最終更新日:2020年05月12日

プロミスのアプリローンとは?メリットや審査基準など解説

ここがうれしい、ここが凄い!プロミス「アプリローン」の特徴

プロミスのアプリローンは、スマートフォンのアプリを利用した申し込みをする方法です。

専用アプリをダウンロードすれば、そのアプリを利用するだけで申し込みから審査、融資までの全ての手続きを済ませることができるのです。

現代はスマートフォンを持っている人は非常に多いので、手軽で便利なアプリローンは是非おすすめしたい方法といえます。

そんなアプリローンには、どのような特徴やメリットがあるのでしょうか。詳しく解説していきます。

最短1時間で融資を完了できる!

アプリローンの大きな魅力は、融資までのスピードの速さです。

アプリローンなら、最短1時間という非常に早いスピードで融資が完了します。

アプリ上から「振込キャッシング」の手続きができるので便利です。

平日の14時50分までに手続きを終わらせることができれば、契約完了次第、すぐに指定口座に入金が可能です。

とにかく急ぎでお金がほしい、即日融資を希望しているという人には、素早く融資を受けられるアプリローンがおすすめです。

カードありでATMから借り入れる場合のタイムリミット

プロミスのカードを受け取る方法は2種類あります。

・プロミス自動契約機 
・郵送

郵送を利用する場合には、カードの到着まで早くても数日はかかってしまうため、ATMを使用して即日融資を受けることができません。

そのため、当日中にカードありでATMからの借入をする場合には、自動契約機の利用しなければなりません。

プロミスの自動契約機は営業時間が「9時~22時」(※一部店舗は21時まで)となっています。

web申し込みで審査結果を受け取り、自動契約機を利用方法がおすすめです。

アプリローンの融資を受ける場合のタイムリミット

プロミスアプリローンはカードレスのキャッシングです。

セブン銀行ATMを利用して、カードを使うことなく、アプリでの借入をする方法です。

このアプリローンで即日融資を受けるには、審査対応時間の21時までに全ての手続きを完了させる必要があります。

21時までに全ての手続きをすませれば、セブン銀行ATMを利用して、24時間いつでも借入ができます。

すぐに借り入れをしたい人は、審査対応時間内に手続きを終えるように気をつけましょう。

土日祝にも即日融資!

アプリローンなら、土日祝日でも即日融資が可能となっています。

借入方法は、銀行振込だけでなく、セブン銀行の「スマホATM取引」を利用することができます。

セブン銀行のスマホATM取引を利用すれば、原則として24時間365日いつでも借り入れが可能です。

時間や曜日に関係なくいつでもすぐにお金を引き出すことが可能です。

銀行は土日祝日は休業日となっていますが、セブン銀行のスマホATM取引なら、いつでも融資を受けることが可能です。

カードレスでも利用可能!

アプリローンでは「ローンカード」は使うことがありません。

基本的に、借入までの全ての手続きをスマホのみで行なうことが可能となっています。

そのため、アプリローンではカードの発行をする必要がありません。

消費者金融のキャッシングをしていることが周りのバレてしまう原因のひとつに、「消費者金融のカードを見られてしまった」というパターンがあります。

アプリローンなら、カードを発行することがないため、このようなリスクがありません。

郵送物はナシ!

アプリローンを利用すれば、郵送物が送られてくることは一切ありません。

アプリローンならローンカードの発行をする必要がなく、契約書等が郵送されてくることがなく、家族に見られることもありません。

利用明細も全てWEB上で管理されているため、自宅に明細書が郵送されることがありません。

このようなことから、アプリローンを利用すれば「郵送物が届いて一緒に暮らしている家族に見られてしまうのでは」という心配事を解決することができます。

これまでのプロミスアプリでできたこと

これまでのプロミスアプリは、以下の便利な機能がありました。

・証明書のカメラ撮影
・店舗検索 
・返済シミュレーション 
・残高確認 
・振り込みキャッシング依頼
など

プロミスを利用している人にとって、ちょっとしたことを確認するためにはプロミスアプリは便利です。

特に振り込みキャッシングの依頼は、プロミスアプリを使えばスムーズにできます。

これまでプロミスには、プロミスの利用中に便利にな機能が使えるアプリがありました。

アプリローンの利用条件は?

