最終更新日:2019年11月29日

個人融資掲示板が危険な3つの理由と安全に即日でお金を借りる方法

個人融資掲示板とは?解説します!

「お金貸します」「お金貸して」

検索エンジンで、このようなワードを検索すると、「個人融資情報板」というものが検索結果に表示されるのをご存知でしょうか。
この、個人融資掲示板とは、その言葉のとおり、個人でお金の貸し借りをする掲示板のことです。

「いま、本当にお金に困っている」という人であれば、利用したくなるかもしれません。
しかし「個人融資掲示板」を安易に利用してはいけません。
お金の貸し借りについて知識のない人が書き込みをしているだけでなく、利用にはさまざまなリスクがあるからです。
興味本位で中身を見ること自体には問題ありませんが、利用するのは避けましょう。
犯罪に巻き込まれてしまうだけでなく、お金を奪われてしまうというケースもあるのです。

ここでは、そんな個人融資掲示板についてのリスクと、安全にお金を借りる方法について紹介していきます。

個人融資掲示板は最後の手段!まずは大手金融機関の審査に通るか確認

まず大前提として、個人融資掲示板は最後の手段であることを念頭に置いておいてください。
掲示板に個人情報を晒すリスクや、相手が暴力団などの反社会的勢力であるリスクと常に隣り合わせになります。
また、運よく借りられたとしても金利の面で圧倒的に不利になるので、個人融資は全くおすすめしません

とはいえ、個人間融資を検討するということは大手金融機関の審査に不安を感じている人も多いのではないでしょうか。

個人融資掲示板の仕組みを解説

個人間融資とは、文字通り個人の間でお金を貸し借りすることです。消費者金融など正式な融資のプロではないところからお金を借りる方法になります。この個人間融資を促す掲示板のことを、個人融資掲示板といいます。利用の流れは以下のようになっています。

借主が掲示板に自分の情報や希望額を書き込む
貸主が融資可能な金額などの返事を書き込む
交渉のうえ、双方が同意したらお金の貸し借りが行われる

となります。また逆に貸主から融資の募集を行うこともあります。

個人融資掲示板でお金は本当に借りられるのか

残念ですが、普通にお金を借りる事はできません。ごく稀に借りられることもあるかもしれませんが、基本的にお金を借りることは出来ないものと考えて下さい。なぜ、このような掲示板があるのか考えてもみてください。友達にでもお金はなかなか貸しませんよね。それが、見ず知らずの他人にお金を貸してくれるなんて都合の良い話があるはずがありませんよね。実はこのような掲示板は、個人情報を手に入れるためだけに設置されている事もあるのです。

個人融資掲示板の実態

インターネット上に数多く存在する、個人融資掲示板。それでは、この「個人融資掲示板」とは、いったいどのような人が利用しているのでしょうか。また、どのようにして利用しているのでしょうか。
さっそく、実際の投稿例や危険性などについて見ていきましょう。

実際に掲示板に投稿された例

お金に困っているというのは、身近な人には知られたくないものです。また職業によっては勤務先に知られたくないという人もいるでしょう。そんな人たちが利用しているのが、個人融資掲示板です。以下は、実際に個人融資掲示板に投稿されている文面の例です。

[投稿例1]

名前:○○

居住地:○○県

希望金額:○○万円

"生活費のため今週中に必要です。5~6回の分割で返済します。(メールアドレス)"

[投稿例2]

名前:○○

居住地:○○県

希望金額:○○万円

"今日中に必要です。●月●日には全額返済します(メールアドレス)"

これは実際に投稿されているのと近い内容です。こんな投稿が、1つの個人融資掲示板だけでも10万件以上あり、どんどん増えているのです。中には「お金を貸してくれたら何でもします」という投稿もあります。しかし、このような投稿によって犯罪に巻き込まれる人が発生しているのです。

メッセージのやり取りの後メールかLINEで詳細の連絡が

個人融資掲示板への投稿には
・メールアドレス
・LINEのID

などが記載されています。それを見て「貸す」という人がいた場合メッセージが届いて金利や返済期間などの条件交渉をする仕組みです。利用者の中には
・きちんと返済する
・きちんと貸付をする

という人もいることでしょう。しかし、そのようなケースは稀だと考えられています。仮にお金を借りることができても、安全だとはいいきれないのが個人融資掲示板の怖さです。しかも犯罪被害が発生するまでは「相手が危険な人であるか」がわからないというデメリットがあります。

