最終更新日:2019年11月25日

プロミス(puromisu)の審査や即日融資、口コミまとめ

プロミス(puromisu)はどんな会社か?

プロミス(puromisu)の特徴は、借入と返済の方法が多いため、利用しやすいことです。

自分に合った方法を選択し、最もメリットの大きい借り方、返し方ができます。

三井住友銀行のATMが使えたり、カードレスキャッシングが可能となっている点も、利用のしやすさを高めている要素です。

また、無利息期間のスタートが借入日の翌日になっていることも、魅力的なポイントのひとつです。

これは、他の消費者金融では見られない特徴であり、プロミス(puromisu)ならではのメリットになっています。

プロミス(puromisu)に向いている人・向いていない人

プロミス(puromisu)に適しているのは、無駄な手間を省き、手早く即日融資を受けたい人です。

インターネットから申し込みができるため、わざわざ外出する必要はありません。

カードレスキャッシングにしておけば、カードの受け取りも不要です。

三井住友銀行のATMを普段からよく使う人も、気軽に利用することができます。

逆に向いていないのは、インターネットでの手続きが苦手な人です。

安定した収入がない人や年金のみの人も、借入ができない可能性があるため、注意が必要です。

他社と比較して見るプロミス(puromisu)のメリット・デメリット

プロミス(puromisu)はとても便利な消費者金融ですが、良い面ばかりではありません。
どんなものにも共通することですが、メリットがあれば、デメリットもあるものです。

プロミス(puromisu)を利用するなら、その両方をしっかり把握しておきましょう。
利用するときの注意点がわかっていれば、失敗を回避し、うまく利用することができます。

では、金利や借入限度額などのポイントに注目し、メリットやデメリットを詳しく説明していきましょう。

それが頭に入っていれば、お得にお金を借りることができます。

プロミス(puromisu)のメリット

まずは、プロミス(puromisu)のメリットから見ていきましょう。

プロミス(puromisu)は歴史が古く、有名な三井住友銀行が親会社であることから、高い人気があります。

しかし、それだけで支持を得ているわけではありません。
魅力的なメリットが多くあることも、その人気に影響を与えています。

ここでは、5つのメリットを紹介していくので、プロミス(puromisu)でお金を借りることを検討しているなら、ぜひチェックしておいてください。

重要なメリットをきちんと把握していれば、うまく借りられるようになります。

メリット① “初回利用”の翌日から無利息期間が始まる

冒頭でも説明しましたが、無利息期間がスタートするタイミングは、プロミス(puromisu)の大きな特徴となっています。

30日間の無利息期間は借入日の翌日、つまり、初回利用日の翌日から始まります。

他の消費者金融でも無利息期間はありますが、そのほとんどは契約日の翌日からスタートするようになっています。

それだと、すぐに借入ができないときは、無利息の日を無駄に消費してしまう可能性があります。

しかし、借入の翌日になっているプロミスなら、そうした失敗はなくなるのです。

さらに、追加の借り入れも無利息の対象なので、契約だけして後から借入をしても無利息期間を活用することができます。

ただし、30日間無利息サービスの利用には「Eメールアドレスの登録」「書面の受取方法を“プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認“を選択」を行う必要があります。

