最終更新日:2020年01月26日

楽天銀行カードローンの審査時間は?長引いて遅くなる理由

楽天銀行カードローンの審査時間

楽天銀行でカードローンを申し込みたいけれど、なるべく早く融資を受けたい」という方もいることでしょう。
では、楽天銀行カードローンで審査に掛かる時間はどのくらいなのでしょうか。

実は、楽天銀行では保証会社が審査を行っています。
そのため、申し込みをするタイミング次第では時間がかかることがあります。

楽天銀行カードローンの場合、「最短翌日審査、融資可能」となっており、調べたところ、申込者の半数以上が2日以内の融資を受けています。

そのため、審査に掛かる時間は2~3営業日と考えましょう。
ただし、申し込みをするタイミングや申込者の借り入れ状況などによっては、一週間前後を要する場合もあります。

基本的には審査が完了次第、手持ちの口座に振り込みで融資を受けることができます。
口座開設の手間がかからないのは便利ですね。

楽天銀行カードローンの審査の手順

では、楽天銀行カードローンの審査の流れも見てみましょう。
申し込みから契約完了までには、以下のような審査があります。

1.WEB申し込み
楽天のクレジットカードを持っている場合、基本情報は楽天IDとの紐付けになるため、入力の手間が簡易化されます。

2.保証会社の仮審査
※このとき、信用情報に問題がない人については、それほど厳しく審査されることはありません。

3.会社への在籍確認
※勤め先の会社に電話での在籍確認が行われます。

4.必要書類の提出
※書類の提出はアプリでのアップロード、またはコピーの郵送で行います。

申し込みのタイミングにもよりますが、ここまでの手続きに必要となる期間は約2~3日になります。

仮審査は保証会社によって行われる

楽天銀行カードローンの仮審査は、保証会社の「セディナ株式会社」「楽天カード株式会社」が対応しています。

この"保証会社"とは、カードローン利用者が返済不能に陥ったときに利用者に変わって代位弁済をする会社です。
保障会社は代位弁済をする代わりに、銀行から「保証料」を受けることで運営をしています。

なお、楽天銀行カードローンの保障会社は2社となっていますが、このどちらかの審査に通過すれば仮審査通過となります。

仮審査の審査項目

申し込みがあると、まずは保証会社によって申込者のスコアリング審査が行われます。

このスコアリング審査とは、統計的モデルに基づいて個人などの信用度を点数化し、迅速かつ中立的に与信の可否を判断するシステムです。
大勢いる申込者を効率よく審査するために、スコアリングによって自動的に審査されているというわけですね。

保障会社による仮審査では、次のような項目をスコアリングして審査可否を決めています。

・年収や勤続年数などの返済能力
・クレジットカードやカードローンなどの取引履歴
・住宅ローン、自動車ローンを除く他社からの借り入れ状況

楽天銀行カードローンの場合、アルバイトであっても契約が可能です。
そのため、年収や勤続年数に関しては厳しく審査されることがありません。
ただし、信用情報などに問題がある場合は審査に落ちる可能性は高くなっています。

保障会社による仮審査に通過すると、審査通過の通知が届き本審査に移ります。
本審査では、在籍確認必要書類の提出があり、申込内容に虚偽がないかをチェックされることとなります。

信用情報

カードローンを申し込むと、必ず申込者の「信用情報」がチェックされます。
この信用情報とは、クレジットカードやローンなどの取引に関するもので、

・契約内容
・支払状況(滞納がないか等)
・利用残高、利用状況

を客観的にチェックされることとなります。

これまで利用したクレジットカードやカードローンの取引内容に問題がなければ、特に気にする必要はないでしょう。

在籍確認

在籍確認とは、「申込時に申告した勤務先に本当に所属しているのか」を調査するためのものです。
仮審査の内容に虚偽がないかだけでなく、利用者に安定した収入があるかの確認も兼ねています。

金融機関の融資の本審査では、必ず「職場への在籍確認」が行われます。
なぜなら、「貸金業法 第13条(返済能力の調査)」によって、貸金業者は顧客の返済能力に関する事項を調査しなければならないと定められているからです。

この在籍確認では、担当者が個人名で電話をかけてきます。
このとき、必ずしも申込者が出る必要はありません。
不在であったとしても、「外出中です」「離席しています」などという回答であれば、会社に在籍していると認められます。

