最終更新日:2019年10月27日

リボ払いのメリットは?デメリットが多い?危険性や仕組みを解説

リボ払いが危険である理由は、気づかないうちに高額な利用手数料や利息を取られるから

リボ払いはうっかりクレジットカードを使いすぎてしまった際に、手軽に切り替えられる点で便利なサービスです。
しかし、実は高額な利用手数料や利息が取られていることに気づかず、いつのまにかリボ払い地獄になっていたといったケースが跡を絶ちません。
可能な限りリボ払いによる支払いは避け、やむを得ず利用する際にはくれぐれも気をつけるようにしましょう。

毎月安定した収入があるならカードローンがお得

もしあなたに毎月安定した収入があるのであれば、リボ払いをする前にカードローンを検討するべきです。
融資まで1日程度かかるというデメリットもありますが、手数料や金利の面ではお得に借りることができます。

例えば、プロミスなら初めての方は30日間利息0円で借りることができるのでおすすめです。
簡易審査は3秒で完了するため、自分が借入可能か確認してみましょう。

プロミスの特徴

初めてなら30日間利息0円
借入診断は3秒で完了

リボ払いってどんな仕組み?調べてみました!

クレジットカードなどにはリボ払いというものがあります。このリボ払いとは「リボルビング払い」の略。最近では、このリボ払いを利用する人が増えているのですが「詳細は分からない」という人も少なくありません。

そこでまずリボ払いの仕組みについて見てみましょう。ここではリボ払いに関する用語の中でもわかりづらい
「定額コースと残高スライド式の違い」
「元利と元金の違い」
などについても解説します。それではさっそく見ていきましょう。

月々の支払額を自分で決めることができる

リボ払いとは「月々の支払額を決められる支払い方法」です。
毎月の返済額を固定にできることから支払い計画が立てやすく便利なのですが、手数料がかかるため利用には注意が必要です。
利用の総額によっては、かなり大きな額を返済することになるケースもあります。なおこのリボ払いには
・定額方式
・残高スライド方式
の2種類の返済方法があります。
このどちらを選ぶかにより、月の返済額やトータルの返済額が変わってきます。

「定額コース」と「残高スライド式」について

定額コース(定額方式)
この定額コースとは支払いの残高に関わらず、毎月一定額の元本を返済するものです。
新しい買い物をしてリボの残高が増えても毎月の元本返済額は変わりません。
ただし支払いの期間が長くなることから支払う手数料が大きくなります。

残高スライド式
この残高スライド式とは支払いの残高に対して返済額が段階的にスライドしていくものです。
新しい買い物をしてリボの残高が増えると毎月の返済額が変わります。さらに業者によって定額コースおよび残高スライド式、それぞれに
・定額と定率
・元利と元金
という区分があります。
定額とは金額が決まっていることで、定率とは残高に対する割合が決まっていることとなります。

元利と元金の違いって?

では次に「元利」と「元金」の違いも見ていきましょう。

[元利]返済額に利息分を含む…毎月の支払額が固定となる
[元金]返済額に利息分を含まない…残高を早く減らすことができる

これだけではよくわからないというかたもいることでしょう。
そこで簡単な例を出します。

[毎月の元本返済額が2万円の場合]
元利:返済額は2万円となり、元金は2万円から利息を差し引いた金額ずつが減っていく
元金:返済額は2万円+利息となり元金は2万円ずつ減っていく
これなら少しイメージがわきやすいのではないでしょうか。
返済額が同じ場合元金のほうが残高は減りやすくなり、返済期間も短くなります。

楽天カードで支払いシミュレーションをしてみた

それではさらに具体的にイメージをするために、「楽天カードの支払いシミュレーション」を見てみましょう。
ここで紹介するケースは
---
支払い方法:リボ払い
手数料:15パーセント
元金定額方式
---
というものです。
ここで手数料とは、金利などのことを意味します。
実際にどのような支払いをしていくのかシミュレーションを見てみることで、リボ払いにおける手数料の大きさなどについて知ることができるでしょう。

