最終更新日:2020年05月06日

プロミスは何時までに申し込めば即日融資できる?

プロミスの営業時間について

プロミスのサービスの営業時間は、それぞれで異なります。サービスには、ネット申込、自動契約機、店頭窓口のお客様サービスプラザ、電話申込のプロミスコール、プロミスATM、提携コンビニATMなどがあります。プロミスのサービスは多岐に渡りますが、それぞれで営業時間は違います。たとえば店頭窓口のお客様サービスプラザは、平日だと午後6時までです。土日祝日は休日なので営業していません。営業時間が違いますから、しっかり確認しておくことが大事です。

プロミスのATMの営業時間

自動契約機に備え付けられているプロミスのATMの営業時間ですが、基本的に朝の7時から深夜の24時までとなっています。かなり長い時間営業していますので、プロミスATMは比較的利用しやすいといえるかもしれません。日中から夜にかけては問題なく利用できますので、それほど不便はないはずです。ただし店舗によっては朝8時から夜の21時までのケースもありますから、プロミスATMの営業時間がいつからいつまでなのか事前に確認しておくのが無難です。

プロミスのATMでできることとは

プロミスのATMを利用してできることはいくつかあります。できることは以下の通りです。

・カードを使った借入及び返済
・カードを使わない返済
・暗証番号を変える
・取引履歴の確認
・増額したい場合の相談

こうしてプロミスのATMでできることをチェックするとわかりますが、プロミスのATMではたとえカードがなくても返済は可能です。たとえば一括返済もやりやすいようになっていますし、返済を最優先するならプロミスのATMは便利です。

提携コンビニATMの利用時間

いろいろな場所に設置されている提携コンビニATMは、原則的にいつでも関係なく利用できるのでとても便利です。この利便性の良さが、提携コンビニATM最大の魅力といっても差し支えありません。またセブン銀行の場合はスマホATM取引を選べますが、このスマホATM取引を選べばたとえカードがなくても借入が可能です。画面に表示される案内に従って手続きを進めれば良いだけですので、操作は非常に簡単です。とても利用しやすいです。

提携コンビニATMでできること

提携コンビニATMでできることは、プロミスのATMでできることと比べても遜色ありません。できることは以下の通りです。

・カードを使った借入及び返済
・カードを使わなくて良い借入及び返済
・出金可能額のチェック

スマホATM取引を利用した場合は、カードを使わなくても借入及び返済ができます。このスマホATM取引を有効活用すれば、とても便利なのは間違いありません。提携コンビニATMでできることはたくさんあります。

プロミスの無人機の営業時間

プロミスには、無人の自動契約機があります。この無人の自動契約機の営業時間は午前9時から午後10時までです。ただし一部の店舗においては午後9時までとなっていますので、その場合は他と比べて1時間早く利用できなくなります。無人の自動契約機ならいつでも関係なく利用できるのではないかと思ってしまいますが、そうではありません。ただ土日や祝日も営業していますから、平日の利用が難しい人でも利用できるのは無人の自動契約機の良さです。

無人機でできること

プロミスの無人契約機を利用した場合、一般的な借入の申込以外にもさまざまな手続きが可能です。そこで何ができるのかを以下にまとめました。

・ キャッシング申込
・自営業者におけるカードローン申込
・借入の一本化ができるおまとめローン申込
・ローンカードを受け取る・カード再発行の手続き
・暗証番号及び限度額や返済日をはじめとした 契約内容の変更

これだけのことがプロミスの無人契約機でできます。ですのでとても便利です。

無人機で申し込むときの所要時間

無人機で何かしらの手続きをする際の所要時間は、だいたい1時間から2時間ぐらいだと考えておいて差し支えありません。無人機へと行ったら、タッチパネルを使って申込手続きを進めていきます。必要な書類をスキャンして提出したりなど、スキャンを有効活用します。そうして手続きをした後にオペレーターから審査について伝えられます。そして契約書類を確認してカードを発行させたら、ATMを使って借りることができるようになります。

無人機でカード発行するときの所要時間

無人機でカード発行だけをする場合の所要時間は、だいたい10分以上20分未満といったところです。平均すれば15分前後といえるかもしれません。その流れはまずネットで申込手続きを進めておきます。一通り手続きできたら、プロミスの無人機へと向かいます。タッチパネルで操作してさらに手続きを進め、カードを発行できるようにします。必要な書類をスキャンを使って提出したら、契約機でカードが発行可能になります。ATMで借入できます。

