最終更新日:2019年10月12日

SMBCモビットの審査時間は?審査結果が遅い原因も解説

口コミで見るSMBCモビット ―審査が甘い、早いはウソ!?

これからSMBCモビットに申し込むという場合は、審査が甘いのか厳しいのかなど気になる方も多いと言えます。

また、審査は早いと言われていますが、本当なのでしょうか?

そこで、審査が甘いのか、スピーディなのかといった点を、口コミなどの情報を基にしてご紹介してみたいと思います。

基本的に審査に通過したという方たちの口コミには、審査時間は3時間くらいで、すごく早いという訳ではないといったコメントなどがあります。
そうした声をご紹介しましょう。

SMBCモビット

SMBCモビットは、三井住友フィナンシャルグループの大手消費者金融会社です。

WEB完結申し込みなら、電話連絡が入ることもありませんし、スマホアプリを使うことで、カードレスで利用することが可能です。

実質年率は3.0~18.0%借り入れの限度額は、1万~800万円で、もちろん即日融資にも対応しています。

また公式サイトには、申し込み前でも簡単な審査結果を確認できる簡易審査も用意されており、たった10秒で簡易審査を行う事ができます。

審査に通った人の口コミ

SMBCモビットに申し込んで審査に通過したという方たちの口コミでは、審査時間は3時間で、すごくスピーディというわけではなかったというコメントなどがあります。

確かに、銀行のカードローンよりはずっと早く結果が分かり、日単位なら審査時間は早いと思うが、3時間近くかかったためすごく早いというわけではなかったといった意見です。

また、審査で必要書類が多いのが少し面倒だったけれども、審査時間には満足という人もいます。

審査時間は3時間。すごく早いわけではない

審査時間は3時間で、これは凄く早いというわけではないという意見もあります。

銀行カードローンよりずっとスピーディに審査結果が分かったけれど、もし1時間後に何とかしなければといった状況だと厳しいとは思ったということでした。

ウェブ完結申し込みを通した審査だったため少し不安感があったけれども、希望の金額を借りられたことや、職場に電話などがかからず、借り入れしていることを知られないで済んだのはありがたかったという声があります。

必要書類が多くて少し面倒。審査時間には満足

必要書類が多かったことが少し面倒だったという方は、審査時間には満足で、2時間くらいだったということでした。

会社へ電話連絡がなくて助かったけれども、必要書類が多いので面倒ではあったとのコメントなどもあります。

ウェブ完結で申し込んでコールセンターへ問い合わせした時、かなり丁寧に対応してもらえたという印象だったそうです。

これまで申し込んだことがなくても簡単に申し込みできますが、計画性を持って借りることが大切とのことです。

無人契約機に入ってから審査完了まで、約2時間

無人契約機で完了連絡まで約2時間かかったという人は、通常のカード申し込みで、細かな聞き取り後に、自宅への確認や会社への在籍確認があり、応対は非常に丁寧だったということで、満足とのことでした。

審査は無人契約機に入てから2時間くらいで、最初は不安だったけれども希望額の30万円を借り入れられたとのことです。

返済時など提携先の多さも便利で、これから借り入れを行いたいという方にもおすすめの借入先ということでした。

審査に落ちた人の口コミ

では、審査に通過しなかったという人の場合は、どのようなコメントなどが寄せられているのでしょうか。

そこで、審査に通過しなかったというケースの口コミについてご紹介します。

例えば、自動審査という10秒簡易審査で通過しなかったことがわかったという人や、他の消費者金融会社よりも審査が厳しいのではないかといったコメントなどが寄せられており、借り入れできなかったということについてさまざまな意見などがあるようです。

自動審査(10秒簡易審査)で落ちた

自動審査の10秒簡易審査で通過しなかった原因には、借り入れ件数などによって借り入れできないことがあるということです。

審査に通過しなかった理由として考えられるのが、他の会社から50万円くらい借り入れがあったからではないかということでした。

中には審査が緩いといった内容の書き込みなども多くあるけれども、SMBCモビットの審査については全然簡単ではないといったコメントなどがあります。

審査は他社より厳しい?

SMBCモビットの審査は、他の会社よりも厳しいのではないかといった声もあります。

モビット審査を過去2回経験し、どちらも通過せず、2回目は貸金業法の総量規制施行後で、借入額が多かったこともあり仕方ないと思っている、といったコメントなどもあります。

1回目の申し込み時は、他社借り入れはあったけれども、返済するだけの余裕はあったと自身では考えるということで、その後、他の大手消費者金融にすぐに申し込んで審査に通過したということでした。

SMBCモビットの審査 口コミ評判まとめ

SMBCモビットの審査評判のまとめとして、申し込みから審査回答まで3時間かかったり、他の会社よりも審査が厳しめと言った点などが挙げられます。

申し込み後の確認電話が長いということや、10秒簡易審査で通過しなかったという評判もあり、ネット上では審査が甘いという意見や審査時間が早いと言ったことも書かれていますが、実際はこうした口コミが多く、審査時間については他社と比較すると長いようだということでした。