【10万円を毎月40,000円ずつ返済した場合】

<10万円を毎月4万円ずつ返済した場合>

【1か月目】

リボ残高:10万円

リボ手数料:10万円×15パーセント÷12ヶ月=1250

支払総額:41250円

【2か月目】

リボ残高:6万円

リボ手数料:6万円×15パーセント÷12ヶ月=750

支払総額:40750円

【2か月目】

リボ残高:20,000円

リボ手数料:20,000円?15パーセント÷12ヶ月=250

支払額:20250円

上記のように、10万円を借りて完済までの期間は3か月。総支払額は102250円となります。月の返済額は少ないのですが、3か月で支払う手数料は2250円にもなります。リボの残高に応じた手数料が発生するため、手数料は残高にあわせて減ります。そして返済をしている途中に新しくリボで買い物をすると、残高が増えるので翌月の支払額は大きくなります。

支払い総額が多くなるのは「残高スライド方式」

では、次に「定額コース」と「残高スライド方式」の違いです。
リボルビング払いで同じ金額を使った場合に、最終的な支払総額が大きくなるのはどちらの方式だと思いますか。

この質問の答えは「残高スライド方式」となります。そういわれてもすぐには違いをイメージできないというかたも多いことでしょう。
そこで実際にどのくらいの違いが生じるのか、2つの返済方式の違いについてもシミュレーションして見てみましょう。

【リボ残高が30万円の場合(年利18%)】

<リボ残高30万円、年利18%、金利含む支払額>

・定額コース(元本3万)

1回目34500円

2回目34050円

3回目33600円

4回目33150円

5回目32700円

6回目2250円

7回目31800円

8回目31350円

9回目30900円

10回目30450円

■支払い総額324750円

合計10回

・残高スライド方式(10万円以下の支払い額1万円、10万円超10万円ごと1万円加算)

1回目34500円

2回目34500円

3回目33600円

4回目33150円

5回目22700円

6回目22400円

7回目22100円

8回目21800円

9回目11500円

10回目11350円

11回目11200円

12回目11050円

13回目10900円

14回目10750円

15回目10600円

16回目10450円

17回目10300円

18回目10150円

■支払い総額332550円

合計18回

利用する金額によって借金は大きくなる

リボ払いでは1回あたりの支払額を抑えることができるものの、手数料を負担する必要があります。そのためリボ払いは「実質的には借金と一緒である」といわれているのです。新しい買い物を重ねることにより、知らず知らずのうちに支払い残高が膨れてしまう恐れがあります。シミュレーションのとおり、支払い方法によって手数料や返済回数も変わります。

利用するためには、しっかりと確認する必要があるといえます。完済に時間をかけないようにするためには「少額ずつ返済しない」「繰り上げ返済をする」などの工夫が必要です。

高額借りて小額ずつ返すのはかなり危険!

リボ払いでは高額借りて小額ずつ返すのはかなり危険です。もしかすると人によっては
「毎月少しずつ支払うことで大きな買い物ができるなんておとく」
と思っているかもしれません。しかし、それは間違った考え方です。月々の支払いが少ないということは、それだけ返済に時間がかかるということです。月あたりの負担が少ないとしてもトータルの返済額は大きくなってしまいます。
少額ずつ返すのは危険だということをしっかり覚えておきましょう。

可能な限り早く返し早期の返済を目指す

リボ払いでは定額で支払金額を設定することができるため、自分が好きなように支払金額を調整することも可能です。しかしもしも金銭的に余裕があれば可能な限り「繰り上げ返済」をするのがおすすめです。元本を減らすことができれば支払い期間も短くなり手数料も少なくなるためです。
そのためには、「繰り上げ返済」は必須となります。
返済を先延ばしにすることなく可能な限り多めに返済し、早期の完済を目指しましょう。

