最終更新日:2019年09月05日

即日審査のカードローンと今日中にお金を借りる方法

今日中にお金を借りられる条件とは?

本日中にお金が必要になったとき、どこが貸してくれるでしょうか。そもそも借入れ可能でしょうか。業者をきちんと選べば、即日融資は可能です。銀行カードローンは現在即日融資ができなくなっていますので、消費者金融に限ります。ただし振込など、融資の方法によっては当日借りられない場合もありますので、気を付けなければなりません。また業者は対応してくれても、土日や深夜で、在籍確認が終わらず、融資実行が翌日に廻ることもあります。

即日審査ができることは絶対に必要な条件

即日融資ができるためには、審査が申し込んだ日のうちに終わらなければなりません。大手消費者金融の場合、長年のノウハウの蓄積により、審査スピードはパターン化されていて非常に早く、最短30分で終わります。そして、土日祝日(年末年始休業あり)であっても審査をしてくれます。中小消費者金融の場合、人手も少ないので土日祝日はお休みのところが多いです。曜日によらずに即日融資を受けるためには、大手を選んだほうがいいでしょう。

本当に即日"審査"OKのカードローンで十分なの?

本当に急いで融資を受けたい人ほど、落ち着かなくてはなりません。「即日審査OK」とネットの消費者金融広告に書いてあったら、その業者に申込みをしますか?融資を実際に受けるためには、さまざまなハードルがあります。たとえば、振込融資でないのであれば、基本的にローン専用カードを受け取らなければキャッシングができりません。
カードが郵送されてくるのなら、その日数も計算に入れておかなければなりません。
即日審査が可能であることをうたっていても、それがイコール融資の実行ではないことにご注意ください。

即日審査可能ということは実態は最短2日で融資される

消費者金融ではなく、大手信販会社ですが、セディナの例を見てみるとわかりやすいです。この会社では、セディナカードローンという商品を発行しています。審査は非常に迅速で、カード発行も速い商品です。この点、消費者金融にはかなわないものの、著しく劣っているわけではありません。ですが、カードを利用者に手渡す方法が、郵送しかありません。
最短で、申し込んだ日にカードを発送してくれます。
そうなると、融資実行まで最短で2日かかるのです。

更に数日後に融資されることも

即日審査が可能な業者イコール、即日融資が可能な業者ではありません。
大手の消費者金融は、融資を実行するまでの各場面について、すべてをクリアする努力をを続けた結果、即日融資を実行しているのです。
たとえ平日、営業日であって審査が当日中にできたとしても、中小消費者金融の多くは24時間振込みに対応しておらず、カードの迅速な手渡しにも対応していません。
たとえ審査が早くても、物理的な制約により融資まで日にちが掛かることも珍しくはありません。

即日"融資"OKのカードローンが必要

このように即日審査OKと、即日融資OKとは異なります。
即日融資OKとは、現実的にその日のうちにお金が手元に、または銀行に入ることをいうのです。大手の消費者金融は、ここまで対応をしているわけです。自動契約機でカードを発行してくれたり、24時間365日振込をしてくれたり、スマートフォンを使ったキャッシングに対応しています。
ただしすべての業者がすべての融資方法に対応しているわけではないのでご注意ください。

ポイントは最短30分で審査結果通知

審査から融資の実行までにはさまざまな段階がありますが、審査が速いというのは最大のポイントです。
最短30分での審査をおこなってくれる大手消費者金融が多いです。もっとも「最短」であり、確実に30分ではありません。申込みが集中すれば、遅れることもあります。それでも、おおむね1時間もあれば審査が終わることが多いです。
遅くなることがあるとすると、申込者の勤務先への電話、在籍確認が終わらなかった場合です。この場合は当日に終了しないこともあります。

消費者金融は最短30分で審査結果を出せるのか?その仕組みを解説します!

