最終更新日:2019年09月25日

プロミスで即日融資を受ける方法!今日中にお金を借りたい方へ

プロミスで即日融資を受けるために満たすべき条件とは?

プロミスで即日融資を受けて今日中に借りるためには、いくつかの条件をクリアする必要があります。これは手続きをするルートで審査にかかる時間やお金を借りられるタイミングが異なるだけでなく、受取側の都合で受け取りに時間がかかるケースが出てくるからです。プロミスでカードを作ってカードでコンビニなどから引き出しができれば問題はありません。しかし、カードを作りにいける店舗が近くにない場合や、ネット経由で申し込んだ場合は振込先の銀行の都合の影響もうけてしまうのです。

プロミスの即日融資(今日中)が利用できる時間帯とは?

プロミスの即日融資も可能なのは20時までになります。これは審査が手間取ると1時間ほどかかってしまうことがあり、書類の不備などもあれば手続きが翌日以降にまわされてしまう可能性があるためです。可能な限り早めに申し込みをした方が良く、カードではなく振り込みを指定するのであれば銀行の営業時間内に手続きを終わらせる必要があります。24時間の取引を受付ていない銀行は珍しくないため、地方銀行などを指定する場合は平日の午前中に手続きをする必要があるのです。

プロミスで即日融資を希望するなら審査を受ける時間に注意すべき

プロミスで即日融資を希望する場合は、審査の時間を考える必要があります。ぎりぎりになってしまえば、トラブルで書類などの修正が必要になった場合に間に合わなくなる可能性があります。借りる金額が大きい場合や他社からの借入額が大きい場合は追加の書類も必要になるなど、手間も増えるのがポイントになってきます。

理論上の即日融資も可能な時間であっても、プロミス側の人手不足などで審査がずれ込む場合などもありえます。最短の審査時間を基準にするのは危険で、ある程度余裕を持って申し込んだ方がトラブルは避けられるのです。

プロミスの審査内容とは?

プロミスの審査内容はクレジットカードやキャッシングでどれくらいお金を借りているか、支払いが遅れたりした履歴があるかといった履歴がチェックされます。書類のチェックも重要で、記載内容に不備があればそれだけ審査にマイナスになります。お金を借りる契約書にいい加減な情報を書けばそれだけマイナス印象になるのです。

金額によっては収入を証明する追加書類が必要になります。同業他社の借入件数や金額が大きい場合も同様ですが、50万円以下の借り入れの場合は不要なことも多くなります。また、在籍確認も重要で、仕事をしていることを確認できなければ審査が通らないことになります。

審査には一定の時間がかかる

即日で融資も可能なプロミスでも、書類の審査や収入のチェックにどうしても時間がかかります。書類に不備がないことを確認することを確認し、事実と相違がないかチェックするだけでも時間がかかります。また、在籍確認のための連絡も必要になるため最短30分という審査時間がかかるのです。もちろん、最短30分は在籍確認などもスムーズに行った場合です。申し込み金額が大きい場合などは更に時間がかかるのが一般的で、それだけ余裕を持った行動を求められるのです。

プロミスの振込融資は「瞬フリ」がおすすめ

プロミスの振込み融資は「瞬フリ」がおすすめになります。プロミスはカードを使って専用ATMや提携ATMからお金を引き出すだけでなく、深夜や土日でもお金を即時に振り込める「瞬フリ」というサービスを提供しているのです。24時間取引が可能な口座であれば深夜や土日といった一般的名金融機関の営業時間帯でも、簡単に振込みを受けることができます。

振り込まれたお金はコンビニのATMなどから引き出せばよく、利便性が高いのが特徴になっています。「瞬フリ」の特徴になっているのは、24時間振込み可能な金融機関口座に申し込みからすぐに振込みがされることです。休日や深夜のキャッシングは、申し込んでも振込先の金融機関の営業が行われていなければ入金されないといった事態に陥りがちです。引き出そうにも送金網が動いていなければ翌営業日の受付になってしまうため、休日があけないと振込みが行われないのです。

