最終更新日:2019年10月31日

プロミスレディースの在籍確認とは?電話内容や回避策、土日審査の内容など

そもそも在籍確認ってなんのこと?

在籍確認とは、カードローンの申込者が申し込みをした時に申請した職場に本当に在籍しているのかどうかを確認するために、その職場に直接電話をすることを指します。この在籍確認をする目的は、申込者が申告した通りの仕事に従事しているのかどうかの確認と、そこで安定した収入を得ているのかどうかを確認するためです。これによって返済能力を確かめることができるのです。この在籍確認はどのカードローンを申し込んでも原則行われるので、避けることは難しいと考えておきましょう。

プロミスレディースでの在籍確認について

プロミスレディースにはインターネット、電話、自動契約機(無人契約機)という申し込み方法がありますが、どの方法で申し込んだとしても融資の可否を決める審査が行われます。審査の際には申し込み者が申告した勤務先に本当に在籍しているかを、勤務先に電話をかけることで確認する在籍確認が行われます。申込書の内容や信用情報にこの在籍確認の結果を加えて、申し込み者が融資に適しているかどうか、いくらまで融資できるかなどが決められます。 

在籍確認が理由で審査に落ちてしまうことも

在籍確認は審査の重要なポイントなので、在籍確認が理由で審査が否決されることは大いにあり得ます。

申し込んだ時に伝えた勤務先の情報が実際のものと違っている、在籍確認で申し込み者が勤務していることが確認できない、勤務先が在籍確認の電話に出なかったり、従業員の情報を明かさないなど在籍確認に対応しない、などの場合は審査に通過することが難しくなります。

特に個人情報保護の意識が強くなっている昨今では、外部の人間に情報を渡したがらない傾向があります。 

プロミスレディースの在籍確認は本人が電話にでる必要はない

プロミスレディースの在籍確認はプロミスレディースの名前を出すことなく、担当者の個人名で電話がかかってくるので、本人が電話にでれなくてもOKです。ほかの人が電話に出てもプロミスレディースからの電話であることは分かりません。そのため、在籍確認の電話で自分がお金を借りようとしていることがばれるかも、という心配をする必要はありません。

プロミスレディースの場合は事前に相談しておけば、勤務先への電話ではなく、携帯電話あてにしてもらうことも可能です。 

プロミスレディースでは審査の最終段階に在籍確認が行われる

プロミスレディースのカードローンを申し込んでから審査が終了するまでにカードローン会社で行われる手続きは以下の順で行われます。

1.申込内容の確認
2.提出書類の確認 
3.信用情報の確認
4.本人確認の連絡
5.在籍確認
6.審査完了

つまり、在籍確認は審査の最終段階で行われるのです。プロミスレディースでは基本的には在籍確認が行われる前段階で本人確認の連絡が入ります。この時にこれから在籍確認を行う旨が伝えられるので、心の準備ができます。しかし、WEB申込をして、「フル入力」で入力してしまうと本人確認が省略されるため、突如在籍確認の電話がかかってくることとなります。

店頭・自動契約機の在籍確認は?

もし店頭や自動契約機でプロミスレディースのカードローンを申し込んだ場合、プロミスレディース側が在籍確認の電話をかけても、本人は不在の状態になっています。本人が職場に不在でも在籍確認は成立します。例えば、電話でプロミスレディースの担当者が同僚の方に申込者が今会社にいるかどうか聞いた時、同僚が「本日はお休みを頂戴しております」とか「現在席を外しております」と答えてもらえれば、その会社に属していることは確認できるので、それで在籍確認は完了します。

在籍確認の時間帯を指定することは可能?

