最終更新日:2019年11月07日

プロミスは店頭窓口よりWeb申込がおすすめな理由

プロミスとは

プロミスは大手消費者金融の中の一社で、スピーディーな審査や無利息期間が特徴です。

実質年利 4.5%〜17.8%
借入限度額 500万円まで
遅延利率 20.0%(実質年率)
申込条件 20歳から69歳以下、安定した収入のある、基準を満たす人(※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合申込可能。)
担保・保証人 不要
プロミスのおすすめポイント
  • 初めての方は30日間利息0円
  • 3項目入力で簡単借入シミュレーション!3秒で借入可能か分かる!
  • 最短30分で審査完了、さらに最短60分で融資可能
  • 申込、借入、返済までWEBで完結

まずはプロミスの店頭窓口(お客様サービスプラザ)について徹底解説

プロミスには、お客様サービスプラザという窓口があります。
全国に18の店舗があって、主に都市圏に立地しているのです。無人契約機と違って、プロミスの担当者と直接対面して手続きを進める事ができます。
お客様サービスプラザでは、下記のようなサービスを利用できます。

・契約の手続き
・店舗近くのATMでの借り入れや返済
・各種相談

なおプロミスのお客様サービスプラザの場所は、公式サイトで確認する事もできます。
ホームページの店舗・ATM案内という箇所をクリックすれば、具体的な場所を調べられるのです。
ここでは、店頭窓口や自動契約機を利用できる時間帯を一緒に見ていきましょう。

プロミスの店頭窓口は平日のみの営業

プロミスには自動契約機やATMなどのサービスもありますが、営業時間は比較的長いです。
自動契約機は9~22時ですし、ATMは7~24時に利用できるのです。しかしお客様サービスプラザは、原則として平日10~18時になります。
店舗によっては19時まで営業している事もあります。
ちなみに有人店舗の営業曜日は平日限定になりますが、休日は店舗によって異なります。ですから平日は忙しいので来店できない時などは、自動契約機の方が便利です。

プロミスの店頭窓口(有人店舗)では返済の相談なども可能

お客様サービスプラザでできる事は、下記の通りになります。

・新規の契約
・契約の変更手続きや更新
・返済
・返済やトラブルに関する相談
・示談に関する契約
・過払い金に関する交渉
・その他の契約関連の手続き

有人店舗になりますから、カードローンに関して質問する事もできます。
その他にもローンの増額申請や返済に関する見直しなどの相談も受け付けているのです。
プロミスの担当者の顔を見ながら相談したい時などは、店頭窓口を利用してみると良いでしょう。

プロミスの店頭窓口では定期的にイベントやセミナーも行われている

プロミスの有人店舗では、定期的に下記のようなイベントも行われています。
・地域イベントに参加
・アドバイザーによる診断サービス
・金融経済に関するセミナー
・イベントとしての場所を無料提供

つまりプロミスではキャッシングに関するサービスを提供しているだけでなく、金融に関する支援サポートも行っているのです。
自宅近くにプロミスの店舗があるなら、普段カードローンを利用しなくても、一度足を運んでみると良いでしょう。

自動契約機でも併設の電話で担当者と話ができる

プロミスの自動契約機では、カードローンを契約できます。
営業時間は9~22時であり、年中無休になります。
即日融資を受けたい時などは、自動契約機はとても便利です。
また契約機は無人ですから、誰にも会わずにお金を借りる事もできます。

年中無休ですし、平日でなくても申し込みの手続きを進められるのは、とても便利です。
そして契約機には、電話も併設されているのです。
プロミスの担当者との直通電話が設置されていて、契約手続きや返済に関する相談をする事もできます。

プロミスの店頭窓口や自動契約機で申し込むには?流れについて解説します

プロミスからお金を借りるためには、まず申込の手続きを済ませる必要があります。
申込の方法も色々あって、インターネットや電話だけでなく、郵送や店舗でも手続きを進められるのです。
具体的には、下記の5つの方法があります。
・WEB
・お客様サービスプラザ
・自動契約機
・電話
・郵送

この5つの方法の中で、郵送は若干時間がかかります。
その他の方法であれば、即日で融資を受ける事もできます。
ここでは、店舗窓口と自動契約機での申し込み方法に関して解説していきます。

プロミスの申込から契約まで

プロミスの店舗や自動契約機では、カードローンの手続きを受け付けています。

その大まかな流れですが、まずは店舗に足を運びます。
そして自分の名前や勤務先などの情報を伝えた上で、指定の書類も提出する訳です。申し込み書や書類などを送付すると、プロミスによる審査が行われます。
収入などが確認されますが、特に問題なければ店舗にてお金を借りられます
ローンカードも発行されますから、店舗近くにあるATMで借り入れする事もできます。