金融機関の口座があればプロミスは夜でも借り入れできる

「瞬フリ」の特徴になっているのは、24時間振込み可能な金融機関口座に申し込みからすぐに振込みがされることです。休日や深夜のキャッシングは、申し込んでも振込先の金融機関の営業が行われていなければ入金されないといった事態に陥りがちです。引き出そうにも送金網が動いていなければ翌営業日の受付担ってしまうため、日があけないと振込みが行われないことになってしまうのです。申し込みをしてから振込みまで時間がかかる消費者金融も存在するため、プロミスで「瞬フリ」を利用することを選ぶ人も多いのです。

振り込み融資は平日午後2時までの契約が必須

「瞬フリ」を利用すれば休日や土日でも振込みが可能ですが、24時間対応していない一般口座に当日中に振り込んでもらうためには平日午前2時までに契約が必要になります。一般的な金融機関は平日午後3時には振込みなどの受付を停止してしまいます。プロミスで即日融資を受けたいのであれば早ければ午前中、遅くても平日午後2時までに契約が必要になるのです。時間を過ぎてしまうと振込みを使った即日融資が利用できなくなってしまうため注意が必要です。

プロミスの即日融資を利用するには必要書類を事前にチェックしておく

プロミスの即日融資を今日中に完了させたい場合は書類の準備は必須になってきます。一般的には運転免許証などの身分証明証があればよく、借入額が少ない、同業他社からの借入も少ないといった条件が重なれば必要な書類の数も減ります。しかし、借入額を大きくしたい場合やクレジットカードや消費者金融からの借入額が大きい場合、借入件数が多い場合は必要な書類が増えることになります。自分の収入を証明する追加書類などが必要になる場合もあるのです。

プロミス申し込み時に必要な書類

プロミスで最も簡単に手続きが可能なのは運転免許証かパスポートです。顔写真と住所情報を一度に確認できるため、一つだけで完結することも可能です。次に利用可能なのが健康保険証、住民票の組み合わせです。住民票が必要になるのは引越しなどで住所が変わっていると重要書類が届かなくなってしまうためです。住所が変わったのに住所変更の手続きをとっていない場合は追加の書類が必要になります。現住所がわかる書類がなければ手続きができなくなってしまうのです。

住所が変更になった場合には本人確認書類に注意が必要

本人確認書類の住所情報は、重要書類を送るために必須の情報になっています。住所が変更になった場合はすぐに届けて書類の情報なども変更してもらう必要があります。ところが、住所変更をせずに忘れていた場合は追加書類が必要になるのです。具体的には国税や地方税の領収書や納税証明書、社会保険料の領収書、公共料金の領収書などになります。公的なお金の支払いをした領収書などがあれば現住所の証明になります。住民票の写しや住民票の記載事項証明書も利用できますが、役場などにとりに行くのが手間であることに理解が必要です。

プロミスで収入証明書が必要になる場合

プロミスで収入証明書が必要になるのは、申し込みの借入額が50万円を超える場合と、希望借入額と他社の利用残高の合計が100万円を超える場合になります。返済能力がない人にお金を貸し手しまえば焦げ付きのリスクがあるだけでなく、返済不能に陥る人が生まれる場合があります。そのため、貸付リスクが生じる可能性がある場合は源泉徴収表などの収入の証明ができる書類が必要になるのです。該当しなければ不要ですが、借入額が大きい場合は確定申告書や直近2ヶ月と賞与をあわせた給与明細などを用意する必要がでてきます。

プロミスの即日融資は在籍確認をすぐに済ませるのがコツ

プロミスで即日融資を受けたいのであれば、即日在籍確認を終わらせる必要があります。在籍確認が終わらなければ手続きが次に進まないのがポイントで、職場に連絡がつかない状態であれば翌日以降に手続きがずれてしまう場合もあるのです。勤め先の休業日などは注意が必要で、連絡が取れて在籍確認がとれる部署に連絡が繋がらなければ手続きは翌日以降になります。確実に連絡が繋がる連絡先情報を用意することや、営業時間内に手続きをすることが大切です。

在籍確認の時間に気をつけて!

在籍確認は書類の確認を行ったうえでプロミス側が行います。在籍確認の連絡をして営業時間外であれば在籍確認の電話が繋がらないことになります。即日融資を受けるためには在籍確認の時間を考えることは重要で、連休などで会社自体が休みになる場合は連休前に申し込むなど前倒しで考える必要があるのです。土日や深夜も営業している職場であれば問題がありませんが、そうでない企業などの場合は在籍確認自体に時間がかかる場合もあります。

夜間の申し込みはプロミスからの在籍確認に要注意

即日融資を目指す上で最もハードルが高いのが夜間の申し込みです。夜間に申し込んでも営業を終えている企業は多く、連絡が繋がらないことが原因で翌日以降の手続きになってしまうのです。プロミスの審査は21時までになっていますが、審査の時間なども考えると20時までに申し込むこと、更に自分の職場が営業時間内であることが前提になります。休日や夜間に申し込みをしようとしても、在籍確認ができずに融資が受けられない場合もあるのです。

プロミスの即日融資は時間との闘い

プロミスから即日融資を受けたいと考えた場合は時間との勝負になります。まず、土日祝日や深夜であれば、スタート時点で在籍確認に必要な職場が営業しているかを考える必要があります。時間が遅い場合は翌日以降にせざるを得ない場合や、休日の場合は休日明けを待たなければならない可能性があるのです。在籍確認ができる環境であっても、審査には時間がかかります。必要書類の準備に時間がかかる場合もあるため、お金の不足に気付いたら早目早めの行動が必要になります。

審査の時間は人によって異なる

プロミスの審査の時間は最短30分といわれていますが、これは在籍確認がスムーズに進んだ場合と、同業他社からの借入がないなどトラブルがない状態の場合になります。同業他社から借入がある場合や、申し込み金額が大きい場合はそれだけ審査に時間がかかることになります。審査を簡単にするために、借入限度額を低めに依頼し、審査を通すことを優先しようとする人もいる程です。在籍確認がスムーズにいかない場合もあるため、人によって大きく審査時間が変わる場合があるのです。

融資を急ぐならインターネット申込みがおすすめ

急いでいるのであれば、よりスムーズに終わらせるためにも、インターネットを利用して申し込みを行いましょう。インターネットなら、24時間いつでも好きな時に申し込みを行う事ができます。審査の受付時間は変わりませんが、もし時間外でも申し込みさえしておけば、時間になった時点ですぐに審査をしてもらうこともできますよね。平日20時までにインターネットから申し込めば、WEB完結の振り込み融資を受けることもできますし、外出先で審査を受けて自動契約機でカードを発行する事も可能です。

クレジットヒストリーに問題がある場合は要注意

クレジットカードヒストリーとは、クレジットカードの支払い履歴のことです。支払いが送れてしまった場合などは支払いが遅れたという記録が残ります。何度も支払いが遅れた記録が残っていれば、支払い能力に問題があるのか、ルーズな正確であることがわかります。信用に問題がある人間と判断されると、審査が通らない理由にもなるのです。

短期間で集中してクレジットカードを申し込むなど、不自然な履歴がマイナスになることもあります。チェックした側が不安に思わないような状態でなければマイナス印象になるのです。

カードローンの審査時間を長引かせないコツとは

プロミスを始めとするカードローンの審査を長引かせないためには、ちょっとしたコツが必要です。まずカードローン会社が混み合っている時間に来店するのはNGです。これでは審査に入る前の段階、申し込むための待ち時間が発生してしまいます。従って、申し込みは事前にWEBで済まし、カードローン会社の開店と同時に受け付けを済ませることで時間短縮が可能です。また審査の際には審査担当者があなたの勤めている会社等に電話して、在籍確認を行います。このときスムーズに会社に連絡がいくように、部署の直通の電話を記入したり、会社に人が居る時間帯を考慮したりして、1回の電話で在籍確認が取れるようにしておきましょう。

またプロミスでは融資希望額が50万円を超えると別途書類が必要になります。なるべく50万円以下に収めることで、審査は早くなります。

プロミスへの提出書類の不備は審査落ちの原因に

プロミスの提出書類の不備は、そのまま審査が通らない原因になります。修正しての再提出ではなく、審査落ちという結果になる可能性が高いのです。提出する書類がわからない場合は事前に確認することや、不備なく書類をそろえることは基本になってきます。

特に多いのが住所関係の書き間違えや、同業他社からの借入額の不備です。住所は正確な情報を記載する必要があり、借入額についても同様です。借入がある場合は正確に記入しないと自分の借金を把握できていない人物という認識をされてしまうのです。印象を良くしようと過少申告して審査落ちの原因になることもありえます。

プロミスで即日融資を受ける方法と手順

実際にお金を借り入れる方法によっても手順は異なります。平日14:50までに契約すれば自身の口座に振り込んでくれる「振り込みキャッシング」、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば22:00までの契約完了で24時間借入可能な「瞬フリ」、ローンカードを発行して利用する「ATM」、それぞれにメリットとデメリットがありますので、自分に合った方法を選ぶのが重要です。では、それぞれの借り方ごとに手順を詳しく見ていきましょう。

振込キャッシングを利用して即日融資を受けるには

平日13:00までに申し込み、14:50までに契約を終わらせる必要があります。申し込みはインターネットで行い、契約手続き方法も「WEB」を選択します。もちろん、必要書類も全て画像データを送信します。プロミスの公式アプリもありますので、利用しても良いですね。審査を受けパスしたら、返済方法を「口座振替」か、「ATMによる返済」のどちらかを選んで下さい。ATM返済を選んだ場合や、ローンカードの郵送を希望すると、後日カードが送付されてきます。

瞬フリを利用して即日融資を受ける手順

こちらも審査を受け、返済方法を選択して契約するまでの申し込み方法は変わりませんが、違うのは20:00までの申し込みでも21:00までの契約で即日融資を受けられるという点です。瞬フリなら、メンテナンスの時間を除く全ての曜日・時間帯で利用可能です。そして契約後は、会員サービスにログインして振込依頼を行うということになりますが、24時間振込可能な金融機関の口座を登録している方のみとなりますので気をつけて下さい。

ローンカードを発行して即日融資を受ける手順

インターネットで申し込むまでは同じです。ただし、契約方法は「来店」を選択して下さい。そして、審査の結果が出たら最寄りの自動契約機に行き、必要書類を提出して発行された契約書類で契約を行います。そのまま自動契約機でローンカードを発行すれば、ATMを利用してお金を借りる事ができます。土日や夜間でも好きな時に利用出来てすぐにカードが手に入るので便利ですが、22:00までにカードを発行する必要がありますので、遅めの時間になってしまった時は、手続きで焦らない為にも申し込んだ時点で契約機へ向かった方が良いかも知れませんね。

三井住友銀行のローン契約機でもカードの発行が可能

実は、三井住友銀行グループであるプロミスは、三井住友銀行のローン契約機も利用する事ができます。家の近くにプロミスの自動契約機が無い人でも、三井住友銀行なら行動範囲内にあるという方がほとんどではないでしょうか。また、近隣にありすぎるプロミスの店舗には入りにくいという方にもおすすめです。ただし、三井住友銀行のローン契約機は営業時間が21:00までとなっていることがほとんど(※契約機により営業時間が異なります。)ですので、気をつけて下さいね。

プロミスの即日融資には自動契約機か特定の銀行口座があるかがポイント

プロミスの即日融資を受けるためには自動契約機か、特定の銀行口座があるかがポイントです。自動契約機は即日のカード発行が可能なため、自分が持っている銀行口座などに限らず即日融資も可能になります。もちろん審査があるため確実とは言えませんが、一般口座の銀行としか契約していなくても即日融資の可能性があります。特定の銀行口座は「瞬フリ」の利用に必要になります。24時間365日土日・夜間も受取が可能な金融機関でなければ「瞬フリ」が利用できないからです。ゆうちょ銀行やメガバンク、ネット銀行が該当するため、事前に確認するのもおすすめです。

プロミスの自動契約機で即日融資を受けるポイント

プロミスの自動契約機を使う場合は、事前に書類を用意していることが必須になります。在籍確認が行われるのはネットからの申し込みと同様になるため、ある程度時間がかかることに注意が必要です。ただし、審査が通れば専用のATMや提携ATMからキャッシングを受けることができるため、振込みよりも便利に利用できる場合があります。契約を急ぎたい場合はWebで申し込んだ後に自動契約機でカードを受け取るという選択肢もあります。一般口座の銀行しかない場合は自動契約機でのカード受取も視野に入ります。

プロミスの振込融資で即日融資を受けるポイント

プロミスの振込み融資を受けるためには、審査時間と振込先の銀行の営業時間を考える必要があります。在籍確認が必須なのもポイントで、勤務先などに確認の連絡が入るようになっています。在籍確認が進まなければ手続きが進まないため、定休日や営業時間外であれば審査自体ができないことになるのです。即日融資を受けたい場合は在籍確認ができる状態で、早めに審査を終わらせて貰って口座に振り込んでもらう必要があります。24時間振り込み可能な口座があると便利で、それ以外の場合は平日の早めに時間に手続きをしなければならないなど、ハードルが上がってしまうのです。即日融資を希望する場合は早めはやめの行動が必要です。

プロミスは即日融資もできてとても便利

プロミスは深夜など余程遅い時間でなければ、最短1時間でお金を借りることが出来てたいへん便利です。これなら予想外の急な出費などにも迅速に対応できます。また実質年利率も4.5%~17.8%と他のローン会社よりも低めに設定されていますし、限度額は最大500万円となります。そしてカードを発行する自動契約機は全国に数多く設置されており、大手コンビニATMとも提携しているので非常に利便性が高いといえますね。いざというときに備えて、ご自宅や会社近くの自動契約機は何処にあるのか探しておくと役に立つ可能性があります。

提携しているATM・振込サービスともに充実

ローン業界でもトップクラスの使いやすさを誇る「プロミス」。その理由は何といってもまず、セブンイレブンやファミリーマート、ローソンなどといった大手コンビニエンスストアに設置してあるATMを利用して借り入れや返済が可能という点にあります。また振込サービスも充実しており「瞬フリ」を利用すれば最短10秒で、借入金が口座に入金されるだけでなく、手数料も無料なのです。返済についてもご自身の銀行口座から振り込むという方法も選べますので、たいへん便利でサービスも充実していますね。

即日融資を受けるときの4つの注意しておきたいポイント

プロミスで即日融資を受けるためには、大きく分けて以下のような4つのポイントがあります。

①なるべく早く(出来れば午前中には)申し込みを終わらせること。
②必要な書類を前もって用意しておくこと。
③本人確認の電話に確実に出ること。
④審査をスムーズに終わらせるための工夫を行うことです。

これらを行うことで、即日融資はぐっと近づきます。それでは、それぞれ具体的にみていきましょう。

申し込みはなるべく午前中に済ましておく

即日融資を受けたいと考えるのであれば、当然ながら手続きは出来るだけ早く行うに越したことはありませんよね。最短となっていることからも分かるように、審査は必ず30分で終わるというわけではありません。午前中に申し込みを済ませておけば、多少審査時間が延びても当日中に対応出来る可能性はかなり高くなります。特に、銀行振込を希望する場合などは、締め切りの時間も早くなりますので、申し込みはなるべく午前中には済ませておいて下さいね。

必要書類を事前に準備しておく

必要な書類と言っても、低額の融資を希望する場合はそれほど特殊なものはありません。本人確認のための書類として、運転免許証やパスポート、マイナンバーカードがあれば十分です。個人番号(マイナンバー)が記載されている本人確認書類または収入証明書類などをご提出いただく際は、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工しての提出してください。もし、これらがなければ、保険証+住民票などの住所が確認できる書類を利用することもできます。なお、希望借入額が50万円を超える時や、他社の借入との合計が100万円を超える場合には、収入を証明する書類が必要です。

本人確認の電話に出れるタイミングで申し込む

本人確認の電話は、在籍確認とは異なり申し込み者本人に電話がかかってくるというものです。この電話は、そもそも申し込みが虚偽や誤りでないかを本人に確認するためのものですので、審査が始まる前にかかってきます。つまり、この電話に出ない限りいつまで待っても審査は始まらないのです。携帯電話や自宅など、かけてもらう番号を指定する事もできますし、時間も指定できますので、確実に電話を取れるタイミングで申し込んで下さいね。

審査をスムーズに通過する工夫をする

工夫をすると言っても何をすれば良いのか分からないという方も多いと思います。審査はパスできなければ意味がありません。

審査をパス出来ない理由としては、在籍確認の不備や信用情報に傷があるなどが考えられます。信用情報の傷を、すぐに回復させることは出来ないかも知れませんが、在籍確認なら勤務先の営業日に申し込みを行うことでスムーズに完了しますよね。また、高額申し込みの審査には時間がかかることもありますので、あえて低額で申し込むというのも手です。

プロミスの審査基準と審査落ちする人の特徴とは?

プロミスに限らず銀行や消費者金融の明確な審査基準などは公開されていませんが、審査に落ちてしまう人たちにはある程度の共通点が見られます。まず、信用情報に傷がある場合はかなり難しくなります。次に法的な面から言うと、既に借入が年収の1/3を超えている場合は法に触れるために審査をパスすることはありません。

また、5件以上の借入があったり、在籍確認が取れなかったり、ごく短期間で複数の申し込みを行っている場合などもやはり難しくなります。

個人信用情報に傷がついている

信用情報とは、クレジットカードやローンなどの契約や取引の状況が記録されているものです。消費者金融各社は、審査を行う時にこれらの記録を照会し融資の可否を決めているのですが、もちろんプロミスも例外ではありません。そのため、この記録に債務整理や強制解約、長期延滞や自己破産などなど問題となる情報があればいわゆる「ブラック」と判断され借り入れを行うことは出来ないのです。一度事故を起こすと記録は5年間残っていますので、その間の利用は難しいでしょう。

借入総額が年収の3分の1以上に到達して総量規制に引っかかっている

当然のことですが、プロミスは法律に則って営業を行っています。そしてその貸金業法で定められている中に「総量規制」というものがあります。おおざっぱに言うと、各社の合計で申し込み者の年収の1/3以上のお金を貸してはいけないというものです。ですので、他社からの借り入れが既に年収の1/3に達しているという場合は、そもそも消費者金融から融資を受けることはできないのです。なお、貸金業法は消費者金融に適用される法律ですので銀行ローンなどは対象外です。

他社借り入れ件数が5件以上ある

他社からの借り入れが5件以上というのは、それだけ毎月の返済も高額になりがちで複雑ですよね。

この場合、返済できないからと次々に借りた結果5件以上の借り入れとなってしまった多重債務者と見られる可能性が高く審査をパスすることはかなり難しくなります。借り入れ額が同じでも、おまとめローンなどを利用して一本化し、借り入れ件数を減らしておけば審査をパスできる可能性もありますので、事前にまとめられるようなものはないかチェックしてみて下さいね。

在籍確認がとれない

そもそも在籍確認は、申し込み者がきちんと勤務先に所属しているかを確認することで、返済能力を見るためのものです。必ずしも本人が電話に出られなくても、電話に出られた方が「外出中です」などと申し込み者が社内の人間であるというような対応してくれれば在籍確認は完了なのですが、これが終わらなければ、審査も終わりません。在籍確認の電話に不安がある場合は、必ず事前にプロミスコールに確認してください。

この電話をせず、在籍確認が取れなかった場合は残念ながら審査落ちのリスクが高まってしまいます。

短期間で同時に複数社に申し込んでいる

短期間にいくつもの会社に申し込みを行っていると、申し込みブラックと呼ばれる状態になります。これは、申し込みの全てが信用情報機関に登録されるために起こるもので、この状態になると審査に通ることは難しくなります。何社からも一度にお金を借りようとしているなんて、返済についてきちんと考えているとも思えませんし、誰がどうみてもお金に困っているとしか考えられませんよね。申し込みをしたという記録は半年は残りますので、新たに申し込む場合は半年以上過ぎてからにして下さいね。

プロミスの特徴をおさらい!

審査時間は最短で30分。融資のスピードも最速で1時間となっており、WEB完結なら即日融資も可能と、スピーディーなのが特徴です。また、初回借り入れ日から30日間は無利息サービスが利用でき、実質年率4.5%~17.8%が無利息となります。無利息サービス利用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。借り入れ限度額も1万円~500万円となっていますので、ごく少額の利用をしたいという方にもぴったりです。また、女性専用のレディースコールが設置されていますので、女性の方でも安心して利用できます。