最終更新日:2019年12月26日

医療ローンの金利は高い?銀行融資を選ぶポイント

医療ローンについて徹底解説!

医療ローンとは病院やクリニックなどで受診したときに必要になる医療費を少額ずつ支払うことができるという特徴を持つ金融商品です。医療ローンはメディカルローンともいわれ、怪我や病気だけでなく、歯の治療や医療脱毛を受ける時などの美容に関する施術でも利用することができます。申し込む場合には、受診した病院やクリニックで案内される医療ローンへ申し込むだけというとてもシンプルな方法で利用することができるようになっています。

金利分の利息が発生する

医療ローンはとても便利なローンといえますが、ローンになるため利用する場合は金利分の利息が発生します。例えば、脱毛やエステ、整形手術などを受ける場合、保険は聞きませんし、すべての費用を一括で支払うのは難しいことも多いです。そんな時に利用できるのですが、医療ローンは銀行やクレジット会社から借り入れをするという方法になるため月々の支払いとあわせて金利分の利息の支払いが必要になります。医療ローンを検討する場合は金利に不安があるという方も多いといえるでしょう。

医療ローンの金利の相場は?

医療ローンの金利相場はどのくらいなのでしょうか?この点については医療ローンの金利は3%~10%くらいが一般的だといわれています。この金利は他のカードローンなどの個人向け金融商品と比較すると低めといえます。そうはいっても、金利は低いのですが審査に時間がかかるため、急いでいるという場合は別の方法が便利ですが、借りる側にとってはこの金利はメリットになりますが、貸す側の銀行にとっては金利が低いぶん貸し倒れリスクは高くなるのです。

一般的な医療ローンの金利は低めに設定されている

一般的な医療ローンの金利は低めに設定されていることをご存じでしょうか?そこで、ローン商品をいくつか確認します。まず、ちば銀医療ローンは利用利率が年5.20%の変動金利制で保証料も込みです。利用金額は10万円~500万円で1万円単位の利用です。また、つくばメディカルローンという一般医療費プランの利用利率は3.50%の変動金利制で、利用金額は10万円~300万円で1万円単位の利用とされています。こうしてみても利用ローンは低金利なのです。

利息負担の計算方法

医療ローンの利息負担はそこまで大きくありません。銀行の医療ローンを利用する場合の10万円借り入れした場合のシミュレーションをご紹介しましょう。ここでは基本的な利息の計算方法として、借入額 × 金利 ÷ 365 × 借入日数で利息を算出します。借入額を10万円、金利を10.0%、借入日数を30日とした時には100,000円×0.10÷365×30日となり、821円の利息が発生します。そして、毎月1万円の返済を続けていくと、完済まで10ヶ月ほどかかり、合計の利息は4,640円くらいです。

医療ローンのメリット・デメリット

医療ローンを組むことのメリットとデメリットとして以下のようなことが考えられます。

『メリット』
・保険適用外の医療行為にも利用できる
・医療費を分割払いできる
・金利を負担してくれる場合もある

『デメリット』

・融資までに日数がかかる
・融資までは医療費の支払いが必要
・転院する場合は、全額返済を請求される場合あり

デメリットもありますが、これらを想定した上で事前にある程度準備しておけば困ることはあまりなさそうです。

医療ローンは保険適用外でも利用可

医療ローンを組むことによるメリットは以下のような点があげられます。
・保険適用外の医療行為にも利用できる
・医療費を分割払いできる
・利息がつかない場合もある

保険適用外の医療行為とは、具体的にはレーシックや美容整形です。また、インプラントもこれに該当します。利息負担の有無は受診する医療機関によって異なり、利息がつかないのは大手の医療機関で多いので、利息負担を軽減したい場合には大手の医療機関に受診するといいでしょう。

医療ローンは専業主婦(夫)や学生でも利用可能|審査のポイントを解説!

