最終更新日:2019年09月23日

【お金ください】金欠で即金したい人の対処法。ネットに書き込んだらどうなる?

ネット掲示板などで融資関連のスレッドを眺めていると「お金ください」といった書き込みを見ることがあります。
本当に金欠で今すぐにお金が必要な方はついつい書き込んでしまうものかもしれません。

しかし、実際にネットにそういった書き込みをしたらどうなるのでしょうか?
この記事では、そういった「お金ください」系の書き込みをしたらどうなるのかを徹底調査しました。

ネット掲示板は危険!まずは大手金融機関でお金を借りられるか確認する

ネット掲示板やSNSなどで融資を募るのは絶対にやってはいけません。
個人情報を公開したら瞬く間に拡散し今後の人生に影響する恐れがあるほか、もし運よく借りられたとしても暴力団などの反社会的勢力である可能性が高いです。

それなので、可能であれば大手のカードローン会社から借りるのが一番でしょう。
中には自分がブラック属性だと思っている人もいますが、審査を受けてみると「実は自分はブラックではなかった」「以前はブラックだったが今はブラック解除されていた」といったこともよく起こります。

大手の中でも今すぐお金が必要な方におすすめなのがプロミスです。
プロミスの借入診断は3秒で完了するので、自分が借入可能かどうか確認してみましょう。

プロミスの特徴

簡易審査は3秒で完了
即日融資も可能
初めての方は30日間利息0円

「お金ください…」という状態になってしまう原因

金欠に陥る原因は様々です。例えば、収入以上の買い物を続けていればお金がもつはずもありませんし、予定以上に飲み会等が続いてもお金は足りなくなりますよね。中には、財布を落としてしまったという人もいるかもしれません。

金欠に陥る人の中には、無計画なショッピングをやめられないという人もいるでしょうが、ショッピングは計画的にできる人でも冠婚葬祭や会社でのお付き合いが続いてしまったなどという場合は誰でも金欠に陥ってしまう危険性がありますよね。

Q.金欠のとき陥りやすいトラブルとは

金欠に陥ると、トラブルにも陥りやすくなります。

例えば、月々の返済が厳しいからとクレジットカードやカードローンの返済を先延ばしにして、他を優先し返済が滞ってしまえば一括請求されてしまうこともあるのです。

人はついつい問題から逃げがちです。でも「どうせ払えないから。」「カード会社に相談するのが怖いから。」などと放置しているとさらなるトラブルを招いてしまうことになります。もし、払えないのであれば、きちんとカード会社に相談するなどの対処が必要です。

周囲に頼れる人がいないとき、ネット上で助けを求めてしまう

金欠で生活に困った時にあなたは誰を頼りますか?親や友人を頼れますか?

中には、親や友人にはお金に困っていることを知られたくない。と考える人もいるのではないでしょうか。

親や友人などリアルな知り合いを頼れないとなると、その悩みはインターネットに流れることとなります。

例えば、「お金を下さい」などと検索したりということになるのです。

確かにインターネットは身近で、匿名ならアクセスしやすいかもしれません。でも、利用するには危険がつきものだということも忘れてはいけません。

誰かが無償で金銭支援してくれる?

無償でお金を借りたいときは、ネットを利用する方法があります。無償でお金を集めるなら募金という方法もありますが、「お金に困っている」という理由では、かなり無理があります。しかし、ネットの掲示板を利用する方法なら、理由はあまり気にしなくてもよいのです。

ネットの個人間融資掲示板は、個人同士でお金の貸し借りができる場であり、気軽に利用できるようになっています。借りたい人用と貸したい人用があるので、自分に合った方を使うことになります。

お金ください掲示板

借りたい人用の掲示板には、かなり多くの書き込みがあり、たくさんの人が利用していることがわかります。お金に困って書き込んでいる人は、以外と多いということです。

借りる方法はとても簡単です。まず、「どれくらい欲しいか」「どれくらい困っているか」といった情報を書き込みます。あとは、貸したい人の目にとまればOKです。貸したい人は、書き込みを見て気になった人にメールを送るシステムになっているので、それを待ちましょう。

お金あげます掲示板

貸したい人用の掲示板には、「どれくらい貸せるか」といった情報が書き込まれています。その内容をよく見て、必要な金額を貸してくれそうな人に相談することになります。

借りたい人用に比べると書き込みの量は少ないように見えますが、内容はかなり魅力的です。「誰かの力になりたい」「自分もお金を借りた経験がある」といった気持ちのこもった書き込みが多いのです。量だけ見ると不安になることもありますが、そうした書き込みに注目すると、かなり相談しやすくなります。

ツイッターの「#お金ください」

この方法は、「困っている」「助けてほしい」という自分の状況を、より多くの人に知ってもらうことができます。「お金貸して」「お金欲しい」といったハッシュタグをつけてツイートすれば、あとは自動的に広がることになります。

これは、フォロワーの人がリツイートしてくれるからです。見た人が必ず貸してくれるわけではありませんが、リツイートされることで、他の人にも見てもらいやすくなり。そうしてどんどん広がり、誰か余裕のある人の目にとまれば、貸してもらえる確率が高まるのです。

個人間融資サイトで本当にお金貸してくれる?

