最終更新日:2019年11月13日

プロミス審査と収入・年収の関係とは?限度額の基準も解説

プロミスの利用方法をわかりやすく解説!簡単審査で即日お金が借りられるカードローンのプロミス

必要なときにすぐお金が用意できると便利ですよね。
プロミスは審査から融資までが最短1時間
すぐに借りられるカードローンとして人気がある、便利なサービスです。

しかし初めて契約するという場合は契約方法や使い方などが良く分からず手間取ってしまうものです。
そこでスピーディーにお金を借りるためには、あらかじめプロミスについて詳しく知っておく必要があります。
申し込みをする場合は、あらかじめ借り入れや返済の方法などについてしっかり把握しておきましょう。

プロミスの特徴

WEB完結で即日融資可能なプロミスは、年利4.5%~7.8%で利用できる大手の消費者金融です。
借り入れの限度額は、1万円~500万円までとなっており、初回の借り入れ時には借り入れから30日間無利息のサービスが利用できます。
審査時間は最短で30分
最短での融資スピードは1時間となっています。

プロミスの審査で重要なのは安定した収入

「プロミスでお金を借りたい」
そんなときに必要な年収はいくらなのでしょうか。

実際のところプロミスでお金を借りるために必要となる年収には「いくら」という決まりはありません

プロミスを利用する場合には、条件が2つあります。

1つ目は年齢制限です。プロミスは20歳以上70歳未満の方で無ければ利用出来ません。
そして、2つ目は安定した収入です。安定した収入が無ければ利用することができません。
反対に言えば 安定した収入源さえあれば、パートやアルバイトに従事している人はもちろんのこと、主婦や学生でも審査に通る場合があります。 少々年収が低い場合でも収入が安定していればOKです。
毎月大体一定の収入があれば、安定した収入とみなされるため、たとえ所得が低くても利用する事は可能です。

安定した収入とは何か

安定した収入とは、一定の額をコンスタントに受け取れる状態を普通は指します。一時的ではなく継続的に収入を受け取れる状態にあることが、安定した収入の一般的な定義です。

高収入を稼いでさえいればプロミスの審査は余裕で通過できるだろうと安易に考えてしまいがちですが、その考え方は改めないといけません。なぜならプロミスでは審査通過の条件に、安定性を求めているからです。つまり仮に高収入だったとしても、その収入の得方に安定性がないと審査を通過できない恐れがあるということです。

もしも収入の額が多かったり少なかったりすれば、収入が安定しているとはいえません。また収入のタイミングが一定でない場合も、同じように収入が安定しているとはいえないです。要するに収入の額がある程度保証されていて収入のタイミングもコンスタントにある、それが安定した収入です。

一般的にみて安定した収入と認められるのは、月ごとに収入が発生する給与所得です。給与所得は、雇用主から収入がしっかり保証されています。ですから会社勤めをして働くサラリーマンやOLなどは、安定した収入を得られる代表的な職業です。よってサラリーマンやOLのように給与所得がある職業の人は、プロミスの審査を通過しやすいです。

逆に、 毎月決まった収入のない自営業や水商売、農家の方などの利用は難しくなります。

不安定だとみなされやすいのは 自営業者や個人事業主

不安定な収入だと認識されてしまいやすい収入は、自営業者や個人事業主などの職業が該当します。自営業者や個人事業主などは、収入が安定しているわけではありません。今月は収入がたくさんあっても来月はまったくない、そんなこともありえるのが自営業者や個人事業主などの特徴です。

給与所得のように安定継続収入が約束されているわけではないため、不安定な収入だと認識されてしまいやすいです。収入がどうなるかわからない不確実さがあります。

残念ながら安定した収入とは認められない収入には、いくつかパターンがあります。

たとえばあるかどうかわからない1日限りの仕事、公営ギャンブルで得た配当金、不労所得で一時的に得た収入などは、安定した収入とは認められない収入に含まれてしまいやすいです。

これらの収入状態では、借り入れが厳しくなってしまう恐れがあります。

転職などで勤続年数が短い方は要注意!

転職で勤続年数が短い方は注意をしましょう。3ヶ月以上同じ職場で働いているという方ならプロミスを利用できる可能性は十分あるといわれています。しかし、転職したばかりで、収入が途切れているという場合には、安定収入があるとは見なされないこともあるため、転職を行ったばかりなので勤続年数が短いという場合には注意が必要なのです。同様に、毎月の給料が大きく上下する方も注意をしておく必要があるといわれているのです。

プロミスの借入限度額はどうやって決まる?

安定した収入が毎月得られていたとしても、実際にどれくらいの金額をプロミスで借り入れすることができるのかよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。では、プロミスの利用可能金額はどのように決められているのでしょうか?この点については、次のような点で決められているといわれています。そして、年収は審査よりも、利用可能限度額を決めるときに重視されているといわれています。そこで、もう少し具体的にご説明しましょう。

限度額が年収の1/3となる総量規制

消費者金融など貸金業者からの借り入れは総量規制の対象となります。
この総量規制とは、消費者金融など貸金業者によるカードローンやキャッシングによる多重債務が大きな問題となったことを受けて改正された「貸金業法」によって定められたものです。

総量規制では、貸金業者からの借り入れを年収の1/3までに制限しています。
たとえば年収が300万円の場合は、借り入れができる金額は100万円までとなります。

消費者金融であるプロミスは貸金業者となるため、プロミスからの借り入れは総量規制の対象です。
そこでプロミスからの借り入れは最高でも年収の1/3までとなります。 つまりそれ以上の借り入れはできませんから、返済するのが難しいほどの借り入れ額になることは基本的にありません。

年収が低くても収入が安定していれば利用条件を満たすことになります。
とはいえ、年収が10万円しかない場合は総量規制の影響で借り入れ可能額は3万円程度です。
このような場合現実的に審査に通るのは難しくなっているというわけです。

そして、貸付金額が50万円を超えたり、他社貸付との合計が100万円を超える場合に収入証明書の収集を義務付けています。

上限規制には他社の借り入れも含まれる

年収の1/3という額は1社ごとではありません。
すべての消費者金融からの借り入れの合計金額となります。
つまり、年収300万円の人であれば、すべての借り入れを合計して100万円までしか借りることは出来ないのです。
もし、他社から50万円既に借りていれば、プロミスから借りられるのは残りの50万円ということになります。
また他社からの借り入れがある場合には、総量規制や年収に関わらず、利用限度額が低く設定される可能性が無い場合に比べて高くなります。

総量規制の例外

住宅ローンや自動車ローンには総量規制が適用されません。総量規制が定められている貸金業法は消費者金融という貸金業者やクレジットカード会社系の信販会社に適用されます。そかし、銀行法が適用される銀行は総量規制の対象外です。貸金業法の施行規則で、住宅ローンやマイカーローンは総量規制は適用されません。さらに、個人事業主へ貸付するときも総量規制の例外となり、年収の3分の1を超える貸し付けは可能とされています。

金利も利用者の年収を基準にして決まる

借り入れの際の利用限度額や金利は、適当に決まるわけではありません。適当に決まるのではなく、 利用者の年収を基準にして決まります。

借り入れを申し込む際は、うっかりたくさん借り過ぎてしまうのではないかと心配になる場合があります。ですがプロミスでは借り過ぎにならないよう利用者の年収を基準にし、無理がない程度の利用限度額や金利になります。つまり利用者の年収がどうなっているのかをしっかり審査したうえで、借り入れの内容が決まるのです。

理想の年収は270万円以上

ではどのくらいの収入があればスムーズに審査を受けられるのでしょうか?この点については、理想は年収270万円以上といわれています。というのは、プロミスの利用限度額は10万円ずつ決められているということと、基本的に初回限度額は100万円を超えない、そして270万円の3分の1であれば90万円ということからそう言われているのです。利息制限法の関係上、限度額が100万円を超えると金利が強制的に15%以下に下げられます

プロミスの利用者は年収の低い人だけではない

カードローンというと年収が低い人が使っていると考えられがちです。
しかし実際には年収が高い方でもプロミスなどのカードローンを利用しています。

「年収1000万」と聞くと高収入だと感じますが、税金や保険などが引かれるため手取りはそれほど多くないものです。
ところが年収1000万を超えると出費も多くなりがちで、生活が厳しいという人も少なくありません。
そのため年収1000万を超えていても給料日前にお金が足りなくなりカードローンを利用するということがあるのです。

年収1000万超えは審査に有利!

