最終更新日:2020年05月14日

プロミスで利息だけ返済するのは可能?支払いが厳しい時の対処法

利息だけ払う場合はどうしたらいい?

カードローンの返済において利息分だけを払った場合ですが、こちらは利息だけ払ったつもりで入金したとしても単に入金が不足しただけと扱われてしまいます。
それでは催促及び確認の連絡がきてしまいます。

そもそも入金日において正しい利息額も把握してないですから、どうしても利息だけ払いたい場合は、まず連絡して利息だけを払えないか確認すべきです。

そうすれば入金予定日における利息を出してくれるため、その額を入金すれば返済をとりあえず乗り切れます。

利息だけ払う返済を続けるのは問題がある

当たり前のことですが、利息だけを返済できるからといってそれをずっと続けるのはやはり問題です。
利息だけ返済して乗り切れたとしても、それでは根本的な解決になっていないことは明白です。
単なる一時凌ぎに過ぎません。

また 利息だけ払う返済を続ければ、当然信用情報にも悪い影響を与えます。
それが続けば金利の引き下げだったり限度額の増額などにも良くない影響が出ますので、利息だけ払う返済を続けるのは控えるべきです。

アコムの増額ができない?増額が断られる理由を知ればお金は借りられる

アコムと契約した後にそれなりの利用実績さえあれば、限度額をさらに増やしてもらえるように普通はなるはずです。
ただできることはできますが、それは増額の申し出をしてその申し出が審査に通った場合のみです。
審査に通らなければ限度額を増やしてはもらえません。

もしも増やしてもらえなかったら、それは何かしらの理由があるということです。
その理由を知ればお金をさらに借りられるようになりますから、その点をきちんと理解することが大切です。

利息だけ払い続けても返済は終わらない!

利息を払ったら返済しているような気持ちになってしまいますが、それは誤った認識です。
なぜならたとえ利息だけ払い続けていたとしても、もともと借りているお金は一切返済できていないからです。

利息はあくまで利息に過ぎませんので、そこを勘違いしてはいけません。
利息を払っていれば何とか返済を乗り切れていると変に前向きに考えてしまいますが、もともと借りているお金が減らなければ無駄なお金を使っていることになりますので注意が必要です。

カードローンの利息は高い?どれぐらいの利息になるのか借りる前に計算をする

住宅ローンなどと比べてカードローンの利息は高いのではないか?と、疑問を持つ人は多いのかもしれません。
もしもカードローンを利用するつもりがあるなら、利息が高いのかどうか気になるのは自然な考え方です。
カードローンの利息は、やはり高いと言わざるをえません。

もしも計画性を欠いた融資を受ければ、他よりも高い利息の返済だけで苦しくなってしまいかねないです。
そうならないよう現実と向き合うために、借りる前に利息を計算をしてみたほうが良いです。

延滞利息を払うぐらいなら利息だけ払うべきなのか

カードローンの返済ですが返済予定日を過ぎてしまうと、今度は日割り計算された延滞分の利息が生じてしまいます。
一般的に遅延損害金と呼ばれていて、通常の金利よりもさらに高い金利計算によって算出されます。
この遅延損害金が何日も続いてしまったら、大損失になってしまう恐れがあります。

それは最悪の事態になりかねませんから、そうなるぐらいならとりあえず利息だけ払って乗り切る方法があります。
苦肉の策ですが覚えておいたほうが良いです。

カードローンの延滞利息はとにかく高いので返済はしっかりと行うのが良い

カードローンの延滞利息はとても高いので、この事実をきちんと受け止めて返済はしっかり行うことを心がけたほうが良いです。
ちょっとぐらい良いかなと思って返済予定日を過ぎてしまったら、すぐさま延滞利息を支払わなければいけなくなってしまいます。
それはとても痛い出費ですし、支払うこと自体が損です。
そうならないためには、遅れることなく返済を行うことです。

笑い事では済まされませんので、返済はマジメに行うべきです。

最終借入額に対する最低の返済金額の早見表

最初に、プロミスでの最終借入額に対する最低返済金額の早見表を見てみましょう。

最終借入時の借入残高27,700円以下 最低返済額1,000円
最終借入時の借入残高27,701円~55,401円 最低返済額2,000円
最終借入時の借入残高55,402円~83,102円 最低返済額3,000円