通常、在籍確認に掛かる時間は1~2分程度です。
ただし、在籍確認が出来ない場合は審査にかかる日数も長くなってしまいます。

無事に在籍確認が完了すると、楽天銀行から電話があり、書類提出に進むことになります。

書類提出

仮審査に通過して在籍確認が完了し、提出した書類を楽天銀行カードローンの審査担当者が確認すれば、審査は完了です。
全ての審査が完了すると、楽天銀行カードローンの契約ができる、というわけです。

楽天銀行カードローンの場合、必要となる書類は、

・楽天銀行スーパーローン申込書兼保証依頼書※インターネット申込の場合は不要
本人確認書類
収入証明書

となります。

申し込みをする場合には、あらかじめ用意しておくとスムーズです。

本人確認書類

では、楽天銀行カードローンで認められる本人確認書類について見てみましょう。

楽天銀行カードローンで認められる本人確認書類

運転免許証の写し
健康保険証の写し
パスポートの写し
住民基本台帳の写し
個人番号カードの写し

いずれも、本人確認書類の原本ではなく写しで構いません。

ただし、運転免許証を所持している場合は必ず運転免許証を提出する必要があります。
運転免許証を所持していない場合は、他の書類でもOKとなります。

収入証明書類

全ての人ではありませんが、楽天銀行カードローンでは、申し込みの際に「収入証明書類」の提出を求められる場合があります。

基準は明らかにされていませんが、「他社借り入れ額が年収の1/3に近かったり、借り入れ件数が多かったりする場合」「月々の収入が不安定な場合」に提出を求められることが多いようです。

そのため、該当する方はあらかじめ収入証明書類を用意しておきましょう。
使用可能な収入証明書類は、以下のいずれかになります。

楽天銀行カードローンで認められる収入証明書類

源泉徴収票
課税証明書
給与明細
確定申告書

提出方法

書類を提出しなければならない、と聞くと「面倒くさい」と感じるかたもいるかもしれませんね。

しかし、楽天銀行カードローンでの書類提出は非常に簡単です。
なぜなら、楽天銀行アプリから書類の画像データをアップロードするだけで手続きが出来るからです。

もちろん郵送でも提出は可能ですが、その場合は手間も時間もかかってしまいます。
そのため、写真を撮ってアップロードするだけで良い楽天銀行アプリを利用することをおすすめします。

審査結果はメールか電話

楽天銀行カードローンでは、審査結果はメール電話で通知されることになっています。
この通知ですが、基本的には以下のような仕組みになっています。

・メール…仮審査通過のお知らせ、または仮審査、本審査の「否決」のお知らせ
・電話…本審査通過のお知らせ

このため、契約までの手続き及び「審査落ち」の通知はメールで来るということになります。
また、楽天銀行カードローンから電話が掛かってきた場合は、本審査に通過したと考えることができます。

審査時間が長引くこともある

楽天銀行カードローンでは審査時間は翌日から数日くらいと幅があり、状況によっては通常よりも審査が長引くしまうことがあります。

では、楽天銀行カードローンで審査が長引く理由としてはどのようなケースが考えられるのでしょうか。

この点については、単に申し込み者が殺到していたり、土日祝日に申し込みしたり、警察庁データベース照会に時間がかかっているなどの場合には審査が長引くことがあります。

そこで、楽天銀行カードローンで審査が長引く理由について具体的にご紹介しましょう。

申し込みが混み合っている

楽天銀行カードローンでは審査が長引く理由として挙げられるのが、単に申し込み者が殺到しているということが挙げられます。

基本的にカードローン審査のほとんどのプロセスが機械的になされるのですが、最終的な判断には人の判断も入るのです。

しかし、審査を行う人の人数は限られますし、申し込みする人が多くなるとそれだけ審査結果がでるまで時間が必要になる場合があるのです。

土日祝日連休前年末年始前といった時期は申し込み者が殺到しやすいといわれます。

申し込みを土日祝日にした

楽天銀行のカードローンを土日や祝日に申し込むと、審査に時間がかかりやすいといわれます。

その理由は、楽天銀行カードローンでは土日祝日に審査がおこなわれていませんので、土日や祝日に申し込みを行うと、最短で審査が開始されるのが翌営業日以降になるのです。

そのため、せっかく早く申し込もうと土日祝日に申し込みを行っても、実際の審査が始まるのが最短の営業日以降になってしまうのです。
そのため、土日や祝日に申し込むと時間が長引いてしまうのです。

警察庁データベースの照会に手間取っている

警察庁データベースの照会に時間がかかっているということも銀行カードローンの審査が長引く理由になります。

楽天銀行に限らず、すべての銀行が取り扱っているカードローンには、現在、

「申込者の情報を警察庁のデータベースと照会する」

という手続きをしなければならない、というルールがあります。
「顧客が反社会的勢力に該当しないかどうか」を調べるためです。

警察庁データベースの照会結果については、わかるのは早ければ翌日になるとされるのですが、ケースによっては1週間から2週間かかることもあるようなのです。

もちろん、1、2週間かかるケースはそれほど多くないかもしれないのですが、数日くらいかかることは多いにあると考えられているのです。

したがって、警察庁データベースの照会に時間がかかることが考えられるのです。

職場への在籍確認ができていない

在籍確認が完了していない場合も、楽天銀行のカードローン審査に時間がかかると理由になります。

カードローンの審査には、申し込み者の職場へ在籍確認を行うというプロセスがあります。
この在籍確認が完了しない限りは、楽天銀行では審査合否は決定されないのです。

連休を利用して申し込んだ場合、勤務先も休みならその期間は在籍確認が出来ませんよね。
「職場が長期の連休で、そのあいだは在籍確認が難しい」という場合は、あらかじめ楽天銀行スーパーローンの担当者に電話で相談してみましょう。

審査を通せるかギリギリのラインである

審査に通過させるかどうかのギリギリのところである場合、審査に時間がかかる可能性があるのです。

ローンカード審査では、申し込み者の信用情報などが優秀で、審査の基準を十分に満たすときは審査がスムーズに完了するといえます。

けれどもそうでなければ、信用情報などの細かな確認も必要になるため、審査にそれだけ時間がかかり、時間がかかるということなのです。

そのため、審査担当者が上司などに確認する等、審査時間がかかるのです。

審査基準は公表されていない

「あらかじめ審査基準が分かればいいのに」と考える方もいるかもしれません。

しかし楽天銀行に限らず、カードローンなどの審査基準は一般に公表されていません。
たとえ審査に時間が掛かったり、審査落ちしたりしても、その理由は教えてもらうことができないでしょう。

審査基準を公表すると、それに対して対策を考える人が必ず出てくるはずです。
そのため、今後もカードローンの審査基準に関しては公表されることはないと考えられます。

審査状況は確認できる

「融資希望日まで残り日数が少ないのに、まだ審査結果が来ない」
そんなときは、どうしたらいいか不安に感じるものですよね。

審査状況の進捗については、楽天銀行のカードセンターで確認が可能となっているようです。
そこで、回答が来ないという場合は、楽天銀行に審査状況を確認してみましょう。

[楽天銀行カードセンター]
TEL:0120-988-411
受付時間 平日:9:00~20:30
    土日祝:10:00~17:30

少しでも審査時間を短くするには

「カードローンを少しでも早く利用したい」という人のために、楽天銀行カードローンで審査時間を短縮する方法も紹介します。
審査落ちを防ぐためにも、ぜひチェックしておいてください。

楽天銀行カードローンで審査時間を短縮する方法

楽天銀行の普通預金口座を開設しておく
申込内容は嘘無く正確に申告する
利用限度額は50万円で申込む
確実に在籍確認の取れる勤務先と電話番号を申告する
派遣社員は出向先(派遣先)を申告する
審査が混み合わない時間帯や時期に申込む


では、ひとつひとつについて詳しく見てみましょう

あらかじめ楽天銀行の普通預金口座を開設しておく

楽天銀行カードローンは、本来「口座開設不要で契約可能」となっていて、そこが便利なポイントでもあります。
しかし、実際には楽天銀行の口座を返済用口座に指定しておくと手続きが簡単になります。

そこでカードローンの利用を考えた時点で、あらかじめ楽天銀行の普通預金口座を開設しておくのがおすすめです。

ただし「口座開設とカードローンの申し込みが同時」という場合については、逆に時間が掛かることがあるため注意しましょう。

申込内容は正確に、嘘無く申告する

カードローンの申し込みをするときは、すべての項目について嘘無く正確に申告するのが非常に大事です。
もし申し込んだ内容に不審な部分があれば、審査担当者は申込者に電話で確認を取ることがあるため審査に余計な時間がかかります。

それだけでなく、年収や他社借り入れ額などの項目で嘘をついてしまうと、審査落ちする原因にもつながります。
基本的には安定した収入があれば審査を通過する可能性は高いため、申し込みで嘘の内容を書く必要はありません。