リボ払いのメリット

毎月の支払金額を抑えられるものの、手数料が大きいリボ払い。それでは次にそんなリボ払いの仕組みをおさえたうえで
「支払い方法にリボ払いを選ぶメリット」
についても考えてみましょう。リボ払いは
・毎月の支払額を固定にできるので家計の管理がしやすい
・自分の経済状況や臨時収入などに合わせて繰り上げ返済をすることができる
といったメリットがあります。それでは、これらのメリットについても詳しく見てみましょう。

手元にお金がなくても利用できる

リボ払いによる最大のメリットは「手元にお金がなくても使える」ということです。

たとえば30万円の商品がほしいけれど、手元には10万円しかないというときでもリボ払いを使用すれば買い物をすることができます。
リボ払いの場合、毎月の支払金額は「ミニマムペイメント」という、あらかじめ設定された最小支払額だけを支払えばOKとなるからです。
手元にお金がなくても必要なものが買えるのはとても大きなメリットですよね。

お金に余裕ができたら前もって返済できる

リボ払いには「余裕ができたら前倒して返済できる」という大きなメリットがあります。「大きい買い物をしたいけれど今は手持ちがない」というときにリボ払いを利用する人が多いことでしょう。しかし、必ずしもすべてをリボ払いで返さなければならないというわけではありません。

この買い物について前倒して返済することにより
・支払を調整できる
・手数料を調整できる
というメリットが得られます。
では、このメリットについても詳しく見てみましょう。

後にどのくらいの収入が入ったのかによって返済額を調整できる

リボ払いでは、繰り上げ返済することによって残高を減らしていくことができます。完済まで決められた金額以外では返済できない、というルールはありません。そこで、ボーナス月や余裕がある月は多めに返済するということが可能なのです。購入した月からしばらくはリボ払いで返済して臨時収入があったら一括で返済、ということもできます。
臨時収入が確定しているときなどは、リボ払いを活用してみるのも良いかもしれません。

前倒し返済をすることで手数料を節約していく

リボ払いは返済回数が多くなればなるほど、支払う手数料の金額が多くなってしまうのが特徴です。そこで前倒しで繰り上げ返済をして支払う手数料の金額を抑えつつ、早期の完済をめざしましょう。余裕があるときにどんどん返済することができれば、月々の返済を抑えて手数料を減らすことができます。これなら支払総額が膨らむということも避けられますよね。手数料を抑えつつ月々の返済額も抑えるのがリボ払いの賢い使いかたとなります。

毎月の支払を一定にできて管理しやすい

月々の支出がばらばらの場合、家計を管理しにくいものです。大きな変動があればうっかり口座を残高不足の状態にしてしまった、ということも発生するかもしれません。そうなると余計な手間がかかってしまうこともありますよね。
しかしリボ払いの場合は、毎月の支出額はほぼ一定にできるため管理しやすい状態となります。
口座の残高不足なども防げるでしょう。なお、手数料が加算されることもあるため完全に固定の金額とはならないこともあります。

分割払いだと月によって返済額が変わってしまう

クレジットカードには、リボ払いのほかに「分割払い」というものもあります。
これも、毎月の支払額を一定にすることができる方法です。ただし分割払いは、「買った商品ごと」の支払額を分割する形になります。商品をいくつか購入している場合、支払いがまとまってしまうと月によって支出が大きくなってしまう可能性があります。
それぞれの支払額は小さくなるものの、分割払いだと支払いは月によってまちまちなので管理は面倒になってしまいます。

口座の残高不足による返済が遅れることを防ぐ

リボ払いでは、毎月の支払額がほぼ一定です。そのため、支払い口座に入金しておく金額の予想が立てやすいというメリットもあります。
「残高が不足していて支払いができなかった」
「クレジットカードの支払金額が大きすぎて、他の引き落としができなかった」
といった事態を防ぐことができるでしょう。

クレジットカードの支払は、連続で引き落とし不能が続くとクレジットヒストリーに悪い影響が出る可能性があります。
そういったリスクを減らせるのは、リボ払いのメリットといえるでしょう。

