最終更新日:2020年03月12日

プロミスコールの活用法と営業時間|困ったときはこの番号へ

プロミスのサービス内容について

プロミスは、SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンスにより運営されていて、最短で1時間という非常に速いスピードでキャッシングを利用することが可能です。担保も保証人も不要で、運転免許証などの身分証明書を提示できれば借り入れをすることができます。振込は24時間対応可能で、すぐにお金が必要な事情がある人でも安心です。2020年オリコン顧客満足度調査ノンバンクカードローン1位の実績があります。

プロミスの営業時間について

急な出費ができると慌ててしまい、すぐにでも現金を手に入れたくなります。そこで大切なのが消費者金融の営業時間ですが、窓口によって営業時間や休日は異なります。
プロミスでは「お客様サービスプラザ」「インターネット」「プロミスコール」「自動契約機」と4つの窓口を設けており、それぞれに特徴があります。その内容を十分に理解したうえで、自分に合った窓口を選択しなければいけません。営業時間を把握しておけば、冷静に対処できて慌てることもありません。

「お客様サービスプラザ」

お客様サービスプラザの営業時間は平日の10:00〜18:00 で、土祝日は休みです。ただし、店舗によって営業時間や休日が少し異なるので、あらかじめ調べておく必要があります。
キャッシングの申し込みをはじめとして、様々な手続きを行うことが可能です。担当者と顔を合わせて手続きできるので、分からないことも相談しやすい安心感があります。営業時間が18時までと長くないので、急いでいる場合には他の手段を選んだ方が良いです。

「インターネット」24時間対応

インターネットは24時間体制で営業しているので、自分の都合に合わせた申し込みができます。また、パソコンやスマホから手続きができるため、簡単で手軽な一面があります。忙しくて足を運んでいる時間がない時には、おすすめの申し込み方法です。
プロミスはネット上に会員専用ページを設けており、キャッシングに関する様々な情報を取得することができます。ネットを経由すれば、お得なポイントサービスを受けられるという利点もあります。

「プロミスコール」電話番号は?

プロミスの設置している電話対応は、プロミスコールと呼ばれています。
電話番号は「0120-24-0365」です。
この電話では様々なものについて対応してもらうことが可能で、契約の詳細やプロミスカードの紛失と言ったトラブルの対応、近くの返済場所の案内を受けたり、返済に関する様々な相談に乗ってもらうことも可能なとても便利なサービスと言えます。
このプロミスコールについて各種項目をまとめ、紹介していくのがこの記事です。

プロミスは24時間電話によるサポート

電話によるサポート時間は24時間365日です。
つまりプロミスの電話対応はいつでも、どこでも可能なとても厚いサポート体制となっている点が特徴と言えます。そのため、出先で休日の早朝に電話をかけてもきちんと対応してくれるという点でとても便利です。
そんなプロミスコールは相談内容は、返済、増額と言った契約に関するものや紛失などのトラブルにも対応していますが、営業時間外(平日の9時〜18時以外)は自動音声なのでプッシュして選択するという点や相談できる内容に限りがある点に注意して利用する必要があります。

自動音声とオペレーターの違い

プロミスの電話対応は、平日の9時〜18時がオペレーター対応それ以外が自動音声の対応となります。オペレーター対応の場合はとても柔軟に対応することができるのですが、自動音声での対応の場合、制限があり契約関連のことについてのみ対応するという仕組みです。
その内容は申込み(キャッシングなど)、各種確認(支払先銀行口座、支払期日、利用残高やその利息額など)、相談(支払期日)のみになり、対応に制限があるということに注意が必要と言えます。

プロミスコールサービスの利用方法と営業時間

プロミスコールのフリーダイヤルに電話をすると、自動音声が流れます。それから、自分の利用したい内容に当てはまる番号を押します。
利用できる内容は、

1.新規申し込み(9:00〜22:00)
2.各種問い合わせ(24時間音声自動応答)
3.各種問い合わせ(オペレーター対応平日9:00〜18:00)
4.カード紛失・盗難受付(24時間)

となっています。2以外はオペレーターが対応しますが、内容により受付時間が異なるので注意が必要です。

自動音声では返済期日延長の申請も可能

2の各種問い合わせでは、自動音声対応で利用額や利息の確認、振込によるキャッシングの申し込みをすることも可能となっています。また、期日前なら、自動音声対応を利用して、30日間の返済期日の延長も申し込むことができます。24時間受付可能となっているので、急に返済が間に合わないという事情ができた場合でも、オペレーターが対応していない時間帯でもいつでも申し込むことが可能です。ただし、返済期日の延長はできますが、その分の遅延利息は払わないといけないので注意しましょう。

解約手続き、限度額変更はプロミスコールのみの対応

便利な自動音声サービスですが、中にはオペレーターでなければ対応できない内容もあります。解約手続きはオペレーターとのやりとりか、店頭での手続きのどちらかとなります。普段はオペレーターが対応していない時間帯に自動音声対応で手続きを済ませていたり、ネットを利用している人でも、これらの場合はオペレーターが対応している時間帯にプロミスコールで手続きする必要があります。限度額の変更や解約手続きもプロミスコールをする必要があります。限度額の変更には審査が必要になるため、オペレーターとやりとりしなければなりません。

返済に困ったらオペレーターに相談してみる

30日間の返済期日延長なら自動音声サービスでも申し込むことができますが、更にそれより返済が遅れそうな場合は、プロミスコールを利用してオペレーターに相談する必要があります。返済計画を立ててくれたり、返済期日の相談にのってくれるなどの柔軟な対応をしてくれる場合があります。もっともよくないことは、返済ができないからといって、そのままなんの連絡もせずに放置してしまうことです。プロミス側から督促の電話が来てしまい、印象が悪くなってしまいます。

返済に遅れそうな時、どのタイミングで相談する?

