最終更新日:2020年05月22日

プロミスの審査や契約の流れを徹底解説

プロミスの審査時間は最短30分!

プロミスの審査時間は最短30分です。最短30分の審査だと、とてもスピーディにお金を借りることができるため、急いでいるときは助かります。あまり長く待つことなく、すぐに必要なお金を用意できるのです。

金融機関によっては何営業日もかかったりするので、このスピードはとても魅力的です。できるだけ早く借りたいときに何日も待たされるのでは困ってしまいますが、30分の審査なら、その日のうちに借りられます。
スピード重視で金融機関を選ぶときは、ぜひプロミスをチェックしておいてください。

プロミスの申し込みや審査の流れについて徹底解説!

基本的な流れを順番に並べていくと、以下のようになります。

・申し込み
・書類提出
・審査
・結果確認
・カード発行後に借入

この流れの中で最も時間を取られるのは審査ですが、プロミスならあまり気にする必要はありません。最短なら30分なので、かなり早く結果がわかります。

申し込みから借入までは、早い人なら1時間くらいですべて終わるので、即日融資を考えている人におすすめです。時間をかけずに借りて、お金の悩みをスムーズに解決しましょう。

申し込みに必要な項目を入力

申し込みで情報を伝える際は、以下の5つの方法から選べるようになっています。
・店頭窓口
・インターネット
・電話(プロミスコール
・自動契約機
・郵送

どの方法でも構わないので、自分にとってメリットの大きいやり方を選び、しっかりと情報を伝えるようにしてください。

ただし、郵送は配達を挟むため、どうしても時間がかかります。早く終わらせるなら、パソコンやスマートフォンを使ってその場で入力するインターネットを選択しましょう。口頭で伝えるだけの電話も、楽に終わる方法です。

申し込みには本人確認書類の提出が必要

審査でよく使われる本人確認書類は、以下のとおりです。

・運転免許証
・個人番号カード
・パスポート

このうちのどれかの写真を撮影してアップロードすれば、書類提出は完了です。スムーズに終わらせるためにも、必要な書類は事前に揃えておくことをおすすめします。

また、撮影は丁寧に行ってください。雑に撮っていると、途切れたりボケたりすることがあり、役に立たない写真になることがあります。再提出の時間ロスを防ぐためにも、最初からきれいに撮っておきましょう。

申し込み・書類提出後の審査

必要な情報を伝えて書類を提出したら、審査が始まります。申し込んだだけですぐに借りることはできないので、慌てずに行動してください。

審査で特に問題がなく、「お金を貸しても大丈夫」と判断された人だけが、融資を受けることができます。もし問題があれば、審査に落ち、お金を借りることはできなくなってしまうのです。

ここからは、審査でどんなことをチェックされるのか、詳しく見ていきます。プロミスに申し込む予定がある人は、参考にしてみてください。

一次審査

申込みをしたら次は審査へと移行します。まず最初に行われるのは一次審査です。一次審査では年齢が20歳以上で70歳未満、さらに安定継続収入はあるのかどうかを審査されます。その審査の具体的な内容ですが、申込内容、提出書類、信用情報の3つが柱になっています。

これらの3つのポイントについて審査が行われますが、どれか1つでも至らない点があると審査には通過しません。審査を通過するためには、チェックを抜けないといけないです。

申告内容の確認

まず最初に行われるのが、申告された内容の確認についてです。申込み時に申告された個人情報をベースにし、融資をして良いものかどうか綿密に審査されます。

当たり前ですが年齢が19歳以下だったり、あるいは70歳以上だったりなど、年齢の条件をクリアしていなければ審査は通過できません。

また年収がまったくなくて無収入など、安定継続収入が見込めない場合も同様です。これらの最低限の条件がクリアできていなければ、審査は通らないです。

提出書類の確認

提出書類の確認も、もちろん大切な審査に含まれています。
もしも申告内容と提出書類の内容に食い違いがある場合は、たとえちょっとしたミスで意図的ではなかったとしても、審査を通らない原因になりかねません。

虚偽申告を行っているとみなされてしまうのです。

また必要書類の提出は原本ではなくコピーを提出することになりますので、コピーの際に不備がないことを確認してから提出したほうが良いです。
コピーの不備で情報が読み取れなかったりするのはマイナスです。