メリット② 上限金利が低め

プロミス(puromisu)の上限金利は、アコムやアイフルより0.2%低くなっています。

一般的には18%が多くなっていますが、プロミス(puromisu)は17.8%です。
これも、利用するときは助かるメリットです。

0.2%というと、「たったそれだけか」と考えてしまうこともありますが、この違いを軽視してはいけません。

確かに些細な差のようですが、長く借りるとなると、話は違ってきます。
期間が長くなり、どんどん積み重なっていけば、無視できない数値になっていくものです。

お得に借りるなら、少しでも安い方を選択しておきましょう。

メリット③ 最短「1時間融資」が可能

プロミスに向いている人の特徴として、「早く借りたい」と考えていることを挙げたのは、これが理由です。

プロミスの融資はとてもスピーディなので、急いで借りたい事情があるときは、とても助かります。

借入までに最も時間が必要な審査の部分が最短30分で終わるため、申し込んでからお金を受け取るまでの最短時間は、約1時間です。

ただし、30分で審査をパスするには、「提出する書類に不備がない」という条件をクリアすることが大切です。

余計な手間を省くためにも、しっかり準備してから申し込みましょう。

メリット④ 返済方法が多い

プロミス(puromisu)では、返済方法を7つも用意しています。
借りたお金を返すときは、その中から自分に合った方法を選ぶことができるのです。

以下の7種類が、返済可能な方法になります。

・店頭
・口座振替
・銀行振り込み
・インターネットバンキング
・自社ATM
・提携ATM
・コンビニ端末

こうした種類の多さは、早く返済したいときにもプラスになるポイントです。

返しにくいと時間がかかることもありますが、プロミス(puromisu)なら心配は無用です。

メリットの大きい方法で早めに返済し、金利の負担を軽減していきましょう。

メリット⑤ 充実した会員サービス

プロミス(puromisu)では、インターネットでの返済や瞬フリなど、より利用しやすくなるサービスが多くあります。
それも、人気を得ている理由のひとつです。

中でも注目しておきたいのは、プロミス(puromisu)ポイント会員制度になります。

このポイントがあると、提携ATMの手数料が無料になったり、無利息期間を1週間サービスしてもらえることがあります。

お得に利用するなら、しっかり押さえておきましょう。
ただし、無料の会員登録が必要なので、忘れずに行うようにしてください。

ポイントサービス

「ポイントサービス」を利用すると、提携先ATMの手数料が無料になったり、借入申込から一定期間の無利息サービスが受けられます。

特に初回借入以外でも無利息期間があるのは魅力的です。

ポイントを貯める方法

・収入証明書の提出(同年中は初回のみ):160ポイント
・プロミス(puromisu)ポイントサービスへの申込:100ポイント

など

ポイントの使い道

250ポイントまで貯めると、7日間無利息
700ポイント貯めれば、30日間無利息

など

プロミス(puromisu)のデメリット

消費者金融の紹介では、何かとメリットを強調しがちですが、そこだけチェックするのはよくありません。

どこか一面だけを見ていると、思わぬ落とし穴に気づくことができず、失敗することがあるからです。

それを防ぐためには、デメリットにも目を向けてみてください。

どんな会社でも、「完全にメリットだけ」ということはないので、注意すべきポイントを把握しておくことは、とても重要です。

メリットとデメリットを両方知っていれば、本当に上手な借り方ができるようになります。

デメリット① 手数料

プロミスは、提携ATMや銀行振込で手数料が発生することになります。

そのため、少しでも余計な出費を抑えたいなら、慎重に確認してから行動すべきです。

金額が1万円以下なら108円、1万円以上なら216円かかるので、借入の回数が多いなら、きちんと計算しながら計画的に借りましょう。

1回は108円でも、回数を重ねていけば、やがては無視できない出費になることもあります。

出費を極力減らしたいなら、無料で利用できる三井住友銀行のATMもチェックしておきましょう。

また、ローソン、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートも返済手数料は0円となります。

デメリット② アコムと比べると借入限度額が低い

メリットが多いプロミス(puromisu)でも、借入限度額に注目した場合は、他の会社の方が魅力的に見えることがあります。

プロミスの限度額は500万円ですが、アコムなら800万円まで借りられるのです。
借入金額が高いなら、それが可能な方を選択しておきましょう。

ただし、アコムは総量規制の対象になっていることも覚えておくべきです。

年収の3分の1以上を借りることはできないので、アコムで限度額いっぱいに借りるなら、相当な年収が必要になります。

その点も考慮し、メリットの大きい方法でお金を借りてください。

プロミス(puromisu)の申し込み条件

借り入れ条件

プロミス(puromisu)の実質年率は、4.5~17.8%です。
1~500万円まで借りることが可能となっていますので、少しだけ足りないときから、まとまったお金が必要となった時まで幅広く利用できますね。

審査時間は、最短30分
審査だけでなく融資までのスピードも定評があり、最短1時間でお金を借りることも可能です。

大手消費者金融ではもはや当たり前のようになった30日間無利息サービスにも、もちろん対応しており、WEB完結取引も可能です。

申し込み条件

プロミス(puromisu)に申し込む場合の必須条件は、たった2つだけです。

その2つとは、20歳以上69歳以下の人」で、安定した収入があること」

年齢的にはおそらく問題無い方が多いのではないかと思いますが、安定した収入と言われるとハードルが高いと感じる方もいらっしゃるかも知れませんね。

ただしこの条件は、正社員でなくてはならないというものではないので安心して下さい。
パートやアルバイトの方でも、毎月きちんと働いていれば利用することができます。

「お借入シミュレーション」を活用して審査の不安を払拭!

