最終更新日:2020年04月06日

プロミスで滞納した…差し押さえや裁判のリスクを回避するには?

プロミスからの一括請求とは

プロミスの一括請求は、決められた返済日までに返すことができず、滞納したときに起こります。そのため、返済は確実に行いましょう。
とはいえ、たった1回の滞納で即一括請求にはならないので、必要以上に不安を感じることはありません。一括請求が行われるのは、何ヶ月も遅れるようなひどい滞納があったときです。
そのため、何らかの事情でどうしても払えなかったときは、なるべく早く対応することが大切です。遅れるとそれだけ一括請求のリスクが高まるので、気をつけてください。

プロミスでの滞納

プロミスを利用したときの滞納は、あまり軽く考えないようにしてください。1回ですぐ一括請求にはならないとはいえ、滞納は契約違反です。きちんと契約書を交わしてお金の貸し借りをしている以上、決められたとおりに返済できなかった場合は、確実に違反したことになってしまいます。それを繰り返せば強制解約になる可能性もあるので、十分注意してください。
また、出費が増えるデメリットもあります。1日だけの滞納でも遅延損害金は発生するので、節約を考えている人は遅れないようにしましょう。

プロミスから電話連絡がくる

滞納したときは、いきなり一括請求まで話がとぶようなことはありません。まずは電話連絡を行い、支払いを促します。プロミスからの電話は最初に登録した番号にかかってくるので、携帯電話か自宅で受けることになります。基本的には携帯電話になりますが、何らかの理由で連絡がつかない場合は自宅にかかってくるので、しっかり受けるようにしましょう。
滞納したときの電話は緊張することもありますが、ドラマのように怒鳴られたりはしません。丁寧に対応してくれるので、返すのが難しいときは相談してみてください。

電話対応すれば問題なし

滞納したときの電話は、しっかり出て対応していれば、特にデメリットになる部分はありません。勤務先にかかってくることを心配する人もいますが、自分の携帯電話や自宅で受けていれば、職場への影響は一切ないのです。もし出られなかった場合は勤務先の番号も使われたりしますが、職場の人にバレることはないので、安心してください。
本人以外の人に、プロミスの名前を堂々と出すようなことはありません。担当者の個人名が使われるので、他の人に怪しまれず、安全に電話を受けることができます

督促状が届く

どうしても電話で連絡がつかないときに贈られてくるのが、督促状です。圧着ハガキになっており、遅れていることを知らせる内容になっているので、自宅に届いたらすぐに対応しましょう
電話に出られない事情があったとしても、督促状に気づいてしっかりプロミスに相談していれば、一括請求や強制解約は避けられます。
自宅にハガキが届くとなれば、家族にバレないか気になってしまうこともありますが、その点は心配無用です。電話と同じで、プロミスであることがわかるハガキにはしていないため、こっそり受け取ることができます。

利用停止になる

プロミスでは、返済が遅れている人にどんどん貸すようなことはしません。数日滞納している人は、いったん利用停止になります。それなら、返していない状態でさらに借りてしまう失敗は起こりません。無駄に借金を増やさず、きちんと返済を済ませたら、また利用を再開できる仕組みになっています。
そのため、返済が遅れそうなときは、早めにプロミスへ相談しておきましょう。自分でわかっているなら、いつ返済できそうか伝えて、計画的に進めていくことが大切です。利用停止になってから慌てたりしないよう、できるだけ準備を整えておいてください。

保証会社からの連絡

電話や督促状を無視して3ヶ月以上滞納した場合は、あまりにも遅れすぎたことで、返済不可能と判断されてしまいます。すると、保証会社が代わりに払う代位弁済が行われるので、注意してください。代位弁済のあとは、保証会社に一括で返さなければなりません
代位弁済には期限の利益がないため、分割で払うやり方は選べないようになっています。基本的に一気に払うしかないため、返済のハードルが高くなってしまうのです。
それを避けるためにも、長い期間の滞納は避けてください。電話や督促状が来たら、無視せずしっかり対応していきましょう。

プロミス「お金がなくて返済できない」

お金はあるのに返済日をうっかり忘れていたり返済手続きをたまたま怠っただけならまだしも、そうではなくて単に「お金が足りなくて返済ができていない」場合はかなり危険だといわざるをえません。なぜならお金がないということは、1度ならず2度3度と滞納を繰り返してしまう可能性があるからです。そうなったら完済できるかどうかも危なくなってきてしまいますので、家計そのものについてもう1度根本的によく考える必要があります。