信用情報の確認

借入や返済における過去の情報のことを一般的に信用情報と呼びますが、この信用情報に難点があると一次審査を残念ながら通過できません。具体的に難点とは、長期的に返済を延滞していたり自己破産していたりなどです。このように信用情報に傷がついている場合は、審査にどうしても落ちやすくなってしまいます。
融資したとしてもしっかり返済してもらえないのではないかと思われてしまいますので、信用情報の確認も審査に大きく影響します。

プロミス二次審査について

一次審査を無事突破したら、次に待ち受けているのが二次審査です。一次審査を通過したらあとは融資の準備に入るだけ、というほど甘くはありません。次に控えている二次審査も突破しないといけないです。その二次審査とは以下の通りです。

・本人確認のための連絡
・働いている職場への在籍確認
・利用限度額の決定

これらの内容の審査をすべて通過することが、融資してもらうことの条件です。厳しい審査が続きますが、突破しないと融資はされないです。

本人確認の連絡

申込み時に申告している連絡先が本当に申込み者本人なのかどうかを確認するための連絡を、プロミスは行っています。電話もしくはメールにてプロミスから連絡がきますので、この連絡を放っておくようなことをしてはいけません。なぜなら本人確認がとれなければ次のステップへと進めなくて、残念ながら審査に落ちてしまうかもしれないからです。

せっかく一次審査を突破しているのに本人確認の連絡で躓くのはもったいないので、きちんと対応したほうが良いです。

在籍確認

申込み者が申告している勤務先で間違いなく勤務しているのかどうかを確認するのが、プロミスによる在籍確認の電話です。電話を取った職場の人から申込み者が勤務していることを間違いなく確認できれば、それで在籍確認はOKとなります。

もしもこの在籍確認がOKにならなかったら、もちろん次のステップへは進めません。ですから勤務先を偽るようなことは絶対にしないで、本当に働いている勤務先を申告することが 在籍確認を通過するための考え方です。

利用限度額の決定

総量規制という法律があり、その法律をもとにして 利用限度額は決まります。
判断材料となるのは、申込み者の年収だったり他社からどのぐらい借入ているかの借入状況だったりなどです。

この総量規制は、他社からの借入の合計金額にももちろん適応されます。ですから他社からの借入がある場合は、特に注意しなければいけません。プロミスからいったいいくら借りられるのか、総量規制を基準にして 利用限度額が決まるということを忘れてはいけないです。

プロミスの審査時間について

プロミスの審査は、いつでも受けられるわけではありません。すぐ終わるのは嬉しいメリットですが、確実に即日融資を狙うなら、審査可能な時間を間違えないようにしてください。
審査ができるのは、9:00~21:00となっています。その間であれば、平日でも土日祝日でも構いません。
急いでお金を用意する必要がある人は、21:00ギリギリにならないように注意してください。あまり遅くなると翌営業日の対応になるため、即日融資はできません。急ぐなら、余裕をもって行動しましょう。

最短30分で審査は完了する

問題になる要素がなく、スルスルと審査が進行していけば、待たされる時間はごくわずかです。30分もあれば完了するので、すぐにお金を受け取ることができます。

そのため、申し込みが夜になるとしても、20:30は過ぎないようにしておきましょう。午前中にできなかったとしても、20:30の申し込みでスムーズに審査が進めば、ギリギリで即日融資が可能になります。ただし、慣れていないと申し込みの時点で手間取ることもあるので、できる限り早めに申し込むようにしてください。

収入証明書が必要なことも

プロミスの審査が長くなるとすれば、信用情報ではなく、年収で引っかかっている可能性があります。年収に問題点があると、なかなか最短時間では終わりません。

その場合、収入証明書の提出が必要になるので、以下のいずれかを用意しましょう。

・確定申告書
・源泉徴収票
・給与明細書
・所得証明書、税額通知書

基本的には借入希望額が50万円以上になるときなどに必要な書類ですが、もし提出を求められたら、しっかり出すようにしてください。

ただし、古いものは役に立たないので、新しい書類を用意しておきましょう。

在籍確認の電話

カードローンを申し込んだ場合は、勤務先に実際に在籍しているかどうかの確認が必要になります。

もし在籍確認の際に何らかの理由で電話に出られなかった場合は審査が遅れてしまうこともあるので、なるべく電話に出やすい時間を考えて申し込むようにしましょう。

確認の電話は比較的早く、申し込んでから30分程度で来ることも多いようです。また会社員の場合だと、他の社員に電話に出られてしまう場合ももちろんあります。

確認の電話は通常、会社名などを出さずに個人名を名乗ってくれるのですぐにバレるようなことはありませんが、怪しまれる原因になることはあるかもしれないので気をつけましょう。