リボ払いを利用するデメリット

リボ払いを利用するメリットを、ここまで3つ紹介しました。このメリットだけ見るとリボ払いはとてもおとくなサービスに見えますよね。しかしそんな便利なリボ払いですが、実は「金利がかかってしまう」という大きなデメリットもあります。
この金利によるデメリットが大きいことがあって「リボ払いを利用するメリットがあまり感じられない」
「リボ払いは使わないほうがいい」
というように言われることも少なくありません。

メリット以上にデメリットが大きい

リボ払いは、設定されたミニマムペイメント(毎月の支払額)だけを返済すればよいという仕組みの返済方法です。しかし、リボ払いを利用すると金利が発生してしまいます。

この金利があるためリボ払いでは買い物をした金額が大きく月々の支払金額が少ないという場合、
「毎月返済しているのになかなか元本が減っていかない」
ということが起こりがちなのです。

それにより、メリット以上にデメリットが痛いという状況になっています。

お金に困った時リボ払い以外の解決法

デメリットがメリットを上回ってしまうといわれるリボ払い。
しかし手元にお金がないけれど買い物の必要があるという場合は使わざるを得ない、と考えているかたも多いことでしょう。
もちろん
「手持ちがなくても、いま買い物しなければならないのだから仕方ない」
という気持ちも分かります。そういうこともありますよね。

そこで、ここからはいくつか「お金に困ったときはどうするべきなのか」についても紹介してみます。
使えそうな方法がないかチェックしてみましょう。

銀行のカードローンを利用する

どうしてもお金がないけれど買い物などの出費がある…そんなときはリボ払いをするよりは、大手銀行のカードローンを利用しましょう。
なぜなら大抵のクレジットカード会社がリボ払いの金利を15パーセントとしているのです。そして、銀行カードローンは借り方によって金利を15パーセント以下に抑えることができるのです。そのためクレジットカードでリボ払いをするよりも、負担が少なくなります。

カードローン=借金、ということで抵抗を感じる人も多いかもしれませんが最終的な支払額を考えると銀行カードローンのほうが良いでしょう。

ビューカードを活用する

「いまはお金がないが、あとからボーナスなどの臨時収入があるので一括返済できる」
という人もいることでしょう。そんな人におすすめなのが、ボーナス一回払いです。

このボーナス払いで便利なのが「ビューカード」というJR東日本で提供しているクレジットカードです。ビューカードでは普段の買い物をあとからボーナス払いに切り替えることができるのです。そのため、金利を抑えて支払いを先延ばしにすることができるのです。

どうしてもお金が必要という方はリボ払い

銀行カードローンよりも金利が高くなかなか完済しづらい、リボ払い。メリットもありますが、繰り上げ返済をしながら上手に短期間で完済できる人は少ないのが現状です。そのことから「リボ払いは最後の手段」といえます。

「もう他に支払い手段がなくてどうにもできない」という場合に限っては、リボ払いを利用するのも良いかもしれません。しかし基本的には利用をおすすめできない返済方法です。
極力、リボ払いの使用は避けましょう。

ポイントやキャンペーンに惑わされない

デメリットのほうが大きい、と感じている人の多いリボ払い。
そのためクレジットカード会社などでは利用者を増やすためにリボ払いを絡めたキャンペーンを多数実施しています。
・ポイントの獲得数が増える
・商品券がもらえる
など、いろいろなキャンペーンがあります。
しかしそのキャンペーンに惑わされてリボ払いを使ってしまうと、その後に長い期間返済する羽目になってしまいます。

メリット以上にデメリットが痛いリボ払い、安易に利用して苦労することがないよう気を付けましょう。

リボ払い専用の3つのクレジットカード

デメリットもあるリボ払いですが、使い方によってはとても便利な支払い方法です。そのため「リボ払い専用のクレジットカード」を発行しているクレジットカード会社もいろいろあります。そこでその中から特徴のある

・JCB CARD R
・三井住友VISAカード(エブリプラス)
・ACマスターカード
の3種類を紹介します。これからリボ払い専用のクレジットカードを作る予定があるかたは、ぜひチェックしてみてください。

