最終更新日:2019年09月26日

プロミスの審査時間は?審査結果が遅いときでも即日融資を受けるコツ

プロミスの強みは審査時間が最短30分で済むこと

「プロミス」といえば、大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスのカードローンとしてTVのCMや広告などでご存知の方も多いでしょう。
そんなプロミスの最大の強みは“審査時間が最短30分”であるということ。
借主に対して「お金を貸してもいいか」を判断する必要性があり、それを見極めるために審査工程が用意されています。
この審査工程にかかる時間は金融機関により大きくことなりますが、何営業日もかかるケースもあります。
とくに「今すぐにお金が必要!」という方に最適なカードローンといえます。

プロミスならすぐにお得な金利で借りられる

即日融資も可能と、急いでいる方に大変魅力的なプロミスですが、利息の面でも大変お得です。
プロミスは初めて利用する方は30日間利息0円で借りられます。

通常プロミスの利息は 4.5%〜17.8% です。
初回に通常適用される17.8%の利息が0円になるなんてとてもお得ですよね!

他にもある!プロミスのおすすめポイント

プロミスのおすすめポイント
  • 初めての方は30日間利息0円
  • 3項目で簡単借入シミュレーション!3秒で借入可能か分かる!
  • 最短30分で審査完了、さらに最短60分で融資可能
  • 申込、借入、返済までWEBで完結

プロミスの申し込み方法や審査の流れ

プロミスで融資を受ける方法は非常にシンプル。簡単4ステップで完了します。
1.PCやスマホから申し込む。(24時間申し込み可能)
2.必要書類を提出する。
3.審査完了後、契約可能額が決定。→指定した連絡先に連絡が入る。
4.カード発行後にキャッシング。
この4ステップの中で最も時間がかかるのは、2と3の間にプロミス側が行う審査です。
申し込みや必要書類に関してはご自身の努力や工夫次第で時間短縮が可能ですが、審査だけはプロミスが行うことなので、これは実際に審査を受けてみないと分かりません。

申し込みに必要な情報を入力する【5分】

プロミスの申し込み方法は以下の5通りです。
・インターネット申し込み
・プロミスの自動契約機
・プロミスコール
・郵送
・店頭窓口
こちらは方法が異なるというだけで、あなたが行うことは変わりません。それは“プロミス側に情報を伝える”ということです。
これが例えば電話なら口頭で、パソコンやスマートフォンからなら文字入力で必要な情報を申告します。
この工程はそれほど難しいものではありませんので、最短5分程度で完了するでしょう。

申し込みに必要な本人確認証類を準備する

プロミスでキャッシングを申し込む際には本人確認書類が必要です。
具体的には以下の4点のうちのいずれかをご用意下さい。

・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・健康保険証+1点(住民票の写し等)

なおマイナンバーカードについてですが、通知カード(緑色のもの)のことではありません。
基本的には写真や氏名、住所が明記されている表面のみの提出ですが、変更事項がある場合は裏面も提出することになります。

このとき、個人番号は隠してから提出しましょう。

申し込み・書類提出した後に審査へ

必要項目の入力や書類の提出を終えれば、申し込みは完了です。
申し込み後に審査がはじまり、プロミス側が融資の可否を決めます。
この審査の段階で「この人(あなた)にお金を貸すのはリスクがある」とプロミス側に判断された場合は審査落ちになり、融資を受けることは出来ません。
反対にあなたには「返済能力がある」と判断された場合は、融資を受けることが可能です。
審査結果はご自身が指定した電話番号やメールアドレスに通知が来ます。
この通知に借り入れ可能金額等が明記されているので確認しましょう。

プロミスの審査で「返済能力」が確かめられる

それではプロミスの審査では、具体的にどのような部分が問われるのでしょうか。
それはズバリ「返済能力」です。プロミス側としては、返済能力が無い人にお金を貸してしまうと、貸し倒れしてしまうというリスクがあるのは想像に難くありませんよね。
従ってプロミスは審査工程で事前に「この人(あなた)はきちんと借入金を返済出来るかどうか」ということを判断するわけですね。
基本的には20歳~69歳までの方で安定した収入があれば問題ありませんが、過去にカードローンの支払いを遅延していたり、複数の金融業者から借り入れがあったりする場合は注意が必要です。

Q.返済能力ってなんのこと?