安定した収入がなければ落ちやすいとなると、「本当に通過できるだろうか」「見込みがないなら別の方法を」と考えてしまうこともあります。

そんなときは、プロミスの借入シミュレーションを試してみてください。

このシミュレーションでは、年収や生年月日、そのときの借入金額などを入力することで、仮の審査を行ってくれます。

簡単なお試しではありますが、不安を軽減するには便利な方法なので、利用の前にチェックしておきましょう。

プロミス(puromisu)の審査基準

カードローンの審査には、「総量規制」という法律が大きく関係してきます。
「総量規制」とは、消費者金融からの融資額を、申込者の年収の3分の1までに制限するという法律です。

そのため、すでに借金額が多い方は、審査に通りにくくなりますが、借金額が少ない方は、複数の会社から借りていたとしても審査に通る可能性はあります。

あくまでも可能性があるというだけなので、他社を利用している方は、状況によって利用できない場合もあります。

プロミス(puromisu)の新規成約率は43%前後

実は、プロミスカードローンの審査にどれくらいの人が通っているかを予測する方法があります。

プロミスを運営するSMBCコンシューマーファイナンスの「月次営業指標」には、新規制約率の目標値が書かれています。

新規成約率とは、審査に申し込みした人に対して、どのくらいの人が審査に通ったのかを示すものになっています。

プロミス(puromisu)の新規成約率は、2017年4月は42.4%、5月は44.0%という目標値を示しています。

消費者金融会社の新規成約率(目標値)は、おおむね42~45%前後なので、一般的な数値となっています。

また、銀行系カードローンの場合は30~35%といわれているため、消費者金融系カードローンよりも審査通過率は低いと考えられます。

必要書類

絶対に必要なのは本人確認書類です。

これには、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードなど、住所が記載されているものが望ましいとされています。

ただし、運転免許証やパスポートは皆が持っているわけではありませんし、マイナンバーカードは発行に時間がかかります。

どれも用意できない場合は、健康保険証+住民票を用意してください。

また50万円を借り超える借り入れや、他社借入額との合計が100万円を超える場合には、源泉徴収票や住民税課税決定通知書などの収入証明書が必要となります。

プロミス(puromisu)の申込方法

お金を借りるためにプロミスで申し込みをするなら、以下の5つの方法から選びましょう。

・店頭
・郵送
・電話
・無人契約機
・インターネット

すでに説明したように、この中で最もスムーズな方法は、インターネットになります。

また、スピードにこだわるなら、郵送は避けておいてください。
配達のための時間が必要になるため、1週間くらいかかることもあります。

ただし、インターネットが苦手な人でも楽に借りられる点は、メリットになります。

早さより簡単なことを優先するなら、郵送も検討してみましょう。

プロミス(puromisu)のWeb完結

Web完結は、全ての手続きをインターネット上で終わらせることができる便利なサービスです。

申込から借入、さらに返済までも、すべてインターネットだけで完了します。

この方法なら、パソコンやスマートフォンからいつでも申し込めるため、忙しくて時間がとれない人でも、安心して手続きができるのです。

また、カードが必要ないため、何か送られてくることもありません。

もちろん、即日融資も可能となっているため、手間をかけずに早く借りるなら、ぜひ試してみてください。

Web完結の注意点

プロミス(puromisu)のWeb完結はとても便利ですが、以下の2点には注意してください。

口座振替をする金融機関で、先に本人確認を済ませる
Web完結に対応していない金融機関もある

もし本人確認ができなかった場合は、郵送で時間を取られることになるので、気をつけてください。

また、りそな銀行やジャパンネット銀行など、対応していない金融機関については、事前に調べておくことが大切です。

スムーズに、なおかつ確実にお金を借りるためには、情報収集をしっかり行ってください。

具体的な申し込み手順

ここからは、具体的なプロミス(puromisu)の申し込みの手順をご紹介していきましょう。

ご紹介するのは一般的な流れとなりますので、申込者それぞれにより多少の差異はあるかもしれませんが、大まかな流れとしては同じです。

予習しておけば、いざという時に心強いですよね。

ただし、プロミス(puromisu)は先ほどの年齢条件と収入条件の二点さえクリアすれば誰でも簡単に申し込めるようになっています。

申し込み手順の中にも特に難しい内容はありませんので、安心してご確認ください。

プロミス(puromisu)での借入の流れ

1.スマホまたはPCを使って、公式サイトから申し込みを行う。
2.申し込み完了のメールを受け取ったら、確認書類をアップロードする。
3.審査在籍確認
4.審査を通過したら、無人契約機か Web で契約する。
5.カードや口座振込などを利用して、実際にお金を借りる。

