最終更新日:2020年05月03日

プロミスのフリーコールの営業時間・問い合わせ番号一覧

「プロミスに問い合わせ」対応時間や連絡先など、様々な情報を網羅!

プロミスは大手消費者金融ですが、一般的に窓口で申し込みを行うわけではなく、インターネットや自動契約機を利用して契約し、利用することとなります。そのため、契約手続き中やカードローン利用時に不明なことが出てきた場合、どこに相談すればいいのか分からなくなってしまう方も多くいらっしゃいます。そこでここでは、プロミスの契約やカードローン利用などについて不明なことをどこにどのように問い合わせすればいいのかについて紹介していきます。

プロミスについて

まずここではプロミスのカードローンの概要について紹介していきます。まず金利は4.5~17.8%の間で決定されます。金利の上限が他の消費者金融と比較して低いことが特徴と言えます。また融資の限度額は1~500万円の間とされています。申し込みから融資を受けるまでの時間がかからないことも特徴の一つと言えます。申し込みから審査終了までは最短30分、申し込みから融資受け取りまで最短60分とされています。さらに初回利用の方は、30日間は利息が0円となるサービスも提供されています。

プロミスのお客様センターとは(プロミスフリーコール)

プロミスの契約や利用について疑問点が出た時にそれを解決してくれるお客様センターがプロミスでは開設されています。プロミスのホームページではよくある質問への回答が掲載されていて、まずはそこで自分の疑問が解決されるのかチェックすればいいのでしょう。ただ、どうしてもよくある質問を見るだけでは解決することができない疑問もあります。プロミスのお客様センターではそのような疑問点も個別に回答してくれます。勿論よくある質問に掲載されている疑問を問い合わせても丁寧に回答してくれます。

契約者でなくてもフリーコールは利用できる

このように手厚いバックアップ体制が整っているプロミスですが、このプロミスコールは契約者でなければ利用することができないというわけではありません。まだ契約に至っていない方でも問い合わせを受け付けています。もし、不安なことがあって契約しようかどうか迷っているとかいう場合でもオペレーターが相談に乗ってくれるので安心です。もちろん、契約していない方がプロミスコールに電話する場合でも自動音声も含め24時間対応しています

プロミス会員が利用できるサービス

またプロミスでは会員向けに会員サービスを提供しています。会員サービスでは電話をかけなくても、電話で以下のようなサービスを受けることができます。

・振込キャッシング
・プリペイドチャージ
・インターネット返済
・口座振替手続き
・ご返済お知らせメールの設定
・限度額の変更申込み
・ポイントサービス
・取引履歴照会
・利息照会

電話が苦手な方はこれらの申し込みを電話せずに受けることができるのは非常にありがたいことです。またスマートフォン向けのアプリでもこれらのサービスを提供しているので出先でも非常に便利に利用することができます。

電話番号や対応時間は?

プロミスの問い合わせ方法としてインターネットを利用した方法と電話を利用した方法とがあります。インターネットからの問い合わせではホームページの問い合わせフォームから問い合わせます。電話での問い合わせでは以下の3つの連絡先のいずれかに電話して問い合わせをすることになります。

インターネットで問い合わせの場合

プロミスの契約手続きや利用について生じた疑問を問い合わせる方法の一つとしてインターネットを利用した問い合わせ方法があります。プロミスのホームページ内には問い合わせフォームが設置されています。そこから24時間365日問い合わせができるようになっています。パソコンやスマートフォンを利用して問い合わせをすることができるので、外出先からでも気軽に問い合わせができることがメリットと言えます。電話をかけて問い合わせするのが苦手な方にも利用しやすいサービスです。ただし、夜21時から翌朝9時までは回答業務が行われていないので注意しておきましょう。

電話で問い合わせの場合

プロミスの契約手続きや利用中に生じた疑問を問い合わせる方法としてもう一つ電話での問い合わせという手段があります。プロミスにはコールセンターが設置されていて、オペレーターに疑問点を問い合わせることが可能となります。また、オペレーターとやりとりをしたくない場合には必要事項を入力して自動音声で問い合わせることも可能となっています。インターネットの問い合わせフォームで問い合わせを行う場合には文章で問い合わせ内容を伝えなければならないのでそれを手間に感じる方に向いています

プロミスコール(0120-24-0365)

プロミスの電話での問い合わせの連絡先の一つにプロミスコールというものがあります。プロミスコールは最も一般的なコールセンターで、契約前の方、契約後の方いずれも利用することができるコールセンターです。24時間電話を受け付けていますが、緊急を要さない一般的な問い合わせにオペレーターが回答してくれるのは平日9:00〜18:00だけです。それ以外の時間帯に電話をかけた場合には自動音声での対応になりますので注意しておきましょう。

レディースコール(0120-86-2634)

プロミスの電話での問い合わせ先の一つであるレディースコールはその名の通り、女性に特化した問い合わせサービスとなっています。女性の顧客のみが利用することができ、コールセンターのオペレーターも必ず女性が対応することになっています。男性相手の場合話しにくかったり、怖いイメージを持っている女性の方にはおすすめのサービスとなっています。新規申し込みに関する問い合わせは24時間365日受け付けていて、受付時間帯は9時から22時までとなっています。

お客様相談室(0120-51-0508)

プロミスの電話での問い合わせ先の一つであるお客様相談室は障害のある方が利用することができる問い合わせ窓口となっています。このお客様相談室に電話した場合には自動音声での対応は行われず全てオペレーターとのやりとりとなります。プロミスでの経験豊富な社員がオペレーターとして対応してくれるので、障害者の方でも安心して利用することができるサービスとなっています。受付の時間帯は平日の9:00〜18:00に限定されているため注意が必要です。

