最終更新日:2020年05月09日

SMBCモビットのキャッシング - 金利条件や審査基準について

SMBCモビットってどんな会社?

SMBCモビットは多くの利用者から支持を受けている借り入れサービスです。

そこで、SMBCモビットの概要をご紹介したいと思います。SMBCモビットはウェブ完結の消費者金融で、電話連絡も郵送物なし、来店不要で契約できると言った特徴があります。

借り入れをすることを周囲の人に知られずに行いたいという時におすすめのカードローンです。そこで、これからSMBCモビットの特徴やメリット・デメリットをご紹介しましょう。

SMBCモビットとは

株式会社SMBCモビットはノンバンク系消費者金融で、三井住友銀行と同じグループです。このモビットはmobileとbitを組み合わせて作られた語で、先進技術と金融を組み合わせている企業ということです。そこで、SMBCモビットの会社概要についてご紹介してみたいと思います。こSMBCモビットは2016年と2018年度の顧客満足度でナンバーワンになった会社です。これからこの会社の特徴についてご説明を行っていきたいと思います。

SMBCモビットの特徴

SMBCモビットカードローンには、利用者にとって魅力的な特徴が複数あります。

まず、SMBCモビットの特徴として挙げられるのがウェブ完結申込と電話連絡・郵送物が無いという点、そして来店不要で契約ができるということです。

ウェブ完結申込については消費者金融のなかで最初にスタートされたサービスで、全てネットで完結できます。このようなスムーズな申込方法はSMBCモビットが人気といわれる最大の理由と考えられているのです。

SMBCモビットの歴史

SMBCモビットは2000年に誕生した消費者金融会社で、誕生当初は「SMBC」が名前になく、モビットという名前で営業を開始しました。

そして、都市銀行(三和銀行)と消費者金融(プロミス)、そして信販会社(アプラス)の3社の共同出資という形で設立されたことは業界では大きな注目を集めたのです。

ちなみに三和銀行は現在の三菱UFJ銀行になります。SMBCモビットの歴史を知ると、どうしてSMBCモビットが顧客満足度が高いのかがわかるでしょう。

SMBCモビットの振込キャッシングってどんなサービス?

SMBCモビットの借り入れ方法には振込キャッシングや提携ATM、SMBCモビット公式アプリ(セブン銀行ATMのみ)があります。

そして、振込キャッシングで借り入れする場合は指定の金融機関口座へ振込みでの借り入れ方法が利用できます。SMBCモビットでは原則24時間、最短3分での振込みが可能で、パソコン・スマートフォン・モバイルからホームページのSMBCモビット会員専用サービス、Myモビにアクセスを行うか、電話で振込手続きを行うことが可能です。

SMBCモビットではローンカードを発行してもらう事も可能ですが、振り込みキャッシングというサービスもあります。振り込みであれば、わざわざカードを使用する必要もありません。カードレスのサービスになりますし、手数料に関するメリットもあるのです。
なおSMBCモビットの振り込みキャッシングは、スマホでも利用できます。外出先などでもサービスを利用できますから、タイムリーにお金を借りられるメリットがあります。

振込キャッシングはどんなときに役に立つ?

公共料金やクレジットカードなどの代金を支払う時には、口座引き落としされるケースが殆どです。口座残高が足りなければ、引き落とし不能になってしまうでしょう。しかし引き落とし直前に振り込みキャッシングでお金を確保しておけば、引き落とし不能を回避する事もできます。
引き落としが遅れてしまいますと、金融機関からの信用が失われてしまう事もあります。そのリスクを回避したい時は、振り込みキャッシングも検討してみると良いでしょう。

提携銀行ならどこでも振り込みキャッシングできる

SMBCモビットによる振り込みキャッシングは、入金先が限られてしまう訳ではありません。提携している銀行であれば、どこでも構わないのです。普段から自分が頻繁に利用している銀行口座でも、登録する事ができます。後述のMYナビという方法で金額を指定して、入金してもらう訳です。
ただ1つ注意を要するのは、出金です。頻繁に利用している口座に入金してもらう事は可能ですが、出金する必要もあります。ATMなどで、キャッシュカードを使って口座からお金を引き出す必要はあります。

SMBCモビットで振込キャッシングを利用する方法

MYナビから振り込みの申し込み方法ですが、まずはモビットの公式サイトからログインします。ログインすると利用可能額が表示されますが、その左下にある振り込みキャッシングというボタンをタップします。
次の画面でも振り込みキャッシングという箇所をタップし、暗証番号や希望額などを入力していきます。そして確認ボタンをタップすれば、指定した口座に希望額が入金される訳です。ちなみにSMBCモビットの場合、1円単位で金額を指定する事もできます。

Myモビの会員ページにアクセス

SMBCモビットの振り込みキャッシングを利用するためには、会員サイトで申し込みをする必要があります。まずサイトにログインした上で、指定の情報を入力すればお金を借りられる訳です。手続き自体は、非常に簡単です。
ただしSMBCモビットのMYナビというサービスを利用する為には、ネット環境は必要です。ネット接続するのが難しい時や、会員サイトで操作するのが面倒な時は、コールセンターに電話して申し込みをする事もできます。

振込キャッシングで借り入れ

振込キャッシングで借り入れする場合には提携ATMで借り入れ可能です。SMBCモビットの専用ローンカード、モビットカードを用いて提携ATMから現金を出金する方法での借り入れができます。

SMBCモビットは自社ATMを所有していないのですが、全国には約13万台の提携ATMネットワークがありますので、不便さはないといえるでしょう。モビットカードが利用できる提携ATMには、例えば三井住友銀行が三菱UFJ銀行、セブン銀行などがあります。

提携ATMで借り入れ提携ATMでの借り入れは、三井住友銀行や三菱UFJ銀行、セブン銀行やイオン銀行などがありますし、プロミスATMやセゾンカード、第三銀行や福岡銀行、親和銀行や熊本銀行、E-net(ファミリーマート・ミニストップなど)に加えて、ローソン銀行ATMや全国の地方銀行・信用金庫などが利用できます。

三井住友銀行ATMなら利用手数料は無料となっていますが、コンビニATMは所定の手数料がかかります。また、その他のATMの利用は別途手数料がかかります。

振り込みキャッシングは手数料が節約できる

消費者金融からお金を借りる時は、金利手数料も支払う必要があります。その利息だけでなく、別途で手数料がかかってしまう事もあります。
SMBCモビットも同様です。モビットでは提携ATMでお金を借りる事も可能ですが、その方法では手数料を支払う必要があります。
何回もお金を借りるとなると、手数料の総額も軽視できません。1回につき200円の手数料でも、20回分なら4,000円になってしまうでしょう。
しかしSMBCモビットの振込みキャッシングなら、そのコストを節約する事もできます

提携ATM

提携ATMは、各種コンビニのATM、三菱UFJ銀行やイオン銀行などのATMでお金を受け取る方法です。先述したように、三井住友銀行のATMは手数料がかからないので、少しでも出費を抑えたいときは、積極的に利用していきましょう。
また、SMBCモビットの専用アプリを使うと、セブン銀行ATMでカードなしのキャッシングもできるようになります。よりスムーズに借りるためには、そうした便利な方法にも注目しておきましょう。

ATMの振込手数料はなんと0円!

SMBCモビットのATMの台数は非常に多く、全国に約13万台設置されています。コンビニにあるATMでもサービスを利用する事はできますが、指定の手数料を支払う必要があります。
しかし振り込みキャッシングでお金を借りる分には、手数料はかかりません。振り込み手数料はモビットが負担し、顧客負担になる訳ではありません。できればATMの手数料は支払いたくない時などは、振り込みキャッシングを活用してみると良いでしょう。

千円以下の借入金額も指定できる

金融会社からお金を借りる時は、1万円単位になってしまう事もあります。8,000円や13,000円など千円単位で借りられるとは限りませんから、注意が必要です。
しかしSMBCモビットの振り込みキャッシングは、細かい金額を指定する事ができます。モビットの振込みサービスであれば、1円単位で融資を融資を受けられるのです。千円未満の細かな金額でお金を借りる事もできますから、借り過ぎてしまうのを防ぐこともできます。

借入を最小限に抑えて利息を節約!

振り込みキャッシングなら細かな金額を指定できますから、利息を節約する事もできます。
利息は、借りる金額に左右されます。大きな金額で借りれば、金融会社に支払う利息も大きくなる訳です。1万円単位でしか借りる事ができないと、利息も高めになってしまいます。
その点SMBCモビットの振込みキャッシングなら、1円単位で金額を指定できますから、少額優秀を受ける事も可能です。借りる金額を低く抑えられますから、利息を節約する事もできます
ただしモビットの場合、ATMではまとまった金額でしか借りる事ができません。利息を低く抑えたいなら、振込みがおすすめです。

SMBCモビットを利用する際のメリット・デメリット

SMBCモビットのサービスにはメリットとデメリットがあります。ではSMBCモビットにはどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

まず、SMBCモビットはたいへん顧客満足度が高い消費者金融です。しかし、この会社にも利用者が使ってみて良い点ばかりではなく悪い点などもあるのです。両方とも知っておくことでSMBCモビットをさらに便利に利用することができると言えますので、これからその点をご紹介しましょう。

メリット

SMBCモビットのメリットにはウェブで申込を完結できるという点や10秒簡易審査で簡単な審査結果を得ることができるという点が挙げられます。

他にも、審査スピードが最短30分で非常に早いということや即日融資にも対応できるという点もあります。審査スピードについては申し込みの曜日や時間帯により、翌日以降なる場合もあります。

さらに、カードレスでキャッシングできる当店もあります。そこで、それぞれのポイントについて簡単にご解説します。

モビットには、下記のように色々なメリットがあるからです。

メリット

・WEB完結で申し込みをした時は、勤務先に在籍確認の電話が行かない。在籍は書類で確認できる。
・ローンカードや書類が自宅に送付されない。
・たとえローンカードが無くても、コンビニATMでサービスを利用できる。
・19時までに申し込みすれば、当日振り込みも可能。
・三井住友銀行にある契約機でも申し込み可能。