海外で強いVISAカードの「三井住友VISAカード(エブリプラス)」

三井住友カードが発行しているリボ払い専用クレジットカードが、「三井住友VISAカード(エブリプラス)」です。海外でも強いVISAカードであることから使える場所が多いのがこのカードのメリットです。こちらも年会費は永年無料です。さらに、商品の事故を補償する「お買い物安心保険付き」となっているのが大きな特徴です。日本国外でクレジットカードを利用する機会が多いかたには、特におすすめのカードといえます。

ポイント4倍 高還元率の「JCB CARD R」


2018年9月にJCBカードから登場したリボ払い専用クレジットカードポイントが「JCB CARD R」です。還元率が高く年会費が無料であることが、この「JCB CARD R」の大きな特徴となります。さらに最大で2000万円の海外旅行保険が付帯しています。通常のJCBカードの4倍のポイント還元率となっており、100円で2円分のポイントが貯まります。
リボ払い専用カードでポイントも貯めたい、というかたにおすすめのカードです。

最短即日発行可能な「ACマスターカード」

消費者金融機関のアコムが発行しているのが「ACマスターカード」です。このカードのメリットはなんといっても、最短で即日発行が可能なクレジットカードであるということでしょう。マスターカード加盟店で利用が可能となります。
・インターネット
・電話
・店頭
・自動契約機(むじんくん)
で申し込みをすることが可能となっています。
「すぐに使えるリボ払い専用クレジットカードがほしい!」と考えている人におすすめのカードです。

緊急時に役立つリボ払い以外の支払い方法

「今は手元にまとまったお金がないけれど、ちょっと大きな買い物をしたい」

そんなときに便利なのが、リボ払いです。しかし便利ではあるものの「支払回数が多いと支払う手数料が大きくなってしまう」というデメリットを忘れてはなりません。

そのため、リボ払いだけに固執せずその他の支払方法があることも念のため頭に入れておきましょう。次にリボ払い以外での金欠時に役立つ便利な支払方法についても紹介していきます。

低金利のカードローンを利用する

リボ払い以外にも
・金利が低いカードローンを使って手数料を抑える
という方法もおすすめです。

「カードローンとなると手数料が高そう」
と感じるかたもいることでしょう。しかし、実際にはリボ払いよりもカードローンのほうが金利が低いことがあるのです。通常、リボ払いの手数料は、年利15パーセントに設定されていることが多めです。そのため15パーセントよりも金利の低いカードローンを契約することができれば、結果的にコストを抑えることができる、というわけです。

リボ払いに比べて金利がかなり低い

リボ払いよりも金利が低いカードローンは数多く存在します。たとえば、住信SBIネット銀行「Mr.カードローン プレミアムコース」も、そのひとつです。金利は1.99%~7.49%となっています。リボ払いと比べるとかなり安いですよね。もちろんカードローンには審査はあります。
「今日中にどうしてもお金が必要」という場合には間に合わない場合があります。
そのため、時間に余裕をもって契約をしておくとよいでしょう。

2回払いとボーナス一括払い

大抵のクレジットカードには、リボ払い以外や分割払い以外にも
・2回払い
・ボーナス一括払い
という支払方法があります。

2回払いは、クレジットカードでの支払いを翌月と翌々月に分けて支払うという方法です。また、ボーナス一括払いは支払いをボーナスの支給月に一括で払うという方法です。2回払いもボーナス一括払いも便利な支払い方法となっていますので覚えておいてカードによる買い物の際に活用すると良いでしょう。

手数料無料で支払いを先延ばしできる

通常クレジットカードでは一括払いの手数料は無料となっています。しかしあまり有名ではないのですが2回払いやボーナス一括払いといった支払い方法も、手数料無料となっていることが多いのです。そこで一括払いだけでなく2回払いやボーナス一括払いもおすすめなのです。手数料をかけずに支払いを先に延ばすことができます。もしも安定した収入があるという場合は
・2回払い
・ボーナス一括払い
も検討してみると良いでしょう。