本人が不在の時

もし本人が不在中に会社へ確認の電話がかかってきても、受けた人間との簡単なやり取りによって本人がその会社に所属していることが確認できれば、在籍確認はそれで終わりになります。

例えば今は席を外しているが、取り次ごうとしてくれた場合などですね。
向こうとしては申込者が本当にその会社に在籍していることがわかればそれで良いわけです。

その例で言うと、例えば違う部署や会社の代表電話など、電話を受けた人間が同じ会社であっても申込者の存在を認識していない場合は在籍確認をすることができないので、気をつけましょう。

本人が電話に出た時

本人が電話に出られた場合は、フルネームや生年月日、住所などの簡単な確認が行われることがあります。

本人であれば誰でも答えられるような質問ですが、人前で自分の生年月日などを改めて答えていたら怪しまれてしまうこともありますよね。

ですので場合によっては本人が出ないほうが良い場合もありえます。

借金をしていることが職場でバレたくない人は、あらかじめクレジットカードの審査であるとか、投資の営業を受けているように振る舞うなど、そうなった場合を想定して準備しておくと良いかもしれません。

消費者金融は個人名での電話になる

消費者金融からの在籍確認の電話は、会社名を言わずに個人名で電話してきてくれます。

電話の相手が本人だと確認できた時には会社名を言います。

携帯電話であっても必ず本人が出るとは限らないので、まずは個人名から名乗ってきます。

在籍確認においては様々な状況が考えられますが、オペレーターもそうした対応には慣れているプロなので、電話を取った人間に変に思われないように、その時々に合った上手い対応をしてくれます。

消費者金融では本人以外に会社名やサービス名を言うことはありません。

銀行のカードローンの場合は銀行名を言う場合と個人名を言う場合がありますが、申し込みの際にどちらかを選べる銀行もあります。

在籍確認の電話が困る人は

一方で様々な事情により、会社への在籍確認の電話をかけてこられること自体を避けたい人もいるかと思います。

そうした場合、プロミスではWebで申し込みを済ませた後に、コールセンターへ電話してその旨を伝えると、状況によっては対応してくれることもあります。

電話以外の方法で在籍確認が可能な場合もあるので、Web契約によってカードも無しにすれば、プロミスでは郵送もカード発行も電話確認もなしで契約を完了させることも可能です。

ただし状況によってできない場合もあるので、お気をつけください。

審査時間以外にも即日融資するためのポイントがある

急いでお金借りたい事情がある場合、即日融資はかなり重要なポイントになってきます。より確実に即日融資を受けるためには、審査にかかる時間だけでなく、他の要素もしっかりチェックしておきましょう。

時間こそが最も重要なポイントになるイメージもありますが、実際には、複数の要素が関係しています。それを見逃していると失敗することもあるので、注意してください。

ここからは、時間以外の4つのポイントを詳しく見ていきましょう。

あなたの審査時間は最短何分?

審査がすぐ終わるかどうかは、収入の状況によっても変わってきます。そのため、プロミスのカードローンに申し込むなら、まずは自分の収入について考えてみましょう。

以下の5つの条件を満たしていれば、即日融資できる可能性が高くなります。

・他社での借入の経験がある
・150万円以上の年収がある
・正社員として働いている
・半年以上の勤続年数がある
・実家で暮らしている

これらの条件をクリアしていて、なおかつ信用情報に問題がなければ、審査はすんなりと終わります。

銀行口座をチェックしておこう

ここでチェックしておきたいのは、以下の2つです。
・ジャパンネット銀行

・三井住友銀行

このどちらかの口座がある人は、契約を済ませると、いつでもキャッシングができるようになります。24時間可能になるので、すぐにお金を用意したいときは、とても助かります。

もし一般銀行の口座だった場合は、平日の14時を過ぎるとキャッシングできなくなるので、気をつけてください。
スムーズに即日融資を受けるなら、上記の2つの銀行口座を開設しておきましょう。

付近の自動契約機をチェック

自動契約機が近くにあると即日融資が楽になるので、近所を調べておいてください。自宅や職場の近くにあるなら、積極的に利用することをおすすめします。

利用できる時間は9:00~22:00と決まっていますが、審査に通過していればすぐに借りられるので、少し遅くなっても大丈夫です。日中に時間を作ることができず、21:30になったとしても、審査をクリアしていれば即日融資は可能になります。
ただし、店舗によっては営業時間が異なるので、事前の確認は必ず行うようにしましょう。21:00までの自動契約機では、ギリギリに行動していると間に合わない恐れがあります。

あなたのタイムリミットは何時?

