最終更新日:2020年02月02日

楽天銀行カードローンの必要書類は?免許証の他に用意するもの

楽天銀行スーパーローンの申し込みのために必要になる書類とは

カードローン初心者の方でもわかりやすい手続きで利用できるのが、楽天銀行スーパーローンです。
楽天銀行スーパーローンはWEB上で申し込みが完結するだけでなく、ネット銀行という特徴を活かし金利が低いという点も評価できます。そんな楽天銀行スーパーローンに申し込みをする際には、いくつかの書類が必要になってきます。このコラムでは《楽天銀行スーパーローンの申し込みに必要な書類》について解説しますので、ご利用を検討されている方は参考にされてください。

本人確認書類

楽天銀行スーパーローンに申し込む際に、必ず必要になってくるのが《本人確認書類》です。下に記載した本人確認書類の内のいずれかのコピー(写し)が必須となりますので、ご確認ください。

・運転免許証 ※裏面に変更情報が記載されている場合は両面のコピー
・健康保険証 ※氏名・生年月日・申込住所が記載されているページ
・パスポート ※日本国内で発行したものに限る。顔写真と所持人記入欄のページ
・住民基本台帳 ※顔写真が付いたものに限る
・個人番号カード ※顔写真が付いたものに限る。氏名・生年月日・住所欄。裏面の写しは不要

収入証明書類について

《本人確認書類》のコピーが用意できたら、次に用意するのが《収入証明書類》です。
下に記載した書類の内のいずれかのコピー(写し)が必要になる場合があります。
会社勤めか自営業かによって用意するものが異なりますので、注意しましょう。
はじめに会社勤めの方の場合に必要な《収入証明書類》について記載しますので、参考にされてください。

■会社勤めの方の場合
・源泉徴収票
・課税証明書(所得証明書)※収入・所得額が記載されているものに限る
・給与明細書

自営業の方の収入証明書類について

次に自営業の方の場合に《収入証明書類》として利用できる書類をまとめてみます。
自営業の方の場合も会社勤めの方と同じように、下に記載した書類の内のいずれかのコピー(写し)が必要になります。
もちろんすべての書類を用意する必要はありませんので、下記の内のいずれかひとつのコピーを取り申し込み前に用意するようにしてください。

■自営業の方の場合
・課税証明書(所得証明書)※収入・所得額が記載されているものに限る
・確定申告書

本人確認できる運転免許証、健康保険証、パスポート

カードローンで必要な本人確認書類は、基本的に運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかでおこなうのが一般的です。
しかし、楽天銀行スーパーローンの場合は上記3つ以外の書類でも本人確認が可能となっています。先ほどご紹介した本人確認書類をおさらいしておきましょう。

・運転免許証
・健康保険証
・パスポート
・住民基本台帳
・個人番号カード

運転免許証をお持ちの方は、運転免許証での本人確認が最優先されます。
必ず運転免許証で本人確認をしてもらうようにしましょう。

本人確認書類

楽天銀行スーパーローンに申し込む際に《本人確認書類》が必要になるというお話は先ほどさせていただきました。楽天銀行スーパーローンの場合、申し込みに使うことができる本人確認書類には、運転免許証、健康保険証、、パスポート、住民基本台帳、個人番号カードの5つがあります。
いずれも原本の提出は必要なく、コピー(写し)で構いません。提出した本人確認書類のコピーは返却されませんので、間違っても原本を提出しないよう注意しましょう。

審査状況によって収入証明書類の提出が必須になることもある

楽天銀行スーパーローンに申し込む際には、《収入証明書類》が必要になる場合があるというお話は先ほどいたしました。
下に記載したのは、基本的に《収入証明書類》の提出が必要ない条件の方です。

・利用限度額100万円以下の契約をする方 ※個人事業主および法人代表者の方は100万円以下での収入証明書が必要
・主婦の方

ただし、審査状況によっては収入証明書類の提出を求められることもありますので、心構えをしておきましょう。

収入証明書類

審査状況によって収入証明書類の提出を求められた場合、どういった書類を用意すれば良いのでしょうか?
前の項目で解説した内容と重複する部分はありますが、念の為おさらいしておきましょう。
会社勤めの方と自営業の方では用意する書類が異なります。

■会社勤めの方の場合
・源泉徴収票
・課税証明書 ※収入・所得額が記載されているものに限る
・給与明細書

■自営業の方の場合
・課税証明書 ※収入・所得額が記載されているものに限る
・確定申告書

ここからは楽天銀行スーパーローンの基本情報をご紹介!

