最終更新日:2020年01月24日

楽天銀行カードローンは土日祝日OK?即日融資を受けるなら平日

楽天銀行スーパーローンの申し込みの流れとは

従来のローンサービスは土日祝日は会員登録を受け付けていなかったため週末に現金を用立てるのは困難でした。
しかし最近は土日祝日でも平日と変わらず会員登録の受け付けと審査を行ってくれるところが増えてローンの利便性が向上しています。
大手楽天銀行が手掛けるローン「楽天銀行スーパーローン」も土日祝日でも関係なく会員登録を含めた全ての申請が可能と考えている方が多いのですが、実際は土日祝日の審査を行っていません。
土日祝日に申し込んでも借入できるのは翌営業日になるので週末に借りたい場合は事前に会員登録を済ませておく必要があります。

楽天銀行スーパーローンの申し込みの流れ

楽天銀行スーパーローンを利用するには、いくつかの手順を踏む必要があります。順を追って説明しましょう。
1.公式サイトを開いて申し込みフォームを表示させ、氏名などの必要事項を埋めて送信します
2.申し込みに関する確認メールが届く
3.支払い能力を確かめる審査が行われる
4.審査の結果を伝えるメールが届きます
5.仕事場に在籍確認の連絡が来る
6.楽天銀行から確認の電話るので対応する
7.本人確認書類など必要な書類を一通り送信する
8.送信した書類に不備がなければローンカードを渡される
9.支払い口座に楽天銀行以外を指定した場合は口座振替依頼書を楽天銀行に郵送する

楽天銀行スーパーローンは土日でも申し込みできる

インターネットで申し込めるほとんどのローンサービスはいつでも申し込めるのが当然になっています。
深夜や早朝を問わず申し込みを済ませることができるので大変便利です。
仕事が忙しく平日は申し込み手続きをやっている暇がない方でも夜や休日に申し込みをして、結果を翌日の空いた時間に確認できます。楽天銀行スーパーローンも同様に24時間365日好きなタイミングで申し込みが可能です。店舗の営業時間に縛られることが無いのでローンを簡単に始められます。

楽天銀行スーパーローンの審査は平日のみ

楽天銀行スーパーローンは24時間受け付けていて大変便利ですが、申し込んだ後に行われる審査は平日しか行われていないので注意が必要です
申し込みを済ませると楽天銀行からメールが送られてきますが、これはプログラムが自動返信するものでスタッフが対応しているわけではありません。
メールが送られてくるのでスタッフが24時間交代で対応してくれていると誤解してしまう方もいますが、サポートセンターに電話しても深夜など営業時間外には対応してもらえません。
審査は平日の昼間のみと覚えておきましょう。

楽天銀行スーパーローンの審査の流れ

楽天銀行スーパーローンの審査はなぜ時間がかかる?

一般的にローンサービスの審査は融資してもらう金額が大きくなるほど厳しくなります。
楽天銀行スーパーローンで借りられるお金の最大額が800万円であり、消費者金融の平均融資上限額に比べて高額となっています。

高額のローンサービスを利用する場合、担保が必要になるケースが少なくありません。
例えば住宅ローンなら購入予定の建物および土地が担保とされることが多いですし、保証人も必要です。
数百万円借りる自動車ローンも保証会社との契約が欠かせません。
このように高額ローンを利用するには本来厳しい条件が付きます。楽天銀行スーパーローンの審査が厳しいのも納得でしょう。

楽天銀行スーパーローンの審査内容について

少しでも審査を通りやすくするために審査内容を確認しておきたいところですが、楽天銀行では審査の詳細に関しては一切公表していません。
これは楽天銀行が特別なのではなく、ほとんどのローンサービスがそうしています。
しかし、口コミや専門家の情報から書類審査で何が審査項目になるかは分かっています。
予想される審査項目は次のとおりです。

・申込者の基本情報:生年月日、住所、電話番号、メールアドレスなど
・申込者の住まい:持ち家か賃貸か、および家族構成
・職業:勤務する企業、勤務地、企業の規模、企業の業種、申込者の役職、勤続年数など