「支払い能力」とは具体的にどのようなことなのでしょうか。
これは“カードローンを申し込んだ人がお金を返済していけるかどうかの根拠”を意味しています。
この根拠を、信用情報、勤務先、年収、勤続年数から判定するのです。
この信用情報に事故情報がある方は、融資を行っても事故を起こす可能性が高いと判断され審査が通りません。
ちなみに事故とはカードローンの返済遅延などのことで、この情報が多い人は返済にルーズであるとみなされ融資が受けられないのです。
反対に大企業に長年勤めていたり、公務員であったりすると高水準で安定した収入があるのみなされ、審査に通りやすいでしょう。

申し込み情報から収入状況を確認する

返済能力があるかどうかの判断材料となるのが、申し込み時にあなた自身が申告した情報です。プロミスの申し込みフォームには申し込んだ方の連絡先や住所などといった基本情報の他に、勤務先や居住情報も記入します。これらの情報から、あなたの収入情報が見極められるということです。従って、まずは申し込みフォームに正確な情報を記載する必要があります。
申し込みをする前に、その内容を確かめてみましょう。
記入ミスがないかどうかのチェックも忘れないで下さいね。

①:基本的な本人情報

プロミスに融資を申し込む際にはまず、以下のような基本的な個人情報を入力(記入)しています。
・氏名
・氏名(フリガナ)
・生年月日
・性別
・家族構成
・子供の有無
・電話番号(携帯・PHS)
・自宅電話の有無
・運転免許証交付の有無

これらの9点が基本的な本人情報です。
ちなみに審査結果の通知はここで登録した電話番号やメールアドレスに届きますので、記入ミスがないようにしっかりとチェックしましょう。
もちろん他の項目も書き損じ等がないように、確認して下さい。

②:住居関連の情報

住居関係の情報に関しては、以下の項目を入力します。

・郵便番号
・自宅住所
・自宅住所(フリガナ)
・お住いの情報

一番下の「お住いの情報」とは、持ち家、賃貸住宅(借家含む)、社宅・寮・宿舎・公営住宅という4つのうちから、ご自身に該当するものを選択してい下さい。
また住居情報に記載された住所は本人確認の際に必要となります。
これが提出した身分証と異なる場合は審査に時間を要します。
なるべく早く融資を受けたい場合は、十分にご注意下さい。

③:収入関連の情報

収入関連の情報については以下の項目を入力します。

・雇用形態
・勤務先名
・勤務先名(フリガナ)
・郵便番号
・勤務先住所(フリガナ)
・所属部署
・電話番号
・社員数
・最終学歴
・入社年月
・税込年収
・健康保険証の種類
・業種
・職種

年収や勤務先、職種等の収入に関する情報は、融資可能額を算出するために必要な項目となります。なお、年収に関しては手取りではなく、額面を記入しましょう。ちなみに在籍確認はこちらで入力した電話番号が使われますので、記入ミスが無いようにご注意下さい。

④:希望の契約内容

希望の契約内容に関しては、以下の項目を入力します。

・ご希望の契約方法(WEB又は来店)
・現在の他社お借入れ
・今回のお借入れ希望額
・メールアドレス
・パスワード
・審査結果の連絡方法
・書面の受取方法

必要な金額、即ち借りたいと希望している金額等の重要事項はここで記入します。
なお、審査結果の連絡をメールにしたい方は、メールアドレスを間違えないように気を付けて下さい。
またここで入力したパスワードは借入や返済時に利用しますので、大切に保管しましょう。

スコアリング審査

プロミスの審査が最短30分で完了する理由が、この「スコアリング」という審査方法にあります。
スコアリングとは申込をした方の信用度合を判断するため、自動的に統計解析を用いて行う「与信システム」のことです。
具体的にいうと、申し込みフォームに入力された内容をコンピュータが自動で読み取り、点数を付けていくというシステムとなります。
このスコアリングを行うことにより、審査基準に達する方とそうでない方とを瞬時に見極めることが可能なのです。

過去の金融取引の情報の確認が行われる

プロミスとしては、現在の収入そのものは安定していても、返済する意志がない方にはお金を貸せません。
そこでプロミスでは個人信用情報を元に、これを判断していきます。
ちなみに個人信用情報とは、クレジットやローンの契約や申し込みに関する情報のことです。
客観的な取引事実を登録した個人の情報となります。
また、この信用情報はクレジット会社が借入希望者の「信用」を判断するための参考資料として利用されるのです。
これはつまり、過去や現在においてクレジットカードの支払いをしっかり行った経験があれば「信用」とみなされ、審査に有利な情報となるでしょう。

他社からの借り入れ情報も確認される

プロミスの申し込みフォームには「他社からの借り入れ金額」を記入する項目があります。
この他社からの借り入れ金額も審査に影響を及ぼすポイントの1つです。
新たに貸付を行う場合、申込者の年収に対して借り入れ金額が大きくなるとプロミスとしては審査を通すことが出来ません。
これは貸金業法の規定であり、収入の1/3以上の融資は禁止されているからです。
キャッシングを希望する際は、その辺についても事前に確認しておくとよいでしょう。