楽天銀行スーパーローンはネット銀行最大手の楽天銀行が提供するカードローンです。ネット銀行のサービスであるが故に、全ての手続きがインターネットを通じて行うことができるようになっています。よって、店舗にてカードローンの手続きを行うことが面倒だったり、多忙のため不可能な方、外出先で利用したい方にとってはおすすめのカードローンです。また、楽天スーパーポイントが貯まるようになっているので楽天ユーザー向けの商品と言えるでしょう。

楽天銀行スーパーローンに向いている人とは

ここから楽天銀行スーパーローンがどのような人に向いているのかを具体的に紹介していきますが、自分自身がどのような動機でカードローンの利用をしようとしているのかをまずは思い浮かべてみてください。具体的には、借りたい金額、そのお金をいつまでに用意したいかなどです。そのような自分の希望とこれから説明する楽天銀行スーパーローンの特徴を照らし合わせてみて、このカードローンが自分の求めているサービスなのかを確認してみて下さい。

高額融資を希望している

まず、楽天銀行スーパーローンは高額融資を希望している方に適したカードローンとなっています。カードローンのサービスの提供元は主に銀行と消費者金融とがありますが、両者を比較した時に銀行系のカードローンの方が金利が低く設定されている傾向があります。融資の額が高額になってしまうと、返済期間も長期化しやすく、その分ちょっとした金利のちょっとした違いが総返済額の大きな違いとなって現れてしまいます。銀行系カードローンの楽天銀行スーパーローンは消費者金融系カードローンよりも金利が低水準になっており、高額融資を希望する人に適したサービスとなっています。

楽天銀行スーパーローンに向いていない人とは

ここまでで紹介した通り、高額融資を希望する方は楽天銀行スーパーローンを利用すれば金利面でのメリットを享受することができますが、誰しも楽天銀行スーパーローンを利用すれば得をするというわけではなく、場合によっては楽天銀行スーパーローンを利用するよりも他社のカードローンを利用した方がお得になる場合もあります。では具体的にどのような方が楽天銀行スーパーローンの利用に向いていないのかというのをここから紹介していきたいと思います。

少額融資希望の人

楽天銀行スーパーローンは高額融資を希望する人には向いているとお伝えしましたが、逆に少額融資を希望する人には向いておらず、消費者金融系のカードローンを利用した方がお得になります。なぜなら、消費者金融系のカードローンには期間限定の無利息期間がサービスされるからです。一般的に、契約の翌日から30日間利息ゼロ円というサービスを提供している消費者金融が多いです。つまり、少額を借りて、30日以内にそれを完済してしまえば利息負担はゼロ円になるのです。しかし、楽天銀行スーパーローンには無利息期間のサービスはなく日割りで利息計算されるので、少なからず利息の負担があります。

即日融資希望の人

カードローンを利用する人には急ぎでお金を準備したい方が多いです。もし即日融資を希望している場合には楽天銀行スーパーローンの利用は適していません。楽天銀行スーパーローンをはじめ銀行系カードローンでは、一般的に融資が実行されるのは最短で申し込みの翌営業日です。なぜかというと、警視庁のデータベースと申込者の情報を照合して、申込者が反社会的勢力ではないかどうかを調べる必要があるからです。一方で、消費者金融系のカードローンはそのような手続きの必要がなく、最短60分で融資を受けることが可能です。ですから即日融資を希望している方は消費者金融系のカードローンの利用が適しているのです。

楽天銀行スーパーローンの申し込みの手順

まずは楽天銀行の公式サイトを開き、申込フォームに入力をしていきます。ここで楽天銀行IDや口座を持っている、あるいは持っていないという選択肢が出ますので自身の状況に応じて選択します。入力事項では家賃や住宅ローンの支払い月額なども聞かれますので、正確に把握をしておくようにしましょう。その後、申込受付メールが届いたらいよいよ審査が行われます。ただしあくまでも仮審査ですので、基本的にはここは通過しやすいと言われています。

