最終更新日:2020年03月18日

プロミスレディース返済の節約ポイント!手数料を無料にするコツ

プロミスレディースの返済の仕組みを徹底解説!

金融会社からお金を借りた時は、基本的には毎月1回ペースで返済していく必要があります。返済期日が決定され、その日に銀行引き落としなどで返済するのが一般的です。いわゆる約定返済です。

しかし返済方法は、約定返済だけではありません。自分の好きなタイミングでお金を返せる随時返済もあるのです。

プロミスレディースも上記の2種類の返済方法を採用していますが、ここではその仕組みや主なポイントを解説していますので、一緒に見ていきましょう。

借入希望額に対しての約定返済

約定返済とは、契約上で義務付けられている毎月返済のお金の事です。返済日は締め切りも決まっていて、遅れてしまうと遅延扱いになってしまいますから、注意を要します。

なおプロミスレディースの約定返済額は、下記のような計算式になります。
・残額が30万円以下の時は、残高に3.61%を乗じる
・残額が30~100万円時は、2.53%を乗じる
・100万円以上なら、1.99%

プロミスレディースの場合、返済の金額は残高に左右されますから、残高が減ると返済額も少なくなってしまうのです。返済が完了するまでは若干時間がかかるデメリットがあるので、後述の随時返済も組み合わせる方が良いでしょう。

約定返済日は5日と15日と25日と末日になりますが、口座振替で返済する時は、返済日は毎月5日のみになる事もあります。

随時返済

随時返済は、約定返済のタイミング以外での返済を指します。例えばプロミスレディースの約定日が15日と定められても、3日や28日など好きなタイミングで返済しても構いません。自由なタイミングで返済できるので、早く元金を減らすこともできます。返済期間を短縮したい時は、随時返済を活用してみると良いでしょう。

なおプロミスレディースの約定返済の方法は、下記の6種類になります。
・インターネットバンキング
・プロミスレディースの自社ATM
・店頭窓口
・提携ATM
・コンビニにあるマルチメディア端末
・銀行振り込み

プロミスレディースの返済方法は7種類

プロミスレディースのカードローンの返済方法には7種類の方法があります。それは以下のものです。
・口座振替
・プロミスレディースATM
・提携ATM
・コンビニのマルチメディア端末 
・インターネット返済
・銀行振込
・お客様サービスプラザ

この中で手数料無料の返済方法は、口座振替、プロミスレディースATM、コンビニのマルチメディア端末、インターネット返済、お客様サービスプラザによる返済です。返済の度に手数料をとられてしまうとトータルでは大きな負担となるので、なるべく手数料無料の返済方法を選択するようにしましょう。

口座振替による返済

口座振替による返済ではプロミスレディースが定めた返済額が、毎月返済日に指定した銀行口座から自動的に引き落とされます。この方法で返済を行うと手数料が無料で無駄なコストがかかりません。また、口座残高が不足しない限りは返済漏れが起こることはありません。ただし、口座振替での随時返済を行うことはできません。ですから、口座振替で毎月の返済を行っている方は他の返済方法も併用して、それで随時返済を行うようにしましょう。やはりお金に余裕がある時には随時返済をして借り入れ残高を減らしておいた方が、利息負担が軽減されていいです。

プロミスレディースATMからの返済

プロミスレディースATMからの返済では手数料無料で利用できることが魅力的である他に、登録情報の入力で返済ができるという特徴があります。つまりローンカードを発行してもらっていない方でもプロミスレディースATMでの返済を行うことができるのです。入力の必要がある登録情報は以下の情報です。

・プロミスレディースの会員番号

・氏名・生年月日・電話番号

ただこの方法では誰かにプロミスレディースのATMに入るところを見られると借り入れがばれてしまうこと、プロミスレディースのATMの台数が一般的な銀行のATMよりは少ないことといったデメリットもあります。

提携ATMからの返済

プロミスレディースのATMからの返済を行っているところを見られると借り入れのことがばれてしまいますが、コンビニなどの提携ATMからの返済の場合はあらゆる銀行との取引で利用されるので、借り入れの事実がばれにくいという長所があります。また、コンビニATMであれば沢山の数があるので、わざわざATMを探す手間も省けます。ただ提携ATMでの返済にもデメリットがあって、それは手数料がかかってしまうことです。具体的には1万円以下の取引で100円、1万円超の取引で200円(税抜)の手数料がかかります。

コンビニのマルチメディア端末を使った返済

コンビニのマルチメディア端末を利用した返済では、コンビニからの返済なのにATMのように手数料を取られることがないというメリットがあります。マルチメディア端末とは具体的に以下のものが挙げられます。
・Loppi(ローソン、ミニストップ)
・Famiポート(ファミリーマート)

この返済方法は基本的に24時間365日返済ができるので、深夜に返済したい方にも適した返済方法なのですが、日曜23時~月曜7時だけはメンテナンスがあるので利用することができません。

