最終更新日:2020年06月02日

プロミスカードが使えない原因と再開手続きの流れ

プロミスカードの停止の原因について徹底解説!

「利用限度額は越えていないのに、プロミスから借り入れが出来なくなっていた!」こんな状況になってしまうことがあります。そんなときに会員ページを開いてみると、なぜか「ご利用可能額 0円」となっています。

今回の記事では、突然プロミスで借り入れが出来なくなった!という人が考えられる7つの原因と対処方法を解説します。

プロミスのカードが使えなくなる原因 ①限度額

プロミスのカードが使えないという時に、考えられる理由で最も多いのが、利用可能な限度額まで使ってしまった、ということです。

カードを利用すれば、手軽にお金を手にすることができるためついつい使いすぎてしまい、気づいた時には借り入れ額が高額になっていたというケースはよくあります。
利用可能限度額に達してしまった場合は、それ以上の借り入れは不可能となるので、残念ながらカードは使えなくなってしまいます。

限度額が足りない時は

消費者金融などのノンバンクでは、貸金業法の総量規制という法律が適用されることにより、他社からの借り入れも含めて、年収の3分の1までしか融資を受けることができません。

限度額の増枠の申請をしたり、他の事業者にローンを申し込んだりする手もありますが、いずれにしても審査を通過できなければ新たに借り入れをすることはできません。
他には、おまとめローンや、銀行ローンを利用する方法もありますが、いずれも審査が必要になります。

他社の借り入れ状況も含めて考慮される

プロミスでの借り入れ額が限度額に達していなかったとしても、他の消費者金融から新たに借り入れをした場合に、カードが使えなくなる場合があります。
これは、他社も含めた消費者金融での借り入れは、年収の3分の1までしかできないという、貸金業法の総量規制という規制があるからです。

そのため、消費者金融での借り入れ可能額は、プロミスの限度額だけではなく、他社から借り入れしている額も把握して考えなければなりません。

②返済が遅延している

他にもプロミスのカードが使えない理由として多いのが、返済の遅延や延滞です。
月々の決まった返済日に返済ができないことが続くと、カードは利用停止となってしまいます。

新たな借り入れをするには、まずは返済を行うことが条件となります。返済ができない月が3ヶ月続くと、「延滞」となってしまいます。
信用情報機関にもこの情報が残り、いわゆる「ブラックリスト」に残ることになるため、その後のローンの審査でもかなり不利になってしまいます。

借り換えかおまとめローンを利用する

もし借り入れ額が既に年収の3分の1に達してしまい、カードが使えなくなり新たな借り入れができなくなって困ってしまった時には、借り換えローンやおまとめローンを利用し、返済予定額を減らすという方法もあります。
貸金業法では、利用者のみに有利になる契約では総量規制が適用されないため、借り換えやおまとめを利用するのは有効な方法となります。

他の大手消費者金融のアイフルやアコムでも、借り換えローンやおまとめローンがあるので、検討してみましょう。

増額か返済すればカードは使えるようになるの?

カードが借り入れ可能な限度額額まで達した場合には、返済をした分だけまた利用は可能になります。
利用可能な限度額の増額申請をすることも可能で、もし申請が通れば更に借り入れをすることができるようになります。

プロミスでは、限度額の増額申請は簡単にできるので、試してみる価値はありますが、限度額いっぱいまで借り入れをするほどお金に困っている場合には、年収などから考えても増額申請は通るのは難しいといっていいでしょう。

電話での対応により使えることも

銀行のカードローンの場合は、約定日に1日でも返済が遅れてしまうと、カードはすぐに利用停止になってしまいますが、プロミスでは返済が1日遅れたからといって、即利用停止になるわけではありません
プロミスから督促の電話が来た際に、いつまでに必ず返済できるかなどしっかり伝えておけば、引き続きカードは利用できることが多いです

ただし、プロミスからの督促をいつまでも無視して返済をしないでいると、カードが利用停止になってしまいます。

返済を遅れるとどのタイミングで利用停止になるのか

銀行のカードローンは、返済日に返済ができなかった時点ですぐに利用停止になりますが、プロミスを含む消費者金融は必ずしも即利用停止になるわけではありません。
また、利用停止になってしまった場合に、利用を再開できる条件やタイミングは、各社によって異なり、決まっているわけではありません。

大切なことは、もし返済が遅れた場合も、督促の電話にはしっかり出て、返済する意思と、具体的にいつまで支払うか約束をするなどの誠意を見せることです。

③虚偽の告知をしていた

プロミスで申し込みをして契約をする場合、契約書を見ると細かく「免責事項」というものが記載されています。
免責事項の中には、申し込み時に記載した内容に虚偽があり発覚した場合にはカードの利用を停止する、という内容があります。

うっかり書き間違いをしたなどではなく、無職でるにもかかわらず嘘の勤務先を記入していたり、年収を極端に多めに記入していたりと、悪意が感じられ信用を失うレベルの場合には、カードの利用停止だけではなく、一括返済を求められるなど厳しい措置がされることがあります。

④スマホ代金や家賃の未払い

ローンの返済だけに気をつけていても、スマホの分割代金や賃貸マンションなどの部屋代の未払いがあると、プロミスを含むカードローンの利用ができなくなる場合があります。
スマホの代金やマンションの家賃などはローンと関係ないように思われがちですが、スマホの代金は実質ローン契約ですし、マンションの契約には保証会社が間に入っているのです。

そのため、支払いをしないでいると、信用情報に傷がつくことになり、カードの利用停止につながるのです。

⑤カードの磁気不良

カードにはATMで読み取るための情報が記録されています。
ポケットに入れて持ち歩いているうちに、曲げられたり擦れたりして破損するケース、また、カード自体は破損してなくても、その記録が破損している可能性があります。

特に磁気で記録されている情報は、強い磁気を発生する機器のそばに置いただけで影響を受けてしまうものです。
テレビやコンポのスピーカーなどの近くには置かないようにしましょう。

もしカードが破損している場合は速やかにカードの再発行を申し込んでください。

プロミスカードの磁気不良を判断する方法

磁気情報が破損している場合には、ATMに入れても各手続き画面が表示されず、取り扱えない旨を表示して返却されてきます。
プロミスカードが利用停止になっていたり、限度額がいっぱいでこれ以上借り入れできない状況とは明らかに違う挙動で、カードそのものがそのATMで受け付けないというのが特徴です。

念のためにカードを入れる向きを間違えていないかどうかチェックして、それでもそのような状態なら、プロミスに問い合わせて確認するとよいでしょう。

⑥収入証明書の提出を拒否した場合

考えられる原因6つめは「収入証明書の提出を拒んだ為」です。
収入証明書を提出しない場合、カードの利用が停止されることがあるのです。

[収入証明書の提出を求められるパターン1.借入額が一定の金額を越えているとき]

プロミスでは他社を含む借り入れ金などをチェックしており決められた金額を越えていると収入証明書の提出を求めてきます。
これを拒否してしまうとカードが停止されます。

[収入証明書の提出を求められるパターン2.収入証明書の有効期限が切れているとき]

収入証明書には「3年」という期限があります。
前回の提出から3年が過ぎると再度収入証明書を提出しなくてはなりません。
提出がなければカードの利用は停止されます。

[収入証明書の提出を求められるパターン3.プロミスが必要としたとき]

特に思い当たる理由がなくてもプロミスから要請があれば収入証明書を提出しなければなりません。
これも提出しなければカードは停止されます。

復活方法収入証明書の提出

この場合の復活方法は「収入証明書を提出すること」です。
他の対策はありません。

特に問題がなければ収入証明書を提出するだけで借入枠が復活します。

しかし、このときに、事前申告していた年収と収入証明書の金額に大きな差があれば、借入枠が復活しないことがあります。
虚偽の申告をしていたり、年収の変更を届けていなかったりすることで信用がなくなるからです。
さらに総量規制に引っかかっていることが判明した場合も枠は復活しません。

収入証明書を提出しても利用停止が解除されない場合

「総量規制にも引っかかっていない!それなのに収入証明書を提出しても利用停止が解除されなかった!」
こんなときも、信用情報がブラックになっているというわけではありません。

そのため他社であれば申し込みをすると審査に通り、借り入れが出来ることがあります。
なお総量規制に引っかかっている場合は、消費者金融ではなく銀行系のカードローンに申し込みましょう。

なぜなら銀行系カードローンは総量規制の対象外となるからです。

⑦自宅住所や勤務先など変更の未届

考えられる原因7つめは「自宅住所や勤務先などの変更が未届であることがバレた為」です。

プロミスでは、
・自宅や勤務先の住所、電話番号
・家族構成
・年収
などに変更があったら必ず届け出をするように規約で定めています。

この届け出が行われなかった場合も、借り入れが出来なくなってしまうことがあるのです。
理由はもちろん「信用が低下したため」となります。

自宅や勤務先というのは利用者の信用をはかるための大切な要素となります。
そういった大事なことを申告しないのですから、信用度が下がるのは当然といえます。

変更した際にはきちんと届出を行う

この場合の復活方法は「きちんと届出を行うこと」です。
申込したときと状況が変わったら、まず届け出を行いましょう。
きちんと届け出をすることにより、すぐに利用停止を解除してくれることがあります。

ただし届け出の内容によっても状況は変わります。
たとえば年収が大きく下がっていることが判明したり、総量規制に引っかかっていることが分かったりした場合、復活は難しくなります。
それでも信用を落とさないためには、まずはきちんと届け出を行いましょう。

プロミスの基本情報

プロミスなら年中無休24時間、パソコン・スマホからいつでも申し込み可能なので今すぐにでも手続きできます。
申し込んでから長々と手続きに時間がかかったりしません。

審査はとても速く最短で30分、契約までは最短で1時間です。
原則収入証明書は不要、来店も不要、面談も不要、手続きはweb完結など手軽でストレスフリーな申し込み!さらに契約後には自動契約機でプロミスカードを受け取れます。

プロミスは三井住友銀行などのSMBCグループです。

カードが使えない場合にチェックしておきたい対処法とは

突然カードが使えなくなると、借り入れができずに困ってしまったり、もう二度と利用できないのかと不安になってしまいます。
そんな時は、焦っていろいろと行動をするよりも、まずはプロミスに電話で連絡をするのが1番です。

プロミスに電話をすれば、なぜカードが利用停止になってしまったのか、原因を教えてもらえますし、もし返済が遅れているなどの理由があれば、返済する意志を伝えたり、返済計画の相談に乗ってもらうこともできます。

プロミスコールもしくは無人契約機へ

プロミスのカードが使えなくなった場合は、まずはプロミスコール(0120240365)に電話をしてみましょう
自動音声なら24時間対応、オペレーターによる対応は平日9:00~18:00が受付時間となっています。

また、近くにプロミスの無人契約機がある場合は、そこからオペレーターに相談することもできます。
無人契約機は土日でも夜22:00(一部店舗では異なる)まで営業しているので、忙しい人でも利用しやすいです。

借り入れできなくなってしまったという人のためのお勧めカードローン

「延滞はしていないのでブラックになったわけではないが借り入れが出来なくなってしまった…」
そんなケースは意外と多いものです。
余裕があれば復活するまで返済を続けて待ちましょう。

しかし、借り入れがしたいという場合は、プロミスの復活を待たずに他社に新規申し込みをしたほうが早いです。
ブラックではないという場合は審査に通る可能性は高いでしょう。
そこで、突然借り入れが出来なくなったという人におすすめのカードローンを紹介します。

プロミスが復活できない人にオススメなのはSMBCモビット

プロミスから借り入れが出来なくなってしまった、というかたにまずオススメなのがSMBCモビットです。
「同じ消費者金融なのに借りられるのだろうか」と感じるかたもいることでしょう。

しかし、収入証明書を提出せずに利用を停止されたり、数日の延滞を繰り返したりしてプロミスから借り入れを停止されたのであれば、ブラックの状態ではないはずです。

繰り返しになりますが、このようなときは新規申し込みをして審査に通る可能性はあります。
そこでまずSMBCモビットについて紹介します。

SMBCモビット

SMBCモビットも最近話題となっている、安心のSMBCグループの会社です。

SMBCモビットの特徴としては、10秒の簡易審査システムがあるところです。
他の消費者金融で審査に落ちて、申し込みが不安な人も気軽に審査に通る可能性を確認することができます。
SMBCモビットなら、審査は最短30分で完了します。。

また、電話連絡や郵送物がないWEB完結申込があるので、同居する家族などに知られたくない方におすすめです。

融資は最短即日ですが、時間帯によっては翌日になる場合もあります。

アコムの審査に落ちた人には

SMBCモビットの審査にも落ちてしまった!という人にオススメなのがアイフルです。
知名度では、今のところアコムやプロミスのほうが高いといわれています。

しかしクチコミによると「アコムやプロミスの審査では落ちたがアイフルの審査には通った」という人がいるのです。
そこでプロミスやアコムの審査に落ちてしまった場合は、アイフルに申し込んでみましょう。
アイフルも安定した収入があれば主婦や学生でも申し込みが可能となっています。

アイフル

アイフルではHPに「1秒診断」を用意しています。
審査に通るか不安なかたは、まずこの1秒診断を利用してみましょう。
年齢、雇用形態、年収、他社借り入れ額を入力するだけなので簡単です。

アイフルの場合も審査最短30分、借り入れまで最短60分、と業界では最速クラスの対応をしています。
借り入れ限度額は1~800万円までとなっています。
審査通過率が高いといわれていることから、申し込んでみる価値はあると考えられます。

アコム

プロミスとアコムに大きな違いはありません。
アコムでは、審査最短30分、借り入れまで最短60分。

即日融資に対応しており、30日間の無利息期間も用意されています
このアコムにも、プロミスと同じように「3秒診断」があるため、審査に通るか不安なかたは試してみましょう。

さらにアコムではカードローンにクレジットカード機能をつけることも可能です。
また、アコムも主婦や学生でも安定した収入があれば申し込みが可能となっています。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

アイフル
プロミス
SMBCモビット
レイクALSA

特徴からさがす

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.