最終更新日:2019年06月10日

中小消費者金融は審査が甘い?即日融資OKで激甘な業者7選

大手カードローンから借入を断られてしまい、お困りの方もいるのではないでしょうか?審査が通らない理由は様々ですが、他社から既に複数の借り入れをしていたり、カードの支払いを滞納してブラックリストに載ってしまっている可能性が考えられます。

今回は大手カードローンや金融機関の審査が通らなかった方のために、一般的に審査が甘いと言われている中小消費者金融について解説していきます。

即日融資可能な業者のみ取り上げているので、借入の際に参考にしていただければ幸いです。

大手カードローンは審査が厳しい

大手カードローンの審査に全然通らない経験をした方もいるのではないかと思います。

それは大手カードローンの審査のシステムに原因があります。それはコンピューターによる自動審査を取り入れているのことです。

大手カードローンはさすがに「大手」というだけあって利用者が非常に多いのが特徴です。

1日の申し込み件数が多く、それぞれ個別に顧客対応するのは難しいので、コンピューターで自動的にスコアリング(点数化)を行います。

一定の点数以上だった場合審査通過、未満なら審査が通らないという明確な基準が存在しています。

その結果、多重債務者や金融ブラックはこのスコアリングで、足切りをされてしまうのです。

ちなみに大手の業者は以下の二つを基準に審査を行っています。

他社借入の状況

他社からの借入が多ければ多いほど、審査には不利に働きます。

総量規制という「金融機関は年収の3分の1以上は貸付をできない」という規則が存在するため、他社からの借入を行っている場合、限度額を超えてしまう可能性があります。

ですので多重債務者は貸付できる金額が少なく、業者側の得られる利益が少ないので、大手カードローンはそのような利用者が審査を通らないような仕組みを採用しているのです。

信用情報

大手カードローンは信用情報を非常に重視します。

信用情報とは、個人の返済能力や他社からの借入状況を表す情報です。

クレジットカードの支払いにおける滞納や、自己破産などの債務整理をした場合は、信用情報に傷がつき、ブラックリストに登録されてしまいます。これがいわゆる「金融ブラック」と呼ばれる人たちです。

カードローンで借入を行う際に、あなたの情報は信用情報機関に登録されます。

もし既に借入を行っている場合は、その情報は金融機関の間で共有されているということを覚えておきましょう。審査する際にあなたの今までの借入や、返済状況などは一目でわかってしまうのです。

その結果、多重債務者や金融ブラックは返済能力が低いと判断され、審査落ちしてしまうのです。

中小消費者金融は審査が甘い?

もし大手カードローンの審査が通らなかった場合は、中小消費者金融を利用することをおすすめします。その理由として、多重債務者や金融ブラックでも比較的審査に通りやすいからです。

金融ブラックでも融資してくれる

中小消費者金融の場合、多重債務者や金融ブラックでも審査に通る可能性があります。それは中小消費者金融は「大手カードローンで審査が通らなかった人」を対象に融資を行っているからです。

大手カードローンはあらかじめ決められた、一定の条件をクリアしなければなりません。それは先ほど述べたように利用者が多いことに起因します。

しかし中小消費者金融は利用者が少ないため、一人一人の状況を考慮して融資可能か判断します。ですので審査の柔軟性が高く、金融ブラックでも融資を受けられる可能性が上がるのです。

即日融資可能

即日融資はすぐに現金が欲しい方にとっては非常に魅力的です。しかし大手カードローンの場合、即日融資を受けるには厳しい審査を通過しなくてはいけません。

中小消費者金融の場合は、比較的柔軟に対応してくれるので希望額を即日融資してもらえる可能性もあります。

お金がどうしても必要で、大手カードローンを利用できない方は中小消費者金融の利用を検討しましょう。

業者を選ぶ際のポイント

中小消費者金融は大手より数が多く、システムも様々です。それらの中からどのような基準で業者を選べがいいか解説します。利用する際の参考になれば幸いです。

多重債務者や金融ブラックの借入が可能か

中小消費者金融を利用する一番のメリットは、多重債務者や金融ブラックでも借入できる可能性があるという点です。大手カードローンでは審査落ちした場合でも、中小消費者金融では審査通過する可能性は十分にあります。

