最終更新日:2019年09月06日

今すぐお金が必要な方はこちら!今日中に審査に通る方法

すぐにお金を用意できる選択肢は少ない

まず始めに、今すぐお金が必要という緊急の状況にいる人は、時間に余裕がある人と比較すると選べる選択肢が少ないということを知っておきましょう。

緊急でお金が必要になってどうすればいいのかという時は、対処法を大きく分けると自身でお金を作るか、借りるかの2択になるのです。

その日のうちにお金を用意しなければならないという時、すぐに決断することが必要ですが、後で後悔してしまわないようにしっかりと検討しましょう。

お金を得るにはデメリットが伴う

お金を用意しなければならないという場合、その人のステータスや必要な額にもよると言えますが、楽で簡単にお金を用意できる方法はありません。

つまり、お金を作るためにはなんらかのデメリットは生じてしまうのです。

物を売ってお金を得る場合、物を売ることによってその物を失うということになりますし、働いてお金を得るためには時間や体力なども必要とされます。

借り入れをすれば利息を支払う必要がありますので、借り入れた額よりも多くの金がかかるのです。

適切な手段を見極める

本日中にお金が必要になったという場合、お金を工面するための方法は人によって違うでしょう。

そして、売るものがないのにリサイクルショップへいって物を売ってお金を用意しましょうと伝えても、今ある問題を解決するのは困難でしょう。

働くための時間のない人、日雇いバイトでお金を得る方法を紹介しても現実的に不可能ですし、返済する能力のない人に借り入れる方法を紹介するのは問題外で、それぞれの人の適切な解決手段を見極めることが大切です。

未成年者は借入できない

借り入れは20歳未満の未成年者だとできません。

すぐにお金が必要という時、たいていの場合、お金を借りるという方法を選ぼうとするのではないでしょうか。

昨今は、保証人や担保を用意せずにすむ銀行や消費者金融のカードローンが主流となりました。

こうしたカードローンを利用したい人の中には、18歳や19歳の未成年の人も居るかもしれません。

しかしながら、借り入れができるのが20歳以上とされ、申し込んでも審査通過ができないため注意しましょう。

成人していても、無職の方は対象外

例え申し込み時の年齢が20歳以上出会って、年齢条件は満たしているという場合であっても、収入の全くない無職の方は借り入れできません。

というのは、貸す側にとって、返済できない人にお金を貸すのは大きなリスクになるのです。

借りた以上は毎月きちんと返済をしていく必要がありますが、無職だと継続的な一定収入がないということになりますので、返済能力がないと判断されてしまいます。

そのため、お金を貸してもらうことはできないのです。

学生ローン

学生で20歳未満の方がどうしても借り入れをする必要がある場合は、学生ローンを利用しましょう。

学生ローンは、学生向けに用意されているローンで、全ての学生ローンではないのですが、20歳未満の方も学生証があれば申し込むことができる商品があるのです。

ただし、学生と言っても高校生の利用は不可で、一部の学生ローンでは親の同意も必要になります。

しかし、今すぐに借り入れを行うことができる可能性はあると言えますので、こうしたローンを検討してみましょう。

おすすめ学生ローン

18歳以上の未成年でも申し込める学生ローンがありますので、ご紹介してみましょう。

基本的には、アルバイト等での安定収入があることが条件とされていますが、すぐに借り入れを行える可能性があります。

例えば、学生ローンのアミーゴや学生ローンのカレッヂ、そして学生ローンのフレンド田(DEN)です。

収入が少ないと借り入れ限度額が低めに設定される場合はあるのですが、20歳未満の場合には検討してみる価値はあると言えます。

物を売るなら、未成年者でも今すぐできる

未成年の方が今すぐできるのは、物を売ることではないでしょうか。

この方法なら、個人向けのローンを利用しなくてもすぐにお金を用意することができます。

必要な金額が1,000円から5,000円のような少額なら、所有している品物を売却してお金に替えるという方法があります。

不要なものを売却してお金に換えようと考えがちですが、ある程度のまとまったお金がすぐ必要という場合には、大切な物でも手放す覚悟が必要になるでしょう。

価値のあるものほど高く売れる

価値あるものほど高く売れるということもポイントです。

手放したくないと強く思うものほど、高く売ることができるということなのです。

例えば、マイホームやマイカーなどを売るとリターンは大機いものです。

まとまったお金が必要な場合は、ブランド品貴金属の売却はおすすめで、バッグやアクセサリー、腕時計などの高額売却が期待できるといわれ、品物の価格相場を調べられるオークファンというサイトも活用してみるのはおすすめです。

街のリサイクルショップで、すぐにお金を調達

すぐにお金が必要という場合には、街のリサイクルショップを活用してみましょう。

ネット上にあるサイトの中には、査定してもらいたいと思うような便利なサイトがたくさんありますが、すぐにでもお金が必要という時は、それでは間に合いません。

例えば、フリマアプリを活用しても買ってくれる人がすぐに現れなかったり、システム上入金が遅くなるなどで必ずしも今すぐ売却できるという保証がないため、急ぎの場合は住まいの地域のリサイクルショップがおすすめです。

【アンケート調査】売れても数万円程度

ある会社で行われた金欠問題に関するアンケート調査のアンケート調査結果では、実際に者を売却して金欠を解決した人の体験談から、売れても得られたのは数万円くらいと言われています。

そのため、物を売るという金欠の解決手段では売れても1万円未満で、ラッキーなことに高く売れた場合でも、5万円くらいが一般的な相場であるということが確認できたのです。

したがって、それほど大きな金額が得られるというわけではなさそうです。

【アンケート調査】お金が今すぐ必要!実体験に基づいた対処法

アンケート調査で、どのような手段で金欠状態から脱出したのかという今すぐお金が必要なときはコレという、実体験に基づいた対処法として、いくつかの方法が明らかになりました。

その調査の結果、金策として1番多かった回答は借りたということでした。
誰かから借りたり、どこかから借りたといった方法が最も多いということだったのです。

続いて、僅差で物を売ったということでした。
これらの2方法が緊急の金欠対策法として選ばれているということです。

個人売買では、相場以上の価格で売却できる

売るならできるだけ高く売りたいという人は多いでしょう。

相場以上の価格で売りたいという場合には、個人売買がおすすめと言われています。

というのは、リサイクルショップでは、品物の売却価格に一定基準が設けられているのです。

どこのリサイクルショップも価格相場はある程度決まっているため、少しでも高く売却したいと思う人は個人で売買した方が、相場より高めの価格で買い取りしてもらえるという可能性があるのです。

今すぐお金が必要ならバイト

どうしても今すぐにお金が必要という場合には、アルバイトをしてお金を得るという方法があります。

売れるものはもうないという場合や、理由あって借り入れを行うことはできないという場合にはアルバイトを探してみるのはおすすめです。

バイトの内容や働ける時間によってかなり限定的になるとも言えますが、無理のない形で働くことができる仕事を探してみるという方法はおすすめです。

今すぐお金が必要なら、バイトで稼いでみましょう。

大前提は、日払いで給料をもらえること

今すぐにお金が必要という場合、日払いで給料をもらえることが大前提です。

すぐにでもお金が必要という場合には、給料が支払われるタイミングはたいへん重要なのです。

日雇いのバイトをした場合でも、支払いは翌日とされる場合もあります。

本日中にお金が必要で働いたけれども、給料の支払いが次の日だった場合には困ってしまうということになると言えます。

そのため、契約前に支払い期日についてきちんと相談しておいた上で働きましょう。

意外と、バイト探し専門のサイトで見つかる

アルバイトを探す場合、アルバイト探しの専門のサイトを利用すると意外と見つかるものだと言われているのです。

急いでいる場合、求人広告を見て回る時間はないでしょう。

そうした時は、アルバイト探しに特化している専門サイトを利用するという方法があります。

an(//weban.jp/)やタウンワーク(//townwork.net/)などを活用すると、首都圏であればイベント系単発のアルバイトやシール貼り等のバイトがおすすめと言われます。

知人の職場などで働かせてもらう

今すぐお金が必要という場合、知人の職場などで働かせてもらうという方法もあります。

急いで工面する必要があると言っても、住んでいるエリアによっては日雇いや日払いバイトがなかなか見つからないこともあるでしょう。

そんな時、知っている人の職場で働かせてもらったり、実家が事業を行っている場合は荷物搬入や品出しなどを手伝ってバイト代をもらうという方法もあります。

ダブルワークなども行ってみながら、急を凌ぐようにする方法もあります。

万策尽きたら、親や友人に相談みる

色々と考えてみたけれども、どうしてもだめという場合には、親や友人に相談してみるという方法もあります。

自身の力ではどうしてもお金を工面することはできそうにないという場合には、身近な人に相談してみるということを行ってみましょう。

どうして今すぐにお金が必要になっているかと言った理由を相手に素直に伝えてみると、もしかすると金銭的なサポートをしてくれる人がいるかもしれません。

まずは親や友人員相談してみましょう。

あくまでも相談ベース

親や友人など、周りの人にお金が必要ということを伝えてみる時は、あくまでも相談ベースで話すことが大切です。

急いでお金が必要かもしれませんが、相手に理解してもらうということがとても大切で、いくら貸してほしい!というようなニュアンスは避けるようにしましょう。

というのは、必ずしも相手に金銭的な余裕があるわけでもないですし、理由によっては断られる可能性もあるでしょう。

誠意をもってきちんと対応することが大切です。

借金の内容を書面に残しておく

貸してもらえる場合は、内容を書面に残すようにしましょう。

親や友人に相談を行ってみて、相手が事情を理解してくれて、お金を貸してもらえることになった時には、きちんと書面で貸し借り内容を記録しておくようにしましょう。

自身の名前と相手の名前、お金を借りた日と借りた金額、そして返済日、最低でもこれらの5つの項目を書面に記載しておきましょう。

個人間の貸し借りで万が一の問題がでてきても、トラブル防止につながると言われます。

20歳以上になると、借金の手段が広がる

20歳以上の方はお金を借りる手段が広がります。

未成年者が借り入れを行うのと違い、借り入れ手段の選択肢が広がるのです。

未成年であれば、借り入れを行うことができるのは親や友人や学生ローンくらいのものといわれています。

けれども、年齢が20歳以上になると借り入れの選択肢の幅が広がり、すぐにお金が必要ということになると、安心して利用することが可能な正規の業者などを検討していくことができるようになるのです。

質屋:お金を借りるのに抵抗がある人におすすめ

どうしてもお金を借りるのに抵抗があるという場合には、質屋を利用するという方法もあります。

借り入れは、なにも銀行や消費者金融といった金融機関だけではないのです。

借入に対し、不安があるという場合には質屋の利用も選択肢の一つです。

質屋は、品物を担保としてお金を借りいれることができるシステムで、その後、借りたお金と利息を用意できた場合に質屋に持っていくと、預け入れを行った物品などを再び手元に戻せるという仕組みになっています。

【注意】借りた金額に加えて質料を支払う

質屋は利便性の高いサービスといえますが、貸付期間に応じた質料を支払うことが必要になります。

そのため、借りた額を超えるお金を返すことになります。

質料は、貸し付けたお金にかかる利息や預けた品物の保管料の総称のことを言います。

大手の質屋は、借り入れ金額ごとに質料を設定します。

例えば、大手の大黒屋は、借り入れ金額が総額1000万円以上の融資の場合0.95%、総額100万円以上1000万円未満の融資は1.25%となっています。

カードローン:毎月一定の給料がある人が利用できる

毎月一定の給料を受け取っているという場合には、カードローンで借り入れるという方法があります。

年齢が20歳以上であれば、銀行や消費者金融のカードローンに申し込むことが可能になります。

カードローンでは、継続的な安定収入があることも借り入れ可能な条件になっています。

カードローンでは、借入専用カードを発行し、ATMから現金を借り入れたり、指定口座に振り込んでもらうことができるため、とても便利なサービスなのです。

Q. カードローンの利用は安心できるのか?

カードローンは安心して利用できるのでしょうか?

この点については、安易な借り入れを行わなければ誰にも迷惑をかけず安全に利用することができるといわれています。

カードローンは無担保や保証人もいらず、投資や事業用以外の使い方は自由というローン商品で、契約期間中で利用限度額の範囲内なら、繰り返しの借り入れが可能と言う利便性の高さが特徴的です。

安易に利用し過ぎないよう十分注意した上で、必用に応じて利用しましょう。

【注意】急いでいる場合は、銀行のカードローンは避ける

急いでいるという場合は、審査に時間が掛かる銀行カードローンはあまりお勧めではないため、即日融資を希望する場合は別の方法を探すようにしましょう。

近くの銀行でカードローンに申し込んだ時に、一般的には融資までの期間は1週間くらいです。

融資が早いといわれる銀行のカードローンでも、申し込みから数日ほど時間はかかるということを念頭に置いて利用する必要があります。

すぐにお金が必要な場合は、即日融資対応のカードローンを選びましょう。

審査なしで今すぐ金策

すでに借入額が年収の3分の1に達している人は、新たに消費者金融等の貸金業者から借金をすることはできません。

総量規制ルールがあるためです。

銀行は貸金業者ではないので対象外ですが、借入の多い人に対して、簡単には貸してくれません。

つまり、融資の申し込みという形では、借入れは不可能です。

それでもお金が必要な場合は、どんな方法があるでしょうか。
実際に利用するかどうかは別にして、知っておいて損はありません。

クレカのショッピング枠で借りる

クレジットカードのキャッシング枠は借金のためのものですが、ショッピング枠は買い物のためのもの。

ですが、工夫をするとショッピング枠でも借金ができます。

クレジットカードで、換金性の高い商品を購入して、買い取り業者に売却すれば、手元にお金が残るわけです。

このために、ギフトカードを定価より高い価格で、クレジットカードで決済してくれる販売業者なども存在します。

ただし、この方法は金利を計算すると、100%~200%などと、大変高いものにつきます。

今すぐお金が必要でも、借りる以外の方法を考えよう

上記の方法も、結局はショッピングとしての請求が来るため、借入れとなります。

本当にお金が欲しいなら、借入れ以外の方法を考えましょう。

他人に迷惑をかけず、一番確実な方法は、働くことです。

日払いに対応しているアルバイトをすれば、とりあえず目先の現金は入ってきます。

正業のある人の場合は問題になりますが、少なくとも副業をすることは犯罪ではありません。

勤めている会社に相談するのもいいでしょう。副業許可か、前借りができるかもしれません。

無審査で借りる最終手段

借入れをせざるを得ないとしても、通常の貸金業者以外にも、お金を貸してくれるところがないわけではありません。
そして、合法です。

消費者金融等の貸金業者の審査に通らないのは、借りたい人の属性に問題があるからです。

他の借り入れが多い、年収が少ない、過去に金融事故を起こしたなどです。

ですが、人の属性ではなく、モノを担保に差し出すことによって借入れ可能な場合があります。
こういった業者として、質屋や、車金融があります。

質屋

質屋は、古来から日本に存在する金融業者です。質屋営業許可が必要な商売です。

質屋の使い方は次の通り。

お金になるモノを担保に借入れをします
返済は義務ではなく、返済した場合は担保が返ってきますが、返済しなければ質流れとして、担保を取られます。

質屋が引き取った担保(質草)は、売却されます。

担保に供するモノに価値がありさえすれば、借入れ可能です。
ただし、担保があるにもかかわらず、金利は貸金業者より高い設定になっています。

自動車担保融資

マイカーも、担保にしてお金を借りることができます。
これを扱っている業者は、車金融と呼ばれます。

マイカーに乗り続けたまま担保にする(所有権を移転して、リース契約する)形式と、質屋のようにマイカーを業者に差し出してしまう形式とがあります。

後者のほうが借入可能額は大きくなるのが通常ですが、この場合は、愛車を他人に使われることになります。

車金融も、担保があっても金利は低くありません。
それでも、質屋と違って貸金業法が根拠法令なので、消費者金融より金利が高くなることはありません。

カードローン 即日融資の条件

さて、さまざまな方法を見てきましたが、借入可能ならば消費者金融等から借りたほうがいいのです。

消費者金融のカードローンを、即日、つまり申込みの日に借り入れるにはどうしたらいいでしょうか。

今では当たり前に即日融資ができますが、本来は次の通り、ずいぶんと障害の多いものなのです。

・審査の受付時間
・ローン専用カードをどうやって入手するか
・振込融資の場合は、振込時間の制限

これらがひとつひとつ解決されたことによって、即日融資の確実性が増しているわけです。

申込時間

消費者金融の中でも、大手は受付可能時間が非常に長くとられています。

曜日を問わず夜の10時頃まで、審査がおこなわれていて、電話Web自動契約機等から申し込みをすると、迅速に審査を始めてもらえます。


レイクALSAなど、平日は実に24時まで審査をおこなっています。

といっても、遅い時間の場合、申込者の勤務先に電話が通じず、在籍確認が終了しない可能性があります。

その日のうちに融資を受けたいなら、申込み時間は早いに越したことはないでしょう。

無人契約機

無人契約機(自動契約機)では、個室で落ち着いてカードローンが申し込めます。

駅前や、街道沿いによく設置されています。カラフルな看板はおなじみでしょう。

最近は、Web等で申込み契約を完結させておいて、カードの受け取りだけ契約機に行くという使い方が推奨されていますが、個室に入って一から操作することもできます。

スマートフォンやパソコンで操作するのが苦手な方にはいいでしょう。

わからなければ、オペレーターに質問できます。

入力が終わった後は、しばらく室内で待つ必要があります。
また、審査に落ちた場合、帰らざるを得ないという欠点もあります。

申し込み方法

カードローンの申し込み方法は、なんといっても最近ではWebが主流になりました。

パソコンやスマートフォンのブラウザからすぐ申し込めます。
スマートフォンの場合、アプリも用意されています。
電話という申込み方法も健在です。

電話の場合、相談がしやすいというメリットがあり、また自分で入力をする必要がありません。

Webや電話で申し込みをして、ローン専用カードをその日のうちに入手したいときは、無人契約機を訪れてカードを発行してもらう必要があります。

最短審査時間

消費者金融の審査は大変速いものです。

申込みの際に入力するあらゆる情報を数値化(スコアリング)して、たちどころに融資の可・付加、利用限度額、金利などの融資条件をはじき出します。

他社の借入れがあれば、それも判断材料となります。

審査時間は最短で30分、非常に速いスピードです。ただし遅くなる場合もあります。
申し込みが集中したときと、在籍確認が終わらない場合です。

在籍確認は、申込者の勤務先に電話でおこなわれます。
業者の名前は出してはいけないことになっています。

勤務先の電話がつながらないと、審査に時間がかかることになります。

今すぐにお金が必要な方向け カードローン4選!

即日融資を希望する場合、どのようなカードローンを選ぶのがいいのかを紹介しましょう。

すぐお金が必要なら、消費者金融に相談してみましょう。

消費者金融なら、最短で30分の審査で、日中に借り入れすることができます。

銀行の提供しているカードローンもあるのですが、その場合、審査には数日かかりますのでその日のうちにお金を用意することはできないのです。

そこで、即日でお金が必要という人におすすめの個人向けカードローンをご紹介しましょう。

消費者金融なら即日融資が受けられる

消費者金融なら、最短即日で対応してもらえるため、今日中に借り入れすることができるというメリットがあります。

すぐにお金が必要というなら、ぜひ消費者金融に相談して見るようにしましょう。

銀行の審査は以前なら即日対応なども在りましたが、法律が改正されたりしたことで即日の対応を行うことが難しくなり、銀行では即日で借り入れできるサービスは提供されていません。

そのため、即日なら消費者金融が対応しています。

Q. なぜ消費者金融の審査は早いのか?

なぜ消費者金融の審査は早いのでしょうか。

この点については、消費者金融には卓越したノウハウがあるということが挙げられます。

消費者金融は個人融資に特化しており、独自のノウハウと膨大な顧客データがあります。

審査は、そのノウハウや顧客データを用いて行われる自動システムが採用されている為、審査結果もスピーディです。

具体的にはスコアリングシステムを活用した数値化により、大量に蓄積された顧客データと照合して結果が出るので早いのです。

プロミス

プロミスは、SMBCフィナンシャルグループの一員です。
申込方法、融資方法は大手の中でも、とりわけ発達しています。

プロミスは、限度額が最大500万円で、金利が年4.5~17.8%審査が最短30分、そして融資は最短1時間というスピーディな対応が特徴的な消費者金融です。

カードレスで完結して、24時間365日の振込融資を受けることもできますし、スマートフォンを使って、セブン銀行ATMでの借入れも可能です。


ローン専用カードが欲しい人も、三井住友銀行のATMコーナーで受け取れますので、多数存在する自動契約コーナーに出向く必要はなくなっています。

三井住友銀行の口座を保有していると、土日も瞬時振り込みキャッシングが利用できるため、今すぐ現金が必要な人にはとても便利です。

プロミスは他社よりも上限金利がわずかに低く、17.8%となっているのも特筆すべきものでしょう。

プロミス利用者の口コミ

プロミスを利用した人はどのような感想を持っているのでしょうか?
そこで、プリミスを利用した人の口コミをご紹介してみたいと思います。

30代の男性会社員の方は、すぐにでもお金が必要になってしまったので、どうしようかと思っていたところ、1時間くらいでお金を借りられるプロミスに申し込んだそうです。

借り入れがスピーディにできたので良かったということで、気兼ねなく恋人とデートをすることができたということでした。

アコム

アコムは、三菱UFJフィナンシャルグループの一員です。

アコムは、すぐにお金が必要という切羽詰まった状況にある方におすすめのカードローンです。
ほとんどの金融機関の口座に対して、曜日と時間を問わず終日振込融資をしてもらえます。

電話で申し込む場合、24時間受け付けてもらえます。
さすがに、深夜に審査が始まることはないものの、翌朝すぐに始めてもらえます。

初めての方向けのカードローンなので、サポート体制やサービスなどが充実していて、手続きはシンプルで、不明な点等があればすぐに相談することが可能です。

今すぐ必要だけど、手続きって難しそうと思っている方こそアコムを検討するということが推奨されているのです。

アコムが珍しいのは、クレジットカード「ACマスターカード」を発行していることです。

世界中で使えるクレジットカードを、アコムの自動契約機「むじんくん」で受け取ることができる点、大変珍しいものです。

アコム利用者の口コミ

アコムを利用した20代の自営業の男性は、今回は友達との旅行のために利用されたそうですが、即日融資も問題なくて、すぐに借り入れできて満足ということでした。

返済も一括でおこなったため、利息もかからなかったということで、お得に借り入れすることができたということです。

アコムは、短期間の借り入れで初めての方に利息がかからない期間を提供しているため、よりお得に借り入れたいという場合にはこうしたサービスを利用する方法があります。

アイフル

アイフルは、大手銀行グループの傘下にない独立系で、逆にクレジットカードのライフを傘下に収めています。

大手の中では、提携ATMの手数料がすべて有料であったり、24時間365日振込に対応していなかったりと欠点もあります。

また、無人契約コーナーには契約機がなく、電話でオペレーターとやり取りする仕組みです。

ただし、スマートフォンによる、セブン銀行での借入れが可能なのはメリットです。
カードを入手せずに、手持ちのアイテムでキャッシングと返済ができるわけです。

アイフルは、今すぐお金を借り入れたいけれども家族には知られたくないというニーズに応えてくれる消費者金融です。

アコムは振り込み人名義を個人名にすることができるため、通帳にアイフルという社名が残される心配もないのです。

アイフルの申し込みフォームでは、当日融資希望有無といった項目が用意されており、ここで希望するというところを選ぶことで、可能な限り優先的な手続きが行われると言われているため、安心して申し込むことができます。

アイフル利用者の口コミ

アイフルを利用した30代の会社員の男性は、インターネットからの申し込みに関わらず、即日で審査を受けることが可能で、必要書類も写真を送るだけだったためとても簡単だったという点が良かったということです。

すぐに借り入れをすることができ、返済もATMでスムーズだったので、すぐに返済を行えて楽々だったということでした。

アコムは簡単に返済できる返済方法なども用意されていますので、借りやすく返しやすいということなのです。

SMBCモビット

SMBCモビットは、審査さえ完了するとすぐ借り入れ可能となるカードローンで、公式サイトから申し込むと、結果が瞬時表示されるという10秒簡易審査が用意されています。

そのため、借りられるかどうかすぐに知りたいという場合にも便利なのです。

そして、ネット上で手続きが完結できるウェブ完結申し込みも用意されているので、職場への連絡は不安という方にもおすすめです。

SMBCモビット利用者の口コミ

SMBCモビットを利用したという30代の会社員の女性は、申し込みから審査完了まで30分以内で完了したということは驚きで来たということでした。

手続きがインターネット上で完了できたのがとても楽で、近くにカード発行機や窓口と源泉徴収があり、スピーディな対応ですぐに借り入れることができたということでした。

生活費として借り入れすることもできるという点も、SMBCモビットの借り入れが自由度が高いという理由でもあります。

今すぐお金が必要な人が知っておくべき、カードローン利用のポイント

今すぐお金が必要な人に知ってほしいカードローン利用のポイントとして挙げられるのが、最短で1時間以内にお金を用意できるという点です。

これらのカードローンは全てこの点にも対応しており、最短で1時間以内にお金を用意することが可能なカードローンです。

けれども、そのためには適切な手続きをしていく必要がありますが、すぐに借り入れを行うには効率的かつ臨機応変に対応できる手段を実践していくということが重要なポイントなのです。

①ネット上で申し込み

まず、今すぐお金が必要な人に知ってほしいカードローン利用のポイントとして挙げられるのが、インターネット上で公式サイトから申し込むという点です。

即日での借り入れは、少しでも早く審査を受け始めることが大切だと言われています。

審査時間はどのような方法で申し込んでも変わらないのですが、どこにいても利用可能なネットからの申し込みであれば、最短時間でスピーディに審査を受け始められるのです。

そのため、ネット経由で公式サイトに申し込むことが挙げられます。

②無人契約機でカード発行

2番目のポイントは、無人契約機でカード発行を行うということです。

インターネットからの申し込みを完了させたら、審査時間を活用して無人契約機に向かうようにしましょう。

営業時間内で審査が完了していれば、その日のうちにローンカードを受けとることができるのです。

さらに、店舗内のATMで即日キャッシングを行うことも可能です。

そのため、今すぐお金が必要な人に知ってほしいカードローンの利用ポイントとして、無人契約機でカード発行ということがあります。

審査落ち 原因と対策

万全の準備をして申し込んだのに、審査に落ちてしまうこともあります。

審査落ちする理由はいろいろありますが、申込書に虚偽記載をして落ちることもあります。

50万円以下の借入れの場合は収入証明書は不要です。
だからといって、年収などを偽って記載するのは考え物です。

消費者金融には膨大な過去データがあるので、勤務先と年齢とを付け合わせれば、どのぐらいの年収を得ているかはだいたいわかるわけです。

嘘を書いたことにより、落ちてしまうこともあります。

在籍確認ができなかった

基本的にカードローンを申し込むと、在籍確認がおこなわれます。

在籍確認は、個人名を名乗った電話でします。

申込者が電話先に所属していることがわかればそれでいいので、適当な用事を付けた内容の電話です。

在籍確認を乗り切るため、アリバイ会社を使って、本来所属していない会社にいることにしてもらって申込みをする人もいます。

ただこうした会社は、個人の属性についてまったく知りません。

百戦錬磨の審査担当者からすると、電話での応答が不自然なことがあり、それを理由に審査に落ちてしまうこともあります。

本当に勤めていたとしても、電話応対に間違いがあれば、同じことになる可能性があります。

対処方法

在籍確認が不安な際は、勤務先のほうに働きかけておく方法と、消費者金融のほうに相談しておく方法とがあります。

勤務先に話を通しておく際は、カードローンと言わずに、「クレジットカード会社から確認が来る」と言っておけばいいでしょう。

クレジットカード会社からも、個人名で電話がくる場合があるので、不自然ではありません。

また、在籍確認自体がしづらい勤務先の場合、消費者金融に事情を説明します。
これは、申し込んでからすぐに電話をしておこないます。

場合によっては、保険証や社員証の提出で在籍確認に替えてくれることがあります。

収入が不安定

カードローンの審査においては、消費者金融は収入の安定性を見ます。

収入が多いかどうかという要素も重要ではあるものの、もっと大事なのは、毎月収入が安定しているかどうかという点です。

この点、たとえば歩合給の割合が高く、月々の収入に大きな差がある場合は、審査に通りにくくなってしまいます。


転職が多いために収入が不安定というケースもありますが、この場合は収入の安定性という前に、在籍年数が短くなるため、審査に落ちやすくなります。

対処方法

歩合給で収入の差が月によって大きいという場合は不利ですが、それでも年収自体が高く安定している場合ならチャンスがあります。

この場合、50万円を超える限度額をあえて申し込んで、必要書類である収入証明書を提出してしまいましょう。

複数年にわたって年収が高いことを証明できれば、これは「安定している」といえるわけです。

転職の多い人の場合は、特定の勤務先に居つく以外に対処法はありません。

カードローンの申し込みの際、できれば1年、短くても6か月は勤続しておきたいところです。

信用情報

カードローンに限らずクレジットカードでもそうですが、審査においては必ず申込者の個人信用情報を確認します。

そうすると、現在の借入れ状況や、過去において金融事故(滞納)があったかどうかが確認できるわけです。

他社借入れが多い場合(4件以上)は、審査はまず通りません。

そもそも、総借入額が年収の3分の1を超えるような借入れは、法律上許されません。

そして、5年以内に金融事故があった人についても、特に大手消費者金融では、まず審査に通りません。

対処方法

信用情報には、申込者の属性が詰まっています。
この記載を変えることはできません。ですから、これといった対処法はありません。

過去の滞納記録はなかったことにはできませんが、それでも5年以上経てば消えます。
それをじっと待たないとなりません。

他社借入れについても、減らしていかないと新たな借入れはしにくいものです。

もし、他社の返済のために新たに借入れをしたいのであれば、カードローンではなくおまとめローンを考えたほうがいいでしょう。

闇金は絶対に利用してはいけない!

どんなにすぐお金が必要という場合でも、闇金業者は絶対に利用しないようにしてください。

本日中にお金を工面しなければならないという時でも、まずは落ち着いて考えましょう。

借り入れしたいという方には、すでに借金があっても貸してもらいたい、高金利でも借りたいという人も居ると言えます。

しかし、闇金業者は違法な貸付を行い、そうした業者は闇金業者の可能性が高いため、絶対に借り入れをしないようにしなければなりません。

犯罪・金銭トラブルの温床

闇金業者から借り入れを行うことが、金銭トラブルや犯罪の温床となっていると言われています。

万が一、闇金業者と知らないで借り入れしてしまったら、違法な取り立てや利息などで追いつめられてしまうでしょう。

様々な口コミなどでは、闇金業者から返済催促があり、違法行為に悩まされているケースも多いと言われます。

どんなに急いでお金を工面しなければならないという場合でも、絶対に悪質な違法業者から借りないようにすることがとても大切なのです。

金融庁のサイトで、業者登録を確認

闇金業者かどうかは、金融庁のサイトで確認することが可能です。

違法業者には、一般的な金融業者のふりをしているところもあります。

ソフト闇金業者もおり、本当に借り入れて大丈夫かと思って時点で、すぐに違法業者ではないかどうかを自身で確認することが重要です。

個人で判断する場合には、金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページを活用できます。

5つの項目を入力することで、その業者が金融庁に登録された正規業者かどうかがすぐ判断できます。

お金を無審査で貸す業者には、十分に警戒する

ローンの申し込みをすれば、当然に審査があります。

審査では、返済能力が十分あるかどうかという点を確認するわけですが、これは法律(貸金業法)上の義務でもあるのです。

貸金業法では現在、年収の3分の1までしか貸出しをすることができなくなっています(総量規制)。この貸出限度額には、他の業者の貸出額も合算されます。

つまり、審査をしないということは、業者が貸金業法違反を問われるわけです。

したがって、無審査で貸してくれる業者があるとしたら、それは100%非合法の業者、つまり闇金ということです。

ブラックでも、闇金以外で借りるには

過去にローンやクレジットカード、分割払い等で長期の滞納をしてしまい、この事実が個人信用情報に登録されてしまっている人のことを、俗にブラックといいます。
ブラックリストのブラックです。

ブラックリストというリストが存在するわけではないものの、そのように扱われてしまうのです。

この滞納の記録が5年以上経って消えるまでは、お金を貸してくれる業者はなかなかありません。

どうしても借りたい場合は、非合法金融の闇金に頼るしかないでしょうか。
いえ、まだ方法はあります。

中小消費者金融を利用する

ブラックの人に対しては、大手の消費者金融はまず貸し出しをしてくれません。
銀行も難しいです。

しかし、中小の消費者金融ならばチャンスはまだ残っています。

中小の消費者金融のカードローンですが、金利や返済額などの商品特性は、大手とほとんど変わりません。

中小の消費者金融は、大手と勝負するなら、多少はリスクの高いと考えられる融資もする必要があるのです。

必ずしも審査が甘いという意味ではないものの、現在の年収や借入額など、属性のいい人に対しては、ブラックであってもそこに目をつぶって貸してくれる可能性があります。

街金で気軽に相談

街金という言葉には、あまりよくない響きが伴うかもしれません。

ですが、これは闇金など非合法の業者のことを指すのではなくて、街の貸金業者のことです。
貸金業許可を得ているなら、合法の業者です。

消費者金融というと、大手や準大手の、宣伝に力を入れている業者のイメ―ジがあるかもしれませんが、街金もまた消費者金融です。

他店舗展開していない街金で相談してみるのもいいでしょう。
事故歴があっても返済が確実だと判断してもらえれば、融資してくれることもあります。

借金の悩みは、お金のプロに相談

借り過ぎていると感じたら、お金のプロに相談しましょう。

資金を用意しようとしてもなかなかうまくいかない場合は自身だけで抱え込むのではなく、無理せずにプロに相談してみましょう。

身近な人もですが、お金のトラブルを専門としているプロに相談してみるのも一つの選択です。

現在悩んでいる金銭問題の解決につながっていくかもしれません。

無料で相談できる公共機関や専門サイトなどもありますので、悩んでいるという場合には参考にしてみましょう。

債務整理

借金問題の債務整理についてプロに相談したいという場合、
日本司法支援センター・法テラス日本弁護士連合会、または日本司法書士会連合会日本貸金業協会などに相談することもできます。

また、財団法人日本クレジットカウンセリング協会全国銀行協会などの専門家に相談するということも可能です。

そのため、借金問題の債務整理について相談したいという場合、これらの団体に相談することでアドバイスを受けることができるでしょう。

闇金の相談・通報

闇金から借り入れしてしまい、利息が膨大になったり、違法な取り立てなどで悩んでいるという場合には、警察に通報したり、消費者生活センター日本弁護士連合会日本司法書士会連合会に相談してみましょう。

闇金から借りてしまうと、利息が大きく膨らんだり、返済困難な状態になった人に対して真夜中の電話や訪問など、違法な取り立てなどが行われたりします。

そのため、これらの機関でヤミ金融についての通報や相談ができます。

登録貸金業者の苦情・相談

登録貸金業者にかかる苦情や相談を行うという場合には、日本貸金業協会国民生活センターが相談先として挙げられます。

登録をしている貸金業者から借り入れたけれども、不満があるという場合には、そのことについてこれらの機関に苦情を伝えたり、相談を行ったりすることができます。

きちんと登録業者として貸金業務を行っている業者に対して意見がある場合には、こうした機関に相談するということができるようになっているのです。

その他の法律相談

借り入れなど以外のその他の法律相談を行いたい場合には、日本司法支援センター(法テラス)か、日本弁護士連合会日本司法書士会連合会法律相談を行うことが出来る様になっています。

法テラスは、収入があまりなくて、弁護士に相談できにくいという方なども相談できるように整備されている制度です。

借入金など以外のことで法律について相談を行いたいという場合には、こうした法テラスに相談したり、弁護士の団体に相談できるのです。