最終更新日:2019年12月22日

オリックス銀行カードローンは土日OK?休日祝日に審査・融資を受けるには

土日祝でも借り入れできるオリックス銀行カードローン

平日以外でも全国各地のコンビニエンスストアATMから借り入れできるサービスといえば「オリックス銀行カードローン」です。借入額の返済も同様に提携ATMから可能なので、受付時間内であれば日本各地で返済が可能です。旅行先で今日が返済期日だったことに気づいた時でも問題なく対処できますよ。
もちろん土日祝日でも借り入れできます。ショッピング中に欲しい限定品を見つけた場合でも安心です。気を付けたいのはカードローンの申し込みの際に行われる審査が土日祝日にはやっていない点です。オリックス銀行カードローンの利用を考えているなら平日の余裕がある時に行いましょう。

土日祝でも利用可能なサービス一覧

オリックス銀行カードローンは多くのサービスが土日祝日でも利用できます。しかし中には制限があるものあります。
そこで利用可能なサービスを紹介しましょう。

・新規会員申し込み
土日祝日でも24時間申し込むことができます。ただし申し込みのみで審査は実行されないのでカードローンが利用できるようになるのは後日になります。
・提携ATMにおけるキャッシング
営業してる店舗で対応してもらえる。
・提携ATMにおける返済
営業してる店舗で対応してもらえる。
・提携ATMにおける振込を使った返済
営業してる店舗で対応してもらえる。

土日祝でも24時間申込みを受け付けている

オリックス銀行カードローンを利用する場合、新規に会員登録することになりますが、登録は公式サイトでしか対応していません。消費者金融のような無人契約機を利用したり、銀行の窓口で申し込むことはできないので注意してください。その代わりPCでもスマートフォンでもネットワークにつながるデバイスであればいつでも申し込むことが可能です。休日に申し込んだ場合、審査が実行されないのでローンカードがもらえるのは休み明け以降になります。しかし、うっかり申し込むのを忘れてしまうことを予防できるので休日のうちから申し込んでしまうのがおすすめです。

審査は営業日のみ

オリックス銀行カードローンの申し込みでネックになるのは、やはり週末と祝日に審査してくれないことです。
それなら金曜日に済ませれば大丈夫かというと、そうでもありません。たとえ金曜日の受け付け時間以内に申し込んだとしても審査をするのに十分な時間が残っていない場合は翌営業日に審査が持ち越されてしまうのです。
しかもオリックス銀行カードローンは審査が長いので、もしこちらのカードローンを利用する場合は即日融資は期待しないのが賢明です。
たとえ平日に申し込めたとしても結果が分かるまでに2日から3日かかりますから、気長に待ちましょう。

借入・返済なら連携ATM利用で土日祝でも手数料無料

オリックス銀行カードローンは銀行系のカードローンですから後ろ盾は確かなのですが、専用ATMは全国に1台も設置されていません。
専用ATMと言えば手数料無料で借り入れや返済ができるので大変便利です。
それが無いとなると不安になりますが、安心してくださいオリックス銀行カードローンは全国各地にある合計9万台以上もの提携ATMを使って各種サービスを受けることができます。
しかも利用手数料が無料です。どれだけ借り入れ、返済しても余計なお金を請求されません。
頻繁にATMを利用する方や、少しでも負担を軽くしたい方には専用ATMより助かるでしょう。

提携ATM

全国99,000台のATMを利用できるオリックス銀行カードローンですが、さすがに全てのATMを利用することはできません。
コンビニエンスストアを見かけて借り入れしようと店のATMにローンカードを入れたらエラーメッセージが表示された、そんなことが無いように提携ATMを確認しておくのは重要です。
消費者金融系のカードローンと違って、オリックス銀行カードローンは銀行のATMとの提携が多いのが特徴です。
提携している銀行ATMもしっかりチェックしてください。