実際に問い合わせた時の流れについて

ここまででで、プロミスへの問い合わせ方法にはインターネットから問い合わせる方法と電話で問い合わせる方法があること、さらに電話での問い合わせには複数の連絡先があり、それぞれ特徴があることを紹介しました。自らのケースではどこに問い合わせればいいのか分かったかと思うのですが、ここからは実際にどういった流れでプロミスに問い合わせを行うのかについて、インターネットからの問い合わせ、電話からの問い合わせについてそれぞれ紹介していきます。

インターネットで問い合わせの場合

インターネットからの問い合わせでは、プロミスのホームページ、もしくは会員サイトの問い合わせフォームに必要事項を入力して問い合わせを行います。問い合わせフォームには返信用のメールアドレス、タイトル、問い合わせ内容を入力します。この時入力した返信用メールアドレスについて受信設定に注意が必要です。迷惑フォルダに振り分けられないようにプロミスのメールアドレス「promise.co.jp」をあらかじめドメイン設定しておくようにしましょう。

電話で問い合わせの場合

プロミスへの電話への問い合わせの流れに関しては、どの連絡先に電話をかけるかによって流れが変わってきます。最もシンプルな流れで問い合わせができるのがお客様相談室に電話をした場合で、電話をかけるとすぐにオペレーターが対応してくれます。しかし、プロミスコールとレディースコールに電話をした場合には音声ガイダンスを聞いた上で、自分の問い合わせ内容に合ったものを選択し、電話をつなげてもらう必要があります。それではプロミスコールとレディースコールの問い合わせの流れについてより詳しく紹介していきます。

プロミスコールの場合

プロミスコールに問い合わせの電話をかけると以下の4つの中から自分の問い合わせに合ったものを選択するように音声ガイダンスが流れます。

・初めての方
・利用方法や支払に関する問い合わせ
・紛失や盗難
・オペレーターとの通話

もし「利用方法や支払に関する問い合わせ」を選択した場合にはさらに以下の4項目から適当なものを選ぶよう音声ガイダンスが流れます。

・残高・利息・支払期日などの照会
・支払いに関する相談
・振込みキャッシングの申し込み
・その他のお問い合わせ

レディースコールの場合

続いてレディースコールに電話をした場合についてですが、電話がつながるとまず以下の項目から適切な項目を選択するように音声ガイダンスが流れます。

・初めての方
・その他のお問い合わせ

項目を選択するのはこれだけで、プロミスコールの場合よりもすぐにオペレーターと電話がつながるようになっています。ただし、電話での問い合わせが殺到している場合には項目を選択した後に、長時間待たされる可能性もあります。電話がつながるまで待つのが面倒な場合にはインターネットから問い合わせをするといいでしょう。

フリーコールでキャッシング申請を行う

プロミスでキャッシングする場合、大半の利用者がインターネットを活用した振込やローンカードを使ってATMから実行するのが大半です。
しかし中高年以上の方は電話で申請するケースも多いでしょう。そんな時に活用したいのがフリーコールです。フリーコールは一般の電話を使ったキャッシング依頼などと基本的には同じですが、ひとつ特徴的なサービスを利用できます。
なんとフリーコールでキャッシング申請する場合、プロミスに登録しておいた銀行口座とは別の口座にキャッシング額を振り込んでもらえるのです。
今まで利用した口座が一時的に利用できなくなった場合などに有効活用してください。

キャッシングの申請は24時間対応

プロミスコールの受付時間は9時〜22時となっていますが、申請ごとに受付時間が微妙に異なるので注意が必要です。
例えばローンの申し込みは22時まで受け付けているのですが、キャッシングに関しては一般の電話窓口で24時間対応してくれます。
ローンの申し込みは、在籍確認や審査など電話対応をするスタッフ以外にも多くの職員が必要になるため受付時間が短いのです。キャッシングの感覚でローンの申し込みを行っても対応してくれるのは翌営業日となるので、ローンの申し込みは早い時間帯に済ませましょう。
また、キャッシングは24時間対応ですが注意が必要です。振り込む銀行口座によっては振込が翌営業日になります。

増額の申請もフリーコールで可能

先ほど説明したとおり、プロミスのフリーコールはローンの申し込みやキャッシング以外の申請にも対応してくれます。
例えば増額申請をすることを考えてみましょう。
インターネットで申請場所を探してから必要事項を埋める作業になるので時間と手間がかかって骨が折れます。もし作業中に通信障害やパソコンやスマートフォンの調子が悪くなれば、また最初からやり直しになるリスクもあります。
フリーコールなら増額申請をする際に必要になる書類の提出が不要ですし、申請に必要な情報は口頭で全て伝えられます。負担少なく増額申請するなら断然フリーコールです。

問い合わせから回答までの時間は?

続いて、問い合わせをしてから回答までにかかる時間について紹介していきます。まず、インターネットで問い合わせフォームから問い合わせた場合についてですが、日中の問い合わせであればその日中に回答がある場合が多いようです。ただ、回答までにかかる時間を短くしたいのであればやはり電話での問い合わせをおすすめします。電話での問い合わせの場合には、オペレーターがすぐに回答してくれるので、あまり待たされることがありません。

急ぎの案件や、ホームページで解決できない時は迷わずコールセンターを利用する

ここまでで紹介してきたことをまとめると、プロミスの申し込みや利用で疑問点が生じた場合、まずは公式ホームページのよくある質問に自分の抱えている疑問への回答がないかどうかを調べてみましょう。もしそこで疑問が解決しなければ、インターネットか電話から疑問点を問い合わせることになるのですが、その回答を急いでいるのであれば、コールセンターに電話をしてオペレーターにその場で回答をもらう方がスムーズに疑問が解決するでしょう。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)