最終更新日:2019年11月07日

「お金がない!どうしよう」金欠で悩む人におすすめの解決法

「お金がない…どうしよう…」という悩み

「お金がない…どうしよう…」と悩む人は多いものです。
収入は増えないのに支出が増えるという状況に、頭を抱えることもあるでしょう。

・公共料金の支払いができない
・クレジットカードの支払いができない
・携帯電話料金が払えない

このほかにも、お金がなくて困るというシチュエーションにはいろいろなものがありますよね。

そこで、「なぜお金がなくて困ることになるのか」「どのような解決方法があるのか」などについて見ていきましょう。

大抵の人は、まず収支のバランスが取れていない

お金がなくて困る原因の1つとして、収入と支出のバランスが取れていないこと」が考えられます。

そこで、収支のバランスを考えなくてはなりません。
月々の収支を考えるとき使える金額の上限は、給料の「手取り」金額に左右されます。
しかし、この手取りの金額を把握していないという人もいます。

一般的に、給料は全額が振り込まれるわけではなく、社会保険料などが天引きされて口座に振り込まれます。

金額は給料明細に記載されているのですが、「見ていない」という人も少なくありません。

そんな風に、自分の手取り金額を把握せずに生活していれば、使いすぎてしまって足りない、という状況に陥ることも十分考えられます。

予定外の出費が急に発生することもある

きちんと収支を把握していたとしても、予定外の出費が急に発生するということもあります。

・現金を入れた財布を紛失してしまった
・病気やケガで治療費を支払った
・掃除機や洗濯機などが壊れて買い替えが必要になった

など、いろいろなケースが考えられます。

予定外の出費が発生すれば、普段よりもお金がなくて困ることもあるでしょう。
また、こういった出費は、不思議と続くことがあるものです。
そうなると「お金がない…どうしよう…」と困る可能性があります。

状況に応じた対処を考えなければならない

お金がないという場合は、状況に応じて適切な対処が必要になります。

・今日中にお金を用意しなくてはならない
・高額なお金を支払う必要がある
・まとまった現金が手元にほしい

など、さまざまな状況が考えられます。

このようなときは、「優先事項」をしっかり見極めなくてはなりません。
そのうえで、お金がない、という問題を解決するべきでしょう。

では、お金がないとき具体的にどのように対応するべきかについても見ていきましょう。

お金がない時の段階的な対処法

お金がないとき、その状況を打破するためには段階的な対処法が必要になるといわれています。

そこで、次のような順番で見直したり学ぶことで、そうした状況を改善していくことができます。

まず最初の段階で、お金の使い方を見直す、という方法があります。
そして次の段階で節約を実行してから、お金を稼ぎます。
さらに、国の制度を活用し、借り入れを行うという段階的な対処法があります。

そこで、これらのプロセスをひとつずつ順番にご解説していきます。

①お金の使い方を見直す

対処法1として、お金の使い方を見直すということが挙げられます。

まずは、現状を知るという点でも自身のお金の使い方や収支を振り返ることから始めてみましょう。

最少は1ヶ月からでも、お金を何にいくら使ったかを確認しておくことが大切です。

見直しのポイントとして、給料日などの決まった日には必ず通帳記帳する習慣をつけたり、クレジットカード明細書は捨てずに届いたその場で開封して中身を確認するということを続けたり、一括払いできない買い物をしないなどを行ってみましょう。

まずは、今月の収入・支出をチェックする

まず今月の収入・支出をチェックしてみましょう。

チェックの手順としては、

1.今月の手取り収入を確認する
2.毎月支払っている固定費(家賃・光熱費・通信費など)を差し引く
3.今月予定している支出を差し引く

となります。

毎月の収入はだいたい決まっているものですよね。
その中から使えるお金がないか確認してみましょう。

さらに、定期預金など貯蓄にも使えるお金がないかを確認してみることで、現状を把握することができます。

家計を見直す際のポイント

家計を見直すためにも、毎月支出の計算をするのは大事なことです。
毎月支払っている固定費などを減らすことができるのかも考えてみましょう。

家計の中で大きな出費となっているものはありませんか。
家賃が高いなら安いところに引っ越すという手もあります。
外食が多いなら回数を減らすだけでも改善できるかもしれません。