プロミスで2ヶ月滞納すると

もしも2ヶ月以上にわたって継続して何の連絡もなしに滞納した場合、もう取り返しのつかないことになってしまう恐れがあります。1ヶ月だけならまだ手の打ちようがありますが、万が一2ヶ月以上にわたって滞納するとなるとかなりピンチです。
2ヶ月以上にわたって滞納した場合、信用情報が大きく傷つきます。要するにブラック認定されてしまうため、他の金融機関から借りることがかなり厳しくなります。プロミスとも解約状態となっています。

住宅や車の購入ができない

信用情報においてブラック認定されるようなことがあれば、ライフプランに狂いが生じてしまいます。なぜならローン利用ができなくなるため、車や住宅の購入がほとんど不可能になってしまうからです。車や住宅を一括購入するのはとても難しいので、欲しいと思っても諦めざるを得なくなってしまいます。ライフプランが崩れてしまうため、とても困ります。さらに車や住宅の購入だけでなく、教育ローンなど家族に関連したローンにも影響が出てしまいます。

5〜10年ブラック状態は続く

ブラック状態になってしまってもいつかは解消されますが、その期間は決して短くはありません。具体的には5年から10年は待たないと解消できないので、とても長い期間ブラック期間は継続してしまいます。それだけ長い期間ブラックだったら、かなり厳しいのは火を見るよりも明らかです。たった2ヶ月だけ滞納をしたことが大きな影響を及ぼしてしまうと、この事実からわかります。このような状態に陥らないためにも、きちんと返済することが大事です。

5年以内に信用情報は回復しない

では5年とかけずにどうにかして信用情報を回復させられる方法があるのかと誰もが考えたくなりますが、残念ながらそのような都合の良い対処法はどこにもありません。1度信用を失ってしまったら、その信用を回復させるためには長い期間を必要とします。それぐらい重大なことを行ってしまっているので、失った信用はそう簡単に元通りにはならないです。それが滞納のシビアな一面で、簡単には対処できないです。回復させる方法はないです。

一括請求が発生すると

一括請求をすることになった場合のデメリットは、金額が大きくて困るだけではありません。他にも悩みの種になるデメリットがあるので、事前にきちんと把握しておいてください。
あらかじめデメリットを知っておけば、「確実に避けなければ」という意識が強まるため、ひどい滞納を防ぎやすくなります。あとで困らないように、注意しながら行動できるのです。
これから紹介する一括請求のデメリットを頭に入れ、プロミスを上手に利用していきましょう。

遅延損害金が借金に加算される

返済日までにきちんと支払いができなかった場合、翌日から遅延損害金が発生することになるので、出費を抑えたい人は気をつけてください。長く滞納すれば、それだけ遅延損害金が増えてしまうため、支払う金額も膨れあがることになるのです。
遅延損害金が大きくなると、一括請求はさらに難しくなっていきます。3ヶ月以上滞納して一括請求になった場合、3ヶ月分の遅延損害金を、借入残高や利息とセットで払わなければなりません。負担が増えすぎないように、返済は必ず計画的に進めていくことをおすすめします。

遅延損害金の年率上限

遅延損害金は無限に増え続けるわけではなく、一応上限があります。年率20%までの設定ができることになっており、それ以上の金額は無効です。しかし、20%よりも下に設定しているところは少ないので、上限があるからといって気を抜かないようにしてください。ほとんどの業者が決められた上限に従い、年率20%にしています
もし滞納すれば、そこまでの金額は増えることになってしまうので、節約したいなら常に注意しておきましょう。

遅延損害金の計算

損害遅延金を計算してみたいときは、下記のような式に当てはめて考えてみましょう。

滞納した金額×20%÷365×遅れた日数

この式の中で注意しておきたいのは、滞納の金額と日数です。金額が大きくなれば遅延損害金も高くなるので、返済するときは気をつけてください。
日数も、長くなるほどに遅延損害金が増えていきます。日数に応じて高くなる仕組みなので、あまり長引かせないようにしましょう。すぐに返して日数を削れば、少しはダメージを抑えられます。

プロミスからの一括請求は催告書に記載

あまりにも長く返済日を過ぎてしまった場合は、催告書という書類が来ていないか、よく見ておいてください。それは、一括請求のお知らせです。催告書には、きちんと決められた日に支払いをすることや、無視すれば法的手段に出ることなどが細かく記載されています。
そのため、適当に流し読みするのではなく、じっくり隅々まで確認しておいてください。滞納が長くなりすぎたときの最終勧告が催告書なので、届いたときは絶対に無視してはいけません。事態を悪化させないためにも、すぐ対応していきましょう。

