最終更新日:2019年11月29日

審査なしで即日キャッシングする方法!即日融資対応のカードローン

カードローンでお金を借りるには審査が必要です。
しかし、中には何らかの理由で審査に通らないと感じて、審査なしで借入をしたいと考える人もいるようです。
実際には多少の不安があっても、解決策がいくつか存在していますから、審査に通らないと諦めるのではなく解決策を探していきましょう。
もちろんカードローンで借入できない人も存在しますが、それはまた別の方法で解決していくことができます。
諦めずに自分の状況にあった解決策を探す事が重要です。

審査なしのカードローンって?審査に不安がある場合にチェックしておきたい解決法とは

最短1時間で借りれる消費者金融

審査なしのカードローンを探す前に、審査に通るかどうか不安でも一度申し込みをしてみることは重要です。
単なる思い込みであれば審査を通過して借入することができるかもしれません。
悩むのは審査に落ちてしまってお金を借りられなかった場合だけで十分です。
そこで、まずは審査が早く終わる消費者金融を利用することをおすすめします。
レイクALSAやSMBCモビットでは最短では1時間で審査を終えてお金を借りるところまで済ませる事が可能です。

審査なしのカードローンを探す理由とは?

審査なしのカードローンというのは基本的に存在しません。一般的な消費者金融では必ず審査を行ってから貸し付けています。
その一方で審査なしでお金を借りたいと考えている利用者は意外と多く存在しています。審査を避けたい理由は様々で、審査によって身内にバレるのではないかと不安に感じている人や審査をしたら確実に落ちる事がわかっている人などが居ます。
要するにこの不安に感じている部分や不都合な部分を解消すれば審査なしである必要はないわけです。

ブラックリスト入りしているため

審査なしのカードローンを探す際の理由として最も多いのが、信用情報に傷がついているというものです。いわゆるブラックリスト入りしていると言われるもので、過去に債務整理などを行っている場合は確実にこれにあたります。カードローンの審査では信用情報の確認を必ずおこなうので、過去に債務整理の記録などがあると借入できる可能性は極めて低くなります。ただし、信用情報に傷があっても借入する方法はゼロではありませんから、解決策を考えていきましょう。

ブラック期間が明けるのを待つ

信用情報がブラックリスト入りしてしまった場合、最も簡単な方法は放置することです。というのも、信用情報に債務整理などの情報が記載されている期間は決まっているので、時間経過で解決する事ができるのです。信用情報には取り扱っている機関が3つ程ありますが、そのほとんどの記録期間は5年となっています。自己破産については10年残るものもありますが、それ以外については5年たっていれば問題なくなるわけですから時間経過で解決するというのは有効な手段です。

審査が柔軟な小規模な消費者金融を狙う

消費者金融にも大手や中小という括りが存在しています。大手の消費者金融はどんどん利用者が集まりますから、少しでも返済能力に疑問があれば審査で落とすことが考えられます。また、全国的に展開していますから、決められた基準をクリアしていなければ借入は無理です。一方で中小の消費者金融は大手が利用できなかった顧客も囲い込みたいと考えている事が少なくありません。
そのため基準も甘めだったり、状況に応じて審査を柔軟に行ってくれる可能性があります。

総量規制の制限を受けている

お金を借りる際には総量規制という制限があり、これは年収の3分の1までしか借金できないというルールになります。
つまり、消費者金融ではこの上限いっぱいまで借りている状態では新たに借入しようとしても審査で落とされるわけです。
そこで総量規制の制限を受けない銀行のカードローンなどを利用しようと考えるわけですが、そもそも年収の3分の1は無理なく借金を返済するための上限として制限されているわけですから、銀行もそれ以上のお金を貸してくれない可能性が非常に高いです。
そのため総量規制にひっかかってしまった人が審査なしのカードローンを探しているという事情があります。

自主的な総量規制がない銀行カードローンを狙う

先程は銀行のカードローンなども自主的に総量規制と同様のラインで融資するかどうかを判断していると書きました。しかし、これは絶対ではありませんし、もちろん法律として定められているわけでもありません。銀行のカードローンは総量規制の制限を受けませんから、中には年収の2分の1まで貸付を行うようなものも存在しています。もちろん誰にでも貸付ているわけではなく、それなりに厳しい審査を行っているわけですが、法的な制限がない銀行カードローンでの借入を狙うのは非常に有効と言えます。