医療ローンは消費者金融系や銀行系のカードローンとは違って比較的借り入れる金額が大きくなります。そのため申し込み後の審査が若干カードローンよりも厳しくなります。そんな審査が厳しいと言われている医療ローンを安定収入がない専業主婦や学生でも受けることが果たして可能なのでしょうか。申し込む専業主婦の方や学生の方は非常に不安な思いを持っていることでしょう。そんな方々もこれを読んでみて不安な思いを解消してみてください。

医療ローン審査のポイント【学生の場合】

学生でも20歳以上という年齢の基準を満たしさえすれば、医療ローンを受けることが可能です。ただし、学生の場合は収入源がアルバイトということになります。アルバイトの収入でも収入が安定しないと審査に落ちてしまう可能性があります。アルバイトでどのようにして収入が安定するのかといういと決まった曜日に勤務したり、勤務する日数を増やしたり、そして継続的に働いて勤続年数を増やしていくことによって安定収入と満たされるかもしれません。

医療ローン審査のポイント【派遣社員の場合】

派遣社員は正社員ではありませんが、フルタイムで働いています。よってそれなりの年収もある状態です。問題があるとすれば勤続年数が少なくなってしまいがちであるということです。しかしこれに関しても派遣社員であることを伝えれば問題な対応してくれるでしょう。ただ、ごくまれに正社員じゃないとクレジットカード会社の審査を通過できない場合もあるようです。そのようなことがあるのかどうか病院に行く前に事前に病院の受付に電話ででも確認しておくといいでしょう。

医療ローン審査のポイント【専業主婦(夫)の場合】

医療ローンの審査のポイントは「安定した収入があるのかどうか」という点です。これは銀行や消費者金融のカードローン、目的別ローンでも問われる点です。このため専業主婦で収入を得ていない方は審査に通ることが不可能だと思い込んでしまいがちです。しかし専業主婦の方でも医療ローンを受けることができます。ただし、配偶者の安定収入がある必要があります。配偶者の年収を自分の年収と合算することによって信用があるとみなされるのです。

医療ローンを組むには審査の通過が必須

医療ローンを利用する場合は審査を通過しなければなりません。銀行の医療ローンは利負担がそれほど大きくなく、一括で医療費を支払うのはちょっと。。。という方にも便利です。しかし、医療ローンをだれでも利用できるというわけではなく、銀行審査を通過することが必要とされています。そして、銀行では審査を行うことで、その人にお金を貸しても大丈夫かどうかを、返済能力という点でチェックしているのです。そして、審査でOKと判断されれば医療ローンが利用できます。

医療ローンの審査は慎重に進められる

医療ローンの利用は、金利が低いだけに慎重に進められていきます。利用する側は低金利な方が利息負担が軽くなっていいのですが、貸す側の銀行にとってはリスクは大きくなります。もし融資した人が返済できなくなってたら、銀行側が資金回収を行うことが難しくなりますので、こうした貸し倒れリスクをできるだけ避けるためにも、医療ローンの審査は時間をかけて慎重に行われる必要があるのです。したがって審査は必須で必ず行われています。

医療ローンの審査基準について

メディカルローンもローンなので他のローンと同様に申し込みの後に審査を行って審査に通った方のみ融資を受けることができます。その審査の基準に関しては非公開となっているため詳しい基準は分かりません。ただ、どのローンでも共通するのが、返済能力があるかどうかを審査することです。返済能力の有無を判断する上で以下のような項目が審査されることが想定されます。
・安定継続収入があるか
・勤務年数はどれくらいか
・他社借入があるか
・過去に延滞・金融事故がないか

メディカルローンの審査は厳しい?

メディカルローンの審査は通りやすいのか通りにくいのかどちらなのかというと、通りにくい方のローンと言えます。なぜ通りにくいのかというと、他のローンと比較して審査が厳しいためと言われています。余程返済能力に自信があるような方の場合は審査を通過するかもしれませんが、審査を通過しないことも想定しながら申し込むといいでしょう。ちなみにメディカルローンよりもカードローンの方がだいぶ審査には通りやすく、即日融資を受けることも可能です。

メディカルローンの審査に必要な時間について

メディカルローンの審査時間は比較的長いと言えます。返済能力の有無について厳しい審査が行われるため、審査をしなければならない判断材料も多いものと考えられます。少なくとも数日は審査にかかると考えておきましょう。その一方でカードローンはメディカルローンと比較して短い時間で審査が終了します。申し込みから最短30分で審査が終わります。審査も通りやすいので、急いでお金が必要時にはカードローンの利用をおすすめします。

医療ローンの審査に落ちてしまう原因とは

中には審査に通過せず医療ローンが利用できなかったというケースもあります。基本的に金融取引のトラブルはないと考えられていたとしても、申込した人の中には審査で通過しなかったという方もいます。銀行側から審査基準が公表されることはないのですが、自身は大丈夫と思っても、医療ローンを申し込みする時にはセルフチェックをしておくことが大切といわれているのです。というのは通過しない理由についてはある程度挙げることができるのです。

