最終更新日:2020年05月15日

「お金がなくてやばい…」この対処法で解決します

お金がないので同僚にランチを奢ってもらう給料日前の話

ある二人の女性の話をします。

一人は遊美さん。現在30歳。独身です。

周りの友達はどんどん結婚していっていますが、今は自由な独身生活を楽しんでいます。

ただ一つ将来への不安があって、そのこともあって今日は同僚の真子さんの食事の誘いを断ってしまいました。

実は遊美さん、なぜかイマイチお金が手元に残らなくて、給料日前にはいつもお金に困ってしまっているのです。

真子さんがおごってくれるということで喜んで付いていくことにした遊美さん。

真子さんが話を聞いてみると、遊美さんはそれなりに節約しているつもりなのに、どうもお金がない。

しかしさらに話を聞いてみると、あまりお金を何に使ったのか、普段からちゃんと管理していないのだそう。

この辺、心当たりのある方もいませんか?

ここからもう少し、遊美さんの生活を見てみましょう。

お金がないのに10万円もこれらに使っていたなんて・・!

あらためて遊美さんの一か月の出費を見てみます。

家賃70,000円、光熱費100,000円、食費20,000円、インターネット5,000円、スマートフォン10,000円。

まつエク8,000円、ネイル8,000円、美容院10,000円。

スポーツジム会員費10,000円、洋服類30,000円、化粧品20,000円、飲み会代20,000円。

計221,000円ほど。

これに真面目な真子さんはちょっと驚きます。手取りがほとんど出費になってしまっています。

特に美容系にお金をかけすぎている感じがしますが、遊美さんはいい男を捕まえるために美容は外せないと言います。

真子さんは心配ですが、遊美さんはどうもお気楽なようです。

お金がない人必見!人の目を気にしなければお金は貯まる話

遊美さんの出費の中でも、見た目に関することにかなりお金を使っていることがわかります。

そこで真子さんはその点の出費を抑えるのはどうかと提案します。

つまり、人目をそこまで気にしなければ良いのです。

例えば美容院に行く回数を減らす。

化粧品を100円ショップで買うようにする。

洋服は着回しがしやすいものを選ぶ。

毎月出費のあるコンタクトレンズから眼鏡にしてみる。

ネイル・まつエクをやめる。

全員参加と決まっていない飲み会は控える、等々……。

その上で計算しなおしてみると、ざっと80,000円は浮きそうです。

さすがにここまでは行き過ぎなところもありますが、人目を気にしなければかなり節約できるという真子さんの話には、遊美さんも少し納得します。

お金がないならクレカを持たないのもひとつの工夫である

出費を抑えるという意味では、クレジットカードを使わないようにするのも一つの方法です。

クレジットカードというのはお金を出す実感が沸きづらくてつい気楽に買い物をしてしまいがちですが、単に支払いを翌月に先送りしているだけです。

分かっていてもつい使ってしまうようならば、クレジットカードを持ち歩かないようにして、通販サイトからクレジットカード情報を消してしまうのもおすすめです。

そうするとフワッと思い付きでお金を使ってしまう機会が減って、実際に真子さんはそうしてみた時は、本当に必要なものはそんなになかったみたいです。

お金がない時の「稼ぐ」「借りる」2つの対処法について

さて、とはいえ節約はこれから考えていくとして、実際に遊美さんのように手元にお金が無くなってしまった場合、現実的にはどうすればいいのでしょうか?

その方法は大きく二つにわけられます。

一つは、日常の生活費をもう少し増やしたいならば、自分でお金を「稼ぐ」。

そしてもう一つ、もし急にどうしてもお金が必要になってしまった場合は「借りる」。

それではここからは、この二つの方法についてそれぞれ具体的に、おすすめの方法を紹介していきましょう。

短期集中バイト・パートでお金を稼ぐ方法

まずはお金を「稼ぐ」方法です。

これからも生活費など含めて普段からおサイフに余裕を持っていきたいならば、バイトやパートで稼いでいくのが最も堅実で、健全な方法でしょう。

ちょっとお金が足りなくなった時は短期集中バイトをしてみるという方法もあります。

バイトやパートは、正社員に登用されるかもしれないというメリットがあるので、現在フリーターなどの方にはそうした選択をするのもおすすめです。

また短期集中バイトであるならば、必要な分だけ稼げたり、ちょっと合わなかったら続けなければいいだけなので、その点もメリットです。

不要なものを売ろう!