催告書も放置すると

催告書は最終勧告ですが、それでもいくらかは待ってくれます。しばらく送られて来るので、すぐに対応できない事情があったとしても、なるべく早く対応するようにしてください。それらをすべて無視し続けた場合は、催告書のさらに上が送られてきます。それが、最終催告書です。最終催告書は、催告書の中でも本当に最後の催告書であり、それ以上待ってもらうことはできません
どうしても大幅な遅れを回避できなかった場合は、せめて最終催告書だけでも避けるようにしましょう。

裁判所からの一括返済の命令

本当に最後である最終催告書を無視したときは、最悪の事態が起こります。裁判所からも一括返済のお知らせが届き、必要な金額をすべて一気に返さなければなりません。
お金に余裕がないと無視したくなりますが、それはやめてください。裁判所からの通知まで無視してしまうと、訴えられることになります。そうなった場合、有利なのは圧倒的にプロミス側なので、どうすることもできません。返済できなそうにないときは、裁判沙汰になる前に、しっかりとプロミスに相談しましょう。

給与の差し押さえ

裁判所から通告が来たにもかかわらず、一括での返済が不可能な場合は、差し押さえが始まってしまいます。裁判で負けたときも同様なので、通告の無視は絶対にやめましょう。
差し押さえの金額は、その人の給与によって変わってきます。基本的に給与の4分の1までと決まっているため、少し安心してしまうこともありますが、油断はしないでください。差し押さえが行われるときは、会社に差し押さえ命令書が届くため、トラブルが周りにバレてしまいます。それを避けるためにも、返済日はしっかり守るようにしましょう。

プロミスを強制解約

一括返済と同時に発生するもう一つの大きなデメリットが、強制解約です。あまりにも長い滞納が起きた場合、たとえお金が必要な事情があっても、強制的にプロミスとの契約を切られてしまいます。契約していない状態で借入は不可能なので、継続して頼る予定の人は注意してください。
もし強制解約になった場合は、その情報が信用情報機関に残ることも問題です。そうなれば大幅に信用度が下がり、他の金融機関で審査を通過できなくなります。あとで困らないためにも、一括請求になる事態はきちんと防ぎましょう。

プロミスの一括請求を回避する方法

一括請求のさまざまなデメリットを知ると、「絶対に一括は避けたい」と考えるようになります。そんなときは、対策をしっかり押さえておきましょう。
その点がよくわからないまま適当に借りていると、警戒していたずの一括請求を、いつの間にか回避できなくなっていることがあります。
しかし、対策を知っていれば、一括請求にならないように慎重に行動できるのです。これから紹介する方法を頭に入れ、上手にプロミスを利用していきましょう。

滞りなく返済する

スムーズに返済していくためには、ただ決められた額を払うだけではいけません。なぜなら、急に出費が増えることも考えられるからです。予想外の事態が起こってもきっちり完済するためには、一定の額にこだわらず、余裕のあるときに多めに返すようにしてください。
普段からそのような対策をしておけば、急に出費が増えるようなことがあっても、あまり慌てずに済みます。ギリギリになることを避け、一括請求のリスクを少しでも軽減していきましょう。

プロミスの窓口で相談

もし払えそうにないことが事前にわかるなら、早めにプロミスに相談しましょう。連絡が来る前に相談していれば、最悪の事態は防ぐことができます。早めに行動していれば大きく信頼を失うこともないので、窓口への相談という手段は、常に頭の片隅に置いておきましょう。
相談すれば返済日を変更してくれることもあるため、「あと数日で払える」という状況なら、積極的に試してみるべきです。きちんと返済する意思があることを伝え、一括請求にならないように協力してもらいましょう。

専門家に相談

多めに払うことも相談することもできず、一括請求の督促状が届いたとしても、まだ諦める必要はありません。そんなときは、専門家に助けを求めましょう。専門家に相談すると、減額や分割払いができるように助けてくれることがあります。それなら、一括の負担を軽くできるのです。
ただし、弁護士などはどうしてもお金がかかるので、出費を抑えるなら無料の方法を頼ってみてください。国民生活センターや金融庁といった公的機関であれば、無料で相談できます

他社借入

他社への借り換えを実行するかどうか迷っているなら、その期限は返済日の当日までです。もしも返済日の当日を過ぎてしまって滞納状態になれば、もう借り換えをすることはできません。なぜなら滞納をしたことで信用情報に傷がつき、他社の審査をパスすることができなくなってしまうからです。それまでなら審査をパスできる可能性がありますので、何とか望みがあります。期限は返済日の当日までですから、それまでにどうするのか決断する必要があります。

あらかじめ返済のシミュレーションをする

返済日までにきちんと返済を行うためには、そもそも借りる前に返済シミュレーションをしっかりしておくことがキーポイントです。返済シミュレーションをしっかりと行っておけば、どうやって返済していくのかのメドが立ちます。あやふやなまま借りてしまうと返済日が迫ってきてから慌ててしまうものですが、返済シミュレーションをしていればそうはなりません。余裕を持って返済できるのかどうか、事前にシミュレーションしておけば安心です。

どうしても返済できない!