個人間融資掲示板を利用するときは、「本当にうまくいくだろうか」という疑問を感じることが多いものです。

結論から述べると、その方法でお金を集めることは可能です。ただし、自分の望む形にはならないこともあるので、利用するときは気をつけてください。

貸したい人用の掲示板で熱のこもった書き込みを見つけたとしても、本当にそう考えているかはわかりません。「軽い気持ちで相談したら騙された」というケースも少なくないので、十分注意しましょう。

危険な行動①個人情報を晒す

インターネットでお金を集めるときは、個人情報を公開しないように、くれぐれも注意してください。

投稿やツイートをすると、返ってくる反応の中には、個人情報を要求するものがあったりします。氏名や住所、電話番号などを教えるよう迫ってくるのです。そうした要求があったときは、簡単に受け入れたりせず、すべて無視しましょう。下手をすると犯罪に巻き込まれる可能性があります。

お金が欲しいときは焦ってしまうことも多いため、判断力が低下しがちです。なるべく冷静に考えるようにして、危険を回避しましょう。

危険な行動②口座番号と口座名義を晒す

お金を借りたい人の中には、口座番号や口座名義をまるまる公開して、「ここに振り込んでください」と頼んでいる人もいます。これは、かなり大胆な方法です。そうした大事な情報を悪用されるリスクもあるため、生半可な気持ちではできません。

また、お金を貸したい人の中にも、そうした不自然な書き込みを信じて、普通に振り込んでしまう人がいます。

口座番号や口座名義を公開するやり方は、本当に有効は方法なのか、少し踏み込んで考えてみましょう。

振り込んで欲しい、と口座番号を載せる

この方法は、とてもリスクが大きいように思えますが、そこまで警戒しないで実行してしまう人も多くいます。その理由は、暗証番号です。口座番号や口座名義を手に入れたとしても、暗証番号がなければ、どうすることもできません。そのため、自ら大事な情報を公開することに躊躇がなくなるわけです。

しかし、あまり油断しすぎるのはよくありません。最近は「押し貸し」という詐欺もあるため、暗証番号を晒さなかったとしても、危険はゼロではないのです。口座番号などは、やはり公開しないようにしましょう。

押し貸しというトラブル

押し貸しというのは、勝手にお金を振り込む詐欺のことです。不用意に公開された口座番号を見つけて、頼まれてもいないのにお金を入れてしまいます。そのあとで、「貸してやったんだから利子つきで返せ」と理不尽な脅しをかけるわけです。

頼んでいないのであれば、利息についての話し合いもなかったことになるので、当然払う必要はありません。しかし、通帳の記録を証拠として何度も脅しをかけられると、言いなりになってしまうこともあります。そうした危険を回避するためにも、口座番号を公開するやり方は避けてください。

押し貸しされたらすぐに警察に連絡

押し貸しの被害を防ぐなら、これはとても大切なことです。「警察は面倒だ」という考えがあると、押し貸しの可能性があっても、あえて連絡せずに済ませようとすることがありますが、それはやめてください。

確かに、経緯などを説明するのは、多少面倒なものです。しかし、きちんと警察に対応してもらえば、その後の詐欺被害を防ぐことにもつながるため、かなりメリットはあります。少しの面倒で危険を回避できるので、積極的に連絡していきましょう。

名前と支店名から個人が特定される

個人が特定されてしまう原因には、支店番号があります。口座番号を公開するなら、支店番号も一緒に公開しなければなりません。支店番号がわかれば、ホームページで支店を知ることができるため、個人の特定がしやすくなってしまうというわけです。

それを避けるためにも、口座番号の公開は控えてください。特に、自分の名字に珍しさを感じている人は要注意です。情報が少なくても、苗字を手掛かりに特定されてしまう恐れがあるので、リスクがある方法は選ばないようにしましょう。