クレジットカードのキャッシング枠を狙う

クレジットカードを既に持っている場合、カードにキャッシング枠がついている可能性があります。
作った際には意識していなかったケースなどもありますから、ついている場合にはこちらでお金を借りられる可能性がります。
既にキャッシング枠があればそのままカードローンと同じように利用できますし、ついていない場合はWEBサイトから簡単に申し込む事ができます。もちろん新規でキャッシング枠をつける場合には審査が必要になりますが、毎月利用してきちんと支払いできていれば審査は甘めになる可能性があります。

学生だから審査なしのカードローンを探している

学生ということで審査で落ちてしまうと考えて審査なしのカードローンを探している人もいるようです。
ですが、学生という理由でカードローンが使えないという事はありません。
学生でも返済能力があれば問題なく融資してもらえますから、アルバイトで安定的な収入があれば全く問題ありません。
最低でも3ヶ月、できれば半年程度のアルバイト実績が必要ですが融資を受ける事が可能です。
親バレしないカードローンも存在していますし、それ以外にも学生ローンという手段も考えられます。

現在無職で収入がないから審査なしのカードローンを探している

カードローンの借入したお金を返すためには収入が必要です。当然ですが、収入がない人には消費者金融もお金を貸したいとは考えないでしょう。つまり返済能力が必要なわけですが、無職では返済能力がないと判断されてしまい審査ではじかれます。
そこで審査なしのカードローンを探している人もいるのですが、そもそも消費者金融では総量規制の制限があります。
総量規制では年収の3分の1までしか融資ができない事になっていますから、収入が0では借入は不可能と言えます。

アルバイトをして収入を作る

無職で収入がない場合、カードローンの審査を通過する最も簡単な方法は収入を得る事です。もちろん正社員の方が信用度は高いのですが、カードローンを利用することだけを考えるのであればアルバイトでも問題ありません。定期的に収入があることを証明できれば融資を受ける事ができるわけです。また、アルバイトの明細を1,2ヶ月分提出すれば年収として12ヶ月分を計算してくれる消費者金融もありますから、まずはアルバイトでもいいので働いてしまうことが最も近道と言えます。

専業主婦のため貸してくれないから

専業主婦には基本的に収入がありません。状況としては無職とあまり変わりありませんから、パートなどで働けば解決する問題となります。しかし、専業主婦の場合はただの無職と違って配偶者の収入があります。
この場合だと、配偶者貸付という制度があり、配偶者の収入をもとに借入できる金額が計算されることになります。
この制度を利用すれば専業主婦でありながら収入があるという事になって借入できるわけです。
ただし、配偶者貸付には配偶者の同意が必要ですから、無断で利用することはできません。

高齢者なので審査なしのカードローンを探している

カードローンの多くには年齢による制限があります。お金を貸した相手が返済せずに亡くなってしまうリスクがあるので当然と言えるでしょう。具体的には60歳を超えると非常に借入が難しくなり、65歳を上限としているカードローンは非常に多いです。
それ以上では絶対に利用できないとまでは言いませんが、かなりマイナーな消費者金融に限られます。
この制限によって高齢者はカードローンを利用することが難しい傾向にあることは確かです。
そのため、審査なしで利用できるカードローンを探す人もいるようです。

高齢者でも貸し出す地方銀行のカードローンを狙う

高齢者でカードローンを利用したい場合の主な解決策は高齢者でも対応してもらえる銀行カードローンの利用です。地方銀行が提供しているカードローンの中には70歳まで対象としているものも存在していますから、その違いは歴然でしょう。高齢であっても年金による収入がしっかりと確保できていれば返済自体はむずかしくないと考えられます。そのため審査自体は通過できる可能性が十分にあります。ただし、融資額は少額になりがちですから、大きく借入することは難しいでしょう。

審査なしのカードローンを探す前に最短1時間で借りれる消費者金融

ここで再度審査なしのカードローンを探す前に最短1時間で融資を受けられる消費者金融を紹介しておきます。レイクALSAはカードローン初心者におすすめで、WEBから簡単に申し込みができて1時間あれば審査から融資まで完了します。SMBCモビットではWEB完結型で電話確認なども不要となっていますから、周囲にバレるリスクも最小限です。こういった簡単に申し込みができて、審査までの時間が短い消費者金融がありますから、審査なしのカードローンを探す前に是非申し込んでみてください。