WEBで申込を完結

カードローン申し込みをした時は、金融会社から在籍確認に関する電話が来る事も多いです。消費者金融は社名を名乗らずに電話をかけてくれますが、「職場に電話が来るのは困る」という方も少なくありません。

ウェブで申込を完結できるという点については、SMBCモビットはウェブ上で契約手続きを完結できる商品で、たくさんのカードローン商品には利用者の手間となる手続きが必ずあるといわれます。

けれどもSMBCモビットのウェブ完結は、郵送物がなしで、電話連絡なしで利用まで手続きを全てが完了することができるというメリットがあるので、これらの点はとても便利と言えます。

電話連絡無しというサービスを全面に出しているのは、金融業界でもモビットだけなのです。

10秒簡易審査で簡易的な結果を知ることができる

10秒簡易審査で簡単な審査結果を知る事ができるようになっているという点もメリットです。

SMBCモビットはお借入診断といわれる10秒簡易審査機能があり、これはSMBCモビットの公式ホームページに設置されています。この機能は生年月日や税込年収、現在の他社借入金額の3項目を入力するだけで、簡易的な審査結果を知られるということが挙げられます。借入可能なのかを素早く知りたい場合はこの10秒簡易審査を利用してみましょう。

審査スピードが最短30分

審査スピードが最短30分とたいへん早いという点もメリットとして挙げられます。SMBCモビットの審査時間は最短で30分と非常にスピーディなのです。

審査スピードの早いカードローンは利用者がよりスムーズに手続きできるのでとっても大きなメリットと言えます。しかし、この点についてはスピーディな審査スピードはとても大きなメリットと言えますが、申込の曜日や時間帯によっては翌日以降となる場合があるため注意は必要です。

即日融資にも対応

即日融資も対応が可能という点もメリットです。SMBCモビットは即日融資に対応できる商品なので、カードレスキャッシングに加えて、無人契約機もあるので高い確率で即日融資を期待することができます。

こうした手続きがスムーズであるという点はSMBCモビットが顧客満足度が高くなっている1つの要因と言えます。スピーディに借り入れをすることができれば、今日中にお金が必要という時にもとても便利ですし、助かりますよね。

カード・書類の受け取りなしで借り入れ可能

金融会社からお金を借りる時は、基本的にはローンカードを受け取らなければなりません。ATMなどで借り入れする事は可能ですが、それもカードを利用する必要があります。自動契約機などでカードを受け取っている方も多いです。
しかしSMBCモビットのWEB完結であれば、そのローンカードの受け取りを不要にする事ができます。カードレスのサービスだからです。ローンカードだけでなく、書類の受け取りも無しにできるのです。
ただし本人が希望すれば、書類やカードを送付してもらう事もできます。

カードレスでキャッシングできる

カードレスでキャッシングができるという点も注目で、スマホを用いてカードレスキャッシングができます。まずはSMBCモビットのスマホサイトにアクセスします。ウェブ完結申込を選択し、自身の情報を記入します。

入力途中で10秒簡易審査結果が表示され、必要書類を提出したら本審査が開始されます。審査結果の連絡を受けて審査回答メールに記載URLから審査結果確認ページにアクセスして入会手続きを進めると言った流れになっています。

即日振込もできる

最近は、金融業界にモアタイムシステムが導入されました。その結果、やや遅い時間帯でもお金を借りられるようになったのです。SMBCモビットも例外ではなく、19時までに申し込みを済ませておけば、当日中にお金を借りる事ができます。以前は、平日14時ぐらいまでに申し込みを済ませないと即日融資も困難でしたが、現在は19時まででも問題ありません。
SMBCモビットだけでなく、他社も同様です。プロミスやアコムなどの消費者金融でも、14時でなくても即日融資を受けられるようになりました。

三井住友銀行での契約が可能

多くの方々は、自動契約機にてカードローンの申し込みをしています。自宅や職場の近くにある契約機で申し込みしている方も多いです。
ところでSMBCモビットの場合は、自社の契約機だけでなく三井住友銀行でも申し込む事ができます。三井住友銀行の店舗内にはローン契約機もありますが、そこで申し込みの手続きを行うこともできますし、その場でカードを受け取る事も可能なのです。
ちなみに銀行の店舗内だけでなく、大きめのATMの中に契約機が設置されている事もあります

デメリット

SMBCモビットのデメリットとして金利が高いという点や無利息期間がない、提携ATMを利用する時に手数料がかかるなどの点があります。

また、自社ATMがないことや店舗がなく直接契約ができないという点なども在ります。

これらのデメリットのうち、利用者にとって特に大きなデメリットが金利が高いという点や無利息期間がないという点でと言えます。さらに、SMBCモビットには無利息期間がありません。こうした点がデメリットです。

無利息期間がない

無利息期間はないため、利息なしで借りることは難しくなってしまいます。SMBCモビットには、即日融資や簡易審査といったメリットが多くありますが、このデメリットには注意すべきです。大手消費者金融では、30日間の無利息期間を設けているところが多いので、間違えないようにしてください。利息にこだわるなら、あとで後悔しないように、慎重に考えて選ぶようにしましょう。
ただし、「無利息期間のうちに返さなければ」といった焦りがないことは、助かるポイントでもあります。

SMBCモビットのサービスにむいている人

SMBCモビットのサービスに適している人はどのような人なのでしょうか?

この点については、急いでお金を借り入れたい人や会社に電話を掛けられたくないという人、ローンカードを発行しないでスマホだけでキャッシングしたい人などです。さらに、電話や郵送等の余計なやりとりはできるだけしたくない人やややこしい機能はいらないと言った人なども適しています。このような人が SMBCモビットのサービスに適している人です。

在籍確認の電話が嫌な方

審査のところで触れたように、SMBCモビットでは電話での在籍確認を省略することができます。審査が多少厳しくなるとはいえ、「電話されたくない」と考えているなら、このメリットは要チェックです。他のところでは、電話確認が基本となっていることが多く、相談しても確実に回避できるとは限りません。
そのため、電話なしの審査を重視するのであれば、ぜひSMBCモビットを検討してみてください。書類提出だけで在籍確認ができれば、余計なストレスを感じることはなくなります。

消費者金融のATMや契約機に抵抗がある方

消費者金融のATMなどを使っているとき、もし知り合いに見られた場合は、お金を借りていることがバレる可能性があります。そうした失敗の防止を重要視する人も、SMBCモビットとの相性は良いことになります。
なぜなら、銀行のATMを利用できるからです。三井住友銀行のATMを利用しているところなら、見られても特に問題はありません。三井住友銀行のATMには、手数料なしで利用できるというメリットもあるので、出費を削りたい人にもお勧めです。

SMBCモビットのサービスにむいていない人

SMBCモビットのサービスに適していない人は、職業が専業主婦の方か収入源が年金のみの方です。

また、融資のスピードより利便性を重視したいという方や無利息サービスを活用したいという方には適していないと言えるでしょう。

さらに、店舗で申し込み等の手続きを行いたいという方やウェブ完結の適用については対象外だけれども、郵送はされたくないと言った方にはSMBCモビットのサービスに適していないということなのです。

SMBCモビットの金利・申込条件とは?

SMBCモビットは、SMBCグループによるキャッシングの会社になります。CMなどでよく見かける会社ですが、申し込みをした当日中に融資を受ける事も可能です。

申し込み条件の方も忘れずに確認しておいてください。お金を借りたくても、SMBCモビットの申し込み条件を満たしていなければ、最初の申し込みができないことになってしまうのです。その条件とは、以下の2点になります。
・20歳以上69歳以下
・安定した収入がある

アルバイトやパート、派遣社員の申し込みが可能となっている点も、見逃せないポイントです。安定した収入という条件を満たしていれば、特別に高収入である必要はないのです。


またWEB完結というサービスもあり、WEBだけで申し込みする事もできます。WEBだけで手続きを進められますから、在籍確認の電話を省略する事も可能なのです。
ここではSMBCモビットの金利や、申し込みの条件を解説していますので、一緒に見ていきましょう。

貸出条件

SMBCモビットの貸し出し条件は、下記の通りになります。

貸出条件

年率は3~18%
限度額は1~800万円
WEB完結での取引に対応している
借り入れ方法は振り込みかATM
返済方法は、ATMか振込か口座振替
返済方式は残高スライド元利定額返済方式

SMBCモビットの審査・借入れでの注意点は?

SMBCモビットの審査や借り入れの手続きは、下記のように注意すべき点もあります。

注意点

必ず収入証明書を提出する必要がある。少額借り入れでも、証明書の提出が必要。
即日で融資を受ける事は可能だが、18時頃までには申し込みを済ませる必要がある。20時ぐらいに申し込みしても、当日融資は困難。
30日無利息のサービスは無い。
スマホアプリで書類を提出する方法は、少々分かりづらい。慣れていないと、提出するのに時間がかかる事もある。

審査では収入証明書の提出が必須

金融会社から大きな金額を借りる時には、収入証明書を提出する必要があります

50万円以上借りる時や、他社との借り入れ額が100万円を超える時などは、収入証明書を提出しなければなりません。しかし少額借り入れであれば、その書類は原則不要です。
SMBCモビットは、必ず収入証明書を提出しなければなりません。たとえ少額で借りる時でも、収入が分かる書類を提出することになるのです。給与明細の場合は、直近2ヶ月分の明細書が必要です。

即日融資のための締め切り時間が早い

SMBCモビットで即日融資を受けたいなら、18時頃までには申し込みを済ませる必要があります。というのも夜遅い時間帯になりますと、モビットに対する申し込みの件数も増えます。

審査に時間を要してしまいますから、20時頃に申し込みしても即日融資を受けるのは難しい事も多いです。
審査時間は9~21時ではありますが、あまり遅い時間帯に申し込みすると、翌営業日になってしまう可能性があります。翌日に持ち越したくない時は、遅くとも19時頃までには申し込みを済ませましょう。

30日間無利息サービスがない

多くの大手消費者金融には、30日無利息のサービスがあります。借りてから30日以内に完済できれば、利息がゼロ円になる訳です。短期間で返済できる時などは、とてもお得なサービスではあります。

しかしSMBCモビットには、その30日無利息というサービスはありません。たとえ30日などの短期間で完済できたとしても、通常通りの利息を支払う必要はあります。銀行カードローンなどと同じく、常に通常金利が適用される訳です。

書類の提出方法がわかりづらいことも

SMBCモビットでは、下記の3つの方法で書類を提出する事ができます。
・PC
・スマホのアプリ
・FAX

PCもしくはアプリの場合、提出する書類の画像データを送信します。FAXの場合、書類のコピーなどを送信する事になります。
ただスマホで書類を送信する場合、一旦はアプリをインストールした上で書類を提出するよう誘導される
のです。インストールするのは少々手間がかかりますし、慣れていない内は書類提出に時間がかかる事もあります。

なおSMBCモビットの審査の所要時間は最短30分であり、最短1時間で融資を受ける事も可能です。またWEB完結で申し込みをすれば、勤務先への電話連絡を無しにする事もできます。

SMBCモビットの金利・返済額はいくらになる?