楽天銀行スーパーローンの利用までの流れについて

上述のように申し込みが済んだならば、今度は契約内容を確認するために職場への在籍確認の連絡が楽天銀行株式会社から行われます。単純に確認をするだけではなく、その後に必要となる書類の案内なども含め重要な連絡なので、連絡がきたからと安心してはいけません。連絡でも伝えられますが、3日以内に伝えられた書類を送付しなければならないので準備する必要があるのです。それからカードなどが郵送され、口座振替依頼書を楽天銀行に返送すると利用可能になります。

楽天銀行スーパーローンの審査について

インターネットを利用した申し込みが完了すると、実際に融資を実行することができるかどうか楽天銀行側の審査が行われます。どのような条件を満たしていれば審査に通るのか、またはなぜ自分が審査に落ちたのかなど楽天銀行スーパーローンの審査基準について正確な情報を知ることはできません。しかし、カードローンの申し込み条件などから、どのような基準で審査がおこなわれているのかを推測することはできます。では、どのような審査基準が想定されるのかについてここから紹介していきます。

収入が安定しているかどうか

楽天銀行スーパーローンの審査で最も重要視されていると推測されるのが収入の安定性です。実際に、インターネット経由で楽天銀行スーパーローンの申し込み手続きを進めていけば分かるのですが、勤続年数を1年未満で入力しようとすると、申し込みをすることができません。つまり、勤続年数1年未満の方は楽天銀行スーパーローンの申し込みの対象外なのです。このことから転職を繰り返したりして収入が不安定な方への融資を避けていることが分かります。

「収入が安定している」と見なされるための条件とは 

楽天銀行スーパーローンの審査では「収入の安定性」が重要視されるということを紹介しましたが、収入の安定性とは高収入であることとはまた別問題です。例えば、ある1か月だけ100万円の収入があって、他の月は平均10万円以下の月収というのは収入が安定しているとは言えません。月収が10万円であったとしても同じお金の出所から安定して毎月10万円の収入がある方が、収入が安定しているとみなされるのです。ですから単発のアルバイトである月だけ沢山の収入を得たとしてもそれはほぼ参考外となるのです。

勤続期間が短い場合には

勤続期間が1年未満の場合にはインターネットの申し込みフォームから楽天銀行スーパーローンの申し込みができないということを紹介しましたが、勤続期間が1年未満の場合は申し込みを諦めなければならないのかというとそういうわけではありません。コールセンターに問い合わせたところ、とりあえず勤続期間を1年で入力して申請し、後で電話で訂正すればいいとのことでした。ただ、1年以上の勤続期間がある人と比較すると審査を通過しづらいことには変わりありません。

通過しやすい人の特徴

カードローンの審査とは、申込者が融資を受けて、その金額の返済を行っていく能力があるかどうかバックグラウンドを調査する場です。申込者は自身のバックグラウンドについて申し込み時に申請するのですが、それが間違った情報ではないか裏付けをしていきます。カードローンの審査を通過しやすい人とはつまり返済能力がある人ということを意味しますが、それを知るための手段として信用情報の確認が挙げられます。信用情報は過去、現在の申込者の借入状況、金融事故の有無などの情報を収集したものを指します。その信用情報で借入の経験が少なかったり、金融事故を起こしたことがない方は審査に通りやすくなります。また、勤続期間が長いことや公務員や正社員など収入が安定した職に就いている方は審査を通過しやすいです。

審査落ちしてしまう原因とは

ここまでカードローンの審査を通過しやすい条件を紹介してきましたが、逆にこの条件を満たせば必ず審査落ちするというものもあります。例えば、他社での借入の返済に大幅な遅延を起こしたことがある方は返済能力に疑問符がつき、審査には通りにくくなります。借金の返済だけではなく、クレジットカード、家賃、携帯料金の滞納を起こしている場合も審査を通りにくくなります。また多重債務もマイナス材料で、3社以上から借入がある場合には審査に通りません。その他、自己破産や過払い金請求の履歴がある場合には審査には通りません。