これ以上も、借り入れ残高に応じて返済額は変わっていきます。
「分かりづらい!」と思った方もいることでしょう。

これはプロミスが以下の式で最低返済額を決めているからです。

借入残高30万円以下 借入残高×0.0361
借入残高30万円超過~100万円 借入残高×0.0253
借入残高100万円超過 借入残高×0.0199

ただし毎月の返済額はインターネットやATMで確認できるため完璧に覚える必要はありません。

1万円返しても、1万円の借り入れが減るわけではない?プロミスの返済の仕組みってどうなってる?

プロミスに限らず消費者金融やカードローンでは、「毎月きちんと返済しているのに、借り入れが減っていかない」と感じる人が少なくありません。
しかしこの悩みは、カードローンの仕組みについて正しく知ることで解消することが出来ます。

そこで、ここからは「プロミスの返済に関する仕組み」について見ていきましょう。
最低返済額だけ返済をし続けていると、なかなか返済が終わらない理由が何故なのかについて知ることが出来ます。

「元利」「リボルビング方式」「定率」の意味を分かりやすく解説する

プロミスの返済方式は「元利定率リボルビング方式」となっています。

言葉の意味について解説します。

[元利定率リボルビング方式]

元利…毎月の返済額が、プロミスに払う利息と、借り入れ返済に充当されるお金に分けられる
定率…毎月の返済額は「借入残高×一定の割合」で決まる
リボルビング方式…分割払い

プロミスの場合、毎月の最低返済額の中に利息が含まれています。
例えば、金利17.8%のプロミスで10万円を30日間借りたら、

・10万×0.178÷365×30=金利は約1,463円
となるわけです。

最低返済額は4000円で、そのうち1,463円が利息となるため、返済できる元利は2,537円。
そのため、なかなか借り入れが減らないということになるわけです。

利息(プロミスに支払う手数料)を抑えるコツは?「スピード完済」

利息を抑えるコツは、なんといってもスピード返済することです。
簡単にいえば「毎月の返済額を増やす」というのが一番の近道です。
最低返済額の4000円だけを支払えば、元金に充当されるのは2,537円にしかなりませんよね。

しかし5万円返済すれば、48,537円減らすことが出来ます。
借入額が減れば翌日以降の利息も減ります。
そのように効率よく返済していけば、利息を抑えてスピード完済することが可能となるわけです。

借り入れ残高ごとの利息額一覧

ここで、借入残高ごとの利息額を紹介します。

借入残高ごとの利息額一覧

最低返済額だけを返済していると、なかなか借入額は減っていきません。

借入額5万円 最低返済額2,000円、利息731円、元金充当額1,269円
借入額10万円 最低返済額4,000円、利息1,463円、元金充当額2,537円
借入額20万円 最低返済額8,000円、利息2,926円、元金充当額3,611円
借入額30万円 最低返済額11,000円、利息4,389円、元金充当額6,611円
借入額50万円 最低返済額13,000円、利息7,315円、元金充当額5,685円
借入額100万円 最低返済額20,000円、利息12,328円、元金充当額7,672円(※適用金利15%)

4種類から選択可能なプロミスの返済期日(返済期限)

ここまで、プロミスでの返済の仕組みについて簡単に紹介しました。
「なかなか返済が終わらない」というかたも、これで借入額が減らない理由がはっきりしたのではないでしょうか。
早めに完済したい場合は少しでも多く返済していき、スピード完済を目指しましょう。

そんなプロミスの返済の仕組みが分かったところで、ここからは利用方法について紹介していきます。
少しでもお得に利用するためには、利用方法もしっかり把握してくださいね!

初回返済日はいつ?プロミスの返済期日は契約時に選択できる!