モビットの金利は3~18%ではありますが、初回契約の時は18%になるケースが多いです。ただ取引歴が長い方や、借り入れ枠が増えた時には、適用金利が下がる事もあります。ちなみに枠が100万円を超えた時は、金利は15%になります。
それとモビットの毎月返済額は、借り入れ額にも左右されるのです。具体的には、下記の通りです。

借入額 毎月の返済額
10万以下 4,000円
10~20万 8,000円
20~40万 11,000円
40~50万 13,000円

申し込み条件はどうなってる?

SMBCモビットの申込条件は、下記の通りです。

申し込み条件

年齢は満20歳~69歳
定期的に収入を得ている
安定収入がある

ここでの定期収入とは、週3日以上は何かの仕事をしている事です。正社員だけでなく、パートや派遣も対象になるのです。ただし単発バイトで収入を得ていたり、専業主婦の方は対象外になります。
また消費者金融は、年収の3分の1を超える金額を貸してはいけない事になっています。総量規制というルールが適用される訳ですが、SMBCモビットも例外ではありません。

申し込みに必要な書類は?

SMBCモビットに申し込みする時は、本人確認書類と収入証明書が必要です。前者の本人確認書類とは、下記のような書類を指します。
・免許証
・健康保険証
・パスポート

ちなみに免許証ですが、何か変更事項がある時は裏面もコピーして提出する必要があります。カード型の保険証も、裏面コピーを提出することになります。
収入証明書とは、下記のような所得が分かる書面です。
・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細(最近2ヶ月分)
・所得証明書

SMBCモビットの「Web完結申込」の条件

SMBCモビットでは、スマホだけで申し込みする事ができますし、借り入れや返済も可能です。ただモビットのWEB完結申し込みには、下記のような条件があります。

WEB完結申し込みの条件

三井住友銀行か三菱UFJ銀行かゆうちょ銀行のどれか1つを、口座振り替えに設定する必要がある
免許証かパスポートを提出
社会保険証か組合保険証を持っている

上記の3つの条件を満たしていないと、WEB完結で申し込む事はできません。パートや自営業の方は国民健康保険証を利用している事が多いので、WEB完結で申し込むのは困難です。

土日も振込キャッシング可能

急にお金が必要になる事態は、平日限定で起こるわけではありません。ときには土日に借りたくなることもあるので、そのときにどうすればよいか、しっかり把握しておいてください。SMBCモビットは土日でもすぐにキャッシングが可能であり、ポイントさえ押さえておけば、慌てず確実にお金を用意することができるのです。
では、カードを持っている場合と持っていない場合に分け、その方法を解説していきます。とりあえず平日にしか借りない予定の人も、いざというときのために、頭の片隅にとどめておいてください。

すでにカードを持っている人は

SMBCモビットのキャッシング方法が2通りあることは説明しましたが、土日に急いでお金を借りるのであれば、方法は提携ATM一択になります。振込みキャッシングも可能ではありますが、振り込まれるのが翌営業日となってしまうため、すぐに借りる必要があるときは不便です。
コンビニATMなら24時間利用できるので、早めに行動してしっかりキャッシングしてください。手数料が気になるときは、なるべく三井住友銀行にしておきましょう。

まだカードを持っていない人は

カードを持っていないときは、まず申し込みを行い、カードを発行してもらう必要があります。急いでいると、そうした手順を煩わしく感じることもありますが、SMBCモビットの審査時間は30分なので、即日融資は十分に可能です。きちんと早めに行動していれば、その日のうちにカードを受け取り、お金を借りることができます。
フリーコールの場合、申し込みの受付時間が9時~21時になっているので、余裕をもって電話をかけるようにしてください。

モビットカードはローン申込機で受け取ろう

モビットでは、ローンカードを受け取る事もできます。申込機で当日に受け取る事ができ、営業時間は9~21時にあります。審査に通っていれば、基本的にはスピーディーにカードを受け取れるのです。
ただカードを発行してもらうためには、下記のような本人確認書類を提出する必要があります。
・免許証
・保険証
・パスポート
・個人番号カード

書類を持参するのを忘れてしまうとカード受け取りも時間がかかってしまいますから、事前に準備しておきましょう。

コンビニATMでの利用が便利

SMBCモビットの場合、自社ATMがありません。カードでお金を借りるためには、コンビニにあるATMを使う必要があります。使い方自体はとても簡単で、銀行のキャッシュカードでお金を引き出すのと同じ要領になります。コンビニにあるATMですから、もちろん24時間いつでも利用できます。
なおモビットカードを利用できるコンビニのATMは、下記の通りになります。
・セブン銀行のATM
・ローソンにあるATM
・E-netのATM

土日以外も21時まで即日融資可能

SMBCモビットからお金を借りる方法は色々ありますが、下記の方法が一番スピーディーです。
・WEBで申し込むする
・ローン契約機に行く
・カードの受け取り
・コンビニのATMで借りる

ローンカードを受け取る必要がありますから、ローン契約機に足を運ぶ必要はあります。
なおローン申込機は、土日以外でも21時まで営業しています。振り込みキャシングに対するこだわりはなく、一刻も早くお金を借りたい時は、ローン申込機でも手続きも検討してみて下さい。

振込キャッシングとATMキャッシングはどのように使い分けるべきか

振り込みキャッシングは、口座引き落としの期日が迫っている時には便利です。公共料金やクレジットカードのお金などを支払う必要があるものの、残高不足になりそうな時に活用してみると良いでしょう。振り込み手数料節約できるメリットも大きいです。
しかし出張や旅行に行く時などは、カードキャッシングの方が便利な一面もあります。旅先などで急に現金が不足してしまった時などは、かえってコンビニATMの方が利用しやすい事もあるからです。

近くにローン申込機が無い人はスマホキャッシングを利用しよう

モビットには、スマホキャッシングというサービスがあります。モビットの公式アプリがあれば、誰でもスマホ1つでサービスを受けられるのです。
スマホキャッシングのサービスを利用する時の流れは、下記の通りです。

会員専用のMYモビにログインする
スマホATM取引という箇所を選択する
ATMの画面にQRコードが表示されるので、スマホで撮影する
ATMで企業番号と暗証番号を入力する
ATMで現金を受け取る

上記のような流れになるので、カードレスでサービスを利用できます。

対応機種はセブン銀行

ATMスマホキャッシングには、1つ注意点もあります。セブン銀行ATMに限定されるのです。
そもそもコンビニにあるATMにも、色々な種類があります。ATMはそれぞれ機能も異なりますが、上述のスマホサービスを利用できるのは、セブン銀行に限られるのです。
セブン銀行は、カードレスに関するサービスには積極的ですし、他社に先駆けてカードレスの出金サービスも採用しています。セブン銀行のATMは設置台数も非常に多いですし、とても便利です。

モビットカードって何?

モビットカードとはどのようなカードなのでしょうか?

この点については、モビットカードはSMBCモビットを便利に使用するのに役立つローンカードになります。SMBCモビットはカードレスという形態でも利用することはできるのですが、ローンカードを発行することで全国約13万台と言われる台数の提携ATMが手軽に利用できるようになります。

そうなるとより手軽に利用することができますのでとても便利に利用することができます。

カードの特徴

SMBCモビットのモビットカードは2018年4月24日からはTカードプラス(SMBCモビットnext)が新たにサービスを始めています。そこで、2種類のモビットカードの特徴をまとめて確認してみます。

モビットカード(一般タイプ)は全国約13万台の提携ATMでキャッシングと返済に利用できるなどの特徴があります。Tカードプラス(SMBCモビットnext)は•モビットカードの基本機能に加え、クレジットカード&Tカード機能がプラスされたという特徴があります。

何に利用できる?

モビットカードのそれぞれの利用用途について確認しましょう。

モビットカード(一般タイプ)は三井住友銀行ATMで手数料無料のキャッシングや返済時に利用できます。Tカードプラス(SMBCモビットnext)はモビットカードの用途全般に利用でき、国内・海外でのクレジットカードショッピングやインターネットショッピングを行うなどで利用することができます。このように、モビットカードには利用用途もいろいろとあります。

SMBCモビットのサービスを他社と比べると…

SMBCモビットはとても優れたキャッシングサービスで、高い顧客満足度を持つカード商品です。

けれども、他社と比較した時はどんな点がメリットになるのでしょう?そこで、これからSMBCモビットと他社を比較してみたいと思います。

そこで金利や限度額、審査時間・借入方法・無利息サービスの有無などの比較項目を設けて比較してみることで、このカードのサービスを他の会社のサービスとしっかりと比較することができるでしょう。

比較項目

比較をする際に、SMBCモビットと比較するのはアコム・アイフル・プロミスの3社をチョイスします。そして、SMBCモビットと他社の大手消費者金融と比較を行う点として、金利・限度額や審査時間・借入方法・無利息サービスの有無、そして、返済期日・最小返済額・提携ATM手数料です。これらの項目はいずれも、会社を選ぶときに利用者が気にすることが多いと言われる項目になります。これらを3つに分けて比較しています。

金利・限度額の比較

金利・限度額についての比較については、金利はそれぞれSMBCモビット・アコム・アイフル・プロミスで、3.0%~18.0、3.0%~18.0%、3.0%~18.0%、4.5%~17.8%です。

限度額はSMBCモビットが800万円、同じくアコムが800万円、アイフルは最大800万円、そしてプロミスでは500万円となっています。このように、大手の消費者金融では比較してみるとどれくらいの金利なのか、どれくらいの限度額なのかが分かりやすいです。

審査時間・借入方法・無利息サービスはある?