ホームページや口コミを確認して、ブラックでも融資可能か調べておきましょう。

Web完結で契約可能か

日中働いている人の場合、実際に店舗に足を運んで契約するというのは現実的に厳しいでしょう。ですので、利用するのであればWebで申込から審査、契約までできるWeb完結の業者をおすすめします。

Web完結の業者はサポートなどもオンラインで対応してくれる場合が多く、非常に利便性が高いのも特徴です。

無利息サービスの有無

優良な業者では「初回利用の場合30日間利息ゼロ」というサービスを行っている場合があります。

もし臨時収入があり、返済に充てることが可能ならば、無利息で借りることができる非常に魅力的なシステムです。

すぐに返済できる目処が立っている場合は、この無利息サービスを採用している業者を利用しましょう。

即日融資可能な業者7選

ここでは安心して利用できる業者を紹介していきます。中小消費者金融の代表ともいえる業者を取り上げています。

業者 実質年利 限度額 特徴
フクホー 15.00%~19.94% 200万円 ・信用情報に傷があっても借入可能 ・必要書類が多い ・大阪の老舗 ・24時間ネット申し込み可能 ・即日融資には来店必要
セントラル 4.80%~18.00% 100万円 ・セブン銀行ATMで借入・返済の手続きが可能 ・即日融資は平日14時までに申し込みが必要 ・24時間ネット申し込み可能 ・即日融資に来店不要 ・ホームページに「自己破産」「債務整理」の記載
アロー 15.00%~19.94% 200万円 ・最短45分で審査完了 ・24時間ネットで申し込み可能
フタバ 14.959%~17.950% 50万円 ・30日間無利息サービス ・24時間ネット申し込み可能 ・即日融資に来店不要
スカイオフィス 15.0%~20.0% 50万円 ・ブラック対応 ・即日融資には来店必要
アルコシステム 15.00%~20.00% 50万円 ・24時間ネット申し込み可能 ・即日融資は午前中に申し込み ・即日融資に来店不要
ライフティ 8.0%~20.0% 500万円 ・35日間無利息サービス

中小消費者金融はそれぞれ限度額も違えば実質年利も違います。また各業者に特徴があるので、それぞれホームページや契約内容を確認して、自身のニーズにあった業者を選択するようにしましょう。

また選ぶのが面倒だという方は、実績のある「フクホー」、利便性が高い「セントラル」、審査が比較的甘い「アルコシステム」を利用するといいでしょう。

即日融資を受けるためのコツ


では即日融資を受けるためには、どういった点に注意すればいいのかを解説していきます。

必要書類の準備

融資を受ける際には、様々な書類が必要です。業者ごとに必要な書類は変わるのですが、一般的には以下の書類を用意しましょう。

・運転免許証
・健康保険証
・住民票
・収入証明書(50万以上の借入希望の場合)

高額な融資を希望する場合必要な書類は多くなるので、事前に準備しておくことをおすすめします。

平日14時までに申し込む

即日融資を希望する場合は、平日14時までに借入の申し込みを済ませておきましょう。

これは銀行の窓口営業時間が関係しています。

中小消費者金融は規模が小さいため、無人店舗やコンビニでの取引に対応していない業者が多いです。直接店舗に足を運ぶのもなかなか難しいと思います。

すると、必然的に振込融資でお金を借りるのがベストになるでしょう。

しかし、銀行の窓口は平日15時までしか営業していないため、それ以降に審査が完了して振込を行っても入金されるのは翌日になります。

ですので即日融資が可能なのは「平日15時までに審査通過し、契約が完了」した場合です。

また土日祝日は、即日融資に対応している業者は非常に少ないので注意しましょう。

借入希望額を少額にする

もし即日融資を確実に受けたいのであれば、借入希望額は少額に設定しましょう。

一般的には多重債務者や金融ブラックは返済能力が低いと判断されます。ですので、そこであまりにも高額な金額の融資を希望すると、審査落ちする可能性が非常に高いです。

あなたが「少しでもいいから即日融資してほしい」と考えているのであれば、必要最低限の借入額を記入しましょう。

在籍確認の電話対応を承諾

金融機関が審査をする際に、勤務先に連絡が行きます。業者は借入の内容などは口外しないので、職場にバレる心配はありませんが、やはり抵抗がある方も多いようです。

しかし、審査において在籍確認は絶対に必要な作業です。

在籍確認は書類でも対応してくれる場合もあるのですが、電話のほうが信頼性が高く、融資してもらえる金額も上がる傾向にあります。

少しでも審査を通る可能性を高めたいのであれば、電話での在籍確認の対応をおすすめします。

審査が通らない場合

中小消費者金融だからといって特別審査が甘いわけではありません。当然審査落ちする可能性もあります。審査が通らない理由を把握しておくことで、事前に対策をすることができます。

無職で収入がない

まず前提として、融資を受けるためには「安定した収入」が必ず必要です。ですので無職で収入がない場合は、返済能力がないと判断され、審査落ちするので注意しましょう。

ただし、不動産収入や配当金などの安定した収入がある場合は例外的に審査通過する可能性もあります。

年収の3分の1以上の借り入れがある

先ほども説明したように、借入の際には総量規制が適用され、自身の年収の年収の3分の1以上は借入ができません。年収300万円ならば100万円が借入限度額になります。

もしあなたが既に他社から総量規制ギリギリの金額を借入している場合は、審査に通らないということを理解しておきましょう。

滞納が多すぎる、自己破産している

クレジットカードなどの滞納が多すぎたり自己破産している場合は、いくら金融ブラックに融資を行っている業者でも審査に通る可能性は低いです。

業者も慈善事業ではないため、利益を出さなければいけません。ですので当然ですが返済能力がない人に業者は融資することができないのです。

審査落ちしないためにも、せめてクレジットカードの滞納などはなくすようにしましょう。

絶対やってはいけない借入方法

闇金から借りる

どれだけお金に困っても絶対にやってはいけない借入方法があります。それは闇金から借りることです。闇金は、法律を無視して貸付を行う違法な業者です。法外な金利での貸付を行っており、カードローンの審査に落ちた金融ブラックや多重債務者が狙われやすいです。

強引な取り立てや嫌がらせなど、彼らはお金を回収するための手段を選びません。

闇金の特徴としては、「無審査で即日融資」「ブラックでも低金利」など非常に耳障りのいい言葉で誘惑してきます。普通なら借りることはないと思いますが、切羽詰まると、冷静な判断ができなくなってしまうのが人間です。

闇金は本人を精神的に追い詰めたり、家族や知人に取り立てに行くなど非常に危険な存在です。

ですのでもしお金に必要になったとしても、闇金からお金を借りるのは絶対にやめましょう。

クレジットカード現金化

クレジットカード現金化も、非常にリスクの高い行為です。クレジットカードの利用規約で禁止されているのでやめましょう。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠で現金化業者(違法な買取専門業者)が指定した高価な品物を購入し、現金と品物を交換するシステムです。

現金化業者は違法な闇金とつながっている場合が多く、闇金を斡旋されたり、個人情報が流出する危険性もあるので絶対に関わらないようにしましょう。

まとめ

中小消費者金融を中心に、おすすめの業者から、選ぶ際のポイントなどについて解説してきました。

中小消費者金融もいいですが、やはり可能ならば、実績もありサポートも手厚い大手のカードローン会社を利用することをおすすめします。

審査が通らないような多重債務者や金融ブラックの方は、まず自身の借入状況を把握して、計画的に返済していくことを最優先にするべきでしょう。

借入の申し込みをする前に、本当に借入が必要なのか、今の経済状況でどうにかすることはできないかを、もう一度冷静に検討してみてください。