プロミスの審査が行われる時間帯について

プロミスの審査対応時間は09:00~21:00までです。こちらは平日や土日祝日問わず、09:00~21:00となります。
21:00以降に申し込みをしても審査は行われず、翌営業日の審査となりますので注意が必要です。
反対に09:00前の朝早くに申し込みをしても、当日の09:00にならなければ審査は行われません。
とくに即日融資を希望している方は、審査時間の範囲内で申し込みを済ませることが必要不可欠な条件となります。

問題がなければ最短30分で完了する

プロミスの審査時間は業界でも最高クラスの速さだといわれています。
従って提出書類等に問題が無ければ、最短30分で審査が完了するのです。
つまり当日中に審査を完了させたい場合は、審査終了時刻である21:00の30分前、即ち20:30までに審査工程に入ることが出来れば当日に借りることも可能というわけですね。ただし30分というのは、あくまで最短の場合です。
夜、即日融資を希望する場合は、時間に余裕を持って20:00までには申し込みを完了させましょう。
なお、返済能力が低い方は、審査時間が長引く傾向にあるといわれます。
翌営業日の対応になる場合もありますので、ご注意下さい。

個人信用情報に問題があれば即座に審査落ち

審査が長引くケースの一つとして、個人信用情報に問題があるケースが考えられます。
ただし、過去に金融事故を起こした方は即時に融資不可という審査結果が出ますので、審査時間は長引きません。
ちなみに金融事故と言うのは、以下のような事例を意味します。

・長期滞納
・強制解約
・債務整理

まず「長期滞納」とは、クレジットカードや携帯電話の分割払いを3ヶ月以上滞納した場合の金融事故です。なお、例え1ヶ月目でも滞納している最中の方は即審査落ちします。そして「強制解約」とはクレジットカードの利用中など、長期滞納や規約違反を犯し強制解約や強制退会になったケースです。最後の「債務整理」は任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類が挙げられます。

収入証明書が必要な可能性もある

プロミスでは50万円以上の高額融資を希望する方や、他社との借り入れ合計金額が100万円を超える場合は「収入証明書」が必要になります。収入証明書となるのは以下のものです。
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告(最新のもの)
・税額通知書・所得(課税)証明書
・給与明細書

借入希望額が50万円を超える方や他者借入が100万円を超えている方は、事前にこれらの書類を用意しておくことで、審査を長引かせずに済む可能性があります。

プロミスの審査は2時間かかるとのアンケート結果も

プロミスの審査は約2時間ほどかかります。過去には、プロミスの審査に通過した方々に対するアンケートが行われた事もありますが、かなりの方は2時間ぐらいかかったと回答しているのです。平均的には、およそ2時間ぐらいかかるというデータも実際あります。なおプロミスの審査に通過すれば、直ちに振込融資を受けられる状態になります。たとえ審査に2時間ぐらい要したとしても、プロミスから今日中にお金を借りることは可能なのです。

即日融資も可能でお得な利息で借りるならプロミス!

プロミスでは即日融資も可能

上で紹介したように、プロミスは最短審査時間は30分となっています。
在籍確認などに時間がかかり2時間かかることもありますが、当日中に答えがもらえる可能性は高く、申し込んだその日に融資を受けることも可能です。

利息0円期間を利用してお得に借りよう

プロミスは、初めて利用する方は30日間利息0円というサービスを行っています。
その期間内に完済すればもちろん利息はかかりません。

この期間を利用してお得にお金を借りましょう。

プロミスの審査時間を長引かせないためには在籍確認に注意する

プロミスだけでなくカードローン会社で融資を申し込む際は、必ず「在籍確認」というものが行われます。
在籍確認とはプロミスの審査担当者があなたの勤務先に連絡し、あなたがその会社などに本当に在籍しているか確認する作業のことです。
これはスムーズにいけば1分もかからない工程ですが、申し込み時に勤務先電話番号を間違えてしまうと、30分以上の時間をロスするといわれています。
さらに申し込み内容の記入ミスは、それそのものが審査通過率を下げる可能性があります。
これらを踏まえた上で、申し込み時は記入(入力)ミスのないように注意して下さい。

在籍確認は時間指定できる

在籍確認の電話番号記入ミスで多い理由の一つに「会社に借り入れがバレるのが怖くてわざと間違えてしまう」というものです。
しかし、これは心配しないで下さい。プロミス側は在籍確認時に会社名や用件を伏せますので、同僚などに借り入れが知られることはありません。
また時間指定も可能なので、突然電話がかかってくるという可能性もありません。
審査を長引かせないためにも、勤務先の電話番号は正確に記入しましょう。
そしてご自身にとって都合のいい時間帯を指定して下さい。

在籍確認をスムーズにクリアするには?