審査には在籍確認がある

楽天銀行スーパーローンの審査は複数のステップがあります。
まず最初のステップでは申請内容について審査が行われます。申請内容に嘘偽りはないか、審査項目の内容は融資して問題ないものか否か厳しく審査されます。
このファーストステップをクリアした後に行われるのが在籍確認です。
在籍確認とは申込者が申請にあった勤務先に本当に在籍しているか確認するために行われます。
楽天銀行のスタッフであることは告げられず、一般人の個人を装って勤務先に電話で確認しますから申込者がローンを利用しようとしていることが同僚に知られる心配はありません。

審査は総合的に判断される

楽天銀行スーパーローンの審査は申込者の支払い能力を徹底的に調査するので、その調査対象は多岐に及びます。
申請内容はもちろん、それ以外にも信用情報機関が保管する個人信用情報も調べられます。
個人信用情報とはローンやクレジットカードの利用履歴や、延滞などの金融事故に関する情報が記載されたデータのことです。
楽天銀行はこのデータを見て申込者の支払い能力を検証します。
このように膨大な調査を行うため楽天銀行スーパーローンの審査は時間がかかってしまうのです。

人によっては早めの融資も可能

一般的に銀行が提供するローンサービスの審査は厳しく時間がかかります。
楽天銀行スーパーローンもその傾向がありますが、申込者が大企業の正社員または平均世帯収入の倍以上年収がある人など支払い能力が飛びぬけて高い場合は審査が短時間で終わることもあります。
つまり、支払い能力が高く審査が短時間で終わった場合は、申し込んだその日に借入できる可能性があるのです。

銀行の提供するローンは即日融資が難しいと言われますが、楽天銀行スーパーローンに関しては可能性があるので試してみるといいでしょう。

楽天銀行スーパーローンを審査はいつまでに済ませるべき?

楽天銀行スーパーローンは申し込みはいつでも可能ですが、審査が土日祝日に対応してもらえないため、週末に現金が必要な場合は対策が必要です。
もっとも有効な対策は金曜日の午前中のうちに申し込みを済ませておくことです。
午前中のうちに済ませておく理由は審査時間が数時間に及ぶケースがあるため。
申込者の申請内容によっては幅広く資料を集めて検討したり、申請書の内容をチェックするのに審査時間がかかります。
午後に申し込むと最悪の場合、翌営業日に審査作業を送らされる可能性もあります。
金曜日の内に審査を終わらせたいなら午前中の早い時間帯に申し込みを終わらせてください。

審査の結果は数日で連絡

ローンを申し込む方の多くが少しでも早く手元に現金が欲しいですから、審査にかかる時間は大変重要です。
審査時間が長すぎて必要な時に十分な資金が得られなかったのでは元も子もありません。楽天銀行スーパーローンの審査は申し込み当日に結果が出る場合もあれば、2日営業日後になる時もあります。審査時間に大きく影響するのは年収や勤務先です。この2つの評価が低いと支払い能力が不足していると判断され、他の審査項目を細かく調べることになるので時間がかかります。審査結果は最悪の場合、2日営業日後になることも考慮し早めに申し込みましょう。

楽天銀行スーパーローンは連休に注意

楽天銀行スーパーローンに申し込む場合、連休の前日は避けるのが賢明です。
もし審査が長引いて当日に終わらない場合、その結果が分かるのは連休開けになります。
ゴールデンウィークなど長期休暇とぶつかった場合、審査の結果が分からないまま長期間過すことになりストレスが溜まるでしょう。
連休中に必要だった現金も手に入らず予定を大きく変更することにもなりかねないので、申し込みの際はカレンダーを意識するのを忘れないでください。