審査時間・借入方法・無利息サービスの有無についてSMBCモビット・アコム・アイフル・プロミスで比較をすると、 審査時間はどれも最短30分とされ、借入方法はSMBCモビットが銀行振込と提携ATMです。

アコムは銀行振込と自社ATM、そして提携ATMと店頭窓口となっています。アコムと同様なのがアイフルとプロミスです。そして、無利息サービスについてはSMBCモビットは無しで、アコムとアイフルとプロミスはありとなっています。

返済期日・最小返済額・提携ATM手数料

返済期日・最小返済額・提携ATM手数料については、SMBCモビット・アコム・アイフル・プロミスで、返済期日はSMBCモビットが毎月5日、15日、25日、末日のうち、任意指定日で、アコムは35日ごとか毎月指定日、アイフルは35日ごとか毎月指定日、プロミスは毎月5日、15日、25日、末日のうち、任意指定日です。

最少返済額はそれぞれ4,000円 3,000円 4,000円 2,000円です。ATM手数料は有料です。

中小消費者金融や銀行カードローンとも比較

SMBCモビットと中小消費者金融を比較すると、中小消費者金融は上限金利は高い業者があり、最大限度額は少なめとなっています。

中小消費者金融は自動契約機を持つ業者は非常に少なく、比較業者の中で自動契約機のある業者はひとつもないということになりました。中小消費者金融の審査時間については大手のようなスピーディな感じの対応は難しく、審査時間を比較すると大手よりも長くかかってしまうことも多いと言われているのです。

SMBCモビットと大手銀行カードローンの比較

SMBCモビットと銀行カードローンの比較を行うと、銀行カードローンは上限金利が低い傾向があると言われ、SMBCモビットよりも利息は抑えやすいです。

けれども銀行カードローンは過剰融資などの問題から、自主規制の動きがあり、SMBCモビットのような最短30分というスピーディな審査は難しいと言えます。つまり、審査結果がでるまで、最短翌日となるため、即日融資はできないといったデメリットがあるということなのです。

「SMBCモビット」と「クレジットカードのキャッシング」の比較

クレジットカードキャッシングはクレジットカードにキャッシング機能を付加して、1枚のカードでショッピングとキャッシングが両方できるようになったものです。

SMBCモビットのようなキャッシング商品とよく比較されるサービスにこのクレジットカードキャッシングがあるのです。そこで、SMBCモビットとクレジットカードキャッシングを比較しましょう。SMBCモビットとクレジットカードキャッシングにはどのように異なっているのでしょうか。

今まで利用がしたことがない人でも使いやすい?

SMBCモビットをこれまで利用がしたことがないという人も安心でしょうか?

これまで一度もSMBCモビットを今まで利用したことがない人が特に心配という点などについてこれから具体的にご解説します。利用したことがないものを利用する場合には不安があるのは自然です。

お金を借りるのはなんとなく不安というのは納得と言えます。擬態的な説明を読むと曖昧な点が解消して不安も解消できることでしょう。是非参考にしてみましょう。

SMBCモビットの利用は安全

SMBCモビットを利用して怖い思いをする心配は無用です。そうはいっても、SMBCモビットの利用を初めて検討する時は、よくわからないことなどもあって不安になることもある都営ます。

昔のサラ金のイメージなどもあり、怖い思いをするのではないかと心配してしまう方も多いようです。けれども、昨今の消費者金融はそうした不安は全く無用となっており、法改正で以前のような怖そうなイメージはなくなっています。もしも行き過ぎた取立をしたら業務停止命令などの処分を受けることになります。

SMBCモビットの利用はカードローン初心者でも簡単

SMBCモビットはカードローンビギナーもわかりやすく、パソコンかスマホでネットからだれも簡単に申込ができます。案内もわかりやすくて、入力項目もシンプルで迷わずにできるでしょう。

また、契約後もSMBCモビットは会員サービスがたいへん充実して便利で、必要な情報をいつでもチェック可能です。増額申込や各種手続がネット・アプリで完結できるため、利用しやすく分かりやすいサービスになっているということなのです。

初回利用の際注意すること

初回利用の注意点にはどのようなことが挙げられるのでしょうか?

SMBCモビットはしっかりしたサービスで、普通に利用する上では心配はほとんどありません。そうはいっても、あえて気にかけておくと良い点として、無料利用可能なATMが三井住友銀行ATMで、利用しやすい場所にATMがあるかは重要という点や、口座振替返済に指定可能なのが三井住友銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行とされている点などが挙げられています。

SMBCモビットのカードローン審査はどうなっている?

SMBCモビットのカードローン審査はどのようになっているのでしょうか?

SMBCモビットも大手消費者金融業者として当然ながら借り入れ審査が実施されています。この借入審査に通過しなければカードローンを利用することはできません。

そして、審査基準についてはどの金融業者も公開は行っておらず、SMBCモビットを申込みして審査に通過したい場合は審査基準とはどういうものかを考えて、それに合わせた準備を行う必要があります。

SMBCモビットの審査の基準は?

SMBCモビットは申込みから最短30分というスピーディな対応が提供されているサービスで、最短即日融資も可能な消費者金融です。そのSMBCモビットの審査基準についてはどうなっているのでしょうか?

SMBCモビットでお金を借りるときは、「審査に通るだろうか」という不安を感じることもあります。申し込みをしても、審査で落とされてしまえばキャッシングはできないので、これはとても重要なことです。
ここでは、SMBCモビットでどんな審査が行われるか解説していくので、利用するときは参考にしてみてください。そうした情報を仕入れておけば、なるべく通りやすくなるように対策をすることもできます。確実にお金を借りるために、準備を整えておきましょう。

この点についてはその審査基準は主に以下の3つの審査項目から構成され、スコアリング審査と信用情報審査、そして在籍確認です。これらの審査は相互補完の関係となっていて、どの審査項目がなくても審査通過ができないのです。

消費者金融よりも少し厳しいことがある

SMBCモビットの審査では、他社からの借入が3~4件あると、それで審査の通過が難しくなることがあります。少し厳しいようですが、これには理由があります。
Web完結を選択した場合、必要な書類さえ提出すれば、電話による在籍確認が免除されることになりますが、それには念入りな審査が必要不可欠です。他の部分を慎重に行うことで、電話なしでも申込者の見極めができるようにしているわけです。
審査で弾かれないためには、できるだけ返済して、件数を少なく抑えるようにしてください。

SMBCモビットは総量規制の対象になる

総量規制というのは、年収の3分の1以上は借りられないルールのことです。SMBCモビットも対象となっているため、申し込んだ時点での他社からの借入は、厳しくチェックされることになります。
他社から借りすぎてしまい、すでに3分の1に届きそうな場合は不利になるので、借り方にはくれぐれも注意してください。自分の年収を考慮して慎重に借りていれば、失敗を防ぐことができます。すでに借りすぎていることがわかったときは、できるだけ返済を進めるようにしましょう。

金融ブラックは当然審査NG

審査では信用状を調べられるので、過去に何か問題を起こしていると、かなり警戒されることになってしまいます。長期の延滞や債務整理の記録は、審査に落ちる原因になるので、普段から気をつけておくようにしましょう。
いったんマイナスの情報が記録されると、5~10年は残り続けることになるため、その間は審査が通りにくくなります。そのような事態を避けるためには、どんなときでも油断せず、正しく利用することを心がけましょう。

虚偽申告をすると融資は受けられない

審査が不安なときは、「嘘をついても通ったら借りられるのでは?」といった誘惑にかられることもありますが、絶対にやめてください。嘘の情報を伝えて審査を通過できたとしても、バレたらそこでおしまいです。虚偽の申告とわかった時点で融資は取り消しとなり、一括で返すことになってしまいます。それを防ぐには、必ず本当のことだけを伝えるようにしましょう。
これは、SMBCモビット特有のものではありません。どこでも同じなので、申し込むときは気をつけてください。

SMBCモビットのスコアリング審査って何?

SMBCモビットのスコアリング審査についてご紹介してみましょう。

スコアリング審査は申込者から提供される個人情報をベースに、それらを統計的な処理によって点数化していく審査で、その合計点がSMBCモビットの定めた足切りラインの点数を超えた場合のみスコアリング審査通過とする審査方式になります。そして、SMBCモビットが他の消費者金融と異なっているのが、このスコアリング審査については10秒簡易審査という独特の仮審査システムを設けていることです。

SMBCモビットの信用情報審査って何?

SMBCモビットの信用情報審査については、SMBCモビットが外部の信用情報機関に申し込みを行った人の個人情報を照会し、本人の信用状態を確認するという手続きを言います。

この審査は審査項目の中で最も重要な手続きの一つと言われ、その人の信用力について調査を行います。チェック項目はいろいろとあるといわれていますが、特に過去の金融事故情報(返済などを滞納していないか等)が重視されているといわれているのです。

SMBCモビットの在籍確認審査って何?

SMBCモビットの在籍確認審査では、SMBCモビットが申込者の勤務先に電話をし、申込者本人が勤務しているかどうかを確認する事実確認のための審査です。

本人が外出中で、周りのスタッフがそのことを電話で伝えるだけでも完了するといわれていますが、全く在籍確認が取れなければSMBCモビットを利用することはできません。SMBCモビットではネットで申し込みから借り入れまで全手続きができるWeb完結などがありますが、どの申し込みでもこの審査は原則行われます

申し込み、審査時に必要な書類はある?

申し込みや審査時に必要な書類についてはどうでしょうか?