インターネット返済

インターネット返済は24時間365日返済が可能で、普段仕事などで忙しくしている方には適した返済方法です。また、自宅や外出先からも返済することができ、誰にもバレずに返済することも容易です。そして手数料無料で返済ができるのも魅力的と言えます。インターネット返済に対応している約1,100の金融機関でご利用いただけます。以下の銀行口座などが利用可能です。
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・みずほ銀行
・ジャパンネット銀行
・楽天銀行

お客様サービスプラザ

お客様サービスプラザとはプロミスレディースの店頭窓口のことを指します。返済にかかる手数料は無料で行うことができますし、それ以外に借り入れや返済に関する相談を店頭のスタッフにできるというメリットがあります。しかも相談に関しては無料で行ってくれます。ただ利用時間が限られていて平日10時~18時だけで土日祝日には対応していません。またお客様サービスプラザの店舗数が少ないので、地方では特に近くに店頭がないということがよくあります。

銀行振込による返済

銀行振込による返済では、全国どの銀行口座からでも振込によって返済ができるという利点があります。つまり、インターネット返済に対応していない銀行の口座からでも返済することができるのです。ただし、インターネット返済は手数料が無料であるのに対し、銀行振込による返済では、振込手数料は自己負担となります。振込手数料が無料の銀行口座なら問題ありませんが、インターネットバンキングを利用しても500円以上の振込手数料がかかる銀行もあるので振込手数料の負担がネックとなります。

提携ATMの利用手数料・返済不可のATM

プロミスレディースの借り入れの返済はプロミスレディースATMで行えば手数料がかからずに済みますが、それ以外のATMでも返済の手続きができるものがあります。利用できる主な金融機関は以下の通りになります。

・三井住友銀行ATM
・ゆうちょ銀行ATM
・イーネット(E-net)
・ローソン銀行
・セブン銀行 
・三菱UFJ銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・横浜銀行ATM
・東京スター銀行ATM
・第三銀行ATM
・福岡銀行ATM
・熊本銀行ATM
・親和銀行ATM
・広島銀行ATM
・八十二銀行ATM
・クレディセゾンATM

ちなみに三井住友銀行のATMのみ手数料が無料になります。それ以外は取引額1万円以下の場合110円、1万円以上は220円ということになっています。

ポイントサービスで提携ATMの手数料が無料に!

プロミスレディースにはポイントサービスがあります。プロミスレディースのポイントサービスはプロミスレディースの会員であれば誰でも入会することができます。このポイントサービスでは初回登録時にすでにポイントが付与されているので早速ポイントが使える状態になっています。このポイントを利用することによって、提携ATMの取引手数料が無料になります。どうしても提携ATMでの取引が必要になった時にはこのポイントサービスの提携ATM手数料無料サービスを受けるといいでしょう。

ポイントサービスの登録方法

プロミスレディースのポイントサービスには以下の手順で登録していきます。

1.プロミスレディース公式サイトにアクセスする

2.会員IDと暗証番号を入力し、ログインする

3.「各種お申込み」から「プロミスレディースポイントサービス」を選択する

4.「ポイント申し込み」を選択する

初回登録時にはポイントが100ポイント付与されます。2か月間提携ATM手数料無料のサービスは40ポイントで受けることができるので。合計4か月提携ATM手数料無料のサービスを受けることができるということを意味します。

4パターンあるプロミスレディースの返済日を詳しく解説!

プロミスレディースの返済日は毎月5日、15日、25日、末日の4つから好きな日を選ぶことができるようになっています。ただ初回の返済日に関しては借入を実行した日によって変わってくるので初回だけは特に注意が必要となります。以下のようにして初回返済日はきまっています。

【毎月5日に返済】
・借入日が1日~19日:返済日は借入日の翌月
・借入日が20日~末日:返済日は借入日の翌々月

【毎月15日に返済】
・借入日の翌月

【毎月25日に返済】
・借入日が1日~9日:返済日は借入日の同月
・借入日が10日~末日:返済日は借入日の翌月

【毎月末日に返済】
・借入日が1日~14日:返済日は借入日の同月
・借入日が15日~末日:返済日は借入日の翌月

プロミスレディースの返済額(利息)を抑えるためにチェックしておきたいポイント

プロミスレディースの主な収入源は手数料と利息です。もし借り入れをするとなれば、借りた金額を返す他にこの手数料と利息が余計にかかってしまいます。これをなるべく抑えることがお得にカードローンを利用するコツと言えます。例えば、返済のコツは、以下のようなことが挙げられます。
・返済日は、給料日の翌日あたりにする
・手数料がかからない方法で返済する
・初回利用なら無利息期間を利用する
・随時返済をして利息を軽減する