どうして大手の消費者金融は、30分という短い時間で、融資を実行するかどうか判断することができるのでしょうか。それは、長年蓄積したデータを利用して、申込者をパターン化しているからです。官公庁や大手の企業に勤める人と、個人事業に雇われている人とでは、どちらが長く勤める可能性があるか、誰の目にも明らかでしょう。
こうしたパターンを数多く持っているので、申込みがあれば申込者を点数化して、結論がすぐに出せるのです。

無人契約機の営業時間にも気をつけよう

無人契約機(自動契約機)は、以前は即日融資を受けるための唯一の方法でした。現在は申込方法と融資方法が多様化したので、ひとつの選択肢に過ぎません。それでも、ここに行けば少なくとも融資の可否はすぐわかるわけで、現在でも価値があります。カード受取りの機能もあります。ただし、営業時間に気を付けてください。
レイクALSAの平日は24時までと長いですが、他の契約機はおおむね22時までです。また、プロミスとSMBCモビットの契約ができる三井住友銀行の契約機は、21時までです。

即日審査・融資で選ぶなら消費者金融のカードローン

見てきました通り、曜日や時間を極力問わず即日融資が受けられるのは、消費者金融、それも大手です。具体的には、プロミス、アコム、アイフル、レイクALSA、SMBCモビット等です。2018年から銀行カードローンの即日融資が不可能になったこともあり、消費者金融の価値は増大しています。いざというときがあれば、大手消費者金融のことを思い出すといいでしょう。
もちろん、返せる範囲で借り入れをするようにしてください。

即日融資を受けられる正規の金融業者

急にお金が必要になったら、どこから借り入れたらいいでしょうか。2019年現在、申し込んだその日のうちにお金を貸してくれる正規の業者は、基本的に消費者金融だけです。大手の消費者金融なら、土日祝日も含めて、さまざまな方法により即日融資をしてくれます。消費者金融以外で即日借入れをする方法は、他にはカウンターで即時発行してくれるクレジットカードを作り、キャッシングする方法しかありません。もっともごく一部のカードです。

すぐに融資を利用したいならプロミス

プロミスは三井住友銀行系の大手です。
業界の先駆者として、多くのサービスに努めてきた業者です。
駅前やロードサイドに多くの自動契約機がありますが、現在ではこちらに行く必要はなくなっています。
Web経由で申込みをして、審査に通ってからカードを受け取りにいけばよく、そしてその受取りは三井住友銀行内の契約機でも可能です。
三井住友銀行ATMなら、キャッシングの手数料も不要です。
他にも融資の方法が多数あって、24時間365日対応で振り込んでもらえます。
またスマホアプリを使って、セブン銀行ATMでカードレスキャッシングもできます。

女性が即日融資を受けるならプロミスレディース

女性であれば、レディースキャッシングというものがあります。大手・中小を問わず、多くの業者で取り扱っています。
プロミスにも、プロミスレディースがあります。プロミスレディースは、電話で相談してから申し込みたい女性に向いています。オペレーターが、必ず女性です。ただこの特色以外、商品自体が一般のものと違うわけではありません。
女性に対し、審査や金利を優遇してくれたりはしませんので、期待はし過ぎないようにしましょう。

電話連絡を省きたいならSMBCモビット

SMBCモビットも三井住友銀行系で、プロミスとサービスの多くが共通しています。SMBCモビットの売り物が、「WEB完結」。これは、借り手にプレッシャーとなる、職場への「在籍確認」をしないことを約束している、消費者金融では貴重な融資方法です。
ただし要件があります。まず、次の銀行口座のいずれかを持っていること。
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・ゆうちょ銀行
それから、健康保険組合か協会けんぽの健康保険証を持っている必要があります。

プロミスレディースキャッシングの特徴とは

プロミスレディースと一般のカードローンの違いは、電話を掛けたときのオペレーターが必ず女性だというだけ。現在主流となっている、Web申込みの場合は、違いはまったくありません。女性のWeb申込みについては、どちらのサイトから申し込んでも同じです。なおレディースキャッシングだからといって、専業主婦に貸出しをしてくれたりはしません。
自らの収入のない人に貸し出すことは、現在の貸金業法では不可能となっています。

利息を抑えたいならレイクALSA

現在、初回の借入れの際に自動で適用される「無利息期間」を設けている消費者金融が多くなっています。無利息期間だからといって返済しなくていいわけではないのですが、返済額は利息でなく元本に充当されます。借金は元本を減らさないとなかなかなくなりませんので、無利息期間は大変助かるものです。さて無利息期間は、多くの業者で「30日」となっています。
ですがレイクALSAだけが、「60日」間の無利息サービスを始めました。
さらに5万円までの分に限り、「180日」間の無利息サービスもあり、どちらか選べます。

大手消費者金融の審査に落ちた人にはキャレント

消費者金融における大手と中小の違いがどこにあるかというと、もっとも大きいのが審査の方式です。中小のほうが、借り手の個別の事情を見て、柔軟に審査を通してくれる場合が多いといえます。これは必ずしも審査が甘いということではありません。
ですが、例えば過去に金融事故(滞納)などがあり、大手が貸してくれない人であっても、現在の収入が安定していれば中小は審査を通してくれるということもあるのです。中小消費者金融のキャレントは、東京の業者です。
全国どちらにお住まいでも、振込融資をしてくれます。
もっぱらWeb申込みに注力している業者なので、借りやすいでしょう。