こうして見てみても、それほど難しいものはなさそうですよね。
それでは一つずつ詳しく見ていきましょう。

1.インターネットで申し込み

プロミスはWEBからの申し込みだけでなく、店頭での申し込みはもちろんのこと電話や郵送でも申し込むことが可能です。

ただし、郵送物のある申し込み方法はどうしても時間がかかります。
利用を急ぐのであれば、必ずWEB申し込みを利用しましょう。

そして、スマホ(PC )から申し込む場合は、プロミス(puromisu)の公式サイトからフル入力を選択して申し込みましょう。

また、30日間無利息サービスを利用する場合は、必ず別明細を申し込んでください。

2.必要書類の提出

申し込みが終わると、申し込み完了の確認メールが届きます。
メールには必要な書類や書類の提出方法が記されていますので、指示に従って書類を提出しましょう。

誰でも必ず提出しなければいけないのは、免許証などの本人確認書類です。
そして、金額によっては収入証明書類も必要となります。

基本的には、スマホなどで写真を撮り管理画面で送信するだけですので、難しく考える必要はありません。

誰がみてもよく分かる鮮明な写真を送るようにしてくださいね。

3.審査・在籍確認

プロミス(puromisu)側に必要な書類が揃えば、いよいよ審査が始まります。
ここまで来ると、あとはもう運を天に任せて時が過ぎるのを待つだけ…というわけではありません。

在籍確認を確実に終わらせなくてはならないのです。

在籍確認とは、申告した勤務先へ申込者本人の在籍を確認するもので、勤務先に担当者から個人名で電話がかかってきます。

本人が出なくてはいけないわけではありませんが、もし会社の休業日などに在籍確認があたってしまえば、審査期間はその分長くなってしまいます。

4.審査結果の回答

審査結果は、メールまたは電話で連絡が来ることとなります。
連絡方法は申し込み時に選択することができますので、どちらでも都合の良い方を選択してください。

そして、スマホが圏外になりやすい地下などは避けて連絡を待ちましょう。

もし迷惑電話や迷惑メール対策で、指定外の番号着信拒否やドメイン拒否などを行っている場合は、連絡が届かない可能性があります。

プロミス(puromisu)に申し込む際には、これらの設定を解除し必ず連絡を受けられるよう気をつけて下さいね。

5.契約(無人契約機 or スマホ )

契約方法も申し込み時に選択することができます。

無人契約機を選択した場合は、近くの無人契約機または、三井住友銀行のローン契約機まで出向かなくてはいけません。

無人契約機が利用可能な時間は、9時から22時までとなっており、三井住友銀行のローン契約機は21時まで利用できます。(一部を除く)

WEB完結であれば、契約もスマホで行う事ができます。

もし郵送物を受けとりたくない場合は、カードの受け取り方法を”不要”としてください。
もちろん、契約後でも希望すればカードはいつでも発行可能です。

6.融資(その場で or 振込 )

無人契約機を利用すると、その場でカードが発行されるため、併設のATMを利用してすぐに借り入れを行う事ができます。

もちろん、併設のATMでなくてもコンビニATMが利用できますので、キャッシングの度に無人契約機を訪れなければならないなんてことはありません。

そして、WEB完結の場合は、振り込みでお金を借りることができます。

契約完了後に、契約画面から振り込み先の口座や希望する金額を入力して申し込めば、原則24時間いつでも振り込みが可能です。(一部銀行除く)

