最終更新日:2020年01月30日

楽天銀行カードローンは専業主婦OK?家族バレが心配な方に朗報

主婦が楽天銀行スーパーローンを利用するメリット

ほとんどのローンを利用する場合、「安定した収入」が必要ですよね。
基本的には、収入のない主婦が利用することは出来ないものです。

でも、楽天銀行スーパーローン安定した収入の無い主婦でも利用できるんですよ。

収入証明も不要ですし、在籍確認もありません。
配偶者の勤務先も伝えませんので、配偶者にバレる心配もありませんよね。

最大50万円まで、保証人無しで融資を受ける事が出来るんです。
主婦にとってはメリットの多いローンと言えますよね。

楽天銀行スーパーローンの利用条件

ではなぜ、楽天銀行スーパーローンは安定した収入の無い主婦でも利用できるのでしょうか。

楽天銀行スーパーローンは、主婦が申し込む場合でも、配偶者の名前などではなく本人名義で申し込むことができます。
振り込みも本人名義の口座となりますので、基本的には配偶者にバレる心配もありません。

では、楽天銀行スーパーローンの利用条件や、借りられないローンがある理由などから、楽天銀行スーパーローンが主婦でも借りられる理由を考えていきたいと思います。

楽天銀行スーパーローンの利用条件

安定した収入の無い主婦でもOKだからと言って、誰にでも貸してくれる訳ではなく、もちろん楽天銀行スーパーローンにもきちんとした利用条件があります。

満20歳~62歳以下の人
・日本在住(外国人の方は(特別)永住権を持つこと)の人
・本人又は配偶者に安定した収入がある人
保証会社の審査に通る人

注目点は、「本人又は配偶者に安定した収入」という点ですね。
本人だけでなく、配偶者の収入が考慮されるため、収入の無い主婦でも利用できるという訳です。

保証会社の審査について

楽天銀行スーパーローンの申し込み条件には、「保証会社である楽天カード株式会社または株式会社セディナからの保証を受けることができる方」という事項があります。

楽天銀行スーパーローンの申し込みにあたっては、楽天銀行のカードローンの審査に加えて、保証会社の審査にも通過する必要があるということになります。

過去に保証会社とトラブルを起こしたことがある場合、保証会社の審査に落ちることがありますので、心当たりのある方は注意が必要です。

主婦におすすめなのは銀行系カードローン

カードローンと言えば、CMなどでもよく目にするような大手消費者金融のイメージが強いかも知れませんね。

でも実は、主婦は消費者金融のカードローンを利用することができません。
これは、消費者金融各社が勝手に主婦お断りと定めているからという訳ではありません。

同じカードローンでも、楽天銀行スーパーローンは利用出来るのに不思議ですよね。
これには、消費者金融と銀行との法律の違いが関係しています。

それでは、消費者金融と銀行の法律の違いを少しだけ見てみましょう。

貸金業法の総量規制による消費者金融の規制

銀行に適用されるのは、その名も「銀行法」です。
それに対して消費者金融に適用される法律は、「貸金業法」となります。

そして、貸金業法の中には「総量規制」という規制が存在します。
この中には、消費者金融が融資できるのは年収の1/3までとすることなどが定められており、もしこれらを守らなければ行政処分の対象となってしまうのです。

銀行法にはこのような項目はありませんので、楽天銀行スーパーローンは年収が無くても利用できるという訳です。

主婦が楽天銀行スーパーローンで借り入れできるのは50万円まで

配偶者の収入が考慮されると言っても、楽天銀行スーパーローンで主婦が借りられる金額は、最大でも50万円までと決まっています。
この借り入れ限度額は、いくら配偶者が高収入であったとしても変わることはありません。

でもこの「50万円」という金額は、他の銀行系のカードローンと比べてみても高めの水準となっているんですよ。
では、楽天銀行スーパーローンと、他の銀行で主婦が利用可能な借入限度額を比較して見ていきましょう。