すぐにお金が必要な場合は、不要なものを売るという方法もあります。

メリットとして、バイトなどのように会社に隠れてする必要がない、すぐにお金になる、家の中が片付く、などがあります。

またデメリットとしては、不要なものを整理・選別するのに時間が必要になる、思った通りの価格で売れない場合もある、一度手放してしまうともう戻ってこない、などがあります。

現在は「ヤフオク」や「メルカリ」など、ネットを利用した個人間の売買も非常に盛んになっているので、すぐに始めやすいというのもメリットです。

ネットでなくともフリーマーケットやリサイクルショップという選択もあるので、かなり自由度は高いといえます。

節約をしよう

そしてお金が入ってきたら、やはり大事なのは節約です。

先の例では美容などを主に挙げましたが、生命保険や損害保険などの保険料、携帯電話のプラン、カード類の年会費や有料アプリ。

あと新聞の代金なども見直してみるのがいいでしょう。

実はこれら、どれにも共通しているのが支払いが自動引き落としになっているという点です。

もし毎回料金を払う必要があるのであれば、お金を使っている、負担感を実感することもできますが、自動的に引き落とされているとなかなかそうした実感がありません。

是非ここは、一度見直してみることをおすすめします。

保険料を見直そう!

自動引き落としにされている中でも、保険料の支出は収入に対してかなり大きな額になっているのではないかと思います。

特に新人の頃は積極的に保険の勧誘をされて、ついつい言われるがままに高額なプランを選ばされてしまっていることもあります。

とは言え保険はいざという時にとても頼りになるものですから、もちろん解約はおすすめしません。

ただ実際には、必要のない契約をかなりしてしまっていることも多いのです。

例えば、まずありえない高額な入院費用の負担や、高度最先端医療費用が付いていることなど。

確かに説明だけ聞くとその時は必要かもと思ってしまいますが、現実にそれが必要になる確率はかなり低いといえます。

チェックしなおしてみるのも良いのではないでしょうか。

給料を前借するのも一つの手段

お金がない時に給料を前借するというのも比較的ポピュラーな手段です。

そうしたことを制度化している企業もありますね。

ただこれは、会社に対して信用を借りるという行為でもあり、それなりのリスクを伴います。

緊急の出費の場合はやむを得ないですが、日常の支出による不足で前借という選択はあまりしないほうが無難でしょう。

そうした理由で前借するということは、来月もまた同じことになる確率は非常に高いですから、前借が常習化してしまうと当然会社からの信用も疑われていくことになります。

クレジットカードでのキャッシング

緊急にお金が必要になった場合、クレジットカードのキャッシングサービスを利用するという方法もあります。

クレジットカードには契約によってキャッシング機能も付けられるので、そこから借りるという方法です。

キャッシング機能を使えば、現金が必要な時にすぐにコンビニなどのATMから借りることができるというという大きなメリットがあります。

ただしキャッシング機能には事前の審査、つまり事前の申し込みが必要であるということと、あくまで急を要した場合のためのものなので、あまり大きな金額を借りることはできないので、その点は注意しましょう。

銀行から融資を受けよう

もしまとまったお金を借り入れたい場合には、銀行から融資を受けるという方法もあります。

銀行の融資といえば「住宅ローン」や「教育ローン」など、あらかじめ決まったものに対して高額の融資が受けられるイメージが強いですが、他にも使い道は自由な「カードローン」という方法もあります。

緊急の出費や、生活費などに使いたい場合はカードローンを選ぶのがいいでしょう。

ただし銀行の融資は金額が大きくなりやすいので、返済に関しては事前にきちんとした計画を立てておきましょう。

親や友人に相談してみよう

1つ目の対処法は「親や友人に相談してみる」ということです。

売るものもなく、働く時間もないという人もいるでしょう。

そんな場合は思い切って親や友人、会社の人など周囲に相談してみることをおすすめします。

お金を貸してもらえるかもしれませんし、何か良い方法を提案してくれるかもしれません。

もし相手からお金を借りられるということになったら、手書きでも構いませんので借用書を準備し、期日までにしっかりと返済しましょう。

Q.個人で用意した借用書に法的効力はあるの?