SMBCモビットの審査が長引く原因・短くする方法

SMBCモビットは最短の審査スピードが提供されており、それは業界ナンバーワンということですが、実際は審査時間が長いと言った口コミの不満などもあります。

そこで、SMBCモビットの審査時間が長い理由と短くする方法について、どうしてSMBCモビットの審査は遅いのかという点などについてご紹介してみましょう。

また、審査時間を短くしたい時にどのようにすればよいのかということについても、併せて記載したいと思います。

SMBCモビットの“最短”審査スピード

SMBCモビットの審査時間は、最短30分と言われています。

これはアコムやプロミスなど同様に業界ナンバーワンの早さになります。
実は、最短30分という審査時間は珍しいことではないのです。

一般に審査が遅いといわれる銀行系のカードローンも、三井住友銀行カードローンなどは最短30分の審査なのです。

けれども、実際には30分で終わる場合は非常にまれといわれており、最短審査時間についてはあまり参考とはならず、大切なのは実際の審査時間ということです。

大手カードローンの審査時間

大手カードローンの審査時間についてご紹介したいと思います。

SMBCモビットは、最短審査時間は30分となっています。

また、プロミス、アコム、アイフルも最短審査時間は30分になっています。

さらに、三井住友銀行カードローンも30分、三菱UFJ銀行カードローンも最短審査時間は30分になります。

そして、住信SBIネット銀行カードローンは60分、みずほ銀行カードローンの場合は2~3営業日になります。

なぜSMBCモビットの審査は遅いのか?

ではどうしてSMBCモビットの審査は遅いのでしょうか。

一般的に、審査スピードと審査通過率はだいたい比例すると言われ、審査時間が短くなればなるほど審査に通過しやすいと言われています。

大手消費者金融で審査通過率が公表されていないのはSMBCモビットだけですが、他の公表されている大手カードローンの審査通過率と審査時間をみると大体比例しているのです。

公表されていないSMBCモビットは、慎重に審査されているということかもしれません。

大手カードローンの審査通過率と審査時間

審査スピードと審査通過率は、大体において比例すると言われています。

審査時間が短くなればなるほど、審査に通過しやすくなるという傾向があります。

大手カードローンの審査通過率と審査時間については、プロミスが審査通過率が44.6%で、審査時間が最短30分、アコムが44.1%で最短30分、アイフルが45.8%で最短30分です。

「10秒簡易審査」はあくまでも仮審査

SMBCモビットは本審査の前に10秒簡易審査があり、独自スコアリングシステムで、自動審査がなされます。

この10秒簡易審査は申込みが10秒で完了するというわけではなく、申込み完了後10秒で審査結果が表示されるということです。

あくまでも仮審査結果になり、その後に本審査が始まるため、決して審査が早くなるのではないのです。

この10秒審査の結果から、本審査で通過しやすいかどうかが分かると言われているのです。

原因は借りる側にもある

SMBCモビットで審査が長引く場合、その要因はユーザー側にもあると言えます。

SMBCモビットの審査は遅いとはいっても、基本的にはスムーズにいくと30分で完了するのは事実なのです。

しかし、審査が長引く場合、その要因として考えられるのに、申込した人の信用情報に問題があるということや、収入の不安定さや、希望する借り入れ金額が大きいと言ったことが挙げられますし、他にも他社借り入れがあったりといったことなどが挙げられます。