楽天銀行スーパーローンの審査に通れば土日の振り込みも可能

土日祝日に審査をしてもらえないことで大きな不便を被ることになると、これまで何度も話してきましたが、一度申請をパスしてしまえば借入の申し込みは24時間いつでも可能になります。楽天銀行スーパーローンは審査に合格すればスグ使えるようになりますから、審査の煩わしさがウソのように気持ちよく利用可能です。銀行振込かローンカードを使った融資が受けられますから、使い勝手の良いものをその都度選んで上手く利用しましょう。

実際の楽天銀行スーパーローンの利用方法

楽天銀行の審査をパスしたなら申込者は晴れて楽天銀行スーパーローンの正式会員になります。
審査合格の連絡メールを受け取った後2週間以内にローンカードが郵送されるので間違いなく受け取りましょう。
ローンカードは自宅以外にも職場に郵送することも可能ですから、絶対に自分で受け取りたい方は郵送先を工夫してください。
カードが届くまでは銀行振込による借入しかできませんが、カードが届けばATMを使った借入ができます。

楽天銀行スーパーローンの口座振り込み

ローンカードは借入が手間なく迅速にできるので銀行振り込みに比べて使いやすいと説明しましたが、申し込み直後はカードがありませんから銀行振込に頼らざるをえません。
銀行振込で借入する場合は公式の会員サイトにログインして申請フォームに必要事項を記入して送信するだけですから簡単です。
カードをATMに指すローンカードに比べれば手間かもしれませんせが家から一歩も出ずに借入できるメリットは魅力的です。
銀行振込による借入は楽天銀行を使うのがおすすめです。24時間365日いつでも振り込んでもらえます。

カード発送は翌週

ATMがあればいつでも即座に現金が手に入るローンカードですが、審査合格後すぐに入手できるとはかぎりません。
消費者金融のカードローンであれば無人契約で申し込むことで当日にカードを手にできる可能性が高いですが、銀行ローンの場合はそれほど甘くはありません。
金曜日に申し込んで遅い時間に審査に合格した場合、ローンカードの発行や郵送が翌営業日、つまり月曜日になる可能性があります。
月曜日が祝日である場合はさらに遅れるでしょう。
基本的に金曜日など週末や休日前日に申し込むのは避けるのが賢明です

楽天銀行の口座があれば楽天銀行スーパーローンはメリットが多い

銀行振込を使うなら楽天銀行を活用するのがおすすめと話ましたが、より詳細に解説しましょう。
楽天銀行を活用するとは楽天銀行の口座をローンの支払い口座に指定することです。

そのためには事前に楽天銀行に口座を開設しておく必要がありますから、楽天銀行スーパーローンを申し込む前に口座を用意しておいてください。
楽天銀行の口座を利用することでスピーディーな利用が可能になるだけでなく、楽天ポイント(旧:楽天スーパーポイント)が貰える特典を受けられます。

楽天銀行スーパーローンを利用するなら楽天銀行口座を開設しよう

もしも楽天銀行スーパーローンを利用するのであれば、楽天銀行の口座があると便利です。楽天銀行の口座を保有していなくても申し込み自体はできますが、それだと特典の対象になりません。

その特典とは、融資の振込先を楽天銀行口座にすることで24時間365日いつでも振込融資が受けられる点です。24時間365日ですから、土日祝日は関係ありません。楽天銀行の口座があるととても便利ですので、楽天銀行スーパーローンを利用するなら口座を開設したほうがいいです。

楽天銀行の口座開設には最低でも3~5営業日かかる

楽天銀行の口座を開設すれば融資のスピードが早くて便利ですから、ぜひとも開設しておきたいところです。ですが楽天銀行の口座開設で1つ気をつけておきたい点があります。それは楽天銀行で口座を開設するまでの期間です。

申し込めばすぐに開設されるわけではありませんので、ある程度の期間をみておかないといけません。営業日に換算して最低でも3日から5日程度は期間を要しますから、申し込んでから開設されるまで時間がかかります。