プロミスレディースのカードローン申し込み時に行われる在籍確認のタイミングについてですが、どうしても申込者自身が電話に出たいとか会社に誰かいる時間帯に電話をかけてもらいたい場合、在籍確認の電話をかける時間帯を指定することができます。この場合、プロミスレディースの担当者、もしくはコールセンターのオペレーターに在籍確認の電話をかける時間帯をしていしたい旨とその理由を伝えておくと、その時間帯に電話をかけてくれるでしょう。ただ、ピンポイントで正確な時刻に電話がかかってくるとは限りません。

在籍確認の電話の内容とは

プロミスレディースから在籍確認の電話が職場にかかってきた時に、職場の同僚がその電話に出てもいいですし、申込者自身がその電話に出ても別に構いません。ただ、職場の同僚が在籍確認の電話に出るか、それとも申込者自身が在籍確認の電話に出るのかで電話の内容は変わってきます。そこでここでは申込者本人が在籍確認の電話に出た場合と、申込者の職場の同僚が在籍確認の電話に出た場合とでどのようなやり取りが行われるのか詳しく紹介していきます。

申し込み者本人が電話に出た場合の電話の内容

プロミスレディースからの在籍確認の電話に申込者本人が出た場合には以下のような会話が行われます。

プロミスレディース:「こんにちは。私、(担当者の名前)と申しますが、(申込者の名前)さんはいらっしゃいますでしょうか」

申込者:「私が、(申込者の名前)ですが」

プロミスレディース:「私、プロミスレディースの(担当者の名前)と申します。在籍確認で連絡差し上げました。在籍確認は終わりました。お忙しいところご協力ありがとうございました。」

このようにプロミスレディースの担当者は最初、担当者個人の名前で電話をかけてきます。

申込者以外が電話に出た場合の電話の内容

プロミスレディースからの在籍確認の電話に、申込者の職場の同僚が出た場合には以下のような会話が行われます。

プロミスレディース:「こんにちは。私、(担当者の名前)と申しますが、(申込者の名前)さんはいらっしゃいますでしょうか」

同僚:「あいにく(申込者の名前)は席を外しております。折り返しの電話をするように伝えましょうか」

プロミスレディース:「いえ、結構です。携帯電話に電話してみます。ご丁寧に対応頂きましてありがとうございました。失礼致します」

このように、プロミスレディースの担当者は自身の会社名を決して話すことなく在籍の確認だけおこないます。

プロミスレディースの利用を在籍確認からバレることはない

在籍確認の電話が原因で、申込者がプロミスレディースのカードローンの申し込みを行っていることがバレることは考えられません。ここまででも紹介してきましたが、プロミスレディースの担当者がプロミスレディースの会社名を名乗ることはありません。そして、電話の目的が在籍確認のためと告げることもありません。さらに在籍確認の電話は非通知で電話をかけます。そのため電話番号からプロミスレディースが割り出されることもありません。ただ、プロミスレディースの担当者にお願いして、うその社名を言うようにお願いしても、それに応えることは難しいでしょう。

会社が休業中に申し込んだ場合の在籍確認

プロミスレディースのカードローンは土日祝日でも即日融資に対応しています。しかしながら、土日は会社が休業日で誰も会社にいないため在籍確認ができないということはよくあります。在籍確認が完了しなければ融資はできないので注意が必要です。ただ、在籍確認は必ずしも電話でなければならないというわけではなく、書類の提出で在籍確認ができるのであれば、その方法で在籍確認を済ませることもあります。電話での在籍確認ができない場合には担当者、もしくはコールセンターのオペレーターに相談してみてください。

アルバイト・派遣社員の場合の在籍確認について

アルバイトや派遣社員など、正社員として雇用されていない場合も在籍確認は必要となります。ただ、アルバイトや派遣社員などではどの番号に在籍確認の電話をしてもらえばいいのか疑問に思う方も多いようです。アルバイト、派遣社員の方は以下の電話番号を申請するようにしましょう。
・アルバイト:バイト先
・派遣社員:派遣元と派遣先の両方
ちなみに、細かい部署があってそこにつながる電話番号がある場合はその番号を申請するようにしましょう。

派遣社員は書類提出になる可能性もあり

派遣社員の在籍確認はうまくいかないことが多いので書類の提出で在籍確認を行うことがあります。例えば、在籍確認のために派遣元に電話をかけた場合に、派遣元では、「派遣社員のプライバシー保護の観点から在籍しているかどうかをお伝えすることができません」と断られることがあるのです。このような場合には、「源泉徴収票」や「給与明細」などの会社との関係性が証明できる書類を提出することによって在籍確認を行うことが多いです。

基本的には派遣先に電話がかかる

基本的には派遣元に在籍確認の電話がかかってくることは少なく、派遣先に電話がかかることの方が多いです。それでも派遣元に電話がかかってくることもあります。もし派遣元に在籍確認の電話がかかってくることが分かったのであれば、そのことを派遣元の社員の方に伝えておきましょう。もしカードローンの利用について知られたくない場合には、「クレジットカードの申し込みで電話がかかってくる」などと言い訳を考えて伝えておくといいでしょう。

在籍確認で同僚などにバレないようにするための事前対策

ここまで紹介してきた通り、在籍確認の電話の際には電話番号が非通知設定になっていて、担当者もプロミスレディースの会社のことを名乗らないので基本的に会社の同僚にカードローンの利用のことがバレることはありません。それでも不安に思われる方も多いようで、実際にカードローンの利用の事実がバレてしまう可能性が100%ないというわけではありません。そこでここでは会社の同僚にカードローンの利用がバレないようにするためにするべき対策について紹介していきます。

事前に時間指定をしておく

まず、在籍確認の電話の時間を指定することをおすすめします。もし、在籍確認の電話の時間を指定すれば、その時間にかかってくる電話機のそばに申込者が待ち構えていれば、誰にも電話に出られることなく在籍確認が完了します。ただ、指定した正確な時間に在籍確認の電話をかけることができるとは限らないので、在籍確認の電話をかける前のタイミングでプロミスレディースの担当者から申込者の携帯電話に連絡が入るようにしておくと、確実に電話を受けることができるでしょう。

言い訳を考えておく

どうしても同僚に在籍確認の電話に出られてしまう状況もあり得ます。在籍確認の電話は非通知設定でかかってきて、個人名を名乗ってくるので、会社にかかってくる電話としてはかなり怪しい電話です。ですから電話を受けた同僚から怪しまれる可能性もあります。このような場合に備えて何らかの言い訳を考えておくといいでしょう。言い訳には以下のようなものを利用するといいでしょう。
・クレジットカードを作った
・ショッピングローンに申し込んだ
・自動車ローンに申し込んだ
・名詞を渡した人からの電話だった
・営業(勧誘)の電話だった

事前に報告しておく

どうしても在籍確認の電話に出ることが出来ない場合には、事前にそのような電話がかかってくることを報告しておくといいでしょう。やはり、非通知設定で会社名を名乗らない電話がかかってくることは非常に怪しいです。特に派遣社員の方の在籍確認で派遣元に電話がかかってくる場合には、個人情報保護に敏感な派遣会社の方は在籍確認に応じてくれず、結果審査に落ちてしまう可能性もあります。ですからこのような場合には事前に職場の人に話を通しておきましょう。

在籍確認は省略することができない

在籍確認とは、申込者が申請した職場に本当に申込者が在籍していて働いているかを職場に電話をして確認することです。これは何のために行うのかというと申込者が仕事をしていて収入を得ているかどうかを確認するためです。ただ、カードローンの申し込み者の立場からしてみれば職場の人にカードローンの利用のための手続きをしていることがばれてしまったら、少なからずイメージが悪化するのでばれたくなくて不安に思うことでしょう。ですから在籍確認を回避できるものなら回避したいところですが、それは出来ません。

在籍確認を行わなければならない理由

プロミスレディースのカードローンの申し込みをした際に在籍確認が無くなるということはまずありません。プロミスレディースのカードローンでは50万円以下の借り入れの際には所得証明書の提出は求められず、提出するのは本人確認書類だけです。これでは所得があるのかを確認することが不可能で、在籍確認で所得があるのかを確認する必要があるのです。もし在籍確認が無くなってしまったら他に所得があるのかどうかを確認する方法が無くなってしまいます。ですから在籍確認が無くなることはないのです。

プロミスレディースが在籍確認を行う目的とは?

プロミスレディースが在籍確認を行う理由はここまででも紹介してきた通り、申込者が働いていて安定した収入を得ているかどうかを確認するためです。消費者金融の業務を規制する法律に貸金業法というものがあり、その第13条に返済能力の調査という項目があり、これが在籍確認を行う根拠となっています。第13条の内容は以下の通りです。

「貸金業者は、貸付けの契約を締結しようとする場合には、顧客等の収入又は収益その他の資力、信用、借入れの状況、返済計画その他の返済能力に関する事項を調査しなければならない。」

働いていることが確認できれば問題ない

ただ、この在籍確認というのは必ずしも職場に電話がかかってくるやり方でやる必要はありません。なぜプロミスレディース側が電話で在籍確認を行っているのかというと、わざわざ申込者の職場に出向くことなく、迅速に職場に在籍しているかどうかを確認することができるからです。ですから、職場に在籍していることを確認できるのであれば、電話以外の方法でも別に構わないのです。ただ、申込者がコールセンターに電話して相談しない限り在籍確認は電話によって行われます。

正社員でない方が在籍確認の連絡先として指定するべき電話番号

もし職場での雇用形態が正社員ではない場合に在籍確認に利用される電話番号をどこの番号に設定すればいいのか分かりにくいものです。ただ、プロミスレディースの場合は在籍確認が必須であるために、どこかしらの電話番号を記入する必要は出てきていしまいます。そこでここでは、①アルバイト・パート、②派遣社員、③自営業者・個人事業主の3つのパターンで在籍確認のために必要な電話番号をどの電話番号を記載すればいいのかについて詳しく紹介していきます。

アルバイト・パートの場合

アルバイト・パートの方はその勤務先の電話番号を記載するようにしましょう。もし、いくつかのアルバイトやパートをかけもちしている場合には最も勤務時間の多い職場の電話番号を記載するようにしましょう。ちなみに、チェーン店などで本社の電話番号を申告すると、「そのような者はいません」と本社の社員の方に言われてしまうかもしれません。ですからあくまでも自分が勤務している店舗の電話番号を伝えるようにしておきましょう。

学生もアルバイト・パート先を連絡先として指定する

ちなみにプロミスレディースは学生であってもアルバイトで安定的に収入を得ている方はカードローンを申し込むことができます。ただし、学生だからといって在籍確認の電話が省略されるということはありません。必ずアルバイト先に在籍確認の電話がかかってくるので、アルバイトの勤務地の電話番号を記載するようにしておきましょう。ちなみに学校の電話番号を登録しないようにしましょう。そこに在籍確認をしても収入を得ていることが分からないからです。

派遣社員の場合

派遣社員の方は在籍確認の電話番号として、派遣先の電話番号を申請するようにしましょう。在籍確認の電話にはできれば申込者本人が出ることが望ましいです。ですから、派遣元の電話番号を申請したとしても申込者本人が電話に出ることができる可能性はほぼゼロなので派遣先の電話番号を申請することが望ましいのです。ちなみに派遣元に在籍確認の電話確認がきても、全員の派遣社員の名前を憶えてはいないので、「そのようなものはおりません」と言われかねません。ですから派遣元の電話番号を登録するのは避けましょう。

自営業者・個人事業主の場合

自営業者・個人事業主の方は事務所、もしくは店舗の電話番号を申請するようにしましょう。また、自宅兼事務所でも構いません。場合によっては、申込者本人の携帯電話の番号を申請しても構わないのですが、あくまで固定電話の方がいいです。固定電話を申請している人の方がいざ借金が返済できなくなった時に夜逃げを起こしにくい人だと認識され、審査に通りやすくなります。自宅用でもいいので固定電話をお持ちの方は、固定電話を在籍確認には利用するようにしましょう。

在籍確認が原因で審査に落ちるケースについて

以下のようなことが起こった場合にはカードローンの審査に落ちやすくなってしまいます。

・ウソの勤務先を申請した

・アリバイ会社を利用した

・休職中であることが発覚した

・プロミスレディースの電話に対して、電話口に出た人が「わからない」「個人情報なのでお答えできません」と言った

この中で最も気を付けなければいけないのが職場の同僚が「わからない」「個人情報なのでお答えできません」と答えてしまうことです。一度このようなことがあって再度在籍確認が行われることになった場合には、「クレジットカードを申し込んで、会社名を名乗らない電話がかかってくるかも」という風に会社の同僚に伝えておくようにしましょう。

初回契約時以外の在籍確認について

プロミスレディースでは基本的に在籍確認が行われるのは初回の1回のみです。ただ、例外的に再び在籍確認が行われることがあります。その例外とは以下の場合です。

・24時間振込に対応初回契約時から2,3年経って増額審査を受けた場合

・転職して勤務先が変わった場合

プロミスレディースの会員規約の中に、「氏名、住所、勤務先等当社に届出た事項(以下、「届出事項」といいます。)に変更があった場合、お客様は、そのつど、変更があった日から14日以内に当社に届出ます」とあるので、これらの報告は義務です。特に勤務先については収入が変わってしまうのでしっかりと申請するようにしましょう。

在籍確認を受ける際の注意点

ここまでで紹介してきた通り、在籍確認の電話は普通にしておけばシンプルなもので、1~2分の短時間で終わり、同僚にもカードローンに申し込んでいることを知られることはありません。しかし、いくつかのことに注意しておかなければ、それが影響して審査に落ちてしまったり、職場の同僚にカードローンに申し込んでいることがバレてしまったりする可能性があります。在籍確認を受ける際に注意すべき点は以下の通りです。

・一定期間連絡が取れないと審査落ち

・登録できる電話番号は1件のみ

・電話を意識し過ぎるとバレやすい

ではそれぞれの項目について詳しく紹介していきます。

①一定期間連絡が取れないと審査落ち

もし申請した職場に在籍確認の電話を何度もかけても応答がない場合には、そもそもそのような職場が存在しないのではないかと疑われてしまいます。このような状況が長く続いてしまうと審査に落ちてしまうことになります。土日祝日や、正月、ゴールデンウィーク、お盆休みなどの長期休業の時に申し込む際には注意しておきましょう。具体的にどの程度応答がないと審査に落ちてしまうのかは不明ですが、通常の週末に連絡がつかないぐらいであれば問題はないでしょう。

②登録できる電話番号は1件のみ

申し込みの際に職場に関する情報を登録し、それに基づいて在籍確認の電話がかけられるわけですが、職場に関する情報を登録する際に登録できる職場の電話番号は1つのみです。アルバイトやパートの方で仕事を掛け持ちしていらっしゃる方も多いのではないかと思うのですが、この場合でも連絡先の電話番号は1つだけに絞り込む必要があります。通常は最も長い時間勤務している職場を選択すればいいですが、その職場は連絡がつきにくいなどの不安がある場合、最も連絡がつきやすそうな職場を選択するといいでしょう。

勤務先の電話番号を登録するコツ

勤務先の電話番号を登録する上では自分の雇用形態を考慮して登録する電話番号を選択する必要があります。アルバイトを掛け持ちしている場合は長い期間勤務している職場を選びましょう。その方が収入に継続性があることをアピールできます。派遣社員の方は派遣先の電話番号を登録するようにしましょう。派遣元を登録した場合、派遣元ではプライバシー保護のために在籍確認ができず、審査に落ちてしまう恐れがあります。正社員の場合は会社の代表電話ではなく自分の部署につながる電話番号を登録しましょう。自営業の場合はできるだけ固定電話を登録した方が信頼性が上がります。

③電話を意識し過ぎるとバレやすい

在籍確認の電話が職場にかかってきた際にはとにかく不審なそぶり、行動、言動に気を付けましょう。そういったところが見られた場合、職場の同僚にカードローンに申し込んでいることがバレてしまう恐れがあります。同僚にカードローンの申し込みであることがバレる原因のほとんどは申込者の不審な行動にあります。また、同僚から電話についてたずねられることがあります。そこでも動揺しやすいものなので、何らかの逃げ道を考えておくと不審に思われずにいいでしょう。

コールセンターへの電話で電話以外で在籍確認できる方法を考えてくれるかも

ここまでで、在籍確認の電話で職場の同僚にはカードローンの申し込みのことについてバレることはあまり考えられない可能性の低いことだということは紹介してきました。しかしながら、それでも不安に思われる方もいらっしゃると思います。そのような場合にはコールセンターに電話で相談してみましょう。電話以外で在籍確認できる方法を考えてくれるかもしれません。また、電話で在籍確認をすることになったとしても、必ず申込者が電話に出るような配慮をしてくれるかもしれません。

在籍確認が不安な人には

ここまででも紹介してきた通り、プロミスレディースのカードローンを申し込んだ場合、審査の時の在籍確認は避けては通れません。カードローンの担当者は会社名を伏せて対応してくれるので職場の同僚にカードローンの申し込みのことがバレることは考えにくいですが、それでも不安に思う方も多いと思います。在籍確認を省略することはできないものの、在籍確認の方法を電話以外の方法に変えてもらうことはやり方次第でできるのでここからは在籍確認についてカードローンの担当者とうまく相談しながら不安を無くしていく申し込み方法を紹介していきます。

必要書類を用意しておく

電話に代わる在籍確認の方法の一つに書類提出が挙げられます。つまり、書類で会社に在籍していることを証明することができれば在籍確認が完了するのです。在籍確認に利用される書類は以下のようなものが挙げられます。

・直近2ヶ月分の給与明細書

・健康保険証

電話での在籍確認を回避したい場合にはとりあえずこれらの書類があるかどうか確認してみましょう。ただ、場合によってはこれら以外の在籍確認に必要な書類を要求されるかもしれないのでその時は柔軟に対応しましょう。

健康保険証には社名が記載されていることを確認

ここで注意したいのが、健康保険証に会社名が書かれているかどうかです。在籍確認のために健康保険証を使うのであれば、健康保険証に会社に結び付く情報が記載されている必要があります。よって健康保険証に会社名が記載されていない場合は、申込者と会社との関係を証明することができないので在籍確認のための書類としては利用できないのです。このような場合には、給与明細など他に申込者と会社との関係を証明できる文書を用意しておく必要があります。

Q.必ず書類確認に変更してもらえますか?

電話ではなく書類によって在籍確認を行ってくれるかどうかはケースバイケースです。やはりそのカードローンを提供する会社の方針によります。比較的大手の消費者金融の場合には電話の代わりに書類による在籍確認を許してくれる場合が多いです。どうしても土日の即日融資を実現するためには電話以外の方法による在籍確認ができないと対応することができません。そのようなケースは多いと思うので、コールセンターにまず問い合わせてみるといいでしょう。

カンタン入力で申し込む

プロミスレディースの申し込みフォームには「カンタン入力でお申し込み」と「フル入力でお申し込み」の2つの選択肢があります。電話以外の方法で在籍確認をするためには「カンタン入力でお申し込み」を選択した方がいいでしょう。「カンタン入力でお申し込み」を選択すると不足した情報について電話で問い合わせが入ってきます。この電話のタイミングに在籍確認で電話以外の方法を利用したい旨を伝えておくと、より自然な形で伝えることができます。