それでは、アプリローンの利用条件について説明していきます。

アプリローンの利用条件は、「プロミスのアプリに対応しているスマートフォンかダブレット端末持っていること」ということだけです。

正式に対応していると確認できているOSと端末は以下のになります。

Android OS 4.2.2、5.0、6.0、7.0
Android端末 ARROWS NX F-01F/Android 4.4.2、GALAXY S5 SC-04F/Android 5.0、Xperia Z3 SO-02G/Android 6.0、Nexus 6P/Android 7.0 
iOS  8.0、9.3、10.2 
iOS端末  iPhone6 Plus/iOS8.0、iPhone6s/iOS9.3、iPhone7 Plus/iOS10.2

商品自体は違いなし?普通のプロミスとアプリローン

プロミスのアプリローンはあくまで申込方法のひとつです。

そのため、お得な条件があるわけではありません。

貸付条件は他の申込方法と同様となっています。

プロミスの貸付条件は以下のとおりです。

・限度額 500万円まで 
・金利 4.5%~17.8%(実質年率) 
・返済方式 残高スライド元利定額返済方式 
・返済期日 5日、15日、25日、末日の中から指定 
・返済期間・返済回数 最終借入後、原則最長6年9ヶ月・1~80回 
・資金使途 生計費に限る(個人事業主は、生計費および事業費に限る)

専用アプリでの申し込み・書類アップロード方法を解説

アプリローンでの申し込みと、書類のアップロード方法について説明します。

アプリローンでの申し込みと、書類のアップロードは以下の流れとなります。

・アプリをダウンロード
・申し込み~書類提出 
・審査~審査結果の通知 
・契約

このように、アプリローンを利用すれば、申し込みから契約までをアプリ上のみで簡単に行うことができます。

忙しくて時間がない、できるだけ早く借り入れをしたい、という人には最適な方法といえるでしょう。

アプリをダウンロード

アプリをダウンロードするのはとても簡単です。

まずはプロミスの公式アプリを入手します。

アプリはプロミスの公式ホームページから「QRコードでインストール」するか、使用しているスマホの種類に応じて「App store」・「Google Play」から入手することができます。