プロミスの審査は22:00まで可能となっていますが、手続きの全体を考慮すると、申し込みにはタイムリミットがあります。そのリミットは申し込み方法によって異なるので、注意してください。

・店頭窓口…平日18:00
・Web(振込で借りる)…平日13:00
・Web(ATMで借りる)…21:00
・電話(振込で借りる)…平日13:00
・電話(ATMで借りる)…21:00
・自動契約機…21:00

この時間を参考にしながら、余裕をもって申し込みを始めるようにしましょう。早めに行動しておけば、すんなりと即日融資を受けることができます。

プロミスの審査は休日も対応している

お金が必要になるタイミングは、いつになるかわかりません。平日だけでなく、土日や祝日に急に必要になることもあります。

その場合、すぐに借りられるか不安になってしまうこともありますが、心配する必要はありません。プロミスのカードローンは、土日や祝日でも審査を行っているからです。

したがって、休みの日でも遠慮する必要はありません。審査をパスすれば、しっかりお金を借りることができます。
では、その方法について、もう少し詳しく紹介していきましょう。

土日に申し込みができる方法は?

店舗が閉まる土日の申し込みは、方法が4つになります。以下の方法から選ぶことになるので、平日と混同しないように気をつけてください。

・インターネット
・電話(プロミスコール)
・自動契約機
・郵送

休日中に借りることにこだわるなら、郵送だけはおすすめできません。配達の時間がかかるため、どうしてもすぐには終わらず、即日融資が難しくなるからです。

なるべく急いで借りたい事情があるなら、郵送以外の3つから選択しておきましょう。

即日融資に向いているのはインターネット申し込み

3つの方法で一番即日融資に向いているのが、インターネットになります。スピード重視で申し込み方法を選ぶなら、チェックしておきましょう。

電話でもできそうですが、自動受付なので、意外に時間がかかってしまうこともあります。そうなると焦ってしまいますが、インターネットなら特に待たされることはありません。

無駄に待ち時間が長いと、その日のうちに借りられるかわからず、ストレスを感じてしまうこともあるので、気をつけてください。すぐに終わるインターネットで、楽にお金を借りましょう。

土日の審査は在籍確認に注意

在籍確認は、会社が休みの日だと、うまくできないことがあります。そのため、土日や祝日に申し込むときは気をつけてください。

もし営業していないときにお金が必要なら、あらかじめプロミスに相談しておきましょう。プロミスの在籍確認は柔軟なので、会社が休みであることを伝えると、別の方法を考えてくれることがあります。
黙っていると普通に在籍確認が行われてしまい、審査に時間がかかるので、わかっているときは先回りして相談しておくことが大切です。

プロミスで審査落ちをしてしまう主な5つの原因とは

プロミスでは、審査に落ちた人に理由を伝えたりはしません。しかし、審査で弾かれる人には共通点があるので、ある程度は原因がわかります。
それが、以下の5つです。
・虚偽申し込み

・収入が安定していない

・他社借入が多い

・短期間に複数申し込みをしている

・信用情報に傷がある

ここからは、この5つをより詳しく見ていきます。落ちないように対策をするなら、ぜひ参考にしてみてください。原因を把握した上でそれを避ければ、審査に通過しやすくなります。

①虚偽申し込み

申し込みの情報に嘘が紛れ込んでいると、落ちる可能性は高くなります。単にミスをしただけなら情報修正が行われますが、裏付けが取れないような真っ赤な嘘だった場合、通過することはできません。

そのため、不安でも嘘は伝えないようにしましょう。初めての申し込みだと、少しでも審査で有利になるように、事実ではないことを混ぜたくなったりします。しかし、それは逆効果です。嘘がバレたら、通過できる確率はがっくりと下がります。

本当のことだけを伝え、失敗を防ぎましょう。

②収入が不安定

収入が安定していない場合、「返済できなくなるかもしれない」というイメージを与えてしまいます。それは、よくある落ちる原因のひとつです。

安定していない人にお金を貸すと、貸し倒れのリスクが高まるため、プロミスではかなり警戒します。そのため、収入が途切れがちな人や、極端に少ない人は注意してください。不安定なままでは、すんなりと審査をパスすることはできません。

もし収入アップができそうなら、安定させてから申し込むことをおすすめします。

③他社借入が多い

他から借りすぎていると、多重債務による返済不能を疑われてしまいます。1件と4件では、多い方が返済の難易度は高くなります。プロミスの審査では、その点も細かくチェックされるので、気をつけてください。