カードローンを一括返済&追加払いで他の人より利息をお得にする方法

カードローンの返済で利息を軽減する手段として、一括返済、追加払い(随時返済)が挙げられます。毎月規定の金額を返済していく方法を約定返済といいますが、約定返済だけしていると月々の返済額は少なくなって生活にゆとりができますが、返済期間が無駄に長くなり、利息負担が多くなってしまいます。そこで、借入残高を一括で返済(一括返済)したり、余剰資金を約定返済に追加して返済(随時返済)したりすることで返済期間が短くなり利息負担が少なくなります。

楽天銀行スーパーローンの在籍確認について

楽天銀行スーパーローンの審査が一通り終わると、その後は在籍確認が行われます。在籍確認とは、申込者が申し込み時に申請した勤務先に本当に勤務しているのかどうかを確認します。こうすることによって、申込者が安定した収入を得ていることを改めて確認することができ、返済能力を知ることができます。このため、カードローンの融資の是非を決定する上では重要な工程となっています。ここからはこの在籍確認について詳しく紹介していきたいと思います。

勤務先への電話連絡によって行われる

まず在籍確認を行う手段に関してですが、カードローンの審査段階で行われる在籍確認は一般的に電話による在籍確認が行われています。楽天銀行スーパーローンもまた在籍確認は電話で行われています。ただ、金融機関から勤務先に電話がかかってきて借り入れの申し込みをしていることがバレるのは嫌なものです。カードローンの中には一部例外的に文書による在籍確認を認める金融機関もありますが、楽天銀行は電話以外の方法での在籍確認ができるのかどうかを確認したところ、電話での在籍確認を試みて応答がなかった場合には再度電話での在籍確認を行うとのことで、文書での在籍確認はできないようです。

電話で名乗られる名前

在籍確認の電話をかける人が自分自身のことをどのように名乗るかによって、申込者がカードローンの申し込みをしているということがバレるのかバレないのかが大きく変わってきます。当然バレたくないという申込者が多いので、銀行側はそれに配慮した対応を取ります。銀行側の担当者は、自分の苗字だけ名乗り、所属先について明らかにすることはありません。そのため、その電話が楽天銀行からの電話だということが職場の同僚の方に知られることはないです。

電話連絡のタイミング

在籍確認の電話が実際に行われるタイミングについては、申込者から特に何の相談もない場合は、審査が一通り終わり次第行われます。しかし、勤務先の都合などによって時間帯を調整したいという方も当然いらっしゃるかと思います。在籍確認の電話の時間帯の調整を行いたい場合は、楽天銀行のコールセンターに電話をかけてその旨を伝えてみて下さい。在籍確認の電話の時間帯の調整に関しては余程のことが無い限り断られることはないでしょう。ただし、在籍確認の担当部署にも業務時間があるので、日中で都合のいい時間帯を伝えるようにしましょう。

楽天銀行スーパーローンの契約について

審査、在籍確認が問題なく終わり、審査を通過することができればついにカードローンの契約を行うことになります。ここまでの手続きに関しても基本的にインターネットを利用して行っていますが、カードローンの契約の際にもインターネット経由で手続きを行っていくことになります。楽天銀行スーパーローンの契約手続きは「契約内容の確認」と「必要書類の提出」の2工程が必要となります。それぞれの工程についてここから詳しく紹介していきます。

契約内容確認

契約内容の確認については電話で行われます。ここで気を付けなければならないのが、周りにその話を聞かれることです。もしカードローンの申し込みについて他人に知られたくないのであれば、誰にも聞かれる心配がない場所に移動して電話での契約内容の確認を行うようにしましょう。具体的にどのような内容の話があるのかというと、審査を通過した借入限度額や金利設定など、借り入れ条件に関することがメインとなります。その後の手続きについても説明があるので、不明な点があればその電話で聞いておくようにしましょう。聞きそびれたらコールセンターに電話をかけて聞いてみましょう。

必要書類提出

電話での契約内容の確認が終わり、提示された契約内容に合意することができるようであれば、必要書類の提出を行います。ここで提出する必要書類は本人確認書類と契約書類です。もし、楽天銀行側からの要請があるようであれば、収入証明書の提出も同時に行うことになります。これらの書類はウェブでアップロードして、送付することになります。アプリを利用して簡単にアップロードすることができます。どうしてもそれが難しい方もいらっしゃるかと思いますが、その場合は郵送での送付も可能です。ただし、郵送の場合には融資実行までの時間が遅くなってしまいます。

楽天銀行スーパーローンの契約内容について

楽天銀行スーパーローンの契約に至るまでの流れについてここまで説明してきましたが、契約する条件というのはローンの審査の段階に楽天銀行側で決定されます。申込者は申し込みの段階で借入希望額について申請することになりますが、その金額がそのまま借入限度額となるわけではありません。あくまでも審査過程で楽天銀行側が判断した申込者の持つ返済能力の範囲内で契約の条件は決定します。審査に通ったからといって100%申込者の希望が通っているわけではないので注意しましょう。

返済能力

楽天銀行スーパーローンの契約内容について、それを決定づける根拠となるのは楽天銀行側がローン審査中に推定して申込者の返済能力です。この返済能力は勤めている企業、年収、勤続期間、これまでの金融事故の履歴などの信用情報等、様々な材料から推測されるものです。もちろん返済能力が高ければ高い程、多くの融資を受けることができる可能性があります。申込者が受けることができる融資の金額のことを融資可能限度額と呼んでいます。

融資可能限度額

楽天銀行スーパーローンの融資可能限度額は申込者の信用度を元に決定されます。初回の契約時には申込者との信頼関係は構築されていない状態なので、信用度は単純に年収、勤続年数から推測される返済能力からのみ決められます。しかし、これが長年、融資を受けてその返済をきちんと行うということを繰り返していくことで信頼関係は構築されていくので、カードローンを使い続けていると融資可能限度額は初回契約時と年収が変わっていなくてもより高額になる可能性があります。

楽天銀行スーパーローンの金利について

楽天銀行スーパーローンの契約時に提示される契約内容において、金利もまた大事な契約内容となります。楽天銀行スーパーローンの金利は融資可能限度額がいくらかによって変動するような仕組みになっています。例えば、融資可能限度額が100万円未満であった場合、金利は最大の14.5%が適用されます。一方で、融資可能限度額が最高の800万円であった場合、金利は最低の1.9%~4.5%の間に設定されます。つまり、融資可能限度額が高ければ高い程、より低い金利でお金を借りることができる可能性が出てくるのです。

初回は最大金利が適用されることが多い

初回利用時には基本的には金利は最高金利の14.5%が適用されることが多いです。なぜなら、楽天銀行側と借り入れの申し込みを行う人との間に信頼関係はまだ構築されていないからです。これが、融資と返済を繰り返し、信頼関係を構築していくことによって、融資可能限度額をより高く設定することができるようになり、それに合わせて金利はより低く設定できるようになります。ただ、消費者金融系のカードローンの場合は最初の金利は18.0%が設定されることが多いのでそれに比べたら十分低金利です。

楽天カードローンの金利はどうやって決まるの?

金利はカードローンの審査によって決定するものです。カードローンの審査では審査をした材料を元に、申込者の信用度をはかります。その信用度に応じて、金利や融資可能限度額を決定します。最初は融資可能限度額が100万円以下になる場合がほとんどで、しかも金利は上限金利の14.5%となります。しかし、この金利は信用度の変化につれて変化します。信用度を上げれば金利はより低く好条件になっていくわけですが、信用度を上げるためにはローンを使い続け、いい返済実績を蓄えていくしかありません。

楽天銀行スーパーローンのカード受け取り方法とは

楽天銀行スーパーローンの契約が締結されたら、ついに融資の実行に向けて動き出すわけですが、ATMから融資を受けようと思う場合にはローンカードを受け取らなければなりません。消費者金融系のカードローンの場合は無人契約機を設置している会社が多く、それを利用してローンカードをそこからすぐに手に入れることができるのですが、楽天銀行スーパーローンの場合は、自社のATMも自動契約機もありません。このため、ローンカードの受け取りは郵送のみとなります。

郵送受取

楽天銀行スーパーローンのローンカードの受け取り方法は、前述の通り郵送のみとなっています。郵送の場合契約を締結してから、カードの発行作業に移り、郵送するので、すぐにローンカードを受け取るということは不可能です。大体1週間程度で自宅に届くと考えておいてください。ただ、その間ずっと融資を受けることができないというわけではありません。ローンカードはあくまでATMから融資を受けるためのツールであって、ローンカードが無くても融資を受ける方法はあります。

楽天銀行スーパーローンの借り入れ方法について

楽天銀行スーパーローンの契約をインターネット上で締結した瞬間から楽天銀行スーパーローンで融資を受けることができる状況になっています。前述の通り、ローンカードは1週間ぐらい経過しないと手元に届きませんが、それ以外の方法で融資を受けることが可能です。もし、契約後すぐにでもお金を受け取りたいという時間的な余裕があまりない方の場合はローンカードを利用してATMで融資を受ける方法ではなく、振込で融資を受ける方法を利用するといいでしょう。

カード借り入れ

カードローンで最もメジャーな融資の受け方はローンカードを利用してATMから借り入れを行う方法です。楽天銀行はネット銀行で提携ATMが豊富に存在しています。特に、コンビニATMとの提携が充実していて、コンビニATMの稼働している時間帯はいつでも融資を受けることができるようになっています。また、コンビニATMからローンカードを利用して融資を受けているのを見られたとしても、普通に銀行口座からお金を引き出している様子にしか見えないので、借入をしていることがバレることはあまりありません。ちなみに、コンビニATMでは、セブン銀行ATM、ローソンATM、イーネットATM、イオン銀行ATMと提携しています。

振込融資

ローンカードを利用した融資の受け取りは誰にでも分かりやすく、コンビニなど身近な場所で利用できるとても利便性の高い方法ですが、カードローンの契約から1週間程度ローンカードが自宅に届くまでに時間がかかってしまうので、それまではATMから融資を受け取ることはできません。そのような場合、振込による融資の受け取りを行えば、カードローン契約直後から融資を受けることが可能となります。ただし、銀行の営業時間内でなければすぐにお金を受け取ることができないので注意しておきましょう。

楽天銀行スーパーローンの返済方法について

楽天銀行スーパーローンの申し込みから融資受け取りまでの一連の流れを紹介しましたが、ここまでですべてが終わったわけではなく、返済についても知っておかなければなりません。むしろカードローンを利用するのであれば最も重要なことといっても過言ではありません。楽天銀行スーパーローンで利用することができる返済方法は以下のような方法が挙げられます。

・口座振替(自動引き落とし)
・ATM返済
・インターネット返済

ここからこれらについて紹介していきます。

ATM返済

ATM返済は楽天銀行スーパーローンのローンカードを利用して提携ATMから返済をする方法です。コンビニATMも提携ATMとなっているので24時間返済を行うことが可能となっています。その他、銀行ATMも提携ATMとなっているところがあり、楽天銀行スーパーローンに利用できるATMの数は非常に多いです。臨時収入やあまりお金を使わなかった月の財布の中の余りのお金を、ATM返済で返済に回しておくと、返済期間が短縮し、利息負担を軽減することも可能になるでしょう。

インターネット返済

インターネット返済は、ネットバンキングを利用した返済方法で、Pay-easy(ペイジー)を利用します。このインターネット返済では、楽天銀行と提携している銀行でなければならないとかいう銀行の縛りがありません。普段、高頻度で使用している銀行口座から返済を行うことができるのです。これによって、わざわざ返済のために銀行口座を開設する必要もなく、自分の使い慣れたネットバンキングを利用して、返済を行うことができるわけです。

口座振替

口座振替(自動引き落とし)は毎月指定した日付(約定返済日)に返済額が自動的に引き落とされるという返済方法です。この方法では、銀行口座にお金がある限り返済漏れをする恐れがなく、それが大きなメリットです。楽天銀行スーパーローンでも主に利用されている返済方法となっています。一方で、随時返済や一括返済にはこの口座引き落としを利用することができないのが一つデメリットと言えます。随時返済m一括返済にはATM返済、インターネット返済を利用しましょう。