即日融資を受ける方法

プロミス(puromisu)では、最短即日での借り入れが可能です。

インターネットから「申し込み」をして、「審査」が行われます。

そして、「審査」が通ると「契約」を結び、「借り入れ」をすることができます。

このようなステップだけで最短即日での借り入れができるので、簡単ですね。

それでは、申し込みをする上での方法をご紹介したいと思います。

WEBからの「カンタン入力」

プロミス(puromisu)に申し込みする際には、WEBからの「カンタン入力」がおすすめです。

WEB申し込みには、「カンタン入力」と「フル入力」という2つの入力方法があります。

「カンタン入力」を選び、WEB上で最低限の必要な項目を入力すると、プロミスの担当者から本人確認の電話が掛かってきます。

そして、担当者と相談しながら手続きを進めることができるので、初めての人でも安心です。

「フル入力」を選んだ場合は、必要な項目をすべてWEB上で入力するため、プロミス(puromisu)から本人確認の電話が掛かってきません。

電話をかけてきてほしくないという人は、「フル入力」を選ぶと良いでしょう。

プロミス(puromisu)のWeb完結サービス

プロミス(puromisu)の即日融資は、Web完結サービスがおすすめです。

通常のカードローンは、「ローンカード」というカードを発行し、ATMから現金を引き出さなければいけません。

しかし、プロミス(puromisu)にはWEB完結サービスという、申し込みから借り入れまでネット上で行うことができるサービスがあります。

これにより、ローンカードを受け取る必要がなく、指定の銀行口座へ必要な額を振り込む形でのキャッシングが可能となります。

Web完結サービスの利用には、公式サイトから申し込みを行い、必要事項を入力します。

そして、必要な書類を撮影データで送り、審査が行われ、通れば契約し、借り入れができるようになります。

申し込み時に
【希望契約方法で「WEB」を選択】、【ローンカードの「郵便希望」なしに選択】、【連絡方法は「メール」を選択】、【返済方法は「口座振替返済」を選び「カード発行なし」で契約】
を行うと、Web完結で申し込むことができます。

14:00というタイムリミットには注意してください。

最終は14:50ですが、あまり時間がないタイミングで手続きをすると、お金の受け取りが翌日になる恐れがあります。

余裕をもって行動し、失敗を防ぎましょう。

「瞬フリ」:原則24時間・最短10秒で申し込み可能

「瞬フリ」なら、原則24時間、最短10秒でお申し込み可能です。

これは、全国銀行データ通信システム(全銀システム)に加盟する金融機関のうち、稼動時間拡大に参加する金融機関を対象に、「瞬フリ(振込キャッシング)」における「即時振込」の時間帯が拡大されたからです。

三井住友銀行やジャパンネット銀行など、24時間振込可能な金融機関の口座を持っていれば、平日15時以降や休日でも振込融資を受けられます。

急ぎの融資を希望する人は、プロミスの「瞬フリ」を検討してみると良いでしょう。

Web完結なら、即日融資可能で周囲にもバレにくい

Web完結なら、即日融資可能で、周囲にもバレずに借り入れを行うことができます。

Web完結なら、申し込みから融資までのすべての手続きをWEB上で済ますことができるため、来店する必要がなく、郵便物も届くことがありません。

そのため、来店時に近所の人に見られてしまったり、郵送物を家族に見られてしまったりと、消費者金融からの借り入れを行っていることを他者に知られたくない人にとっては、とても便利な商品となっています。