振込キャッシングは原則24時間可能

原則24時間いつでもOKなのが振込キャッシングです。ただ24時間に対応していない銀行もありますので、振込先の銀行ごとに営業時間がどうなっているのかをきちんと確認しておくことが大切です。たとえば24時間に対応していない銀行の場合、平日の午前9時から午後2時50分までの対応となっていたりします。ただ前と比べるとだいぶ時間は長くなってきています。どんな時間になっているのかを確認したうえで、振込キャッシングは利用したほうが良いです。

振込キャッシングは1円単位で借入できる

振込キャッシングの良いところの1つといえるのが、1円単位での借入が可能な点です。あくまで利用できる額の範囲内に限られますが、範囲内から超えてさえいなければ1円単位まで指定して振込を依頼できます。もし1円単位まで特にこだわって借入することは考えていないというのなら、それほどメリットには感じないのかもしれません。ですが1円単位で借入できるのがありがたいと思う人もいるはずです。その場合は振込キャッシングがオススメです。

店頭窓口の営業時間

プロミスにはお客様サービスプラザと呼ばれる店頭窓口が存在します。そのお客様サービスプラザの営業時間は、平日の午前10時から午後の6時までです。サービスプラザには、プロミスのスタッフが常駐しています。スタッフが接客をしてくれますので「スタッフと直接会って手続きしたい」と思っている人は、サービスプラザが条件に合います。ただサービスプラザはどこにでもあるわけではありません。生活圏にない場合もあるのでそこは注意です。

店頭窓口でできること

プロミスの店頭窓口であるお客様サービスプラザは、さまざまな手続きを受け付けています。スタッフがいるだけあり、できることは多いです。できることを以下にまとめました。

・キャッシング関係の申込
・自営者カードローン・目的ローン・おまとめローンなどのローン申込
・マネーアドバイザーが担当してくれる家計の相談
・イベントスペース関連

キャッシングから家計相談まで多岐に渡って利用できるのが店頭窓口の強みです。セミナーなども開催されることがあります。

プロミスコールの受付時間

プロミスの一般的な問い合わせ先となっているプロミスコールの受付時間は、フリーダイヤルで午前9時から午後10時までです。土日祝日も含めてこの時間帯で受け付けています。土日祝日も平日と変わらないのは、利用者にとってありがたいことこの上ありません。このプロミスコールを利用すれば、電話を使ってキャッシングを利用できます。また女性向けのレディースコールもありますが、こちらは女性オペレーターが対応するのが特徴です。

プロミスコールでできること

ネットの会員ページ及び自動契約機で行えることは、プロミスコールでも同じようにできると思って差し支えありません。できることは以下の通りです。

・キャッシング申込
・各種ローンの相談及び申込
・限度額の増額相談と申込
・カードの再発行や紛失連絡
・暗証番号の変更手続き

プロミスコールではこれだけのことができますので、プロミスのことで何かしら困ったらまずプロミスコールへかけてみるとしっかり対応してもらえます。非常に便利です。

ネット申込の受付時間

24時間365日いつでも関係なく申込を受け付けているのが、ネット申込のとても利用しやすい点です。たとえば年末年始やゴールデンウィークやシルバーウィークなどの長期連休シーズンも、ネット申込なら関係ありません。障害でも発生しない限り基本的にはいつでも対応しているのがネット申込最大の長所です。ただ受付時間が制限されていないネット申込ですが、審査が可能な時間とは異なりますので注意が必要です。審査には時間を要する場合があります。

会員ページでできること

プロミスの会員ページはとても便利で、借入や返済を含めてあらゆる手続きができるようになっています。会員ページなら基本的に何でもできるので、まず会員ページでできるかどうかを確認することがプロミスで手続きしたい場合のポイントです。

・契約情報のチェック
・キャッシングや返済
・さまざまな登録内容の変更届け
・限度額や返済日の変更依頼
・店舗及びATMの検索

これらを含め多くの手続きをすべてできるのがプロミスの会員ページです。

即日融資を確実に受けたい人は

最も審査が早くてスピーディーなのはネット申込ですので、確実に即日融資を受けたいのであればネット申込最優先で検討するのがベストです。ネットから夜の9時までに申込を済ませることを心がけ、必要書類である本人確認書類をアップロードします。このようにとてもスピーディーに申込手続きを進められますし、最近ではほとんどの人が持っているスマホから申込みを行うケースが枚挙に暇ありません。確実に即日融資を受けたいならネット申込が便利です。

何時までに申し込みを行えばいいのか?