主婦の利用限度枠を比較―楽天銀行スーパーローンと他銀行のカードローン

楽天銀行スーパーローンの利用枠の限度は50万円でしたね。

イオン銀行でも50万円まで借りることができます。
そして、みずほ銀行の借入限度額は30万円です。

その他の銀行は利用可能ではあるものの、限度額は審査結果次第だったり、そもそも主婦は利用不可だったり。
主婦がカードローンを利用するのはそれだけ難しいということになるのかも知れません。

そう考えると、楽天銀行スーパーローンは主婦にも優しいサービスと言えるのかも知れませんね。

楽天銀行スーパーローン 申し込み前のチェックポイント

楽天銀行スーパーローンは、多くの人が利用しやすいカードローンとなっており、全国たくさんの人々に利用されています。

しかし「利用しやすい」からといって、誰でも契約ができるというわけではありません。
審査の結果によっては審査落ちとなってしまい、契約できないという可能性もあります。

そこで、楽天銀行スーパーローンの審査に通る条件について紹介します。
まずは、申し込みを行う前のチェックポイントを見てみましょう。

①「ブラックでなく、返済能力がある」ことが、審査通過の条件

審査に通る条件としては「ブラック状態でなく、返済能力がある」ことがあげられます。

ここでいうブラックとは、

5年以内に3ヶ月以上、金融機関や携帯電話会社の支払い延滞をしている
5年以内にローン・クレジットカード、携帯電話会社から強制解約措置を受けている
5年~10年以内債務整理を行っている

というものです。

この条件をすべて満たしていなければ、審査に通ることはできません。
該当するものがある場合は、利用を諦めるか、他の家族から申し込みをしてもらうことをおすすめします。

②入会時に、楽天スーパーポイントが1000ポイントもらえる!

楽天銀行スーパーローンには、公式HPから申し込んで入会すると、1000ポイントをもらえるというサービスがあります。

このポイントは楽天市場で利用したり、楽天Edyポイントに交換することが可能となっています。
入会するだけでポイントがもらえるのは嬉しいサービスですよね!

さらに、楽天スーパーローンの利用状況に応じて、最大30,000ポイントをもらうことができます。

なお、このポイントは入会月の月末に付与されますが、通知などはありません。
進呈されたあと15日で消滅するため、有効期限には注意してくださいね。

楽天銀行スーパーローン 契約の流れ【主婦の場合】

主婦の方がカードローンを申し込む場合、「家族には内緒にしたい」「誰にも知られたくない」というケースは少なくありません。

実際のところ、100%バレないという保証はありません。
ただし、「家族にバレにくい申し込み方法」は存在します。

そこで、次からの項目では「家族にバレにくい申し込み方法」について紹介します。
家族に内緒で楽天銀行スーパーローンを契約したいと考えている方は、ぜひ内容をチェックしてみてください。

①「主婦のお客様専用申込ページ」から申し込む

楽天銀行スーパーローンでは、

・楽天IDを持っている方
・IDを持っていない方
・アルバイトの方

など、それぞれ申込者の状況に合わせて、申込ページを細かく分けています。

主婦の方については、「主婦のお客様専用申込ページ」というものがあります。

大きな違いは「勤務先の項目」です。
主婦の場合は勤務先の項目などの入力が不要となるため、申し込みもスムーズなのです。

ぜひ自分にあったページから申し込みをしましょう。

②キャッシングまでの流れ

専用の申し込みページで必要事項を入力したからといって、すぐにキャッシングができるようになるというわけではありません。
主婦の方であっても、他の方と同じように審査を受ける必要があります。

そこで次に、楽天銀行スーパーローンの「申し込みから契約までの流れ」について見ていきましょう。
家族にバレないように申し込む場合に必要な作業もあります。

そのため、申し込みの流れについてはしっかり確認しておいてくださいね。

楽天銀行スーパーローンの契約までの流れ

[ 楽天銀行スーパーローン契約までの流れ ]

  1. 楽天銀行HPから申し込みをする
  2. 審査を受ける→審査結果は最短で翌日通知される
  3. 審査に通過したら、携帯電話に申し込み確認の電話が入る
  4. 郵送またはアプリからのアップロードで必要書類を提出する
  5. 楽天銀行から振り込みでキャッシングを受ける
  6. 【重要】家族に内緒にしたい場合、オペレーターに相談をする
  7. ローンカードや口座振替依頼書が届いたら、口座振替依頼書に記入して返送する