在籍確認をスムーズにクリアするコツは、まず「できれば本人に直接繋げること」です。
在籍確認は例えあなたが勤務先に居なくても、電話に出た方が「欠勤です」「席を外しております」等と告げてくれれば、それで完了します。
しかし電話に出た相手が必ずしもこのように答えてくれるとは限りませんし、社員数が多ければ個人の特定が困難です。
これらを考慮すると、やはりあなた自身が電話に出られる状態のときに在籍確認をしてもらうとスムーズに審査が進むでしょう。
そして勤務先の営業時間内に申し込むことも重要です。
在籍確認をしたくても電話に誰も出なければ、意味がありません。
この辺も気を付けながら、在籍確認の時間を指定して下さい。

プロミスの在籍確認に関する口コミを紹介します

プロミスの電話対応に関する口コミをご紹介します。

「サービスも迅速に対応して頂き、とても良かったです。
また、在籍確認の方法について相談できる点もいいなと思いました。
対応も丁寧で好印象です。」
(20代/男性/会社員)

「職場への連絡がなかなかうまくいかず、時間がかかりました。
(常に人が居る職場ではないため)」
(20代/男性/会社員)

本人が在籍確認に指定時間を間違えない限りは、プロミスの在籍確認の評価は高いといえるでしょう。

審査結果が出るのが遅い方にありがちな理由とは

プロミスからの審査結果が伝えられるのは、若干時間がかかってしまう事があります。その場合、下記のような原因が考えられます。

・平日の昼間休みなど、混雑する時間帯に申し込みした
・ゴールデンウィーク前や給料日前など、繁忙期に申し込みした
・お勤め先への在籍確認が完了していない
・他社からの借り入れ件数が多い
・総量規制を超えている
・申し込みをする際に伝える情報に、虚偽内容が含まれていた
・迷惑メールフォルダなどに振り分けられている

申し込んだのが混雑している時間帯・時期だった

プロミスの二次審査は、担当者が人為的に行っています。ですから混雑している時間帯に申し込みしてしまいますと、審査結果が通知されるのは遅れてしまう事が多いです。下記のようなタイミングは、若干時間がかかる傾向があります。

・平日の昼休み
・金曜の夜
・3月や4月などの新生活シーズン
・ゴールデンウィークなど大型連休の前
・毎月の20日~24日などの給料日前

上記のようなタイミングに申し込みしますと、審査が完了するのは1時間以上かかってしまう可能性があります。

申込者の勤務先に在籍確認が取れていない

在籍確認が取れないと、審査に時間がかかってしまう事があります。やむを得ない事情があって、どうしても早く融資を受けたい時はプロミスの担当者に相談してみると良いでしょう。状況によっては、在籍確認の時間帯をずらしてくれる事もありますし、柔軟に対応してくれる可能性があります。ただ原則的には、プロミスは申し込み直後に在籍確認を行ってくれます。速やかに審査を完了してほしいなら、お勤め先の営業時間内に申し込みしましょう。

他社からの借り入れ件数・残高が多い

他社での借り入れ件数が多いと、審査時間が長引いてしまう事があります。3社以上から借りている時などは、プロミスに疑われて審査が長引いてしまうケースがあります。まず借り入れ件数を減らした上で、プロミスに申し込むようにしましょう。
また総量規制を超えていると、審査に時間がかかる事があります。自分の年収の3分の1を超える金額を他社から借りている時などは、確認するのに時間がかかってしまう訳です。状況によっては審査落ちになってしまう可能性もありますから、注意が必要です。

申込み内容に虚偽申告や不備があった

申し込みする時に伝える情報に虚偽の内容が含まれていると、審査は時間がかかってしまう傾向があります。プロミスでは、審査を行う時に個人信用情報機関に記録されている情報を確認しています。それを照会した時に虚偽の申告が発覚しますと、信用性を疑われてしまう事があるのです。プロミスとしては慎重に審査を行う事になり、手続きも若干時間がかかってしまいます。場合によっては、審査落ちになる事もあります。たとえ入力ミスでも虚偽申告と見なされてしまう事もあるので、フォームに情報を入力する時は、正確さを心がけましょう。

プロミスからのメールが迷惑フォルダに振り分けられている

プロミスからの審査結果は、メールで通知されます。審査が完了すればメールを送信してくれますが、受け取っている本人がプロミスのメールに気が付いていない事もあります。実際には審査に通っているのに、本人が気づいていない訳です。例えば振り分け機能です。携帯の設定によっては、自動的に迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう事があります。また携帯が受信拒否の状態になっていると、気がつかないケースがあります。申し込みする際は、携帯のメール設定を確認しておきましょう。

審査の結果連絡が遅い時チェックしておきたい対処法

急いでお金を借りたいのに、なかなかプロミスから審査結果が通知されない場合、主な解決法は2つあります。1つ目はプロミスコールです。プロミスのフリーダイヤルの番号に電話して、審査の状況を確認してみる方法もあります。電話で問い合わせしてみると、何らかの手違いで二次審査に進んでいないといった状況が分かる事もあります。もう1つは他社のカードローンです。他の消費者金融も、プロミスと同じスペックのカードローンを提供している事もあります。

プロミスコールを利用して審査状況を確認する

審査の結果がなかなか伝えられない時は、フリーコールに電話して確認してみる方法もあります。混雑状況が分かる事もあるからです。人によっては、すでに一次審査自体は完了しているものの、何らかの手違いで二次審査にまで進んでいない事があります。たまたま混雑しているので、二次審査にまで進んでいないケースもたまにあります。審査落ちが原因でないと分かれば安心ですし、気になる時はフリーコールに問い合わせてみると良いでしょう。

他のカードローンに申込む

できるだけ早くお金を借りたい時は、プロミス以外のカードローンで申し込みをしてみる選択肢もあります。例えば混雑時間に申し込みをしていない筈なのに、2時間経過しても連絡が来ない時などは、審査落ちになっている可能性はあります。もしくは融資できるかどうか判断するのが難しくて、審査に時間がかかっている可能性もあるのです。アコムのような他社の消費者金融であれば、プロミスと同じスペックのカードローンを利用できますし、検討してみる価値はあります。

即日に融資してもらうための審査時間以外のポイント

「なんとしても今日中にお金が必要!」という方は、プロミスの審査時間がどの程度かかるのか気になりますよね。しかし、即日融資(今日中の借り入れ)を希望する方は、審査時間以外にも着目すべきポイントがいくつかあります。例えば申し込み方法や銀行口座、カードを発行する手段などです。これらについてちょっと工夫をしたり時間調整をしたりすることで、即日融資に繋がる確率が上がるといわれています。以下にポイントをご紹介していきますので、ぜひ参考にして下さいね。

①あなたの審査時間は1時間以内に終わる?チェックリストで確認!

まずはあなたの審査時間はどの程度か、こちらのチェックリストを使って自己診断してみましょう。
・あなたは正社員である[YES/NO]
・勤続年数が半年以上である[YES/NO]
・年収が150万円以上ある[YES/NO]
・実家で両親と同居している[YES/NO]
・すでに他社で借入している[YES/NO]
全てのチェック項目がYESなら、あなたの審査は1時間以内に終わる可能性が高いです。なお勤続期間が極端に短い方は、審査に5時間以上を要する可能性もあるといわれます。気を付けましょう。

②銀行口座をチェック

あなたは何処の金融機関の口座をお持ちですか。プロミスには「瞬フリ」という独自のサービスがあります。これは審査通過後であれば最短10秒であなたの口座に借入金が振り込まれるというサービスです。しかも24時間対応で、手数料も無料となります。ただしこの「瞬フリ」に対応しているのは「ジャパンネット銀行」か「三井住友銀行」の口座をお持ちの方だけです。その他の口座では、平日14:00以降は振り込みでのキャッシングは利用できません。ご注意下さい。

③付近の自動契約機をチェック

平日14:00過ぎにキャッシングを利用する場合、自動契約機でプロミスカードを発行する必要があります。なお、この自動契約機の営業時間は09:00~22:00です。(店舗により異なる可能性があるので、事前に確認しましょう。)審査にさえ通過すれば営業時間ギリギリに駆け込んでも間に合いますが、自動契約機が自宅や会社などの近辺になければ間に合わない可能性があります。即日融資を受けるには近くに自動契約機があるかどうか確認しておくとよいでしょう。

④申込方法によって変わるタイムリミット

あなたが即日融資を希望する場合、気になるのは「タイムリミット」ですよね。プロミスは21:00までは審査を行いますが、申し込み方法等によってタイムリミットは違いますので、それぞれ確認しておきましょう。

■店頭窓口
タイムリミット:平日18:00

■自動契約機
タイムリミット:21:00

■電話申込
・振込で借りる場合
タイムリミット:平日13:00

・ATMで借りる場合
タイムリミット:21:00
■Web契約

・振込で借りる場合
タイムリミット:平日13:00
・ATMで借りる場合
タイムリミット:21:00

なお三井住友銀行の口座かジャパンネット銀行の口座をお持ちであれば、どの方法であってもタイムリミットは21:00となります。そして契約さえ出来れば、22:00を超えても融資は可能です。

プロミスの審査は休日も対応【土日祝日】

プロミスでキャッシングを申し込むメリットの一つが、土日祝日でも審査対応しているという点です。そしてもちろん、審査に通れば土日祝日に融資を受けることも出来ます。休日は何かと急な出費が必要になることも多いので、土日祝日でも審査対応してくれるというのは嬉しいポイントですね。それでは以下に土日祝日でも申し込みが出来る方法や注意点等をご紹介していきます。休日に融資を希望している方は、ぜひチェックして下さいね。

土日に申し込みが可能な方法とは

プロミスで融資を希望する際の申し込み方法は、主に5つです。そしてそのうち以下の3つが、土日でも融資の申し込みが出来る方法となります。

・インターネット申し込み(スマホ・PC)
・プロミスの自動契約機
・プロミスコール

なお他の2つの方法は郵送と店頭窓口での申し込みとなりますが、前者は時間がかかりますし、後者は平日のみの営業となります。もし土日に融資を希望するのであれば、上記3つの方法から申し込みを行いましょう。

おすすめはインターネット申し込み

土日祝日にプロミスで即日融資を希望される方は「インターネット申し込み」を選ぶことをおすすめします。プロミスでは審査そのもは土日祝日でも行っていますが、店頭窓口は平日のみの営業となるため、当然ですが土日祝日は利用できません。またプロミスコール(電話)は自動受付のみとなりますので、審査にかかる時間が長いといわれています。自動契約機も自宅近辺になければ不便ですし、混み合っている可能性もあります。その点、WEBでの契約なら手続きでの待ち時間は全くないので、スムーズに申し込みが完了します。休日の即日融資は、ぜひインターネット申し込みを利用してみて下さい。

即日審査で時間内にスマホで借入OK

WEB完結をおすすめする理由は、わざわざ契約のために自動契約機に出向く必要が無いので、審査~契約までがスマホ1台でスムーズに行えるという点です。 例え申し込みが審査の受付時間ギリギリになってしまっても、自動契約機へ出向く時間が無くてもこれなら安心ですよね。審査が終わっても、契約まできちんと終わらせることが出来なければ利用することは出来ませんので、少しでも契約までの手間を減らすためにもWEB完結がおすすめというわけです。

土日の審査は在籍確認に注意

土日祝日の即日融資を希望される場合、気を付けて頂きたいのは「在籍確認」です。例え休日であっても在籍確認は審査に必要な工程なので、必ず行われます。これが完了しない限りは、審査は終わりません。つまり勤め先が土日祝日にお休みで誰も電話に出れない場合は、審査が完了しないということです。ただし「会社が休みで在籍確認ができないが、どうしても急ぎでお金を借りたい」という方は、プロミスの担当者に相談してみましょう。担当者によって対応が分かれますが、別の方法で在籍確認する方法を提案してくれる可能性もあります。

審査時間を短縮するなら「フル入力」

まずは、プロミスでWEB申し込みをした場合の審査の流れやWEB契約の流れを簡単に見ていきましょう。まずは、公式サイトのWEB申し込みフォームに従って入力し送信をします。すると、カンタン入力の場合は本人確認の電話が入り、その後、一時審査(仮審査)が行われ一時審査が完了すればメールが届きます。そして、一次をパスしていれば必要書類を提出すると、在籍確認が行われその結果を加味した二次審査が行われます。二次審査もパスすれば、限度額や金利などの案内があり契約を行うというのが大まかな流れとなります。

プロミスの審査時間を短縮するなら「フル入力」でWEB申し込み

プロミスのWEB申し込みにはカンタン入力とフル入力の2種類がありますが、少しでも審査時間を短くしたいのであればフル入力での申し込みを行いましょう。フル入力なら本人確認がなく、コールセンターと電話でやり取りをする必要がありません。申し込みさえすれば、あとは全てメールで対応することができるのです。万が一電話が取れなかったなという心配もありませんし、電話にかかる余計な時間もありません。その分審査が早くなるのは当然ですよね。

プロミスの審査時間に関する口コミをまとめました

朝、通勤電車の中から申し込みをしたところ 30分も経たない内に仮審査通過のメールがありました。そして、午前中に確認書類の画像データを送信すると、すぐに在籍確認の電話があり、昼休みには契約完了。仕事終わりに三井住友銀行でローンカードを発行と、仕事をしながらでも余裕で即日キャッシングできました。(20代 男性)

昼過ぎにWEBで申し込むと、すぐに電話があり10分程度内容の確認がありました。その20分後には一次を通過したとのメールがあったため、自動契約機に行き確認書類をアップロード。一時間もかからずに本審査通過の電話があり、その場でカードを作成、隣にATMもあったためとてもスピーディーに借りることができました。(30代 男性)

プロミスで審査落ちをする5つの原因

プロミスを利用してお金を借りたいのであれば、審査に通過するというのが絶対条件です。そして当たり前ですが、審査に落ちればお金は借りられません。なおプロミス側は、なぜ審査に通らなかったのかという理由は教えてくれないのです。そのため、審査に落ちた方は、自分の何がダメだったのか気になってしまいますよね。ただしこれまでにカードローンの審査に通らなかった方の特徴を見ていくと、ある程度原因を予測することが出来ます。プロミスの場合、審査に落ちる原因は以下の5つの理由に絞られます。

審査落ちの原因1:虚偽の内容を含んだ申し込み

プロミスで融資を申し込む際必要事項の記入ミスがあっても、それがすぐに審査に落ちる原因にはなりません。多くの場合は申し込み確認の段階で、情報の修正が行われます。しかし、故意に虚偽の申告をした場合は話が別です。申告された情報のほとんどが裏付けを取れなかったり、明らかに嘘と分かる記載があったりすれば審査には通りません。とくに収入面に不安のある方が多いようで、年収を多く記入したり、企業名を偽ったりする方が多い傾向にあります。

勤務先に関する虚偽の申告は必ずバレますので、審査に通りたいからといって虚偽の申告をしてはいけません。不正申し込みとみなされ、審査に落ちるだけでなく二度と申し込めなくなる可能性もあります。

審査落ちの原因2:不安定な収入

プロミスだけでなくカードローンを契約する際に、必ず求められる条件が「返済能力」です。この返済能力を判断する材料の一つが、融資を希望している方の収入状況です。収入があるからこそ、返済にお金を当てられます。その収入状況が安定していない方は「お金を貸すにはリスクがある」と判断され、審査を通過することが出来ません。年収額の基準等は各社異なるので明確なことはいえませんが、収入が極端に低い方や現在収入が途絶えているという方は審査に落ちる可能性があるといえるでしょう。

審査落ちの原因3:他社からの借入が多い

プロミスに融資の申し込みをした時点で、他社からどれだけ借りているかチェックされます。そして、他社から多くの借り入れがある場合は注意が必要です。多重債務者であり返済不能であると判断された場合は、審査に落ちます。具体的には4社の借り入れがボーダーラインといわれます。また、貸金業法には総量規制という制度があり、貸金業者はこれを守らなければなりません。この総量規制では「個人が貸金業者から借り入れできる金額は、年収の1/3の金額まで」という規定があります。従って年収の1/3を超える借り入れを希望した場合は、審査に通りません。

審査落ちの原因4:短期間に複数のローンに申し込みをしている

短期間に複数のローンを申請している方は、審査に落ちる可能性が高いといわれています。銀行や消費者金融、信販会社を通したローンの申し込み情報は「信用情報機関」という組織に記録として残されます。この信用情報機関の情報は貸金業者等で共有されており、審査時にチェックされます。ここで短期間に複数の融資を申し込んでいることが判明した場合「極度にお金に困っている状況にある人」と判断され、返済能力がないとみなされ審査に落ちるケースがあるのです。具体的な数でいえば1ヶ月に4社以上の申し込みをしている方は、審査に通りにくいでしょう。またローンの申し込みをしたという記録は6ヶ月間残りますので、その期間は融資の申し込みを待たなければ審査に通らないということですね。

審査落ちの原因5:信用情報に傷がついている

個人のお金に関する記録は「信用情報」に残されます。

この信用情報とはクレジットやローンなどの信用取引に関する内容や、返済状況、支払い状況、利用残高などといった客観的な取引事実を表す情報のことです。この信用情報に問題がある場合、審査を通過できない可能性が高いといわれています。それでは、ここでいう「信用情報の問題」とは、どのようなことなのでしょうか。これは、いわゆる「金融事故」と呼ばれるもので、以下のようなケースがこれに該当します。

金融事故1:クレジットカードの利用代金の長期延滞

金融事故で最も身近な問題はクレジットカードの代金滞納ではないでしょうか。これは数日程度の遅延であれば、さほど問題視されないといわれています。しかし、60日を超える滞納があった場合には金融事故とみなされます。そしてこの金融事故は信用情報に記録されますので、ローンの審査を通すのは難しいでしょう。このように金融事故の記録が信用情報に残ることを俗に“信用情報に傷がつく”といい、これがあるとプロミスでの融資審査は通りにくいといわれます。

金融事故2:割賦払いの長期延滞

これは意外と見落としがちですが、何らかの商品を月賦払いで購入した場合、その支払いが遅延した際も信用情報に傷がつきます。最も身近なケースを挙げるとすれば、携帯電話やスマートフォン本体の分割払いです。とくに最近のスマートフォンは高額な商品が多いので、分割払いをしている方も多いでしょう。そしてこの支払いが遅れると、信用情報に傷が付くので気を付けましょう。なお、これは通話料や通信費等は影響しません。あくまで月賦払いで購入した商品に対する支払いの遅れのみが対象です。

金融事故3:奨学金・各種ローンの長期延滞

こちらも意外と忘れてしまいがちですが、奨学金や各種ローンの長期滞納も信用情報に影響を及ぼします。とくに奨学金については「気が付いたら返済をストップしていた」などというケースもありますので、奨学金制度を利用した方は返済に滞りがないか確認してみましょう。こちらは日本学生支援機構等に連絡をすれば、場合によっては支払いを待ってもらえることもありますし、返済方法も相談できます。また住宅ローンなど各種ローンも金融商品です。長期滞納すれば個人情報に傷が付きますので、注意して下さい。