家計の中で大きな割合を占めているものを見直すだけで、大きく改善できる場合もあります。
そのため毎月支出の計算をしてみることをおすすめします。

理想的なのは、無駄な支出を不足分に回すこと

きちんと自分自身の家計状況を把握していないにも拘らず、「お金がない」と焦る人もいます。

そこで、しっかりと収入や支出を確認して、

・無駄で削減できる支出
・今すぐではなく、次月でも問題がない支払い

などを把握しましょう。

そうすることで、無駄な支出を不足分に回すのが理想的です。

お金がないというときは、支出は最低限に抑えなくてはなりません。
そのうえで、必要なときにまとまったお金が使えるという状況にしていきましょう。

②節約

対象法2として挙げられるのが節約です。

お金がない状況を改善する上で手始めにすべきことが、ムダを削減するということなのです。

例えば、一時的にお金が入っても、支出が大きかったり、使うお金を抑えることができなければ、お金が足りなくなってしまいます。

そうした時に有効な方法が節約です。

食費にお金がかかりすぎたり、恋人との交際費が大きな支出になっているといった原因がありますので、これらを見直してみることがおすすめです。

手元に残るお金を多くするためにするべきことは、収入を増やすことか支出を減らすことです。

ただ、収入を増やすというのはなかなか非現実的なことと言えます。
そうなると、支出を減らしていくことが、手元により多くのお金を残すためには手っ取り早い方法と言えるのです。

また、月々に必要なお金が少なくなると精神的にも楽になります。

通信費

通信費を節約するということもおすすめです。

通信費は、毎月の固定費でもあります。
使いすぎるとぐんと増えますし、固定費なので、契約変更をするだけで簡単に見直すチャンスもあるのです。

そのペースで使い方に慣れると、それ以降は意識せずとも毎月自動的に節約することができます。節約が続かない人でも楽に続く方法と言えます。

通信費の代表的な節約方法は、スマホを格安スマホ格安SIMへ乗り換えたり、家の固定回線をスマホとのセットで割引制度を活用するなどです。

加入済みの保険を見直す

加入済みの保険を見直すという方法もあります。
個人で保険に加入している場合は見直してみましょう。

生活費を圧迫してしまう原因には、生命保険料や自動車保険料が高いといったことも挙げられます。

何かあった場合に備える保険ですが、支払いが負担になってしまっては元も子もありません。

保険見直しを無料相談できる機会も増えていますので、こうした機会を利用して、加入している保険を金額が妥当なのか同科を見直してみるのはおすすめです。

趣味にかけるお金

趣味で集めているグッズなどのためのお金を節約する、という方法もあります。

コレクションを行っているという場合、リサイクルショップやセカンドハンドショップ、ネットで中古品を探すという方法がおすすめです。

新品で購入するよりも、中古品のほうが安く手に入れることができます。
新品にこだわる気持ちもわかるといえますが、中古品を賢く選んで節約を行いましょう。

また、コンサートや舞台チケット購入の際も節約することもできます。

③お金を稼ぐ

対処法3として、お金を稼ぐという方法が挙げられます。

収入を増やしたかったり今すぐお金が必要というときに、最もおすすめで一番確実な方法が、自分でお金を稼ぐということです。

そして、自身でお金を稼ぐということになると、定番の派遣やアルバイトだけでなく、不要な物を売ったり、クラウドソーシングやアフィリエイトなどの方法があります。

そこで、自身でお金を稼ぐこれらの方法について、具体的にご紹介してみたいと思います。

アルバイト・派遣

派遣・アルバイトは、収入スピードは5段階中4段階くらいの早さで、ちょっと待つけれども比較的早く収入を手にすることができます。

派遣やアルバイトの雇用形態はさまざまあり、長期や短期、日雇いなど状況に応じた仕事を探すことが可能になっています。

急いでお金が必要という場合には、日払い可能な求人情報を探すようにしてみることがおすすめです。
日給8,000~15,000円くらいの仕事は多くありますので、自身で稼げるならがんばってみましょう。

日雇いの仕事をする場合に気を付けたいのは、「給料はいつ支払われるのか」ということです。

日払いで当日中に支払われるなら問題はありません。
しかし、「後日指定口座に振り込み」という仕事もありますので、必ず確認しましょう。

不要品を売る

不要なものを売るという方法もあります。

これは、収入スピードは5段階中3くらいで、まあまあ早く収入が得られるといえます。

使わない家電や着ない服など、身近にあるものを売ってしまいましょう。

不用品を処分して売ると現金を手にすることができますので、ピンチの時などに助かるでしょう。

不要なものを売るという場合は、ヤフオクなどのネットオークションスマホアプリのメルカリ、フリーマーケットなどで売るという方法があります。

フリマアプリ

近年、メルカリラクマといったフリマアプリが流行しています。

これを利用すると、身近ないらないものが売れて収入となります。

意外と家の中には、使っていなくて無駄にスペースだけ取っているものがたくさんあります。
これらがメリカリやラクマで簡単に処分でき、しかもお金までもらうことができるのです。

お金が無くて困っている方は家の整理をしてみて、自分にとっていらないものを売ってみるのもいいかもしれません。

また、これによって家が片付き快適に過ごすことができるようになるのもいいことです。

宅配買取サービス

ただ、メルカリやラクマのようなフリマアプリは、どうも操作方法などに抵抗があって使う気にならないとか使うことができないという方も多いかと思います。

このような方には、宅配買取サービスの利用をおすすめします。

この方法では、段ボールに不用品を詰めてその事業所に送り、査定が行われ、その買取額が支払われます。

ただ、メルカリやラクマの方がより高額での買取が期待できるので、できればメルカリやラクマを利用るすることをおすすめします。

リサイクルショップ

リサイクルショップへ持ち込めばその場で査定が始まり、金額に納得できればその場でお金に変えてもらうことができます。

不要品の需要によって買取価格は変わるので、買取って貰う際には品物の専門店に持ち込み、需要や状態に関してしっかりと知識のある人間に査定してもらいましょう。

同じ物でも店によって買取価格は変わるので、複数のリサイクルショップで査定してもらうことも大事です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングという方法もあります。

クラウドソーシングという方法は、収入スピードは5段階中3くらいです。
この方法は副業として行うことができ、依頼内容はさまざまなものがあります。

例えば、文字起こしやライティング、イラストやサイト作成、キャッチコピー提案、アンケートや入力など種類が多くあります。

自身の能力を活かせるものがあるかもしれませんので、そうした情報を一度チェックしてみるのはいかがでしょうか。

治験

治験でお金を稼ぐという方法もあります。

この方法は、収入スピードは5段階中3くらいです。

治験は、製薬会社が新薬を販売する前に行う臨床検査で、医薬品に関するデータを集めるために行われています。

販売前の医薬品のテストは健康な人に協力してもらって行われ、厚生労働省に提出するための医薬品データが集められた後は被験者に謝礼が払われます。

そのため、すぐお金が必要な方の対策方法として、選択肢に加えてみるのも一つといえます。

アフィリエイト

アフィリエイトという方法もあります。

この方法は収入スピードは5段階中1くらいなので、遅い方法といえます。
しかし、現在ではブログでアフィリエイトを行っているという人も珍しくありません。

アフィリエイトは、特定の商品やサービスをブログなどで紹介することで、そのブログを見て商品やサービスを申し込みが行われたら、企業などから謝礼を受け取れるシステムです。

企業側も広告手法の一つとしており、昨今多くの人がお行っています。

バイトができない中学生はどうすればよい?

中学生でお金がない時の対処法ですが、アルバイトができない中学生はどのようにすればいいのでしょうか?

この点については、中学生は原則アルバイトはできませんので、働いてお金を得るという選択肢はないのです。

そのため、例えばフリマアプリを活用して不要なものを売るという方法や、ポイントサイトでポイントを貯めるという方法、そして親とお小遣いアップを交渉してみるといった方法があります。

まずは、親と交渉してみましょう。

④国の制度を使う

対処法5として、国の制度を利用するという方法が挙げられます。

無駄遣いせずに最低限の生活をしているけれども、経済的な点で状況が深刻ということも少なくないでしょう。
そうした時には国の制度を活用してください。

国の制度は、借り入れより先に検討してほしい手段です。

お金に関する国の制度はいろいろなものがあり、生活保護制度(金銭支給 厚生労働省HP参照)や失業保険といった失業給付金制度(ハローワークHP参照)、総合支援資金(政府広報オンライン参照)などがあります。

生活保護制度

生活保護という制度があります。

著しく生活に困窮している時には、この制度の利用を検討しましょう。

生活保護制度は生活に困窮している人に対して行われる支援で、最低限度の生活レベルを保障して、同時に自立を支援することを目的として行われています。

生活保護制度はいろいろな条件がありますので、生活が苦しいと悩んでいる方は1人で抱え込まずに、住所地の福祉事務所へ相談をおこなってみましょう。

具体的な相談に対応してもらえるはずです。

生活保護受給者でお金がない時の対処法

生活保護を受給している方でお金がない時の対処法について、ご紹介してみたいと思います。

そうした時の対処法は、まず家計見直しを行って支出を減らすという方法や、仕事に就いて収入を増やすという方法があります。

これらのどちらかの方法を選んで、実践してみましょう。

生活保護担当者に交渉するという方法も1つといえますが、生活保護費に関する交渉は非常に難しいですし、現実的な方法ではないともいえるかもしれません。

まずは一度、家計を把握してから見直してみましょう。

失業給付金(失業保険)

失業給付金を受給するという方法もあります。

理由があって急に失業してしまったという方は、一定条件を満たすことによって失業給付金(失業保険)の受給を受けることが可能です。

失業給付を受給するためには、一定期間雇用保険に加入していたことなどが必要とされていますが、突然の失業を経験した方などにとっては、失業給付の受給は安心できる制度です。

具体的な給付条件など、詳しいことは近くのハローワークに問い合わせてみてください。

総合支援資金

総合支援資金を借り入れるという方法もあります。

生活福祉資金貸付制度の総合支援資金という制度があります。
総合支援資金は貸付制度になり、失業などで生活に困窮してしまったという時に、経済的な自立をサポートしてもらえる制度になります。

生活支援費や住宅入居費、一時生活再建費などを借り入れることができますし、利息も民間業者から借り入れを行うよりも低くなっています。

連帯保証人を立てられるなら、無利子で借り入れ可能です。

債務整理

借り入れを行っていて、毎月返済しているのに生活が苦しいという場合、債務整理を検討するという方法もあります。

この制度は、生活できなくなった原因が借金である場合に有効な方法で、任意整理や特定調停などのような方法があります。

任意整理は、金利引き下げや元本分割返済などを行って、返済できるように交渉を行う方法です。専門家に依頼して交渉してもらいます。

また、特定調停は借り入れがあって、破産のおそれがある場合に利用できます。

特定調停・任意整理のリスク

任意整理や特定調停にはリスクもあります。

これらの方法は信用情報に記載され、5年くらいローンやクレジットカードなどの審査に通過できなくなってしまう可能性があります。

こうした情報は金融事故情報として信用情報機関に届けられ、一定期間事故情報は保存されるようになっています。

こうした情報が登録されている間は、借り入れを申し込んでも、審査を行う会社などが信用情報機関に照会を行うと事故情報が掲載されていますので、審査に通過しません。

自己破産・民事再生のリスク

民事再生自己破産は、借金を裁判所に申し立てて減額してもらったり、無しにしてもらったりする制度です。

しかし、こうした方法にはリスクがあるといわれています。

こうした事故情報が信用情報として記載され、5年~10年くらいの間ローンやクレジットカードなどに申し込んでも審査に通過できなくなるリスクがあります。

借金に困っていて返済できないという場合に、債務整理専門家である弁護士に相談して行ってもらうことができます。

⑤借金をする

対処法5として、お金を借りるという方法があります。

まずは節約し、次に自身で働いてお金を得る、そして国の制度を利用していくというように段階的に対処する方法についてご紹介しました。

けれども、これらのことを行ってみたけれども状況は改善されなかったり、さらに厳しくなっていったという場合で、今すぐお金が必要という時には、借り入れを行うという選択肢もあります。

できれば避けたい方法ですが、やむを得ない場合もあります。

親族から借りる

お金を借りるという場合、まずは親族からお金を借りるという方法が挙げられます。

親族からお金を借りるのはリスクの低い対処法でもあります。
生活が困難なくらいの状況なら、まずは親族に相談してみます。

その際、相談するときは絶対に嘘を付かないようにしてください。

親戚からお金を借りるということは自身の信用に関わることです。
そこで嘘を付いてしまったら、一番頼ることができる親族からの信頼を大きく損ねてしまうことになってしまうでしょう。

友人から借りる

友人からお金を借りるという方法もあります。

親には頼れないけれどもお金がどうしても必要という時には、友人に頼んでみるということも手段として挙げられます。

けれども、実際には友人からまとまった額のお金を借り入れるのは難しいのではないでしょうか。友人にとってお金を貸すメリットはないといえますし、お金をやりとりすることを良しとしない考え方はあるでしょう。

けれども、友人にとってのメリットを提示できれば、借りられる可能性もあるでしょう。

カードローン・キャッシングで借りる

カードローンやキャッシングで借り入れるという方法もあります。

銀行消費者金融で、一時的に借入れするのも1つです。

カードローンであれば、消費者金融なら即日で貸してもらえるところもあります。
スピーディな対応が受けられるので、急いでいるという場合、キャッシングは便利です。

また、クレジットカードのキャッシング枠が利用できれば、カードを持ってコンビニATMからキャッシングで借り入れを行うこともできるでしょう。

金融機関からお金を借りた場合、利息を支払う必要があります。

それでも、返済は一括ではなく借り入れ額に応じて月々行っていくことになるため、それほど大きな負担にはならないはずです。

いまどうしても必要なお金を、数か月かけて支払うイメージですね。

緊急性が高い場合の対処法として使うことができます。

おすすめのキャッシング・カードローン

お金がないという時におすすめのキャッシング・カードローンについてご紹介しましょう。

お金がない時におすすめのキャッシング・カードローンをいくつか挙げるなら、プロミスアコムがあります。

プロミスとアコムはテレビCMなどでもよく放送されており、認知度も高く、即日対応という素早い融資スピードが特徴的です。

はじめて利用を行う場合には無利息サービス期間が設けられており、その間に借入金を返済すると利息がゼロ円になるのです。

その日中にお金を借りる方法

その日のうちにお金を借り入れられる即日融資を利用する方法には、どのような方法があるのでしょうか?

この点については、消費者金融ネットから申し込む方法がおすすめです。

銀行カードローンは、申込みしたその日にお金を借りることはできません。
どこの銀行カードローンもそうなっていますので、申し込み翌日から1週間くらいはかかると思っておきましょう。

プロミスなどの大手消費者金融なら、最短1時間で借りることができます。

キャッシングは長期的には損

あくまでキャッシングは借金です。
借金は必ず返済しなければなりません。

しかも、利息を付けて返済をする必要があり、長期スパンで考えるとどう考えても損をしていることになります。

また、お金がない状態で無計画にキャッシングを利用すると、返済が滞り、遅延損害金が発生したり、信用情報が悪化して、本当にお金を借りる必要がある時に借りにくくなってしまったりします。

余程困った時だけキャッシングを利用するようにしましょう。

闇金・怪しい業者には要注意

闇金や怪しい業者には注意をしましょう。

闇金は、違法金利や不当な貸付を行う非正規業者のことで、こうした闇金でお金を借り入れてしまうと、その後に法外な利息を請求されたり、返済ができない場合などに脅迫するような取り立てに遭うリスクが大変高いといわれています。

したがって、借り入れを行う場合には正規貸金業者を選びましょう。
そして、その点は事前に必ず確認するようにしましょう。

闇金から借り入れを行うことは、絶対にしないようにしてください。

お金に替わる“もの”を自分が持っているか考える

お金がなくなると心に余裕がなくなってしまいますが、そんな時だからこそ一度心を落ち着かせてから冷静に頭を回して、お金を確保する方法を考える必要があります。

そして冷静に自分に何があるかを考えれば、お金に替えられる"もの"を幾つか見つけることもできるでしょう。

ここで言うお金に変えられる"もの"は、直接的に換金できる物品と言うだけでなく、築き上げてきた信頼関係、余った時間なども含みます。

それらを何らかの方法でお金に変えれば、十分なお金を確保できる可能性もあるはずです。

信頼関係

信頼関係は、お金を借りると言う形でお金に変えられる可能性があります。

家族や友人達と十分な信頼関係を構築し、ちゃんと返すことを証明できればお金を貸してくれるかもしれません。

ただし、証明と言っても口で必ず返すと言うだけでは信用してもらえず、お金も借りられず友好関係が悪化、あるいは解消されて終わりになる可能性も高いでしょう。

事前に借用書を書いて借金と返済の意志を形にして相手に渡したり、もし借りられなくても相手を悪く言わないように気を付ける必要もあります。

もしお金を借りる事ができたのなら、貸してくれた相手への感謝を忘れてはいけません。

時間

お金はないけど時間はあるという場合、その時間で働いてお金を稼ぐと言うのも、単純ですが時間と体力以外失わずに済む解決策になるかもしれません。

働き先はアルバイトの求人情報サイトを利用して、空き時間を即座にお金へと変換できる日払いの仕事を探すと良いでしょう。

すぐにお金が欲しいなら、即日勤務の求人を探して面接当日から働く事、日払いの仕事は長時間のケースが多い事、勤務先が遠い場合は交通費が出るか否かには注意して選ぶ必要があります。

お金に替わる“もの”を持っていなければ、プライドを捨てよう

どれだけ考えても物品や時間、安定した収入を含む信頼関係など、何もお金に変えられる"もの"がない場合は、最後に残ったプライドを捨てるしかありません。

最終手段であり相手の善意に期待するしか無い方法ではありますが、プライドを捨てて頼み込むことで支払いを待ってもらえたり、助けてもらえる可能性はあります。

他に手段がない場合、支払先や家族に事情を話し、なんとか時間を確保できないか交渉してみる他に道はないでしょう。

生活費の支払いを待ってもらう

お金がなくて支払いができないという場合、生活費はある程度待ってくれる可能性が高いです。
支払いがないからとライフラインを即座に止めてしまうと、そのせいで人が死ぬかもしれないので、企業としても可能なら停止させたくはないからです。

数日飲めないと命に関わる水道は比較的延長期間が長く、次いで食事に関わるガス、なくても最悪死にはしない電気の順で利用停止までの期間が短い傾向があります。

また、家賃も大家に相談すれば待ってもらえる可能性はありますが、3ヶ月以上続くと支払いができてもそれ以降住めなくなる可能性が高いことには注意が必要です。

クレジットカードの支払いも、待ってもらえる場合がある

お金がない原因がクレジットカードの支払いである場合、利用しているカード会社に電話をして、支払いを待ってもらえないか相談してみましょう。

相手はお金の貸し借りを行う専門企業なので、返済が滞る際の対応も想定しています。

まずは予定通り返済できないことを謝罪しつつ、返済するほどのお金がない状況や理由、返済の意思自体はあること、いつになれば返済できそうかを伝えましょう。

支払いを待ってもらえるかどうかはコールセンターの担当者がどんな印象を持ったかに左右されるので、悪い印象を持たれないよう、態度に気を付けて相談する必要があります。

実家に帰る

本当にどうしようもなくなった場合は、両親に相談して実家で暮らしましょう。

住所次第では仕事を辞め職を変える必要もあるかもしれませんが、実家で暮らすのなら家賃や光熱費と言った必要不可欠な生活費を削減できるので、余裕が作りやすくなります。

ここまで切羽詰まると引っ越しするお金すら無いかもしれませんが、両親に頭を下げて、引っ越しの料金を出してもらえるよう頼み込むしかありません。

実家に帰り生活費を抑えることができたら、出費が減った分を借金の返済や貯金に回し、今度は生活が立ち行かなくならないように計画を立てて、また独立の準備を整えましょう。

現状の収入だけでは対処できない...

現在の家計を把握して必要となるお金を用意できれば、現状の金欠問題は解決することでしょう。
しかし、「現状の収入だけでは対処できない!」と困ってしまう人もいるかもしれません。

そのような人は、お金が必要となる期日までにできる対処方法を検討して、きちんとお金を用意しなくてはなりません。

そこで「現状の収入で対処できない」という場合の対処方法についても下記でいくつか紹介します。
それでは、さっそく見てみましょう。

対処法1|クレジットカード払いで、実際に支払うタイミングをずらす

公共料金やショッピング代金などは、クレジットカードを使って支払うタイミングをずらすことができます。

支払いの際にはなるべくクレジットカードを利用することによって、その支払い分は請求が1ヵ月は先延ばしになるのです

とりあえずクレジットカードを使って払い、次月以降で立て直しを図る、という対処方法です。

ただ、クレジットカードは魔法のカードではないことをしっかりと認識しておきましょう。

また、クレジットカードを使う癖がつくと、自分が思っているよりも大きな買い物をしているということもよくあるので、自制の気持ちを忘れないようにしましょう。

クレジットカードの場合、一括払いだけではなく、リボ払いを利用することもできます。

リボ払いならば、毎月の支払額は一定となります。
そのため「今月はどうにか乗り切ったけれど来月の支払いがきつい」ということも避けられるでしょう。

Q.クレカのリボ払いの注意点は?

利用方法も簡単で、月々の支払額も抑えられることから、リボ払いは便利で人気です。

しかし、リボ払いの場合、利息が高いのが特徴です。
毎月返済している金額のうち、どのくらいが元本なのか把握しておきましょう。

リボ払いは、手数料や利息があるため総支払額が大きくなりがちで、返済が長期間になりやすいものです。

利用する場合は、必ず内容をしっかり把握しておきましょう。
支払が定額だからと、リボ払いをしすぎないよう注意することをおすすめします。

対処法2|副業で収入を増やす

現状の収入で厳しいというのであれば、副業を始めて収入を増やすことも検討しましょう。

もちろん、普段の仕事以上に働くというのは決して楽なことではありませんが、内職やクラウドソーシングなど、自分のペースで無理なくできる副業も多数あります。

クラウドソーシングの場合、パソコンさえあれば始められます。
専門性が高い仕事以外は単価が安いことがあるため「思ったより稼げない」ということもありますが、手軽に始められるため人気となっています。

お金とストレスの関係

お金がないとストレスは溜まるといわれています。

例えば、欲しいものが買えないことや趣味を満喫できないなどから、ストレスがなかなか発散できずに我慢が続くという状況になってしまいやすいからと言われています。

お金でなくストレスを溜めてしまい、病気になったらたいへんです。
お金がない生活を楽しむくらいの気持ちをもって、好きなことに使って、ほかのことは我慢するくらいがちょうどよいバランスになるのではないでしょうか。

恋愛におけるお金の悩み

恋人へのプレゼントに使うお金がない!

大好きな人には心のこもったプレゼントを贈りたいものです。
しかし、恋人にプレゼントを贈りたいのにお金がないという時にはどうしたらいいのでしょうか。

例えば、恋人の誕生日を祝う時には、お店で買ったケーキよりも手作りケーキでお祝いしてみましょう。

また、プレゼントを手作りして、愛情を込めた手紙を添えるというのも真心が伝わります。

似顔絵や写真などの、一点ものをプレゼントするのもおすすめです。

お金がない時でも恋人を楽しませるには?

お金がない時であっても、彼氏や彼女を楽しませたいと思うことも多いといえます。

対処法はどうしたらいいのでしょうか?
この点については、お金がないという人のなかには、上手に節約しつつも楽しめるデートプランを組むという工夫を行っている人もいます。

自宅で映画を観るのも良いですし、散歩ついでに近くでウィンドウショッピングをするのもおすすめです。

楽しく充実した時間を過ごすために工夫をしてみると、相手も自分も一緒にいる時間を楽しめるものといえます。

恋人とプロポーズ、結婚したいけどお金がない時は?

彼氏・彼女と結婚、プロポーズしたい...でもお金がない!という時の対処法にはどんな方法があるのでしょうか?
結婚したいけど、お金がなくて結婚に踏み切れないという方も多いといわれています。

そんな時に役立つ対処法として、小規模な格安ブライダルプランを選んだり、期間を決めて2人で貯金するという方法などがあります。

また、ブライダルローンを利用することも可能です。
ただ、やはりこれからのことも考えると、2人で協力して貯金するのがおすすめです。

金欠の女性の特徴

お金がない女性の特徴として、次のような点が挙げられます。

節約レシピを使わずに外食などを多用していたり、飲み会を断ることができなかったりなども特徴です。
また、支出を把握していなかったり、貯金を重視していないということも挙げられます。
友人に気軽に借金したり、ブランドが好きであったりという人などが多いということなのです。

支出をコントロールできないという女性は、お金がない特徴に該当しやすいといわれているのです。

金欠の男性の特徴

お金がない男性の特徴はどうなっているのでしょうか?

この点については、お金がない男性の特徴はお金がないが口癖になっていたり、お金がないのは社会や会社のせいと思っていたり、ギャンブル好きという特徴があるといわれます。

また、支出を把握できていなかったり、飲み会の頻度が多すぎるなどの特徴が当てはまるようです。

お金がない女性の特徴と共通して、支出について管理やコントロールができない男性が多いということです。

お金がなくて、離婚に踏み切れない

配偶者と離婚したいけれどもお金がなくて踏み切れない、という場合の対処法はどのようなことなのでしょうか?

離婚したいのに生活が心配で踏み切れない、離婚するための裁判費用が用意できないという方もいらっしゃいます。

こうした悩みを持った人も少なくないといえますが、離婚するには離婚手続きに必要な費用別居に伴う費用の大きく分けた2つの費用が必要になります。

そこで、それぞれの費用について具体的に見ていきましょう。

離婚手続きの費用

離婚には、離婚手続きに必要な費用が必要ですが、離婚手続きにかかる費用は離婚方法によって違っています。

離婚には協議離婚調停離婚があり、前者の場合、双方の署名・捺印がある離婚届を役所に提出するだけでいいのです。
この手続きだけで離婚が成立するので、基本的にお金はかかりません。

後者の場合は、家庭裁判所へ申し立てすることが必要です。
離婚調停の申し立ては、1,200円の印紙を貼付した調停申立書を納めるようになりますが、弁護士に依頼するとさらに費用が必要です。

協議離婚の場合

協議離婚の場合は、妻と夫双方の署名・捺印のある離婚届を役所に提出すると離婚が成立します。

二人の話し合いによって離婚を行うことになりますし、離婚届を市役所に提出する際には費用は掛かりませんので、この手続きだけで離婚する場合には基本的にお金はかかりません。

ただし、結婚生活の間に二人で築いた財産については、共有財産として法律では折半することができます。

こうした取り分について、なかなか決まらないということもあるようです。

調停離婚の場合

離婚の際、二人で話し合いをしてもなかなか離婚が決まらないという場合に、次に行われるのが調停離婚です。

この離婚方法はお金がかかります。
家庭裁判所への申し立てが必要になり、その申し立てには1,200円の印紙を貼付した調停申立書を納める必要があります。

さらに、調停の相手となる配偶者へ呼び出し状を送付する必要や、送付状に貼付する切符も裁判所指定金額を各自で納めます。

更に、戸籍謄本も必要で、書類整備の費用が掛かります。

「民事法律扶助」:弁護士費用を立て替えてもらえる制度

調停離婚を選ぶ場合、弁護士に依頼することも多いです。

そのような場合には、弁護士への弁護士費用を支払うことが必要になってきます。

弁護士費用は決して少額な費用ではなく、相場は60~70万円と言われています。

そんな時、弁護士費用を立て替えてもらえる制度があります。
それが民事法律扶助です。

この扶助制度は、無料で法律相談が受けられ、弁護士や司法書士の費用の立て替えなどを利用できるといった特徴があり、条件を満たす場合に用いられます。

その他、ケース別の金欠対処法

子育てに必要なお金がない

子育てにはお金がかかりますが、子育てに必要なお金がないという場合はどうしたらいいのでしょうか。

例えば、仕事をしているけれども育児休暇を取っている間は収入が減ります。

この点については、子どもを産んで育てやすい社会にするためにいろいろな補助や制度があります。

例えば、出産育児一時金や育児休業給付金、児童扶養手当やパパ/ママ育休プラスなどです。

申請をすると受けられる制度がいくつもありますので、市役所などで相談してみましょう。

ひとり親家庭で余裕がない

ひとり親家庭で余裕がないという時の対処法はどうなのでしょうか?

離婚や死別で、ひとり親家庭でお子さんを育てている家庭は少なくありません。

慰謝料や保険金などが充分でない時など、一人で仕事を子育てを両立するのは厳しいものがあります。
精神的にも身体的にも負担があるでしょう。

そんなときに活用可能な公的支援制度があります。

例えば、児童扶養手当や児童手当、就学援助や母子福祉資金貸付金など、活用可能な制度があります。

留学資金が足りない

留学したいのにお金がないときの対処法はどうなのでしょうか?

留学はしたいけれどもお金がないということはよく聞きます。
留学中はバイトはできない国が多いですし、学費や滞在費、飛行機チケット代などいろいろと掛かります。

そんな時に、国の奨学金などの留学に関する補助制度も充実しています。

例えば、文部科学省が推進しているトビタテ!留学JAPANというプログラムなどがあります。
学生の方に返済不要の奨学金というものが用意されているのです。

クレジットカードの支払いで余裕がない

クレジットカードの支払いが苦しい時の対処法はどのような方法があるのでしょうか?

一番は、支払いが苦しくなるまでショッピングをしないことです。
本当に必要なものなのかそうでないものなのかを、事前によく検討してみましょう。

しかし、そうしていてもどうしてもクレジットカード支払いが重なるような月もあるでしょう。

そんな時は、クレジットカードのリボ払いを検討するのも一つで、毎月の支払いが一定額になって支払いの目安が立てやすいといえます。

病院に行きたいけどお金がない

お金がないけど、体調が悪くて病院に行きたい場合はどうしたらいいのでしょうか?

この点については、まずは公的制度の対象者に該当するかどうかを確認します。
該当すれば、無料で診療を受けられる可能性があります。

対象者は、経済的な事情で医療機関にかかれない人です。

もし次に当てはまるなら、無料か低額診療の対象となる可能性が高いといわれます。

低所得者、要保護者、ホームレス、DV被害者、人身取引被害者です。
こうした場合はすぐに受診しましょう。

金欠の時の長期的な対策

お金がない時の長期的な対策は何があるのでしょうか?

お金がないときの長期的な対策は、毎月一定額をつみたて貯金したり、副業などで収入源を増やしたり、支出を見直して、支出項目か支出金額を減らすなどの方法があります。

また、適切な資産運用でお金を増やすということも一つです。
しかし、借入金などの事情によって、こうした方法が選べないという苦しい状況があるかもしれません。

その場合は、自己破産等の債務整理を検討することもできます。

FPが教える資産運用の仕方

FPが教えるお金の運用の仕方がありますので、この点をご紹介してみたいと思います。

お金に余裕のない方もお金に余裕のある方も、お金の悩みはあるものです。

というのは、お金を得るのと同じぐらい資産運用はいろいろと悩みどころがある問題だといわれているからです。

悩みどころになっているのが、税金対策や投資、老後資金をどうするかという3つだといわれています。

そこで、それぞれについてより具体的な対処法をご紹介しましょう。

税金対策(節税)

税金対策という点について、節税は個人の生活状況に応じて考える必要があり、会社員の場合の節税対策として例を挙げると、個人型確定拠出年金が挙げられます。

個人型確定拠出年金は、国民年金や厚生年金と別の上積み年金で、個人型確定拠出年金は掛け金が全額所得控除になるという優遇処置が取られています。

所得控除が大きくなると、課税される所得金額が少なくなり、そのことによって節税が実現できるということなのです。

期間が長いと、それだけ大きな効果になるということです。

少額投資

少額でできる投資もあります。

少額から投資を始めるときはNISA(少額投資非課税制度)がおすすめです。

NISAは、株や投資信託で得た利益については、一定額まで非課税扱いとできる制度になります。

一般的な投資は20%程度の税金が課されますが、NISAを用いると年間120万円まで非課税で、税金面で利点が大きく、少額から投資を始める場合におすすめです。

しかし、投資にはリスクがありますので、元本割れを意識して慎重な取引きを行いましょう。

老後の資金

老後の資金について悩んでいるという方もいらっしゃいます。

この点について対策しやすいのは、個人年金保険を上手に用いるという方法です。

個人年金保険は、国民年金や厚生年金に対して、上乗せ分として別に任意加入する年金になります。

生命保険会社の取り扱いとなり、商品内容はそれぞれの会社で違っています。

個人年金保険の利点は個人年金保険料控除で、この控除によって最大で40,000円を所得額から差し引くことが可能です。