水商売なので審査なしのカードローンを探している

まず水商売でもカードローンの審査という意味では特に問題はありません。審査なしのカードローンを探す必要はないと言えます。
ただし、職業柄収入が不安定ということもありますから、借入できる限度額は低く設定されがちです。
なるべく信用してもらうために収入証明書の提出をしておくと良いでしょう。また、在籍確認がしっかりとれるようにしておくことで審査に落ちる可能性を下げておきます。水商売ではプライバシーを守るための対応を行うことが多く、事前に話を通しておかなければ審査落ちする可能性があるわけです。

未成年なので審査なしのカードローンを探している

結論から言ってしまうと未成年でカードローンを利用することはできません。カードローンは年齢制限があり20歳未満では利用できないことになっています。これについては解決策はありませんから、20歳になるまでは知人から借りたり親を頼るといった方法になるかと思います。例えば奨学金や学生ローンといったカードローン以外での融資は可能性が残りますので、こういった方法でお金を用意する事は可能です。カードローン以外の手段を模索してみることをオススメします。

住所不定なので審査なしのカードローンを探している

そもそも住所不定の場合はカードローンの審査に受かる事ができるのでしょうか?
カードローンを申し込む際には本人確認のための書類を提出する事になります。多くの場合は運転免許証などになると思われますが、ここには住所が記載されているわけです。この住所が実家などであれば特に問題はありませんが、引き払い済みのマンションなどの場合は郵便物が受け取れず住所が虚偽だったということになりかねません。
虚偽の住所であれば十分に契約解除の理由になりえます。これを避けるために郵便物が一切ないWEB完結型の消費者金融を利用するという方法が考えられます。

公的な身分証明書が無いので審査なしのカードローンを探している

滅多にないケースですが、成人していても公的な身分証明書がないという状況は考えられます。カードローン申し込み時には本人確認書類のコピーが必要になりますから、身分証明書を持っていなければいけません。この対策としては、根本的に身分証明書を入手するという事に限られます。保険証やマイナンバーカードを入手するといった方法が最も効率的です。
運転免許証も原付などであればすぐに取れますし、パスポートもお金さえ払えば手に入るので何も持っていないのであれば入手しておいても良いでしょう。

前科ありなので審査なしのカードローンを探している

いわゆる犯罪歴があり、前科がついているとカードローンの審査は通らないのでしょうか?誤解しがちですが、実は犯罪歴とカードローンの審査には特に関係はありません。つまり、前科があってもカードローンの利用には基本的には制限がつかないという事になります。しかし、例えば服役によって返済が滞ったことによるブラック化や買い物や支払いを全くしていない期間が長期的にあり信用が低い状態といったケースでは審査に影響します。

同時申し込みで落ちまくっているので審査なしのカードローンを探している

カードローンの審査に通らない理由として多重申込者に該当しているケースがあります。
カードローンは申込みをしたという記録が信用情報に残りますから、短期間で何度も申込みをしていると審査で不利になります。
いくつものカードローンを同時に申し込むという事は、それだけ資金的に切迫していて、返済能力も低いと判断されるからです。
こうした相手にお金を貸したくないと考えるのは自然なことでしょう。
一般的には最後の申込みから半年ほど経てば問題ないとされています。

生活保護を受けている

生活保護を受けている場合だとカードローンにはまず審査ではじかれてしまいます。
そのため、審査なしのカードローンを探している人もいるようですが、絶対にやめましょう。
生活保護状態でカードローンを利用してしまうと、借入たお金も収入としてみなされてしまい生活保護の受給額が減らされたり打ち切られるケースもあります。
そもそも貸し付けてくれる可能性は低いわけですが、利用するメリットも全くありません。
万が一生活保護費でどうにもならない場合は、担当のケースワーカーへ相談するのが最善でしょう。

DVやストーカーからの被害で身バレが怖い

ストーカー被害に遭っている人はカードローンの審査がきっかけで住所がバレるおそれがあります。カードローンの審査では信用機関に情報が記録されますから、居住地などが管理される事になります。通常この情報を誰でも簡単に閲覧できるわけではありませんが、信用情報機関や金融機関などに勤務している人物であれば閲覧可能となります。
そのため、こうしたルートからストーカーが情報を得る可能性はゼロとは言い切れません。
どうしてもカードローンの利用で住所バレのリスクは低いもののついてまわる事になります。

現在金融業界で働いているため

現在金融業界で働いていると、信用情報機関に情報が残ると同業に記録がバレると考える人もいるでしょう。そのため審査を受けることを嫌う傾向にあるわけですが、現在はコンプライアンスの都合で同僚にバレるリスクは低いと考えられます。
確かに以前はそういった情報の扱いが雑でしたが、現在では雑に扱ってしまえば大問題に発展しかねません。
もちろん閲覧されるリスクが完全にゼロにはなりませんが、普通に利用していて問題になるケースはほとんど無いと言えるでしょう。

一時的に審査なしで借りられる銀行ATMカードローンとは

基本的にカードローンでは審査が必須となりますが、例外もないわけではありません。唯一と言って良い例外は銀行ATMカードローンで、このシステムでは一時的に審査なしで借入することができます。通常だと審査で落ちてしまうブラックリスト入りしている人や他社からの借入が多い人でも利用できる可能性があるわけです。これ以外の審査なしで融資をして貰えるローンのほとんどは闇金と考えて良いでしょう。この章では銀行ATMカードローンについて紹介していきます。

銀行ATMを利用している時にだけ申し込み可能

銀行ATMカードローンとは一体どのような仕組みなのでしょうか。まず銀行のATMを利用して引き出しや預け入れ、あるいは残高照会などを行っている際に申し込めるものになります。銀行の口座を利用して、一定の条件をクリアした場合にはATM上で申込みが可能となります。条件をクリアしてさえいれば、その場ですぐにお金を借りる事ができますし、利用するのはキャッシュカードですから非常に便利に使う事ができます。
もちろん誰でも利用できるわけではありません。

本審査前に融資する

銀行ATMカードローンでは本来行うべき信用情報機関での情報照会や年収といった情報を調べずに貸付を行っています。融資の後に必要な情報を照会していき本審査を行うという手順になっているためです。これによってスピーディに融資を行う事ができるわけですが、一時的にせよ融資まで審査がないわけです。そのためブラックリスト入りしていたり総量規制に引っかかっていてもお金を借りる事ができるかもしれませんし、収入が無くても可能性はあります。

本審査後に融資を断られることもある


もちろん審査なしで融資を受けても、後から本審査がありますから審査を通過できない可能性はあります。ここでブラックリストなどの情報によって融資を断られたり上限額を減額される事はあります。ただし、既に借入したお金に関してはそのまま利用する事ができ、通常の返済プラン通りで問題ありません。要するに借入自体は成立しているわけですから、信用情報に不安があっても問題がないわけです。もちろん本審査で落ちた場合は追加融資は望めませんから、そちらは諦める事になります。

すぐに借り入れたいという人は即日審査カードローンを利用すべき

審査には時間がかかると感じる人も多いようですが、審査自体がないカードローンはないものの大手消費者金融では短時間で結果が出るようになっています。
アイフルやプロミス、SMBCモビットなどは審査から融資まで最短で1時間程度で完了するようになっているので、即日融資も可能です。
自動契約機などを利用することで、その場でローンカードを入手してATMで借入できるわけです。
銀行振込による融資でも、時間帯が早ければ営業時間に間に合いますから即日融資が可能です。

即日審査カードローンとは

即日審査のカードローンとしてはレイクALSAやSMBCモビットがおすすめです。原則として即日審査・即日融資となっています。
もちろん遅い時間帯であれば即日融資は難しくなりますが、お昼ごろまでに申込みをすればほとんどの場合で即日融資になります。
審査に時間がかかると思っている人も居るかもしれませんが、大手消費者金融なら非常にスピーディです。
特に審査自体に不安がなければこうしたサービスを利用して即日でお金を借りてみると良いでしょう。

即日審査ができないカードローンもあるので注意

もちろん全てのカードローンが即日審査可能なわけではありません。特に銀行系のカードローンは即日審査が行われず翌日営業日以降の審査になります。信用金庫や労働組合などのカードローンも即日審査ができないようになっています。
つまり即日審査で融資を受けたい場合には大手の消費者金融を選ぶ事になるわけです。
それ以外のカードローンでは翌日以降の審査となりますから、融資もそれ以降となり時間がかかってしまいます。
特に急いでいなければ問題ありませんが、急いでいる場合は選択肢が大きく限られる事になるわけです。