金融事故4:自己破産などの債務整理をしている

債務整理は代表的な金融事故の一つでしょう。債務整理は任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4つを意味します。これらの行為は利用者としては返済の負担を軽減する、もしくは返済を免除されるために行ったものですが、金融機関側から見れば「完済出来なかった」という認識になるのです。なおこれまでにご紹介してきた金融事故の記録は、最短5年で信用情報から消えるといわれますが、債務整理だけは10年間記録が残るケースもあります。注意して下さい。

※これまで紹介したケースに該当しない方でも、審査に落ちる場合があります。また実際の審査基準は公開されていませんので、あくまで「目安」としてお考え下さい。

増額申請時のプロミスの審査ついて

プロミスでは最大500万円までの融資を受けることが可能です。ただしこれは、自分が希望すれば借りられるというわけではありません。実際には初回の審査時に限度額が決められ、その限度額の範囲内での借り入れが可能となります。しかし、初回の限度額だけでは足りなくなる場合もあるでしょう。その場合は増額の手続きをする必要があり、この増額に関しても審査が行われます。増額の審査ではどのようなポイントがあるのか、以下にご紹介します。

増額審査は利用実績も確かめられる

プロミスでの増額審査を通過するためには、ある程度の実績が必要です。ここでいう実績というのは借り入れと返済のことであり、期日にしっかり返済することが大切です。こうして実績を作れば信用があがります。カードローンという金融商品の特性上「信用」は非常に重要です。増額手続きにより、さらに多くの金額を融資してもらうためには、相応の信用が必要になります。従ってプロミスでの返済遅延を起こした場合は信用が失われ、増額審査に落ちる可能性があります。

プロミスの増額審査やおまとめローン審査の時間は平日夕方まで

さて今まで見てきたのは新規の申し込みばかりでしたが、利用限度額の上限を上げる増額申請や、複数の借り入れを一本化してまとめるおまとめローンの審査となると、少し条件が異なってきます。これらは平日しか行うことができず、受付時間も18:00までとかなり短くなります。即日利用を行おうと考えるのであればさらに、急がなくてはいけませんよね。ではここからは増額申請や、おまとめローンを申し込む際の注意点をみていきましょう。

プロミスの増額申請の審査時間は平日18時まで

既存会員が、利用額の上限を上げる増額申請の申し込み時間は平日の18:00までとなっています。審査の時間を考慮しなくてはいけませんので、その1時間前である17:00までには申請を完了しなければ、翌営業日扱いとなってしまいます。休前日などは、審査が休み明けとなってしまいますので、連休前に申し込んでしまったりすると、かなりの時間がかかることになりますね。またプロミスの増額申請はかなり厳しいため、あまりおすすめはできません。

プロミスのおまとめローンの審査時間と申し込み時間

おまとめローンの受付時間も平日18:00までですが、こちらは即日利用を考えるのであれば、午前中に申し込みを完了する必要があります。なぜなら、おまとめローンには現在借りている他社への代行返済が必要となるためです。代行返済が出来るのは、銀行の営業時間内です。そして、銀行の営業時間は皆さんご存知の通り15:00までとかなり短いですよね。即日中に審査を完了し代行返済までを行おうとすれば、午前中には申し込みを完了しなければいけないというのもお分かりいただけますよね。

プロミスの審査に関する口コミを満足度別でご紹介

ここまでプロミスでの融資についてご紹介して参りましたが、実際のところ審査というのは受けてみなければ分からないものです。そこで最後に、実際にプロミスの審査を受けた方の口コミをピックアップしていきます。

ここでは公平性を期すために満足度が高い方の口コミだけでなく、満足度が低い方からの口コミもご紹介します。やはり実際の体験者の声というものは何より参考になります。プロミスに融資を希望している方は、ぜひ目を通して下さいね。

満足度が高い方からの口コミ

「プロミスの良い点は審査が早いことです。私の場合は1時間ほどで終わりました。2日後にお金が必要な状況でギリギリだと思っていましたが、まさか当日中に借りられるなんて思いませんでした」
(20代/女性/契約社員)

「審査が早くてすぐにお金を借りられて良かったです。あとはオペレーターの方が親切で話しやすかったです」
(30代/男性/会社員)

「休日でも審査が即終わりお金が借りられました。無利息期間があるのも嬉しかったです。他社より金利が低めなのもいいところです」
(30代/男性/会社員)

満足度が低い方からの口コミ

「自動契約機を使ったがすごく待たされた。審査にも2時間くらいかかり、そのあとも手続きがあったので店内で暇でした。事前にネット申し込みができるみたいなので、それを利用すれば良かったと思った」
(30代/男性/派遣社員)

「審査はすぐ終わりました。でも結果がメールで届いたのですぐには気付きませんでした。メールなんて普段はなかなかチェックしないので。電話で通知してもらうようにすれば良かったと思いました」
(50代/男性/自営業)

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング

  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.