最終更新日:2020年05月31日

プロミス増額は土日でもOK?増枠審査のコツも解説

増額申請には注意点あり!デメリットなく増額したいなら他社借入がおすすめ

増額申請により利用限度額が下がる可能性がある

プロミスの利用限度額を増やしたいと思った際、まず検討するのが増額申請ですよね。
増額申請が行われたら、プロミスは再度審査を行い増額しても大丈夫か、返済能力はあるかを確かめます。

注意点は、再審査の結果が以前の結果と変わってしまうことがあるということです。
その結果利用限度額が増える場合はいいですが、審査に落ちてしまい利用限度額が変わらなかったり、最悪の場合利用者の状況によっては利用限度額が下がってしまったりする可能性もあります

こんな人は審査に落ちたり限度額が下がったりする可能性がある

限度額が下がってしまう可能性のある人には、以下のような特徴があります。

・収入が下がってしまった人

カードローンは総量規制(借入可能額が年収の1/3までに制限される規則)の対象になります。
そのため、年収が下がると借入可能額は必然的に低くなります。

・プロミスや他社カードローン、またクレジットカードなどで延滞を繰り返している

収入の他にも、利用者の信用情報は増額を決める際の重要な要素です。
度重なる延滞を行うと、信用情報が傷ついてしまい、返済能力がないとみなされてしまいます。

・プロミスでの返済実績がない

上記と似ていますが、プロミスできちんと返済できているということは返済能力を裏付けます。
そのため、まだ初回借入から間もなかったりすると、返済実績がないということになり増額審査には通りにくいでしょう。
最低でも初めての借入から半年はきちんと返済を行い、返済実績を作らないと増額審査には通りません。

デメリットがないのは他社新規借入

プロミスで借入を行っている人がプロミスで増額審査をすると起こりうるデメリットについて解説しました。

デメリットなしで借りるなら、他社借入がおすすめです。
なぜなら、他社の審査に落ちた場合はプロミスの今の利用限度額は変わらないからです。

プロミスで増額申請を行うと利用限度額が下がってしまうリスクもありますが、他社借入ならそのリスクはありません。

プロミスは土日も増額申請が可能

プロミスで借り入れをしていて限度額に達してしまった場合、限度額の増額を申し込むことができます。
会員ページにある「限度額増額のお手続き」というところから申し込むことができ、土日でも可能です

会員ページから申し込みをすると、担当者から電話連絡がきます。
その後申し込み内容をもとに審査が行われ、原則として電話で結果連絡が来ます。
審査を通過することができた場合には、限度額の再設定を行うことになり、限度額の増額ができます。

土日に増額する2つの方法

増額の方法はいくつかありますが、土日や祝日でも可能なものは、下記の2つになります。

・インターネット
・自動契約機

休日を使って増額の手続きをするなら、このどちらかを選択しておきましょう。
一見するとプロミスコールセンターもできそうな気がしますが、土日は新規契約の受付だけなので、増額審査の申し込みには対応してくれません。

そのため、どうしても休みの日に増額する必要があるときは、電話を選択肢から外しておいてください

インターネットの会員サービスを用いた手続き

インターネットで増額するには、サイトへアクセスして会員サービスにログインしてください。
限度額変更申込を選択すれば、そこから手続きができます。会員サービス自体はいつでもログインできるようになっていますが、増額の審査には時間の制限があるので、気をつけてください

申し込みのあとに電話がかかってくるのは、9:00〜22:00の間と決まっています。
当日にしっかり増額したいなら、時間内に申し込めるように、余裕をもって行動しましょう。

自動契約機からの手続き

自動契約機にも時間の制限があるので、休日に手続きをするなら慎重に行動してください。
基本的には9:00〜22:00となっていますが、店舗によっては21:00までしか利用できないところがあったりするので、事前の確認も大切です。

また、利用者がたくさんいると間に合わない可能性が高いので、混み具合もしっかりチェックしておきましょう。

なるべく早めに利用していれば、多少混んでいても時間内に申し込みができるようになります。

増額によって金利が下がる!?

限度額の増額申し込みをするメリットとして、金利が引き下げられるという可能性があります。
増額して限度額がもしも100万円以上になった場合には、利息制限法により、金利を15.0%以下に引き下げてもらうことができるのです。

もちろん、限度額を増額したからといって、必ずしも金利を下げてもらえるとは限りません。
それでも、増額申し込みをすることで、利息が減るという可能性があるなら、利用者にとっては大きなメリットといえます。

プロミスの増額審査

そもそも、プロミスで最初に契約する時に審査を通過しているにもかかわらず、どうしてまた審査をする必要があるのか、と思うかもしれませんが、契約時の審査と、増額をする際の審査は全く違うものだと考えてください。
契約時と増額申し込み時では、重要視される判断材料が異なるのです。

契約時にはすんなり審査に通ったのに、増額の申し込みの審査には通らなかった、というケースもありえます。
それでは、増額申し込み時にはどのようなことがポイントになるのか確認していきましょう。

プロミスの増額審査の3つのポイント

審査を通りやすくするには、下記の3点をチェックしておきましょう。

・年収の増減があったら忘れずに変更しておく
・勤務先の変更もしっかり届け出る
・年収証明書を用意しておく

年収の変更は会員サービスか電話で可能なので、特に増加があったときは、必ず済ませておいてください。

また、年収証明書はスマートフォンで撮影したものを使うので、郵送などの手間はかかりません。
すぐアップロードすれば審査もスムーズに進むので、きちんと事前に用意し、手元に置いておきましょう。

初回契約時より収入が上がっていれば有利

プロミスでは、返済能力がある人に融資する分には、収益につながるためメリットとなります。
初回契約時に、年収などから限度額が決められますが、返済をしているうちに収入がアップしているということもあります。

その場合は、返済能力も上がっているとみなされるので、限度額の増額ができる可能性が高くなります。
増額申し込みをしたいと考えた時に、初回契約時より年収が上がっていないか確認してみてください。

もし年収が上がっているなら、審査においてはプラス要素になります。

問題なければ即日完了

このように、これまでのプロミスの利用実績に特に問題がなく、収入も十分で返済能力があると判断された場合は審査を通る可能性が高いです。
審査自体は土日であっても最短即日で完了します。

特に審査内容に問題がない人であれば、1時間もあれば審査が終わり増額ができるということが多いです。
プロミスでは、できるだけ早くお金が必要、という事情がある人の力になることができるよう、スピーディーな対応をモットーにしてサービスを行なっています。

審査落ち後すぐに再申請は可能か

通常は、増額申し込みの審査に落ちた直後に再申し込みをしても、よほどのことがなければ審査を通過することはできないと考えてよいでしょう。

たとえば、急に収入が増えたとか、他社への返済が完了し解約手続きをした、などの理由があれば審査に通ることはできるかもしれませんが、いずれにしても短期間では難しいでしょう。
一度審査に落ちて、再び申し込みをしたいと考えた場合は、なぜ審査に落ちたのかということを振り返り、その問題が解決しているか確認する必要があります。

プロミスで土日に増額する場合の注意点

インターネットや自動契約機を利用しても、注意点を知らないまま申し込みをすると、うまくいかないことがあります。
予想外の出来事で困らないようにするなら、これから紹介する注意点を事前にチェックし、頭に入れておくことをおすすめします。

注意点がわかっていれば、増額の申し込みでのNGな行動を回避できるため、初心者でも失敗することはありません。
初めての不安を解消するためにも重要なポイントなので、しっかり押さえておいてください。

収入証明書が必要な場合も

プロミスで限度額申し込みをする際には、収入証明書が必要になる場合があります。
プロミスでは、以下のような場合に収入証明書が必要になります。

「提出した収入証明書類の発行日から3年が経過している場合」
「プロミスでの利用限度額が50万円以上の場合」
「プロミスでの利用限度額と他社での借り入れ額の合計が100万円以上の場合」

これらの項目に自分が当てはまるという場合には、前もって収入証明書を用意しておくとよいでしょう。

在籍確認が再度行われる場合も

プロミスでは、原則として限度額増額申し込みの場合には、勤務先への電話での在籍確認が行われることはありません。

ただし、初回の契約時と、転職などにより勤務先が変わっている場合には、再度勤務先への電話による在籍確認が行われることになります
どうしても現在の勤務先に電話をかけてほしくないという場合には、増額申し込み自体を避ける必要があります。

勤務先に変更がなければ、再度電話での在籍確認が行われることはありません。

審査完了まで1営業日以上かかる場合も

プロミスでは限度額の増額申し込みでも、大抵は即日審査が完了すると言われていますが、別途手続きが必要になると、審査が完了するまでに1営業日以上かかってしまうケースがあります。

たとえば、再度収入証明書の提出が必要になった場合には、書類を用意するのにまた時間がかかり、提出してから審査が行われることになるので、即日には完了しないこともあります。

すぐに申し込んでも、必ずしも即日に審査が完了して増額ができるとは限らないので、注意が必要です。

土日に即日審査してもらえないことも

プロミス限度額の増額申し込みの審査は基本的には即日で完了するといわれていますが、状況によっては土日は即日審査が不可能な場合もあります。
土日も審査が可能なはずだと思って慌てて申し込みをしても、その日のうちに増額できない可能性があるということもおぼえておきましょう。

審査内容になんらかの問題がある場合には、審査結果が出るまでに時間がかかる可能性があります。
土日のうちに、どうしても限度額を増額したい人は、どのような場合に即日審査ができないかを確認しておくとよいでしょう。

在籍確認が取れない

プロミスで増額申し込み時、土日に即日審査ができない理由として他に多いのが、勤務先に電話をかけたけれど在籍確認がとれなかった、という理由があります。

一般的な会社などでは、土日は休日となっていることが多いです。
在籍確認が必要な場合、土日が休みの会社だと電話での在籍確認を取ることができません。
そのため、平日に再度在籍確認の電話をする必要があります

在籍確認が必要な場合は、電話がつながらないうちは、審査を進めることができません。

審査の対応時間外

プロミスで限度額の増額申し込みをした場合、即日審査ができない理由として多いのが、対応時間外だった、というケースです。
確かに公式サイトの会員ページからは、土日でも、24時間増額の申し込みをすることが可能となっています。

ただし、審査自体はどの時間帯でもできるというわけではなく、最終的には担当者の電話連絡で審査結果を知ることになります。
そのため、申し込みはいつでもOKでも、審査の対応時間は限られているということになります。

プロミスで増額する際のリスク

勤務先が土日でも電話対応可能で、提出書類にも問題がないから大丈夫、と安心していても、一見メリットの大きい増額申し込みには実はリスクもあるということを頭に入れておく必要があります。

つい審査を通過することができるかどうかという点にばかり目が行ってしまいがちですが、限度額の増額申し込みをする際には、他にも注意しないといけないことがあります。
ここでは、限度額の増額申し込みで考えられるメリットについて確認していきます。

増額手続き中は借入不可

意外と知らない人も多いのですが、プロミスでは増額の手続きをしている間は新たに借り入れをすることができません
お金がすぐに必要な場合でも、審査を通過して、増額の手続きが完了するまでは、1円も融資を受けることができないのです。

しかも、審査の結果、限度額が減額されたり、最悪の場合利用停止になってしまうケースもあります。
そのため、すぐにお金が必要だからといって安易に増額申し込みをしてしまうと、更に窮地に陥ってしまうリスクもあります。

限度額の減額

限度額の増額申し込みをした場合には、新たに審査が行われることになります。
そうなると、再度収入や勤務状況、利用状況などが審査されます。

もしも初回契約時と勤務先が異なり収入が減っていた場合や、プロミスでの利用実績にトラブルがあった場合、他社からの借り入れが増えていた場合などには、マイナスの条件となり、逆に限度額が減額されてしまう可能性もあります。

このように、契約時よりも審査にマイナスになる条件が考えられる場合は注意が必要です。

利用停止になる可能性

限度額の増額申し込みをした場合、審査の結果、限度額が減額されてしまうリスクがあると説明しましたが、更に最悪の場合、利用停止になってしまうケースもあります。

理由としては、これまで返済が遅れることが多かったり、他社からの借り入れが極端に多くなっていたりということが考えられます。
利用停止になってしまうと、お金をすぐに借り入れることは不可能となってしまうため、リスクはかなり大きいです。心当たりがある人は注意しましょう。

増額が間に合わない時の対処法

どうしても今すぐお金が必要、急に出かける用事ができたけどお金がない、土日明けに支払いをしないといけない、という場合はなんとかして土日に増額をしてもらいたいところですが、様々な事情で間に合わない可能性もあります。

そのため、もしプロミスでの増額の申し込みが土日のうちに間に合わなかった場合には、他の方法を考える必要があります。
もしも間に合わなかった場合のために、あらかじめ他の方法も確認しておきましょう。

他のカードローンを利用する

プロミスの増額審査が間に合わない場合には、他社のカードローンを利用するという方法もあります。
他にも即日融資可能な大手消費者金融はあります。

初回審査は必要となりますが、初回審査は増額審査と内容が異なるので、プロミスでの増額審査に落ちた場合でも、他社の初回審査には通り、即日融資が受けられる場合もあります
また、消費者金融ごとに審査基準は異なるので、プロミスで審査に通過できなくても、他社ならすんなり通過できる場合もあるのです。

土日でも即日融資可能

他社のカードローンの利用を考えているなら、オススメなのは審査が最短30分で完了するカードローンです。

なぜかというと、そのようなカードローンは自動契約があり、土日でも新規でカードを発行することができ、即日融資ができる可能性があるからです。
夜の20時くらいまでに人気申し込みをすれば、その日のうちに借り入れができる場合もあります。

土日に、とにかく急ぎでお金が必要な場合には、審査完了までの時間が短いと言われているカードローンを利用しましょう。

プロミスでの借入額を把握する

ただし、他社のカードローンに新規で申し込む場合には、プロミスでの借り入れ金額を申告しなければいけません

自分でいくら借り入れをしているのか、はっきりとわかっていない人も意外と多いので、事前に確認しておくことが必要です。
プロミスでの利用残高の金額は、プロミスの公式サイトの会員ページで簡単に確認することができるので、スムーズに手続きをするためにも、前もって確認し、正確な金額を把握しておくと良いでしょう。

土日も融資可能!おすすめのカードローン3選

プロミス以外の大手消費者金融でも、土日の申し込みでも即日融資をしてもらえる可能性のあるところがいくつかあるので、プロミスの増額審査を通るのが難しい、時間がかかって間に合わないという場合のために確認しておきましょう。

土日でも融資が可能な大手消費者金融は、アコム、アイフル、SMBCモビットなどがあります。
どこも実績のある知名度の高い大手消費者金融なので、プロミスの増額審査が難しい場合には是非利用を検討してみましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.