楽天銀行スーパーローンの返済日について

返済していく上では、返済方法と同時に返済日についても知っておく必要があります。カードローンの返済において、返済日はいくつか選択肢があって、その中から利用者にとって都合のいい日付を選ぶという制度が一般的に浸透しています。それでは楽天銀行スーパーローンの場合は一体どのような日付を返済日に指定することができるようになっているのでしょうか。ここから、この楽天銀行スーパーローンの返済日について詳しく紹介していきます。

選べる約定返済日

楽天銀行スーパーローンの約定返済日は3つの選択肢の中から選ぶことができるようになっています。その約定返済日は、「1日」、「12日」,「20日」の3日です。この3日のうちどれか一つを指定して約定返済日とするわけです。約定返済日として指定した日に規定の返済額が自動的に銀行口座から引き落としされるようになっています。ただし、一部の金融機関では、約定返済日として指定できない日付も存在するので注意しておきましょう。

27日も指定できる

もし約定返済に利用する銀行口座が楽天銀行の場合には、ここまで紹介した「1日」、「12日」、「20日」の他に「27日」も選択することができます。約定返済日は給料日の直後を選択した方が、お金を使い込む前に約定返済日がやってくるので銀行口座にお金が多く入っていて返済漏れが起こりにくくていいという風に言われていますが、25日が給料日という方は結構多くいらっしゃるかと思うので、27日を約定返済日に選ぶことができるのは非常に便利です。

残高スライドリボルビング方式について

楽天銀行スーパーローンでは残高スライドリボルビング方式という返済方式が採用されています。この残高スライドリボルビング方式は他の多くのカードローンでも採用されている返済方式です。「残高スライド」というのは借入残高によって返済額が決まってくることを指しています。また、「リボルビング」とは同じ返済額を何度も繰り返し支払うことを指しています。では、この残高スライドリボルビング方式がどのようなものなのか具体的に説明していきます。

残高スライドリボルビング方式とは

残高スライドリボルビング方式は多くの金融機関のカードローンで採用されている返済方式です。借入残高は徐々に減っていきますが、借入残高がある一定額を下回ると返済額も下方にスライドする形になります。この返済方式では借入残高が多いと返済額も多くなりますが、返済が進み徐々に借入残高が減少していくにつれて返済額も減少していくことになります。つまり、返済が進むにつれて返済スピードが徐々に遅くなっていくことになります。

借入残高

まずは借入残高について紹介していきます。例えば、40万円の融資を受けたとします。この場合借入残高は40万円ということになります。その後、返済が進んでいったとします。残りの元金が20万円になるまで返済していき、その返済の途中で追加融資を受け奈かった場合借入残高は最初と同じ40万円のままです。しかし、この時点で1万円の追加融資を受けた場合はまた話が変わってきます。借入残高は21万円ということになるのです。つまり、最後に融資を受けた時の残りの元金のことを借入残高というのです。

元金を減らすためには

楽天銀行スーパーローンでは、毎月の約定返済額は無理なく返済を続けていくことができる、低水準に設定されています。しかし、この約定返済額だけ毎月返済しているといつまで経っても元金はなかなか減っていかず、返済期間が非常に長くなってしまいます。トータルで考えると毎月の返済額が多くした方が利息負担が軽減され、よりお得な返済となります。このため、お金に余裕がある時や臨時収入が入ってきた時には約定返済額に加えて、追加支払い(随時返済)をしていくと元金が減るペースが早くなります。

追加支払いのタイミング

楽天銀行スーパーローンで追加支払いをする時にはタイミングに注意しながら行う必要があります。追加支払いをするのであれば、毎月の約定返済日の15日以上前にしておかなければ、返済額全てが元金から差し引かれる計算にはならなくなってしまいます。通常の約定返済とみなされてしまうのです。このため、返済額の一定割合が利息とみなされてしまうのです。効率よく元金を減らしていくためには返済のタイミングもじゅうようになってくることを覚えておきましょう。

楽天銀行スーパーローンの返済額をできるだけ減らす方法

楽天銀行スーパーローンに限らず、総返済額を減らすためには約定返済額のペースに合わせることなく、お金に余裕がある時や臨時収入が入ってきた時に追加支払い(随時返済)や一括返済をして元金をなるべく早く減らしていくことを心がけましょう。こうすることで返済期間が短縮されていき、結果として利息負担が軽減されるのです。また、なるべく手数料のかからない方法で返済をしていくと、より効率的に返済を進めていくことができます。