また、総量規制に引っかかりやすくなることも問題です。年収の3分の1を超える借り入れはできないので、借りすぎは避けましょう。

もし複数件の借入があるなら、できるだけ削ってから挑戦してみてください。マイナス要素を潰しておけば、通過しやすくなります。

④短期間に複数申し込みをしている

多重債務者とみなされて落ちるケースは、借りすぎだけが原因ではありません。短い期間であちこちに申し込みをしていた場合も、返済能力を信じてもらえなくなります。

短期間での異様に多い申し込みは、「よほどお金に余裕がないのだろう」といった印象が強くなるものです。そんな人が確実に返済できる可能性は低いため、審査ではかなり不利になります。

1ヶ月に4件以上だと厳しいので、もしプロミスで借りる予定があるなら、他の申し込みは避けておきましょう。なるべく不利な要素を減らし、審査に備えてください。

⑤信用情報に傷がある

信用情報は、取引の事実を客観的に記録したものです。そこに問題のある情報が記録されていると、審査の通過は難しくなります。

プロミスでまた同じような問題を起こされると、困ってしまうからです。すでに問題を起こしている人は、それくらい信用度が下がることになるので、申し込みを考えているなら注意してください。

ここからは、よくある金融事故についても説明していきます。審査で不利になるものばかりなので、そうした記録が残らないよう、普段から気をつけてお金を借りるようにしましょう。

1.クレカ利用代金の長期延滞

うっかり遅れてしまうことなら誰にでもありますが、ここで問題になるのは、異常なほど長い延滞です。60日をオーバーするような長期の延滞は、ちょっとした失敗では済まされません。その場合は信用情報に傷がつき、プロミスの審査で弾かれることになります。

そのため、あまりにも長すぎる延滞は避けてください。電話やハガキのお知らせをいつまでも無視していると、確実に金融事故になってしまいます。遅れていることを知らせる連絡が来たら、すぐに対応することが大切です。

2.割賦払いの長期延滞

割賦払いが遅れすぎているときも、信用情報にはしっかり残ります。そのため、携帯電話の割賦払いには注意してください。

通信料金は特に問題ありませんが、端末の代金を滞納していると、信用情報に傷がつくことは確実です。もしそうなれば、「同じ過ちを繰り返す可能性あり」と判断され、審査には通過できなくなります。

信用度を落とさないためには、割賦払いも遅れないようにしていきましょう。どんな支払いでも期日を守るようにすれば、審査で不利になることはありません。

4.自己破産などの債務整理

債務整理は返済の負担を軽減できるため、そのときはとても助かり、楽になるものです。しかし、信用情報には記録が残ってしまうので、審査では困ることになります。

しかも、債務整理の記録は、他の金融事故より厄介です。他の事故は5年くらいで記録から消えるため、「しばらく待つ」という方法も一応は選択できます。しかし、債務整理は10年残り続けるので、待つにはあまりにも長すぎます。

そうした事態を避けるためにも、返済は計画的に行うようにしましょう。

5.奨学金ローン長期延滞

奨学金の遅れだけが無効になるルールはないので、長く延滞しないように気をつけてください。奨学金も各種ローンも、長期の延滞があれば信用情報に記録されます。

ローンなどは、「気がついたら遅れていた」ということもあるので、油断は禁物です。きちんと支払いができるように、常に気を配っておくべきです。

期日を守って普通に払っていれば、プロミスの審査でマイナスな印象を与えることはありません。自分が払うべきものをすべてきっちり把握し、落ちないための対策をしましょう。

増額時のプロミスの審査について

お金をたくさん借りたい事情があるときは、増額を考えることもあります。プロミスは最大500万円まで借りられることになっていますが、申し込みの審査次第では、それより少ない額になることもあり、不満を感じてしまうのです。そうした悩みは、増額で解消できます。

しかし、増額でも審査は必要なので、きちんと覚えておきましょう。申し込み時の審査とは別なので、最初の審査を受けたからといって、免除されるわけではありません。

増額審査は利用実績もチェックされる

増額審査では、ある程度借入と返済を繰り返し、しっかりと実績を作っておくことが大切です。それが、信用につながるからです。まったく実績がない状態では増額できないので、まずはどんどん利用していきましょう。

ただし、返済遅延にはくれぐれも注意してください。申し込むときの審査と同じで、信用情報に問題があると、増額審査はパスできません。実績を作るなら、確実に返済することが大切です。正しく利用した実績こそが、信用度を高めます。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.