在籍確認が取れなかった

審査の中には、在籍確認という項目があります。

これは、実際に審査の担当者が申込した人の勤務先に電話をかけることで、申告通りにそこへ勤めているのかをチェックするというものです。

もし審査を行っている時間が、勤務先の営業時間外や定休日などであれば、いくらSMBCモビットが電話をかけても在籍確認はできませんよね。

この場合は、いくら待っていても勤務先の翌営業時間になり在籍確認が完了するまで、結果は届かないということになります。

SMBCモビットの審査時間を短縮する方法

急いで借り入れを行いたいという場合、SMBCモビットの審査時間を短縮する方法があります。

基本的に、SMBCモビットの審査対応時間は9時から21時になります。

そして、最短30分で審査完了できるのが、平日19時までに申し込みした場合になります。

最短30分審査で即日融資希望の場合は、遅くとも20時までには申込みを行うことが必要です。

その上で、借り入れ希望額を下げたり、平日午前中に申し込んだり、申込後にコールセンターに電話したり、ウェブ完結申込を行います。

審査は、希望額が少ないほど早く済む

SMBCモビットでは、希望借り入れ額が少ないほど審査は早く終わると言われています。

審査は、貸し倒れリスクがないかどうかを確認するために行われています。

そのため、貸し出す金額が少なければ、貸し倒れがあったとしても少なくて済み、貸し倒れリスクを心配する必要も減ります。

したがって、そこまで慎重な審査が必要と判断されることもなくなりますので、審査をスピーディに済ませたいという場合は借入希望額を少なくするのはおすすめです。

平日の午前中に申し込むのがベスト

SMBCモビットでスピーディな借り入れを希望する場合には、申し込みは平日の午前中がベストとされています。

混雑する時間帯に申し込むとその分、余分な時間が掛かってしまいますので、できるだけ申し込む人が少ない時間帯を利用することが大切です。

つまり、忙しい時間帯を避けるのが基本になります。

土日祝日はもちろん申し込む人が多く、平日も午後は混雑しやすいと言われます。

コールセンターに電話して審査を早めてもらう

できるだけ早く借り入れを行いたいという場合、コールセンターに電話すれば審査を早めてくれると言われているのでおすすめです。

これはSMBCモビットだけの特別なサービスとされており、フリーダイヤルでつながるようになっているSMBCモビットのコールセンター(0120-03-5000)に電話をします。

営業時間は9:00~21:00となっています。

その際、申し込み完了後に画面表示されるユーザーIDを、きちんとメモ等に残しておきましょう。

ただ、混雑によって対応できないこともあります。

これは必ず優先してもらえるというわけではありません。

優先的な審査を求める人ばかりいれば当然ムリな話ですし、全ては担当者の判断次第ということになります。

「WEB完結申込」で審査時間を短くできる

SMBCモビットでは、ウェブ完結申し込みだと審査時間は短いと言われています。

SMBCモビットは、カード申し込みとウェブ完結申し込みがあり、ウェブ完結申し込みの場合は職場への確認電話がなく、審査は早いのです。

ただ、利用するには条件があり、三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行のどれかの口座を持っている人で、全国健康保険協会が発行した保険証(社会保険証)か組合保険証を持っているということが挙げられます。

郵送だと審査日数が3日以上かかる

SMBCモビットは、郵送であれば審査日数が3日以上かかるといわれています。

SMBCモビットは郵送でも申し込みを行うことができるようになっています。

郵送での申し込みを行う人はそれほど多くないと言えますが、時間が掛かります。

最低3日はかかりますし、書類不備があると、返送されたり、それをもう一度送りなおすと言った手続きが必要になってくるため、さらにもっと時間がかかるようになるのです。

したがって、急ぎの方には不便です。

SMBCモビットの審査基準

SMBCモビットでは借り入れ審査の基準が設けられています。

借り入れを希望してSMBCモビットに申し込む場合には、重要な項目が3つあります。

そこで、これらの重要項目についてご紹介してみたいと思います。

その前に、まずSMBCモビットには申込条件があるということを確認しておきましょう。

SMBCモビットに申し込む時には、20歳~69歳の人であるということと、安定収入がある人という条件を満たすことが必要です。

年収は、100万円以上で安定していればOK

SMBCモビットの借り入れ審査で重視される項目は、年収と信用情報の傷の有無と他社借り入れ状況になります。

その中の年収については、100万円以上あればOKとされています。

申し込み条件を読むと、カードローン審査の年収については金額の高さより安定しているということがポイントにされています。

SMBCモビットでは、10万円を借り入れると最低返済額が4,000円となっており、いわゆる収入が低いとされるアルバイトやパート主婦でも返済可能です。

信用情報の傷は即アウト

SMBCモビットでも、借り入れ審査時に信用情報はとても重視されます。

もし信用情報に傷があれば、審査に通過しないということになってしまいます。

というのは、カードローン利用者に貸す側が求めているのは、返済能力信用力の2つになります。

そして、返済能力より信用力の方が重視されるのです。

その信用力については、信用情報を用いて判断されます。

過去の借り入れなどの返済状況に関する情報は、とても重視されているのです。

信用情報には、他の金融機関からの融資なども全て登録されているため、申し込み時に虚偽の申告をしてもすぐにばれてしまいます。

信用情報の傷とされる4大金融事故

信用情報の傷といわれる4大金融事故があります。
そのどれかを起こしていると、審査に通過しないと言われます。

まず、これらの4大金融事故は、延滞代位弁済、そして強制解約債務整理(自己破産、民事再生等)とされています。

一番起こりやすいのは延滞で、短期は問題ないのですが、2ヶ月以上の長期になると事故情報として信用情報機関に登録されるようになっています。

一度事故情報が登録されると、以後5年間は信用情報機関に残ります。

他社借り入れが多いと審査に通らない

他社借り入れが多いという場合も、審査に通過しません。

複数の債務がある場合は、多重債務者とみなされる可能性が高くなります。

借り入れの件数が多ければ多いほど、月々の返済額も多いはずですよね。

また、法律のルールである総量規制に触れるからとも言われています。

総量規制は、個人借入総額がその人の年収の3分の1に制限されるようになっている仕組みになります。

SMBCモビットなどの貸金業者が対象とされており、他社からの借り入れが多いとSMBCモビットで借り入れられる金額は少なくなりますし、他社からの借り入れは多くとも3件で、残高は年収の5分の1以下が目安といえます。