店頭窓口や自動契約機での契約方法

プロミスの有人店舗や自動契約機で契約する時の流れは、以下の通りになります。

・店舗窓口もしくは無人契約機に行く。
・氏名や勤務先や住所などの情報を入力する。
・免許証などの必要書類を提出する。
・審査が行われる。審査に通れば、契約手続きやローンカードが発行される。

ちなみに自動契約機で申し込みする場合、音声ガイダンスも流れます。
契約機にある電話でプロミスの担当者とやり取りしますが、それと同時並行で審査も行われるのです。

融資を受けるまでの時間を短縮するには

即日でお金を借りたい時は、審査の所要時間が気になってしまう事もあります。
早く融資を受けたいので、なるべく早く審査結果を知りたくなる事もあるでしょう。

その場合は、来店前のWEB申し込みがおすすめです。
自動契約機に行く前にWEBで申し込みだけ済ませておいて、改めて来店する訳です。
もしくは電話申し込みでも構いません。
WEBや電話などで事前申し込みせずに、直接お店に訪問しても、融資を受ける事は可能です。
しかし来店前に申し込みを済ませておく方が、審査が完了するまでの時間も短縮される傾向があります。

プロミスカードローンの申し込みに必要な本人確認書類

プロミスからローンカードを発行してもらうためには、下記の3つの書類の内、いずれか1点を提出する必要があります。

・パスポート
・免許証
・健康保険証と、住民票などの書類

もしも本人確認書類に書かれている住所と、現住所が異なっている時には、領収書などを提出する必要があります。
下記のように、現住所が明記されている書類も一緒に提出する訳です。

・社会保険や税金の領収書
・公共料金に関する領収書
・納税に関する証明書

またプロミスから50万円以上借りる時や、他社借り入れとプロミス申し込み額の合計が100万円を超える時は、給与明細などの収入証明書も必要です。

借入れ・返済も店頭窓口で相談を

初めての申し込みの時だけでなく、利用していて借り入れの金額や返済で悩んだ場合は、一人で悩まず店頭窓口でまずは相談してみましょう。
相談をするということは返済の意思があるということですよね。
プロミスのスタッフ達はいわばお金のプロです。
返済しようと頑張っている人の相談にはきちんと乗ってくれます。
そして、その専門知識から自分一人では思いもつかなかった解決方法を提案してくれることもあるのです。
返済できないからといってなげやりになり連絡も取れないような状況は絶対に作ってはいけません。

窓口返済は小銭が使えるので完済時に便利

プロミスの返済金額は1,000円単位となっています。
中途半端な金額の請求でも全て切り上げた金額を返済することとなるのです。
もちろん端数は繰り上げ返済をしたという扱いになりますので、損をすることはありません。

普段なら特に問題はありませんよね。ただし完済時には繰り上げするものがありません。
余分に払っておこうというものでもありませんので、当然、中途半端な金額を支払うことになります。
このような場合も店頭であれば、ピッタリ返済することができます。

店頭で相談すれば借入れ・返済も利用しやすく

店舗なら申し込みから契約、返済、相談まであらゆる手続きをスムーズに行うことができます。
プロミスの店舗窓口は全国に18か所と数は多くありませんが、ほとんどが大きな駅の近くにありますので交通面で不便を感じることはないでしょう。
また営業時間は10時から18時となっていますが、店舗によって平日のみ営業の店舗と、土・日も営業している店舗があります。
店舗一覧はプロミスの公式サイトで確認することができますので、プロミスを利用する際にはぜひ一度近くの店舗も確認してみてくださいね。

今日お金を借りたい人に人気のキャッシングはこれ

プロミス

30日間の無利息サービスがあり、在籍確認の電話をなくすことができるため人気があります。
最短30分審査、最短1時間融資とスピードに自信のある消費者金融です。

SMBCモビット

Webだけで申し込みからキャッシングまで全てが完結する「WEB完結」が人気の消費者金融です。
周囲へのバレにくさには定評があります。

アイフル

2社目の利用として人気がある消費者金融です。
もちろん即日融資にも対応しており、申し込みが簡単なのも人気の秘密です。

お急ぎの方へ

「相談なんてしなくていい」「とにかく早くお金を貸して欲しい」というお急ぎの方は、スマホやPCを使ってWeb申し込みをしましょう。
これなら申し込みのためにわざわざ出向く必要もありません。
そして審査を待つ間に自動契約機へ移動しておき、審査に通ったとの連絡を受けたらすぐに自動契約機で契約します。
自動契約機ならその場でカードが発行されます。受け取ったローンカードを使えば、併設されているATMですぐにお金を借りることができますよね。

