最終更新日:2019年11月03日

在籍確認なしで借入できるカードローン!職場バレを防ぐ3つのポイントとは?

カードローンなどでお金を借りる場合には、申込内容に記載の勤務先が正しいかをチェックするために職場に電話連絡をする「在籍確認」が行われるケースが多いです。

「お金を借りていることを職場に知られたくない!」という方は在籍確認に不安を感じるでしょうが、担当者はプライバシーに配慮してくれるので基本的にはバレる心配はないでしょう。

しかし、普段電話が来ないような職場であれば、急に自分宛の連絡があると怪しむ人がいても不思議ではありません。

それに、バレるリスクが低いといっても、職場に電話が来るのは何となく嫌ですよね?

では、カードローンを扱う金融機関の中には在籍確認なしで融資をしてくれるところもあるのでしょうか?

この記事では以下の点について説明をしていきます。

【この記事で分かること】
・在籍確認なしでカードローンを契約できるのか?
・職場への電話連絡をしないカードローンはどこか?
・在籍確認を回避する方法はあるのか?
・職場に借り入れがバレないようにするためのコツ
・どうしても在籍確認ができないときの対処法

職場への電話連絡なしならプロミスのWEB完結申込

職場への電話連絡なしでカードローンを契約するならプロミスのWEB完結申込を利用しましょう。

プロミスには「WEB完結申込(カードレス)」と「カード申込」の2種類の申込方法がありますが、WEB完結申込だと職場への電話連絡、自宅への郵送物は一切なしで契約が可能です。

プロミスの特徴

WEB完結申込なら郵便物・在籍確認なし
初めての方は30日間利息0円
3項目で簡単診断!3秒で借入可能か分かる
即日融資も可能

在籍確認なしでカードローンを契約することはできる?

そもそも在籍確認はなぜ行われるのでしょうか?

カードローンは担保や保証人が不要なので、原則として、申し込みをした本人に安定した収入がないとお金を借りることはできません。

そのため、申込内容を鵜呑みにして無職の方に融資をしてしまうと貸し倒れになる可能性が高く、金融機関にとっては大きなリスクとなります。

加えて、収入がないのにお金を借りられてしまうと、多重債務に陥るリスクも高く、利用者にとっても危険性があるのです。

だからこそ、ほとんどの金融機関では審査の過程で在籍確認を行い、申告通りに安定した収入があるのかをチェックしているのです。

ただし、在籍確認は法律で決められたルールではないため、金融機関の判断によっては行われないケースもあります。

ですが、「在籍確認をしないでほしい!」と言っても希望を叶えてくれるわけではないので、基本的には勤務先に電話が来るものだと思った方が良いでしょう。

また、電話連絡によって在籍確認が行われる場合が多いものの、中には書類での職場確認を実施するカードローンもあるのです。

在籍確認で職場に借り入れがバレてしまいそうで不安という方は、職場への電話連絡をしないカードローンを選んでください。

原則、電話連絡なしのセブン銀行カードローン

セブン銀行カードローンでは原則として職場などへの電話連絡はしないため、電話による在籍確認なしで契約が可能です。

カードローン会社の中には「職場への電話連絡をする場合もある」などの曖昧な表現を使うところもありますが、セブン銀行カードローンは原則として電話連絡はしないと断言しています。

ただ、セブン銀行カードローンを利用する場合にはいくつか気をつけたい点もあるのです。

【セブン銀行カードローンの注意点】
・セブン銀行の口座が必須
・利用限度額は最大50万円まで
・金利は年15.000%の一択
・審査は他の銀行カードローンよりも厳しめ

セブン銀行カードローンは、セブン銀行の口座を持っていることが申込条件なので、ない場合にはローン申し込みと同時に口座開設も行います。

口座を開設するにあたって本人確認なども実施するため、すでに口座を持っている方にとっては入力内容が少なく便利ですが、ローン審査に落ちてしまった場合には口座だけが開設されることになるのです。

また、セブン銀行カードローンが職場への電話連絡なしで契約ができるのは次の2点が理由だと考えられます。
・少額融資に特化した商品内容であること
・返済能力に少しでも不安がある方には融資をしないこと

数百万円という限度額の銀行カードローンが多く、中には1,000万円という設定の銀行もある一方で、セブン銀行カードローンは最大でも50万円、適用金利も年15.000%のみとなっています。

高額な融資はしないため、電話による在籍確認をすることなく審査を行うことができるのでしょう。

ここで注意したいのが「在籍確認をしない=審査が甘い」わけではないという点です。

少額融資だからといって返済能力がない人にお金を貸してしまうと、返済がされずに金融機関にとっては大きなダメージになります。

そのため、セブン銀行カードローンの審査基準はかなり厳しいと言われており、評価が低い人へはリスクをとってまで融資を行うことはないのです。

他の金融機関でも在籍確認の方法を相談することはできる?

SMBCモビットのWEB完結を利用できず、セブン銀行カードローンは審査で落ちてしまいそうという方もまだ諦める必要はありません。

大手の消費者金融では在籍確認を必ず行いますが、申し込み後に、その方法について相談をすることはできます。

在籍確認については金融機関に相談可能?

どの金融機関でも在籍確認は行いますが、どうしても職場への電話を避けたいという方は担当者にその旨を相談することは可能です。

ただ、相談をしても電話による在籍確認が実施されるというケースもあるため、ダメ元だと思って相談してみましょう。

場合によっては代わりの方法などを提案してくれる可能性もあります。

在籍確認の相談ができるアイフルとアコム

カードローンの申し込みをすると、金融機関の担当者から申込内容の確認の連絡が入ります。

アイフルとアコムでは、その際に在籍確認の方法や、在籍確認に対する不安について相談することが可能です。

早めに相談をしたい方は、ネットで申し込みをした後に、自分から連絡をとって「職場への電話連絡なしで契約できませんか?」と聞いてみても良いでしょう。

必ずではありませんが、不安に思っている内容によっては何か解決策があるかもしれません。

電話の代わりに在籍確認ができる書類とは?

在籍確認は電話で行うという決まりがあるわけではないので、勤務実態を確認することができれば別の方法でも良い場合があります。

SMBCモビットのWEB完結申込で必要な「社会保険証」や「組合保険証」が良い例です。

それらには、保険証に記載された会社の従業員であること、入社(社会保険に加入)した年月日を証明する働きもあるため、電話をしなくても会社などに勤務していることが分かります。

在籍確認のために利用される書類には次のようなものがあります。
・社会保険証、組合保険証
・給与明細書、源泉徴収票
・社員証

など

繰り返しになりますが、カードローン会社に在籍確認の方法を相談することができても、必ず電話なしにできるとは限りません。

返済能力をチェックするために必要な手続きなので、基本的には職場に電話連絡があるものだと思った方が良いでしょう。

どうしても在籍確認なしでお金を借りたいという方は、クレジットカードにキャッシング枠が設定されていないかを確認してください。

クレジットカードには買い物に利用するショッピング枠と、お金を借りることができるキャッシング枠があります。

そのため、クレジットカードを新規発行する際にキャッシング枠ありで申し込みをしていた方なら、お手持ちのカードですぐに借入をすることができるのです。

すでに審査が完了しているため、はじめてキャッシングする場合でも再度、在籍確認が行われるということもありません。

ただし、キャッシング枠を付けていない、キャッシング枠自体がないクレジットカードの場合には借り入れには利用できないので注意してください。

持っているクレジットカードにキャッシング枠があるかどうか覚えがないという場合には、契約書類や、ネットの会員サービスにログインして契約内容を確認しましょう。

ショッピング枠とキャッシング枠は別々に利用限度額が設定されますが、新たにキャッシング枠を付帯するためには審査が必要です。

審査では在籍確認もされ、クレジットカードでキャッシングできるようになるまでには1週間程度はかかります。

質屋での借り入れなら在籍確認はされない

消費者金融や銀行のカードローンとは少し違いますが、質屋でお金を借りる場合には在籍確認はされません。

質屋では利用者から品物を預かり、その品物の評価額に応じてお金を貸します。

カードローンは申込者の年収や信用情報の評価で利用できる限度額が決定するため、その審査の過程で在籍確認が必須となるのです。

一方で、質屋では人の評価ではなく、物の評価なので、在籍確認なしでお金を借りることができます。

また、質屋では信用情報の確認もしないため、信用情報がブラックな方でも問題なく借り入れをすることが可能です。

ただ、質屋でお金を借りるためには「質草」と呼ばれる預ける品物が必要になります。

そのため、質草がない場合にはお金は借りられませんし、質草の評価次第では希望した金額を借りられないということもあるでしょう。

質草として利用できる物には、以下のような物があります。

【質草になる物】
・腕時計
・宝石類
・貴金属
・バック
・カメラ
・パソコン

などなど

何を質草にできるか、いくらまでお金を借りることができるかはお店によっても違うので、実際に質屋で相談をしてみると良いでしょう。

銀行や街金(サラ金)も在籍確認は行う?「在籍確認なし」に注意!

カードローンを扱っているのは金融機関には、大手の消費者金融だけでなく、銀行や中小規模の消費者金融である街金(サラ金)などもあります。

街金は大手よりも審査が甘いと言われることも多いですが、在籍確認なしで借りることもできるのでしょうか?

ここからは、銀行や街金での在籍確認について説明していきます。

銀行カードローンは在籍確認をしない?

セブン銀行カードローンでは在籍確認を行いませんが、他の銀行カードローンはどうなのでしょうか?

大手の銀行カードローンで在籍確認に関する記載をまとめました。

銀行カードローンの在籍確認の対応

銀行カードローン 在籍確認に関する記載
三井住友銀行カードローン お勤め先等へお電話にてお申込のご確認をさせていただく場合があります。また、ご連絡がとれなかった場合は、お申込を取り下げさせていただく場合もあります。
三菱UFJ銀行カードローン 勤務先の確認や、申込内容に間違いがないかなどを確認するために、ご自宅および勤務先へ連絡する場合があります。
「バンクイック」 ご勤務先へお電話させていただきます。
楽天銀行スーパーローン ご勤務先へ在籍確認のお電話をさせていただいております。
イオン銀行カードローン 社名は名乗らず個人名でご連絡させていただいておりますが、社名を尋ねられた場合や、お客さまご自身から社名開示のご希望があった場合は「イオン銀行」と名乗らせていただく場合がございます。
住信SBIネット銀行 カードローンをお申込みいただきますと、お届けいただいたご勤務先に在籍されているかを確認するため、お電話いたします。
MR.カードローン 原則としてご連絡することはありません。※場合によってはご連絡することがあります。
セブン銀行カードローン 全てのお申込みに対し、個人名にて在籍確認のご連絡を差し上げております。
りそな銀行カードローン 当行または保証会社よりお勤め先・ご自宅に(個人名で)お電話いたします。
東京スター銀行カードローン 仮審査の結果によってはご連絡しない場合もございます。

各銀行の公式サイトを確認すると、セブン銀行カードローンは例外として、以下の2通りに分類ができます。

【銀行カードローンの在籍確認の方針】
①「勤務先へ連絡する場合もある」と断定を避けるパターン
②「勤務先へ連絡をする」と断言をするパターン

電話で在籍確認をすると断言している銀行だけでなく、断定を避けている銀行でも基本的には職場連絡があると思った方が良いでしょう。

希望金額が低い場合、その銀行の口座を利用していた場合などには在籍確認の電話がなかったという方もいるようですが、職場に電話が来ないという保証はありません。

身構える必要はないですが、はじめから電話があるものと思っておいた方が心の準備ができます。

街金は審査が甘いから在籍確認はしない?

街金とは、比較的規模が小さい消費者金融の総称であり、サラ金と呼ばれることもあります。

ただ、街金も消費者金融なので、審査の方法や流れなどは大手と差はありません。

つまり、街金だからといって在籍確認なしでカードローンの契約ができるというわけではないのです。

ただ、アイフルやアコムと同様に、担当者に在籍確認の方法について相談をすることはできます。

大手と同じで事前に相談をすれば必ず対応してくれるというわけではないので、「街金の方が在籍確認なしで契約ができる可能性が高い!」とは考えない方が良いでしょう。

また、中小規模の消費者金融は柔軟に審査対応をしてくれると言われていますが、審査がとても甘いというわけでもありません。

街金は大手の消費者金融で融資を断られてしまった人が多く利用しますが、事業規模の小さい会社の方が貸し倒れが発生した場合のダメージは大きくなります。

そのため、むしろ中小規模の消費者金融の方がしっかりと在籍確認をする傾向があるため、在籍確認を避けたいという方は大手の消費者金融を選択してください。

学生ローンはアルバイト先へ連絡をしないことが多い

学生ローンとは大学生、専門学生、短大生などの(高校生を除く)学生を融資対象とした消費者金融です。

通常の消費者金融であれば「在籍確認なし」と公式サイトに記載することはありませんが、学生ローンについては会社によってはアルバイト先への連絡をしないこともあります。

大手の学生ローンの在籍確認に関する記載をまとめました。

学生ローンの在籍確認の対応

学生ローン 在籍確認に関する記載
イー・キャンパス ご契約時に当社からご両親やアルバイト先などへご連絡することは一切ございませんので安心して申込下さい。ご連絡が必要な場合は、ご客様の了承を得てからとなります。
カレッジ (家族やアルバイト先等に連絡は行きますか?)連絡は行きません。安心してご利用下さいませ。
アミーゴ (実家やバイト先に連絡は入りますか?)原則としてご連絡することはありません。審査のうえでご連絡が必要な場合は、ご本人様の了承を得てからになります。

ヤミ金は在籍確認なしでも危険なので利用してはいけない

国や都道府県の営業許可なしで貸し付けをしている業者をヤミ金と言います。

ヤミ金は営業自体が違法であり、貸金業者が本来なら守らなくてはいけない様々な法律を無視しているため、絶対に利用してはいけません。

ヤミ金の中には「在籍確認なし」、「誰にでも貸します」、「無審査可能」などの甘い言葉で申込者を集める業者もあります。

しかし、お金を借りられたとしても法外な金利を払わせられたり、違法な取り立ての被害にあったりするケースも多く、とても危険なのです。

街金や学生ローンには知名度の低い業者もたくさんありますが、名前を聞いたことがなく、「在籍確認なし」などを謳っているカードローンがあれば安易に申し込みをしてはいけません。

その会社がヤミ金だと様々なトラブルに巻き込まれてしまう危険性があります。

カードローンの申込内容で嘘をつくとバレる?

在籍確認なしのカードローンを探している方の中には「働いているように見せかけたい」という方もいるでしょう。

また、日雇い労働や、風俗店での勤務などは収入が安定していないと判断されることが多いため、収入がある方でも「本当の職場を申告したくない」という方もいると思います。

ですが、「嘘の職場を書いてもバレないかな?」と考えても、在籍確認されればその会社で働いていないことはすぐに見破られてしまいます。

そのため、

在籍確認では金融機関の担当者がフルネームで電話の取り次ぎを求めるので、たまたま同じ名字の人が在籍していたとしても在籍確認をパスするのは難しいです。

在籍確認の代行をするアリバイ会社とは?

なんとか在籍確認をしないでカードローンを契約できないかを調べている方は「アリバイ会社」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

アリバイ会社では、勤務先を偽装することで利用者に社会的な信用を与えるサービスを提供しています。

簡単に言えば、アリバイ会社が用意した会社に所属することで、勤務実態がなくても在籍確認がしっかりと取れるようになるということです。

カードローンの申し込みでアリバイ会社を勤務先として申告すると、その会社へと電話連絡が行きますが「ただいま○○は席を外しております。」といった回答がされるため、在籍確認を完了することができます。

このようなアリバイ会社はネットで調べると複数出てきますが、カードローンの申し込みで利用することに問題はないのでしょうか?

カードローン申し込みの嘘やアリバイ会社の利用がバレるとどうなる?

もしカードローンを虚偽の情報で申し込んだり、アリバイ会社を利用して在籍確認をしようとしたりしたことがバレるとどうなるのでしょうか?

嘘の程度、悪質性などにもよるためケースバイケースですが、虚偽の情報での申し込み、アリバイ会社の利用がバレれば審査落ち、すでに契約済みという方は強制解約の後、一括返済の請求となる可能性が非常に高いです。

とくにアリバイ会社を利用して審査に通過しようとした場合には悪質性が高いと判断される可能性が高く、カードローン会社内で超注意人物に指定されるケースもあります。

そうなると、今回融資を受けられなかったというだけでなく、今後もその会社からは借り入れができなくなることも考えられ、非常にリスクが大きいのです。

また、すでに契約を済ませていた場合には、強制解約になり借入残高の一括返済が求められることもあります。

強制解約は信用情報機関に登録されるため、その会社だけでなく、別の金融機関での審査結果にも影響することが考えられるのです。

加えて、返済能力がなく、お金を借りても返せないことが分かっていながら虚偽の情報でカードローンを契約した場合には、嘘をついてお金を騙し取ったとして詐欺罪にあたる可能性もあります。

その場合には信用情報への影響だけでなく、刑事罰の対象になる、損害賠償が請求されるということもあるのです。

アリバイ会社を利用することのリスクはとても大きいので、カードローンは必ず正確な情報で申し込みをするようにしてください。

詐欺には未遂罪もあります。

そのため、たとえ詐欺が成立する前段階であっても処罰される可能性は十分にあるのです。

職場にカードローンがバレるのを防ぐ3つのポイント

ここまで、様々な金融機関での在籍確認について説明してきましたが、ほとんどの会社ではカードローン審査に在籍確認を取り入れているため電話連絡を回避するのは難しいのが現状です。

ただ、冒頭でも説明したように「在籍確認=職場バレ」というわけではなく、金融機関の担当者はプライバシーに配慮して電話をかけてくれるので、カードローンに申し込みをしたことが勤務先に知られてしまう可能性は高くありません。

例えば、在籍確認では「アイフル」、「〜銀行」のような金融機関名ではなく、担当者の個人名で電話をかけます。

また、電話番号も一般的にカードローンの申し込みをするときに利用するようなものではなく、在籍確認用の番号を使い、非通知設定で電話を行ってくれるのです。

そのため、不在着信に折り返したらカードローン会社とバレてしまうという心配もありません。

もし、従業員が用件を尋ねた場合でも「カードローンの在籍確認です。」と返答することもないのです。

しかし、個人宛の電話自体が少ない会社では余計な詮索をされたり、銀行カードローンの場合には会社名を尋ねられると「○○銀行の××と申します。」のように銀行名も言わなければいけなかったりとバレる可能性は0ではありません。

そこで、できるだけ職場にカードローン申し込みがバレる確率を低くするためのコツを紹介していきます。

すでにふれた内容もありますが、再確認の意味も込めて、3つのコツについて説明をしていきます

【職場バレを防ぐ3つのコツ】
・職場への電話連絡なしのカードローンを選ぶ
・職場に連絡がきたときの言い訳を準備する
・繋がりやすい電話番号を記載する

職場への電話連絡なしのカードローンを選ぶ

電話による在籍確認を回避するのにもっとも確実な方法は、SMBCモビットのWEB完結のように職場への電話連絡をしないカードローンを選ぶことです。

WEB完結をするための条件はありますが、この申込方法を選択して手続きを進めていけば間違いはないでしょう。

審査に自信がある方は、申込方法に関係なく職場への連絡はしないセブン銀行カードローンも候補になると思います。

他にも、アイフル、アコムの2社では在籍確認の方法について担当者に相談をすることが可能です。

どうにもならない場合もありますが、SMBCモビット、セブン銀行カードローンに次いで有力な選択肢になると思います。

ただ、お金を借りるときは職場にバレないか以外にも、金利の低さ、融資までのスピード、限度額など重要なポイントはたくさんあります。

総合的に見て、どのカードローンがもっともニーズを満たしてくれるかを考えるようにしてください。

電話連絡を避けたい方におすすめのカードローン

カードローン 職場への電話連絡 実質年率 最大限度額 即日融資
SMBCモビット(WEB完結申込) 原則なし 年3.0%〜年18.0% 800万円 可能
セブン銀行カードローン 原則なし 年15.0% 50万円 不可
アイフル 在籍確認について相談可能 年3.0%〜年18.0% 800万円 可能
アコム 在籍確認について相談可能 年3.0%〜年18.0% 800万円 可能

※申し込みの時間帯、審査状況によっては審査結果の連絡、融資が翌営業日以降になる場合もあります。

職場に連絡がきたときの言い訳を準備する

電話による在籍確認が実施される可能性があるなら、同僚や上司に詮索されたときの言い訳を考えておくことをおすすめします。

カードローンを利用するのは悪いことではありませんが、お金に困っているという印象を社内で持たれるのは嫌ですよね。

もし「さっきの電話、誰からだった?」と聞かれたときは下手な嘘でごまかすのではなく、「クレジットカードに申し込みをしたので、その確認でした。」と返答するのが無難です。

在籍確認では本人が電話に代わると、本人確認のために生年月日や住所などを聞かれることもあります。

在籍確認での受け答えを近くの人に聞かれていたとしても不自然にはなりませんし、それ以上何かを聞かれることもないでしょう。

念の為、クレジットカード名なども用意しておけば万全だと思います。

下手に「住宅(自動車)ローンの申し込みをしたので」、「親が入院して」などと嘘をつくと、「家を買うんですか?」、「親御さんの容体は大丈夫ですか?」と別の質問に繋がってしまう可能性が高いです。

在籍確認には繋がりやすい電話番号を記載する

大きな会社で働いている方、勤務地と本社の連絡先が異なる方はスムーズに在籍確認ができる電話番号を記載するようにしましょう。

会社の代表番号に電話をしても、社員一人ひとりのフルネームまでは把握されていない可能性もあります。

大きな会社で働いている方は、連絡先には部署名などすぐに自分に繋がる番号を書くのが基本です。

勤務地と本社が異なる場合も一緒で、申し込み時に記載するのは本社の連絡先ではなく、勤務地の連絡先になります。

代表番号などに電話がいっても在籍確認が取れるかもしれませんが、スムーズに確認が取れないと、その分、バレる可能性は高くなるでしょう。

金融機関に在籍確認時の社名や時間帯の指定の相談はできる?

次に、在籍確認で金融機関の担当者に相談ができること、できないことについて説明していきます。

カードローンの申込確認で金融機関から電話が来た際に在籍確認について相談できる内容にはどの金融機関でも断られてしまうこともあるのです。

また、金融機関、担当者、申込者の評価によって対応が違う場合もあるので、全体としての傾向だと思って見てください。

在籍確認で親族・知人のふりや別の会社名を名乗ってもらうことはできる?

担当者の個人名で在籍確認の電話があったときに、「どちらの○○様でしょうか?」のように所属、申込者との関係性を尋ねられるのは一般的です。

その場合、消費者金融では会社名やカードローン名を名乗ることはありません。

一方、銀行カードローンでは、「〜銀行の○○」のように銀行名を名乗る、としているところが多いです。

銀行カードローンの場合には、事前に相談をしておくことで、担当者の個人名ではなく、銀行名で連絡をしてくれるというケースは多いので、個人からの電話だと怪しまれそうという方は検討してください。

ですが、在籍確認の際に、親族や知人のふり、実際とは違う会社名を名乗ってもらうことはできません。

会社名を名乗らないということはあっても、会社名や所属で嘘をついて欲しいという要望は叶わないのです。

在籍確認をする時間帯を指定することはできる?

在籍確認が行われるタイミングは金融機関によって違いますが、実施される時間帯によっては電話を受けられる人がいないということもあります。

在籍確認が完了しないことには契約手続きをすることもできないため、お金を借りることもできません。

例えば、仕事終わりにカードローンの申し込みをした場合には職場に残っている人がいないと在籍確認はできないのです。

また、会議などで電話を受ける人がいなくなる、定休日で出勤する人がいないということもあるでしょう。

その場合には在籍確認で職場に電話をする時間帯を担当者に相談してみてください。

電話をする時間帯については要望を聞いてくれる会社が多いため、避けてほしい時間帯などがあればあらかじめ伝えておきましょう。

ただし、分単位で正確な時刻に電話をもらうことは難しく、「午後1時頃」や「午前10時〜11時の間」などのように大体の時間での指定になります。

融資を受けるまでに時間がの余裕がある場合には、在籍確認に都合が良い時間帯を伝えなくても大丈夫です。

一度、電話が繋がらなくても、曜日や時間帯を変えて何度か連絡をくれます。

一回で在籍確認が完了しないと審査に落ちてしまうということはありません。

在籍確認は土日の即日融資にも影響する

即日融資を受けたい場合には、在籍確認が行えるかどうかが非常に重要になります。

例えば、土日が休業日の会社で働いている場合には、土日に申し込みをしても在籍確認が完了する週明けの月曜日までは審査結果がでないのです。

消費者金融は土日、祝日も平日と同じ時間帯で申込受付、審査をしている金融機関が多いですが、在籍確認が終わらないことには借り入れはできません。

SMBCモビットのWEB完結申込なら職場が休みでも問題ありませんが、他のカードローンでどうしても今日中に借りたいという方はそのことも相談してみると良いでしょう。

在籍確認をする前に連絡をもらえる場合もある

また、カードローン会社によっては職場へ電話をする前に本人の携帯・スマホに連絡を入れてくれる場合もあります。

金融機関によっては、申込者本人が希望した場合にだけ事前連絡にも対応するということもあるので、先に連絡がほしい方はその旨を伝えておきましょう。

在籍確認をする担当者の性別を指定することはできる?

職場によっては男性、もしくは女性の個人から連絡が来るのはまずいということもあるでしょう。

在籍確認をする担当者の性別については、相談をすれば指定が可能という金融機関もあります。

また、絶対に女性でないと困るという方は、女性オペレーター専用のレディースキャッシングを利用するのもおすすめです。

アルバイトや自営業などの正社員以外でも在籍確認は行われる?

自営業や専業主婦への融資にも対応しているカードローンはありますが、その場合にも在籍確認は行われるのでしょうか?

ここからは、雇用形態、就業形態ごとの在籍確認の有無、連絡先の注意点について説明していきます。

アルバイト・パートでも在籍確認はされる?

在籍確認は正社員以外であっても働いている場合には実施されます。

そのため、アルバイト・パート勤務でも勤め先へは電話連絡があるのです。

職場にカードローンがバレないようにするコツでもふれましたが、アルバイト・パートだと本社ではなく、いくつかある店舗の1つで働いているという場合が多いと思います。

従業員が多い会社だと本社に電話をしてもスムーズに在籍確認が取れないので、必ず働いている店舗の電話番号で申し込みをしてください。

正社員と比べて外部から電話が来るケースが少なく、社会保険ではなく国民健康保険に加入しているという方も多いでしょう。

SMBCモビットのWEB完結申込の条件を満たさないことが多いので、アルバイト・パート勤務の方は在籍確認が来たときの言い訳を準備しておくことをおすすめします。

派遣社員や契約社員も在籍確認はされる?

派遣社員、契約社員でも在籍確認は実施されますが、記入する連絡先には注意が必要です。

契約社員の方は契約している会社で問題ありませんが、派遣社員の方は派遣先(働いている会社)ではなく、派遣元を書いてください。

ただし、登録者が多い派遣会社だと在籍確認が取れないという場合もあります。

カードローンによっては派遣元ではなく、派遣先の電話番号を書いても良いこともあるため、金融機関の担当者に相談してみましょう。

もしくは派遣元に、在籍確認の電話に対応してもらえないかを相談するのも良いと思います。

自営業者でも在籍確認はされる?

自営業者の方は事業所に固定電話があるかどうかで在籍確認の流れに違いがでます。

固定電話があるという方は、在籍確認の連絡は固定電話で受け、本人確認はスマホ・携帯などの個人の番号で受けるというのが一般的です。

一方で、固定電話がなく、事業所の連絡先と個人の連絡先が同一という場合には注意してください。

カードローンによっては固定電話がない自営業者の申し込みは受け付けていないこともあるのです。

また、固定電話がなくても申し込みができる場合には、個人の番号への連絡で在籍確認と本人確認の両方を済ませます。

自営業者はカードローンの審査で不利になりやすいと言われますが、連絡先が携帯の番号しかないというケースでは借り入れができないこともあるのです。

自営業者(個人事業主)の在籍確認

事業所の固定電話の有無 携帯番号での申込可否 金融機関の在籍確認
固定電話あり - 事業所の固定電話へ連絡を行う。
固定電話なし 可能 携帯番号へ在籍確認の連絡を行う。
不可能 申込自体ができない。

専業主婦でも在籍確認はされる?

銀行カードローンの中には、配偶者に安定した継続収入があることを条件に専業主婦への融資を行う金融機関もあります。

専業主婦の方だと職場自体がないため、就業状況を確認するための在籍確認は行われません。

また、カードローンは申込者本人の返済能力は確認しますが、配偶者の方は審査の対象ではないため夫(妻)の職場に電話が行くということもないのです。

そのため、、専業主婦の方でも申し込みができる銀行カードローンなら、在籍確認で配偶者にバレるという心配はありません。

ただ、申込内容、本人確認のための電話連絡は行われるので、個人の携帯や、自宅の電話番号は必要になります。

自宅の番号だと家族がいるタイミングに連絡がくると電話に出にくいと思いますので、携帯番号を連絡先として申し込みをした方が良いでしょう。

【まとめ】「在籍確認なし」のカードローンはない!電話連絡なしの金融機関を探そう!

申込者の返済能力を審査にするために在籍確認は必要な工程だと言えます。

そのため、在籍確認をせずに融資をしてくれるようなカードローンはないと思った方が良いでしょう。

ただし、在籍確認は電話以外の方法でも可能です。

代表的なのはSMBCモビットのWEB完結申込で、指定の口座と保険証を持っているなら職場への電話連絡をなしにできます。

その他の金融機関でも、在籍確認の方法、時間帯などの相談は可能なので、不安な点がある方は申込内容の確認があったタイミング、ネット申込直後のタイミングなどで担当者に相談をしてみると良いでしょう。

また、在籍確認を避けたいと思って、マイナーな業者を探していくとヤミ金の被害にあう可能性もあるので、借りようとしているところが正規の業者かどうかはしっかりとチェックしてください。