プロミスのカードローンをはじめ消費者金融系のカードローンの申し込みを行う動機の一つとして即日融資を受けることができることが挙げられます。銀行系のカードローンでは最短でも申し込みの翌日の融資となってしまうので急いでいる方には不都合です。ただ、プロミスのカードローンを利用して即日融資を受けようと思うのであれば、ある程度時間的な制約が出てきます。

結論から申し上げますと、即日融資を受けるためには、9時から21時の間に申し込みを完了させておく必要があります。

プロミスの審査時間は最短30分

プロミスのカードローンの審査に要する時間についてですが、プロミスのホームページを見ると審査は最短30分で完了することと記載されています。つまり、申し込みのタイミング次第にはなりますが、スムーズに手続きが進めば即日融資も可能です。ただし、申し込みした時の希望借入額や他社での借入残高次第では審査に時間がかかってしまうので注意が必要です。また、即日融資を希望するのであれば遅くとも20時までには申し込みを済ませておくようにしましょう。

口座振込・ATMキャッシングの特徴

まず口座振り込みで融資を受け取ることのメリットとしては、どのような場所でもインターネット接続環境さえあれば手続きを行うことができるという点が挙げられます。当然利便性は高いですし、誰にもカードローンの手続きをしているところを見られることはありません。一方、ATMから融資を受け取る方法のメリットとしては休日でも融資を受けることが可能であることが挙げられます。また、コンビニATMからも融資を受けることができるので、コンビニが多く存在する生活環境では利便性は高いです。

プロミスの申し込み方法について

プロミスのカードローンの申し込み方法についてですが、プロミスのホームページ上に申し込みフォームが用意されています。この申し込みフォームに必要事項を入力します。大体10分程度あれば終わらせることができます。その後、電話での確認や審査が行われます。その時に必要書類の提出をスマートフォンやパソコンを使って行います。審査が終われば審査結果がメールや電話で通知されます。その後、融資を受けるためには前述の口座振り込みかATMかどちらかの受け取り方法を選択して融資を実行します。

プロミスの必要書類を準備すれば今すぐ借りることが可能!

ここまででプロミスのカードローンの申し込みから融資実行までの一連の流れを紹介しましたが、スムーズに手続きが進んでいけばこの一連の流れを1日のうちに完結させることができます。ただ、手続きをスムーズに終えるためには準備が必要です。準備を要するものとして必要書類の準備が挙げられます。必要書類としては以下のようなものが挙げられます。

・本人確認書類:運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど
・収入証明書類:源泉徴収票、給与明細書、納税通知書など

※個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工して、ご提出いただきますようお願いいたします。

50万円未満なら収入証明書不要

前述の通り、プロミスのカードローンの申し込みの際に必要な書類に収入証明書類が挙げられますが、この収入証明書類は全ての申込者が提出する必要があるわけではありません。収入証明書類の提出が必要になるかどうかはどの程度の希望融資額を申請したかによります。具体的には希望融資額が50万円を超える場合には収入証明書類の提出が必要となってきます。ある程度融資の金額が高額になってくると安定した収入を得ているのかを証明する必要があるということです。

口座振込の方は携帯アプリで書類を送信

口座振り込みでプロミスからの融資を受け取る場合には自動契約機や店舗には出向くことはありません。それでも必要書類の提出を行う必要はあります。必要書類もプロミスの審査では重要な判断材料となるからです。ではどのように必要書類を提出するのかというとスマートフォンを利用して提出することができます。スマートフォンのカメラで必要書類の写真を撮影し、この写真をアップロードしてプロミスに提出します。アップロードするためにはプロミスの専用アプリを利用することになります。

ATMの方は無人契約機で書類をスキャン

ATMからローンカードを使ってプロミスから融資を受け取ろうと考えている方は、必要書類は無人契約機で提出することができるようになっています。どのように提出するのかというと無人契約機では書類をスキャンすることができるようになっていて、必要書類をスキャンすると画像となり、それを提出するということになります。つまり、わざわざ自分で必要書類のコピーを前もってとっておいて、それを提出する必要はありません。原本を持参するだけでいいのです。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.