提携銀行ATM

オリックス銀行カードローンは4つの銀行のATMで各種サービスを利用できます。会員登録の申し込みのような手続き上の申請には対応していませんが、一番利用する機会が多いであろう借り入れと返済についてはどこのATMでも行うことができます。オリックス銀行カードローンが提携している銀行ATMは次の4つです。

・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・西日本シティ銀行
・ゆうちょ銀行

いずれも大銀行ですから利用している方も多いでしょう。

提携コンビニ・スーパーATM

消費者金融系のカードローンも含めて提携ATMの中心といったらコンビニのATMでしょう。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3大コンビニの店舗数を合わせると、なんと5万店にも達します。全国どこへ行っても必ずどれかしらのコンビニを目にできますから、日本であればどこでも借り入れできると言っていいでしょう。オリックス銀行カードローンと提携しているコンビニATMは次の3つです。

・セブン銀行
・E-net(ファミリーマート)
・ローソンATM

さらにスーパー系の銀行のイオン銀行ATMも利用可能です。

提携金融機関のATM利用時間

ここではオリックス銀行カードローンが提携している金融機関のATMの利用時間について紹介しています。

・三菱UFJ銀行 平日0:15~3:00、土日祝日4:10~23:50
・三井住友銀行 月7:00~23:45、火-土0:15~3:00および4:10~23:45、日0:15~3:00および4:10~21:00
・西日本シティ銀行 (借入)平日7:00~23:00、土日祝日8:00~21:00 (返済)平日7:00~19:00、土日祝日8:00~19:00
・ゆうちょ銀行 0:15~3:00および4:10~23:40

コンビニ・スーパー提携ATM

提携銀行ATMと同様に、ここではコンビニおよびスーパーの提携ATMの受け付け時間について紹介します。
オリックス銀行カードローンと提携しているコンビニのATMで対応しているサービスは借り入れと返済です。
いずれもローンカードをATMに挿入すればガイダンスが表示されますから誰でも簡単に操作できます。
利用できるのはセブン銀行ATM、E-net、ローソンATM、イオン銀行ATMです。
いずれのATMも受け付け時間は0:15~3:00および4:10~23:50となっています。

オリックス銀行カードローンから最短で融資を受けるには

即日融資はあきらめるけどオリックス銀行のカードローンでなるべく早く融資を受け取りたいというのであれば以下のような点に注意しながら申し込みを行うようにしましょう。
・インターネット申し込みを利用する
・必要書類(本人確認書類・収入証明書類)を事前に準備しておく
・在籍確認に手間取らないようにする
・ローンカードを発行する

これらをスムーズに行えば最短の3日で融資を受けることができる確率が高まります。それではここから個々の項目について詳しく紹介していきます。

インターネット申し込みを利用する

オリックス銀行のカードローンの申し込み方法には2通りの方法があります。それは以下の方法です。

・郵送による申し込み
・インターネット申し込み

郵送による申し込みの場合はコールセンターに書類を請求し、それが届いて、必要事項を記入して、提出するという流れになり、申し込みにかなりの時間が費やされてしまいます。インターネット申し込みの場合は、書類を取り寄せるのにかかる時間を省略することができるため、郵送での申し込みよりも大幅に時間を節約することができます。

必要書類の準備

申し込みをしてから必要書類のことを知っているようだと、書類を集めるのにかなりの時間を費やしてしまいます。ですから必要書類はあらかじめ準備しておくようにすることをおすすめします。ちなみにオリックス銀行のカードローンの申し込みに必要となる書類は以下のものです。
・本人確認書類
・収入証明書類

ただし、収入証明書類は全ての人が提出を求められるわけではなく、融資の希望額が50万円以上の場合に提出を求められることがあります。

本人確認書類と収入証明書類として認められる書類

オリックス銀行のカードローンに必要な書類についてですが、本人確認書類としては以下のものが利用できます。

・運転免許証、または運転経歴証明書
・各種健康保険証
・個人番号カード・日本政府発行のパスポート
・在留カード、または特別永住者証明書

また、収入証明書としては以下のものを利用することができます。

【勤め人の方】
・源泉徴収票
・住民税決定通知書、または課税証明書
・納税証明書(その2)
・確定申告(付表含む)