危険な行動③クレジットカード番号を晒す

クレジットカードの番号が流出してしまうことも、かなり危ないケースです。ここまで紹介してきたように、押し貸しや口座番号に注意していれば、それほど大きな失敗は起こらないものです。しかし、クレジットカードの番号がもし漏れた場合は、危険を回避できなくなってしまいます。その番号を手にした人は、勝手にお金を使うことができるのです。

そのような事態を確実に防ぐためにも、クレジットカードの番号は不用意に晒さないようにしてください。

転売目的でクレジットカードを利用される

クレジットカードを利用するときに必要となるものは、以下の3点です。

・クレジットカード番号
・有効期限
・セキュリティコード

しかし、すべてのネットショップがその基本を押さえているとは限りません。中には、番号と有効期限だけわかっていれば、それだけで買い物ができるところもあります。転売で儲けようとする人の中には、そうしたショップに目をつけ、他人のクレジットカードで買い物をする人がいます。

勝手に使われないためには、絶対に番号を公開しないことが大切です

教えてしまったらカードは利用停止すべき

うっかり番号を教えてしまったときは、あとになって事の重大さに気づき、ひどく慌ててしまうことがあります。しかし、焦っても問題は解決しません。そんなときこそ、落ち着いて正しい行動をとるようにしましょう。

最も重要なのは、カード会社に連絡をとり、クレジットカードの利用停止を伝えることです。利用停止にしてしまえば、誰かに番号を知られても、被害を防ぐことができるのです。すでに悪用されたあとだったとしても、カードには盗難保険があるので、使われた分は補填されます。

危険な行動④その他の注意点

個人情報や口座番号、クレジットカード番号などを晒さないように注意していれば、大きな被害が出ることはありません。しかし、思わぬところに落とし穴があったりするので、油断してはいけません。その3つ以外にも、注意すべき点はあります。確実にトラブルを回避するなら、それらもしっかり頭に入れておくようにしましょう。

リスクのある方法をすべてチェックして、手を出さないように気をつけていれば、後悔するような失敗は起こりません。

「お金貰ってください」とメールが来たら

怪しいメールを受信したときは、くれぐれも鵜呑みにしないように注意してください。「口座番号を教えてくれたらお金を振り込む」といったメールは、まったく信用できません。いかにもお得な感じを出すために、「損はさせません」「本当に振り込みます」などと添えられていることもありますが、すべて無視しましょう。

そうしたメールは個人情報を聞き出すことが目的なので、番号を教えても、約束が守られることはありません。損をしたくないなら、絶対に返信しないでください。

「無償でお金くれる人」は無視すべき

「タダでお金をあげます」といった怪しいメールがあったときも、必ず無視することをおすすめします。かなり魅力的に感じたりもしますが、そんなうまい話はありません。本当にお金を得られる場合もありますが、無償でもらえることはまずないので、決して信用しないでください。安易に手を出すと、高額な見返りを要求され、あとで後悔することになります。

あまりにも不自然なメールには必ず裏があるものなので、お金に困っていたとしても、手は出さないでおきましょう。

ネットを利用してお金を借りると犯罪に巻き込まれるリスクが大きい

ネットでお金を借りる方法には、さまざまなリスクがあるものです。一見すると簡単な方法のようですが、軽い気持ちで実行してはいけません。下手をすると、犯罪に巻き込まれることもあります。実際に大変なことが起きてから「やっぱりやめておけばよかった」と後悔しても遅いので、常に注意して避けるようにすべきです。

そのためには、どのような被害があるのか、ある程度知っておくことも必要になります。何も知らないより、知識があった方が避けやすくなるので、少し詳しく説明していきましょう。

闇金の被害が最も多いトラブル

闇金は、ネットでお金を借りるときのよくあるトラブルのひとつなので、十分注意しなければなりません。個人間融資掲示板を利用するなら、そのリスクを常に考えておきましょう。一度かかわってしまえば、その関係を完全に断ち切るために、大変な苦労をすることになります。それを避けるには、絶対に手を出さないようにしてください。

「闇金は利用しない」と固く誓っている人でも、口座番号を安易に晒したりすると、押し貸しという形でかかわることになったりするので、先述したNG行動も確実に避けておきましょう。

知らないうちに犯罪者になってしまう可能性

個人間融資掲示板を利用していると、「銀行口座を買い取る」といった書き込みを見かけることがあります。その話に乗ってしまうと、犯罪の片棒を担ぐことになってしまうので、興味本位で手を出しだりしないでください。

オレオレ詐欺などを行う輩は、ネットで目を光らせ、都合のよい口座を探しているものです。そのため、警察では口座売買を犯罪として扱います。逮捕されて詐欺罪が適用されれば、もう立派な犯罪者というわけです。

それを避けるためにも、おかしな書き込みは無視してください。

身の危険を感じることも

犯罪者にかかわると、「金がないなら体で払ってもらおうか」というドラマのような脅しをかけられることもあります。そのため、女性は常に注意しておくべきです。そうした悪質な犯罪者は、親切な人を装って近づいてきます。そして、お金を貸したあとで態度を変え、相手を脅しにかかるのです。

仕方なく要求をのんだとしても、それがまた脅しの材料になってしまうため、問題は解決しません。そうした危険から身を守るためにも、怪しい話には近寄らないようにしてください。

「誰かお金を下さい」は詐欺罪になる可能性も

自分ではお金をもらうつもりでも、相手はあくまで貸すつもりだった場合、そこには認識のズレが生まれてしまいます。お金を手にしたことで自分は安心できても、相手の方では、「借りたものを返さないとはどういうことだ」「詐欺じゃないのか」といった憤りを感じています。場合によっては、訴えられてしまうこともあるのです。

したがって、「お金を下さい」という頼み方には注意すべきです。しっかり話し合いを行い、簡単な借用書を作成しておくことをおすすめします。

ネット上の知り合いにお金を貸すリスク

お金の貸し借りをするなら、見ず知らずの人に頼むより、まずは知り合いに相談するものです。ただし、ネットでつながった友人には注意してください。顔も本名も知らないような間柄だと、お金のやりとりをするのは危険です。

今はインターネットがあるため、簡単に誰かとつながりをもてますが、お金を貸すなら、本当に信頼できる人にすべきです。

では、ネット上の知り合いに貸すとどんなリスクがあるのか、簡単に紹介していきましょう。

お金を貸した相手の住所を知らない

ネットだけで知り合った友人だと、住所を知らないことが多いものです。ネット上の付き合いなら知る必要のないものですが、お金のやりとりをするなら、住所はとても重要です。

例えば、貸した相手と連絡がとれなくなっても、住所を知らなければ、どうすることもできません。直接取り立てることができないため、そのまま逃げられてしまいます。

ネット上の知り合いにお金を貸すなら、そうしたリスクもあることを忘れず、慎重に行動してください。

返金振込口座を悪用される危険も

ネット上の知り合いにお金を貸すときは、「返金のための口座番号を教えて」と頼まれることもあります。借りたお金を返すには、振り込むための口座情報が必要になるというわけです。

しかし、相手が犯罪者だった場合は、教えた口座を悪用されることも考えられます。本当に信頼できる人で、「悪いことは絶対にしない」という確信があるなら心配はありませんが、ネット上の顔も知らない相手をそこまで信用してしまうのは、少し軽率です。お金を貸すなら、よく知っている人にしておきましょう。

口座の悪用を防ぐならATM振込

ネット上の知り合いにどうしてもお金を貸したいなら、うかつに口座番号を教えず、ATM振込にしておきましょう。ATM振込なら口座番号は必要ないので、微妙に信用できない相手でも、被害を防ぐことができます。

とはいえ、お金を貸すのであれば、極力信用できる人を選ぶべきです。ネットだけでなく、普通に会って話ができる友人なら、直接渡してもらうのが一番安全な方法になります。大事な情報を軽々しく渡さないように、注意して行動しましょう。

知り合いにお金を貸してもらう場合のNG方法

ネット上のよくわからない知り合いではなく、普段から合っているリアルな友人であれば、失敗は少なくなるものです。リアルで付き合いがあるなら、顔や本名はもちろん、住所や電話番号など、さまざまな情報をお互いに知っていることが多いものです。それならリスクはないように思えますが、だからといって気を抜いてやり取りするのは、あまりおすすめできません。

リアルな知り合いであっても、お金の貸し借りをするときは、注意すべき点があるのです。

ラインでお金を貸してほしいと頼む

ラインでのやり取りは、とても手軽で便利なものです。しかし、その手軽さが問題になる場合もあります。お金の貸し借りをするための手段としては、あまりにも軽すぎるのです。

お金の貸し借りというのは、少し間違えるとトラブルに発展することもあるため、できるだけきちんとした方法でやり取りすべきです。リアルな知り合いなら、相手も同じくらいの経済状況であることは珍しくないため、軽い調子で借りるのはよくありません。お金を借りたいなら、しっかり会って話をしましょう。

被害にあったら相談すべき

お金に困って切羽詰まっているときは、冷静な判断ができないこともあります。そうなると、NGなことをきちんと把握していても、失敗を避けられないことがあるのです。

もしそうなったときは、1人で抱え込まないようにしてください。闇金などは正真正銘の犯罪者であり、腕前もプロ級です。そんな輩を相手に1人で戦うのは無謀です。

お金のトラブルが起こったときは、迷わず警察や弁護士を頼りましょう。こちらもプロを味方につければ、犯罪者にいいようにされることはありません。

「お金ください」と書き込む前に相談

金欠でも親や友人などには相談しにくいかもしれません。

でも、インターネットで見ず知らずの人に頼っても良いことはありません。

もし、あなたが反対の立場でインターネットで赤の他人に頼られたとしてお金を貸したりするでしょうか?

そんなことありえませんよね。

やはりここは勇気を出して、身近な人や専門家に相談するべきです。

ただ悩みを抱え込んでいても問題の解決には繋がりません。

悪質な違法業者に引っ掛かる前に信頼できる人や専門の人の力を借りるのが問題解決への近道なのです。

解決策1|身近な人へ正直に助けを求める

本当に困ったとき、どうしようもない時にはまず、両親や友人など信頼できる人に相談するのが一番です。

なぜそんな状況に陥ったのか、お金が必要な理由や金額などを聞かれる事もあるでしょう。

ですが、真摯に対応すれば金銭的な援助を受けられる可能性もあります。

もちろん、この場合「お金を下さい」ではなく「お金を貸してください」です。

きちんと返すことを前提に相談しましょう。

誰から借りたとしてもお金はしっかり返すものです。

真剣に相談に応えお金を貸してくれるような信頼できる人です。その人を裏切り、関係が悪化して良いことなんて何も無いですよね。

解決策2|国民生活センターへの相談

国民生活(消費生活)センターという機関をご存知ですか?

消費生活についてのさまざまな相談ができる独立行政法人です。

もし身近に信頼できる人がいないという場合は、現状に至るまでの経緯をこちらに相談してみるというのも良いでしょう。

日常生活におけるさまざまな問題についてのアドバイスを受けることができるのです。

抵抗があるかもしれませんが、的確なアドバイスを受けるためにもクレジットカードの利用状況など自分の状況は正確に伝えましょう。

公式サイトなどもありますので、まずは確認してみるのも良いですね。

解決策3|専門家の意見も聞いてみる

金欠の原因が借金などの場合、やはり親や友人などにも相談はしにくいかも知れませんね。

このような場合は、専門家の意見を取り入れるのも有効な手段の一つです。

弁護士や司法書士などへの相談は費用がかかると思っている方も多いかもしれませんが、このような専門家へも無料で相談できる場合があります。

どうしても借金を返済することができない場合、無理にお金を作ろうとするのはあまり得策とは言えません。

このような場合は、法的な解決方法も視野に考える必要があります。

とにかくまずは、法テラスなどの専門機関に相談してみましょう。

一時的な金欠への対処法

もし、臨時出費などで一時的に金欠に陥っているという場合は「お金をください」なんて言うにはまだ早いと言わざるをえません。

まずは、自分でこの苦境を乗り切る努力をしてみましょう。

お金を工面する方法は意外と色々あるんですよ。

そして適切な対処を行えば、今からでも自分自身の力でこの問題を乗り越えることは可能かもしれません。

他人に頼る前に、どのような方法があるかをまずは検討してみることから始めてみましょう。金銭面で頼るのではなく、その方法を模索するために頼るのであれば、友人などにも相談しやすいですよね。

対処法1|物を売ってお金に換える

誰でも実行しやすいのは、自分の所有物を売って換金するという方法ではないでしょうか。

身の回りを見渡してみれば着なくなった洋服や付けてないアクセサリー、使っていない家具やもう読まない本など何かあるのではないでしょうか。

ノーブランドのものなどは高額買い取りは難しいかもしれませんが、このような不要なものをリサイクルショップやオークションサイトなどで現金化すれば少しでも足しにはなるはずです。

家が片付きお金が手に入る。とても良い手段ですよね。

維持費がかかる物の売却が効果的

金欠の度合いにもよりますが、比較的多くのお金が必要な場合は、高額なものを手放す勇気も必要かもしれません。

例えば、バイクや車などです。

これらは、維持費もかかりますので思いきって手放すのは金欠を脱するにはかなり有効な手段となります。

維持費が不要となれば、月々の出費も抑えられますので、毎月の生活に余裕が生まれる可能性もあるのです。

ただし、通勤手段が失われるなど売却することにより支障がでる可能性もあります。

売却する場合はきちんとメリットとデメリットを考えてから実行するようにしましょう。

対処法2|副業を始めて収入を増やす

そもそもの収入を上げるという方法もあります。

現在は政府主導の働き方改革などにより副業が認められている企業が増加しています。

ただ実際に、多忙な本業がある中、副業のためにさらに通勤時間を増やし働くというのはあまり現実的とは言えないかもしれません。

その場合でも、内職などを行うという手もあります。

自分の生活スタイルに合った方法を見つけることができれば、自分のペースで無理なく収入を上げることも可能なのです。

クラウドソーシングを始める

内職というと、コツコツ自宅で何か小物を作るなど作業をするというイメージがあるかもしれませんが、クラウドソーシングという方法もあります。

クラウドソーシングとは、パソコンなどを使い自宅でさまざまな仕事を受注するものです。

もちろん専門的な知識が必要なものもありますが、意外と簡単にできるものもあります。

例えば、ライティングというジャンルであれば文章を打つだけのお仕事もありますので、初めての方でも気軽にチャレンジできるのではないでしょうか。

ただ、専門性の低い仕事は単価が低く思ったほど稼げないということもあるかもしれません。自分の得意なジャンルのお仕事を見つけることも大切です。

正規の融資を検討してみる

稼ぐ方法も売る方法もだめなら、いよいよ借りる方法を検討することになります。

しかし、ネットの掲示板を使う方法は、できれば避けたいものです。すでに説明したように、場合によっては大きな代償を払うことになったりするので、軽い気持ちで手を出すことはできません。大きな失敗を避けるためには、正規の手段を頼りましょう。金融機関や公的団体を頼り、正規の融資を受ける方法なら、余計なリスクを背負うことはありません。安全な方法でお金を借り、しっかり問題を解決していきましょう。

数ヶ月に大きな負担を分ける

金融機関からお金を借りたとしましょう。

もちろん金融機関からお金を借りれば金利に基づく利息を払う必要があります。

ただ、利息は一度に払わなければいけないものではなく毎月の返済額と併せて少しずつ支払っていくものです。

借り入れ金額や借り入れ期間などにもよりますが、月々の金銭的負担がそれほど大きくなることは無いでしょう。

前もって大きな出費が分かっている場合などは、その出費を分散して負担することができるのでかなり有効な選択肢となるでしょう。

条件に該当するときは公的融資を利用する

正規の手段でお金を借りるには、生活福祉資金貸付制度や、母子父子寡婦福祉資金貸付制度を利用する方法があります。

長い名前で少し気が引けてしまいますが、これらはとても助かる制度です。条件に当てはまっていれば、安全に必要なお金を得ることができます。それぞれの制度にどんな条件が必要なのか、事前にしっかりチェックしておいてください。高齢者家庭やひとり親家庭、低所得者家庭など、自分たちの状況に当てはまるものがあれば、すんなりお金を借りられます。

金融機関のカードローンは時間をかけずに利用可能

公的融資は便利な方法ですが、時間の面では、少し不満を感じてしまうこともあります。申請してから融資を受けるまでに、1~2ヶ月くらいかかることが多いのです。そうなると、「できるだけ早くお金が欲しい」「もう時間がない」という事情を抱えているときは、困ってしまいます。

そんなときにおすすめなのが、カドーローンです。消費者金融や銀行でカードローンを利用する方法なら、それほど長い時間はかかりません。ただし、公的融資より金利の負担が大きくなるため、返済は早めにしておきましょう。

どのような目的でも利用できる

カードローンの特徴として特筆すべきは、お金を使う用途が制限されないという点です。

事業用資金としての利用はできませんが、それ以外なら特に制限はありません。

金欠の原因は特定できていることもあれば、毎月これといって大きな理由も見当たらないにも関わらず生活費全般で金欠となっていることもあります。

どのような理由でも使用できるカードローンは、特定の目的が無い借り入れにも対応してくれるため、自由度の高いローンと言えます。

早ければ当日中に借りられる

カードローンには、審査が早いという特徴もあります。

実際、最短30分で審査が終わる業者も多くあります。

30分で審査が終われば、当日中にお金の問題が解決できる可能性もありますよね。

スマホで申し込み、身分証明書などもスマホで送信。審査結果は電話やメールで、カードは無人契約機などで受け取り、ATMでお金を借りる。

スマホと身分証明書類さえあれば借り入れができるのです。

これなら簡単に申し込めるので、お金に困っている人はもちろん、今は困っていなくても困る前のお守りとして利用を検討してみるのも良いですね。

保険会社の契約者貸付制度を利用する

少し意外な方法なので見落としがちですが、保険会社でもお金を借りることはできます。

ここで注目しておきたいのが、「契約者貸付制度」というものです。解約返戻金がある保険なら、それを原資としてお金を借りられるようになっています。この方法なら低金利なので、カードローンの金利にデメリットを感じる人でも、安心して利用できます。

ただし、返済が滞れば保険が解約になることもあるので、油断してはいけません。金利の負担が少なくても、返済はきちんと行いましょう。

会社からの給料前借り

お金を借りるためには、自分が勤めている会社を頼る方法もおすすめです。いつもの給料を前借りすれば、とりあえず問題を解決できることがあります。

特に、病気や怪我などでお金が必要な人にはおすすめです。そうした理由がある場合、労働した分の前借りを会社が認めることは、法律で決まっているからです。旅行のお金や交通費だと会社次第ですが、深刻な理由がある場合は、ぜひ検討してみてください。

ただし、すでに働いた分しかもらうことができないので、金額はきちんと確認しておきましょう。

社会福祉協議会で緊急小口資金を借りる

緊急で生活のためのお金を用意する必要があるときは、この緊急小口資金が役立ちます。緊急小口資金は、社会福祉協議会が扱う生活福祉基金に含まれるものであり、速やかにお金を借りることができるのです。誰にでも貸してくれるわけではありませんが、条件さえ満たしていれば、すぐにお金を手にすることができます。生活が苦しいときは、利用できるかチェックしてみてください。

もし条件に当てはまるなら、役所にある社会福祉協議会の窓口へ相談しに行きましょう。

ブラックでもお金を貸してくれる会社とは

正規の手段で借りたくても、ブラックの人は悩んでしまうものです。「ブラックには貸してくれないだろう」と考えてしまうと、闇金の方へ気持ちが傾くこともありますが、それは絶対にやめてください。犯罪者にかかわれば、大変なことになってしまいます。

もしブラックであることに悩んでいるなら、諦めずに中小消費者金融を頼ってみましょう。大手だと無理がありますが、中小であれば、ブラックでも貸してくれるところがあります。返済能力があればすんなり審査を通るので、ぜひ試してみてください。

実在した闇金「極甘審査ファイナンス」とは?

極甘審査ファイナンスというのは、ブラックの人を狙った悪質な闇金業者です。すでに説明したように、ブラックの人は大手消費者金融の審査を通過できないため、かなり悩んでしまうものです。そんなときに「極甘審査」という文字を見かければ、どうしても気になってしまいます。切羽詰まっていたりすると、「ここなら借りられる」という気持ちが先走り、闇金とわかっていても、つい利用してしまうことがあるのです。

しかし、甘い言葉に釣られてはいけません。魅力的なアピールがあっても、闇金は闇金です。利用すれば大変なことになるので、絶対に手を出さないでください。

闇金と正規の消費者金融とを見分ける方法

安全なところでお金を借りるためには、貸金業登録番号を必ず確認してください。その番号の有無をチェックすることが、闇金と正規の消費者金融を見分けるための一番確実な方法になります。

気になる会社があったら、ホームページを隅々まで見て、その番号の存在を確認してください。きちんと記載があるようなら、金融庁に届出を行っていることになるため、間違いなく安全です。

さらに万全を期すなら、金融庁のホームページもチェックして、その番号が実在するか確認してみましょう。それなら、うっかり闇金を利用することはなくなります。

困ったときの相談先

お金に困ったときは、誰にも相談する気が起きず、1人で抱え込んでしまうことがあります。しかし、なんでも自分の中に押し込めてしまうのは危険です。ストレスがどんどん蓄積されていけば、心の病気になってしまう可能性が高いのです。

それを避けるためには、役所の窓口へ行きましょう。役所の窓口では、公的資金を利用するための申し込みができるので、困ったときは気軽に相談してみてください。1人で考え込むより、思い切って誰かに頼った方が、すんなり解決できることもあります。

ブラックで大手消費者金融から借りられない時は?

闇金を利用しないためには、ブラックでも消費者金融が利用できる方法をしっかり押さえておいてください。闇金のような犯罪者集団にかかわってしまう失敗は、審査を通過できずに困っているときにありがちなものです。お金がなくて困っていると、「仕方がない」「もうこれしかない」という気持ちが湧いてきてしまいます。

しかし、犯罪者に目をつけられれば、お金以外の問題が追加されることになります。危険な人間にかかわらないためには、ブラックでも審査が通る方法を試してみましょう。

審査が比較的甘い中小消費者金融

先述したように、大手の消費者金融はブラックの人に厳しいものです。なんとかお金を借りたくても、審査を通してくれません。そんなときは、少し審査の甘い中小消費者金融がおすすめです。中小なので、利便性や融資条件の面では大手に負けてしまいますが、闇金からの脅しに比べれば、いずれも些細なデメリットです。多少不便なところはあるとしても、金融庁に認められた正規の業者なので、安心して利用することができます。

中小ならブラックでも借りやすいので、諦める前にぜひ試してみてください。

即日融資をしてくれる安心のカードローンとは

消費者金融を利用するときに躊躇してしまう理由には、「金額が小さい」というものがあります。少額だけが必要なときは、消費者金融から借りる方法を避けてしまいがちです。「それよりはネットの掲示板を使おう」と考えてしまうこともありますが、すでに説明したように、ネットを利用するのはおすすめできない方法になります。

よく考えずにリスクの高い方法を選んだりせず、まずは消費者金融を頼ってみてください。少額であっても、お得に利用できる場合があります。

運転免許証だけで少額を即日融資してもらえる

消費者金融を利用すれば、50万円以下の金額なら、本人確認書類だけで簡単に借りることができます。

用意するものが多かったりすると、「少額を借りるだけなのに面倒だな」と感じてしまうものですが、実際には心配する必要はありません。運転免許証で本人確認ができるため、特別な書類を用意しなくても、すんなり借りることができるのです。手続き自体もそんなに時間はかからないので、忙しい人でも気にせず利用できます。ネットの掲示板を利用する前に、こうした便利な方法を頼ってみましょう。

契約後30日の無利息期間とは

お金を借りるなら、どうしても利息が気になってしまいますが、日数に注意していれば、無利息で利用することができます。大手消費者金融では、初回契約者に限り、契約後30日間は無利息になっています。つまり、30日以内にきっちり返済することができれば、利息は発生しないということです。

たくさん借りていた場合は、30日というタイムリミットが厳しく感じることもありますが、少額なら問題はありません。期間内に余裕をもって返済できるため、とてもお得なのです。

友人との金銭の貸し借り

お金の貸し借りはトラブルのもとになる行為なので、たとえ友人であっても、「貸して欲しい」と言われたときは注意が必要です。失敗すれば、長年の友情に亀裂が入ることも考えらえます。

それを避けるためには、軽い気持ちで貸さないようにしましょう。押さえるべきポイントをしっかり確認して、正しい貸し方をしてください。

そのポイントというのは、以下の3点になります。


・返済方法の確認
・利子の確認
・借用書の確認


では、それぞれ簡単に説明していきましょう。

相手の返済方法を確認しておく

返済方法をきちんと確認しないで貸すのは、NGな方法になります。相手が返済の計画を立てていなかったりすると、お金が戻ってこない可能性があります。そのような事態を防ぐためには、いつどうやって返すつもりなのか、忘れずに確認しておいてください。

お金を貸すときは、貸すことだけに集中してしまい、そのあとのことまで気が回らないこともあります。しかし、お金のやり取りをするなら、返済は無視できない重要なポイントです。しっかり確認して、トラブルを回避しましょう。

利子をつける

「友人なら利子は必要ないだろう」と考えることも多いですが、それは少し甘い考えです。友人同士であっても、利子はきちんと設定しておくようにしましょう。お金を借りに来るということは、金銭的に困っているということです。そんなときは、友人であっても、なかなか返してくれないことがあります。それを防ぐためには、やはり利子が必要になるのです。

まったく追いつめられない状態だと、いつまでも返してくれません。借りていることで不利益になる要素を付け加えておけば、すんなり返してくれるようになるのです。

借用書を用意しておく

借用書も、利子と同じく「やりすぎなのでは?」と感じてしまうものですが、トラブルを防ぐなら、しっかり用意しておくべきです。個人で用意するものに強い効力はありませんが、以下のようなメリットはあります。


・返済額や返済額の確認、証明ができる
・裁判材料になる
・相手の返済意思を強めることができる

裁判材料として有効になるのは、もしものトラブルが起きた場合のみですが、備えておくに越したことはありません。重要事項の確認や返済意思も大切な要素なので、借用書は忘れずに作成しておいてください。

言われた際の断り方は?

どうしても貸したくないときは、「お金は貸さない主義だから」などの断固とした理由を用意しておきましょう。取り付く島もないようなら、すんなり諦めてくれる場合があります。

また、金銭的な理由で貸せないことを伝える方法もおすすめです。きちんとした理由があるなら、「どうして貸してくれない」「こんなに困っているのに」という感情にブレーキがかかるため、逆恨みを防ぐことができます。

それでも逆恨みがひどいようなら、距離を置くことも検討してみてください。