在籍確認について相談する

電話での在籍確認について不安を抱いているのであれば、それを素直にプロミスレディース側の担当者やコールセンターのオペレーターに伝えるようにしましょう。自分の気持ちをはっきりと伝えなければプロミスレディース側もなかなか動いてくれないかもしれません。また、プロミスレディースはサービス業で金利が銀行よりも高い分、きめ細かいサービスを心掛けなければなかなか利用客が増えないものです。ですから丁寧に対応してくれると思うので是非担当者、またはコールセンターに伝えるようにしましょう。

審査結果の確認

在籍確認が終わればついに審査結果を待つ状態となります。プロミスレディースでは電話、またはメールで審査結果が通達されることになっています。電話とメールどちらの方法を希望するのかについても事前に担当者やコールセンターのオペレーターに相談できるので、どちらがいいという考えがある場合には前もって相談しておきましょう。融資を急いでいる場合には審査結果の通知をすぐに知れた方がいいので、電話の方が早く伝わっていいかもしれません。

契約手続き後に借入開始

無事プロミスレディースのカードローンの審査を通過した場合はついに契約を締結することとなります。契約の際には金利・限度額・返済額などをしっかりと確認しておいて、その上で契約を締結するようにしましょう。ちなみにプロミスレディースでは申し込みだけではなく契約もインターネットを利用して締結することができ、非常に便利です。融資を受ける方法には自動契約機から即日カードを発行して、そのカードを利用してATMから融資を受ける方法や振込による受取といった方法があります。

プロミスレディースの魅力とは

プロミスレディースの魅力はなんといっても原則24時間いつでも振込による融資を受けることができることです。このため、仕事で忙しい時や、外出している時でも融資を受け取りやすいです。しかもその振込手数料は無料なので利用しない手はないです。また、審査、融資のスピードが早いことも魅力的で、審査は最短30分、融資までは最短1時間で済んでしまいます。ただ、申し込みの時間帯によっては融資が翌日以降になる可能性もあるので、即日融資を希望の方はなるべく午前中に申し込みを済ませておくようにしましょう。

契約後の在籍確認についてのよくあるQ&A

ここまでプロミスレディースのカードローンの審査段階で行われる在籍確認について紹介してきました。案外簡単なやり取りで終わって、しかも職場の同僚にもバレそうにもなく安心して利用できると感じた方は多いのではないかと思います。これでもなお疑問が解決されない場合もあるかもしれません。そこでここでは在籍確認の段階でよく起こる疑問点についてQ&A方式でその解答を紹介したいと思います。もし、在籍確認に関して更なる疑問点がある場合にはこれらも参考にしてみてください。

限度額の増額でも在籍確認はある?

プロミスレディースのカードローンを一度契約して、その後さらに多くの利用をしたい時に増額申請を行うことがあります。この場合には再度在籍確認が行われるのではないかと思われる方もいらっしゃると思います。ただ、基本的に増額申請をしても在籍確認が改めて行われるということはありません。ただし、転職をして職場が変わっている場合には再度在籍確認が行われます。転職がバレなければいいのではないかと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、転職の際にはプロミスレディースに報告義務がありますので、隠してはいけません。

勤務先が変わったら、また在籍確認される?

プロミスレディースのカードローンを利用時に転職して職場が変わるということはよくあることです。職場が変わると収入も変わってくるので改めて在籍確認の電話がかかってくるのではないかと思われる方もいらっしゃるのではないかと思うのですが、転職しても在籍確認が再び行われることはありません。ただし、転職した場合には自らプロミスレディースに転職した旨を、転職した職場情報とともに報告する必要があります。転職後14日以内に報告する必要があるので注意しておきましょう。