普段からスマホをよく使っている人であれば、特に問題なくスムーズにダウンロードすることができるでしょう。

Google検索でキーワードを入力してもいいでしょう。

申し込み~書類提出

アプリのダウロードが完了したら、アプリの起動をさせます。

「新規お申し込み」をタップし、必要事項を記入し、送信します。

プロミスならではのアプリの便利な機能に、カメラで免許証や名刺を撮影するだけで、申し込みフォームに必要な項目が自動的に入力されるという機能があります。

わざわざ名前や住所などを入力する必要がないので、時間もかからず手軽に記入できて大変便利です。

カメラ撮影機能でサクサク入力を完了させましょう。

本人確認書類

プロミスのアプリローンの申し込みをする時には、本人確認書類が必要です。

通常は、「運転免許証」を提出することになります。

運転免許証がない場合は「パスポート」でもOKです。

それらを持っていない場合は、健康保険証プラス決まった本人確認書類が必要となるので、確認しておきましょう。

外国籍の人の場合、「在留カード」または「特別永住者証明書」をあわせて提出する必要があります。

スムーズに手続きを進めるために用意しておきましょう。

収入証明書類

以下のいずれかの条件当てはまる場合、収入証明書が必要となります。

・プロミスでの希望借入額が50万円を超える場合 
・プロミスでの希望借入額と他社での借入残高の合計が100万円を超える場合

上記のいずれかに該当する場合は、次の書類の中から1点用意する必要があります。

・源泉徴収票(最新のもの) 
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

給与明細書を提出する場合には、賞与がない人は直近2ヶ月の給与明細書のみでかまいません。

審査~審査結果の通知

書類提出をすると審査が開始されます。

審査は最短で30分で終了します。結果は申込時に記載「メールアドレス」または「電話番号」に連絡されます。

審査では「在籍確認」もあります。

申込時に記載した勤務先の電話番号に、プロミスが、「非通知・担当者の個人名」で電話をします。

職場の人が電話に出て、「ただいま◯◯は外しています」となった場合でも、在籍確認はOKです。

電話は非通知・担当者の個人名でおこなわれるので、プロミスからだとは知られません。

契約

審査に通ると、契約手続きをすることになります。

契約方法は「WEB」か「来店」の2つから選択可能です。

WEBの場合はアプリ上で、来店を選んだ場合は「自動契約機」か「プロミスの店舗」で契約をすることになります。

それから、「利用明細」の受取方法を選択します。

受取方法は「WEB」か「郵送」の2通りがあります。

利用明細は受取方法をWEB上にしておくのがおすすめです。

郵送にしてしまうと自宅に明細書が郵送で届くため、家族にキャッシングの利用がバレてしまうというケースもあります。

明細書の受取方法をWEBにしておけば、このようなリスクがありません。

アプリローンの審査基準。ポイントは?

この章ではアプリローンの審査基準・ポイントを説明していきます。

はじめに確認しなければならないことがあります。

それは、アプリローンといっても、何か特別な審査がされるわけではないということです。

プロミスのアプリローンというのは、あくまでアプリを利用して申し込むという、申込方法のひとつにすぎません。

審査基準も他の申込方法と違うということはありません。

通常の申し込み方法と同じような基準で審査が行われます。

プロミスの審査基準を解説

プロミスの審査基準は非公開ですので正確には分りませんが、消費者金融の審査は基本的に「スコアリング」でされています。

スコアリングとは、申込時に申告のあった情報や「信用情報機関」への照会することで、申込者の返済能力を採点化する審査方法です。

プロミスの審査に通過するためには、重要なポイントは以下の4つです。

・安定・継続した収入があるか
・他社からの借入が多すぎないか
・総量規制の範囲内であるか 
・他のローンやクレジットカードの返済を期日通りに行なっているか

審査通過のためのポイント4つを解説

プロミスの審査に通過するためには、重要なポイントは以下の4つとされています。

・安定・継続した収入があるか 
・他社からの借入が多すぎないか
・総量規制の範囲内であるか
・他のローンやクレジットカードの返済を期日通りに行なっているか

これらの条件を満たしていなければ、残念ながらプロミスの審査を通過することはできません。

逆に、これらの条件に問題がなければ、審査を通ることができる可能性は非常に高いといえるでしょう。

安定した継続収入があるかどうか

プロミスなどの消費者金融の審査では、特に「安定して継続した収入があるか」という点を重視します。

安定して継続した収入がない人だと、返済途中で収入が途絶えてしまい、返済不能になってしまうリスクがあるからです。

安定・継続した収入とはどういうものかというと、「将来的にも継続して得られる、高い収入」というものです。

たとえば、公務員なら、リストラや倒産のリスクがないため、大変有利です。

また、一般企業のサラリーマンであっても仕事を辞めない限りは、基本的に収入が途絶えることはありません。

他社からの借入が多すぎないかどうか

「他社からの借入の金額や件数」も重要なポイントです。

これらが多いと、その分月々の返済負担が多いということになり、返済できなくなるリスクがあると思われます。

返済できなくなるリスクがある人だと、延滞や貸し倒れの可能性が高いです。

プロミス側としても安易に融資することはできません。

逆に他社からの借入が少ない人だと、借入が多い人よりも、返済できる余力が大きいと思われるので、審査においても有利ということになります。

「総量規制」に注意!

プロミスは消費者金融であるため、「総量規制」の対象でとなっています。

このため、他の貸金業者(消費者金融・信販会社・クレジット会社)からの借入の合計と合わせて、年収の1/3までしか借入をすることができません。

たとえば、年収300万円の人なら1/3の100万円までしか借り入れをすることができません。

このため、他の貸金業者からの借入が年収の1/3に既に達していると、審査を通過することはできないので注意しましょう。

期日通りに返済を行なっているかどうか

他のクレジットカードや各種ローンの返済を、期日通りに行なっているかという点は非常に重要なポイントです。

日頃から返済期日を守っていない人の場合、プロミスでも延滞する可能性が考えられますり

期日に返済できないということは、返済能力に問題があって返済することができないと判断されてしまいます。

このような人に融資をするのはリスクがあり、プロミスも融資に慎重になります。

そのため、カードローンや各種ローン、クレジットカードなどすべての返済を期日通りに行なうようにしてください。

信用情報に事故情報がないかどうか

信用情報に問題がある場合、審査に通らない可能性が高いです。

いわゆる「ブラックリスト」のことです。

「長期延滞」、「強制解約」、「代位弁済」、「債務整理(任意整理・自己破産・個人再生)」などを起こした場合、事故情報として信用情報期間に一定の期間記録が残ってしまいます。