【個人事業主・会社経営の方】
住民税決定通知書または課税証明書
納税証明書(その2)
確定申告書(付表含む)

在籍確認に手間取らないようにする

オリックス銀行のカードローンの審査をスムーズに進めていく上では、在籍確認に手間取らないようにすることが重要です。申し込み後仮審査が終わったら申込時に申告した職場に在籍確認の電話がかかってきます。そこでもし会社の同僚に電話に出てもらうのであればあらかじめ在籍確認の電話に出た時の対応について話をしておくとスムーズに在籍確認を終えることができるでしょう。例えば、申込者がいないからといって、「(申込者の名前)はいません」と答えてしまうと在籍していないというニュアンスにとらえられ、審査が思うように進まなくなる可能性があります。

ローンカードを発行する

オリックス銀行のカードローンを利用するためにはローンカードを手に入れなければ何も動くことはできません。例えば、ATMを利用して融資を受けるにしても、ローンカードがないと利用できませんし、振込融資を受けようと思ってもローンカードに記載されている会員登録番号が手続きに必要になります。ローンカードは自宅に郵送で届くようになっているので、スムーズに融資を受けるためには申込時に住所を間違えないように入力し、一発でローンカードが届くように配慮する必要があります。

オリックス銀行が即日融資を行っていないわけとは

銀行のカードローンは以前から暴力団や詐欺師など反社会勢力にも融資を行っていることが問題となっていました。それを正すために2018年1月よりカードローンの審査が厳格化しました。具体的には、警視庁のデータベースと照合することで、申込者が暴力団や詐欺師などの反社会勢力ではないことを確認した上で融資が行われるようになりました。ただ、この作業は最低でも1日はかかってしまいます。それゆえにオリックス銀行に限らず、銀行系のカードローンは全て即日融資に対応することができなくなってしまっているのです。

消費者金融は即日融資可能

ここまでで紹介してきたように銀行のカードローンの審査では必ず警視庁のデータベースとの照合が行われるのですが、消費者金融系のカードローンの審査では警視庁のデータベースとの照合を行う必要はありません。そのため、これにかかる時間を削減することができ、申し込みから短時間で審査が完了します。具体的には最短で30で審査が完了するので即日融資も可能です。即日融資を希望する場合には消費者金融系のカードローンに申し込むようにしましょう。

アコム

アコムはテレビCMでもおなじみの大手消費者金融です。アコムは借入限度額の上限が800万円と高額に設定されているため、高額の融資も受けやすいカードローンといえます。金利は年3.0%~18.0%となっていて、金利の下限が低くなっていることが特徴と言えます。また、初回の申し込みの場合には30日間利息ゼロ円のサービスがついてきます。これのおかげで返済期間が短期間になる場合には、銀行系のカードローンよりも少ない利息負担で済むようになります。

融資を受けるまでの最短時間は?

オリックス銀行は審査段階で警視庁のデータベースとの照合が必要なので審査に時間がかかるということを紹介してきましたが、一体融資を受けるまでにどれぐらいの時間が必要となるのでしょうか。これについてオリックス銀行に問い合わせたところ申し込みから最短3日での融資が可能との回答でした。ただし、オリックス銀行のカードローンの審査は平日しか行われていないため、土日を挟むと1週間近く融資まで時間がかかってしまうこともあります。

オリックス銀行カードローンで土日・祝日に融資を受ける方法

これまで、オリックス銀行カードローンのカードを手に入れるまでの流れやポイントを説明してきました。審査を通過して、オリックス銀行カードローンのローンカードが手に入った状況で、実際にどう融資を受ければ良いのでしょうか。また。土日・祝日に融資を受けたい場合にはどうすればいいのでしょうか。ここでは、カードが届いてから具体的にどう融資を受ければ良いのか、土日・祝日の融資は受けられるのか、そして受けるにはどうすれば良いのかをみていきましょう。