職業による借り方

正社員の方なら特に問題もありませんが、パートやアルバイト、専業主婦の方は利用できるのでしょうか?
結論から言うと大手消費者金融の場合、パートやアルバイトなら借りられる可能性がありますが、専業主婦は借りることができません。

基本的に消費者金融でお金を借りる場合は「安定した収入」が必要となります。
専業主婦は年収ゼロとみなされてしまうため利用できないのです。
その点年収は低くても、毎月決まった収入のあるパートやアルバイトの方は利用できる可能性があるというわけです。

まずはここから

キャッシングに申し込む時には、まずそのお金が本当に必要なのかよく考えてからにしましょう。借りたお金には利息をつけて必ず返さなくてはいけません。
返済総額がいくらになるのかを考え、使う予定のものにそれだけの価値があるのかまでしっかり考えて利用しましょう。
また、スムーズに手続きを進めるためには書類の準備も必要です。手続きがスムーズに進まなければ、本当に必要な時に間に合わない可能性もあります。
備えあれば憂いなし。もちろん返済のバランスも考えて計画的に利用してくださいね。

プロミスの営業時間一覧

プロミスは、自動契約機やWEBなど色々な方法でサービスを利用できます。各サービスはそれぞれ営業時間も異なりますが、具体的には下記の通りです。
・お客様サービスプラザは平日10~18時。
・プロミスコールは9~22時。土日祝日も営業している。
・プロミスのATMは、7~24時。ATMによって、時間帯や休日は異なる。
・自動契約機は、9~22時。契約機によって営業時間は異なる。
そしてWEBとコンビニATMは、24時間365日利用できます。

プロミスATMの営業時間

プロミスの自動契約機の近くには、自社ATMがあります。借り入れや返済に利用できますが、営業時間は原則7~24時になるのです。利用手数料は無料です。ただし店舗によっては、8~21時で営業している事もあります。そしてプロミス提携のコンビニATMは、24時間いつでも利用できます。
ただし手数料は有料です。
ちなみに自社ATMの方は、カードが無くても返済する事ができます
生年月日や電話番号などの情報を入力すれば、手元にカードが無くてもお金を返す事も可能なのです。

プロミスのATMの主な機能

プロミスの自社ATMでは、下記の手続きを行うことができます。

・返済 カードは、手元にあっても無くても構わない
・暗証番号の変更
・増額に関する相談
・カードを使って借り入れする
・取引履歴を確認する

ちなみにプロミスのATMでは、繰り上げや一括の返済も可能です。
手持ち資金に余裕がある時は、普段よりも若干早めに返済する事もできますが、プロミスATMでも前倒しの返済を行えるのです。
利用手数料も無料ですし、自宅近くにあるプロミスATMの場所を把握しておくと良いでしょう。

提携コンビニATMの利用時間

コンビニに設置されているATMでも、プロミスのサービスを利用する事はできます。
プロミスATMと違って、24時間365日利用できるのです。ちなみにセブン銀行であれば、スマホATMで取引できますから、ローンカードが無くてもお金を借りる事もできます。
ただしコンビニATMを利用する時は、手数料はかかります。
しかし振り込みサービスであれば、手数料はかかりません。
手数料を節約したいなら、まず自分の銀行口座に振り込んでもらい、銀行にあるATMなどでキャッシュカードで聞き出すと良いでしょう。

提携コンビニATMでできる主な機能

提携コンビニATMでは、下記の手続きが可能です。
・返済
・借り入れ
・出金可能額の確認

提携ATMの場合、借り入れと返済はカード無しでも構いません。
スマホATMというサービスを活用すれば、ローンカードが無くても問題ないからです。
ちなみにスマホATMを利用する為には、専用アプリも必要です。

なお提携ATMは、1,000円単位でサービスを利用する事ができます。
1,000円単位でお金を借りることができますし、返済額も1,000円単位で指定できるのです。

プロミスの無人機の営業時間

プロミスの自動契約機の営業時間は原則9~22時になりますが、一部の店舗では21時になっている事があります。

自動契約機は、土日や祝日でも利用できるのです。
自動契約機で申し込みをすれば、比較的スピーディーに借りる事ができます。
朝に申し込みをすれば、午後の比較的早い時間帯にお金を借りる事も可能です。

なお、できるだけスムーズにお金を借りたい時は、契約機に行く前にWEBで申し込みを済ませておく方が良いでしょう。
契約機で申し込む事も可能ですが、1時間ぐらい待たされる可能性もあるので、来店前にWEB申し込みしておくのがおすすめです。

無人機でできること

無人契約機ではローンの申し込みをする事ができますが、それ以外にも下記の手続きも可能です。
・ローンカードを受け取る
・カード再発行
・限度額や利率など、契約内容を変更する
・暗証番号の変更
・キャッシングや自営者用カードローンや、おまとめローンの申し込み
増額申し込みも行える上に、返済日などを変更する事も可能なのです。
ただ同様の手続きは、会員ページから行う事もできます。
状況によっては、WEBの方が簡単に手続きを行えるかもしれません。

振込キャッシング可能時間

プロミスの振込みキャッシングは、原則として平日9時~14時50分になります。
ただし銀行によっては24時間365日利用できる事もあります。
また振り込みサービスも24時間利用できる銀行と、そうでない銀行があります。
例えば下記の銀行は、24時間振り込みは未対応になっています。
・オリックス銀行
・じぶん銀行
・住信SBIネット銀行

ちなみに銀行によっては、自動契約機やスマホATMを活用する方が早く借りられる事もあります。
振り込みサービスを利用するよりも、かえって契約機の方がスピーディーな事もありますから、検討してみると良いでしょう。

振込キャッシングは1円単位で借入できる

プロミスの振込みキャッシングは、小刻みな金額で借りる事ができます。
振り込みサービスで借りる時には、指定画面にて借り入れ額を入力することになりますが、1円単位で問題ありません。

上記でも少々触れた通り、ATMでお金を借りる時は原則1,000円単位になります。
しかし振り込みサービスであれば、もっと小刻みな金額で借りられる訳です。
ただしスピーディーにお金を借りられるかどうかは、銀行次第です。

りそな銀行や三菱UFJ銀行であれば、夜間や土日でも即日振り込みしてもらう事は可能ですが、他の銀行は若干時間がかかる事もあります。

店頭窓口の営業時間

プロミスでは、お客様サービスプラザというお店で色々な手続きを行うことができます。
その有人店舗の営業時間は、平日10~18時です。ただし一部の店舗では平日20時まで営業していますし、土日祝日でも18時まで営業しているお店もあります。

有人店舗ですから、プロミスのスタッフと対面して話す事ができます。
店舗の数はそれほど多くないものの、対面して手続きを進めたい時に活用してみると良いでしょう。
なおプロミスの店舗に設置されているATMは深夜24時まで利用できます。
24時以降にお金を借りたい時は、コンビニATMを利用しましょう。

店頭窓口でできる主な仕事

プロミスのお客様サービスプラザでは、カードローンの申し込みをする事ができますが、それ以外にも下記の手続きも可能です。
・アドバイザーによる家計の相談
・自営者カードローンや目的ローンやおまとめローンなどの申し込み

状況に応じて、イベントスペースを利用する事もできますし、金融経済に関するセミナーも行っている事があります。
ちなみにお客様サービスプラザは、幅広い場所にあります。
数はあまり多くないものの東京や埼玉などの首都圏や、大阪や京都など全国色々な箇所に店舗を構えているのです。

プロミスコールの受付時間

プロミスには、電話問い合わせのサービスもあります。
電話番号は2つありますが、いずれも受け付け時間は9~22時になります。土日や祝日でも、22時まで問い合わせを受け付けているのです。

2つの電話番号の内の1つは、レディースコールになります。
女性のみ利用でき、必ずプロミスの女性オペレーターが対応してくれるのです。
男性でなく女性オペレーターに対応して欲しい時は、レディースコールで問い合わせしてみると良いでしょう。

プロミスコールでできる主な機能

プロミスコールでは、下記の手続きを受け付けています。
・ローンの申し込みをする前の相談
・暗証番号を変更する手続き
・カード紛失に関する手続き
・カードの再発行
・限度額を増額する申し込み

プロミスコールでは、キャッシングだけでなく自営者カードローンやおまとめローンの申し込みも受け付けています。
ちなみに上記の1点目の「相談」というサービスは、WEBでは受け付けていません。プロミスコールのみ、借り入れ前の相談を受け付けているのです。

ネット申込の受付時間

ネット申込は、いつでも利用できます
24時間365日申し込みを受け付けていて、ゴールデンウィークや年末年始でも問題ありません。

ただ1つ注意すべき点もあって、審査の結果が出るのは翌営業日になる可能性もあります。
確かに24時間いつでも申込できますが、そもそもプロミスが審査業務を行っているのは、22時までになります。
ですから23時に申し込みをしても、当日中に審査結果が通知される訳ではありません。翌日以降になります。