カードローンに関するものだと分かるようにはなっていませんが、
郵便物の配達を避けることはできません。
また、日時指定も不可能です。

家族にバレないようにするには、郵便物の中身を見られないよう気を付けなくてはなりません。

審査は主婦でもある

在籍確認も収入証明もありませんが、主婦だから審査が無いという訳ではなく楽天銀行スーパーローンを申し込めば、主婦でも必ず審査を受けることとなります。

連絡先など簡単な個人情報しか入力していないのに、審査することがあるのかと思うかも知れませんが、審査は申し込み者が申告した内容だけでなく、信用情報の確認などが行われます。

警察庁のデータベースへの照会や、信用情報機関への照会などですね。
警察庁と聞くと不安になるかも知れませんが、反社会勢力への資金提供を防ぐためのものですので心配は不要です。

過去と現在の借金歴は、信用情報機関への照会でわかる

信用情報機関には、あらゆる金融機関から寄せられた金融取引に関するさまざまな記録が一定期間保管されています。
カードローンやクレジットカードなどの借入履歴や返済履歴などもしっかり記録されていますので、申し込み時の他社からの借入額で虚偽の申告をしてもすぐにばれてしまいます。

また、返済の遅延や金融事故なども当然記録されていますので、過去にこれらのトラブルがあった場合は、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。

③配偶者に関する書類は不要!必要なのは「本人確認書類」だけ。

主婦が楽天銀行スーパーローンを利用する場合に必要となるのは、申込者の本人確認書類のみで、配偶者の本人確認書類や収入証明書は不要です。

[必要となる本人確認書類]
・運転免許証
・健康保険証
・パスポート

運転免許証やパスポートを持っていないという方はいるかもしれませんが、健康保険証なら誰でも用意できることでしょう。
自分自身の本人確認書類があればいいだけなので、とても手軽に申し込みをすることが可能となっています。

本人確認書類は郵送することも可能ですが、時間がかかるためスマートフォンアプリを使って写真を撮って送信することもできます。

健康保険証の被保険者区分に注意

運転免許証やパスポートを持っていない場合には、健康保険証を本人確認書類として提出する可能性が高いですよね。

限度額が50万円あれば十分という方の中には、収入があるにも関わらず主婦として申し込めば、在籍確認もなく審査も簡単そうで良いと考える方もいらっしゃるかも知れません。

ここで気をつけたいのは、提出する健康保険証の被保険者の区分です。

もしこの区分が「家族(被扶養者)」ではなく、「本人(被保険者)」となっている健康保険証をお持ちの方が主婦として申し込めば、虚偽の申告となってしまいますので注意して下さいね。

必要書類は専用アプリで提出できる

楽天銀行スーパーローンでは、楽天銀行専用のアプリを利用して書類の提出をすることができます。
アプリの指示に従って操作するだけなので、初めての方でも問題なく利用できます。

このため、書類提出にかかる時間が非常に短くてすみますし、時間を問わず提出することができます。
さらに、書類の原本を写真撮影して提出するだけなので、コピーをとりにいく必要などもありません。

なるべく手早く提出を済ませたい場合は、前もってアプリをダウンロードしておくのがおすすめです。

楽天銀行スーパーローンは、配偶者の同意なしで申込みできる

主婦本人に収入が無いにも関わらず、配偶者の勤務先情報も不要となると、配偶者の収入を証明しなくてはいけないのでは無いかとお思いの方もいらっしゃるかも知れませんが、楽天銀行スーパーローンの申し込みには配偶者の収入証明も不要です。

それどころか、配偶者の同意すら必要無いんですよ。

安定した収入のある利用者とは違い、主婦の利用限度額は最大で50万円と低めに設定されています。
万が一の場合の銀行の損害も低いため、そのあたりは融通されているというわけですね。

④配偶者の勤務先を入力する必要はない(在籍確認の電話もない)