SMBCモビットは申込画面の入力途中で10秒簡易審査の結果が表示され、必要書類が10秒簡易審査を通過して提出するという流れと言われます。書類の提出は簡単で、書類をスマホカメラなどで撮影したら画像を送信するだけです。

それでウェブ手続きが完結するのでたいへん手軽に借り入れ申し込み・審査申し込みを行うことができるのです。とてもシンプルなので分かりやすいです。

SMBCモビットでは本人確認書類必須

SMBCモビットは申し込みする時に本人用確認書類の提出は絶対に必要といわれています。書類の種類や注意すべきポイントについてご説明します。まず、運転免許証の変更事項がある場合には裏面コピーも必要になります。健康保険証には氏名や生年月日、住所ページを、カード型保険証は裏面コピーも必要となっています。パスポートは顔写真および住所のページを用意し、いずれも有効期限内か現在有効なものを提出するようにしましょう。

SMBCモビットでは収入証明書類の提出が必要なことも

SMBCモビットは収入証明書類提出が求められることが多くあります。

というのは貸金業法では、条件により収入証明書類による年収確認が義務づけられているためで、SMBCモビット申込時に収入証明書類提出を依頼されるという場合があります。

法律により収入証明書類を提出するケースについては、SMBCモビットと他社借入合計額が100万円を超える場合や提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合が挙げられています。

SMBCモビットの審査に落ちる理由

SMBCモビットだけではないのですが、SMBCモビットの審査に通過しない理由としてよく挙げられているのが、収入が一定基準に達していないということや総量規制を超える借り入れを行おうといしている時であったりします。

さらに、実際とは違う情報で申し込んだということや信用情報に傷があるということも審査に通過しない理由と言えます。また、複数社に申し込んでいるという場合にもSMBCモビット審査に通過しない理由と言えます。

収入が一定基準に届いていない

収入が一定基準に達していない場合も審査に通過しない理由です。

SMBCモビットだけでなく、業者は申込者に返済能力があるかという点を確認しています。多くの収入があればいいというわけではなく、安定した収入があることが必要とされています。貸付を行う側は返済する可能性が低いよりしっかり安定的に返済してもらえる人に貸したいのです。また、収入に対し希望額が大きすぎると審査に通過しない原因になるため注意するようにしましょう。

総量規制を超える借入になる

総量規制を超えるような借り入れを行おうとしていることも審査に通過しない理由と言われています。

というのは消費者金融では年収の3分の1以上の貸付を行うことができません。SMBCモビット側が返済能力があると判断したとしても総量規制のルールを無視はできないのです。他社から借り入れがある場合は、残りどれくらい借りられるのかという点をはっきりさせてから申し込みをおこないましょう。

4社以上から借りているという場合は審査に通過することが非常に困難です。

うその情報で申し込んだ

実際と違う情報で申し込むことも審査に通過しない理由です。審査に通過したいから個人情報などについて故意に違う情報を記載すると相手に分かってしまいます。

信用情報の照会によって確認されますので、違う情報はすぐにわかるのです。したがって、故意に違う情報を入力することは避けてください。もし分かってしまうとその事実が残ってしまい、今後の借り入れ時に悪い影響を与えてしまう可能性があるということになってしまいます。

信用情報に傷がある

信用情報に傷があるということも審査に通過しない理由と言えます。過去の借り入れの返済などを滞納したことがある場合は事故情報として信用情報機関に登録されていることがあります。

こうした状況はブラックリスト入りと言われますが、一度ブラックリストに入ると5年間は消えないということがあるのです。返済能力がないと判断されてしまうため、この点は最も気を付ける必要があるということなのです。このように信用情報に傷があると審査に通過しません。

複数社に申し込みをしている

複数社に申し込んでいる場合も審査に通過しにくくなります。信用情報機関は約半年間、借入申込情報記録が残されていますので、短期間で複数社に申込すると審査では不利です。

1社審査に通過しなかったから一気に沢山の業者に対して申込みすると申込ブラックということになってしまうのです。

したがって、複数社へ申込情報が記録されることで、SMBCモビット以外の業者の審査も通過しなくなりますので、この点については注意が必要です。

SMBCモビットの審査に通るためには?

SMBCモビットの審査に通過しやすくする方法はあるのでしょうか?そこでこの点についてご紹介したいと思います。

申し込みする以上は借り入れを行いたいということといえますが、申込者がSMBCモビットの審査基準を満たすことができるとして、どの点に留意すると審査に通過しやすくなるのか、その方法を考えてみましょう。この点については3つほどポイントが挙げられていますので、審査通過しやすくする方法をご説明します。

限度額を低くして申込み

SMBCモビットの審査に通過しやすくする方法としてまず挙げられるのが、限度額を低くして申込みするということです。希望借入額が大きいと、貸す側にとって返済してもらえない場合のリスクは大きくなります。

そのため、希望額が高いとそれだけ審査の難易度は上がります。そうなるとどうしても審査に通過しにくくなってしまうのです。そのため、まずは希望額は低くして申し込み、ある程度利用実績などができたときに増額を申し込んでみましょう。

短期間に複数申込みしない

短期間に複数申込みしないということも大切なポイントです。短期間に複数社の借り入れを申し込んでしまうと、いわゆる申し込みブラックと考えられてしまうのです。

特に1ヶ月以内に3社以上申込みしてはいけません。借り入れブラックということは、それだけお金に困っているということになります。そうなると、お金を貸す側にとっては返済が滞りやすいといったリスクがあると判断してしまうのが自然といえます。したがってこの点は注意点です。

偽った申告しない

間違った情報を記載しないということも大切なことです。

申込者がよくありがちだといわれているのが、見栄や虚栄心などがあって、収入や勤務年数、勤務先などで間違った情報を記載してしまうということだといわれているのです。

しかしながら、貸す側はかならずその人の信用情報を照会しますので、審査を行うと間違った情報が記載されているということがわかってしまうのです。そうなると審査に通過しないことになってしまいますので気をつける必要があります。

他行借入件数を減らす

SMBCモビットの審査に通過しやすくする方法として他行借入件数を減らしておくということも必要です。

SMBCモビットも審査では他社の契約件数を必ずチェックすることになっています。というのは消費者金融は総量規制のルールの対象になっており、その人の年収の3分の1を超える金額を貸す付けすることはできません。したがって、他社借り入れには敏感になります。申込前には解約やおまとめなどで件数を減らしておくことをおすすめします。

SMBCモビットの10秒簡易審査って何?

SMBCモビットの10秒簡易審査とはどのような審査なのでしょうか?

10秒簡易審査は通常の審査項目より少ない項目を入力する簡易的な方法で、融資が可能かどうかがすぐ分かる審査のことになります。しかし、入力項目は少ないといっても、その主たる入力項目には個人名や生年月日、本人連絡先や税込み年収、勤務先種類等などの重要な情報が必要とされています。そのため、他社の簡易審査と比較してもかなり審査結果については信頼可能といえるでしょう。

SMBCモビットの審査はどれくらいかかるの?

SMBCモビットの審査時間はどのようになっているのでしょうか?

この点については、SMBCモビットの審査受付時間は平日9:00~21:00、土・日・祝日は9:00~21:00です。SMBCモビットは平日だけではなく土日・祝日も審査受付が行われています。そして、審査時間は最短で30分、さらに最短で即日融資も可能になっており、このようなサービスは急いで借り入れをしたい人がいつでも素早くなりいれ可能な便利なサービスです。

申込みから融資までの流れ

申込みから融資までの流れについてはどのようになっているのでしょうか?

SMBCモビットはいろいろな申し込み方法があります。SMBCモビットの申し込み方法にはパソコンやケータイ、スマートフォンや郵便、電話やローン申込機の6通りの方法があるのです。

では申し込みを行う時にはどのようなプロセスで手続きが進んでいくのでしょうか?そこで、SMBCモビットの申し込みから融資までの流れをご説明していきたいと思います。

スマホやPCでサイトにアクセスし、必要情報を入力する。
申し込み完了のメールが送信されてくる。
SMBCモビットに必要書類を提出する。
カード申込みなら電話で在籍確認される(WEB完結は電話は行かない)。
審査結果が通知される。
WEB完結はスマホで契約手続きを行い、カード申込みは契約機で契約する。
振り込みもしくはカードでお金を借りる。

申込み

SMBCモビットの大まかな申し込みの流れは次のようになっており、申し込み方法6通りのうち、各申し込み方法で審査を申し込むことになります。審査の実施があり、審査結果の回答があります。

そうすると必要書類の提出、契約手続き、そしてローンカードの受け取りという流れになります。そうすると、会員サイトやATMなどを利用して、お金を引き出すことができるようになります。

このように、申込から審査、結果回答とった流れとなっています。

Web完結と通常申込みはどう違う?

Web完結と通常申込みの方法では違いがあるのでしょうか?