審査なしで即日お金を借りる方法はリスクがある

お金を貸してくれるのは、消費者金融等の貸金業者だけとは限りません。貸金業許可がない、金利や貸付額が法律の制限を超えているなど違法なものまで含めれば、さまざまな方法があります。中には知らない人から、インターネットを通して消費貸借契約を締結するなどというものもあります。ただいえることは、合法の業者が貸し付けてくれる場合、「回収が可能」と考えたということです。そうでない場合は、とりあえず貸し付けておいて回収の方法を考えるわけです。
借り手にとって、これほど恐ろしいことはありません。

闇金

闇金とは、貸金業許可を取得していない業者のことをいいます。当然、取り立ても非合法です。いくらお金に困っていても、闇金からの借入れは危険です。それぐらいなら、債務整理をしたほうがいいでしょう。立派なチラシやWebサイトを持っていて、知識がないと闇金であることを見抜けない業者もいるので困ったものです。
架空の許可番号を載せている場合もあるので厄介です。
名前を聴いたことのない業者については、金融庁の公式サイトで貸金業許可を確認すればいいでしょう。

ソフト闇金も違法

ソフト闇金という、不思議な業者が最近は多くなりました。これは貸金業許可を取得していない以上、あくまでも非合法金融です。
ですが金利はむやみには高くなく、暴力的な取り立てもせず、支払いができないときは待ってくれることもあるという業者です。
合法の貸金業者の審査に通らない人には重宝されているようです。ですが、非合法であることは忘れないようにしましょう。ソフトといっても、親切のために貸してくれているわけではありません。

個人間融資も闇金の一種

ネット掲示板などで、知らない間どうしを結びつける個人間融資というものがおこなわれています。低金利時代において、貸す側はハイリスク・ハイリターンの投資ができます。借りるほうは、貸金業者の審査によらずに融資が受けられます。
ある種非常に理にかなっているシステムです。ですが、貸金を事業としてやるようになれば、当然貸金業許可が必要ですし、行政の管理監督も受けなければなりません。それをしていないのですから、これも一種の闇金といえます。


ショッピング枠の現金化もリスクあり

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠とがあります。
お金を借りるのはキャッシング枠を使うのが普通です。ですが、キャッシング枠がいっぱいになってしまった人のために、ショッピング枠を使う方法があります。ショッピング枠で商品や金券を買って、これを売却することで手元に現金が残るわけです。
ギフトカード等をクレジットカードで通信販売している業者もあります。少々割高ですが、ここで購入したギフトカードをチケットショップに売れば、現金が作れるのです。
ですが、金利を計算すると、100%を超えることも珍しく無いこともあり危険な行為と言えます。また、カード会社に発覚すると、カード利用を止められてしまうこともあります。

知人から借り入れる

知人から借り入れるのは、商売として貸金業をおこなうのでなければ法律上の問題が少なく、違法にはなりにくいものです。
人間関係が濃密な時代であれば、これはごく普通のお金の借り方でした。
ただし、難しい問題を多くはらんでいることも確かです。
人間関係の信用によって貸出しをしてくれるわけですが、信用してもらっても、返済資力がなければ返すことはできません。
結果として、貸主の行為を踏みにじり、迷惑をかけてしまうことが考えられます。

借用証明書の作成すべき

知人に貸してもらう際は、言われなくても借り手のほうで必ず借用証明書を作成しましょう。
貸してくれる側が好意で、「出世払い」「あるとき払い」などと言ってくれることもあるでしょうが、本気でそう考えていると、絶対に返せなくなります。これは借金ではなくて、もらったに過ぎません。
いつまでにいくら返済し、金利はどのぐらいで、また返済できないときにはどうなるかをきちんと明記しておくべきです。
それぐらいしないと、先方に甘えてしまって結局迷惑を掛けます。

なぜ審査が必要なのか?