即日融資を受けられる正規の金融業者

「どうしても今日中にお金が必要!」
そんなときは、審査が早くて即日融資に対応している正規の金融業者をおすすめします。

・融資を急いでいるならプロミス
・職場への電話連絡なしならSMBCモビット
・女性の即日融資はプロミスレディース
・利息を少なくするならレイクALSA
・大手が厳しいなら中小消費者金融

消費者金融は正規の貸金業者です。
そのため、総量規制の対象になっていたり、金融事故がある申込者は審査に追加できません。
ここでいう金融事故とは、
・長期延滞(61日以上)
・債務整理(自己破産・個人再生・任意整理)
・強制解約
・代位弁済
のことです。
これらの金融事故情報は、個人信用情報機関に5年~10年保管されることとなります。
正規の業者から即日借り入れできるかどうかを知りたい場合、プロミスの「お借入れ診断」を利用しましょう。
そうすることで事前に借り入れ可能かが分かります。

融資を急いでいるならプロミス

「どうしても急いで借り入れをしたい」
というかたにおすすめなのがプロミスです。
プロミスでは、審査は最短30分、融資速度は1時間程度となっています。スピードキャッシングに定評があり、即日融資も可能です。WEBで申し込みをしたら、手持ちの口座に振り込みで融資を受けて、コンビニのATMでキャッシングをすることができます。
即日融資を希望する場合は、まず、プロミスの公式サイトから申し込みをして、担当者に電話し、急ぎの融資を希望していると伝えましょう。
そうすることで優先して審査を行ってもらえる可能性があります。

電話連絡なしにするならSMBCモビット

カードローンやキャッシングの申し込みをすると、審査の過程で、電話による勤務先への在籍確認が行われます。しかし、「職場に電話をもらうのは困る」という人もいますよね。そこで、電話連絡なしでの申し込みを希望する場合におすすめなのが、SMBCモビットです。SMBCモビットは、「WEB完結申込なら電話連絡なし」を明言しているカードローン会社となっています。
在籍確認は書類で行われるため、自宅や会社への電話連絡はありません。
なお、WEB完結申込を利用するには、以下のものが必要です。

・本人を確認できる運転免許証
・社会保険証か組合保険証どちらか1点
・三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座1点
・直近2か月分の給与明細

WEB完結申込では、土日祝日で職場が営業していない場合でも即日融資を受けられます。
さらに、スマホアプリとセブン銀行ATMを利用することで、24時間いつでもキャッシングが可能です。

女性が即日融資を受けるならプロミスレディース

女性が即日融資を受けるならプロミスレディースがおすすめです。プロミスレディースは、最短即日審査、最短60分融資。即日融資に対応しているうえに、初回借り入れから30日間は無利息サービスがついています。利用には、メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。30日以内に融資と返済を済ませることができるなら利息もつかないのは大きなメリットといえます。さらにオペレーターは全員が女性なので、初めてカードローンを利用する場合も安心して相談することができるでしょう。ただし、プロミスレディースは、通常のプロミスと扱いは同じです。そのため現在プロミスと契約している場合は新たに契約するということはできません。

利息の支払いをなるべくなしにするならレイクALSA

2018年3月より融資を開始した消費者金融が、レイクALSAです。このレイクALSAの大きなメリットは、なんといっても、無利息サービスにあります。5万円までの借り入れなら180日間利息なしとなっているのです。「少しだけ借り入れをして、すぐに全額返済する」という場合は、特におすすめです。また、WEBでの申し込みを完了させてスマホアプリをダウンロードすることにより、セブン銀行ATMで借入と返済をすることが可能です。
カードレスで利用できるのはとても便利です。

大手消費者金融の審査に落ちた人は中小消費者金融のキャレントに申し込む

大手消費者金融の審査に落ちた人は中小消費者金融のキャレントに申し込むことを検討してみましょう。キャレントは、柔軟な審査で対応しているため、大手消費者金融の審査に落ちた人でも、契約ができることがあります。通常、消費者金融では、過去の返済歴を重視します。しかしキャレントでは現在の返済能力を重視しているのです。とはいえ
・電話連絡ができない
・債務整理中
・1か月以上の長期滞納中
・入力不備
・なりすましや虚偽
というような申し込みについては、キャレントでも審査には通過できないため注意しましょう。

審査なしで即日お金を借りる方法はリスクがある

「信用情報や、他社の借り入れに問題があり、審査には通らないだろう」という人もいます。それでもお金を借りたいという人は、審査なしでお金を借りられる方法を探すことがあります。しかし、審査なしで即日お金を借りる方法も存在しますが、かなりのリスクを伴います。場合によっては、そのあと大変な思いをするかもしれません。審査なしでお金を借りたいという場合に考えられるのは次のようなものです。

・闇金を利用する
・ショッピング枠を現金化する
・知人から借りる

知人から借りる以外の方法は、かなりハイリスクです。絶対に利用するのは避けましょう。それでは、それぞれについて詳しく見ていきましょう。

闇金から借り入れる

規制が厳しくなった今でも闇金は存在します。しかし、どれだけお金が必要でも、闇金に手を出すべきではありません。闇金業者は、審査なしで即日融資をします。それは、貸し倒れが生じても利益が出るような高金利だからです。
さらに、強引な取り立てて「絶対に」お金を回収するからです。返済期日を過ぎれば、家や会社まで取り立てに来ることすらあります。もしも知らずに闇金を利用してしまったら、すぐに弁護士に相談しましょう。また強引な取り立てをするようであれば警察に通報する必要もあります。さらに、闇金業者は、個人情報を流出させることもあります。
そうなると新たな問題が生じますので、絶対に手を出してはいけません。

ソフト闇金も利用は危険

最近では、闇金業者の中に「ソフト闇金」と呼ばれるものが存在します。しかしこのソフト闇金も、違法な金利による貸し付けを行っています。闇金と同様に、手を出してはいけません。ソフト闇金は
・異常な取り立ては行いません
などという文句で契約を誘いますが、利息制限法をはるかに超えた違法な金利での貸し付けを行っています。そして、返済の期日を過ぎれば、闇金と同様に違法な取り立てを行います。ソフトという名前に惑わされないようにしましょう。「すぐに返済できる金額だから」と、つい利用する人はあとを絶ちません。しかし業者は、さまざまな手数料を請求するなどして、借金を一括返済させずに、利息を回収しようとしてきます。安易に借りると、後悔することになりかねません。
絶対に借り入れをしないよう、注意しましょう。

個人間融資も一種の闇金

「個人間融資サイト」というものも存在します。審査がなく即日借り入れができるものの、この個人間融資サイトもハイリスクです。個人間融資では、SNSや掲示板を利用して、個人間でお金の貸し借りをします。もしも、貸す側が「即日振込をします」といっている場合は、審査を受けずに借りることができるかもしれません。しかし普通に考えて、会ったこともない他人にお金を貸すものでしょうか。自分が貸す側だったら、どう考えますか。個人間融資サイトは、詐欺や闇金、犯罪の温床となっているともいわれています。個人情報だけを取られたり、保証料を請求されたりするケースもあります。困っているときは藁にでもすがりたい気持ちになるものです。しかし、利用するのはやめましょう。

ショッピング枠の現金化もリスクあり

クレジットカードのショッピング枠を現金化している業者もあります。これを利用すれば、審査を受けずに即日融資を受けることができる場合もあります。現金化業者自体は違法ではありません。しかし、おすすめできない理由があります。

・現金化は、クレジットカードの規約違反にあたる
・現金化業者が闇金業者とつながっていることがある

規約違反がクレジットカード会社に発覚すると、カードは強制解約され、使った金額の一括返済を求められることがあります。
さらに強制解約をされると、個人信用情報機関に、異動情報がきさいされてしまいます。そして、お金に困っていることが、闇金業者に知られてしまうと、しつこく勧誘されるおそれもあります。そのため、ショッピング枠を現金化することはリスクが高くおすすめできないのです。

知人から借り入れる

「どうしてもお金が必要」という場合、親や知人を頼るしかないこともあるでしょう。
金融機関から融資を受けられないという場合は、この方法を取るしかないこともあるかもしれません。違法業者を使うよりは、親や知人から借りるほうが良いのは間違いありません。ただし、お金の貸し借りは、どうしてもトラブルに発展しやすいものです。
また「今日中に10万円貸してくれ」という依頼は相手にも迷惑ですよね。なるべく避けることをおすすめしますが、どうしても借りるという場合は、誠意をもってお願いするようにしましょう。

知人から借り入れる時には借用証明書の作成する

もし、知人からお金を借りる場合には必ず「借用証明書」を作成しましょう。そうすることで相手を安心させることもできますし、あとからのトラブルも防げます。この借用証明書は、弁護士などに依頼せず、手書きだとしても問題はありません。
必要となるのは
・債権者の名前
・債務者の名前
・いつ、いくら借りて、金利何パーセントで返済するのか
・いつまでに返済するのか
が書かれていれば、法的に効力のある書類となります。親兄弟や配偶者にお金を借りるのも良いかもしれませんが、上司や親戚など、少し遠い人に正式な書類を作ったうえで借り入れをしたほうが、きちんと返済しやすいかもしれません。しかし返済が滞れば相手からの信頼を失います。くれぐれも注意しましょう。

お金を借りるにはなぜ審査が必要なのか

お金を借りる際に避けて通れないのが「審査」です。この審査は、申込者に本当に返済能力があるのかを判断するために行われるものです。審査に落ちてしまうということは、「お金を貸せない」というだけでなく「この申込者は返済不能になる可能性がある」と判断されている、とも考えられます。
審査に通らないということは、客観的に見てよい状況ではありません。
そんなときは、まず、お金を借りるのではなく、収入を増やしたり、債務整理をしたりすることも検討しましょう。
「これ以上お金を借りない」という状況を作るのも大切なことです。

債務整理について

返済しきれないほどの借金を抱えて、なかなか人にも話せず、一人で抱え込んでしまう…。そんな状態は、とてもつらいものです。
しかし借金に関する相談は、近い人には打ち明けにくいものです。そんなときは、思い切って、弁護士など、お金や法律の専門家に相談してみることをおすすめします。多くの弁護士事務所では、債務整理に関して、無料での相談を受けています。弁護士会などで相談を受けていることもあります。費用がかかったとしても債務整理をしたほうが良い場合もあります。多重債務などで悩んでいるときは、まずは専門家に相談してみましょう。

審査なしで即日キャッシングを受けたい人と特徴別の解決法

「審査なしで即日キャッシングを受けたい」そう考えている人は、もしかしたら、下記のどれかの条件にあてはまっているのではないでしょうか。

・現在、無職または休職中である
・信用情報に傷がある
・多重債務を抱えている

こんな状態では「今すぐお金が必要」となるのも無理はありません。しかし、いま使えるお金を用意するだけでは根本的な解決にはなりません。それは誰よりも、自分自身が分かっていることではないでしょうか。そこで次に、特徴別の解決方法を紹介します。

現在無職(休職中)の人ができるだけ早くお金を工面する方法

働く意思があっても、心身が疲れたりすると、どうしても働けない状況になることがあるものです。また、そこまでではなくても「うまくいかないのでとりあえず退職してしまって次が決まらない」というケースもあるでしょう。無職や休職自体は仕方がないことです。しかし、収入がなければ返済能力がないとみなされるため、貸金業者の審査には通りません。どうしても早くお金を用意したい、という場合は、まず借りることではなく「稼ぐ」ことを考えてみましょう。日雇いのバイトをするのも良いでしょう。
働けるような状況であれば、単発ではないアルバイトを探してみるのも良いでしょう。全く働けないレベルで心身が不調という場合は、日数はかかるものの公的な援助を受けられるケースもあります。

職業訓練校に通い失業手当の給付を早める


「自己都合で会社を辞めたところ三か月の待期期間が生じたため、お金がない」という人もいます。この場合はハローワークの公共職業訓練に参加すれば、待期期間がなくなり失業保険の給付を早められます。地域により受講できる内容は異なりますが、現在は様々な内容の講座が用意されているため、選択肢はかなり広いです。失業保険が早くもらえるだけでなく、次の仕事を探す足掛かりともなります。興味があれば、ぜひハローワークに相談してみましょう。ただし、この方法は「失業保険の給付を早める方法」となります。
即日で融資が受けられるという内容ではありません。

職はあるけれど信用情報に傷がある人がお金を借りる方法

「仕事はしているけれど、信用情報に問題があり、カードローンの審査に通らない」
このようなケースの場合、しばらくのあいだは、新規での契約は難しいでしょう。そんなときにおすすめなのが「質屋」です。
質屋なら、申込者を審査することなく、物品に対しての審査を行って、お金の貸し付けを行います。大手質屋チェーンである大黒屋などは、全国の主要都市であれば、すぐに利用することが可能ですので、利用を検討してみましょう。

中小消費者金融でも、信用情報に傷があると即日キャッシングは難しい

中小消費者金融でも、平日で銀行の窓口が営業している時間であれば、即日での振り込み融資を行っているところがあります。
しかし、この中小消費者金融であっても、信用情報に傷があれば、即日融資は難しいでしょう。
なぜならこれは、中小の消費者金融も、申し込みがあれば審査を行うからです。
大手よりは柔軟に対応してくれるとはいえ、信用情報に問題がある場合は、その限りではない、ということは、頭に入れておくとよいでしょう。

多重債務者はこれ以上借金を増やさない

「複数の貸金業者から借り入れがある」
「総量規制の限度まで借り入れをしている」
そんな多重債務の状態に陥ってしまっているときは、新しい借入先を探すのではなく、債務整理を検討してみましょう。債務整理をすると、個人信用情報機関に異動情報が記載される期間(通常5年、自己破産で最長10年)は、ローンなどが組めなくなります。
それは確かにデメリットかもしれません。しかし、あてどもなく返済を続けていくより、債務整理をしたほうが楽になるケースが多いのは事実です。借り入れをして対処するのではなく、専門家に相談して、根本からの解決を目指しましょう。

債務整理をする前に銀行カードローンのおまとめローンに申し込んで見る

「どうしても債務整理に踏み切れない」
そんなときは、銀行系の「借り換えローン(おまとめローン)」で、借金を1本化するという方法もあります。借り換えができれば、返済先も1つになり、さらに、月々の返済額を抑えることもできます。もし、これまでに銀行系のカードローンに申し込んだことがないのなら、一度試してみるのも良いでしょう。ただし、借り換えをしても、新しい借金を重ねてしまい、余計に生活が大変になる人がいるのも事実です。最終的に債務整理をした、という人も少なくはありません。それよりは、最初から債務整理で考えてみたほうが良いこともあります。まずはじっくりと検討してみましょう。

ヤミ金やソフトヤミ金は絶対に利用すべきでない

インターネットなどで調べていると無審査でのキャッシングを謳っている業者を見かける事もあります。こういった業者はいわゆる闇金で、正規の金貸し業ではありません。そもそも法律を守っていれば審査不要となることはありませんし、そういった宣伝をする事もできません。
闇金は金利が違法であったり、取立てが厳しいといった可能性がありますから絶対に利用してはいけません。
万が一利用してしまった場合には早急に弁護士や警察などに相談してしまいましょう。

ソフトヤミ金とは

近年、闇金の中でもソフト闇金というものが登場してきました。
一般的な闇金のイメージよりも柔らかく、一見すると真面目に営業しているように見えます。
利用者に対しても最初は相談に乗ってくれたりするので一般的な消費者金融と差がわかりにくいです。
とは言っても闇金ですから正規の消費者金融と比べると高い金利が設定されていたりと法律を守っていません。
もちろん違法ですから絶対に利用しないように注意しておく必要があります。

借金が多すぎて首が回らない人はおまとめローンや債務整理も考えよう

審査なしのカードローンを探している人の中には多重債務状態の人も多く存在していると思います。多重債務状態では総量規制ギリギリまで借入している事も多く、返済が非常に難しい状態になっている事が多いです。そういった場合、おまとめローンを利用すると利息を減らす事ができる可能性がありますし、返済の負担が減ります。借金の一本化によって返済計画も立て直しやすくなります。それでも返済が難しい場合は債務整理という最終手段を考えるべきでしょう。

債務整理のデメリット

債務整理では借金を減らしたりなくしたりすることができます。しかし、当然それにはデメリットも存在しています。
債務整理によって借金を減らした事は信用情報に記録されますから、以降5年はクレジットカードやカードローンの契約ができなくなります。自己破産の場合は10年と非常に長くなっていますし、もちろん家族にもバレる事になるでしょう。
あまり馴染みがないかもしれませんが、国の発行する官報に氏名や住所も記載されてしまいます。

借金返済ができないようであれば早めに債務整理を

債務整理には大きなデメリットがあるわけですが、どうしても借金を返済できなくなったら最終手段として利用する事も考えましょう。
メリットとデメリットをしっかりと比較して、利用すべきだと判断したら早めに動くことが重要です。
完済ができない借金返済は長く続けても負担が増えるばかりですし、債務整理のデメリットは時間が解決してくれますから遅くなるほど損と言えるでしょう。
早めに借金をなくして人生のやり直しをしていきましょう。