そこで、カード申込とWeb完結申込のそれぞれの申し込み方法の特徴をご紹介しましょう。

カード申し込みは一般的な申し込み方法ですが、この申し込み方法がWeb完結申し込みと大きく違う点は自宅から手続き可能か、それとも出向いて手続きを行うのかという点が違います。急いでいるという場合にはどちらも対応可能といえますが、外出せずに手続きを行う場合はWeb完結がおすすめです。

カード申し込みをする

カード申込による申し込み方法についてご紹介してみたいと思います。

カード申込は10秒で簡易審査結果表示があり、振込キャッシングや提携ATMで借り入れを行うことが可能といった特徴があります。そして、ローン申込機(自動契約機)で即日カード発行も可能となっており、素早い融資を受けたいという場合にはこうした論申込機などに出向いてから手続きを行う方法になります。自宅から行いたいという場合には次のWeb完結がおすすめです。

Web完結申し込みをする

Web完結申込という申し込み方法もあります。

この申し込み方法の特徴として挙げられるのが、本人確認などの電話連絡がないという点や契約書類や利用明細の電子化によって郵送物がないという特徴もあります。さらに、カードレスなので利用を周りに知られにくいという点や入会後にすぐ利用可能であったり、返済は口座振替であるため、うっかり返済忘れがなく安心であるといった点などが挙げられています。このようにWeb完結はとても便利です。

スマホ(PC)から申し込みをする

スマホで申し込みをする為には、まずSMBCモビットの公式ページにアクセスします。

ページにはカード申し込みとWEB完結のオレンジ色のボタンがありますが、WEB完結は後者のボタンをクリックします。契約機で契約したい時は、カード申込みの方をクリックします。
すると色々な情報を入力するフォームが表示されますから、1つずつ間違いのないように入力していきます。もしも入力した内容が間違っていますと、携帯に確認の電話がかかってきてしまう事もあり、融資を受けるのに時間がかかります。

郵送で申し込みをする

これは、申込用紙の必要事項を埋め、必要な書類とセットで郵送する方法です。この方法だと、どうしても配達の時間を挟むことになるため、すぐに手続きを済ませたい人には向いていません
しかし、インターネットが苦手で自信がない人でも簡単に申し込める点は、見逃せないメリットです。ネットを使うことに抵抗がある人は、ぜひチェックしておいてください。近くに用紙を置いているところがない場合は、電話で取り寄せることも可能です。

電話で申し込みをする

SMBCモビットのフリーコールを利用すれば、電話で申し込みを終わらせることができます。これも、ネットが苦手な人にはぴったりな方法です。電話でのやりとりに抵抗がない人は、申し込み方法の選択肢に加えておいてください。
ただし、時間制限には注意しましょう。フリーコールによる新規契約の受付は、9時~21時となっています。きちんと申し込みを終わらせるためには、その時間を狙うことが大切です。あまりギリギリにならないように、余裕をもって行動しましょう。

ローン申込機で申し込みをする

この方法では、SMBCモビットのローン申込機だけでなく、三井住友銀行のローン契約機も利用することができます。これは、かなり魅力的なのメリットになります。他の大手消費者金融では、自社の申込機しか使えないことも多いため、不便さを感じたりするものです。しかし、使える申込機が多くなれば、そうした悩みは少なくなるのです。
三井住友銀行のローン契約機は店舗内にあるので、ぜひ探してみてください。SMBCモビットのローン申込機が使いにくい事情があるときは、そこですんなりと申し込むことができます。

申し込み完了のメール・書類を送る

入力した内容に間違いが無い事を確認して、データを送信すると申し込みが完了します。ユーザーIDの保管が必要というページが表示されて、SMBCモビットから申し込み完了のメールが送信されてきます。そのメールに書かれているリンクにアクセスすると、審査結果照会のページに行く事ができ、アプリで書類を提出するよう求められます。
しかしアプリで提出するのは、若干手間がかかります。アプリでなく他の方法で提出したい時は、20分ほど待ちましょう。他の手段で提出する方法を案内したメールが送られてくるので、その指示通りにすれば書類を提出できるからです。

後ほどWeb完結の詳しい説明をします。

審査の際は

審査というプロセスでは、SMBCモビット審査に要する時間については最短30分となっています。

審査結果は電話かメールで回答され、ウェブ完結申し込みの場合はメールのみで回答されます。 カード申込みをした場合、お勤め先には電話が行きます。ただしSMBCモビットという社名は出ません。オペレーターの個人名での名乗りになります。もしも会社の同僚に電話を取られたくないない時は、自分で電話に出れるようにしましょう。
手続きをスムーズに済ませたい時は、「在籍確認の電話が来る」という旨を同僚に説明しておきましょう。それに抵抗がある場合は、「クレジットカードを申し込んだので、電話が来るかも」と伝えておくと良いでしょう。
ちなみにWEB完結で申し込みした時は、勤務先に対して連絡がいく事はありません。そのまま待っていれば、審査結果が通知されます。

契約手続きの際は

無事にSMBCモビット審査を通過した後、契約手続きを行います。

SMBCモビットの契約手続きはウェブ完結か郵送のどちらかで、前者はネット上での入会手続きになります。その他の申込方法だとローンカードと入会申込書が郵送で届けられるという流れになっています。

もし、届けられる書類などが自宅に郵送されると困るという場合には、ネットからウェブ完結で申込するようにしましょう。そうすると郵送物なしで手続きを行えます。

WEB完結でなくカード申込みにした時は、無人契約機で契約手続きを行う必要があります。1つ注意すべきなのは、無人契約機の営業時間は9~21時になります。時間帯によっては、契約機が閉まっていますから、遅れないよう気をつけましょう。なお契約が完了すれば、その場でカードと契約書を受け取る事ができます。

融資の際は

契約手続きが済むと続いて融資のプロセスになります。

SMBCモビットでは、その日のうちに融資が受けられる即日融資にも対応しています。即日融資を受けたいという場合にはインターネットから申込するのが便利と言われています。

ネット申し込みを利用して、即日融資を受けるという流れについては三菱UFJ銀行または三井住友銀行の口座を保有しているか同課で異なっていますので、その点についてご紹介してみますので参考にしてみてください。

WEB完結でなくカード申込みにした時は、無人契約機で契約手続きを行う必要があります。1つ注意すべきなのは、無人契約機の営業時間は9~21時になります。時間帯によっては、契約機が閉まっていますから、遅れないよう気をつけましょう。なお契約が完了すれば、その場でカードと契約書を受け取る事ができます。

三菱UFJ銀行または三井住友銀行の口座を持っている方

三菱UFJ銀行か三井住友銀行の口座を持っているという場合、SMBCモビット公式ホームページのWEB完結申込から審査を申し込むようになります。

まずは審査の実施があり、次に在籍確認がなされます。

そして、ネット上で入会手続きが行われて本人用の確認書類提出となります。その後、入会完了メールが届けられて手続き完了です。SMBCモビット会員ページから振込依頼を申請し、指定した口座に現金が振り込まれると言った流れになります。

三菱UFJ銀行または三井住友銀行の口座を持っている方

三菱UFJ銀行または三井住友銀行の口座を持っていない場合、SMBCモビット公式ホームページのカード申込から審査を申し込みます。

その流れは、まず審査実施があり、在籍確認の実施、そしてインターネット上で入会手続きを経てから本人用の確認書類の提出となります。その後、SMBCモビット自動契約機でローンカードを発行し、SMBCモビットとの提携ATMでローンカードを挿入して現金を引き出すと言った流れになっています。

SMBCモビットの無人契約機・ATMを検索しよう!

SMBCモビットの無人契約機・ATMを検索することができます。ご存知のように、ウェブ完結申込でない時には自動契約機で契約・ローンカード発行を行うことで即日融資を受けることができます。

最寄りの無人契約機やATMを調べたいという時は検索機能を活用して調べることができます。無人契約機やATMを用いると、急いでいる時に借り入れをスピーディに行うことができるので、お近くの無人契約機やATMを検索しておきましょう。

借入のためにはどうしたらいい?

借り入れ方法についてはどのようになっているのでしょうか?

SMBCモビットの借り入れ方法は、振込キャッシングや提携ATMのどちらかです。

振込キャッシングは、SMBCモビット会員ページから手続きできるようになっています。借り入れ方法について知っておくことで、より良い方法を選択することができるようになります。借り入れ方法について知ったら、次はSMBCモビットの最短融資の方法と審査にかかる時間について知っておきましょう。

SMBCモビットの最短融資の方法と審査にかかる時間はどれくらい?

SMBCモビットの最短融資の方法と審査にかかる時間はどのようになるのでしょうか。どちらもスピーディに借り入れを行いたいという方にとってはポイントになります。

最短融資を受けるためには素早く申し込むことができる方法が必要です。

そのための方法にはどのような申し込み方法があるのでしょうか・また、審査にかかる時間はどれくらいなのでしょうか?そこで、最短融資するための方法と審査にかかる時間について解説していきます。

はじめに「お借入診断」を試してみよう!

まず はじめにお借入診断を試してみましょう。お借入診断は、生年月日・税込年収・現在他社借入金額の3つを入力するだけというとても簡単な方法で、借入可能かどうかを即座に判断してくれるという10秒簡易審査になります。

しかしながら、ローン申込機からの申込では10秒簡易審査は適用されないので注意しましょう。これはあくまで目安的なものなのですが、すぐ借入可能かどうかを知る事ができるため試してみるのがおすすめです。

最短融資におすすめの申込方法は?

最短融資におすすめの申込方法についてはどうなのでしょうか?

お借入診断で借入可能と判断されると申し込みを行っていきます。SMBCモビットの申込方法はつぎの6つの方法があります。まず、パソコン、そしてスマートフォン、郵便や電話、ローン申込機(自動契約機)です。

もしできるだけ早く借り入れを行いたい場合は、最短融資におすすめのパソコン・携帯電話・スマートフォンから申し込むようにしましょう。これらの方法が最短融資につながっています。

審査にかかる時間はどれくらい?

審査にかかる時間についてはどうなのでしょうか。

SMBCモビットでは審査時間は最短30分とされています。そして、審査はスコアリング(コンピューターによる審査)が中心となるのでたいへんスピーディーです。

ただ、最終的には人の目視も入るため、申込する人が多くて混み合っている場合には時間がかかってしまうこともあるということなのです。そうはいってもほとんどのケースでは当日中に完了することが多いと言われています。

WEB完結利用だとどんなメリットがある?カード発行なしで即日融資

SMBCモビットは、WEB完結という方法で申し込みしていれば、振り込みキャシングを最大限活用する事ができます。WEB完結ならカードも発行されませんし、借入に関する証拠が残らないのです。何らかの事情があって、内緒でお金を借りたい時はWEB完結はとても便利です。
またWEB完結なら、在籍確認で会社に電話がかかってくる事もありませんし、自宅に郵送物が届けられる事もありません。モビットの担当者との電話も不要ですし、ぜひWEB完結を活用してみて下さい。

WEB完結を利用する条件って何?

SMBCモビットのWEB完結というサービスには、利用条件もあります。下記の3つの内、いずれかの銀行口座が必要です。
・ゆうちょ銀行
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行

上記の銀行口座を貸し付けや返済に利用できれば、WEB完結も利用できます
審査で特に問題なければ、申し込みをした当日中にサービスを利用できます。土日でも即日融資を受けられる可能性もあるので、指定の銀行口座を保有しているなら、ぜひ活用してみましょう。

土日でも審査対応可能!