たとえ他社からの借り入れが一件だけだったとしても、審査に時間がかかることがあります。

それが、他社からの借り入れの額が多かった場合です。

他社からの借り入れ額が総量規制の制限額(年収の1/3)ギリギリの場合は、どうしても審査は慎重になりますよね。

大手消費者金融の中では最も厳しいSMBCモビットの審査

SMBCモビットの借り入れ審査は、大手消費者金融のなかでは最も厳しいと言われています。

審査通過率は公開されていません。
これは、他の会社よりも通過率が低いからではないかという人もいます。

そのため、SMBCモビットの借り入れ審査を受ける場合には、そのことを念頭に置いておくようにしておきましょう。

では、他の大手消費者金融の審査通過率はどのようになっているのかということについて、これから比較を行ってみましょう。

大手カードローンの審査通過率

大手カードローンの審査通過率について比較を行うと、2018年1月のデータでは、プロミスが44.6%、アコムが44.1%、アイフルが45.8%となっています。

なお、審査通過率は消費者金融のアピールポイントでもあることから、SMBCモビットで審査通過率が公表されていないということは、他の会社よりも数字が低いのは間違いないと言われているのです。

SMBCモビットの審査通過率は大体何%?

では、SMBCモビットの審査通過率を予想してみるとどうなるのでしょうか?

同じSMBCグループのプロミスの場合は、44.6%となっています。

通過率が40%以上あるなら、他社と比較した場合でもそこまで違いはないと言えますので、公表はされていると考えられます。

そのため、35%~40%くらいと考えられます。

SMBCモビットの審査通過率は低いといっても、銀行カードローンよりは高いです。

銀行カードローンも非公開ですが、25%~35%と言えますので、このことから35%~40%が妥当でしょう。

申込時期によって審査難易度は変わる

審査難易度については、時期的な影響があるのでしょうか?
つまり、審査が行われる時期によって違いがあるのでしょうか?

この点については大っぴらに公表はなされていないのですが、審査通過しやすい時期は存在すると言われているのです。

ではどのような時期であれば審査に通過しやすくなるのでしょうか?

この点については、月末は審査に通りやすい時期とも言われており、6月12月も審査に通過しやすいおすすめの月であると言われているのです。

月末は審査に通りやすい

SMBCモビットの審査難易度は、時期によって変わるとも言われています。

このことは大々的な公表がなされているというわけでは無いのですが、審査に通過しやすい時期はあるとされ、月末は審査に通りやすいと言われているのです。

その理由として挙げられているのが、営業担当には新規貸付件数のノルマがあって、それを達成するための追い上げがあると言われ、決算月3月はその傾向が顕著ということです。

6月・12月も狙い目

SMBCモビットの審査は、6月12月も狙い目だと言われています。

会社員のボーナスがある6月と12月は申し込み数が減るため、より多くの顧客を得るためにも審査ハードルが下がることが考えられるとされています。

ただ、審査の内容そのものが変わるわけではないため、多少やさしくなるという表現が適切と言えます。

平日の午前中

最適な申し込みのより細かいタイミングは、平日の午前中です。

消費者金融全般に言えることですが、申し込みは休みの前に増えるという傾向があります。
つまり、金曜日長期休暇前は待ち時間が長くなりがちです。

加えて、審査は申し込みの受付順に行われますので、時間が遅くなればなるほど、待ち時間は長くなり、最悪当日中に利用出来ないということに陥る可能性もあるのです。

そのような事態を防ぐためにも、申し込みは平日の午前中がベストです。

SMBCモビットの審査に落ちる人・通る人の違い

SMBCモビットの借り入れ申し込みでは審査が行われるようになっていますが、その審査に通過しない人や通過する人がいます。

ではその違いは何なのでしょうか?

そこで、審査に通過しない人と通過する人の特徴を分析し、通過するためのコツについてご解説してみたいと思います。

基本的に、信用情報に傷があったり、総量規制のルールにかかる借り入れ額を希望していたり、他社からの借り入れが多いという場合には審査に通過しないと言われます。

SMBCモビットの審査に通らない人の特徴

次のような人はSMBCモビットの審査に通らないと言われています。

まず、信用情報に傷がある人です。

また、総量規制にかかるくらいの借り入れ額を希望していたり、他社借り入れが多かったり勤続年数が短い人などです。

さらに、水商売や自営業を行っている場合には審査に通過しにくいと言われますし、短期間に複数社に借り入れを申し込んだという人なども、借り入れ審査に通過しにくくなると言われていますので、注意しましょう。

「勤続年数」が意外と重要

実は、意外と重要なのが勤続年数だと言われます。

借り入れ審査では勤務先情報も記載します。どこで働いているのかということももちろん大切ですが、それより、どれくらい働いているのかが重要だと言われます。

というのは、勤続年数はその人の収入の安定性を表しているからと考えられています。

勤続年数が長いほど、収入も安定していますし、逆に短いと転職を繰り返して収入が不安定と判断されてしまうのです。

勤続年数は1年以上が理想的です。

自営業・水商売の方は通過しにくい

自営業水商売の人は、SMBCモビットの審査に通過しにくいと言われます。

その理由は、勤続年数が短い人と同様に収入が安定しにくいからだと考えられています。

自営業や個人事業主の人は、本人用の確認書類の他にも、営業状況の確認のお願いという書類を提出することを求められることがあります。

これらの書類は、収入の安定性という点で貸しにくいとされている、こうした人々の借り入れ審査で用いられる書類です。

直近6ヶ月以内に2社以上申込んでいる方は注意

直近6ヶ月以内に2社以上の借り入れに申込みしているという人は、注意が必要です。

というのは、信用情報に、他社借り入れの件数だけでなく、申込件数については記載されており、SMBCモビットを除き、2社以上に申込みしていると、いわゆる申し込みブラックとされるため、審査通過は難しいとされています。

また、申し込みの記録は直近6ヶ月間まで残されていますので、次々に申し込むというのはその後の申し込みを行う際にデメリットになるのです。

うっかりミスが虚偽申告に繋がる

うっかりとしたミスで間違った情報を記載してしまったことで、ペナルティのある虚偽申告とされてしまい、審査に通過しないということもあると言われています。

うっかりミスをすることで、その後の審査にマイナスの影響がもたらされてしまいますので、注意して記載するようにしましょう。

例えば、年収勤続年数などについては、審査では信用情報機関に参照がなされますので、間違っていることが分かってしまいます。
よく注意をしましょう。

SMBCモビットの審査に落ちた方が避けるべきカードローン

SMBCモビットの審査に通過しなかったという人が避けるべきカードローンがあります。

短期間で複数社に申し込むのは良くありませんが、1社だけなら問題はないと言われています。

けれども、SMBCモビットの審査に通過しなかった時は、プロミスや三井住友銀行カードローン、住信SBIネット銀行カードローンやジャパンネット銀行カードローン、そして横浜銀行カードローンは避けましょう。

審査担当がSMBCコンシューマーファイナンスだからです。

審査通過の条件

審査に通過する条件として挙げられているのが、信用情報に傷がないということや他社からの借り入れがゼロか、あっても1,2件であったり、安定収入があること希望借り入れ額が少ないということ、記載内容が正確であることが挙げられます。

審査に通過しない人の特徴の反対で、高い収入が必要というわけでも、クレカの立派な利用実績が必要なわけでもないため、こうした点に注意して申し込むようにすれば良いということだと言われているのです。

SMBCモビットの審査に通過する「たった一つのコツ」

SMBCモビットの審査に通過するただ一つのコツとされているのが、希望借入額を低くするということです。

審査で重要視されているのが年収と信用情報とはいっても、いきなり改善は難しいと言えます。

SMBCモビットだけでなく、全てのカードローン審査に通じるたった一つのコツが、この希望借入額を低くするということなのです。

とてもシンプルな方法で、理想は10万円だといわれ、多くても30万円までとすることがおすすめです。

SMBCモビットの審査手順—WEB完結申込vs. 通常申込

これから審査の流れを確認していくことになりますが、その前にSMBCモビットの審査に必要な書類や様々な申し込み方法をご紹介したいと思います。

そこで、SMBCモビットの審査の手順として、ウェブ完結申し込み通常申し込みの違いについてご紹介してみたいと思います。

SMBCモビットの審査には必要な書類があります。
そのため、まずはこうした書類を用意することが必要になっています。

そこで、具体的な点についてご説明します。

審査の必要書類

SMBCモビットの申し込みに当たり、SMBCモビットの審査に必要な書類があります。

これらの書類は、本人用の確認書類収入を証明するための書類です。

本人用の確認書類としてSMBCモビットでは、運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれか1点が必要書類とされています。

また、収入書類は写しを提出し、一定額以上の借り入れを希望する場合や他社からの借り入れがあるといった場合に提出を行うようになっているのです。

本人確認書類

本人用の確認書類は、運転免許証やパスポート、健康保険証のうちからいずれか1点を提出します。

どの書類も有効期限内で、現住所が記載されているということが条件とされています。

また、記載住所と現住所が違う時には、公共料金の領収書などの書類を別途提出することが必要とされています。

自営業の方の場合は、営業状況確認のお願いという書類を、外国籍の方は在留カードか特別永住権証明書をいっしょに提出します。

収入証明書類(写し)

収入証明書は必要に応じて提出しますが、写しの提出を行えます。

収入証明書としては、最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、直近2カ月の給与明細書類、最新の所得証明書、最新の税額通知書のいずれか1点とされています。

SMBCモビットでは収入証明書類が不要になる場合もあり、SMBCモビットからの借り入れが50万円を超えていたり、他社を含めた借り入れ額が100万円を超える時は必要になります。

「WEB完結申込」の方は、勤務先確認書類が必要

ウェブ完結申し込みを行う場合は、勤務先確認書類が必要とされています。

SMBCモビットでは、ウェブ完結申し込みと通常のカード申し込みという方法の2種類の方法があります。

モビットの申し込み方法の特徴として、ウェブ完結申し込みの場合は電話連絡がありません。

その代わり、勤務先確認ができる書類提出を行うようになります。

その勤務先確認書類には幾つかの書類が用いられており、提出しやすいものを提出できるようになっています。

勤務先確認書類

ウェブ完結申し込みを行う場合は、勤務先確認書類が必要とされています。

勤務先確認書類として挙げられているのが、社会保険証か組合保険証または、直近1ヶ月の給与明細書が挙げられています。

給料証明書については、収入証明書として提出する場合には不要とされています。

必要書類の提出を行う場合の方法として、4種類の方法で提出ができるようになっており、ネット経由でアップロードしたり、公式アプリでアップロードすると言った方法があります。

必要書類まとめ

必要書類まとめとして、ウェブ完結による申し込み方法とカード申し込み方法について、本人用の確認書類、収入証明書や勤務先確認書類について記載します。

まず、ウェブ完結の場合は本人用の確認書類は必須で、収入証明書は必須 、そして勤務先確認書類も必須です。

カード申し込みの場合は、本人用の確認書類は必須で、収入証明書については不要の場合もあります。

そして、勤務先の確認書類についてもカード申し込みでは不要とされています。

必要書類の提出方法

SMBCモビットでは、次の4種類の方法で書類提出を行うことができます。

まず、ネット上でのアップロード方法と公式アプリでのアップロード方法、ローン契約機でスキャンして送信するという方法と、コピー書類を郵送するという方法があります。

ネットかアプリを用いてアップロードする方法であれば、撮影画像をアップロードするだけというとても簡単な方法でできるため、シンプルで簡単かつスピーディーに提出をすることができます。

SMBCモビットの4種類の申込方法-ネットがおすすめ

SMBCモビットの申し込み方法は4種類ありますが、おすすめはネット経由での申し込みになります。

それぞれ受付時間とメリットについては、ネット申し込みが24時間受付で、10秒の簡易審査を利用できると言ったメリットがあります。

電話申し込みは9時~21時となっており、オペレーターと相談できます。

ローン申し込み機は8時~21時受付で、土日祝日も即日融資可能で、郵送はいつでも申し込めて、来店不要で手続きできます。

ネット申込がおすすめ

SMBCモビットの4種類の申し込み方法では、おすすめはネット申し込みです。

というのは、ネット申し込みだけ唯一24時間受付ですし、手続きがとても楽ということもメリットです。

ただ、受付時間は24時間ですが、審査対応時間は9時~21時とされていますので、急いでいる場合はこの点に注意をしておきましょう。

しかし、基本的にネット環境があればいつでも申し込みでき、郵送料も必要なく、スピーディな対応が期待できるのがメリットです。

「カード申込」と「WEB完結申込」の違い

カード申し込みとウェブ完結申し込みの違いは、どのような点があるのでしょうか。

それぞれメリットとデメリットがありますが、カード申し込みは土日や祝日も即日融資が可能であったり、ATMで出金できます。

一方、職場への確認電話があったり、契約後の郵便物があると言った点が短所です。

ウェブ完結申し込みは、申し込み後の自分や職場への確認電話が無かったり、郵便物がないという長所がありますが、借り入れは銀行の営業時間内のみなどの短所があります。

「WEB完結申込」は、SMBCモビット最大の魅力

SMBCモビット最大のメリットはウェブ完結申し込みで、電話連絡が一切ないのは嬉しいと言えます。

これはカードローンで唯一のサービスとされますが、利用条件があるので注意をしましょう。

ウェブ完結申し込みの利用条件は、三井住友銀行三菱UFJ銀行ゆうちょ銀行のいずれかの口座を持っている人で、全国健康保険協会発行の保険証(社会保険証)か組合保険証を持っている人とされていますので、該当するかどうかを確認しましょう。

申込みから借り入れまでの流れ

SMBCモビットで申し込みから借り入れまでの流れは、ウェブ完結とカード申し込みでは異なっています。

全体的なプロセスは同じと言えますが、細かな点がそれぞれの申し込み方法によって異なっていると言われています。

また、モビット審査の流れについては、どの申し込み方法でも行われると言えますが、電話がない分ウェブ完結申し込みの方がスムーズに借り入れが可能と言えます。

ただ、ウェブ完結もケースにより、途中で電話があります。

三井住友銀行でもカード発行が可能

カードの発行は三井住友銀行でも可能になっているとされており、カード申し込みした時のカード発行は、SMBCモビットのローン申し込み機か、三井住友銀行内のローン契約機を活用して行うことができるようになっているのです。