プロミスでは、契約時に返済期日を選べます。
選べる日付は、
・毎月5日
・毎月15日
・毎月25日
・毎月末日
の4種類です。

給料日の直後にあたる返済日を選ぶと楽でしょう。
さて、初回返済日は以下のようにして決まります。

返済期日5日 5月1日
返済期日15日 5月15日
返済期日25日 4月25日
返済期日末日 4月30日

申し込む場合は、あらかじめ初回返済日はチェックしておくと良いでしょう。
ただし口座引き落としで、引き落とし先を「三井住友銀行、ジャパンネット銀行口座以外」に設定した場合、返済日は毎月5日固定となります。

なお無利息サービス中でも返済義務は生じますが、その場合は支払額全てが借入額から引かれます。
返済の義務はあるため、忘れないよう注意してくださいね。

契約後でも、インターネットや自動契約機などから返済日の変更が可能である

「お給料日が変わってしまった」「他の日付のほうが都合がよくなった」そんなふうに状況が変わることもありますよね。

そういった場合は、
・インターネット会員サービス
・自動契約機
・プロミスの有人店舗
・郵送
から返済日を変更することも可能となっています。

ただし毎月の利用状況などによっては、返済日の変更が出来ないという場合もあります。
そこで「返済を終わらせた直後に、返済日の変更手続きをする」という方法をおすすめします。

【プロミス】毎月の返済方法一覧

最低返済額以上の金額を「毎月指定の返済期日」に支払う方法を紹介します。
まずはプロミスの返済方法一覧です。

[提携ATM]
手数料…1万円以上:108円、1万円超過:216円(ただしLoppi、Famiポート利用時は無料)
営業時間…店舗による(※月曜1:00~7:00は利用不可)

[提携ATM][三井住友銀行ATM]
手数料…なし
営業時間…7:00~24:00

[インターネット]
手数料…なし
営業時間…24時間(※月曜1:00~7:00は利用不可)

[口座振替]
手数料…なし
営業時間…銀行による

[銀行振込]
手数料…銀行による
営業時間…銀行による(入金の反映は平日9:00~15:00のみ)

[店頭窓口]
手数料…なし
営業時間…平日10:00~18:00

インターネットバンキングを使ったネットでの返済にも対応!

プロミスでは、インターネットバンキングを使ったネット返済にも対応しています。
手数料が掛からず、自宅や出先など、どこにいても返済できるため大変便利です。

ただしプロミスでインターネット返済を行う場合、
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・ジャパンネット銀行
・楽天銀行

上記いずれかの口座でインターネットバンキングを利用できる環境が必要となります。
利用を考えている場合は、事前に用意しておくとスムーズでしょう。

返済に利用できるATMとその利用手数料を紹介

プロミスの返済に利用できるATMは、以下の通りです。
なお新しく提携先が増えることがあります。

[プロミスの返済に利用できるATM]
※手数料無料
・プロミスATM
・三井住友銀行ATM
・Loppi(ローソン、ミニストップ)
・Famiポート(ファミリーマート)

※手数料あり
・セブン銀行ATM
・ローソンATM
・E-netATM(ファミリーマートなど)
・ゆうちょ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・三菱UFJ銀行ATM
・横浜銀行ATM
・クレディセゾン など

支払う額をなるべく抑えたい場合は、手数料無料のATMかマルチメディア端末を使うのがおすすめです。

自動引落としを使えば支払い忘れを避けられる!ただし引落し日が固定されることもある

プロミスでは口座振替での返済も可能です。
自動引落としを使えば支払い忘れを避けられるというメリットがあります。
しかし、引き落とし先を「三井住友銀行またはジャパンネット銀行の口座以外」とした場合、毎月の引き落とし日は5日に固定されてしまいます。

さらに引き落としの反映には3営業日を要します。
手数料もかかりませんし返済忘れが心配なかたには便利な方法ですが、口座によっては引き落とし日が固定となるので注意してくださいね。

銀行振込での返済も可能!しかし手数料が発生しやすく毎月の返済には不向き

またプロミスでは銀行振込での返済も可能となっています。
ただし、銀行振込の場合は手数料は利用者負担であり、ATM利用手数料より高くなるのが一般的です。
そのうえ振込が反映されるのは平日9:00~15:00のみであるため、タイミングによっては延滞扱いとなることもあります。

