最終更新日:2019年08月03日

プロミスで借入ができない3つの理由と対処法

プロミスの借り入れで利用可能額が0円になる原因

前回までは問題なく借り入れができたのに、急に利用可能額が0円になっていたり、その通知が来たりすると驚いてしまうでしょう。これが急な出費の時だったら、どうすればいいのか途方に暮れてしまいます。

しかし、何も原因がなくて借り入れをストップされることはありません。なにかしら原因があるので、落ち着いて思い返してみましょう。使い方の問題や借入に関する環境の変化はないでしょうか。原因がわかれば解決方法も分かるので、引き続き利用できるようになります。

カードやATMに不具合が起きている

プロミスからお金を借りようとATMにカードを入れたのに正常に借り入れができない場合、カードやATMに問題があるケースがあります。カードの磁気に異常が生じた場合には正しく取引ができなくなってしまうことがありますし、カードが欠損したり汚れがある場合も同様に正しく情報が読み取れないので、まず確認をしましょう。

またATMがメンテナンス中ということも考えられます。原則24時間利用できますが、深夜の時間帯などにはメンテナンスで利用できないこともあります。

利用限度額まで借り入れをしている

カードローンは発行時に上限金額を設定されています。その範囲内なら何度でも繰り返し簡易的な審査で借り入れが可能です。上限金額はその方の収入や他社での借入金や実績によって決まります。一人ひとり異なってきますし、途中で引き上げや引き下げもあり得ます。ずっと固定ではないので、最新の上限枠を把握しておく必要があります。利用上限枠いっぱい借りてしまうと、それ以上は借り入れはできないようにカードが使えなくなります。それが借入金がゼロ円となってしまう現象です。まずは借りているトータル金額が、上限枠まで行っていないか確認しましょう。

他のカードローンを利用する方法も

手持ちのカードローンの上限枠いっぱいまで借りてしまったら、そのカードでは借り入れはできません。どうしても今、現金が必要な場合は他社のカードローンを利用するのがおすすめです。既にめいっぱいの金額まで借りているカードローンの会社で、他の銘柄のカードローンやキャッシングをしても、残高はわかっているので新規の受付は厳しくなります。

しかし、他社なら審査で借りられる金額を判断してカードローンを新たに受付してくれます。他社で作って、その場のピンチを切り抜ける方法も頭に入れておくと良いでしょう。

個人情報が変わっているのに連絡をしていない

カードローンは一度作ると、上限枠まで問題がなければ繰り返し利用できます。審査したその時の内容で返済能力あり、信頼がおける返済意思のある人と判断しているのです。ですから、そこから何らかの変化があれば、連絡して知らせるのが義務になっています。

例えば住所や電話番号の変更、勤務先が変わったなどです。それを怠ってしまうと、何かあった時に連絡が取れない人、支払いの信用力が変わってしまったなどマイナスにとられてしまいます。連絡が取れないと金融機関もこれ以上貸付るのはリスクがありますので、利用可能額もゼロされる可能性は高いです。

他の消費者金融に個人情報を正しく申告し借り入れをする

返済実績に傷がついた

利用可能額がゼロになってしまう原因の1つに、返済実績が良くないと判断されたケースもあります。具体的には延滞です。さすがに今借りている分を返済していないのに、新たに貸し付けることはできません。そのため、返済がないなら借りられないという状態にするのです。

この状態のときは慢性的な延滞ではなく、うっかり程度なら返済をすれば解除されることも多いです。しかし、何度も繰り返したり、返済のお願いにも応じないと、長くカードローンが利用できないままということになってしまいますので気を付けましょう。

総量規制を超える借り入れをしている

借入金額には総量規制という貸金業法で定められたルールがあります。それが収入の3分の1までしか借入できないという内容です。これは多重債務者が増えて社会問題になったために出来た法律で、債務者を守るためです。収入の3分の1とは、1社に対してではありません。貸金業全部を足した金額を意味しますし、審査の際に他社の残高も照会できるのでわかってしまいます。借入金額が総量規制に達してしまうと、いくらカードの上限まで余裕があっても、新たな貸し付けは法律で禁止ですのでできなくなります。そのため利用金額ゼロと変わってしまうのです。

年収が下がったことが原因で総量規制を超えることも

法律で厳しく制限されている総量規制ですが、収入の3分の1というルールですので、収入が落ちれば貸付可能額もおのずと下がります。

例えば転職などした後で、新たにキャッシングやカードローンを申し込みしたとします。添付書類として収入証明書を提出して審査を受けます。すると収入に関する情報が更新されるので、他社もそれに合わせた貸付になります。

あくまでも現状の収入に対しての総量規制ですから、下がってしまうと総量規制も低くなってしまい、利用可能額も落ちてしまうことも出てきます。

自分の借り入れ額をしっかり把握しておく

賢くキャッシングを利用するためには、現在自分がどのくらいの借り入れを行っているのか金利はどのくらいで毎月の返済はどのくらいなのかなどの情報をしっかり把握しておくことが大切です。特に複数の会社のキャッシングを利用している場合、各社毎に借入額や適用されている金利、毎月の返済日などが異なるケースが多いため、返済管理が難しくなります。

キャッシングはできる限り一社のみとし、複数社から借りている場合は借り換えをして一本化することをおすすめします。

限度額50 万円超えで契約している方は注意

知らない間に借り入れができなくなっていたり、キャッシング限度額が引き下げられてしまった場合、自分自身の生活環境の変化なども鑑みてみましょう。例えば転職をして前職よりも年収が下がってしまった場合などには、総量規制の関係もあるため、自然と利用限度額は引き下げられてしまいます。

特に利用限度額を50万円超えで契約している場合には注意が必要です。50万円超えで契約すると収入証明書の提出が必須となるのですが、収入証明書は3年毎に提出を求められるため、年収が下がってしまった場合などには高確率で限度額も引き下げられます。

小さい返済遅延の積み重ねが影響する

キャッシングが利用停止になったり、限度額が引き下げられる大きな要因として、返済の遅滞が挙げられます。たとえ遅滞額が少額であっても、遅滞期間が短期間であったとしても繰り返し遅滞をしているとプロミスから「要注意人物」とみなされてしまいます。

また遅滞を繰り返してブラックリスト入りをすると、プロミスのキャッシングが利用停止になったり、他社からの借り入れも難しくなってしまうため、返済は確実に行うことをおすすめします。

実際にはどのくらい返済遅延すると利用停止になる?

キャッシングが利用停止になるまでの回数や期間は利用実績や各キャッシング会社ごとに異なるのですが、一般的には最後の返済から2ヶ月以上返済がない場合や、通算で3回以上返済を遅滞した場合にキャッシングは利用停止となります。

なおほとんどのキャッシング会社では突然キャッシングを利用停止にするのではなく、催促の連絡を入れたり警告の文章を郵送したりします。催促や警告があった段階で誠意のある対応を取れば利用停止になる可能性はほとんどないので、催促や警告は無視せずに真摯に対応しましょう。

他社からの借り入れで返済が遅れている

他社からもお金を借りている場合、他社の返済をしっかり行うことも大切です。キャッシング会社では会社間で利用者の借入状況や返済情報などを共有しています。そのためたとえプロミスへの返済を真面目にしていても、他社への返済を怠った場合その情報はプロミスにも伝わり、プロミスに「要注意人物」とみなされてしまうのです。

逆にプロミスで返済を遅滞した場合、その情報は他社にも伝わり、他社での借り入れが難しくなってしまうことも覚えておきましょう。

プロミスの利用額を復活させる方法

カードローンで利用可能額がゼロになって、事実上借入ストップになってしまう原因はいくつかあります。もし、心当たりがある項目があれば電話して確認してもいいですし、素早く対処するのも1つの方法です。すると、解消されて前と同様に利用できるように戻ります。

しかし、すぐに解消できない状態や原因もあります。そんな時も焦らずに違う方法でアプローチしてみると、急場をしのげます。まずは原因を探って、対応できることなら素早く解消させ、難しいようなら他の方法も試してみましょう。

最新の個人情報を伝えることを忘れない

個人情報は常に最新の物ではなくてはなりません。そのため引っ越しをしたり、電話番号を変えたり、転職したときには通知することが必要です。通常、支払いが正常であればローン会社からの連絡はありません。だから、いちいち伝えなくても支障がないだろうと思ってしまいがちです。

しかし万が一の時のために、個人情報の定期的なチェックは行っていますので、違う情報が出てきたり利用不可の状態の情報では不審を招くだけです。そこで情報を塗り替えるべく、新しい情報を伝えることで利用可能額が戻ることも多いです。連絡がいつでも取れる信頼のおける顧客になるようにしておくのが重要です。

プロミスコールに連絡して調べてもらう

時間がないという方にも安心できるのがプロミスコールです。休みの日はなく毎日営業しています。フリーダイヤルで審査や相談を付けてくれます。嬉しいことに女性専用の電話もあるので、難しかったり恥ずかしいこともありません。

心当たりがない場合や、確実に理由を突き止めて対処したいときなどに、まずは連絡して詳しく調べてもらうこともできます。プロミスでは情報共有ができているので、プロミスコールのスタッフでもある程度は状態をチェックできます。

もし個人情報の問題ならその場で申請しても良いですし、利用額ゼロの理由がわかれば次の行動もとれます。

返済を進めて残高を減らす

総量規制がある限り、借入全体を収入の3分の1以下にする必要があります。それ以上の金額は、いくら今まで返済実績が良くても法律違反になるので不可能です。そうなると方法は1つ、返済を進めて残高を減らすことです。

地道なことですが、返済をして残高を減らせば総量規制にも引っ掛からなくなります。もし余裕があるなら、一部繰り上げ返済などして減らすことも手段としてあります。コツコツ毎月返済していくのも残高を減らすために有効です。総量規制までゆとりができたと判断されれば、また利用できるように復活します。

今すぐにお金が必要な場合の解決法

突発的にお金が必要になったのにもかかわらず、現在契約しているキャッシングが利用できない場合、別のキャッシング会社に新規で申し込みを行うことで窮地脱することができます。最近ではネットで申し込みができ、最短で即日借り入れができるキャッシングサービスも多いので、緊急でお金が必要となった場合には別の会社のキャッシングを利用しましょう。

なお申し込みをする際はネットやスマートフォンのアプリからの申し込みをすることでスムーズに契約ができます。

30日間金利ゼロ円のカードローン

給料日前などで一時的に金欠状態に陥っており、短期間の借り入れをお得に行いたい場合におすすめなのが、30日間無利息キャッシングができるカードローンの活用です。有力なキャッシング会社では初めての利用者が一定の条件を満たして契約をすることで、最大で30日間無利息で借り入れができるキャンペーンを実施しているのです。無利息期間中に借り入れを行い、無利息期間が終わる前に完済をすれば支払い金利を0円とすることさえも可能となります。

無利息期間があるカードローンはこちら

プロミスでも30日間の無利息期間があるのですが、プロミス以外ではアコム・アイフルといったキャッシング会社が30日間の無利息期間があります。アコムは初めてカードローンを契約し、返済サイクルを35日ごととして契約することで契約日の翌日から最大30日間金利0円で借り入れができます。

一方のアイフルですが、こちらも初めての利用者が無担保型のカードローンを契約した場合、契約日の翌日から最大30日間無利息での借り入れが可能となっています。

レイクALSA

新生銀行系列のレイクALSA短時間で審査結果から振込まで完了する、急いでいる方にぴったりのカードローンです。日曜日を除く21時までにすべての審査を完了すれば、当日に振込ができるので安心です。

さらにWEB申し込みなら最短で60分で、振り込みまで対応してくれる柔軟な体制を整えています。審査結果だけならWEBなら最短15秒で画面で知らせてくれるので、計画的に申し込みがしやすいのが特徴です。

初めて利用する方には2つの無利息サービスがあるので、自分に得になる方を選ぶこともできます。審査スピードがあるので、急ぎの時には心強い味方になってくれます。

銀行カードローンを利用する

安心感と信頼性で言うと銀行のカードローンは抜群です。もし、これから先も含めて利用したいという場合には、銀行のカードローンも選択肢に入れておくのも良いでしょう。

銀行の場合のメリットは低金利で、上限枠も高くできる点です。最近は銀行のカードローンの審査もスピードが増して、手続きも面倒なことが減ってきて敷居が低くなっています。難しいと気がまえることはありませんので、まずは情報を集めて検討してみると損がありません。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行のカードローンは年利が2%から14%と低く、上限は800万円までと広いです。みずほ銀行でも申し込みはWEBから24時間できるようになっているので、わざわざ窓口まで行く必要はなく、全国から受け付けているのも魅力的です。

さらに嬉しいポイントは住宅ローンを利用している方は、さらに低金利になります。通常の年利から0.5%差し引いてくれるので、1.5%から13.5%になり業界最低水準の金利で借りることができます。この差は返済時にトータル金額を考えると大きいです。

ただみずほ銀行の口座が必須ですが、申し込み時に同時に作ることも可能です。返済時のATM手数料はコンビニATMも含めて無料なのも煩わしさがなくて実用的な嬉しいサービスです。