そのため、この点はとても便利な点と言えます。

カード発行を行う際には、免許証などの本人確認書類が必要とされていますので、カード発行を行うという時には必要な書類を忘れずに持参するようにしましょう。

ローン申込機・契約機の営業時間

ローン申し込み機や契約機には営業時間がありますので、事前に確認してから足を運ぶようにしましょう。

まず、SMBCモビットのローン申し込み機は、8時~21時となっており、三井住友銀行内のローン契約機は9時~21時になります。

早すぎても遅すぎても営業時間外は対応していませんので、これらの機械で申し込みを行うという場合は、必要書類を忘れずに持参し、営業時間内で手続きを行うことができるようにしておきましょう。

SMBCモビットは自社ATMがない

基本的にSMBCモビットには、自社のATMはありません。

カードを発行し、ATMから出金できるようになったらカードを利用して出金するようになるのですが、SMBCモビットは自社の専用のATMはないのです。

そのため、出金する際には大手銀行やコンビニなどの提携ATMを利用して行うことになります。

その際、気になる手数料については、提携ATMの場合は108円~216円三井住友銀行ATMのみ手数料は無料となっています。

セブン銀行ATMはカードレスでも利用できる

モビットを利用する場合、セブン銀行のATMカードレスでも利用することができると言ったメリットがあります。

ウェブ完結申し込みでカード発行を行わなかったという場合でも、セブン銀行のATMであればスマホがあれば取り引きできるという便利な特徴があります。

事前にモビットアプリのインストールをしておくようにしましょう。

このセブン銀行ATMは設置台数が最も多く、約2万3千台以上あり、365日24時間対応で利便性は高いです。

気軽に「10秒簡易審査」を利用してはいけない!

SMBCモビットには10秒簡易審査というサービスがあります。

しかし、このサービスは気軽に利用しないようにしましょう。

10秒簡易審査をお試し診断と勘違いしている方が多いのですが、10秒簡易審査はれっきとした審査の一部と言われてます。

他社のお試し診断ツールと同じだと思っているなら注意が必要で、この診断に申し込んだという情報は、その人の信用情報に記録されることになりますので、決して気軽に利用しないようにしましょう。

「お試し診断」は別にある

SMBCモビットにもお試し診断があります。

10秒審査は審査になりますが、SMBCモビット公式ページには「お借入診断」という機能があります。

これはSMBCモビットのお試し診断用のツールになり、生年月日と、税込年収と、現在他社借り入れ金額という3項目に入力すると、借り入れが可能かどうかを診断してもらえるのです。

この診断の結果はあくまで目安的なものになりますが、審査が不安という場合などは利用してみるのはおすすめです。

時間がかかるSMBCモビットの増額審査

SMBCモビットの増額審査は時間がかかります。

限度額いっぱいまで利用し、それ以上の金額を借り入れたいという場合、増額を申請します。

これは限度額内の追加融資と異なり、審査があります。

Myモビでも申請可能ですが、その後は電話でやり取りするという流れとなっており、9時~21時が受付時間になります。

増額審査は場合によっては4~5日かかることもあり、SMBCモビットの増額審査は時間がかかると言われています。

増額審査の必要書類

増額審査に必要な書類があります。

SMBCモビットの増額審査は、収入証明書類提出が必要とされており、収入を明細する直近2か月分の書類が必要です。

その書類には、源泉徴収票や税額通知書、確定申告書や所得証明書のいずれか1点を用意します。

この書類は事前に準備しておくことで、できるだけスムーズに審査を行ってもらうことができます。

時間がかかると言われていますので、早めの準備を行っておくのがポイントです。

増額審査では、“基本的に”職場への確認電話はない

基本的に、増額審査は職場への確認電話はないと言われています。

基本的であるので、次のケースに当てはまるという場合は連絡がある可能性があります。

まず、新規契約時から転職をしたという場合や、収入が大幅に変わったという場合、大幅な増額希望を行っている場合や、新規契約時から時間が経過していると言ったケースです。

基本的には増額審査の時には職場連絡はないのですが、上のようなケースに当てはまるという場合は電話がある可能性があります。

SMBCモビットの増額審査の難易度

そもそも、SMBCモビットの増額審査は通過するものなのでしょうか?