1円単位で返済出来て便利なのですが、毎月の返済には不向きです。
銀行振込による返済は、一括返済を行う場合などに利用するのがおすすめです。

一括返済を希望するなら、窓口またはコールセンターへ支払い額の確認を

一括返済を希望する場合は、コールセンターまたは窓口へ、支払額の確認をしましょう。
なぜなら当日までに発生している利息を確認する必要があるからです。
利息は日割りで計算されるため、返済の当日にプロミスに連絡して残高を確認してから一括返済しましょう。
ATMでは1円単位での返済には対応していません。

そのため、一括返済をする場合は、
・銀行振込
・インターネット返済
・LoppiまたはFamiポート
・プロミスの有人店舗
のいずれかで行いましょう。

有人窓口を使った返済もOK!ただし店舗数は少ない

プロミスでは店頭窓口「サービスプラザ」で返済することも可能です。
サービスプラザでは返済だけでなく、解約や、返済に関する相談をすることも可能となっています。
ただし、プロミスの有人店舗は少なく、全国に15件ほどしかありません。

そのため、大きな都市に住んでいる人以外には少し利便性が悪い可能性があります。
もしも「近くにプロミスのサービスプラザがある」という場合は、何か不明点があるときなどに活用してみましょう。

ついつい借りすぎて払えない状況にならないように

返済シミュレーションや返済額の例を見ると、簡単に返済できるように感じるかもしれません。
しかし現実には、借りすぎてしまって返済が追い付かなくなってしまう人が沢山います。

一番大切なことは、借りすぎないということです。借りた額によって、支払わなければならない利息は増えます。
融資を受ける際は、必要最低限の額に設定する事。

また、自分の収入を踏まえて、無理なく返済していけそうかをしっかり判断しましょう。
ここでは、支払いが難しい時の返済額減額の方法について触れていきます。

返済額は利息額まで減額できる話

返済するべき額の内、利息分だけを支払うという方法です。
ただし、その月に支払わなかったことで借入総額が減らず、結局返済する利息の総額は増えてしまいますので、あまりお勧めはできません。

しかしながら、消費者金融会社を利用する上で最も避けるべきことは返済の延滞です。
延滞履歴は何年も残ってしまい、悪質な場合は、どこからも融資を受けられなくなってしまいます。
支払いが厳しかったとしても、利息分だけでも返済するようにしましょう。

利息だけを返済する方法:ATMを利用して利息額だけ返済

難しい手続きは特になく、ATMやインターネットなど、お好きな返済方法で、利息額分の入金をするだけです。
会員ページで、利息を含めた返済総額、利息を抜いた借入ている分の返済金額が確認できますので、返済総額から借り入れ分の返済額を引けば、利息がいくらなのか計算することができます。

ATMで利息分を支払えば、明細には次回の返済日が印字され、当月の返済は既に完了したということが分かります。
利息のみの返済についてプロミスへ事前連絡は必要ありません。

自分で手軽に減額返済ができるのは、いざという時大変役に立つシステムではないでしょうか。

もしもプロミスの返済に遅れてしまったら

毎月しっかり気を付けて返済している…つもりでも、うっかり忘れることはあるかもしれません。
また、どうしてもお金が足りずに、最低返済額を入金できないということもあるかもしれません。
そんなときに、もしプロミスの返済を延滞してしまった場合、どうなってしまうのでしょうか

「今月はどうしても返済が厳しい」と思ったときの対策とあわせて紹介します。
しっかり確認しておき、いざというときは適切に対応出来るようにしましょう。

返済延滞後の流れ

まずはプロミス返済延滞後の流れです。

[返済延滞後の流れ]
1.遅延損害金の発生
2.延滞1日~
・新規借り入れの停止
・携帯電話への電話催促
・携帯電話に出ない場合自宅や勤務先への電話催促
・自宅への督促状の送付
3.延滞1ヶ月~
・個人信用情報機関「CIC」に「未払い」情報の記載(2年間)
4.延滞2ヶ月~
・個人信用情報機関に「異動」の記載、5年間の金融ブラック入り
・一括返済要求(期限の利益の損失)

それまでの利用状況により若干日数などの違いはありますが、延滞後の流れは上記の通りです。
最終的には裁判を起こされる可能性もあります。
デメリットしかありません。

そこでスムーズに対応する必要があります。

遅延損害金とは?簡単に言うと「金利が上がる」こと

遅延損害金を簡単に説明すると「金利が上がること」となります。
返済期日の翌日から、通常の金利ではなく、遅延損害金利率というものが適用されます。

また、これに基づいて発生する利息を「遅延損害金」といいます。
たとえば、10万円を1週間延滞すると、遅延損害金は383円です。
この日数だけ見れば「大したことない」と感じるかもしれません。

しかし、借り入れの金額が大きければ遅延損害金も上がります。
さらに長期の延滞となれば、金額はさらに上がっていきます。
そうならないよう、延滞せずに支払うのが一番です。

返済が遅れそうならコールセンターへ相談を!返済額の減額・利息だけの返済も可能!

「入金の関係で、どうしても返済が遅れてしまう」「今月は全額の返済が厳しい」そうなった場合は、まずプロミスのコールセンターに相談しましょう。
相談することで、その月の返済額を引き下げてもらったり、支払いを待ってもらったりすることが出来るためです。
もちろん返済日を引き延ばす場合には遅延損害金は発生します。

それでも返済日を約束すれば、電話や手紙での催促をストップしてもらうことは可能です。
周囲に内緒で借り入れをしている人の場合、とくに督促状などは困りますよね。
そのため、遅れることが判明した段階で連絡を入れておくことをおすすめします。

プロミスの返済に関するよくある質問と回答まとめ

ここまでは、プロミスの、
・返済方式の計算方法
・プロミスで使える返済方法
・返済が遅れたときの流れ
・返済が遅れたときの対処方法
などについて紹介しました。

それでは最後に、プロミスの返済に関する「よくある質問」と「回答」について紹介します。
プロミスの利用を考えているかたや利用中のかたは、記事で紹介した内容を、ぜひ頭に入れておきましょう。
そのうえでなるべく滞納なく、完済までスムーズに返済していってくださいね。

返済期日や返済金額はどこで確認できますか?

「プロミスの返済金額や返済期日を忘れてしまった!」そんなときでもプロミスは安心です。
なぜなら、返済金額や返済期日は、プロミスのインターネットサービスや各ATMでの確認が出来るからです。

また前回の借り入れ時や返済時に発行された利用明細書にも、
・予定返済額
・返済期日

などが記載されています。
返済金額や期日を忘れないためにも、返済時などに利用明細書が発行されたときは、内容に目を通すようにしておきましょう。

プロミスよりもっと返済額の低い会社はありませんか?

月々の返済額を抑えたいという場合に考えられるのが、
・三菱UFJ銀行バンクイック
・楽天銀行スーパーローン
です。

最低返済額がプロミスの半額程度となります。
しかし前述の通り、最低返済額のみで支払い続けると完済までは遠く、利息も大きくなってしまいます。
そのためカードローンを選ぶ場合は慎重に考える必要があります。
「最低返済額が低い=借入額によっては完済まで時間がかかる」ということを忘れないようにしましょう。

土日や夜間でもプロミスの返済は即時反映されますか?

仕事の都合によっては、日中返済するのが難しいというかたもいることでしょう。
プロミスの場合、
・ATM返済
・インターネット返済
であれば、土日や夜間でも即時反映されます。

これならば忙しいかたであっても、返済期日内に返済するのはそれほど難しくないことでしょう。
あとは忘れないようにするだけです。
なお、銀行営業時間内に銀行振込で返済をした場合、その返済が反映されるのは翌営業日の朝となりますので注意しましょう。

今月は返済額すべてを支払うのが難しそうです。利息だけの返済は可能ですか?

「利息だけなら支払えそうだけれど、返済額全てを支払うのは難しい」
そんなときは、悩まずすぐプロミスに電話しましょう。
もしも利息額以上を支払えるという場合は延滞扱いにはならないからです。

それまでのプロミス利用状況にも左右されるようですが、状況を正直に申告して断られる可能性は低いです。
期日を過ぎても支払わず延滞となってしまうよりは、まずプロミスコールセンター:0120-24-0365に電話して相談しましょう。

クレジットカードを使った返済はできますか?

「手元に現金はないけれど、使用することの出来るクレジットカードがある」
こんなときは、クレジットカードを使って返済したいと考える人もいるかもしれません。
しかし残念ながら、プロミスでは現在クレジットカードを使った返済には対応していない状況です。

そのため返済期日までに現金(インターネット返済なら口座残高)を用意しておく必要があります。
延滞を発生させないためにも、忘れずに期日までにお金を用意しておきましょう。

名義人が死亡した場合、支払い請求は家族に向かいますか?

プロミスの契約をした名義人が死亡してしまうケースもあります。
このとき、預金などのプラスの財産だけでなく、借り入れなどのマイナスの財産も相続の対象です。

ただし相続を放棄した場合は借金の返済義務も生じません。

なお、スルガ銀行のカードローンでは、団体信用生命保険に加入すると、
・死亡時、高度障害状態となった場合
・がんと診断された場合
に借り入れ残高が0円となります。

このような点も踏まえてカードローンを選ぶのも良いかもしれません。

ローンカードを失くしてしまいました。返済は可能ですか?

「プロミスのローンカードをなくしてしまったけれど返済期日が近い!」
そんなときも、プロミスのインターネット会員サービスにログインできれば返済することが出来ます。

なお、プロミスのローンカードをなくした場合は、なるべく早くプロミスに連絡してカードを停止してもらいましょう。
暗証番号を割り出されてしまい不正利用されると、支払い義務は持ち主に生じます。

なくしてしまったことが発覚したら、すぐに対応してくださいね。

プロミスの解約方法を教えてください!

「もうプロミスを利用することがなくなった」そんなときはプロミスとの契約を解約することが出来ます。

この場合はプロミスのコールセンターに電話して解約したいことを伝えましょう。
解約は電話1本で行うことが出来ますし、手間もそれほど掛かりません。
ただし、プロミスの借入残高が残っていると解約することはできません。

あらかじめ借入残高についてプロミスのコールセンターに確認したうえで手続きを行うとスムーズでしょう。

入院することになった場合、プロミスの返済はどうなりますか?

突然の事故や病気などで入院しなければならないというケースもあることでしょう。
この場合も基本的にプロミスへの支払い義務は変わりません。
口座振替の手続きをしたり、インターネット返済をしたり、という対策をとる必要があります。

ただし状態によっては、すぐ手続き出来ないかもしれませんよね。
もしも入院などの事情で返済が遅れるというときも、あらかじめプロミスのコールセンターへ電話を掛けて事情を話しておきましょう

毎月の返済額を決める計算方法は?

「月々の返済額」は、返済総額÷月で計算できますが、「返済総額」は借りた額と利息の合計ですので、まず利息の総額を計算する必要があります。

利息総額の計算式

利用金額×金利÷365日×利用日数=利息総額
金利は4.5%~17.8%で、借入条件に応じて適用される利率が変わります。

・金利17.8%で10万円を30日間借りた場合
10万円(利用金額)×17.8%(金利)÷365日×30日(利用日数)=1,463円

この場合は30日の利用なので、月の返済額は利息を含めた、111,463円一括払いとなります。
他にも、5万円を4回払いで借りた場合、利息総額は1,864円ですので、5万円+1,864円(利息)÷4回=12,966円で、月々12,966円の返済となります。

金利がどれくらいになるのか不明瞭なのでやや複雑ですが、まずはプロミス公式サイトの、返済シミュレーションを利用すると良いでしょう。

プロミス利用時の返済額を一覧で確認しよう!

プロミス利用時の返済額を簡単な一覧にしましたので、ご覧ください。

10,000円を10回払いで借りた場合 月々1,000円
50,000円を19回払いで借りた場合 月々3,000円
100,000円を32回払いで借りた場合 月々4,000円
150,000円を32回払いで借りた場合 月々6,000円
200,000円を32回払いで借りた場合 月々8,000円
250,000円を32回払いで借りた場合 月々10,000円
300,000円を36回払いで借りた場合 月々11,000円

なお、前の項でも述べたとおり、返済までの期間など、ご利用条件によって返済額は変わりますので、詳しく知りたい方には、プロミス公式サイトの、返済シミュレーションを利用する事をお勧めします。

利息もわかる!会員ページを確認しよう!

プロミスには、パソコンやスマートフォンからも簡単に返済額が確認できる、会員サイトがあります。
一度会員になってしまえばいつでも確認することができるので、複雑な計算をする必要がありません。

会員ページでは、利用可能額、返済期日、利息を含めた返済総額、また、利息を抜いた借入ている分の返済金額も確認することができます。
会員ページからインターネット返済を利用することもできますので、会員ページを上手く利用しましょう。

今月だけでなく毎月の返済が苦しい場合、どうしたら良いのか

今月だけ乗り切れば来月以降は何とかなりそうというならまだ良いのですが、今月だけではなく毎月の返済がとても苦しい状況に置かれてしまうこともあります。
不運にも急な出費が連続して続いたり収入が減ってしまったりすれば、毎月の返済は当然苦しくなります。

その状況がいつまで経っても改善されなかったら、いつかまったく返済ができなくなってしまいかねません。
そうならないようにするために、対処法を知っておくことが大切です。

カードローンが払えないときの最善の対処法を知るべき

万が一カードローンの返済ができなくなった時の対処法をきちんと心得ておくことは、改めて言うまでもなくとても大事です。
カードローンを申し込む時は「返済できる」と思っているわけで、返済できなくなる状況に陥るとは考えていないのかもしれません。

それで狙い通りに返済できるなら問題ありませんが、想像していた通りに返済できなくなり慌てふためくことがあります。
窮地に陥ってからドタバタしても遅いですから、最善の対処法をきちんと知っておくべきです。

借り換えによって利息自体を減らそう

カードローンの返済において何が大変なのかといえば、それはやはり利息です。
ですので利息の負担を減らすことで、返済しやすくなる場合があります。

ではどうやったら利息の負担を減らせるのかと次に考えますが、その方法として最善なのは借り換えです。
借り換えを行うことにより、利息額を減らせるケースがあります。
つまり「利息が厳しい」と思ったらもっと利息の少ないところへと早めに借り換えを試みれば、返済のめどが立ちやすくなります。

カードローンの金利が安いのは銀行である!地方銀行やネット銀行も侮れない

金利の安さを求めるのであれば、一般的な消費者金融よりも銀行に注目するのがおすすめです。
銀行の場合は、消費者金融と比べて金利が数%低いということも珍しくありません。
借りやすさでいえば消費者金融ですが、金利の安さでいえば銀行です。

ただ銀行といっても多種多様で、すぐに思い浮かぶような大手のメガバンクだけではなく地方銀行やネット銀行も侮れません。
銀行はいろいろとありますから、幅広く視野を広げて選ぶのがポイントです。

カードローンの返済が苦しいなら借り換えで負担を減らすしかない話

どこかへ来店することもなくわりと気軽に借りられるカードローンは、その利便性の良さから簡単に利用してしまいがちです。
簡単に利用して返済をしっかりできるなら構わないですが、返済できずに苦しく感じられてしまうケースもあります。
そんな時は借りた先に無理にこだわって返済を頑張ろうとするのではなく、借り換えで負担を減らすほうが合理的です。

そこは冷静にならないといけません。
返済が苦しくてどうにもならない時は、基本的に借り換えです。

借りすぎには注意!計画的に使おう!

便利だからといって後先考えずどんどん借りてしまうのは、計画性を著しく欠いたカードローンの利用方法だといわざるをえません。
それでも収入の見込みがあって延滞もなくきっちり返済できればOKですが、そうでないと返済がいつまで経っても終わらないです。

それは非常に無計画なカードローンの利用です。
そうならないよう借りすぎによく注意するのはもちろん、計画的に考えることが大事です。

計画的に考えさえすれば、返済で困らないです。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし