミスコールに電話して借り入れを行っていく必要があります。

解約

解約する場合も、電話でオペレーターに解約を行う旨を伝えることが必要とされています。

基本的にはプロミスではパソコンやスマホから借り入れや返済の手続きを行うことができるのですが、解約についてはインターネットでは受け付けられていないのです。

そのため、プロミスコールへ直接電話するかお客様サービスプラザまで足を運ぶ必要があるのです。

解約を希望するために電話するという場合は、平日の9時から18時までとなっています。

プロミスから、土日に電話はかかってくる?

土曜日や日曜日にプロミスから電話はかかってくるのでしょうか?

この点については、土日に即日融資を希望するという時にはかかってくると言えます。

プロミスは土日や祝日でも即日融資可能な貸付サービスを行っており、本人を確認するための電話はかかるようになっているのです。

また、プロミスは土日でも勤務先へ在籍確認の電話をかけているといわれているのです。

しかし、土日が休みになっている会社の場合に即日融資を希望する時は申込時に担当者に相談するようにしましょう。

プロミス 土日審査と即日融資で慌てないためのポイント

問題なく在籍確認できて、申込者の信用面などは問題なければ、土日審査を受ける事はできます。

審査に通れば、カードを受け取って土日にお金を借りる事もできます。

ただ自動契約機には申し込みの受付時間もありますし、土日に審査を受けると慌ててしまう可能性があります。

慌てずに融資を受けたいなら、むしろ平日に申し込みを済ませておくのがおすすめです。

今すぐお金は必要でなくても、ひとまず平日に申し込みして融資枠を確保しておく訳です。

プロミスは平日に申し込む方がスムーズ

スムーズにお金を借りたいなら、早めに平日にカードを作っておくのがおすすめです。

今すぐお金は必要でなくても、今後はお金が必要なケースもあり得るので、万が一に備えて平日に申し込みしておく訳です。

平日であれば、在籍確認も問題なく済ませることができます。

ちなみに、申し込む際にWEB完結を選択しておけば、カードが郵送される事もありません。

家族に郵便物を見られると困るような時は、WEB完結を選択するか、自動契約機で受け取ると良いでしょう。

プロミスの「瞬フリ」を活用する

もしも三井住友銀行ジャパンネット銀行の口座を持っているなら、早めにプロミスに申し込みをしておく方法もあります。

今すぐお金が必要でなくても、ひとまず申し込みしておいて融資枠を作っておく訳です。

申し込みして在籍確認を済ませて、限度額も設定しておけば、たとえ土日に急ぎでお金が必要な時でもすぐに振込キャッシングを利用する事ができます。

プロミスのサイトにてIDを入力してログインすれば、土日でもすぐに入金してくれます。

審査では書類の不備をなくす

どうしてもプロミスの土日審査を受けたいなら、身分証などの書類は準備しておく必要があります。

書類が無いと、プロミスからお金を借りる事はできません。

そして、土日の在籍確認が可能かどうかも確かめておく必要があります。

また、土日の在籍確認が難しい場合、土日にお金を借りることができるかどうかは、交渉次第です。

職場が休みなので在籍確認が困難という旨を、プロミスの担当者と相談しておく訳です。

申し込みをしたら、すぐに相談して下さい。

プロミスは土日審査で即日融資もできる!土日祝日の在籍確認に備えよう

土日になると、急にお金が必要になる事もあります。

また給料日前なのでお金が足りないものの、平日は忙しいので土日でないと申し込みできない事もあるでしょう。

その点、土日融資も可能なプロミスは、とてもありがたい存在です。

ただプロミスには、在籍確認の電話があります。

もしもお勤め先は土日が休業日の場合、電話では在籍確認する事はできません。

しかし土日の在籍確認が難しくても、状況によっては当日中に融資を受ける事も可能です。
それも信用面次第なのです。

ローンカードや「瞬フリ」が利用できない場合は、他の消費者金融を検討する

プロミスはローカードの発行や瞬フリが利用できるなど、柔軟な借入ができるのが特徴です。

しかし、24時間営業の金融機関の口座を持っていない上、近くにプロミスの自動契約機がない場合は、即日融資も受けられないことになります。

近くに自動契約機がない場合などは、他の消費者金融に申込むことも視野に入ります。

プロミスと同じくWeb完結型の手続きができる消費者金融も多いものの、土日祝日営業の金融機関の口座が必須になることは共通している点に注意が必要です。

プロミス以外の自動契約機や店舗がないかをチェックして、自分が契約できる消費者金融を探せるかが鍵になります。