最終更新日:2020年05月08日

プロミスの無利息期間30日とは?条件や注意点など

プロミスの30日間無利息サービスとは

プロミスでは、30日間だけ利息0円で利用できるお得なサービスがあります。その間に返済を済ませてしまえば、余計な出費を削ることができるのです。ただし、このサービスには条件があるので、忘れないようにしましょう。チェックしておきたいのは、下記の2点です。

・メールアドレスの登録を済ませること
・利用明細などの書類確認をプロミスのホームページで行うこと

この2点を満たしていれば、30日間無料でお金を借りることができます。

無利息期間は借入した翌日からスタート

他社の無利息サービスは契約の翌日から始まる場合もありますが、プロミスは借入の翌日がスタートです。サービスが始まるタイミングは重要なので、間違えないように注意してください。借入の翌日から始まるプロミスなら、契約してすぐに無利息になるわけではないため、落ち着いて行動できます。最初の借入がスタートの合図になるので、慌てずゆっくり借りましょう。「急いで借りないとサービス期間が終わる」といった焦りがないため、楽にお金を用意できます。

30日間無利息サービスを利用する際に注意すべき点

無利息期間はとても便利ですが、返済しなければ意味がないので、気をつけてください。いくら30日利息0でも、その期間内にきっちり完済することができなければ、0にすることはできません。30日を数日オーバーしたタイミングで返した場合、利息をプラスして返済しなければならないのです。そのため、無利息期間を利用してお得に借りるなら、返済日をしっかり確認しておいてください。プロミスでは、下記の4つから返しやすい日を選択できます。

・5日
・15日
・25日
・末日

この中から無理なく返済できる日を選び、30日というルールを守れるようにしましょう。

Q.返済以外に注意しておくべきポイントは?

プロミスの無利息期間は、最初の申し込みだけで利用できる限定されたサービスです。初回でなければ適応されないので、注意してください。例えば、いったんプロミスを解約してから再度契約した場合、無利息にはなりません。それは2度目の申し込みであり、サービスの対象外になってしまうからです。解約後にもう一度無利息で借りたいなら、同じサービスがある他の消費者金融を頼りましょう。一度も利用したことがないところなら、初回サービスの対象になります。

たとえ無利息でも返済期日は必ず守る

30日間の無利息期間内であっても、設定した返済日を無視したりすると、サービスはそこで終わりになります。さらに、遅延利息が発生し、余計にお金を払うことになるのです。そのため、返済日は絶対に忘れないようにしましょう。対策としては、お知らせメールを登録する方法があります。メールをチェックしていれば忘れずに済む方法なので、ぜひ試してみてください。どうしても間に合わないときは、早めにプロミスに相談しておきましょう。

Q.返済遅れを防止するコツは?

返済方法に口座振替を選択し、給料が入ったときにすぐ入金しておけば、返済の遅れを防ぐことができます。直接入金するよりずっと確実な方法なので、遅延利息の発生を回避するなら、しっかり対策をしておいてください。金融機関によっては直接入金になってしまうところもあり、なかなか対策ができないこともありますが、プロミスなら返しやすい方法を選択できます。なるべくデメリットの少ない方法を選び、上手に完済を目指しましょう。

無利息サービスを利用する際も返済計画を立てておくことが大切

お金を借りたあとに行き当たりばったりで返したりすると、途中でうまくいかなくなる恐れがあります。そのため、なんとなく返済するのはやめてください。無利息期間だからといって油断していると、失敗してしまうことがあります。きちんと返済していくためには、適当に返すのではなく、まずは計画を立ててください。細かい計画を立て、そのとおりに行動していけば、簡単につまづくことはありません。毎月の返済額などを考慮しつつ、無理のない計画を考えていきましょう。

返済計画の立て方

返済計画を立てるときは、立てやすくなる手順を意識してみましょう。順番に並べると、下記のようになります。

・希望する期間を決める
・月々の最低返済額を考える
・収入と比較しながら検討する

こうした順番で考えていけば、うまく計画を立てることができるのです。適当に考えていると、まとまらないこともあるので、気をつけてください。また、返済シミュレーションを使うと、よりスムーズになります。しっかり計画を立てて返済し、余計なデメリットを防ぐようにしましょう。

こんなにお得な30日間無利息サービス

普通にお金を借りるときは、どうしても利息が発生してしまうものです。返済ではそれがプラスされることになるため、少しでも節約したいときは、困ることがあります。出費の悩みがある人は、積極的にプロミスの無利息期間を頼っていきましょう。借入の翌日から始まる無利息サービスを利用すれば、出費を減らし、かなりお得に借りることができるのです。ここではそのメリットを紹介していくので、プロミスでお金を借りる人は参考にしてみてください。

Q.無利息期間サービスで得られる最大のメリットとは

プロミスの30日間無利息サービスは、その間だけまったく利息が発生しなくなります。借入の翌日から30日間が経過するまで、0円の状態で利用できるのです。これが、無利息サービスの最大のメリットです。少しの間だけお金が必要なときは、ぜひ利用してみてください。無利息となる30日間の間に完済することができれば、出費は最小限に抑えることができます。初回だけに限定されたサービスなので、初めて利用する人はしっかりチェックしておきましょう。

追加借入分も無利息になる無利息期間

プロミスの無利息サービスが有効な間は何回借入しても利息はゼロのままです。例えば最初に10万円借入して、その後に追加で5万円を借入した場合、追加の借入が無利息期間中なら15万円の借入に関しては全て無利息になります。もちろん期間が過ぎて借入した分には提示された条件に従って利息が請求されます。もし、無利息期間が過ぎてからお金が必要になると分かっているのなら期間中に借入しましょう。借入額によっては利息分を大きく節約できます。

完済後の借入も無利息期間サービス中は無利息になる

プロミスの無利息サービスは規約違反でもしない限り30日間はキッチリ有効です。仮に10万円借りて、無利息期間以内に借り入れ分を全て返済しても無利息サービスが無効になることはありません。何度借入と完済を繰り返しても30日間以内ならずっと無利息です。もし完済したら無利息サービスが無効になるなら、利用者は返済を遅らせるでしょう。利用し始めたばかりで返済を遅らせる癖がついては延滞の原因になりかねません。無利息期間に借りたお金は無利息ですが、なるべく早く返済して「ちゃんと返す利用者」だと印象づけましょう。

37日間無利息!?プロミスポイントとは

プロミスポイントは無利息サービスに利用できるので、期間を長くしたいときは、どんどん利用していきましょう。申し込み時に収入証明書を出しておけば、7日分に相当する250Pが付与されます。それなら、37日間無利息で借りられるのです。さらにポイントをためると、下記のような追加もできます。

・400P=15日間
・700P=30日間

基本的には初回だけの無利息サービスですが、こうしたポイントをうまく使えば、0円の期間は増えることになります。お得な期間を追加して、出費の不安をしっかり防ぎましょう。

1年間に1回30日間無利息で利用可能

1ヶ月に60ポイントためていけば、1年で720ポイントになります。つまり、1年に1回は30日無利息という状態にできるわけです。そのためには、ポイント獲得の方法に注目してみましょう。おすすめは、下記の3つのタイミングです。

・獲得対象となるお知らせを見たとき(最大20P)
・毎月最初にログインしたとき(3P)
・メールなどの受け取りサービス全部に継続して登録したとき(3P)

こうした獲得のタイミングを逃さず、コツコツとポイントをためていきましょう。

他社にも無利息サービスはある?

消費者金融や銀行のローンサービスの中にはプロミスと同様に無利息サービスを提供しているところが複数あります。ただし、無利息期間が開始されるタイミングや無利息が継続される期間が各社で微妙に異なっているので注意が必要です。例えばアイフルやアコムでは無利息期間の長さはプロミスと同じですが、始まるのが「初回契約日」となっています。逆にノーローンでは開始タイミングはプロミスと同じですが、期間が7日と短いです。トラブルに遭わないよう、他社の無利息サービスを利用する際は事前に条件をよく確認してください。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.