無人契約機を利用した即日融資の方法

無人契約機の場合は、カードを使ってお金を受け取るため、若干手間がかかります。

しかし、即日融資は十分に可能です。

こちらのタイムリミットは21:00となっているため、14:00までのWeb完結より、楽に借りられることもあるのです。

ただし、やはりギリギリに申し込みをするのはNGです。
あまり遅いと、審査の回答が翌日になってしまうため、すぐに借りることができません。

急ぐ理由があるなら、早めに動いておきましょう。

プロミス(puromisu)の審査に落ちたときは

プロミスの審査に落ちてしまったら、他のところで借りる方法を考えなければなりません。

そのときのためにも、なぜ落ちてしまったのか知っておくことは、とても大切です。

もしマイナス要素があることに気づかなければ、別のところで審査をしても、また同じ結果になる可能性があります。

それが繰り返されたりすると、いつまでも必要なお金を用意できないことになります。

では、審査に落ちやすくなる3つのポイントを紹介していきましょう。

他社を含めた借入総額が、年収の3分の1を超えていないか

プロミスは総量規制の対象となっているため、年収の3分の1以上になる金額を借りることはできません。

したがって、審査に落ちないためには、他の消費者金融からどれくらい借りているか確かめておいてください。

もし他のところで借りすぎていた場合は、審査を通過できなくなってしまいます。

申し込んだ時点で3分の1に届きそうな額なら、それ以上の融資は不可能です。
できるだけ通過しやすくするなら、返済できそうなところを削っておきましょう。

過去に延滞を繰り返して、信用情報が傷ついていないか

過去に延滞があった場合は、それが信用情報に記録されます。

審査でそれを調べられると、返済能力を疑われることになります。
過去に遅れている人は、また同じことを繰り返す可能性があるため、警戒されるわけです。

しかし、嘘をつくのはやめてください。

自信がないからといって嘘の情報を伝えると、印象が悪くなり、通過できる確率はさらに下がります。

信用情報を調べれば本当のことがわかるので、少し不安だったとしても、まずは正直に伝えておきましょう。

一度に複数のカードローン・キャッシングに申し込んでいないか

信用情報では、カードローンなどの申し込み履歴も見ることができます。

そのため、他の会社で借りすぎていないか、事前にチェックしておきましょう。

複数の会社を利用していた場合、「1社では希望額を貸してもらえない人物」というマイナスの印象を与えてしまいます。

そのような苦労をしている人は、何かしら問題を抱えている可能性が高いため、警戒されることになります。

1~2社くらいなら問題はないので、ここでも削れそうな部分は削っておきましょう。

プロミス(puromisu)の返済方法

プロミス(puromisu)の返済方法の中で、なるべく余計な出費が発生しないものを選ぶなら、お勧めは三井住友銀行のATMです。

プロミス(puromisu)は三井住友銀行の子会社なので、ATMの手数料が無料になっています。
それなら、出費を気にする必要はありません。台数も多いので、かなり利用しやすくなっています。

もし近くにない場合は、インターネットバンキングの利用を検討してみましょう。
そちらも手数料はかからないので、楽にお金を返すことができます。

返済シミュレーション

プロミスは、返済期間を1年(12回)から5年(60回)まで、1年(12回)単位で選ぶことができます。

1年(12回)で返済するとしたら、5年(60回)で返済する時と比べて、1回あたりの返済額は多くなりますが、総返済額は少なくなります。

自分に合った返済ペースを考えて、しっかりと返済期間を決めないと損をしてしまうので慎重に決めましょう。


例)10万円を借り入れる場合

返済期間|返済金額|総返済額
1年(12回)|9,000円|109,896円
2年(24回)|5,000円|119,568円
3年(36回)|4,000円|129,780円
4年(48回)|3,000円|140,496円
5年(60回)|2,500円|151,680円

プロミス(puromisu)の増額方法

なるべく多くのお金を借りたいときは、限度額の増額がお勧めです。

「ご利用限度額変更申込」という手続きを済ませれば、最初に設定された額よりも多く受け取ることができるのです。

この手続きはインターネットで可能となっているため、必要な場合は検討してみてください。

ただし、ここでも審査が行われることは忘れないようにしましょう。

遅滞などがあると、審査を通過できず、増額も不可能となる恐れがあるので、くれぐれも注意してください。

引き上げ額の相場

引き上げ相場では、総量規制が重要になってきます。

「年収の3分の1以上はNG」というルールが、ここでも適応されているのです。
制限なしでどこまでも引き上げられるわけではありません。

そのため、まずは自分の年収をよく調べておいてください。

年収から計算して、どれくらい借りられるか考えてみましょう。
総量規制枠を考慮して、なるべく余裕のある引き上げ額にすることが大切です。

よく考えないまま行動するのは避け、上手にお金を借りましょう。

営業の電話が来る場合も

毎月きちんと返済を行っていれば、借入額の増額を持ちかける営業の電話が入ることがあります。

注意したいのは、電話があったからといって必ず増額の申請が通るわけではないということです。

借り入れ枠を増やすためには、当然審査があります。
増額の申請をした場合、審査は最初からやり直されるものと考えてください。

収入の証明などが必要となることもありますし、もし審査に落ちてしまえば増額どころか減額されてしまう可能性もあるのです。

むやみに借り入れを増やさないためにも、増額の申請は慎重に行いましょう。

プロミス(puromisu)の口コミまとめ

ここからは、プロミス利用者の口コミや評判をまとめてご紹介していきます。

20代の女性フリーターから50代男性で月収6万円の方まで、プロミスを利用している方々からの幅広い口コミに加えて、プロミスの融資に関するシステムの評判などを多く紹介していきます。

これからお金を借りたいのだけれども、どこから借りるのがいいのか迷っている方や、プロミスを利用しようか迷っている方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

他社借り入れがある人やフリーターでも借りられた

プロミスは、フリーターや主婦の方でも、パートやアルバイトによる安定した収入があれば申込みすることができます。

年収、職業や職種で審査に不安を感じている方や、他社での借り入れがある方でも審査に通ったという声があり、柔軟な審査を評価する声が多く聞かれました。

以下は口コミです。

20代の女性フリーターでも融資を受けることができた」
「銀行カードローン100万円、クレカキャッシング20万円、他社カードローン50万円の借金があったが審査に通った
50代・男性で毎月6万円の収入だけでも契約できた」

即日融資をスムーズに受けられる

プロミスは、申し込みから最短1時間で融資を受けることができ、無人契約機ネット申し込みサービスが充実しているため、早急にお金が必要な時の強い味方となります。

特に、「Web完結」ならいつでもどこでも、人と会うことなく申し込むことができるので、周囲に知られずにすぐにお金を借りることができます。

以下は口コミです。

「他社の返済期限の日に、申し込みから1時間で借りられ助かった」
「転職して間もなかったが、在籍確認もスムーズで即日借りられた」
「自営で、取引先への支払いのために申し込んだが2時間くらいで融資を受けた」

会社や家族に内緒で借り入れできる点が高評価

プロミスは、借りる側のプライバシーに配慮しているため、郵送物なしでのネット契約もでき、在籍確認時の電話オペレーターを、男性か女性か指定することまでも可能となっています。(オペレーターを指定する場合は、申し込み後に電話相談の必要です)

以下は口コミです。

「主婦ですが、Webからの申し込みで家族にバレずに借りられました」
「会社に個人名で在籍確認の電話はあったが、プロミスとは名乗らずプライバシーへの配慮を感じた」
「請求書がネットで確認でき、郵送物もなくせるので安心。返済もコンビニのセブン銀行利用で周囲にバレなかった」

コンビニの利用で便利に融資・返済ができる

プロミスは、飲み会や入院など現金が急に必要になった時にコンビニのATMで利用できるので、銀行系カードローンよりも便利だという声が多くあります。

しかし、便利過ぎるがゆえに使いすぎる人もいるようなので、計画的に利用しましょう。

以下は口コミです。

「営業職で、急に2、3万円の接待費が必要なときに、コンビニで借り入れができて便利&周囲の目が気にならない」
「給料日にコンビニで完済できるので、ATM利用の時間帯が気にならない。銀行カードローンより便利」

30日間無利息サービスは利用者から高評価

プロミスは、初回借入の翌日から30日間無利息サービスが適用されるため、契約日の翌日から適用されてしまう他社の無利息期間サービスと違って、無利息期間を無駄にすることがありません。

他社のカードローン利用者の中には、「実際に借り入れしたのは翌週だったことから無利息期間サービスを無駄にしてしまった」という人もいるため、プロミスの無利息期間サービスは評判が良いです。

以下は口コミです。

「30日間無利息サービスは、初回借入日の翌日から適用されるので嬉しい」

全国のプロミス(puromisu)ATM・店舗情報

プロミス(puromisu)でお金を借りるなら、無人契約機に関する情報は細かく調べておきましょう。

「利用しやすい場所にあるか」「営業時間はどうなっているか」といったポイントを押さえておけば、いざというときに困ることはありません。
駐車場なども調べておくと、利用しやすくなります。
ネットでは、そうした情報をまとめているところもあるので、積極的に活用しましょう。

自動契約機をうまく使えば、借入や返済をよりスムーズに行うことができ、失敗の防止にもつながります。

プロミス(puromisu)のATMの操作方法

ATMの操作の流れはとてもシンプルなので、それほど苦労せずに利用することができます。

順番に並べると、以下のようになります。

・カードを挿入
・引き出しか借入を選択
・金額を入力

この3ステップが基本的な操作であり、一般的なATMとあまり変わりません。

ただし、手数料には気をつけてください。
コンビニのATMやゆうちょ銀行のATMでは、108円~216円の手数料を取られます。

無料で利用したいときは、プロミスATM三井住友銀行のATMを利用しましょう。

プロミス(puromisu)のATM・店舗の利用方法と選び方

プロミスのホームページでは、利用可能な店舗やATMを簡単に検索できるようになっています。
それを活用し、最も利用しやすいところを見つけましょう。

選ぶときのコツは、自宅や勤務先から近いところを優先していくことです。

また、必要なものはしっかり準備しておいてください。
ローンカードは必須であり、有人店舗などでは本人確認のための運転免許証も必要にある場合があります。

営業時間もよく見て、余裕をもって行動するようにしましょう。

プロミス(puromisu)の無人契約機・ATM利用上の注意

プロミスの無人契約機やATMは、とても便利なものです。

ただし、注意点があることも覚えておきましょう。
それを知らないまま利用していると、思わぬ失敗をすることもあります。

便利な機械を本当に便利に利用するためには、注意点をあらかじめ調べておき、しっかり準備してから行動することが大切です。

ここでは、それぞれの注意点を説明していきます。
確実にお金を借りるためにも、それをしっかり押さえて、上手に利用していきましょう。

無人契約機

無人契約機は、手ぶらのまま行っても利用することができません。

以下の2点は必ず揃えておいてください。

本人確認書類
収入証明書類

もしこれらを忘れた場合は、お金を借りることができなくなります。
申し込みができないため、融資を受けることもできないのです。

不備があった場合は、無駄に時間を取られてしまい、待ち時間が長くなることもあります。

自動契約機には電話がついているので、どうしても解決できない問題が起きたときなどは、思い切ってプロミスに相談するのも、ひとつの方法です。

ATM

ATMの方で必要になるのは、ローンカードです。
ATMを利用するなら、必ず持って出かけるようにしてください。

ただし、こちらは忘れても解決できる方法があります。

アプリローンという便利なサービスがあるため、セブン銀行ATMを使えば、カードなしでも問題なく借入ができるのです。

ただし、専用アプリにログインする必要があるため、IDやパスワードがわからないと、どうにもなりません。

そうした重要なものは、事前に確認しておくようにしましょう。

プロミス(puromisu) その他のサービス

プロミスには、ここまで紹介してきたサービスの他にも、いろいろと便利なものがあります。

そうしたサービスをうまく利用すれば、メリットの大きい借り方ができることもあるので、ぜひチェックしておきましょう。

通常のキャッシングとは違ったメリットを得られるサービスもあるため、積極的に活用してみてください。
では、要注目のサービスを3つ取り上げ、それぞれの特徴を解説していきましょう。

おおまかにどんなサービスか知っておけば、利用しやすくなります。

プロミスレディース

プロミスレディースは、正確にはレディースキャッシングという名称であり、女性のためのカードローンとなっています。

一般的なカードローンとの大きな違いは、女性が利用しやすい専用ダイヤルを用意している点です。

女性専用ダイヤルでは常に女性オペレーターが対応してくれるため、困ったときは、安心して相談ができるようになっています。

女性同士なら、男性にはできない相談もできたりするので、不安を解消するには最適です。

こうしたメリットは、普通のカードローンだと得られないものなので、しっかりチェックしておきましょう。

プロミスおまとめローン

おまとめローンは、分散しているローンをひとまとめにすることで、月に支払う返済額を軽減できるサービスです。

それぞれに返済していると苦しい時でも、返済先を絞ることで、無理なく返していくことができるのです。

返しやすいことを重視するなら、こうした方法を視野に入れておきましょう。

ただし、これは返済専用なので、借入はできません。

あくまでも返済を楽にするものであり、それ以外のことはできないため、気をつけて利用しましょう。

おまとめローンを全額返済する前に、追加で借り入れるには?

おまとめローンは返済専用なので、利用中は追加融資を受けられなくなってしまいます。

しかし、お金が必要になったときは、それでは困ってしまうものです。

そんなときは、他社のカードローンに申し込み、そこでお金を借りる方法があります。
2社を併用することで、問題を解決するわけです。

ただし、難易度は高いので注意してください。
全額返す前に他社の審査を受けると、返済能力を疑われる可能性があります。

全額返済間近であれば通ることもあるので、もし追加で借りたいなら、そのタイミングを狙ってみましょう。

プロミスアプリ

これは、スマホ専用のアプリを利用し、借入や返済を、すべてそこで済ませるサービスです。

アプリ上ですべてが可能になるため、カードを使う必要がなく、とても便利です。
カードを使うときに誰かに見られるリスクもなく、いつでも安心して借入ができます。

ただし、メリットはその部分だけであり、金利や限度額は普通のキャッシングと変わりません。

それを踏まえた上で、より便利さを追求するのであれば、ぜひアプリを利用してみてください。