お金がすぐにでも必要なのに、どうして審査があって、はねられることがあるのかと思う人もいるかもしれません。審査にあたっての、法律上の要件もどんどん増えました。現在では、専業主婦に貸してくれる消費者金融はありません。ですがこれはすべて、消費者保護のためなのです。規制がなかった頃、今では消滅した武富士などの業者は、暴力的な取り立てもおこない社会問題と化していました。グレーゾーン金利の廃止もあって、現在では利息制限法に基づく上限18.0%の融資がおこなわれていますが、これにも消費者保護が背景にあります。
消費者保護の進んだ結果、借りられない人が出ても仕方ないのです。返せないと思われている人だからです。

債務整理について

お金を借りられた人は、返せる見込みがあると判断された人です。ですが、人間の立場は一定ではありません。不運が続いて、返済に追われるようになることもあります。そんなとき、自己破産をはじめとする債務整理を検討してみましょう。
真面目な人ほど、こうしたことを嫌がります。
ですが、人間の責任は無限にはなりません。どこかでけりをつけなければいけないので、どの国にも破産のシステムがあるのです。
返せなくなったら破産もやむを得ないものです。

即日キャッシングを無審査で受けたい人は

世の中は、なんとかお金が借りたいという人ほど、お金を借りることができない仕組みになっています。ローンに申し込んでも、必ず審査があって、返済能力を見られるからです。審査の背景には貸金業法などの法律があり、借りる資格のない人が借りようとしても、徒労に終わります。
ですが、「お金をなんとかして借りたい」という考え方自体、そもそも適当ではないかもしれません。
お金に困っているシーン別に、お金を作る方法をそれぞれ考えてみましょう。

現在無職(休職中)の人がお金を工面するには

無職の人は、お金がない場合どうしたらいいでしょうか。これはもう、職を見つけるのが最優先事項です。正社員になるためにじっくり探したいこともあるでしょうが、お金は毎日必要です。アルバイトもしなければなりません。休職中で給与のない人もそうですが、このような人に対してお金を貸してくれる業者はありません。お金を借り入れるためにも、安定した収入をまず作る必要があります。アルバイトでも、毎日働いていれば安定した収入とみなしてもらう余地があります。

職業訓練校に通い失業手当の給付を早める

失業中の人は、基本的には失業手当が主たる収入です。ただ自己都合退職の場合、失業給付はなかなか出ません。
この給付制限期間中ならアルバイトをする余地はありますが、給付自体を早める方法もあるのです。
それが職安の窓口から、職業訓練校に入校すること。
失業給付を受けている場合に給付が延長されるなどメリットが多くありますが、給付制限中の人の給付を早める機能もあるのです。
要件は複雑なので、職安の窓口で相談しましょう。

信用情報に傷がある人がお金を工面するには

過去に金融事故を起こした人は、お金を借り入れるのが困難です。個人信用情報に記録されて、最低でも5年間は、ローンを申し込んでも過去の事故を業者に把握されてしまうためです。現在どんなに収入があっても、事故がある、つまり傷があると難しいのです。この場合は、中小の消費者金融に申し込むほうが、借入れできる可能性は高まります。
審査の方法が大手と違うので、過去の傷に対しては目をつぶり、現在の年収のほうを重視してくれる可能性があります。

中小消費者金融でも信用情報に傷があると即日でのキャッシングは難しい

ただし、中小消費者金融が貸してくれる場合でも、即日での融資は難しいでしょう。審査というものは、パターン化して行うことで迅速性を確保しています。パターン化できない場合、時間が掛かることもあります。
過去において金融事故を起こしている人の場合、パターン化された審査では、中小消費者金融でもやはり落ちます。それを救おうとすると、人間の判断が欠かせないのです。
それだけ、融資のスピードは犠牲になりますがこれは仕方ありません。

多重債務者はこれ以上借金を増やさない

債務が増え、返済のためによそから借り入れてきて、そうこうするうちに債務が雪だるま式に増えていった状態が多重債務です。
貸金業法の総量規制で、年収の3分の1までしか借入れができなくなったことには、多重債務の問題が背景にあります。
現在では多重債務ができにくくなっていることは確かですが、以前から借金を抱えている人には切実な問題で、10年経っても減らないことは珍しくありません。
こういう状態の人は、とにかくそれ以上借金を増やしてはいけません。

おまとめローンに申し込む

多重債務の解消は、自己破産や任意整理などの、債務整理しかないでしょうか?ひとつ、チャンスがあります。
おまとめローンという商品です。銀行だけでなく、消費者金融からも出ています。この商品は総量規制適用外なので、審査に通れば年収の3分の1を超えて借入可能です。貸してもらったお金で、既存の借金を一括返済し、あとはおまとめローンのみ返済していけばいいのです。この審査に落ちてから債務整理を本気で検討すればどうでしょう。