では、これらについて詳しく紹介していきます。

返済日を給料日の翌日にする

ここまででも紹介した通り、プロミスレディースのカードローンの返済では返済日に5日、15日、25日、末日のいずれかを選択することができます。返済期日としておすすめしたいのは給料日の翌日あたりです。給料日に近ければ、給料が入ったばかりで返済しなければならないお金を準備するのに困るということは起こりにくいです。また、公共料金の支払いやクレジットカードの支払いと時期を一緒にしておくとお金の管理の手間が少なくて済むようになります。

ATMで返済するなら手数料に注意

プロミスレディースの返済方法にATMを利用した返済方法がありますが、プロミスレディースの提携ATMは手数料無料のものもあれば、手数料がかかってしまうものもあります。プロミスレディースのATMと三井住友銀行のATMに関しては手数料無料で利用することができます。一方、それら以外の提携ATMを利用した場合には手数料として1回の取引で100円から200円の費用がかかってしまいます。どのATMでも一緒だと思わずに、ATMを利用するのであればなるべく手数料のかからないATMを利用するようにしましょう。

無利息サービスの利用

プロミスレディースは初回の契約の場合には30日間の無利息サービスが行われています。ただ、この30日間利息ゼロ円のサービスは特定の条件を満たした場合にのみ適用されます。その特定の条件とは以下のものになります。

・プロミスレディースの契約が初めての方
・契約時にメールアドレスを登録
・Web明細を利用

WEB明細を利用する設定については、申込、契約手続き時に書面の受け取り方法を指定する時に、「プロミスレディースのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択するようにしましょう。

余裕があれば随時返済をする

プロミスレディースの返済は通常の約定返済のほかに、お金に余裕がある時にそれを返済に回す随時返済という返済方法もあります。当然返済期間が短い方が利息負担は軽減されるので、お金に余裕がある時はそのお金をカードローンの返済に回して、なるべく早く返済が終わるようにするべきです。ただここで気を付けたいのが随時返済をいくら沢山したからといって、毎月の約定返済をしなくてもいいというわけではありません。もし、毎月の約定返済が行われなかったら延滞扱いになってしまいます。

一括返済をする方法|プロミスレディースをお得に利用するために

プロミスレディースで一括返済する為には、まずプロミスレディースコールに電話をかけます。そしてプロミスレディースのオペレータに一括返済したいという旨を伝えると、返済に関する合計額を算出してくれるのです。電話だけでなく、WEBで一括返済する事もできます。

ちなみに電話で問い合わせした後でも、ATMにて返済する事は可能です。しかしATMでは、硬貨を利用する事ができませんから、端数が発生してしまう事があります。その場合、店頭窓口や銀行振り込みで返金してもらう事になります。

端数の返済はどうする?

プロミスレディースで返済する時は、端数が発生してしまう事もありますが、事前にプロミスレディースコールに問い合わせしておけば端数分を返す事もできます。

しかし返済する時の状況によっては、どうしても端数ができてしまう事があります。その場合、上述のように銀行振り込みや店頭窓口で返金してもらう事はできますが、次回借りる時の残高と相殺する事も可能です。

例えば払い過ぎによって480円の端数ができて、次回に1万円借りた時の借入残高は、9,520円になります。

カードなしで返済はできますか?

プロミスレディースはカードが無くても返済する事は可能ですが、方法は若干限られてきます。というのも会員サイトにログインする時は、カード番号が必要です。手元にカード番号を控えていないと、返済するのは難しくなってしまうでしょう。

カード無しで返済したい時は、プロミスレディースコールが一番簡単です。まずは指定のフリーダイヤルに電話をかけて、振り込み先の口座番号を確認します。その口座に銀行振り込みすれば、手元にカードがなくても返済する事ができます。

どうしても返済できないときの対処法

どうしてもお金がなくてプロミスレディースの返済ができない場合というのもあると思います。返済が遅れてしまった場合には必ず「プロミスレディースコール」に連絡をして、返済が遅れてしまったこととその理由について伝えるようにしましょう。ちなみに連絡の有無に関わらず、返済が遅れた分に関しては遅延利率が発生します。お金が用意できたらなるべく早めに返済するようにしましょう。あまりにも長期間延滞が続いている状態になれば次のようなデメリットが生じます。
・カードローンが利用停止になる
・自宅訪問による督促が行われる
・給料差し押さえで、借金していることが職場にバレる

プロミスレディースの返済時にチェックしておきたいポイントをおさらい

プロミスレディースには6種類の返済方法がありますが、ほとんどの人がスマホを持っている社会なので、インターネット返済が最も便利と言えます。インターネット返済の場合は土日や深夜帯でも返済手続きを行うことができるので日中仕事や家事、育児で忙しい方にも利用しやすい返済方法です。返済日は給料日後など無理なく返済できる日をしているすることをおすすめします。返済を滞りなく行っていると利息が軽減されるようになったり、限度額が増額できたりメリットもあるので返済日はきちんと守って返済していきましょう。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし