最終更新日:2019年08月03日

バイクはローンで買うとお得な2つの理由とおトクなバイクローン

バイクは排気量が大きければ大きいほど価格も高額となり、現金一括で即購入できるという人はあまりいないかもしれません。

事実、多くの人はバイクをローンで購入し、毎月コツコツと支払いを続けながら、バイクとともに暮らす喜びを感じているのです。

もしも現金が手元になく、 「ローンにするか迷っている。」「すぐに購入資金を用意できない。」というのであれば ローンを利用することをお勧めします。

まずはどんなバイクを買うべきか、ご紹介します。

新車より中古バイクを狙うべき

どんなものでも新品が買えれば良いのですが、バイクのような高額なものの場合は、中古バイクを検討してみても良いかも知れません。

少しでもお財布の負担を軽くすることで、その後のバイクライフに費やすことの出来る費用を捻出しやすくなります。

もちろん中古のバイクには、状態が良いものも悪いものもあります。

走行距離やメンテナンスの履歴などから判断し、より状態の良いものを選ぶことができれば、かなりの予算を節約し掘り出し物を手にいれる事も可能です。

未使用バイクは新車の割にお得

中古のバイクの中には、誰の所有物にもなったことのない未使用(未登録)のバイクがあります。

主に、展示車などがこれに含まれます。

展示車は、状態も新車とほとんど変わりませんが、新車としては売ることができませんよね。

そうなると当然、販売価格は下がるのです。

また試乗車も、未使用とは言えないものの走行距離も短くメンテナンスもしっかりされているため状態は良好です。

これらのものを見つけることができれば、状態は申し分ないものをお得に手に入れる事ができます。

用途別でわかるバイクのクラス

用途にあうバイクを選ぶのは、バイクをお得に購入するためにも重要です。

単に移動の足が欲しいだけなら、50ccで十分ですが、ツーリングもしたい場合は、125ccクラスは欲しいですね。

また、高速道路を使って遠出をしたいという場合は250ccクラス。さらに400ccならより本格的なバイクも選択できますよね。

もちろん、本気でバイクに乗りたいという方は600ccも選択肢に上がりますね。

ただ1,000ccを超えるものは、初めてのバイクには向いていません。

このような大型のバイクは、まずはしっかりバイクに体を慣らしてからにしましょう。

バイクは命を落とす危険のある乗り物だということを、決して忘れてはいけません。

バイクローンを利用すべき2つの理由

バイクを購入するために、一生懸命頑張って貯金されたという方からしてみれば、お金を貯めてから買えば良いだけなのに、なぜバイクローンを勧めるのかと疑問を持たれるかも知れません。

しかしながら、おすすめするこらにはもちろんしっかりとした理由があります。主な理由を2つご紹介しますので、せっかく貯めた貯金を使ってバイクを購入してしまう前に、一体なぜバイクローンがおすすめなのか、その理由を確認してみてくださいね。

理由1|貯金しておきたい

潤沢な資金があるというのであればともかく、頑張って貯金をしてバイク代を貯めたという場合、全額をバイクにつぎ込んでしまうというのは、リスク面から考えてもあまりおすすめはできません。

バイクに乗るということは、事故や故障など最悪のケースも考えなければならないからです。

手元に現金を残しておかなければ、このような不測の事態に陥ったときに対応することができません。

少し余裕を持つという意味でも、バイクを購入するときは、ローンを利用するのがおすすめです。

理由2|時間はバイクのために使いたい

バイクローンを利用してバイクを手に入れれば、貯金をするために待たなければいけない時間を節約することができ、その分バイクと向き合うことのできる時間は確実に増えます。

バイクは車ほどではありませんが高額なものですので、全額を貯金しようと思うと数年という年月を浪費することとなります。

しかも、先ほどお伝えした通りバイク代だけの貯金では不安という事となると更なるお金と時間が必要です。

それだけの時間が経ってしまえば、欲しい車種が廃盤となってしまう可能性すらあるのです。

現金払いに執着しては動けない

もちろん、現金一括でバイクを買うことができれば、何も言うことは無いですよね。

ですが、バイクは高額でお金を貯めるには長年の積み重ねが必要です。

今、欲しいと思ったそのバイクが手に入るのは一体何年後となるのでしょう?

例えまだ若かったとしても、現金払いにこだわり何年も貯金する間バイクと向き合うことができなければ、せっかく運転免許を取得していても、その間に運転技術が低下してしまうことも考えられます。

そして何より、人がバイクに乗れる時間は有限です。

単純にバイクの購入が遅くなればなるほど、せっかくのバイクに乗れる期間は短くなってしまいますよね。

一番低金利なバイクローンは銀行!オークションで買うならカードローン

バイクローンを組むなら1番低金利のところで組みたいですよね。ローンの金利はどこで借りるかで大きく異なります。

一般的に銀行だと金利が低く、消費者金融だと金利が高い傾向にあります。そのため、銀行でバイクローンを組むのがオススメといえます。ただ、銀行でバイクローンを組むときには、オークションでバイクローンを組むときに利用できないという点に注意が必要です。

オークションでバイクを購入するならカードローンがお勧めです。

バイクを買う時に使える4つのローンの金利を比べてみる

バイクを買うときにどのようなローンを使えるのでしょうか。利用可能なローンの種類は

①銀行のマイカーローン

②バイクメーカー等のローン

③バイク店のバイクローン

④銀行・消費金融のカードローン

の4種類です。ローンという名前がついているので、どれも同じと思われるかもしれませんが、それぞれ特徴があります。この4種類について、金利負担や、その他各種メリット、デメリットを検討した上でどのローンを使ってバイクを購入するか決めるのが良いでしょう。

バイクを買うときに使用できる4つのローンとは

先ほど紹介した4つのローンの中で、

銀行のマイカーローンは1番金利が低く、金利は1%台から4%となっています。

②バイクメーカー等のローンの金利は3%前後です。

③バイク店のバイクローンの金利は10%前後です。

銀行・消費者金融の金利は4%台から18%と1番金利が高くなっています。

このように、どこからどんな形でお金を借りるかで金利負担は大きく変わります。①が1番お得で、④の金利負担が大きくなっています。

銀行のマイカーローンが一番お得

確認したように、4つのローンの中で銀行のマイカーローンが1番金利が低くなっています。そのため、銀行のマイカーローンを使ってお金を借りれば、金利負担を抑えて、バイクを手に入れることができます。抑えた利息分は、生活費やバイク関連の小物調達に利用できますので、大変お得ですね。バイク購入資金の捻出に当たってすべての手段を選べるのであれば、銀行のマイカーローンを使ってお金を調達するという手段が1番お勧めできます。

銀行マイカーローンの返済総額シミュレーション

一番金利の低い、銀行マイカーローンを利用する場合、返済はどのようになるでしょうか。例えば、神奈川銀行の新オートローンを利用して80万円を年率1.1%、返済期間1年で借り入れした場合、月々の返済額は67,065円となり、支払総額は804,768円となります。利息分は4,768円なので、80万円という借り入れ金額に対して比較的小さいと感じる方が多いのではないでしょうか。月々の負担も7万円以下で、1年で支払いが終わるため、給料でもまかないやすいですね。

銀行マイカーローンの審査の待ち時間と申込の際の手続き

銀行のマイカーローンを利用するにあたり、審査時間はどのくらいかかるのか、どのような手続きが必要なのかというのは気になるポイントですね。手続きに時間がかかると気軽に申し込めませんし、手続きが複雑だとローンを利用できませんね。銀行によって詳細は異なりますが、基本的に審査時間は40分ほどで、翌日に融資を受けることも可能です。持参すべき書類としては本人確認書類や年収確認書類、使い道を示す書類等が必要になることが多いようです。

三井住友銀行マイカーローンの審査の待ち時間と申込の際の手続き

代表的なマイカーローンである三井住友銀行マイカーローンの場合はどの程度の待ち時間で、どういう手続きを行うのでしょうか。三井住友銀行マイカーローンの場合は、40分ほどの待ち時間で審査が完了し、最短で翌日には融資を受けることができます。三井住友銀行マイカーローンの契約時に必要な書類としては、免許証等の本人確認書類、源泉徴収票等の年収確認書類、バイクの請求書等の使い道確認書類が必要となります。手続きは難しくないので、気楽に取り組めます。

マイカーローン審査でチェックされることは?

銀行のマイカーローンは他のローンに比べて金利が低いことから、確実にお金を返済してくれる借り手なのかという点を確認されます。具体的に言うと、年齢が20ー65歳であり、前年に税込で200万円以上の収入があり、収入が安定していることが求められます。これまでにローン等の返済を滞納した経験があると、マイカーローン審査にあたって不利な方向に働いてしまいます。審査においては自分がしっかりお金を返せる人間だとアピールすることが大切です。

個人からネットオークション経由でバイク購入するときはカードローン

バイク購入のルートには様々なものがありますが、ネットオークション経由でバイクを購入するというのも有効な手段です。ネットオークション活用すれば市場価格よりもかなり手頃にバイクを一蹴できる可能性が高いです。ただし、その場合にはマイカーローンではなく、カードローンを利用してバイク購入資金を調達する必要があります。それはなぜなのでしょうか?そして、金利の高いカードローンをお得に利用する方法はあるのでしょうか?

マイカーローンはネットオークションでの個人間売買に使えない

金利が低い点が魅力的なマイカーローンですが、ネットオークションでの個人間の売買には使えないというマイナスポイントがあります。だからといってオークションでの購入を諦める必要はありません。少々利息が高くなっても、オークションでは定価よりも非常に安くバイクを購入することが可能なため、割安になるケースがあります。バイク購入にオークションを利用し、バイク購入資金はマイカーローン以外の手段で捻出することを検討しても良いでしょう。

高金利でもお得なのは無利息期間ありのカードローン

基本的にカードローンは利息が高い傾向にあります。では、カードローンをお得に利用するどうできるのでしょうか。カードローンでバイクを購入するなら無利息期間があるカードローンを利用することがおすすめです。はじめての利用なら30日無利息でお金を借りられるというお得なキャンペーンは複数の銀行、消費者金融で行われています。そういったキャンペーンをうまく利用して、なるべく支払う利息を少ない金額に抑えたいですね。

圧倒的に銀行マイカーローンがおすすめ

ここまで見てきたように、銀行のマイカーローンは低い金利でお金を借りることができます。金利が低ければ払う利息の金額は低くなり、軽い負担で自分のバイクを手に入れられます。せっかくなら、お金を利息として使うのではなく、バイク用品の購入に当てたいですね。オークションでバイクを手に入れる場合には利用できませんが、それ以外の手段でバイクを購入する場合には、お金を調達する手段として銀行のマイカーローンを検討してみてはいかがでしょうか。

収入があれば学生もバイクローンを使える

バイクの購入を考える人の中には、学生も多いですよね。

車は購入費用も高額ですし、駐車場代やガソリン代、税などさまざまな維持費も高額ですが、バイクなら比較的手頃に維持することが可能で移動手段としても十分に機能します。

しかし、学生の方でキャッシュを用意できるだけの余裕を持っているという人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

そんな時に選択肢に挙がるのがバイクローンですよね。

実はしっかりとした収入があれば、例え学生であってもローンは組めるのです。

シミュレーションして確かめてみる

学生の収入源と言えばアルバイトですよね。

果たして学生のアルバイト代だけで、月々の支払いが出来るものなのでしょうか?

実際に計算して確認してみましょう。

本体と諸費用を併せて、70万円を借りることにします。金利はさまざまな借り方の中でも高めの金利の18%で計算してみましょう。

返済期間は、実際に最低でも乗り続けるであろう期間とすると5年くらいでしょうか。

70万円・18%・5年(60回)で計算してみると、1~59回までの月々の支払い額は、17,775円。最後の60回目だけ17,763円となります。

これなら学生のアルバイトの方でも問題なく支払える額と言えますよね。

返済能力が審査で最も重要

バイクをローンで購入したい時、やはり心配になるのはローンの審査ですよね。

金融機関もボランティアでは無いのですから、当然返してくれない人にお金を貸したくはありません。

審査に通るためには、金融機関から返済能力があると認めてもらわなくてはなりません。

ここはきちんと返済能力が有ることを金融機関に見せたいところですが、そもそも返済能力の有無はどのように判断されているのでしょう?

早速、具体的な例を挙げて見てみましょう。

高収入である必要はない

収入が高いのはもちろん有利とも言えますが、何より重要なのは安定した収入が有るかどうかです。

直近の数ヵ月が高収入だとしても、勤め始めたばかりなどという場合、金融機関からしてみると、この収入が一時的なものなのか、ずっと継続してあるものなのか判断が難しいですよね。

その点、多少収入は低くても勤務年数が長ければ収入が途絶える危険性は低く、返済が滞る可能性も低くなります。

金融機関としては、返済が滞ることが最も問題ですので、安定性が最重要視されるというわけです。

他にも安定性が判断しやすい勤務先の情報や雇用形態、勤務形態なども重視されます。

過去の信用情報もチェックされる

各金融機関は審査の際、信用情報を利用します。

信用情報は、信用情報機関に登録されるクレジットやローンの利用履歴で、あらゆる金融機関からオンタイムでデータが集まっています。

もし、複数のローンを同時に申し込んだとしても、各金融機関はこのデータを確認することで、全ての情報が加味された審査を行うことができるのです。

またこの情報で、返済履歴や支払い状況なども分かる為、過去に他社ででも返済が遅れたなどという事があればしっかりチェックされています。

審査対策としての:クレヒス修行

クレヒスとは、「クレジットヒストリー」つまり、信用情報のことをさします。

信用情報に返済の遅延のような好ましくない情報が登録されてしまった場合、すぐに回復するというのは困難です。

もしそのような、評価が低くローンが通りにくい状態で、申し込みを行い審査に通らなければその審査に通らなかったという履歴までが不利な情報として残ることになります。

いわゆるクレヒス修行を行うことは、中長期的な視点からみても有効な手段と言えます。

良好な利用実績を作ろう

たとえば、積極的にカードローンやクレジットカードを使用し、きちんと返済することで、利用の実績を作るというのも、立派なクレヒス修行の手段です。

全く利用履歴がなければ、金融機関からしてみても、相手がきちんと支払いをする人か、支払いをしてくれる意思のない人かどうかも判断するための材料はありません。

もし、高額では無かったとしても、計画的に利用されている履歴があれば、しっかりした返済する意思のある人だとアピールすることができますよね。

おすすめは返済方法が多いカード

クレヒス修行と考えるのであれば、コンビニ内に設置されている提携ATMを利用できるカードローンがおすすめです。

出金はもちろんのこと、入金して返済を行うのもコンビニなら24時間対応可能ですので、そんなことは無いようにはしていただきたいのですが、明日が返済日なのに入金を忘れてた!なんて場合にもコンビニならクレヒスに傷を付けずにすみますよね。

修行中は、とにかく情報に傷を付けないということが重要です。

そのためにも、利便性が良いコンビニATMを使用することができるカードローンはおすすめなのです。

ただし延滞には注意

良好な履歴を作らなければ、クレヒス修行にはなりません。

もし、ここで延滞などの不利な情報が登録されてしまえば、わざわざマイナスの実績を作ってしまうこととなり、そうなればバイクを手に入れる夢は遠のいてしまうのです。

初めてカードなどを使い始めた時は、その便利さからついつい遣いすぎてしまう人が多くみられます。

あくまでも「良好な」利用の実績が必要ですので、ここは確実に返済期限を守り、余裕のある運用を心がけましょう。

まとめ

バイクを購入するときに、ローンがオススメな理由はお分かりいただけたことでしょう。

何年も貯金に時間を費やすよりも、愛するバイクと過ごす時間を長く確保するというのはとても大切なことです。

もし、すぐにローンを組むことが難しいという場合も、カードローンなどでクレヒス修行を行うことで、夢の愛車との距離は確実に近づきます。

少しでも愛車との楽しい時間を確保出来るよう、後悔のない買い方で出来るだけ長いバイクライフを楽しんで下さいね。