申込時の利用限度額は50万円にする

実は、楽天銀行カードローンに申し込んだときデフォルトの利用限度額は800万円となっています。
ただしそのぶん審査が厳しくなり、審査時間も伸びる傾向にあるため、デフォルトの金額で審査を受けるのはおすすめしません。

そこで、利用限度額を50万にして申し込むことをおすすめします。
とはいえ、楽天カードローンでは金利を利用限度額ごとに設定しているため、限度額が高いほうが金利は抑えることが出来ます。

審査スピードを速めたい場合は、利用限度額を低くして申し込むと良いでしょう。

申告するのは、確実に在籍確認が取れる勤務先の電話番号

繰り返しになりますが、楽天銀行カードローンでは在籍確認が必須です。

そのため「会社に誰もいなくて在籍確認が完了しない」となると、審査時間が伸びます。
また、会社の規模が大きく、会社の代表番号に電話すると時間がかかるというようなこともありますよね。

そこで、確実に在籍確認が取れる勤務先と電話番号を申告しましょう。
申し込み時に確実に在籍確認ができる電話番号を申告することで、スムーズに審査を進めることが可能となります。

派遣社員であれば、申告するのは「出向先(派遣先)」の電話番号

派遣社員をしている場合は、「派遣元」「派遣先」どちらの電話番号を書くべきか悩むかもしれません。

このときは派遣元ではなく、実際に勤務している「派遣先」の電話番号を申告しましょう。
なぜなら、楽天銀行カードローンの在籍確認は「勤務先」に掛かってくるからです。

派遣元で働いているわけではないため、申告も派遣先となるわけです。
スムーズに審査が進むように、派遣先の勤務地と、在籍確認が取れる部署の電話番号を申告しましょう。

申込の際は、審査が混み合わない時期・時間帯を選ぶ

スムーズに審査を進めるためには、時期も大切です。
審査が混みあわない時間帯や時期に申し込みをしましょう。

審査が混みあうのは、以下のようなタイミングです。

・平日の昼前後(昼休みを利用して手続きをする人がいるため)
・平日の17時以降(仕事が終わってから手続きをする人がいるため)
連休の前後
2~4月の新生活が始まることの多い時期

以上は楽天銀行に限らず、他社でもカードローンの申し込みが混みあう時期です。
可能であれば、このタイミングを避けて申し込みをしてくださいね。

土日祝日、金曜日を避ける

楽天銀行カードローンでは土日・祝日の審査は行われていませんので、土日や祝日の申し込みは避けましょう。

例え、申し込みを行っても審査開始は休み明けとなりますし、金曜日にカードローンに申し込むも避けたほうがスピーディといえるでしょう。

金曜日申し込みであれば、結果がでるのは月曜日以降となり、時間がかかるといえます。

借り入れを急ぐ場合は他社のカードローンを申し込む

楽天銀行では、審査に最低でも2~3日が必要です。
「どうしても急いで融資を受けたいので、2~3日待っていたら間に合わない」という場合は、他のカードローンの利用を検討してみてください。
急いでいる場合におすすめなのは、次の2つです。

SMBCモビット…在籍確認なしで利用可能
レイクALSA…5万円までは180日間の無利息期間が利用可能

上記は、どちらも契約が完了すると、セブン銀行ATMから24時間キャッシングが可能となっています。
「土日、祝日、夜間などの申し込みで在籍確認に対応できない」という場合はSMBCモビット、少額をお得に借りたい場合はレイクALSAがおすすめです。

SMBCモビット

借り入れ限度額:1万円~800万円
実質年率:3.0%~18.0%
審査にかかる時間:最短30分 ※申し込む時間帯などによっては翌日以降の取り扱いになることがあります。
融資にかかる時間:当日融資
審査に通過すれば原則24時間、約3分での振り込みが可能。
WEB完結申込を利用すれば、在籍確認なしで契約することができる。
10秒簡易審査を利用することができる。
スマホアプリを使用すれば、カードレスで使うことができる。

レイクALSA

借り入れ限度額:1万円~500万円
実質年率:4.5%~18.0%
審査にかかる時間:最短即日審査
融資にかかる時間:最短即日融資
借り入れの全額が30日間まで無利息。また、契約金額200万円までの場合は、借入額5万円までは180日間無利息で利用することができる。
日曜日は18時、それ以外の曜日は21時までの契約完了なら当日中に振込融資を受けることが可能。  ※ただし、一部の金融機関を除きます。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)