楽天銀行スーパーローンは主婦でも利用が可能です。

配偶者の勤務先や収入を記載する欄はなく、楽天銀行が配偶者と連絡を取る手段がありません。
そのため、一般的には必要となる「在籍確認」もありません。

そのため、家族にバレにくいカードローンであるといえます。

在籍確認とは、楽天銀行の担当者が申し込み者の勤務先に直接電話をかけて、申し込み者が実際に勤務しているかを確認するものです。
でも、主婦の在籍を確認する勤務先なんてありませんよね。

もちろん自宅に届いた郵便物や口座の取引履歴を見られた場合は、キャッシングが発覚してしまう可能性はあります。
家族に内緒にしたい場合は、しっかりと注意する必要があります。

⑤バレずに利用したい場合は、審査通過後にオペレーターと電話相談

「配偶者や家族に内緒でカードローンを利用したい」という場合は、審査通過後にオペレーターに電話で相談しましょう。
最初に届くローンカードや、口座振替依頼書の郵送をストップすることはできないため、一度は楽天銀行からの郵送物を受け取らなくてはなりません。

しかし相談をすることによって、「利用限度額増額の案内」などのダイレクトメールを止めてもらうことは可能です。
そのため、審査を通過したら、まずは電話で相談してみましょう。

楽天銀行カードセンター
TEL0120-730-115(平日9:00~21:00)

楽天銀行スーパーローン 2種類の借り入れ方法

申し込みをして審査が終わると、楽天銀行スーパーローンを利用して借り入れをすることが可能となります。
そこで、次に楽天銀行スーパーローンの借り入れ方法について見てみましょう。

楽天銀行スーパーローンでは、2種類の借り入れ方法が用意されています。
そこで、この2つについてそれぞれ解説します。

実際に楽天銀行スーパーローンを使って借り入れをする場合にスムーズに進められるよう、借り入れ方法についてもぜひチェックしてくださいね。

①「振込キャッシング」・「提携ATM」

楽天銀行スーパーローンの借り入れ方法には、「振込キャッシング」「提携ATMからのキャッシング」があります。
カードローンは限度額の範囲内であれば、何度でも好きな方法で借り入れを行うことが可能となります。

提携ATMを使う場合は、ATMの種類によって手数料が違います。
手数料が無料となるATMについてあらかじめチェックしておきましょう。

家族に内緒で借り入れをしたい場合は、振込キャッシングがおすすめです。
なぜなら、振込キャッシングなら利用明細が発行されないからです。

ATMを利用する場合は、明細はしっかり処分しましょう。

②楽天銀行口座を持っていれば、24時間365日振り込みキャッシングが可能

もし楽天銀行口座があれば、メンテナンス時を除き、24時間365日、いつでも振り込みキャッシングを受けることが出来て便利です。
楽天銀行スーパーローンで振込キャッシングを受ける方法は以下の通りです。

[ 楽天銀行スーパーローンで振込キャッシングを受ける方法]

  1. メンバーズデスクからログインする
  2. メニューから「キャッシングのお申し込み」を選択する
  3. 借入希望額を入力する

楽天銀行スーパーローンは、楽天銀行の口座がなくても申し込みが可能です。
しかし便利に利用できるため、楽天銀行スーパーローンの利用を考えているなら口座を開設しておくのがおすすめです。

③金融機関によって異なるATM手数料

楽天銀行スーパーローンを提携ATMから利用する場合、金融機関によって手数料が違います。
以下は借り入れ手数料がかからないATMとなります。

借り入れ手数料の掛からない提携ATM

セブンイレブン
ローソン
「E-net」表記のあるATM
セブン銀行
イオン銀行
三井住友銀行
みずほ銀行


その他にも利用できるATMは多数あります。
しかし、せっかくならば手数料のかからないATMを利用することをおすすめします。

【返済の注意点】返済金額は最低月々2000円から

無事に楽天銀行スーパーローンの審査に通過して契約し、キャッシングをした後は返済をしなくてはなりません。
「借りたお金は返す」これは当然のことですよね。

しかし仕組みを理解していなければ、返済が遅れてしまう可能性だってありますよね。
そこで、ここからは、楽天銀行スーパーローンの返済の仕組みや、返済の方法について紹介していきます。