借りる本人が作成した契約書であれば法的な効力があると考えることが出来るでしょう。

ただし公的な書類にするためには公証役場で確定日付をもらう必要があります。

司法書士などに作成を依頼すればしっかりした法的効力を持つ公文書にすることが出来ます。

ただし法的にきちんとした書類を作るとなると手間も掛かります。

いずれにせよ借用書の形態に関わらず返済しなければ相手からの信用を失ってしまう可能性があることだけは頭に入れておきましょう。

市役所での各種制度を利用しよう

3つめの対処法は「市役所で各種制度を利用する」ということです。

金融機関からの借り入れが出来ない場合には、住んでいる地域の市役所に相談してみましょう。

母子家庭のかたや、年金受給者のかたなど、さまざまなケースごとに支援制度が用意されています。

市役所などの公的機関を頼ることに抵抗を感じるかたもいるかもしれません。

しかし問題を解決できる可能性があるなら、相談してみる価値はありますよね。

困っているときは活用してみましょう。

お金がないときに、絶対にやってはいけないことを解説!

収入がない、売るものもない、身近な人にお金を借りることもできない。

そしてさらにはキャッシングの審査にも落ちてしまったなど、もはや八方ふさがりとしか言えないような状況になってしまうことも、もしかしたらあるかもしれません。

しかしそれでも、絶対に手を出してはいけないことがあります。

もしそれをしてしまえば、その先には破滅しかありません。

もう破滅しかないのだから同じと思われるかもしれませんが、まだ少ないながらも方法は残っている可能性はあります。

とにかく手を出してはいけないというものを紹介しましょう。

ギャンブルでお金を増やそうとすること

もし冷静であるならば、残りの少ないお金をギャンブルに使ってしまうなど、ありえないことだとわかるでしょう。

しかし追い詰められて心に余裕が持てなくなっている時ほど、無闇に一発逆転を夢見て一か八かに賭けてしまうことがあります。

ですが現実にそんなに上手い話があるわけもなく、全てを失ってしまいます。

そもそもギャンブルは店側が儲かるように作られていなければ経営するはずがありません。そのことを常に頭に入れておきましょう。

それならばアルバイトをした方が確実です。

カードローンから多額の借り入れをすること

カードローンの一部には無利息サービスがあるので、そのことからカードローンの便利さに気づき、継続的に利用していくようになる人もいるでしょう。

カードローンによる借り入れは自分の口座から引き落とすような感覚もあるので錯覚してしまいがちですが、そのお金は借金なので、返済しなければなりません。

使い過ぎは絶対にしないでください。

カードローンはどうしても困った場合、返済の目途が立っている程度に、できるだけ最小限だけ借り入れるという形で利用するようにしましょう。

ヤミ金からお金を借りる

もしもキャッシングの審査に落ちてしまった時でも、審査ナシなどを謳っている業者からお金を借りることも絶対にNGです。

そうした甘い条件を謳う業者は確実にヤミ金です。

暴力団の構成員などが関わっていることも多く、一度借りてしまえば泥沼です。

最初の条件とは違う法外な金利を要求されたり、暴力的な嫌がらせを受けたり、普通の日常生活を送れなくなってしまうこともあります。

ヤミ金からお金を借りることは絶対に避けるようにしましょう。

お金がない緊急事態には消費者金融のキャッシングが頼りになります!!

これらとは違い、本当にお金が急に必要になってしまった場合や、生活費など、目的が一つではない場合、消費者金融からキャッシングするという方法も頼りになります。

消費者金融のメリットはなんと言っても審査のスピードが非常に早く、申し込んだ当日には借りることができる場合もあるのは大きいでしょう。

大手の消費者金融ならば法律をきっちり遵守していますので、借りたが最後、おかしなトラブルに巻き込まれるというようなこともありません。

また最近では最初の借り入れは30日間無利息というサービスを行っているところが増えてきているのも特徴です。

どのようなときに消費者金融からお金を借りてはいけない?

消費者金融の利用で気をつけたいのは、「なんとなく」で借りてはいけないということです。

臨時の出費でやむを得ず、今はお金がないけれども来月の給料で確実に返せるなど、返済のめどもたっているという形ならば良いですが、日常の生活費の中でなんとなく消費者金融から借り入れるようになってしまうと、かなりの確率で返済に行き詰ってしまうようになります。

そうなると返済できずにまた別の消費者金融で借りてしまうようになり、終わることのない悪循環に陥ります。

必ず返済のめどを立ててから、借りるようにしましょう。

お金がない時にどうすればいい?場面別での対処法を解説

一口に「お金がない」と言っても様々なパターンがあります。

お金がないということは払う相手があるという話ですから、自ずとその相手によって支払いを待ってもらえる場合もありますし、減額してもらえる場合なども、特別な制度によって支援してもらえることなどもあります。

それぞれのパターンをよく知り、支払いする相手によって適した対処することが大切です。

ここからはそうしたお金がない場合の一つ一つについて詳しく説明していきましょう。

病院でお金がなかったときはどうすればいい?

診察してもらったはいいものの、いざ会計の段になってお財布の中にある現金が足りなくて焦った経験はないでしょうか。

ちょっと困りますよね。

病院でそういうことになってしまった場合は、一度窓口で相談してみるのがいいでしょう。

病院は緊急の患者さんも多いので比較的柔軟なところもあり、大きな病院などではクレジットカードを利用できるところも多くあります。

個人の場合でも相談すれば、お金を降ろしてくる間待っててもらうなど、対応してくれることもあります。

また全額の一部を払うことができれば、それを預かり金として支払いを待ってもらえる病院もあります。

まずは窓口で相談してみましょう。

ローンを返済するお金がない

ローンの返済が滞ってしまいそうになった時は、相手の金融機関にまず連絡を入れましょう。

もし何も連絡しないまま返済を延滞してしまうと、その記録が信用情報に残されてしまいます。

あらかじめ連絡を入れることで、返済日を延期してくれる場合もあります。

もし延期が難しいようであれば、他の金融機関で一時的に借り入れて返済することも考えるのもよいかもしれません。

会社によっては無利息期間をはじめに設けている場合もあるので、きちんと返済計画を立てて利用するのが良いでしょう。

税金を支払うお金がない・・

税金というのは金額が高いことも多く、大変ですよね。

しかし納税は国民の義務であり、もし滞納させてしまうと最終的には最悪、資産を差し押さえられてしまう場合があります。

税金はたった一日でも支払いが遅れてしまうと、滞納という扱いになってしまいます。

税金の滞納はかなり厳しいことになってしまうので、避けるようにしましょう。

もし生活扶助等を受けている場合は税金の減免が認められる場合があるので、役所の税務課か税務署に相談してみるのがいいでしょう。

納税の猶予を受けられることもある

国税の場合は「納税猶予」といった制度もあります。

これは災害や盗難、病気、失業などのアクシデントがあった場合に、詳細な調査によって、その結果、猶予が認められることがあります。

認められた場合には、換価かあるいは納税の猶予を得ることができます。

ただしこれは猶予であって、決して免除ではないという点には注意が必要です。

猶予が認められた場合には、滞納税は免除されます。

また上記のような理由があっても調査によって認められないこともあるので気をつけてください。

離婚後にお金がない・・

離婚には慰謝料や、引っ越しや新しい住居のための費用など、かなりの出費が見込まれることが多いです。

また子供がいる場合には金銭的負担はさらに大きくなります。

そうした子供がいる場合には、公的支援を受けることのできる制度があります。

条件によって必ず受けられるわけではありませんが、少しでも可能性があるのならば検討してみると良いでしょう。

慰謝料に関しては踏み倒すという事例もよくありますが、慰謝料の未払いは最悪財産の差し押さえもありうるので、もし慰謝料が苦しい場合は相手とあらためて話し合ってみるのが最も良い解決策です。

彼氏・彼女にプレゼントしたいけどお金がない・・

大好きな彼氏・彼女にできるだけ良いものをプレゼントしたい。

あるいはまだ付き合って間もない相手にちょっと見栄を張りたい時もあるかもしれません。

しかしこうした場合は、できるだけお金のかからない、その時の身の丈に合ったプレゼントをするのが良いのではないでしょうか。

あるいは心を込めた手料理を振る舞ったり、手紙を書くのも良いかもしれません。

愛し合う者同士で何よりも大切なのは相手への思いやりでしょう。

あなたの気持ちを相手に伝えることが何よりも大切なのではないでしょうか。

お金がないけど一人暮らしをしたい時にどうすれば良い?

それぞれの事情によって、お金はないけれど一人暮らしを始めなければいけない場合もあるでしょう。

しかし貯蓄もなく、不安定な収入で一人暮らしを始めるのは非常に難しいことです。

ですがどうしても一人暮らしをしなければならない場合は、アフィリエイトによって収入を得るという方法もあります。

アフィリエイトは一度サイトを収益化させてしまえれば、いつでもある程度の安定した収入を得られるというメリットがあります。

アフィリエイトによる収入は不動産などと同じ権利に対する収入となり、労働によって得られる労働収入とは異なります。

労働収入が働かないと収入が得られないのに対し、権利による収入は一度収益化できれば長期間一定の収入が得られるので、一人暮らしにとってはありがたいと言えるでしょう。

お金がない時でも有意義に過ごすための対処法を解説

ここからは、仮にお金がないような状況にあっても、一日一日を有意義に過ごすことができるようなコツを紹介していきます。

もし収入が少なくてもそれなりの水準で楽しく生きていける方法は現代の日本では意外と豊富にあります。

収入が増やせなくても、支出を減らすという逆転の発想で、充実した日々を送っていくのも一つの方法です。

ただ無理して支出を削っていくのではなく、前向きに安価なサービスを利用していくことを模索するというのも楽しいのではないでしょうか。

できるだけ無料のもの・サービスを使おう!

現代の日本において、無料で利用できるサービスというのはかなりの数と種類が存在しています。

無料というものに後ろめたさを感じる人もいるかもしれませんが、それは提供する企業にとってももちろんメリットがあるから無料で提供していることなので、利用される側にとってもありがたいことなのです。

ここはぜひ利用して、提供している企業にも貢献できていると考えましょう。

それでは定番の無料サービスから意外な穴場まで、紹介していきましょう。

無料で楽しめるお出かけ&デートスポット!!

デートをするカップルというのは、実は企業にとっても絶好のアピール対象です。

カップルには将来的な消費が見込めますし、宣伝するにも対外的に良いイメージがあります。

そんなこともあって、カップルが無料で利用できるスポットやサービスなどはたくさんあります。

例えばトヨタやパナソニックのショールームや、東京ガスによる科学館、フジテレビ本社や、森永製菓工場など無料で見学できるものが多いです。

野毛山動物園や、お台場のレインボーブリッジや東京ゲートブリッジなどは歩道が無料で開放されています。

他にも調べればまだまだたくさんあるので、おすすめです。

図書館は無料スポットの王様である

無料スポットの定番と言えば図書館があります。

近年の図書館は特に自治体の中心にあるものは最新の雑誌が読めたり、バックナンバーも充実しています。

建物がきれいな図書館も多く、冷暖房とトイレは当たり前、冷水器が設置されているところもあり、本が無料で読めながらかなりリラックスできる空間です。

夏や冬など、外にいるのが厳しい季節などは特に、自宅の代わりならば光熱費も浮くのでおすすめです。

さらには専門的な学術本も置いてあるのが図書館の良さで、何かの将来に向けた勉強をしてみるのも良いのではないでしょうか。

無料サービスには落とし穴も!

無料サービスにはもちろんデメリットもあります。

ひとつはまず、無料であるために人気が高く、利用者が多いので長時間並ぶなどの障害が生じることがあります。

ただ待つだけということではありますが、それだけの時間があればアルバイトでもしたほうが稼ぎになるという考えもできてしまいます。

デメリットを考えて利用するようにしましょう。

またネットでは「ワンクリックで○万円」といった広告も見かけることがありますが、誘導されるままに悪質な契約をさせられる危険も高いので、ネットの無料サービスは特に気をつけるようにしましょう。

給料日までまだまだ遠いとき

急を要して対応していたら、気がつくと給料日までまだ日数があるのにお金がなくなってしまったということもありますよね。

そんな時はまず飲み会の誘いなどを断ったり、食費を節約していくことからはじめていきましょう。

しかしそれでもどうしてもお金が足りないということもあるかもしれません。

そうなった時は、無利息期間が設けられているキャッシングサービスを利用するのが良いでしょう。

無利息なので、次の給料日には返せる金額を借りて、その日が来たら返せば前借と変わりはありません。

ただし給料日後にそこから支払うわけですから、その月もまた支出に気をつけなければならないということは覚えておきましょう。

日々の食事を改善する(節約レシピ等)

お金がないという場合は、何よりもまず支出が多く、削りやすいのが食費です。

食事は日々のちょっとした工夫でそこまで大きく変わらずに節約していくことも可能です。

もちろん自炊が前提になりますが、その中でたとえばこれまで牛肉を使っていた料理を豚肉や鶏肉にするとか、あるいはもっとお得な野菜に変えてみるなど、逆にヘルシーで健康のためには良いこともあるかもしれません。

料理の工夫も楽しみながら、楽しく節約していくというのも一つの方法です。

彼氏・彼女とのデートを見直す(格安で楽しめるデート方法)

恋人とデートしたい時、どうしてもお金を使った豪華なデートプランも考えてしまうかもしれませんが、お互いよくわかり合っている相手ならば、お家デートを企画してみるのも楽しいかもしれません。

見たかったDVDや評判の良い映画、二人でゲームで遊ぶのも楽しいでしょう。

また外出でも公園や神社巡りなど、あまりお金をかけずに楽しめる場所もたくさんあります。

変わったものとしては、霊園巡りというのがあります。

霊園は開放されている場所も多く、特別迷惑行為などしなければ立ち入り禁止ということもありません。

外国人観光客からも日本のお墓は美しいと評判だそうですよ。

ストレス発散を見直す(お金のかからないストレス発散方法)

ストレスが溜まったらお金を使う。

いわゆる散財によってストレス解消をする方も多くいます。

ですがストレスのためにお金がなくなってしまったら、それがまたストレスの元になってしまいます。

そこでおすすめしたいのは、運動によるストレス発散です。

散歩からはじまり、マラソンや筋肉トレーニングなど、安価な運動方法はたくさんあります。

男性はストレス発散に筋肉トレーニングをしているという方もよくいますよね。

ストレス発散しながら健康になり、身体も鍛えられる。こうしたことを試してみるのも良いのではないでしょうか。

旅行がしたいけどお金がないとき

旅行に行きたいけれど、どうやりくりしても難しいということも当然あるでしょう。

そうした場合には、家で旅行気分を味わってみるのも楽しいかもしれません。

今やインターネットさえあれば、世界中のどこでも検索することができます。

有名観光地の写真や情報など、追っているだけであっという間に時間は経ってしまいます。

また各国の調味料を置いているスーパーマーケットも多いので、インターネットで雰囲気を楽しみながら、その国の料理を自作して楽しむのも良いのではないでしょうか。

お金がない対処として国の制度を活用するのもアリ

ここからは、本当にお金がなくてどうにもならない場合にどうすればよいのかという方法を紹介していきます。

まずは、金銭的理由によって生活が困難な人のための国の制度がいくつかあります。

それらを利用すれば最低限の生活はできるようになるので、もしも行き詰った場合は規定の窓口に相談してみるようにしましょう。

また子供のいる家庭に向けて、食事の支援など便利なサービスも多く提供されているので、生活費を稼ぐためにあまり家にいることのできない方などは、調べてみることをおすすめします。

生活保護でもお金が足りない場合の対処法

生活保護制度は、法律によって最低限度の生活を保障しています。

その内容はかなり手厚く、食費やアパートの家賃が支給されるだけでなく、税金や年金、NHKの受信料なども免除されます。

これらの支給額は合計するとかなりの高水準で、もしこれだけ支給されていてもお金が足りないとすれば、支出のほうに問題があると考えられます。

もしギャンブルなどの浪費があるならば、ただちに改めることが必要になるでしょう。

それでもどうしてもお金が必要な場合は、「生活福祉資金貸付制度」というものがあります。

一度既定の窓口に相談してみましょう。

「お金がない。生きていけない。。」そんなときは法的措置をとろう!

もし借金などによってどうあっても生活が困難な状況に陥ってしまっている場合は、最終的な手段として「債務整理」を検討することになるでしょう。

債務整理とは、借金をしている金額自体そのものを減額させたり、支払期限を延長してもらうなど、債務者が現在の状況でもなんとか借金を返済していくことができるように弁護士などの第三者に間に入ってもらって、相手と交渉することです。

ここからは、債務整理の手続きについて紹介していきます。

任意整理

任意整理とは、借金の貸し付けをした側と交渉して、債務者が現実的な方法・期間で返済できるように金利を見直したり、借金を減額するなど、返済計画を変更する手続きのことです。

貸し付け側にとっても完全に踏み倒されるよりは少しでも回収できた方が良いですから、どちら側にもメリットがあります。

ですがもちろん本来の条件からすれば貸し付け側は損をするわけですから、全てが債務者にとって都合よく進むわけではなく、条件次第ではうまく折り合えない場合もあります。

民事再生

民事再生は裁判所との手続きにより、認められた返済額を一定の期間で分割により返済していくことです。

裁判所によるものなので事前の申請が必要で、認められれば返済額も現実的な程度まで減額されます。返済期間は5年程度になります。

この場合は住宅など、自分の有している資産を整理せずに残したまま債務の返済にあたれるので、自己破産をするよりもこれまでの生活から大きく変化することがなく、比較的生活上の負担が少ないとされています。

自己破産

もはや自身に返済能力がないという事実を裁判所に認めてもらうことで、それまでの借金全てにおいて免除されるという手続きです。

自己破産を選択した場合は全ての借金がなくなることによって、そこからの人生をまた新しく始めることができます。

ですが借金がすべて免除される代わりに、財産は一定より上のものは全て借金の返済のために処分され、売却されます。

また他にも、一定の期間借り入れができなかったり、手続きが終わるまでは特定の職業に就くことができない等のデメリットがあります。

あなたの恋人は大丈夫!?お金がない人の特徴例を解説

あなたの恋人は「お金がない」等の言葉をよく言っているということはありませんか?

恒常的にお金がない人には、一定の共通した特徴があります。

例えばギャンブル好き、周りの人にいつもお金を借りている、浪費癖がある、毎日のように飲みに行っている、給料の残額を把握していない等々。

共通する点として高額な出費癖があり、また金額についてあまり把握していないという点が挙げられます。

もし恋人にそうした傾向が見られた場合は、まずは出費がどれくらいあるのかきちんと把握することからはじめるのをおすすめします。

お金がない彼氏・彼女と結婚しても大丈夫なの?

恋人と結婚を考えている場合、相手の経済状態に不安がある方も多いと思います。

もし気になるならば結婚を決断する前に3点、結婚式を挙げる意思、借金の有無、結婚後の家計については確認しておきましょう。

これらのことは、結婚後に何かとトラブルになりがちです。

二人でこれからの人生を共にしていくことを考えるならば、お金のことはハッキリとさせたうえで、きちんと話し合うことが大切です。

また、堅実に貯金はしているが、結婚式を挙げるのは負担になるという場合はブライダルローンの利用も検討しましょう。

お金がない時に響く名言を調べてみよう

貧困は人の心まで貧しくしてしまうこともままあります。

"貧すれば鈍する"という言葉もあるように、お金の豊かさが人の心を豊かにすることもあるのです。

しかしどうやってもお金がなければ、それも叶いません。

そんな時にはできる限り心だけは貧しくならないよう、偉大な先人たちの言葉を聞いて心の支えにしていくのも一つの方法です。

貧乏に苦しんだ芸術家や、成功した経営者などそれぞれの経験や哲学による名言を残しており、必ずしも成功者がお金に肯定的でないこともあります。

そうした含蓄の偉人たちの言葉に時には耳を傾けてみましょう。

お金がなくても幸せに生きるにはどうしたら良い?

ここまでお金の話をしてきましたが、お金の有る無しも、その時の状況や運によるところも大きくあります。

そしてお金があれば必ずしも幸せということもなく、お金がなくても幸せに生きることはできます。

例えば家族の笑顔、好きな人と横に並んで歩く瞬間、一人で自由な場所で深呼吸した時や、子供の寝顔を見ている時。

お金は幸せになるための一つの手段にすぎません。

逆に言うならば、幸せさえあれば必ずしもお金は必要ないのかもしれません。

綺麗事に聞こえるかもしれませんが、たまにはそうして自分に本当は何が必要なのか、考えてみるのも良いのではないかと思います。

すべてのカードローンを見る

カードローン一覧

金融機関の種類から探す

銀行カードローン
消費者金融カードローン

ランキングで探す

カードローンランキング
消費者金融カードローンランキング
銀行カードローンランキング

カードローン会社から探す

特徴から探す

低金利のカードローン
即日融資が可能なカードローン
無利息期間ありのカードローン
借り換え可能カードローン
郵送物なしカードローン
コンビニ対応カードローン
審査結果の早いカードローン
WEB完結可能なカードローン
WEB明細が使えるカードローン
口座振込で返済可能なカードローン
ネットキャッシングできるカードローン

職業から探す

公務員に人気のカードローン
会社員(サラリーマン)に人気のカードローン
自営業(社長)に人気のカードローン
主婦に人気のカードローン
パート・アルバイトに人気のカードローン
学生に人気のカードローン

心配・悩みから探す

カードローンとは?
審査なしのカードローンはある?
カードローンの審査基準は?
審査の甘いカードローンは?
金利の計算方法は?
カードローンとキャッシングの違いは?
専業主婦でも即日融資は可能?
サラ金・ヤミ金・街金の違いは?
お金借りるならどこがいい?
「カードでお金」の看板は何?
おまとめローンの審査基準は?
ショッピングローンの審査基準は?
無審査で即日融資のカードローンってある?
中小消費者金融は審査が甘い?
カードローンの返済方法は?
ソフト闇金のデメリットは?
他社借入があると審査落ちする?
キャッシングは信用情報に傷がつく?
即日で50万円は可能?
個人間融資は危険?
サラ金の金利は?

    おすすめカードローンランキング

  1. カードローン人気ランキング
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  6. カードローンは計画的にご利用ください
  • ランキング根拠
  • ランキングは以下のデータに基づき作成しています(詳細はランキングページに記載)
  • ・利用者へのアンケート調査
  • ・ワイズローン経由でのアクセス数、申込数
  • ・各社が公開している口座数、財務情報
  • プロミス
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビット
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSA
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローン
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三井住友銀行の普通預金口座・キャッシュカードをお持ちなら、申込から契約までの手続きがWEBで完結
  • ローン契約機でカードを受け取れば郵送物なし

Copyright LeadingTech All Rights Reserved.