このような場合には、返済能力に大きな問題があるとして、審査で非常に不利になります。

信用情報機関にある事故情報は、5年~10年程度の間は消えないので、その間は審査に通ることができません。

アプリローンでの在籍確認の流れについて

アプリローンでも、他の申し込み方法を利用した時と同様に、審査の際には通常どおり「在籍確認」が必須となります。

在籍確認はら申込時に記載した勤務先の電話番号にされます。

いくら審査のために必要だとはいえ、勤務先にプロミスからの電話がかかってくるということで、プロミスでキャッシングをしようとしていることを知られないか、など不安がある人も多いかと思います。

そこで、ここでは在籍確認について詳しく説明していきます。

そもそも在籍確認って何?

在籍確認というのは審査のひとつであり、「申込者が申告した会社に本当に在籍しているか」ということを確認するために行われます。

この在籍確認をしなければ、虚偽の勤務先や収入を申告する可能性があり、申込者が本当にその職場に勤務していて、収入があるかということを確認することができません。

このため、そのような情報をしっかり確認をするために、在籍確認を行うことは、審査を進める上で不可欠であり、大変重要なことなのです。

いつ電話がくる?

在籍確認が行なわれるタイミングは、審査の最後の段階です。

スコアリング審査をしてから、「融資可能である」と判断された人だけに、在籍確認は行われることになります。

そうでなければ、勤務先に在籍確認の電話をした後になってかり「今回は融資できません」といった結果になってしまう可能性があります。

プロミスとしても効率的に審査を進めるために、在籍確認は最終段階で行うようになっています。

在籍確認までクリアすれば審査は通過できるでしょう。

電話内容は?

在籍確認の電話は、非通知でかけられ、プロミスではなく、担当者の個人名が使われます。

電話内容は以下のようになります。

プロミス担当者「わたくし◯◯申しますが、△△様(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」

申込者「△△は自分ですが」

プロミス担当者「今回は当社へのお申し込みありがとうございました。このお電話にてお勤め先の在籍の確認を終了とさせていただきます。担当の◯◯がお伝えしました」

というようにとても簡単な内容です。早ければ1分程度で終わるでしょう。

プロミスの電話だとバレないための言い訳を考えておこう

プロミスからの在籍確認の電話は、非通知でプロミスだと名乗られることもありません。

とは言っても、勤務先に個人名の電話がかかってくると、不自然に思われてしまうこともあるでしょう。

プロミスを利用することを知られないようにするためには、あらかじめ言い訳を考えておきましょう。

「クレジットカードに申し込みをしたから電話がくるかもしれない」という言い訳なら自然です。

クレジットカードを作る時にも在籍確認は行われることがあります。

スマホで借り入れ手続きする2つの方法を利用すればローンカード不要?

ここでは、アプリローンで申し込みした場合、どのようは借入方法があるか、その方法について詳しく説明していきます。

アプリローンでの借入方法は、

「振込キャッシング」
「スマホATM取引」

の2つの方法があります。

それぞれの方法により、借り入れの手順が異なります。どちらの方法がいいかは、自分の都合や希望に合わせて選ぶことができます。

どちらの方法を選べばいいかを判断するために、それぞれの方法の特徴やメリットを確認しておきましょう。

スマホATM取引

スマホからプロミスのアプリをダウンロードすれば、セブン銀行の「スマホATM取引」を利用して借入をすることが可能です。

基本的に24時間365日いつでも借入が可能なので、今すぐお金がほしい、銀行が休業日で入金がす反映されないから困る、という場合にとても便利な方法といえます。

普段スマホを使い慣れている人なら、ダウンロードや手続きも特別難しいことはなく、スムーズに進めることができるでしょう。

スマホATM取引について確認していきます。

スマホATM取引を利用するための前提条件は?

アプリを利用してスマホATM取引を行うためには、プロミスで使うことのできるメールアドレスの登録している、ということが必要な条件です。

たとえば、プロミスに登録したメールアドレスに誤りがあると、スマホATM取引を利用することができません。

普段メールアドレスをあまり入力する機会がないという人や、複雑なメールアドレスを使用している人は、スムーズに利用するためにも、間違いがないように充分に気をつけて登録することが大切です。

スマホATM取引の利用手順について

スマホATM取引の利用手順を説明します。

①プロミスのアプリにログインする。  
②「スマホATM取引」をクリックする。 
③セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を選択する。 
④QRコードがATM画面に表示される。
⑤スマホアプリの画面で「出金」か「入金」を選択。
⑥④のQRコードをスマホで読み取る。
⑦「企業番号」「ワンタイムパスワード」が表示される。
⑧ATM画面で⑦の番号を入力する。 
⑨取引金額を入力する。

スマホATM取引の利用上の注意点

スマホATM取引を利用する際は、2つの点に注意する必要があります。

・利用できない時間帯がある
・利用手数料がかかる

セブン銀行ATMに休止時間あります。(毎月第3日曜日の翌日0:30~5:30)

また、プロミスのメンテナンス時間(毎週月曜日0:00~7:00)には利用することができません。

また元日は、サービスを停止しているため利用することができません。

利用をしなければいけない予定がある場合は気をつけましょう。

振込みでのキャッシング

振込キャッシングは、指定した口座に入金をしてもらい、ATMでキャッシュカードを使って引き出しを行う方法です。

手続きは「プロミスのアプリ」、あるいは「プロミスの公式サイトの会員ページ」から行うことができます。

アプリまたは会員ページにログインしてから、振込キャッシングを選択しましょう。

画面の指示に従って、振込額などの手続きをしていきます。

平日の14時50分までに振込みの手続きを完了すれば、即日入金してもらうことができます。

それより遅い時間や土日の手続きとなると、入金されるのは振込先の銀行の翌営業日以降になります。

返済方法は?5通りある

アプリローンの返済方法についても説明していきます。

まず返済日については、「5日、15日、25日、末日」の中から都合や希望に合わせて選択することができます。

返済方法は、以下の5つの方法を利用することができます。

・スマホATM取引 
・お客様サービスプラザ(店頭窓口) 
・インターネット返済 
・銀行振込 
・口座振替

返済方法いついても、自分の都合や希望に合わせて選択することができます。

それぞれの返済方法について、詳しく確認していきます。

スマホATM取引

借入れと同様に返済も、借入とおなじく返済も、スマホATM取引から可能です。

利用方法も「出金」か「入金」の違いだけですので、詳しくはをスマホATM取引の手順を参考にしましょう。

スマホATM取引を利用した返済でも、利用できない時間帯があり、「1万円以下110円・1万円超220円」の利用手数料が発生するという注意点があります。

スマホを使った大変便利な返済方法ですが、このような注意点を確認しておきましょう。

口座振替

口座振替で返済額を自動的に引き落としをすることも可能です。

口座振替の場合は、毎月指定した日に、指定した銀行口座から、その月の返済額が自動で引落しされることになります。

引落しにかかる手数料は、プロミスが負担することとなり、無料となっています。

「三井住友銀行」と「ジャパンネット銀行」は、返済日を5日、15日、25日、末日のいずれから選択できます。ただし、その他の金融機関は「5日」しか選択できないので気を付けましょう。

インターネット返済

プロミスのアプリや公式サイトの会員ページから「インターネット返済」をすることも可能です。

インターネット返済なら、基本的に24時間365日いつでも返済することができます。

入金もすぐに反映されます。

土日祝でもすぐに返済できるのが大きなメリットです。

振込手数料もプロミスが負担してくれるため無料です。

ただし、インターネット返済が利用できるのは、決まった銀行口座を持っている場合のみなので、よく確認しておきましょう。

お客様サービスプラザ(店頭窓口)

プロミスの店頭窓口に直接出向いて返済をすることも可能となっています。

近くにプロミスの店舗があるという人なら、直接店頭窓口で返済するのも確実な方法といえるでしょう。

プロミスの店頭窓口は、「お客様サービスプラザ」と呼ばれています。

注意点としては、受付時間は平日10:00~18:00で、平日の時間内に行く必要があるということです。

足を運ぶ手間はかかりますが、手数料が無料だったり、疑問な点を直接確認できるというメリットもあります。

銀行振込

普段使っている銀行から振込で返済することも可能です。

振込先は利用者によって異なります。

会員ページか「プロミスコール(0120-24-0365)」に問い合わせることで確認できます。

銀行振込の場合は、入金が反映されるタイミングが金融機関によって異なります。

どの金融機関でも14時から15時くらいまでに手続きをしなければ、当日中に反映がされないので気を付けましょう。

返済時にかかる振込手数料は自己負担となります。

借入・返済だけじゃない!専用アプリの便利な使い方を解説

プロミスのアプリでできることは、実は借り入れと返済だけではないのです。

他にもいろいろと便利な機能やサービスが揃っています。

ここでは、プロミスのアプリで利用することができる、便利機能やサービスについて詳しく解説していきます。

主な機能は以下のものがあります。

・プロミス会員限定の「おとくくらぶ」が利用できる
・「アプリdeクーポン」がもらえる  
・利用情報の照会もできる 
・店舗・ATM検索 
・返済シミュレーション

「おとくくらぶ」が利用できる(プロミス会員限定)

アプリを使えば、プロミス会員限定の「おとくくらぶ」が利用できます。

「おとくくらぶ」とというのは、プロミス会員だけが利用できる優待サービスです。

このサービスを利用することで、グルメ、ショッピング、レジャーなどのジャンルの世界20万ヶ所の施設で優待サービスを受けることができます。

2018年4月2日時点では、以下の優待サービスがあります。

・PIZZA-LAのLサイズが500円OFF
・ドミノピザの注文価格が15%OFF
・AOKIの全商品が10%OFF
・ニッポンレンタカーの基本料金より25%~55%OFF
・富士急ハイランドのフリーパス(18歳以上)が400円OFF

「アプリdeクーポン」

プロミスのアプリでは「アプリdeクーポン」というクーポンが利用できます。

お店で会計をするときに、クーポン画面を見せるだけで割引を受けられるというサービスです。

クーポンの種類や内容は時期によって様々なものがありますが、ファーストフード店などの割引クーポンがもらえることが多いです。

クーポン画面で「プロミス」の表示がされることはないので、お店の人にプロミスを利用していることが知られるという心配はありません。

利用情報照会も可能

アプリを利用すれば、利用情報の照会をすることもできます。

「借入れ残高」、「返済期日」、「返済額」、「利用可能額」、「利息」、「借入れ利率」などの利用情報をアプリ上から簡単にチェックすることができます。

そのほかにも、「三井住友VISAプリペイドの残高」、「プロミスポイント」について確認することができます。

知りたい情報をスマホのアプリ上で手軽に確認できるということは、スマホユーザーにとってはとても便利でしょう。

三井住友VISAプリペイドとは?

三井住友VISAプリペイドというのは、VISA加盟店での決済に使用することができるプリペイドカードのことです。

あらかじめチャージしておくことで、チャージした金額の範囲内で利用することができるので、現金とおなじように使うことができるのが魅力です。いくら使ったかわからなくなる、ということがありません。

チャージの方法は、プロミスの振込キャッシングを利用してすることもできます。都合に合わせて手軽にチャージして使うことができます。

プロミスポイントとは?

プロミスポイントというのは、プロミス会員サービスの利用に応じてポイントが貯めることができるサービスです。

貯まったポイントに応じて、以下のサービスを受けることができます。

・40ポイント 提携ATM手数料が最大60日間無料
・250ポイント 借入日の翌日から7日間利息無料
・400ポイント 借入日の翌日から15日間利息無料 
・700ポイント 借入日の翌日から30日間利息無料

サービスにより、溜まるポイントは異なります。

アプリを使ってできるその他の機能&サービス

プロミスのアプリには他にも、以下ようなサービスや機能があります。

・店舗・ATM検索 
・返済シミュレーション 
・プッシュ通知

「店舗・ATM検索」では、スマホのGPS機能により、近くにあるプロミス店舗やATMを探すことができます。

「返済シミュレーション」を利用すれば、「利息」「返済期間」「総支払額」などを確認することができます。

「プッシュ通知」をONに設定すれば、プロミスのキャンペーン情報などがプッシュ通知で届きます。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.