消費者金融への返済が遅れると、怖い人たちが取り立てに来るという恐ろしいイメージを持っている人も多いですが、実際にはそのような乱暴な取り立ては法律で禁止されているため、心配はありません。とは言っても、期日までの返済が難しいとわかった時点で、勇気を出して担当者に電話をして期日などの相談に乗ってもらった方が良いです。返済が遅れてから督促の電話が来るよりも、事前に相談した方がずっと利用者としての印象はよくなります。

キャッシング依頼も電話で可能、24時間対応!

自動音声にサービスの制限がありますが、キャッシングの依頼は自動音声でも対応できます。
そのため、早朝でも同じ日に対応してもらえますし、休日の夜でも対応可能です。
さらに休日や深夜早朝にかかわらず10秒で振込(三井住友銀行およびジャパンネット銀行の口座を指定した場合)というサービスも行っているため、これらの口座であれば深夜でも休日でも入金されます。
ちなみに基本的に自動音声で依頼した場合、それ以外の口座は翌営業日の朝9時半ごろ振込となる点や三井住友銀行は毎週日曜PM9〜月曜AM7時までサービス停止している点や元日のみ一切の振り込みが停止する点に注意です。

契約者以外も電話対応可能

契約者でなくても電話で対応可能。契約者以外でもこのプロミスコールが対応しています。
もちろん契約者同様に24時間365日対応しており、契約方法や利用に関する各種相談や自動音声による案内なども実施しているのが特徴です。
このようにプロミスは契約前の人でも安心して利用できる工夫がされているため、気になる点があればいつでも電話をして相談してみるのをお勧めします。
自動音声であっても基本的な情報を案内してくれるため、深夜や早朝でも気軽に相談できるのが魅力です。

電話で新規申し込みも可能

キャッシングの新規申し込みもプロミスは電話で受け付けてくれます。
だたし、新規の場合は24時間ではなくオペレーターが直接対応するため9時〜22時となっており時間制限があります。しかし、土日祝日という点や平日の9時〜18時のみの通常のオペレーター対応より時間が長く対応日も多いのが特徴です。
口頭で審査(契約者の個人情報などの確認)を行ってくれるため、自動契約機での新規申し込みに抵抗がある方におすすめできる方法と言えます。

緊急事態には時間外対応!(カード紛失時など)

プロミスには自動契約機で気軽にキャッシングができるプロミスカードがあります。しかし、このカードの不測の事態(紛失、盗難、不正利用)があった場合もすぐに電話をすれば対応してもらうことが可能です。
こちらは緊急の対応が必要になるため24時間対応しており、自動音声による自動対応ではなくきちんとオペレーターが肉声で対応を行ってくれます。そのため、柔軟なトラブル対応が期待できるという点で安心のサービスです。
もしプロミスカードがなくなったと思ったら即連絡して、利用停止などの措置をしてもらうことをお勧めします。

女性専用ダイヤル

キャッシングは、なんとなく抵抗がある。特に女性はそう思うことが少なくありません。
そういった悩みに対しても電話対応できちんとフォローするレディースコール(0120-86-2634)が設定されてます。
これは、女性専用の女性スタッフによる電話対応で、あらゆる相談にオペレーター対応を行ってくれるサービスです。
受付時間も9時〜22時と一般的な対応より長いという点でメリットがあり、女性の方は通常の電話よりもこちらのレディースコールを利用した方が便利と言えます。

会員サービスで24時間確認可能なもの

プロミスの電話合対応は会員(契約者)向けに確認や取引が可能です。
取り扱いとして、サービス(返済通知のメール、振り込みキャッシングの依頼、プリペイドのチャージ、インターネット返済、ポイントサービス)、設定(口座振替、限度額の変更など各種設定変更)、照会(取引履歴、利息)が挙げられます。
これら以外にも専用アプリからも利用可能です。また、ポイントサービスもあるのでこれらのサービスなどを利用するのもお勧めします。

プロミスホームページの「よくあるご質問」で疑問を解決しよう

自分の疑問は他の人の疑問であることも多くあります。そういった意味で疑問が出たら、まずサイトを利用するのがお勧めです。
プロミス公式サイトの「よくあるご質問」に返済や契約、キャッシングの内容、利息の関連法規(改正貸金業法)やスマホアプリの案内があるため自分の疑問が乗っている可能性も少なくありません。また、同じくサイト内にお問い合わせフォームがありますから、急ぎでない場合は文章で丁寧に対応してくれるのでこちらもおすすめです。
ただし、回答の時間がやや遅くなることがあり、21時〜9時の受付分は、翌日の9時以降になる点に注意して利用しましょう。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)