そもそも運営者が信用度は低いと自覚している状態で運営している

そもそも、個人融資掲示板では掲示板運営者自身が信用度は低いと自覚しているのが特徴です。これでは「危険」と考えるのが普通ですよね。個人融資掲示板には、「利用にあたっては、十分注意するように」という記載もあります。しかし注意書きがあるだけで、取り締まってくれるわけではないのです。個人融資掲示板の安全性は保証されていません。そのためもし利用する場合何かあったとしても「自己責任である」ということは、しっかり頭に入れておきましょう。

個人融資掲示板を利用する際に潜んでいる5つの危険

それでは次にそんな個人融資掲示板に潜む5つの危険を紹介します。これは、あくまでも「代表的な危険」となります。そのため実際にはこれ以上のリスクがあると考えられています。

危険1:先振込み詐欺
危険2:個人情報の売買目的での利用
危険3:性犯罪
危険4:アフィリエイトへの誘導目的
危険5:闇金融からの接触

ぱっと見ただけでも、かなりのリスクですよね。それではそれぞれのリスクについてさらに詳しく見てみましょう。

危険1:先振込み詐欺

まず考えられるのが先振込み詐欺です。融資保証金詐欺とも呼ばれています。これはお金を借りたいという人に対して

「本当に信頼できる相手なのかを確かめたい」

などといって先にお金を振り込ませそのまま融資することなく逃げる詐欺です。「お金を貸しても大丈夫な相手かを確かめたいので、お金を5万円、口座に振り込んでください。それが確認できたらそちらの口座に10万円振り込みます」こんなメッセージが届いたら、先振込み詐欺の危険性が高いと考えましょう。

絶対に相手の口座に振り込んではいけません。

危険2:性犯罪に巻き込まれる

個人融資掲示板で融資を受けようとした場合、特に注意したいのが、この性犯罪です。融資をすることを条件に

・卑猥な写真や動画を強要される
・性的な行為を強要される

といった危険性があります。もし個人情報を交換済みだった場合は、「やはり融資はいらない」と断っても、しつこく連絡がきたあげく性犯罪に発展することがあります。写真や動画を送ってしまい、ネット上にアップされてしまうと、もう消すのは困難です。そのため、特に女性は個人融資掲示板の利用は絶対に避けましょう。

危険3:個人情報の売買目的

お金の貸し借りをする場合、相手の個人情報が知りたいと考えるのは当然のことでしょう。しかし個人情報だけを回収して、お金を貸さないというパターンもあります。

「本人確認のために免許証の写しを送ってほしい」

「携帯電話の番号を教えてほしい」

そういわれたとき、"これでお金が借りられるなら"とデータを渡してしまう人もいることでしょう。その情報が業者に売られてしまう可能性があるのです。しかも、相手は闇禁業者など。それによって
・個人融資掲示板を利用後に、携帯電話に闇禁からの電話が頻繁に掛かってくるようになった
・自宅に融資に関するチラシが届くようになった
という被害にあっている人がいます。
融資自体は受けられたとしても、その後に個人情報が売買されたことによるデメリットが生じるおそれがあるというわけです。

危険4:アフィリエイト目的

さらに、個人融資掲示板をアフィリエイト目的で利用している人もいます。メールアドレスを晒しておくと、カードローンやクレジットカードなどの申し込みURLが送られて来る可能性があるのです。もし、融資を希望する人の信用情報に問題があれば、そのURLから申し込みをしても借り入れを受けることはできないでしょう。アフィリエイト目的でメールを送ってくる側は、デメリットなくアフィリエイトによる収入を得られる可能性があります。

危険5:闇金融と取引をしてしまう

さらに危険なのが個人融資掲示板で融資の相談をした相手が「闇金融」だった、というパターンです。この場合、先振込み詐欺とは違い、お金を借りることは可能です。ただし、かなり高額な金利を請求されることになるため、注意が必要です。融資をしてくれる相手が闇金融だった場合、年率20パーセント以上の高金利を提示してくるパターンが多めです。しかし、利息制限法というものがあって、金利は、年20%以上を請求することはできません。「年20%以上の金利は違法」ということを覚えておきましょう。

個人間での融資は違法な金利なことも

個人間融資掲示板には、多数の闇金業者が潜んでいます。闇金業者は金融庁から許可を得ず、法律に違反して融資を行なっています。年率20%を超える法外な利息を請求してくる場合が多いです。個人間融資掲示板には、利息の年率について記載する必要のないものもあるので、一見して判断しにくく、気がつけば法外な利息を支払うことになっていた、という場合もあります。

また、個人間融資自体が法律に違反している可能性があり、これを促す個人間融資掲示板の運営は違法ではないかという指摘がされています。

本当にお金に困ったときの対処法

個人間融資はリスクがあまりにも高くなっています。カードローンなども審査落ちして利用できず、本当にお金に困ったときには、他の方法でお金を用意することを考えましょう。

まず銀行や消費者金融の審査に落ちた場合は、審査に落ちた原因を考えましょう。一度信用情報機関のブラックリストに載ってしまっていても、一定の時間が経過すれば審査に通る可能性があります。

それも無理ならば、公的機関の援助を利用する方法があります。生活に困窮している場合や病院の治療費など、補助が受けられる場合がありますので、相談してみましょう。

個人間融資を利用したら犯罪やトラブルに巻き込まれる可能性大

個人間融資掲示板にはお金に困った人を騙してお金を巻き上げようとしている、闇金や詐欺師がたくさんいます。掲示板の運営者も、お金の貸し借りはすべて当事者間の責任において行うものとし、何があってもノータッチという場合がほとんどです。

騙されたら危険な目にあうなどリスクが高すぎるため、お金に困ったからといって、個人間融資の利用を考えてはいけません。

金融機関の審査落ちの理由を考えたり、公的機関の支援を利用するなどして対処しましょう。

それでも個人融資掲示板を使わざるを得ない人

かなり危険度の高い個人融資掲示板。それでも利用してしまう人があとをたたないのはなぜなのでしょうか。それは、お金を借りたい人が「自分は、金融機関からの借り入れができないだろう」と考えているためです。
・安定した収入がない
・多重債務者である
・金融トラブルを起こしてブラック状態となっている
このような場合「お金が必要だけれど、借りるさきがない」と思うことから、危険だと思いつつも個人融資掲示板を使ってしまうのです。

他社借入3件まではOK

貸金業法には総量規制というルールがあり消費者金融などは年収の1/3までの金額しか融資ができません。そして4件以上金融機関を利用している場合は新しく申し込みをしても、審査に通過する可能性は低いです。さらに、すでに年収の1/3までを借り入れている場合は審査には通過できません。しかし、現在の借り入れ金額が
・年収の1/3以下である
・借入をしている先が3件以下である

という場合、新しく申し込んでも審査通過の可能性があります。

本当にブラックか確認しましたか?

「過去に延滞や審査落ちなどの金融トラブルを起こしているから自分はブラックかもしれない」という場合は、実際にブラックか確認してみることをおすすめします。なぜなら、延滞の履歴があっても、すでにその情報が消えているケースなどもあるからです。ブラックかどうかを確認するためには、信用情報機関に情報開示を請求しましょう。手数料は1000円かかりますが、スマートフォンやPCから簡単に開示請求をすることができます。

個人融資掲示板をどうしても利用するならば…

数々のリスクがある個人融資掲示板。お金に困ったとしても、この個人融資掲示板を利用することは避けましょう。絶対におすすめできません。なぜなら、「融資をしてくれる」と申し出てくれた人が、本当に安全かを見抜くことができないからです。それでも他に方法がなく、どうしても個人融資掲示板を利用せざるをえないという人もいるかもしれません。そんなときはリスクをなるべく回避するために、金利について知っておくことをおすすめします。

金利上限は20%と定められたいる

出資法では、「個人間の融資における上限金利は年109.5%」と定められています。そのためもしもそれ以上の金利を設定されそうになったら、すぐに警察や弁護士に相談しましょう。また闇金融の場合は年率ではなく「10日で1割(といち)」といった利息の設定をしてくることがあります。そんなときはその利息を自分で年率に計算しなおしてください。利息制限法を越えたぶんの利息は無効となります。なお利息制限法では借入額に対する上限金利は、次のように決められています。

・10万円未満…上限金利は年率20%

・10万円~100万円…上限金利は年率18%

・100万円以上…上限金利は年率15%

個人融資掲示板を利用する場合、これをしっかり頭に入れておきましょう。

最悪の事態を想定して借用書は書くべき

さて、融資を受ける際には必ず借用書を作成して残しておきましょう。借用書はもしトラブルが生じて裁判になった場合に、非常に大切な証拠となります。個人融資掲示板を利用した貸し借りだとしても、お金を借りるのは借用書が完成してからです。借用書は貸す側、借りる側双方が納得するものを作成します。

書式にルールはありませんが
・元金の金額
・利息
・返済日
・返済方法
・遅延損害金
・不払いの場合の取り決め

は必ず記載しましょう。手書きの場合は、あとから書き換えができない筆記具を使用します。署名については手書きとなりますが、捺印は拇印でも構いません。なお、金額の改ざんを防ぐために、数字は「壱・弐・参」などの漢数字で記入をします。借用書の作成を渋るような相手であれば、悪意を持っている可能性も考えられます。そこで、借用書はしっかりと作成しましょう。

最短60分で安全にお金を借りる方法

危険度の高い個人融資掲示板の利用は、正直なところおすすめできません。そこで自分自身の信用情報を確認してブラックでないと判明している場合や、ブラックではない可能性が高いという場合は「大手消費者金融」のカードローンを利用するほうが安全です。大手であれば最短60分ほどで安全にお金を借りることができ、金利も個人融資の上限より低い18.0%となっています。そのため大手消費者金融のほうが安心なのです。

大手消費者金融のカードローンは安全ですか?

個人融資掲示板と比較すると、大手消費者金融のカードローンが安全であることは言うまでもありません。もちろん、個人融資掲示板でお金を貸してくれる人の中にも、普通の人が紛れているかもしれません。しかしその確率はかなり低いでしょう。わざわざ危ない橋を渡る必要はありません。大手消費者金融なら、対応もしっかりしていますし金利も個人融資の上限より低くプライバシーへの配慮もあり安心です。利用するなら、大手消費者金融のカードローンを選びましょう。

大手消費者金融のメリット

「今日中にどうしてもお金が必要が必要になった!」

という場合こそおすすめなのが、大手消費者金融のカードローンです。大手消費者金融は
・申し込み時間によっては即日融資が可能
成約率が高い

のが特徴となっています。またそれだけではなく家族や他の人に借り入れが知られることがないよう、配慮もしてくれます。急いでお金を用意したいというときはメリットが多い大手消費者金融のカードローンの利用を検討してみましょう。

【まとめ】個人融資掲示板を使用するメリットはゼロ

ここまでご覧頂いて、まだ個人融資掲示板でお金を借りようと考えている人はさすがにいないと思います。借り入れすることは出来ずに個人情報だけが盗まれてしまったり借りられてもヤミ金という事もあります。またもし個人から借りられたとしても高額な請求をされる可能性や、ストーカーや性的被害に遭う可能性もあるのです。そんなリスクを犯してまで個人融資に申し込むのであれば、消費者金融の利用を検討してみるのはいかがですか?

ヤミ金=消費者金融と思っている方もいらっしゃいますが、ヤミ金は違法業者。消費者金融は法律に基づき営業しているきちんとした企業です。

すぐにお金が必要な方は消費者金融の即日融資がおすすめ!

すぐにお金が必要な方に銀行の融資は向いていません。なぜなら審査にかなりの時間がかかるからです。でも、消費者金融なら即日融資も可能です。もしかすると、中には自分はブラックだしと、諦めている方もいらっしゃるかも知れませんね。でも、信用情報って一定期間が経てば消えるんですよ。内容にもよりますが、自己破産でも10年。ほとんどの情報は5年程で消えていきます。つまり、ブラックだと思い込んでいる人でもその状況は改善されていることもあるのです。

個人融資掲示板のリスクまとめ

個人融資掲示板の危険性はもうお分かりいただけましたよね。

・お金は借りられない。
・個人情報が盗まれる。
・詐欺などの犯罪に巻き込まれる。
・万一借りられても、ヤミ金か高額利息。

個人融資掲示板にはこれらの危険性がありました。これだけの危険性が分かっていて、わざわざ利用する必要はありませんよね。まずはどうしても必要なお金かどうかをしっかり考え、どうしても必要であれば消費者金融の利用を検討してみて下さいね。