楽天銀行スーパーローンの返済方法をきちんと把握して、しっかり返済を行いましょう。

①約定返済方法:口座引落しのみ。返済日の選択は可能

楽天銀行スーパーローンでは、月々の返済に使える方法は「口座引き落とし」のみとなっています。
家族に内緒で借り入れをしたいという場合は、あらかじめ、自分専用の口座を作っておきましょう。

所持している口座が対応可能か不安であれば、楽天銀行に問い合わせておくと安心です。
なお、ゆうちょ銀行、新銀行東京、大和ネクスト銀行の口座は利用できません。

返済日については、金融機関によって選択することが可能です。
じぶん銀行については毎月12日のみで選択不可。

金融機関ごとの返済日

毎月1日…じぶん銀行以外の、すべての利用可能金融機関
毎月12日…静岡中央銀行、沖縄海邦銀行、商工組合信用金庫以外の、すべての利用可能金融機関
毎月20日…じぶん銀行以外の、すべての利用可能金融機関
毎月27日…楽天銀行口座のみ利用可能

選択の幅が広いのは嬉しいですね。

②毎月の引き落とし金額

次に、楽天銀行スーパーローンの月々の引き落とし額についても見てみましょう。
引き落とし額は、借り入れ残高によって決まります。

借り入れ残高ごとの返済額

10万円以内…2,000円
10万円超30万円以内…5,000円
30万円超50万円以内…10,000円
50万円超100万円以内…15,000円
100万円超150万円以内…20,000円
150万円超200万円以内…30,000円
200万円超250万円以内…35,000円
250万円超350万円以内…40,000円
350万円超400万円以内…45,000円
400万円超500万円以内…50,000円
500万円超600万円以内…60,000円
600万円超700万円以内…80,000円
700万円超800万円以内…100,000円

間違いなく返済するためにも、借り入れ残高と返済額は常に把握しておくことをおすすめします。

③繰り上げ返済(随時返済):「ATM」「インターネット」「銀行振込」

月々引き落としになるのは、最低返済額のみとなります。

この金額は、元本と利息の合計となります。
そのため、最低返済額だけを返済していると、なかなか元本は減りません。

そこで、余裕があるときは繰り上げ返済をしましょう。

繰り上げ返済は、「ATM」「インターネット」「銀行振込」ですることができます。
銀行振込は手数料が発生しますが、インターネット及び一部のATMでは手数料無料となるため、繰り上げ返済をするなら、この2つがおすすめです。

楽天銀行スーパーローンのQ&A

ここまで、楽天銀行スーパーローンについて、

・主婦でも申し込めるかどうか
・家族にバレにくい申し込み方法
・借り入れ方法
・返済方法
・月々の返済額
・繰り上げ返済

などについて紹介してきました。

ここからは、楽天銀行スーパーローンに関するQ&Aを紹介します。
なお、Q&Aを見ても不安なことがある場合は、直接、楽天銀行に確認してみるのもおすすめです。

それでは疑問に感じる人が多い質問について、さっそく見てみましょう。

①家族にバレずに利用できる?

楽天銀行スーパーローンでは、配偶者の勤務先や個人情報を入力する必要がありません。
そのため、借り入れをしても家族にはバレにくいと考えられます。

しかし、「初回は必ず郵送物が届く」「返済は自動引き落としのみ」という点について注意が必要です。

また、返済が遅れれば電話で連絡が入ることが考えられます。
自分自身が気を付けなければ、家族に知られてしまう可能性は否定できません。

家族に知られたくない場合は、しっかりと注意しましょう。

②楽天銀行の口座がなくても利用できる?

楽天銀行スーパーローンでは、楽天銀行の口座を持っていなくても申し込みをすることが可能です。

月々の返済は口座引き落としのみですが、これも楽天銀行である必要はありません。
ほぼすべての金融機関を返済先に指定することが可能となっています。

ただし、楽天銀行の口座を持っていると、24時間即時キャッシングを受けることができて便利です。
そのため、楽天銀行スーパーローンを利用する場合は開設しておいても良いでしょう。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)