「他社の返済が滞っている」「年収の1/3以上の借り入れがあり、総量規制に引っかかっている」といったケースは例外となりますが、年収は高いほうがカードローンの審査に通りやすくなります。

年収が高い人は交際費などもかかりがちです。
そして申し込みをすれば審査に通る可能性が高いことから年収が高い方でもカードローンを利用しているのです。
そういった状況から、年収が高い人にも在籍確認について対応が柔軟で周囲にばれにくいプロミスのカードローンは人気があります。

年収が低くても借りられる

年収が低い方が申し込みをする場合は希望額はなるべく低く設定することをおすすめします。
もちろん実際の審査基準は非公開であるため、申し込みをして審査に通るかどうかは審査を受けてみないと分かりません。
それでも年収にあわない希望額で申し込んでしまうと審査に時間がかかるだけでなく、厳しく審査されてしまいます。

一定以上の安定した収入があるなら「年収が低いから」と申し込みを諦める必要はありません。
もし不安があるなら、コールセンターに電話して年収を伝え「借りられるか」を聞いてみましょう。
審査に通るかどうかは、また別の話です。


それでも事前に相談することで不安は解消されることでしょう。
またプロミスの公式サイトには借り入れ診断も用意されていますので、申込前に利用してみるのもおすすめです。

年収が低いなら借り入れ希望額は5万円や10万円といった金額にしましょう。
もちろん必要額が3万円だという場合は、その金額で希望しても大丈夫です。

しかし、年収が10万円に満たないという場合は審査に通らない可能性があります。

初回はどのくらい借りられるのか

プロミス自体は500万円まで融資が可能ですが、総量規制も考えると上限の500万円を受けるには、年収が1,500万円必要なのです。

しかし、実際にそのような年収の方はごく少数ですし、それくらい年収があれば、おそらく借り入れは不要ではないでしょうか。全体として500万円まで融資可能ですが、実際の初回限度額は50万円以下が多いのです。初回は50万以下から限度額はスタートなのです。それから信用を獲得していってから増額というようになります。

最大500万円借りられる

プロミス自体は500万円まで融資することが可能です。というのは、1万円から上限金額の500万円まで、融資ができるようになっているからです。しかし、実際に借り入れを行う時には総量規制もあり、融資の金額は人それぞれになります。全体として500万円まで融資可能ということになりますが、実際は500万円を借り入れできる方はかなり少ないでしょう。というのは、総量規制のことを考えると、年収1,500万円の年収が必要と言えるからです。

プロミスの審査に落ちてしまうか不安な場合は、事前に借り入れシュミレーションをする

もしも年収があまり高くなくてプロミスの審査を通過できないのではないかと不安に感じている人は、まず借り入れのシュミレーションを行えば、借りられるかどうかがわかります。

借り入れのシュミレーションは、プロミスの公式サイトからとても簡単に利用できます。入力項目はそれほど多いわけではありません。生年月日、年収、そして他社からの借り入れ額を入力することで、プロミスで借り入れができるのかどうかをすぐに調べられます。

収入証明書を出さなければ50万円が借入上限

プロミスでは、年収に限らず利用限度額上限が制限されてしまうことがあります。その理由は年収を証明するための書類の提出を行わないことが挙げられます。プロミスでは借入希望額が50万円を超えるときと、他社借入と借入希望額の合計が100万円を超えるときに収入証明書の提出を行うことになりますが、こうした条件に当てはまらなければ収入証明書の提出を求められません。そうなると、年収が高くても50万円が上限金額となります。

年収で嘘をついて借入金額を増やすことは可能か

申し込みのときに年収を高く書けばいいのでは」と考える人もいるかもしれませんが、嘘の内容で申し込みをした場合審査に通るのは不可能です。

プロミスの申し込みは、
・借入希望額が50万円以下
・他社との合計が100万円以下

という場合、収入証明書は不要です。
しかしプロミスでは年齢や雇用形態、職種などに関する膨大なデータを持っています。
嘘は必ずバレるだけでなく、信用を失い審査結果に悪い影響を及ぼします。

プロミスの申し込み時には自身の年収を記載することになります。

この時、年収が低いので借り入れできるのかが不安だからということで事実と異なる数字を記載するのは避けてください。もし事実でない数字が年収欄に記載されているということがわかると、審査に通過しないですし今後利用できなくなることもあるでしょう。

申し込みの際は年収の総支給額を申告

プロミスのカードローンを申し込みする時には、年収の総支給額をしっかりと申告する必要があります。上記している通り、プロミスの借り入れは利用者の年収を基準にしたうえで、利用限度額及び金利が決まる仕組みになっています。ですから年収の総支給額がいったいいくらなのかを、なるべく正確に申告しないといけません。

ちなみに、手取りは口座に振り込まれる金額

総支給額は税金などが引かれる前の給与明細に記載されている金額ですね。

手取りの方が馴染みがあるためか、通帳に記載されている差引き支給額を12ヶ月分さかのぼって足し算される方が時々いらっしゃいますが、手取り×12ヶ月は年収ではありません。 年収とは、税金などが引かれる以前の総支給額の事を言います。

申し込み時に収入証明書類の提出が必要な場合

プロミスのカードローンを利用したい時、場合によっては申し込み時に収入証明書類の提出が必要なケースもあります。

収入証明書類の提出が必要なケース

希望の借り入れ額が50万円をオーバーするケース
希望の借り入れ額と他社で借り入れている合計が100万円を超えるケース
自営業者や個人事業主など収入が安定していないと見なされる職業の方

自営業者などは自身で記載するだけではおおよその年収を把握できません。そのため、借り入れにあたり、収入証明書が必要とされています。

限度額の上限を引き上げる場合も、その額によっては収入証明書の提出が必要とされることがあります。このように、収入証明書が必要なケースはあります。その場合は収入証明書を事前に用意しておくとスムーズに借り入れできるでしょう。

プロミスからすると、貸し付ける額が高額になったり、他社からの借り入れが多いと貸し倒れのリスクが高くなります。
そのため、審査もより厳しいものとなり、収入にも証明が必要となるのです。

プロミスで必要となる収入証明書類

プロミスで有効だと認められる収入証明書類はいくつかあります。

その収入証明書類とは、最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、そして給与明細書の3つです。これらの3つすべてが、収入証明書類として必要なわけではありません。1つだけでも良いのでどれかを用意して提出さえすれば、収入証明書類として認められます。

もし、これらの書類が用意出来ない場合は直近2ヶ月分の給与明細を用意してください。
また、一年分の賞与証明書も必要となりますが、もちろん賞与がない場合は給与明細のみで大丈夫です。

なお給与明細書に関しては直近の2ヶ月分の給与明細書と、あれば賞与明細書も付け加えて提出しないといけません。

収入証明書の提出方法

源泉徴収票など収入証明書を提出方法する方法ですが、Webサービスを利用する場合は必要な書類をスキャナ及びスマホに付いているカメラなどで画像にし、その画像を送信することで提出が可能です。またもしもスマホを所有している場合は、スマホのアプリから送信することもできます。

また自動契約機や店頭窓口のお客様サービスプラザを利用する場合は、必要書類を持参しないといけません。

郵送の場合は、必要書類のコピーを郵送にて提出します。

契約後に年収が変わったら・・・?

契約後に年収が変わった場合はどうしたらいいのでしょうか?

その場合には会員ページで変更手続きを行うようにしてください。年収が関係するのは、初回系契約の審査時だけではないのです。

借り入れサービスを利用している時に年収が変わったら任意のタイミングで変更手続きをする必要があります。会員ページにログインして、手順に沿って勤務状況を再登録するという方法によって簡単に年収金額を変更することができるようになっています。

年収は総量規制に関連していますので、年収によって増額可能な金額も異なってきます。プロミスとの契約中に年収が上がった場合、契約内容の変更ができます。
なぜなら総量規制では借入可能額が「年収の1/3まで」となっているからです。
年収が上がれば、当然、借り入れ可能となる金額も上がります。

もし契約中に年収が上がったら、プロミスに増額の申請をしてみましょう。
するとその時点の年収で審査を行ってくれます。
審査に通れば限度額が増える可能性があるだけでなく、金利が下がる可能性もあります。
そのため年収が上がった場合はプロミスに相談してみましょう。

限度額を変更したいなら絶対に年収変更!

限度額を変更したいという場合には年収変更は必ずしなければなりません。基本的に年収情報の変更は任意のタイミングで行えますが、利用限度額を増枠したいという場合には増額審査前に必ず手続きをしておきましょう。

というのは、年収は総量規制に関連していますので、年収によって増額可能な金額も異なってくるのです。年収が上がっているなら増額可能な額も大きくなるのです。そのぶん限度額も大きくなります。いずれにしても限度額を変更したい場合はきちんと年収情報を変更しましょう。

収入が安定しているのに審査に落ちることも

収入が安定していたとしても残念ながら審査に落ちてしまう場合もあります。
主な原因としては、他社からの借り入れ額が多かったり、借り入れの件数が多かったり、信用情報に傷がついているということが挙げられます。
借り入れ額が多いと総量規制で引っ掛かることもありますし、件数が多ければ多重債務者とみなされてしまいます。
また、信用情報に長期滞納などの好ましくない履歴があれば、その情報が残っている限り審査には落ちてしまいます。

プロミスで借入するメリット

プロミスのおすすめポイント!:利息が発生しない無利息期間

プロミスでは、初回30日間無利息期間が設けられており、これがプロミスを利用するとても大きなメリットの一つです。

無利息期間は一定の期間は、一切利息が発生しないというとてもお得なサービスです。利息が発生しなければ元金をそのまま返せばいいということになりますので、とてもお得なのです。

金利負担が増えることなく借り入れできるので、短期間で返済する場合にはとてもお得なサービスです。

プロミスのおすすめポイント!:借入まで最短10秒の瞬フリ

プロミスのココが便利という点として挙げられるのが、借入まで最短10秒の瞬フリが便利という点が挙げられます。

プロミスは平日14:00までにネット上のWEB契約で申し込むと、指定の口座に即日振込を行ってもらうことができるのです。そのため、さらにプロミスを活用したいときにはとても便利なサービスなのです。

瞬フリは三井住友銀行かジャパンネット銀行のどちらかの口座を持っていると最短10秒で振込が受けられるためかなり便利です。

プロミスのおすすめポイント!:誰にもバレないWEB完結

プロミスはネット環境があるといつでもどこからでも申し込みや借り入れが可能になっています。

急に現金が必要といったときにも、窓口やATMに行く時間がないという時もプロミスはパソコンや携帯、スマートフォンから申し込みして借り入れできます。Web完結申込だと、すべて自宅からでも借り入れすることができますし、郵送書類もないため誰にも知られないで借り入れができるという点が大きなメリットです。

プロミスのおすすめポイント!: 自動契約機で簡単手続き

プロミスの手続きをするなら、最も手軽なのが来店不要のWeb契約です。
これは、
1.プロミスも公式サイトから申し込みをする
2.審査完了後にWebで契約をする
3.銀行振り込みで借り入れをする
という方法です。

とても便利で人気がある契約方法ですが、1つだけデメリットがあります。
それは担当者に相談しながら手続きを進めることができないということです。

しかし移動の手間はかかるもののプロミスの自動契約機での手続きなら在籍確認の相談もしやすいのでおすすめです。

プロミスのおすすめポイント!:女性も安心

女性の利用者のための「女性専用レディースコール」も用意されているため、女性でも安心して利用することができます。