この点は気になるという人も多い増額の審査難易度ですが、新規申込時審査と比較すると厳しいと言われています。

増額審査は新規時と違い、利用実績が必要で、利用期間が浅くて6ヶ月間未満であったり、契約してから1度しか利用を行っていないという場合には審査は通過しません。

また、返済遅延したことがあったり、契約後の他社借り入れなども通過しにくくする原因です。

増額案内がきた人は、増額審査に通りやすい

増額審査に通過するのは、増額案内がきた場合と言われています。

利用実績の基準ははっきりしていないのですが、利用実績があると判断されると、SMBCモビットから増額案内の電話がかけられると言われています。

この案内があると、審査に通過する可能性が非常に高いとされており、案内が無ければ増額に申し込んでも審査結果は難しいとされています。

どうしても借り入れたいという場合は、アコムやプロミスなど他社へ新規で申し込みを検討するという方法もあります。

「おまとめ専用ローン」がないSMBCモビットは、審査が難しい

SMBCモビットはおまとめ専用のローンはありませんので、審査通過は難しいと言われます。

限度額は800万円と高いため、複数社の借り入れを一つにまとめられるおまとめをするために申し込むというケースもあるのですが、この方法は絶対おすすめではないのです。

まず、実質年率が3.0%~18.0%と高いということや、総量規制対象で借り入れ額に制限があるということなどが挙げられます。

そして、審査通過が難しいということがあります。

大手消費者金融の「おまとめ(借り換え)専用ローン」

大手消費者金融には、専用のおまとめ(借り換え)ローンが設けられているところも在ります。

例えば、貸金業法に基づくおまとめローンが提供されているプロミスやアコム、アイフルおまとめMAX、かりかえMAXなどがあります。

これらのローン商品は総量規制の例外的な位置づけとされており、年収の3分の1以上の金額について借り入れができるようになっているのです。

また、他社からの借り入れがあることが前提とされており、審査に通過しやすいのです。

SMBCモビットの審査Q&A

SMBCモビットで借り入れを行うという場合、心配なのが審査だという人も多くいます。

例えば、SMBCモビットでは審査状況を確認できるのかどうかや、SMBCモビットの審査は土日祝日も即日融資を行うことができるのかなど、様々な審査に関する疑問点があるでしょう。

そこで、こうした審査に関する知りたい内容をQ&Aという形式で、質問ごとにまとめてご紹介してみたいと思います。

参考にしてみて、審査についての不安を軽くしましょう。

審査状況は確認できる?

まず、SMBCモビットの審査について、状況確認ができるのかどうか知りたいということもあるでしょう。

この点については、SMBCモビットでは審査結果照会用のページから、審査の状況を確認することができるようになっています。

SMBCモビットの審査結果照会用のページは、審査進行状況や審査結果を確認可能になっており、ユーザーIDとパスワードを入力することによって、現在の審査に関する状況を確認することができます。

審査は土日祝日でも即日OK?

SMBCモビットの審査は、土日や祝日でも即日で行われているのかどうか知りたいということもあるでしょう。

この点については、もちろん可能と言われています。

けれども、ウェブ完結申し込みだと、このサービスは利用できません。

基本的には土日祝日も変わらず、SMBCモビットは審査は9時~21時まで実施されていますが、振り込みキャッシングはできないため、カード申し込みしか利用できないようになっていますので注意しましょう。

ウェブ申し込み後に、ローン申込機でカードを発行を行いましょう。

審査結果のメールが来ない...

借り入れに申し込んで結果を待っているけれど、SMBCモビットから審査結果メールが送られてこないという場合、不安になると言えます。

この場合、まずは審査結果照会の機能で確認してみましょう。

そして、その後電話しましょう。

審査結果通知は電話かメールで伝えられます。

申し込みから1日以上経過しているのに通知がまだないときは、審査結果照会ページで確認し、審査完了しているならフリーコールへ電話するようにしましょう。

学生でも審査に通る?

SMBCモビットは学生も審査通過できるのでしょうか?

この点については、SMBCモビットでは20歳以上安定収入があれば、通過することは可能です。

ただ、ウェブ完結申し込みは利用できないとされています。

このウェブ完結申し込みには、社会保険証か組合保険証が必要とされていますので、仕事を持っていない学生は、ウェブからではなく通常のカード申し込みを選ぶようにしましょう。

この方法であれば、審査に申し込んで通過する可能性があります。

SMBCモビットよりも審査がゆるいカードローンは?

SMBCモビットよりも審査のゆるめのカードローンを利用したいという人もいると言えます。

しかし、カードローン審査でゆるいということはないのです。

アコムやプロミスはSMBCモビットよりも審査通過率が高いと考えられると言っても、審査がゆるいわけではなく、それぞれの会社で規定の基準にのっとって審査がしっかりと行われています。

もし審査がゆるいカードローンがあるなら、それはヤミ金ですので、絶対に申し込みしないようにしましょう。

SMBCモビットから借入していると、住宅ローン審査に影響がある?

SMBCモビットから借り入れがあると、住宅ローン審査に影響をするのでしょうか?

この点については、借り入れが住宅ローンの審査に影響するかどうかについては借り入れ金額によると言えます。

100万円を超えるような高額借り入れを行っているともちろん影響しますが、大半の場合は10万円から30万円くらいの借り入れが多いため、それくらいであれば住宅ローン審査への影響は全く問題ないと言われます。