審査通過の最低条件とは

審査通過には最低条件があり、その条件は安定した収入があることが挙げられています。医療ローンなどの使途が決められているローンで審査通過をするためには、最低条件として収入がありそれが安定していることが必要です。安定収入とは、年収250万円以上で勤続年数は最低でも1年以上あるということを意味しています。そしてその前提として、他社からの借り入れがないというてんがあります。そして、大前提として延滞や滞納がないということもです。

原因1|虚偽申し込み

審査に通過しない原因として挙げられていることに、事実でない情報で申し込んだということが挙げられます。医療ローンを提供する銀行は、申し込みフォームに記載された情報をもとに審査を行っています。多少の誤入力くらいなら後で訂正を求められるでしょうが、とりわけ勤務先に関する情報がきちんとしていなければ審査に通過しないのです。そのため、仕事に関する情報を記載する場合にはきちんと記載することは不可欠といえます。この点を気を付けましょう。

原因2|収入が安定していない

審査に通過しない原因として2点目に挙げられるのが収入が安定していないということです。安定収入がない方は医療ローンに申し込みしても審査に通過しない可能性があるのです。ローンを借りたら、後は継続的に返済することになります。返済が続けていけるかどうかを判断する際に、収入の安定性というポイントはとても重要な要素になっています。勤続期間の長さや雇用形態、業種/職種、会社の規模や現在の年収金額がチェックされるポイントになります。

原因3|他社からの借入が多すぎる

審査落ちする原因の3点目として挙げられるのが他社からの借入が多すぎるということです。一般に、医療ローン審査は、申込者の他社からの借り入れ状況も確認されるようになっており、借入件数や借入金額が多すぎると、返済が困難な多重債務者と考えられる場合があるのです。例えば、年収に対して借入りれ金額が多すぎる場合や4社以上から同時借り入れしているという場合には、審査では不利になるでしょう。そのためこの点にも気を付けましょう。

原因4|短期間に複数社へ申込んでいる

審査に通過しない原因の4点目は短期間に複数社へ申込んでいるということです。借入件数のみならず、他社への申込件数についても審査に通過しない原因になるといわれています。短期間に複数社に対して申込みを行っている場合には、多重債務状態となってしまうリスクがあるのです。1ヶ月以内に4社以上申込身を行っているという場合には、審査に通過しない可能性があるので、申込をする際には十分注意する必要があるといわれています。

原因5|過去に金融事故を起こしている

審査に通過しない原因の5点目にはこれまでに金融事故を起こしているということが挙げられています。一般的に医療ローンの審査は、申込者の信用情報が必ずチェックされるようになっています。信用情報はその人がきちんと返済してくれる人かどうかを表しているといえますので、過去に行った金融取引状況が確認されるようになっているのです。もし、過去に金融時を起こした履歴が信用情報に残されていると借り入れ審査には通過しないようになっています。

医療ローンが使えない人におすすめしたい解決策

医療ローンが利用できないという方向けの打開策として、医療ローン以外のチョイスにも目を向けるということがあります。例えば、低金利医療ローンがベストではあるが審査が不安であるという場合や審査に通過できなかったらどうしたらいのかと思うといった場合もあります。金利重視派の方は医療ローンを選択するのが理想的といえますが、実際に審査に通過できなければ医療ローンを利用することができません。そうした場合は選択肢を広げて検討するという方法などがあります。

カードローンを利用する

カードローンを利用するという方法も選択肢の一つです。もしも医療ローンの審査に通過しなかったという場合は、カードローンを利用することで、ローン専用カードを活用してATMから必要な現金を借り入れすることができます。事業を目的とした資金以外なら、カードローンは借り入れの使途は自由になっているため、借り入れたお金は病院やクリニックの高額な医療費の支払いに用いることができるのです。そのため、カードローンを検討してみましょう。

消費者金融のカードローンに目を向けてみる

消費者金融のカードローンに目を向けるというのも選択肢の一つです。医療ローンが借り入れできないという時は金利は高くなりますが、消費者金融の商品を利用することができます。消費者金融でも厳正な審査は行われていますが、必ず借り入れが可能というわけではありません。銀行と消費者金融では審査のシステムは異なっており、医療ローンでは審査に通過しなかったけれども、消費者金融のカードローン審査は通過したなどで借り入れが可能な場合もあるでしょう。

大手消費者金融の成約率を参考にする

大手消費者金融は成約率が公開されているため、申し込む際に参考にすることができます。 大手消費者金融では、投資家向けIR情報の一環で成約率が公開されているところがあります。例えば、アコムという代表的な消費者金融の一つの会社では成約率は44.8%とされています。審査に通過しない方もいるのですが、多くのの方が借り入れができているため、他の申し込み先を検討するという場合にこのような成約率なども点も参考にしてみましょう。

大手消費者金融は最短で即日融資も可能

大手消費者金融は最短即日融資も可能になっています。そして、大手消費者金融の審査は最短30分で完了可能で、即日融資といったメリットがあるのです。手続きは特定の銀行口座開設といった条件もなく、手続きも大変手軽で簡単です。まず、公式サイトから申し込みを行い、必要書類を提出します。その後、最短30分のスピード審査が行われてから契約完了という流れです。そして、そのあと無人契約機でカード発行を行ってから近くのATMでキャッシングという流れです。

金利が不安ならシミュレーションがおすすめ

金利が不安という時にはシミュレーションを行ってみることがおすすめです。金利ごとに利息は異なっており、その利息がどれくらいになるのかを知ることができます。事前に気になる点を把握することができるのが返済シミュレーションという便利なツールで、このツールはカードローン公式サイトに用意されている無料サービスになり、借入希望額と金利を入力することで月々の返済額や完済までの期間について確認を行うことができるのです。

返済金額を計算

返済シミュレーションを用いると毎月の返済金額を計算することができます。例えば、借り入れする金額が20万円で金利が18 %、完済までの期間を10ヶ月とした場合でシミュレーションを行ってみましょう。そうすると、シミュレーション結果として毎月の返済額は21,687円で、合計の利息が16,868円という結果が提示されました。このツールを用いると、毎月の返済額と支払う必要のある利息が提示されますので、金利の不安が解消されます。

返済期間を計算

返済シミュレーションを用いると毎月の返済金額を計算することも可能です。例えば、借り入れする金額が50万円で金利が18 %、完済までの期間を24ヶ月とした場合でシミュレーションを行ってみましょう。シミュレーション結果として毎月の返済額は24,962円で、合計の利息が99,089円という結果が示されました。このツールを用いると、毎月の返済額と支払う必要のある利息を示してもらえるので、どれくらいの金利でどれくらいの支払いなのかがわかります。

メディカルローンの審査が不安な人におすすめしたいカードローン

ここまででも紹介してきた通り、メディカルローンの審査は一般的なローンよりも厳しいことで知られています。そのため、審査に通るかどうか不安な思いをしながら待つ必要があります。しかも審査が終わるまでには数日程度は少なくともかかります。ですから、急ぎで確実にお金を用意したい場合にはカードローンの利用をおすすめします。カードローンの融資の利用目的はなんでも構わないので医療費にも利用することができます。医療費だからお金を借りるのはメディカルローンを利用しなければならないということはないのです。

プロミス

消費者金融系のカードローンの中ではプロミスが最もおすすめです。プロミスは上限金利が他の消費者金融よりも低いことが特徴で、上限金利は17.8%です。また、申し込みから審査まで最短30分、融資まで最短60分とスピーディーな対応も魅力的です。さらに、プロミスの無利息期間のサービスが魅力的です。他の消費者金融の場合は契約の翌日から30日間の無利息期間がサービスされることが多いですが、プロミスの場合は初めてお金を引き出した次の日から30日の無利息期間が適用されるので、無利息期間のロスが少なくて済みます。

J.Score(ジェイスコア)

J.Score(ジェイスコア)は新しいタイプの融資を受けることが出来るサービスです。何が新しいのかというと審査にAIを利用するという点です。これによって正確、かつ効率的に審査業務を行うことができるようになるため、まず金利が低く設定されています。金利は年0.8%~12.0%とされていて銀行系カードローンよりも低水準となっています。また借入限度額の上限が高いことが特徴的で、10万円~1,000万円の借り入れに対応しています。高額な医療費が必要な場合はうれしいサービスとなっています。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行はメガバンクの一つで多くの方に信頼されているカードローンです。銀行系のカードローンはその銀行の口座開設を行っていないと利用することができないことが多いですが、三井住友銀行のカードローンは三井住友銀行の銀行口座を持っていない方でも利用することが可能となっています。また、三井住友銀行にはローン契約機が設置されていてこれを利用するとスムーズにカードローンの申し込みと契約を行うことができます。そのまま受け取ったローンカードでATMに行って融資を受けることもできるので非常に便利です。