会員ページでできる主な機能

プロミスの会員ページでは、実に色々な手続きを行うことができます。
・振り込みキャッシングの依頼
・取引履歴の確認
・限度額変更の申し込み
・店舗やATMの検索
・メール通知サービスの配信設定
・返済日の変更の申し込み
・収入書類の画像データの送信
・住所や年収や勤務先など、登録内容の変更
・三井住友VISAプリペイドヘのチャージ
・WEB-IDの登録や確認
・WEB返済
・ポイント照会や利用
勤務先が変わった時などは、会員ページで変更しておくと良いでしょう。

店舗窓口なら即日対応してくれることも

プロミスは、インターネットで申し込みから借り入れまで、手続きが完了できるカードローンです。

スマホなどから、場所を選ばず利用することができます。
もちろんインターネット以外にも、プロミスの店頭で直接申し込むことができます。
急に現金が必要になってプロミスを利用しようと思った時に、インターネットより直接店頭へ行った方が早いのではと考える方も多いようです。

実際に、即日融資希望の方が店頭に出向いて申し込むケースも見受けられます。

プロミスの店舗窓口は全国18箇所だけ

プロミスは業界トップクラスのシェアを誇る大手消費者金融ですが、プロミスの店舗は全国に18箇所しかありません。

時間や場所を気にせず利用できて、人目も気にならないインターネットからの申し込みを利用する人がほとんどという状況になっているため、プロミスの店舗数は少なくなっています。
確かに店舗窓口で申し込めば、審査完了後すぐに融資を受けられます。しかし、来店しようと思っても、近くにプロミスがないという方も多いでしょう。

準備をして予定組む必要がある

店舗が遠く来店するために時間がかかる場合、仕事が終わった夕方から向かっても、着いた時には営業時間が終了していたという可能性もあります。
また、本人確認書類などの必要書類を持っていなかった場合は申し込むことができません。

このように、利用しようと思い立って急いで来店しても、無駄足になってしまう可能性があります。
また、急いでいるのに申し込みができず、借り入れができなくなってしまったら困りますね。
特に来店に時間がかかる場合は、事前に良く調べてからにした方が良いでしょう。

事前のネット申し込みがおすすめな理由

プロミスの店舗が近くにある方は、ちょっとした空き時間を利用して来店しようと考えていらっしゃるかもしれません。
そう言った場合は、事前にプロミスのWEBサイトから申し込みをしておくのがおすすめです。

なぜなら、プロミスの店舗でゼロから申し込み手続きを始めると、借り入れまで済ませるまでに1時間以上かかり、ちょっとした空き時間では時間が足りなくなる可能性があるからです。
事前にネット申し込みをしておけば、手続きにかかる時間を30分以上短縮することができます

店舗の営業時間は10:00~18:00が基本

プロミスの店舗の営業時間は、一部店舗を除いて10時から18時までとなっています。

営業時間が一般企業の就業時間とほぼ同じなので、プロミスを利用しようと考えている方の中には、仕事が終わってからでは営業時間内に来店できないという方も多いと思います。
仕事の合間に来店できない場合は、インターネットでの借り入れが便利でしょう。
また、仕事の合間に利用する方も、店舗が混んでいる場合に備え、事前にインターネットで申し込みをしておくのがオススメです。

店舗窓口の位置を把握しよう

前途の通り、プロミスの店舗に直接出向いて融資を受ける場合でも、事前にインターネットから申し込みを済ませておくのがおすすめです。
また、申し込み後に行われる審査に通らないと融資を受けることはできず、審査にも時間がかかるので、利用を決めたらまずはインターネットから申し込みを済ませてしまいましょう。
その後、審査の時間を利用して詳しい店舗の位置を調べ、来店すればスムーズです。時間の無駄を極力省くことができます。

即日融資を受けたい人は

プロミスでは即日融資も受ける事はできます。どうしても当日中にお金を借りたい時は、下記のポイントを押さえておくと良いでしょう。

・WEBで21時までに申し込み
・WEBで本人確認書類をアップロードする
・早く審査して欲しい時は、申し込みした後に電話する
・振り込みもしくはスマホATMで借りる
・振り込み時間外の時は、無人機でカードを発行する

どうしても当日中に融資を受けたい時は、振り込みというよりカードを発行するのがおすすめです。まずはローンカードを受け取って、ATMで借りると良いでしょう。
なお自動契約機の営業時間は22時までになりますし、たとえ夜間でも当日融資を受ける事ができます。そして契約機の営業時間は、土日や祝日でも変わりません。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング

  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.