ネットからの利用なら手数料無料で借入できる

楽天銀行スーパーローンのキャッシングや返済は、新規申し込み以外の場合は土日祝日でも手数料無料で行うことができます。キャッシングや返済はインターネットを通じて、または提携ATMを利用して行うことができますが、インターネットを通じた手続きは全て手数料無料で利用することができます。ただし、提携ATMを利用する場合には一部の提携ATMで手数料が有料となってしまいます。それ以外のATMを利用した場合には手数料無料で利用することができます。

楽天銀行なら土日祝日のネットキャッシングは即時振込

土日祝日のネットキャッシングは24時間365日即時、指定口座に融資金額が振り込まれます。ただし、土日祝日のネットキャッシングに対応している銀行口座は楽天銀行の銀行口座に限られています。楽天銀行以外の銀行口座を振込口座に指定した場合には、翌営業日に融資金額が振り込まれることになります。ネットキャッシングはスマートフォンやタブレット端末を用いて手続きを行うことができるので、土日祝日にお出かけ先で利用する際には非常に便利です。

提携ATMは手数料無料

楽天銀行はネット専用の銀行であるため、楽天銀行専用のATMというものは存在しません。しかし、楽天銀行には提携ATMがあります。楽天銀行スーパーローンではこの提携ATMを通じて、基本的に24時間借入と返済を行うことができます。ただし、ATMの営業時間次第では24時間対応していない場合があるので注意が必要です。特に、土日祝日の場合はATMの営業時間外となる金融機関が多いです。土日祝日に提携ATMから楽天銀行スーパーローンの借入、返済を行う場合には必ずATMの営業時間を確認しておきましょう。

土日祝日も手数料無料で利用可能な提携ATM

土日祝日でも手数料無料で楽天銀行スーパーローンの借入、返済を行うことができる提携ATMは以下のものです。

・ローソンATM:借入・返済
・イーネットATM:借入・返済
・イオン銀行ATM:借入・返済
・セブン銀行ATM:借入・返済
・三井住友銀行ATM:借入
・みずほ銀行ATM:借入
・北都銀行:借入
・東京都民銀行:借入
・東京スター銀行:借入
・栃木銀行:借入
・大光銀行:借入
・富山銀行:借入
・愛知銀行:借入
・名古屋銀行:借入
・ステーションATM PatSat:借入
・高知銀行:借入

ただし、借入、返済ともに土日祝日に対応しているATMはコンビニATMだけです。それ以外のATMでは借入のみ土日祝日にも対応しています。

一部提携ATMは手数料有料になる

ここまでで紹介してきた楽天銀行の提携ATMでは土日祝日でも手数料無料でローンの借入、返済を行うことができます。ただし、これ以外の提携ATMでは土日祝日には手数料が有料になることもあるので注意が必要です。また、ローンの返済に関しては、ほとんどの提携ATMで対応していません。対応しているのはコンビニのATMだけです。銀行のATMの場合、土日祝日は借入の手続きのみ対応しているので、注意しておきましょう。また、ATMによって営業時間がそれもまた異なるので注意が必要です。

電話で相談しながら土日祝日もキャッシングOK

ここまで楽天銀行スーパーローンのインターネットや提携ATMを利用した借入、返済について紹介してきましたが、楽天銀行スーパーローンは電話キャッシングにも対応しています。電話キャッシングもまた土日祝日にも対応しているので、インターネットや提携ATMの利用が難しい方にとっても利用しやすいサービスとなっています。24時間対応しているので夜間にお金が急に必要になった場合にも対応できます。また手数料も無料なので、余分なお金も必要ありません。

土日祝日の返済は増額・一括返済の随時返済のみ可

金融機関によってはローンの返済は振込に対応しているところもありますが、楽天銀行スーパーローンの返済では、毎月の返済の方法は口座振替のみに限定されています。ただし、毎月の返済額に追加して返済をする随時返済の場合は、提携ATMでの入金、金融機関からの振込にも対応しています。土日祝日でも利用することができるので平日は仕事で忙しい方にとっては便利です。また、返済に関しては提携ATMの利用に関する手数料は無料となっています。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)