オリックス銀行カードローンの利用方法

オリックス銀行カードローンで融資を受けて、実際にお金を手にするための方法はどのような方法があるのでしょうか。オリックス銀行カードローンは、「振り込み」「ATMでの借り入れ」といった2種類の方法で借入れをすることができます。

いずれの方法についても、土日・祝日に融資を受けることは可能なのですが、いくつか縛りや制限など注意すべき点があります。次の項目では、それぞれ土日・祝日に融資をうけるには具体的にどうすれば良いのかを説明していきます。

オリックス銀行カードローンで土日・祝日に振り込みで借りる方法

まず、振り込みで土日・祝日にオリックス銀行カードローンで融資を受ける方法を紹介します。オリックス銀行カードローンで振り込みで借り入れが出来る銀行は多岐に渡りますが、土日・祝日でも融資を受けられる銀行は限定されています。
土日・祝日も振り込みでの融資を受けることができるのは、「ジャパンネット銀行」のみです。対応していない銀行口座で、振り込みでの融資を受ける場合、土日・祝日の融資は受けられませんので、注意してください。

15時までの銀行営業時間であれば即日振り込み可能

ジャパンネット銀行の口座を持っている場合、こちらを振込先の口座に指定しておくことで、土日・祝日であっても、依頼すると即時に振り込んでくれます。それでは、他の銀行口座を振込口座に登録した場合はどうなるのでしょう。ジャパンネット銀行以外の口座の場合、8:40~15:00の間に依頼すると当日の振り込み、それ以降だと当日の振り込みはありません。また、土日・祝日の振り込みはありませんので、金曜日の15:00を過ぎて振り込みでの融資を依頼した場合、翌週の平日の振り込みとなります。

土日・祝日に提携ATMで借りる方法

オリックス銀行カードローンは、提携ATMで引き出す事で融資を受けることも可能です。提携ATMは、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、西日本シティ銀行、イオン銀行のATMです。これらのATMか設置されている場所は、コンビニセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、イオン、ゆうちょ銀行ゆうちょ銀行のATMとほとんどのATMで利用できます。ATMでの融資であれば、土日・祝日関係なく融資を受ける事ができます。

オリックス銀行カードローンは土日でも申し込みできる

今まで見てきました通り、オリックス銀行カードローンは、土日・祝日の審査をしていません。しかし、早く利用開始したいのであれば、土日祝日の余裕のある時に申し込みを済ませておくことをおすすめします。また、土日・祝日にも振り込みでの融資を受けたいといったいった場合には、ジャパンネット銀行の口座を用意しておきましょう。しかし、提携ATMでの融資の場合には、土日・祝日のしばりはなく、また、土日・祝日でも手数料不要で借り入れる事も可能となります。

オリックス・クレジット会社のカードローンは即日融資可能

オリックスグループにはここまで紹介してきたオリックス銀行の他にオリックス・クレジット会社が存在します。オリックス・クレジット会社は消費者金融としてお金の貸付を行っている会社です。消費者金融系のカードローンであるため、オリックス銀行のカードローンにように警視庁データベースとの照合が不要であり、オリックス銀行よりも早く審査が終了し、融資を受けることができます。オリックスグループで即日融資を受けたいのであれば、オリックス銀行ではなくオリックス・クレジット会社から融資を受けるといいでしょう。

平日14:30までの契約で即日融資を

オリックス・クレジット会社は即日融資に対応しているのですが、いつの時間帯に申し込んでも即日融資を受けることができるというわけではありません。オリックス・クレジット会社のホームページには、平日14:30までに契約内容の同意手続きをした場合に即日融資を受けることができると記載があります。オリックス・クレジット会社の審査終了までは最短でも1時間はかかるので、即日融資を受けるためには少なくとも13:30までには申し込みを完了させておく必要があります。