住信SBIネット銀行MR.カードローン

住信SBIネット銀行のMR.カードローンはカードローンの中でも最も人気のあるカードローンと言えます。住信SBIネット銀行は文字通りネット銀行で、人件費等が少なくて済むのでその分ローンの金利が低く設定されています。具体的には年1.59%~年14.79%の低金利で融資を受けることができます。さらにSBI証券の口座を持っている場合にはさらに金利が優遇されるサービスがあるので、もしSBI証券の口座を持っているのであれば、是非このカードローンに申し込んでみて下さい。

楽天銀行スーパーローン

ネット銀行の楽天銀行のカードローンは楽天ユーザーにとっては特典の多いカードローンとなっています。まず、楽天銀行のカードローンの会員となり使用することで楽天スーパーポイントが最大1,000ポイント付与されます。また、審査の面でも優遇があります。楽天会員には会員ランクがありますが、この会員ランクが高ければ高い程、審査に通りやすくなります。会員ランクが高い人は審査に落ちる心配が軽減されるわけです。普段から楽天のサービスを利用している方にはぜひおすすめしたいカードローンです。

オリックスVIPローン

オリックスVIPローンは大手消費者金融であるオリックス・クレジット株式会社が提供しているカードローンです。オリックス銀行の提供するカードローンとはまた別物になります。消費者金融系のカードローンにしては金利が低く、年1.7%~14.5%の銀行並みの低水準の金利となっています。また、オリックスVIPローンの会員になることによって、オリックスグループのホテルやレンタカーを優待価格で利用することができるのでこれらのサービスを高頻度に利用する方にはおすすめのカードローンです。

医療ローンとカードローンを比較|どちらを利用すべき?

結局医療ローンとカードローンのどちらを利用した方がいいのかについて紹介します。医療ローンを利用した方がいいシチュエーションは以下の通りです。
・金利を負担してくれる大手クリニックで医療行為を受けるとき
・銀行の医療ローンを利用するとき
・融資までの期間、医療費の支払いが自分でできるとき

また、カードローンを利用することにメリットがあるのは以下の場合です。
・できるだけ早く借りたいとき
・医療ローンでは審査に通る自信がないとき
・短期で返済できるとき

まとめ|医療ローンを組むときは返済計画や金利をしっかり考えよう

医療ローンは保険適用外となる病院の治療でも利用することができるローンです。ただ借りる金額が大きくなりがちではあるため、カードローンよりも審査が厳しかったり、時間がかかってしまったりすることがあります。また融資を受けたお金については医療行為以外には利用することができません。もし急ぎでお金が必要となる場合にはカードローンを利用するようにしましょう。カードローンの場合は即日融資が可能となっているのが強みです。

おすすめカードローンランキング

全てのランキングはこちら
注意事項
  1. 本サイトの目的は、ローン商品等に関する適切な情報と選択の機会を提供することにあり、当社は、提携事業者とお客様との契約締結の代理、斡旋、仲介等の形態を問わず、提携事業者とお客様の間の契約にいかなる関与もするものではありません。
  2. 本サイトに掲載される他の事業者の商品に関する情報の正確性には細心の注意を払っていますが、金利、手数料その他の商品に関するいかなる情報も保証するものではございません。ローン商品をご利用の際には、必ず商品を提供する事業者に直接お問い合わせの上、商品詳細をご自身でご確認下さい。
  3. 当社及び当社アドバイザーでは、本サイトに掲載される商品やサービス等についてのご質問には回答致しかねますので、当該商品等を提供する事業者に直接お問い合わせ下さい。
  4. 本サイトに関して、利用者と提携事業者、第三者との間で紛争やトラブルが発生した場合、当事者間で解決を図るものとし、当社は一切責任を負いません。
  5. 編集方針、免責事項・知的財産権、ご利用いただく上での注意、プライバシーポリシーの各規程を必ずご確認の上、本サイトをご利用下さい。
  • SMBCモビットのサービス表記に係る補足事項
  • 融資や審査回答までの時間について:申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
  • 「50万円以下なら収入証明書不要」について:場合によって収入証明を提出していただくことがあります。
  • レイクALSAの貸付条件
  • 融資限度額 1万円~500万円
  • 貸付利率 4.5%~18.0%
  • 遅延損害金(年率)20.0%
  • 返済期間・回数/最長8年・最大96回
  • 必要書類 運転免許証等 ※収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
  • 担保・保証人/不要
  • 要審査
  • 千葉銀行カードローンのサービス表記に係る補足事項
  • 対応地域:千葉全域、東京全域、埼玉全域、茨城全域、神奈川(※一部地域を除く)