SMBCモビットのサービスを初めて利用する場合、審査に関して不安になってしまう事もあるでしょう。たとえ土日に申し込みをしても、審査が終わるかどうか心配になってしまう事もあるからです。
ですがSMBCモビットであれば、土日でも審査を行ってくれますモビットは土日祝日でも24時間いつでもWEB申し込みする事ができます。平日に限らず、土日でも通常通りに審査を行ってくれますし、早ければ1時間程度でお金を借りられる事もあります。

土日には在籍確認される?

SMBCモビットでは、在籍確認も行っています。平日と同じように審査を行っていますから、土日でも在籍確認は行われるのです。
ただしWEB完結の場合は、会社に電話連絡がいく事は基本ありません。書類があれば、在籍確認できるからです。在籍確認に関しては、下記の2つの書類が必要です。

在籍確認に必要な書類

社会保険証もしくは組合の保険証
最近1ヶ月分の給与明細

上記の2つの書類に加えて、本人確認書類と収入証明書も必要です。給与明細でも収入証明書として認められますが、最近2ヶ月分の明細書が必要です。

WEB完結の手続きの流れをチェック

WEB完結というサービスを利用する時の手続きの流れは、下記の通りになります。

公式サイトの申し込みフォームに入力をする。所要時間は5分目安。
スマートフォンで本人確認書類と収入証明書を撮影して、画像データを作る。アップロード用ページで、画像を送信する。
メールにて、審査の結果が通知される。
振り込みキャッシングで利用する銀行口座を登録する。
MYモビという会員ページにログインして、WEBで入金依頼をする

公式サイトで申し込み

WEB完結を利用するためには、まずSMBCモビットの公式サイトにアクセスします。トップページには2つのオレンジ色の申し込みボタンがあって、カード申込みとWEB完結があります。
後者のWEB完結の方をクリックして、申込みに必要な情報を色々入力していきます。入力ミスがあると、融資に時間がかかってしまう可能性がありますから、注意が必要です。入力内容に間違いがなければ、指定のボタンをクリックして申込みデータを送信します。

スマホから書類提出

モビットの場合は、必要書類を画像データで提出する事になります。まずはデジカメやスマートフォンなどで本人確認書類や収入証明書を撮影して、画像データを作成する訳です。ただし画像が不鮮明ですと、再提出になってしまう事があります。融資に時間がかかりますから、鮮明な画像を作成する必要があります。
画像が作成されたら、アップロード用のサイトを開きます。そして画像データをアップして、SMBCモビットに提出します。

メールで審査結果通知

指定のデータを送信しますと、SMBCモビットによる審査が行われます。審査の結果はメールで通知されます。
その際1つ注意点があって、メールのフィルター設定は確認しておく方が良いでしょう。設定内容によっては、SMBCモビットからのメールが迷惑メールフォルダに振り分けられてしまう事もあるからです。
ちなみにSMBCモビットの場合は、審査結果を公式サイトで確認する事もできます。IDとパスワードと生年月日を入力すれば、審査の進捗状況を確認する事も可能です。

振込先口座登録

SMBCモビットの振り込みキャッシングを利用したいなら、入金先の銀行口座も登録する必要があります

モビットの場合は、登録する銀行口座を細かく指定している訳ではありません。どの銀行口座でも問題ありませんが、登録する際に口座番号も入力する必要があります。手元にキャッシュカードを準備して入力すると良いでしょう。
なお上記でも少々触れた通り、早めに登録を済ませておくのがおすすめです。平日の14時を過ぎてしまいますと、口座情報が適用されるのは時間がかかってしまいます

ネット上で入金依頼

SMBCモビットには、MYモビというサービスがあります。

会員専用のページで、上述の銀行口座の情報も登録できますし、入金依頼の手続きも行えるのです。
操作方法は簡単で、指定の番号や振り込み希望額などを入力して、指定のボタンをタップします。それだけで指定口座に入金が完了しますが、手元に現金が必要な時はATMなどで出金する必要はあります。一旦はWEBで入金依頼した上で、キャッシュカードなどでATMから引き出すことになる訳です。

SMBCモビットで即日融資したいときの注意点は?

SMBCモビットは、申し込みをした当日中にお金を借りる事は可能です。翌日や数日後ではなく、即日で融資を受けられるのです。
早ければ数時間程度で融資を受けられますが、手続きに関する注意点もあります。申し込みは、なるべく早めに済ませておく必要があります。19時を過ぎますと、当日融資は難しくなってしまうからです。
ここではカード申込みとWEB完結の申込の流れと、即日融資に関する注意点を解説していますので、参考にして下さい。

申し込み遅くとも19時(できれば18時)までに終わらせる

SMBCモビットで即日融資を受けたいなら、18時までには申込みを完了する必要があります。審査自体は21時まで行っていますが、夜間は申込みが殺到しますから、審査結果が出るのも時間がかかるからです。

特に土日や祝日の夜は、審査は時間がかかります。
確実に即日融資を受けたいなら18時までに申し込みを完了するべきですが、どれだけ遅くても19時までには申し込みを済ませる必要があります。ただ19時に申し込みしても当日融資は困難な事もあるので、18時までに完了するのが無難です。

急いでいる際は申し込み完了後に電話をする

1分でも早くお金を借りたい時は、申し込みをした後にSMBCモビットに電話しましょう。WEBで申し込みをしますとメールが送られてきますが、その本文には問い合わせ用の電話番号も明記されています。
その番号に電話をかけて、「急いでお金が必要なので、早く審査を済ませてほしい」と相談してみましょう。電話をかけておくと優先的に審査を行ってくれるので、結果が通知されるのも早くなります。
ただし電話をかけても、審査に通りやすくなる訳ではありません。審査の厳しさは変わりません。

Web完結で即日融資を受けるためには

WEB完結で当日融資を受けるまでの手順は、下記の通りです。

・18時までにスマホで申し込みを済ませる。
遅くても19時までに申し込み。
必要書類を提出する。
審査が行われる。
メールで審査結果が通知される。
スマホで、21時までに契約手続きを済ませる。
振り込みキャッシングで、お金を借りる。

注意すべき点は制限時間です。遅くても19時までには申し込みをする必要がありますし、契約手続きも21時までに完了しなければなりません。しかし一旦契約が完了すれば、24時間いつでも振り込みキャッシングを利用する事ができます。

ローン契約機の契約で即日融資を受けるときの流れ

SMBCモビットは、ローン契約機でも即日融資を受ける事もできます。その手順は以下の通りになります。

・18時までにスマホで申し込みをする。遅くても19時。
必要書類も提出する。
審査が行われる。
電話もしくはメールで審査結果が通知される。
ローン契約機に行く。
21時までに、契約機で契約手続きを済ませる。
契約書類とカードを受け取る 。
ATMでお金を借りる。


21時までには契約を済ませる必要があるので、事前にローン契約機の場所を調べておくと良いでしょう。

即日で振込キャッシング

SMBCモビットは、申し込みをした当日中にお金を借りることができます。いわゆる即日融資を受けられる訳ですが、それは振り込みキャッシングも同様です。審査に通って、契約手続きが完了していれば、24時間いつでもお金を借りる事ができます。
ちなみにモビットの場合は、カードを発行しなくても即日で融資を受ける事ができます。申し込みもスマホ1つで問題ありません。WEB完結のサービスになりますし、カードレスでお金を借りられるからです。

口座登録は契約手続きの際に可能

SMBCモビットの振り込みキャッシングを利用する為には、会員ページで口座を登録する必要があります。ただ初回契約のタイミングは、登録するのに時間がかかってしまう事があります。その手順は下記の通りです。

SMBCモビットとの契約が完了
会員ページにログインする
銀行口座を登録する

登録が完了しても、すぐに口座情報が適用される訳ではありません。平日14時を過ぎてしまいますと、かなり時間がかかってしまいます。なるべく早めの時間帯に登録すると良いでしょう。

SMBCモビットの公式スマホアプリを使おう!

SMBCモビットの公式スマホアプリがあるのをご存知でしょうか?

SMBCモビットではiOS版とアンドロイド版スマホアプリがあります。スマホアプリのショップにおいて、SMBCモビットと検索するとすぐに見つかりやすくなっており、これは無料でダウンロードすることができるようになっています。SMBCモビットの公式サイトから直接ダウンロードするかQRコードでアクセスできるようになっています。

そこで、はSMBCモビットの公式スマホアプリとは何かをご解説します。

SMBCモビットの公式スマホアプリってどんなの?

SMBCモビットの公式スマホアプリとは何なのでしょうか?

最近では公式スマホアプリを活用できる金融機関も増えていますが、そのような中でもSMBCモビットの公式スマホアプリは機能上では一歩リードしているという印象があります。

公式スマホアプリをインストールすると、増額審査申込や書類提出などの手続が24時間スマホで可能です。そして、セブン銀行はローンカードレスで入出金が可能などでとても便利になっているのです。

スマホアプリで何ができる?

スマホアプリではどのようなことができるのでしょうか?

SMBCモビットでは、セブン銀行ATMでローンカードを使用せずに入出金可能なスマホATM取引や最短3分で指定の預金口座へ融資金を振込できる振込キャッシングなどができます。また、万が一支払日に間に合わないという場合に電話なしで支払予定日の登録が可能なお支払予定日登録、約定支払日変更も可能になっています。このようにアプリでできる事はいろいろあります。

SMBCモビットではいくらまで借りられる?

SMBCモビットの借入額はいくらまで可能なのでしょうか?

この点については、SMBCモビットの利用限度額は1万円から最大800万円とされています。最低利用限度額が1万円からだというというのは珍しいと言われます。そして、最高限度額800万円は消費者金融として大きいほうと言えます。

SMBCモビットでは、契約時にSMBCモビットから指定された利用限度額範囲内であれば何度でも繰り返して借入を行うことができます。

SMBCモビットのおまとめローンって?

SMBCモビットのおまとめローンについては、厳密にはSMBCモビットにはおまとめローンという商品はありません。

しかし、SMBCモビットを利用する目的は基本的には自由であるので借り換えとして使用するには問題はないのです。したがってこれが実質的なおまとめローンと言えます。そうはいっても、SMBCモビットはおまとめローンに不向きということは指摘されます。上限金利が18.0%なので高いという点が挙げられます。

返済方法

返済方法についてはどのようになっているのでしょうか?

SMBCモビットで借入した場合にはこれで全て完了というわけではなく、SMBCモビットで借入したお金は毎月1回の返済で返していくことが必要になります。

返済がきちんと行われなければ、次に借り入れをしたいという場合にも当然貸してはもらえません。したがって、返済はたいへん重要になります。

そこで、SMBCモビットの返済方法についてこれからご説明したいと思います。

最少返済額っていくら?

SMBCモビットの返済については、借入残高によって最低額が定められているという点が特徴的です。

SMBCモビットの最低返済額は借入残高に応じて変わってきます。借入残高が10万円以下なら返済額は4,000円、借入残高が10万円超20万円以下なら返済額は8,000円、20万円超30万円以下なら11,000円、そして、30万円超40万円以下なら11,000円という金額が具体的に決められているのです。そのため、そうした点を知っておきましょう。

返済シミュレーションツールを使ってみよう!

返済を一括でなく、複数の月をかけておこなうという時には金利計算はむずかしくなるのです。

したがって、自身で返済がどのようになっていくのかを借り入れする前に計算することはそう簡単ではないかもしれません。

返済金額や返済期間、借入可能額について確認をしたいという場合には、返済シミュレーションツールの活用をおすすめします。これはシンプルな入力で調べることが可能ですので、返済計画を作成する際にも役立てることができます。

返済シミュレーションでは借入額と返済日数から、毎月の返済金額を算出できるようになっており、お借入希望額を入力し、返済期間を入力すると、毎月の返済額が表示されるようになっています。シンプルな方法で利用することができますので、利用前に毎月の返済金額予想をすることができて返済計画に役立ちます

返済期間を知るには?

返済期間を知りたいという場合は、借入額と毎月の返済金額から返済期間を算出することができます。

その場合は、借入希望額を入力し、毎月の返済金額を入力してみましょう。そうすると、返済期間予想が表示されるので、期間的な点を知りたいという時に便利に利用することができます。

返済シミュレーションは借り入れ前に返済計画を立てる際に、返済をどれくらいすればいいのかを返済金額と借入金から算出できる便利なツールになります。

借入可能額を知るには?

借入可能額を知りたいという時には、返済回数と毎月の返済金額から借入可能額を算出するという方法があります。

毎月に返済できる金額には上限があると言えます。こうした毎月の返済額が現実的でない場合には返済が滞りがちになります。返済シミュレーションは返済金額と返済期間から、適切な借入可能額を知る事ができるのです。

借入可能額を返済可能な金額と返済期間から知りたいという場合に返済シミュレーションはとても便利です。

返済方法はどうなっている?

返済方法についてはどうなのでしょうか?

SMBCモビットの返済方法は提携ATMや三菱UFJ銀行、三井住友銀行の口座を対象とする口座振替や銀行振込みの3通りがあります。返済方法は自身の都合に併せて行うことができます。

返済期日については毎月5日、15日、25日、末日のどれかとなっています。返済は借り入れを行った時にはとても重要なポイントです。そのため、返済を滞らせないようにしっかりと残高などを管理しておきましょう。

提携ATM返済

提携ATMで返済を行う方法についてご説明します。

この返済方法はモビットカードか公式スマホアプリ(セブン銀行ATMのみ)を活用する場合の提携ATMからの返済方法です。カードローンの返済方法は口座振替やネットバンキングなどいくつかありますが、ローンカードを利用して行うATM返済が主流になっています。

さらに、借入時と同じように三井住友銀行ATMを利用すると手数料無料で利用することができますので、便利でお得な方法です。

銀行振込み返済

SMBCモビットの返済については銀行振込みで返済することも可能になっています。

削除している預金口座宛てに振込みするというのが銀行振り込みによる返済方法になります。この方法では、銀行振込で返済される際の振込手数料については別途負担する必要があります。

しかし、銀行によっては振込手数料が無料になるサービスなども提供されているかもしれませんのでそれを利用するとお得になるでしょう。

SMBCモビットの返済日っていつ?

SMBCモビットの返済日については、1ヶ月に1回、都合に合わせて5日、15日、25日、末日から選択することが可能です。

そして、ATM返済型の場合には返済期日は次の場合は翌月の約定返済日に繰り延べられます。約定返済日の翌日から約定返済日までに返済した時が条件です。そして、口座振替型の場合には、毎月指定の5日、15日、25日、末日のいずれかの返済日に、普通預金口座から自動的に引き落としされるようになります。

SMBCモビットの返済額っていくら?

SMBCモビットの返済額についてはどのようになっているのでしょうか?SMBCモビットの返済方式は借入後残高スライド元利定額返済方式が採用されています。この方式は最終借入後の利用残高に応じ、返済額が変わるという特徴がある返済方式です。SMBCモビットで金利18%でお金を借りた時には最終借入後の残高に対応して返済額が設定されます。例えば、10万円以下なら4,000円、10万円超~20万円以下なら8,000円とされています。

一括返済はできる?

SMBCモビットは一括返済を行うこともできます。

その場合は、事前にSMBCモビットコールセンターへ連絡して、返済日当日までの合計返済額について正確に教えてもらうようにしましょう。返済金額を確認したら、銀行振込か提携ATMの2通りの方法で返済を行っていきます。その際、注意点があります。提携ATMから返済する場合は硬貨の取り扱いが原則としてないため、硬貨は用いられないという点を注意をしておくようにしましょう。

SMBCモビットの限度額増額ってどうやるの?

SMBCモビットの限度額増額の方法についてはどうのようになっているのでしょうか。

SMBCモビットの利用限度額は1万~800万円となっています。

つまり、800万円までなら増額融資をしてもらえるということなのですが、増額にはいくつか条件があります。まず、SMBCモビットでは総量規制を受けることになるので、年収の3分の1までしか借りることができません。

そして、返済実績を作ることが増額の条件となっているのです。

SMBCモビットの増額の手順

SMBCモビットの増額手順はどのようになっているのでしょうか?

増額方法は電話かメールで対応されています。電話はコールセンター、0120-24-7217に電話してオペレーターに対応してもらいます。

営業時間は9時~21時で増額申請に申込みします。増額申請後は審査がなされ、最短30審査結果が分かります。SMBCモビット長い間利用していて、返済実績がある時には増額案内のメールが送られてきます。すぐに増額したい時は電話をすることがおすすめです。

SMBCモビット利用の際の注意点

SMBCモビットの利用上の留意点は何でしょうか?

SMBCモビットの利用上の留意点には銀行振込で返済に関する注意点があるのです。SMBCモビットは、振込先に三菱UFJ銀行か三井住友銀行のどちらかを選択することが可能になっています。

注意点は、返済日の14時までに振込は完了させておくことが必要ということです。14時までに振込しなければその日の振込として反映されませんので、滞納扱いとされてしまうことがあるのです。

延滞してしまったとき

延滞への対応はどうなっているのでしょうか?

滞納するとたとえ延滞が解消されてもその事実が消えることとはならないのです。

滞納記録は残され、信用情報機関にも登録されます。こうした状態だと、追加融資や増額できる可能性は大きく低下してしまいますし、5年毎の契約が更新されなくなってしまいます。延滞した場合には、書面で督促が届けられ、SMBCモビットから返済催促の郵送物が自宅に届きます。電話で督促も行われます。

借入れに家族の同意や担保は必要?

SMBCモビットでは借入れに家族の同意や担保は必要なのでしょうか?

この点については、SMBCモビットでは借入れに家族の同意や担保は必要ではないのです。SMBCモビットはもともと無担保ローンになります。そして、20歳以上で安定収入があれば基本的にはだれでも利用可能となっているのです。

したがって、家族の同意や担保が必要ということはありません。借り入れが不安という場合にはこの点について心配ないということです。

領収書の郵送はされる?

領収書の郵送はあるのでしょうか?というのは領収書が自宅に郵送されないかが不安という人もいるのです。

しかし、この点については心配する必要はありません。SMBCモビットはWEB明細という形態で明細が確認できるため、自宅に郵送されてくることはありませんウェブ明細は、ネット上で利用記録が管理できるステムで、自宅に領収書が郵送されることはないため、家族に知られるのではと言った不安はないということなのです。

SMBCモビットの返済遅延時、どうやって和解する?

SMBCモビットの返済遅延時の和解方法についてはどうなっているのでしょうか?

SMBCモビットでは返済遅延した時には当然のことですが電話やハガキなどの方法で督促が行われます。

そうした時にどうやって和解するのでしょうか?この点については、短期間の返済遅延なら残金完済と遅延損害金を支払うことで和解可能です。さらに、完済後に事情をSMBCモビットに話すということを行うと強制解約を避けられるケースがあるかもしれないのです。

実際にSMBCモビットを利用している方からの評判

実際にSMBCモビットを利用している方にはどのような意見や口コミなどがあるのでしょうか?

そこで、SMBCモビットの評判についてご紹介しましょう。

千葉県のある会社員の方は、これまでキャッシング経験が5回以上となっており、生活費や趣味、レジャーや旅費、そして冠婚葬祭などで30万円~50万円くらい借り入れを行っていました。急な出費などにも対応できて便利に借り入れできるということで、こうした借り入れには満足ということでした。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • プロミスのサービス表記に係る補足事項
  • プロミスではメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • 瞬フリを利用するには24時間振込可能な金融機関の口座が必要です
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 商号:新生フィナンシャル株式会社
  • 貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • Webで最短60分融資も可能※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
  • 申込資格:年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
  • ご返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
  • 初めてなら初回契約翌日から無利息
  • ご契約額が200万超の方は30日無利息のみになります
  • Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません
  • 無利息期間経過後は通常金利適
  • 30日間無利息、180日間無利息と併用不可
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)