土日の口座振込キャッシングならジャパンネット銀行

オリックス銀行カードローンではインターネットから借り入れを申し込むことも可能です。
わざわざ店舗に足を運ばなくても自宅で借り入れに関する全ての手続きを済ますことができますから非常に手軽です。
しかし問題もあります。インターネットで借り入れする場合、借り入れた金額は申込時に指定した銀行口座に振り込まれます。
一般的に銀行は土日祝日の振り込みに対応していません。
365日いつでもインターネット借り入れで現金を手にするにはジャパンネット銀行の口座が必要です。次の項目から詳しく見ていきましょう

即時振込サービスの利用の条件について

オリックス銀行カードローンには申し込んですぐに現金を口座に振り込んでもらえる「即時振込サービス」があります。
土日祝日でもすぐに銀行口座に現金が振り込まれるので大変便利なのですが利用するには次の条件をクリアする必要があります。
・すでにオリックス銀行カードローンを契約している
・振り込み先の口座にジャパンネット銀行を指定している
利便性が非常に高い即時振り込みですからオリックス銀行カードローンならジャパンネット銀行を振り込み先の銀行に設定しましょう。

ネットからの申し込み

オリックス銀行カードローンに申し込むのは大変簡単です。オリックス銀行の公式サイトからすぐにできます。
しかしカードローンの初心者の方は専門用語などが分からず、手続きに戸惑うかもしれませんから、ここで申し込み手順を紹介しましょう。
まずはPCやスマートフォンなどインターネットにつながるデバイスを使いブラウザでオリックス銀行の公式サイトを開いてください。
ページにあるメニューからメンバーズナビから、「振込融資」を選択します。
ガイダンスに従って手順を進めれば申し込みできます。

電話での申し込み

インターネットを持っていない、もしくはインターネットで間違った処理をしそうで怖いという方は電話で申し込むことも可能です。
電話による申し込みの利点は何か分からない点や疑問に思ったことをすぐにスタッフの方と相談できることです。
インターネットでは何となくガイダンスに従って手順を進めてしまうところも、納得するまで説明を聞けます。

またパソコンの動作が重くなるなどして、途中で手続き処理がおかしくなる心配もありません。
連絡先の電話番号は「0120-890-699」で、受付時間は9:00~18:00です。

口座振込時間

ここでオリックス銀行カードローンでインターネット振り込みをした場合に、いつ口座に金額が振り込まれるかを解説します。
ジャパンネット銀行を振り込み先に指定した場合は即時振り込みになりますから、基本すぐに振り込まれます。
ただし23:50~0:10の間はメンテナンス時間ですから利用できません。
その他の銀行口座については少し複雑です。平日の0:10~8:40の間に借り入れを申しこんだなら当日の9:00~10:00に、8:40~15:00に申し込んだなら当日中に、15:00~23:50に申し込んだなら翌営業日に、それぞれ振り込まれます。

振込での返済は手数料が発生する

カードローンを利用する場合に心配なのが返済の手数料についてです。
オリックス銀行カードローンも一般的なカードローンと同じく返済方法は「支払い口座からの自動引き落とし」と「専用の返済口座への振り込み」の2つです。
注意が必要なのは直接振り込みを利用すると振り込み手数料を請求されることです。
こまめに返済しようとすると手数料で無駄な出費をすることになりますから、振り込みで返済する場合はなるべく一度に大きな額をまとめて返すようにしましょう。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローンは提携ATMでも手数料無料で利用できなどメリットが豊富なローンサービスです。
記事を読んでオリックス銀行カードローンに興味を持った方のために、このカードローンのメリットや特徴について解説しましょう。

・消費者金融系のカードローンに比べて金利が1.7%~17.8%と低い
・融資限度額が800万円と高額
・即時振り込みを使えばネットを使って現金がすぐ手に入る

使いやすいカードローンなので、ご利用は計画的に行ってください。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)