あらゆる手段を尽くしても返せないようだと、不安に押しつぶされそうになります。そんなときは、債務整理を検討してみましょう。債務整理なら負担を軽減できるので、追いつめられそうなときは便利な方法です。信用情報機関に記録は残りますが、過度なストレスを回避することは可能です。
ただし、債務整理には種類があるので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。適当に選んでいると失敗することもあるので、油断は禁物です。
ここからは債務整理の種類を紹介していくので、困ったときは参考にしてみてくください。

自己破産

裁判所が支払い不能と判断した場合は、借金をゼロにすることを認めてもらえます。それが、自己破産です。裁判所を通じて返すべき金額をゼロにできれば、お金の大きな不安はごっそり消えることになります。
ただし、メリットだけではないので、気をつけてください。裁判所が定めた金額をオーバーする不動産などの資産は、返済に使われることになります。官報に名前が載り、周囲の人にバレる可能性が高まることも問題です。デメリットもよく考え、納得できるようなら試してみてください。

個人再生

これも裁判所を通しますが、借金をゼロにするのはなく、返済額を減らすことで負担軽減を図る方法です。減額した上で分割払いが可能となるため、一括で返すときのような大きな負担はありません。やはり官報に乗ってしまいますが、返しやすくなるのは大きなメリットです。
ただし、個人再生はしっかりした収入がないとできません。今後の収入の見込みがない人だと難しいので、選ぶときは気をつけてください。借金が5,000万円を超えないことも、重要な条件です。

特定調停

直接プロミスと交渉する任意整理とは違い、特定調停では、調停委員を挟んで交渉していきます。そこで、借金や返済額の減額、利息の免除などを検討していき、分割で払えるようにするのが、特定調停の特徴ですです。これには、余計な出費をカットできるメリットがあります。調停委員を仲裁人にすれば弁護士が不要なため、依頼するためのお金はかかりません。
ただし、デメリットには要注意です。調停は月1回平日に行われるため、忙しいと少し困ってしまいます。時間もかかるので、よく考えて選択しましょう。

任意整理

プロミスと直接相談して負担を軽減するのが、任意整理の特徴です。直接のやり取りなら周囲に知られずに済むため、余計なストレスはありません。月の返済額を減らしたり、利息を免除してもらえることがあるので、返済できないときは視野に入れておいてください。
ただし、個人の力だけではうまくいかないことも多いので、弁護士や司法書士に協力してもらいましょう。無理に自力で解決しようとせず、プロに交渉を任せてしまえば、うまく負担を軽減できます。

プロミスから一括請求を受けた時にしてはいけないこと

プロミスの一括返済による悩みを解決するには、NGポイントの存在も知っておきましょう。絶対に避けるべきNGな行動があるので、利用する前に把握しておいてください。NGポイントを知らないまま、なんとなく対応しようとすると、失敗することがあります。問題を解決するもりが、逆に事態を悪化させることも多いので、安易な考えで動かないようにしましょう。
どんなNGポイントがあるのか知っていれば、常に警戒できるため、ミスは起こりません。

借金の時効を待つ

プロミスは、最後の返済日の翌日から5年が時効です。時効になれば返済せずに済むため、困ったときは待つことを選択したくなりますが、それはやめてください。なぜなら、金融機関が黙って見ていることはないからです。
時効が成立しないように、中断させる対策が行われるため、待っていても問題は解決できません。それどころか、積み重なった遅延損害金のために、余計に苦しい状況に追い込まれることもあります。それを防ぐには、時効を頼らないようにしてください。

他社からの借入で返済する

他から借りれば一括返済は簡単なように思えますが、ブラックリストに入っていては審査を通過できません。そのため、慌てて別の金融機関から借りようとしても、失敗する可能性が高いのです。
仮に審査を通っても、今度は新しく借りた方の返済で困ることになります。そこでまた別の借入を行えば、どんどん状況が悪くなっていくのです。
借金の負担を借金で解決しようとするのは間違った方法なので、魅力的に感じたとしても、選択肢からは外しておきましょう。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.