楽天銀行スーパーローンの解約について

楽天銀行スーパーローンの借り入れ金額を完済した場合には、カードローンの契約はどのようになるのかご存知でしょうか。もちろんそのまま放置していても構わないのですが、放置した場合にはその契約は有効なままの状態となっています。もし一度契約を解消したいというのであれば解約の手続きを踏んで解約することも可能です。ここからは楽天銀行スーパーローンの解約についてその方法や条件などについて詳しく紹介していきたいと思います。

解約する方法

楽天銀行スーパーローンの契約は1年ごとに自動更新されることになっています。契約を解約する場合にはコールセンターに電話をして手続きを進めていく必要があります。ちなみに契約解除を行う場合には1,000円未満の端数を残すことなく完済しておく必要があります。この条件を守っていなかった場合には解約手続きを進めていくことができないので注意しておく必要があります。解約手続きを進める前には元金の残高をしっかり把握しておきましょう。

解約の利点とは

楽天銀行スーパーローンを解約するとどのような変化が起こるのかよく分かっていない方も多いかと思います。そこでここでは楽天スーパーローンを解約することで享受することができるメリットについて紹介していきたいと思います。このメリットに魅力を感じるのであれば解約した方がいいのでしょうし。あまり魅力を感じないと思った場合には解約しない方がいいでしょう。そのままにしておいても手数料はかかりませんし、すぐにお金を借りることができる状態を維持できます。

大型ローンを契約しやすくなる

銀行系カードローン、消費者金融系カードローンの契約がある状態の場合には自動車ローンや住宅ローンの審査に通過できない場合があります。ローンの種類は違えど、多重債務であることは間違いないので、どうしても審査が厳しくなってしまうのです。もし、今後近いうちに家を建てたり、新車を購入したりという予定が明確に定まっている場合には楽天銀行スーパーローンの契約は一度解約しておいた方がいいかもしれません。そうすることで自動車ローン、住宅ローンの審査で確実に通過できるようにしておきましょう。

解約のデメリットとは

楽天銀行スーパーローンの契約を解約することにメリットはもちろんありますがデメリットもあります。今まで築き上げてきた楽天銀行との関係が崩れてしまい、金利や融資可能限度額は再び契約を結ぼうとしても、以前の情報は反映されず、また新規契約と同じ条件で借り入れをする必要があります。このようなデメリットも分かった上で楽天銀行スーパーローンの解約をするのかしないのかを考えることによって、より自分のための有益な選択となるでしょう。

再利用時には再審査を受ける必要がある

楽天銀行スーパーローンを一度解約して再度申し込みを行う場合において、以前高頻度で利用していたからといってその時の待遇が継続して適用されるということはありません。もう一度一から申し込みを行って、初期の審査を受けなければなりません。もし、初めて契約した時と比較して、収入、勤続年数などのデータが悪化してしまっている場合には返済能力が低下しているとみなされ、昔と同じように審査を通過することができない可能性も否定できません。

限度額と金利が初期段階に戻る

長年、楽天銀行スーパーローンを利用してきて、それなりに楽天銀行との信頼関係も構築され、融資可能限度額や適用金利が好待遇であった場合でも、一度解約して、新たに契約を結びなおした場合にはその時の待遇は適用されません。もしそのような待遇を維持しておきたいというのであれば、楽天銀行カードローンは解約せずにおいておくのもいいでしょう。もうカードローンに申し込むことはないと考えるのであれば解約しておいてもいいでしょう。

楽天銀行スーパーローンの基本情報まとめ

楽天銀行スーパーローンは銀行系カードローンということで金利が非常に低く設定されています。金利減額キャンペーンも不定期に行われているので、それと組み合わせると、業界の中で金利が最も低い水準ともいえる存在になりそうです。しかし、銀行系カードローンということで審査には多少時間がかかります。時間的にゆとりがある時に前もって楽天銀行スーパーローンの契約をしておくといざお金が必要になった時にスムーズに手に入れることができていいでしょう。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)